« 菅野完氏、田中正道氏から「殺すぞ」等、脅迫を受けて警察に電話する。2017年4月24日11時頃(YouTubeあり) | トップページ | 「共謀罪・安倍暴政を許さない!主権者が日本を取り戻す!」平和と共生 緊急集会2017/05/17 必見動画 植草氏基調講演 »

2017年5月11日 (木)

安倍政権は、もう風前の灯火w。もう山口敬之以外、直球で安倍晋三を擁護してくれる(自称)ジャーナリストはマスコミにいない。

 現在確認している、この記事を扱っているブログは以下。特に「反戦な」さんのエントリは、以下喝破していて読みごたえあり。

ついに秘密は暴かれてしまった。
さすがのテレビ業界も、山口は使えないだろう。もう、直球で安倍晋三を擁護してくれる(自称)ジャーナリストはいない。安倍政権は、もう風前の灯火なのである。

(反戦な家づくり)
いまや安倍晋三の太鼓持ちは強姦野郎だけ
2017-05-09(Tue)
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1639.html

(ネットゲリラ)
安倍晋三記念強姦
野次馬 (2017年5月11日 00:45) | コメント(6)
http://my.shadowcity.jp/2017/05/post-11080.html

 

 下記4個のリンクは、記事最後の「関連記事:」にある北朝鮮問題に関係するリンク。(なおリンク先エントリで登場する人物を画像で確認)。

(田中宇の国際ニュース解説)
リンク、その1
トランプの見事な米中協調の北朝鮮抑止策
2017年4月16日
http://tanakanews.com/170416korea.htm

リンク、その2
軍産複合体と正攻法で戦うのをやめたトランプのシリア攻撃
2017年4月8日
http://tanakanews.com/170408syria.htm

(副島隆彦の重たい掲示板)
リンク、その3
[2136]これからは、どんどん「次の新しいこと」を書きます。 「ヒラリーを逮捕、投獄せよ」が始まった
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/view/4885

リンク、その4
[2126]重大な予言をする。安心せよ。北朝鮮の核兵器は日本には飛んで来ない。(副島隆彦)2017-04-10 02:44:52
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/view/4871

↓リンク、その3で紹介されていたBBCニュースの動画。

トランプ氏とコーミー氏 複雑な愛憎の二転三転
BBC News Japan
https://www.youtube.com/watch?v=aJA7IzbwxQA

2017/05/10 に公開

 

 以下、元記事。

“安倍の太鼓持ち”山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕
LITERA5月10日(水)12時16分
http://lite-ra.com/2017/05/post-3146.html

1943_xl 山口氏のレイプ疑惑を報じた『週刊新潮」5月18日号

 本サイトがいち早く報じたとおり、“安倍首相の太鼓持ちジャーナリスト”山口敬之氏のレイプ疑惑が、本日発売の「週刊新潮」(新潮社)2017年5月18日号に掲載された。しかし、記事の内容は、予想していた以上に衝撃的なものだった。27歳の被害者女性が告発した山口氏の行為は準強姦という犯罪であり、しかも、その事件の握りつぶしに、やはり安倍官邸が関わっていたのだ。

 事件が起きたのは15年4月。女性はもともとアメリカでジャーナリズムを勉強しており、当時、TBSのワシントン支局長だった山口氏と面識があった。
その後、女性は日本に帰国するが、山口氏もこの時期に一時帰国。仕事を紹介するからと誘われて、食事に行ったのだという。

 ところが、酒豪だったはずの彼女が2軒目の寿司屋で記憶をなくしてしまう。そして、明け方、〈身体に痛みを感じて〉目がさめると、ホテルの一室で裸にされた仰向けの自分の体のうえに山口がまたがっていた。逃げ出そうとすると、乳首からは血が流れており、その目に避妊具をつけていない山口の陰茎がとびこんできたという。彼女は避妊もされないままレイプされていたのだ。

 彼女は「週刊新潮」に「酔って記憶をなくした経験は一度もありません。私は薬(デートレイプドラッグ)を入れられたんだと思っています」と証言しているが、仮に薬を使われていなくても、山口の行為は、記事のタイトル通り、人の心神を喪失若しくは抗拒不能に乗じた姦淫、「準強姦罪」に値するだろう。

 しかも、「週刊新潮」はこの女性の証言だけで記事をつくったわけでなく、かなり綿密な取材をしている。2人をホテルまで乗せたタクシー運転手からもこんな証言を得ていた。

「女性は何度か“駅の近くで降ろしてください”と訴えていたのですが、男性が“何もしないから。ホテルに行って”とそれで、結局、2人をホテルに連れて行ったのですが、到着しても彼女はなかなか降りようとしませんでした。けれど最終的には彼女は体ごと抱えられて、座席から降ろされたんです」

