« 「森友を超える」加計学園の疑惑。 | トップページ | 菅野完氏と田中正道(森友デモ実行委員会・告発プロジェクト 共同代表)の電話バトル(ツイキャス要所動画と全記録動画) »

2017年4月15日 (土)

ヒトラーの⇒「わが闘争」の教材使用可能=政府答弁書 なんだと。

 今の所、検索しても時事しか報じていない。またまた閣議決定だ。「教育勅語」を「教材として否定せず」だから、「わが闘争」もいいよってか。研究としての歴史史料ではなく教材って所に危うさを感じる。「教育勅語」が暗唱させられて使われたように悪用されるのではないか。

 

「わが闘争」の教材使用可能=政府答弁書
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041401032&g=pol

 政府は14日の持ち回り閣議で、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「わが闘争」の教材使用について、「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定した。民進党の宮崎岳志氏の質問主意書に答えた。

教育勅語活用、否定せず=道徳教育で-松野文科相

 答弁書では、「同書の一部を引用した教材を使用して、執筆当時の歴史的な背景を考察させる授業が行われている例がある」と紹介。その上で、「仮に人種に基づく差別を助長させる形で使用するならば、同法等の趣旨に合致せず、不適切であることは明らかだ」と指摘し、そうした指導があった場合は「所轄庁や設置者において厳正に対処すべきものだ」としている。(2017/04/14-20:03)

 

 あと↓ロシア・トゥデイが英語版で報じてる。

Hitler’s Mein Kampf returns to Japanese schools as ‘teaching material’
Published time: 15 Apr, 2017 16:20
https://www.rt.com/news/384877-hitlers-mein-kampf-returns-to-japan-school/

58f2466cc36188500b8b4573
© Fabrizio Bensch / Reuters

Japan has okayed using Mein Kampf, Hitler’s autobiography and Nazi manifesto, in schools for educational purposes just weeks after the similarly controversial Imperial Rescript on Education was approved as “teaching material,” according to media reports.

Although the Japanese government approved Hitler’s infamous book as “teaching material” for schools on Friday, using it to promote racial hatred will lead to a strict response from regulators, according to the Japan Times report.

The decision came weeks after the controversial Imperial Rescript on Education in schools was approved for the same purposes.

According to many historians, the Rescript, which focuses on patriotism and loyalty to the Japanese Emperor, was one of the primary sources promoting obedience and moral certitude that helped militarism to grow in Japan.

It was issued in 1890 to expound the government’s policy