 また、「週刊新潮」には山口とのメールのやり取り画像も公開されており、そこには妊娠を心配する彼女に「精子の活動が著しく低調だという病気です」と“中出し”を言い訳する山口の文章がはっきり映し出されていた。

 そして、山口自身もレイプや薬を使ったことは完全否定しているものの、酩酊状態の彼女をホテルに連れて行ったことは認めている。

 いずれにしても、その行為はゲスどころではない許し難いもので、安倍応援団というのはどうしてこういう輩ばかりなのか、と呆れるしかない。

 だが、さらに本サイトが注目したいのはその後の展開だ。というのも女性はその後、レイプ被害を警察に訴え、山口は一時、逮捕寸前だったのに、官邸に近い警察官僚の手で捜査がつぶされていたからだ。昨日の本サイトでも「事件そのものが揉み消されたとなれば、大きな圧力が存在したということになる」と指摘したが、まさに、その通りの事態が起こっていたのだ。

 事件の捜査に動いていたのは高輪署だった。女性が相談した当初は、消極的だったというが、監視カメラやホテルのベルボーイ、タクシーの運転手などへの確認をしてもらったところ、容疑が濃厚になり、6月に逮捕状が出され、山口氏が米国から帰国する8日には、成田空港で捜査員が逮捕執行のため捜査員が待ち構える事態にまで発展する。

 ところが、その直前、上層部からストップがかかったのだという。決裁したのは警視庁の中村格刑事部長(当時)。所轄が扱い逮捕状まで出した準強姦のような事件に、警視庁刑事部長が介入するのは異例中の異例だ。

 実は、この中村元刑事部長は現在、警察庁の組織犯罪対策部長の職にあるが、第二次安倍政権発足時に菅義偉官房長官の秘書官をつとめ、菅官房長官から絶大な信頼を得て、いまも「菅官房長官の片腕」として有名な警察官僚。
 
 そして、山口氏は当時、まだTBSの記者だったが、安倍首相とは2006年にいっしょに靖国神社に極秘参拝するなど、第一次政権前からズブズブの関係を築いていた。菅官房長官とも、その著書で明らかにしているように、当時、安倍首相返り咲きのために頻繁に情報交換をしてべったりの関係を築いていた。

 また、このレイプ事件を起こす直前、山口氏は被害者女性に「今売ってる週刊文春に僕の寄稿が掲載されるから読んでおいてね」というメールを送っているが、これは、「週刊文春」(文藝春秋)15年4月2日号に掲載された「歴史的スクープ 韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!」。旧日本軍の従軍慰安婦を糾弾する韓国へのカウンターとして書かれたもので、実はネタ元は官邸、菅官房長官ともいわれていた。

 そして、山口氏はこの記事をTBSに無断で文春に発表したことがきっかけで同局を退職。安倍首相と昵懇の見城徹氏率いる幻冬舎から安倍首相のPR本『総理』を出版し、評論家デビューを果たすのである。

 その最中に起きたレイプ事件を、安倍首相や菅官房長官子飼いの警察官僚がもみ消したというのは、どう考えても偶然とは思えない。安倍首相や菅官房長官が自分たちの応援団ジャーナリストを守るためになんらかの圧力をかけた、との疑惑が浮上するのは当然だろう。

 中村元刑事部長は「週刊新潮」の取材に対し、忖度や圧力は否定しているが、「事件の中身として、(逮捕は必要ないと)私が判断した。(捜査の中止については)指揮として当然だと思います。自分として判断した覚えがあります」と、逮捕を阻止したことを認めている。前述したように、準強姦事件に、警視庁の刑事部長が直接判断を下すというのはありえない。

 そういう意味では、これは森友学園問題と同じ、官僚を使って“身内”を特別扱いしまくっている安倍政権の疑惑なのだ。

 いまのところ、テレビや新聞がこの問題を後追いする気配はないが、被害者女性は検察審査会に不服申し立てをする準備をしているという。本サイトとしては、安倍政権がどう捜査に関与したのかを引き続き、追及していくつもりだ。

(編集部)

「週刊新潮 2017年5月18日菖蒲月増大号」の電車中吊り広告。
Ad_1943

関連記事:
安倍応援団・山口敬之の女性スキャンダルを「週刊新潮」が取材中の情報! “準強姦”告発を警察がもみ消しの疑惑 2017.05.09

北朝鮮危機を扇動、"安倍の代弁者"山口敬之が「騒ぎすぎという奴は全員北朝鮮で毒饅頭を食らっている」と陰謀論 2017.05.07

昭恵夫人が官邸代理人ジャーナリスト・山口敬之に「いいね」! コメントのデタラメが次々露呈している中で 2017.04.01

昭恵夫人口利きの証拠「2枚目のFAX」をマスコミはなぜ追及しない? 背後に官邸、山口敬之、田崎史郎の情報操作 2017.03.23

安倍官邸が最初の地震の後、熊本県の支援要請を拒否! 菅官房長官は震災を「改憲」に政治利用する発言 2016.04.16

菅官房長官と逮捕された「日歯連」高木前会長の関係、そして迂回献金疑惑…新聞・テレビはなぜ報道しないのか 2015.10.04

北朝鮮関連リンクに戻る

 

 以下、「逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕」「決裁したのは警視庁の中村格刑事部長(当時)」の中村格刑事部長名が出てくる記事。

献花する中村刑事部長
http://www.jiji.com/jc/p?id=20160730130443-0021961062

0021961062
女子高校生ら3人が射殺されたスーパー跡地で献花する警視庁の中村格刑事部長=30日午前、東京都八王子市【時事通信社】

 

世田谷一家殺害から15年 現場で献花
2015.12.30 12:11更新
http://www.sankei.com/photo/story/news/151230/sty1512300004-n1.html

Sty1512300004p1
現場となった宮沢みきおさん宅前で献花し、一礼する警視庁の中村格刑事部長=30日午前、東京都世田谷区(長尾みなみ撮影)

 2000年12月30日に東京都世田谷区で宮沢みきおさん=当時(44)=一家4人が殺害された事件から15年。現場の住宅前ではこの日午前、警視庁の中村格刑事部長が献花、参列した捜査員約30人が黙祷をささげ、事件の解決を誓った。

Sty1512300004f2
現場となった宮沢みきおさん宅前で黙祷する警視庁の捜査員ら=30日午前、東京都世田谷区(長尾みなみ撮影)※
※SOBA:写真正面の奥、三人並んでいる内の左端が中村格(いたる)刑事部長。

 釣宏志捜査1課長は「15年の歳月が流れてしまい、被害者やご遺族に申し訳ない。一日でも早く犯人逮捕をご報告できるよう、捜査を続けていく」と話した。
 警視庁はこれまで延べ約25万人の捜査員を投入し、現在も40人態勢で捜査している。情報提供は成城署捜査本部03(3482)0110。

Sty1512300004f3
宮沢みきおさん一家4人の遺影と、ささげられた花束=30日午前、東京都世田谷区(長尾みなみ撮影)

 

 以下、動画のキャプチャ。

「世田谷一家殺害から15年 現場で献花」での中村格(いたる)刑事部長
1515123014s

「世田谷一家殺害から15年 現場で献花」での中村格(いたる)刑事部長
1515123024s

始めに戻る


 以下、シリア攻撃を決めたNSC(アメリカ国家安全保障会議)関連のニュースと、登場人物の画像確認。時事関連ニュースは顔を知って読んだ方が記憶に残る。人間相関図を覚えやすいし話しの筋書きへの理解も深まる。結果、更に記憶に残る好循環。ただし、そう言う効果を承知の上で誘導したいストーリー拡散に悪用することもできる。物事にはすべてプラス・マイナス、良い悪いの両面があります(北朝鮮関連リンクに戻る

 

シリア軍事攻撃「2日半」の決断=首脳会談舞台裏で命令-米大統領
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017040800488&g=int

0170408at57_p
6日、米フロリダ州パームビーチの別荘マールアラーゴで、テレビ会議システムを通じ、シリア攻撃に関する国家安全保障チームの説明を受けるトランプ大統領ら(AFP=時事)

 【ワシントン時事】シリアでの化学兵器によるとみられる攻撃発生を知ったトランプ米大統領は、五十数時間後には空軍基地へのミサイル攻撃に踏み切った。アサド政権の退陣を明確に求めなかったそれまでの方針を一変したかにみえる強硬措置は、政権の安全保障チームによる矢継ぎ早の会合を経て、米中首脳会談が開催されたフロリダ州のリゾートで最終決定が下された。

〔写真特集〕世界のミサイル・無人機~米巡航ミサイル「トマホーク

 シリア北西部イドリブ県で猛毒の神経ガス、サリンと疑われる毒ガスによるとみられる攻撃が起きたのが4日。スパイサー大統領報道官によれば、トランプ氏は同日午前10時半からの定例ブリーフィングで攻撃発生を知らされた。ホワイトハウスは同日午後、「文明社会では看過できない」と非難する声明を出した。
 4日夜から5日にかけ、政権の安保チームが相次いで会合を開催。軍当局者は「大統領は5日、対応策として軍事的選択肢を幾つか挙げるようマティス国防長官に指示した」と話す。
 トランプ氏は5日に行われたヨルダン国王との共同記者会見で、化学兵器使用によって「シリアとアサド大統領への私の姿勢は大きく変わった」と述べ、厳しい姿勢で臨む考えを表明。同日午後の国家安全保障会議(NSC)の会合で、トランプ氏は軍などがまとめた提案の説明を受けた。
 6日午後、習近平・中国国家主席との会談のためフロリダ州へ向かう機中で、再びNSC会合を開催。同行していないメンバーは電話で参加した。同じ機中、トランプ氏は記者団に「アサド(大統領)は恐ろしいことをした。何かをすべきだ」と語り、強硬措置の可能性を示唆している。
 ロイター通信によると、トランプ氏はフロリダ到着後、首脳会談の準備と並行してマティス長官、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)と極秘に会談した。長官らは三つの案を提示。人的被害は最小限にすべきだという意見を踏まえ、トランプ氏はシャイラト基地だけにミサイルを撃ち込む案を採用した。
 午後4時から改めて開かれたNSC会合で、トランプ氏はミサイル発射を命令。ロイターによれば、国防総省に急きょ集まったダンフォード統合参謀本部議長ら軍首脳が攻撃計画を最終確定したのは、NSC会合のわずか15分前だった。
 会合後、トランプ氏は習主席との夕食会に出席。午後7時40分、地中海東部に展開する米駆逐艦2隻が巡航ミサイル「トマホーク」発射を開始した。第1弾が標的の基地に着弾したのは、その約1時間後だった。 (2017/04/08-16:47)

 

 見やすいように大きな画像の「20170406 NSC meeting」NYT ニューヨーク・タイムズの記事と、別のサイトから同じく大きな画像で英語名表記入りのミーティングの様子

63 Hours: From Chemical Attack to Trump’s Strike in Syria
By MICHAEL D. SHEAR and MICHAEL R. GORDONAPRIL 7, 2017
https://www.nytimes.com/2017/04/07/us/politics/syria-strike-trump-timeline.html?_r=0

(略)

9:15 p.m., Thursday

(↓クリックすると拡大)スクロールして見るなら
08ticktock8superjumbo
The president with his national security team at Mar-a-Lago. Credit The White House

Mr. Trump assembles his national security team and other top advisers in a secure room at Mar-a-Lago after the strikes.

A photograph of the meeting, distributed by Mr. Spicer on Friday, shows the president at a small table with General McMaster, Mr. Priebus, Mr. Bannon, Mr. Tillerson and Jared Kushner, the president’s son-in-law and adviser. Others, including Treasury Secretary Steven Mnuchin, Commerce Secretary Wilbur L. Ross and Dina Powell, the deputy national security adviser for strategy, are also in the room.

On a secure video screen, according to Mr. Spicer, are Mr. Pence; Gen. Joseph F. Dunford Jr., the chairman of the Joint Chiefs of Staff; and Defense Secretary Jim Mattis.

SOBA:↑「ショーン・スパイサー(Sean Spicer)大統領報道官によると、遠隔ビデオ画面での参加は;マイク・ペンス合衆国副大統領、ジョセフ・ダンフォード アメリカ統合参謀本部議長、ジェームズ・マティス合衆国国防長官」←行政府の副(サブ)、軍隊の武官と文官が遠隔参加ってことは、危機管理上って事でしょうね。

 

Tag Archives: Gorsuch approved
http://www.occurrencesforeigndomestic.com/tag/gorsuch-approved/
(略)
参考:名前入り画像
https://pbs.twimg.com/media/C803ldvXsAA7cRn.jpg
(↓クリックすると拡大)スクロールして見るなら
C803ldvxsaa7crn

 

 以下、ニュースに出てくる登場人物。画像の前の( )括弧内コメントは田中宇さんの頁から。括弧なしコメントだけのはWikiから。

ドナルド・トランプ(Donald John Trump)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ドナルド・トランプ

アメリカ合衆国第45代大統領。
Donald_trump_official_portrait

 

マイク・ペンス(Michael Richard "Mike" Pence)
https://ja.wikipedia.org/wiki/マイク・ペンス

第48代アメリカ合衆国副大統領。
Mike_pence_official_portrait

 

ハーバート・マクマスター(Herbert Raymond "H. R." McMaster)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ハーバート・マクマスター

国家安全保障問題担当大統領補佐官。
国際主義(米単独覇権主義、軍産複合体)
Hr_mcmaster_arcic_2014

 

スティーブン・バノン(Stephen Kevin "Steve" Bannon)
https://ja.wikipedia.org/wiki/スティーブン・バノン

アメリカ合衆国首席戦略官・大統領上級顧問。
米国第一主義(反覇権主義)
Steve_bannon_5104952894

 

ジャレッド・クシュナー(Jared Corey Kushner)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャレッド・クシュナー

大統領上級顧問。
(シオニストのユダヤ人)トランプの娘イヴァンカの夫でトランプの娘婿。
Jared_kushner_cropped

 

レックス・ティラーソン(Rex Wayne Tillerson)
https://ja.wikipedia.org/wiki/レックス・ティラーソン

合衆国国務長官 エクソンモービル前会長
Rex_tillerson_official_transition_p

 

ジェームズ・マティス(James Norman "Jim" Mattis)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェームズ・マティス

合衆国国防長官。
渾名:カオス、戦う修道士、荒くれ者、狂犬。
James_mattis

 

ジョセフ・ダンフォード(Joseph Francis Dunford, Jr.)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョセフ・ダンフォード

第19代のアメリカ統合参謀本部議長。
Dunford_cjcs

 

マイケル・フリン(Michael Thomas Flynn)
https://ja.wikipedia.org/wiki/マイケル・フリン

国家安全保障問題担当大統領補佐官になるも、2月13日に辞任。
(対露協調の主導役だったマイケル・フリン安保担当補佐官)
Michaelflynn

 

ジェフ・セッションズ(Jefferson Beauregard "Jeff" Sessions III)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェフ・セッションズ

アメリカ合衆国司法長官。(関連記事

Privateprisons2jpgsizecustomcrop108

 

ロッド・ローゼンスタイン(Rod Jay Rosenstein)
https://en.wikipedia.org/wiki/Rod_Rosenstein

司法副長官。トランプ氏の「ロシア疑惑」捜査で、特別検察官にロバート・モラー元FBI長官を任命した。(関連記事

Rod_rosenstein_us_attorney

 

ロバート・ミュラー(Robert Swan Mueller III ロバート・モラーから転送)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ロバート・ミュラー

2017年5月17日、2016年の米国大統領選挙におけるロシアの干渉の捜査のため司法省から特別検察官(Special prosecutor)に任命された。(関連記事1関連記事2

819pxdirector_robert_s_mueller_iii

 

ジェームズ・コミー(James Brien "Jim" Comey, Jr.)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェームズ・コミー

第7代 連邦捜査局(FBI)長官、2017年5月9日解任。
819pxcomeyfbiportrait

 

マイク・ポンペオ(Michael Richard "Mike" Pompeo)
https://ja.wikipedia.org/wiki/マイク・ポンペオ

現在、中央情報局(CIA)長官。
Mike_pompeo_official_transition_por

 

ダン・コーツ(Daniel Ray "Dan" Coats)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ダン・コーツ

ドナルド・トランプ大統領の下で、アメリカ合衆国国家情報長官。
Dan_coats_official_portrait_112th_c

 

バッシャール・アル=アサド(Bashar Hafez al-Assad)
https://ja.wikipedia.org/wiki/バッシャール・アル=アサド

シリアの大統領。
Bashar_alassad_cropped

始めに戻る


 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
に参戦中。

 

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープル、主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 菅野完氏、田中正道氏から「殺すぞ」等、脅迫を受けて警察に電話する。2017年4月24日11時頃(YouTubeあり) | トップページ | 「共謀罪・安倍暴政を許さない!主権者が日本を取り戻す!」平和と共生 緊急集会2017/05/17 必見動画 植草氏基調講演 »

言論・表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122555/70540310

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権は、もう風前の灯火w。もう山口敬之以外、直球で安倍晋三を擁護してくれる(自称)ジャーナリストはマスコミにいない。:

« 菅野完氏、田中正道氏から「殺すぞ」等、脅迫を受けて警察に電話する。2017年4月24日11時頃(YouTubeあり) | トップページ | 「共謀罪・安倍暴政を許さない!主権者が日本を取り戻す!」平和と共生 緊急集会2017/05/17 必見動画 植草氏基調講演 »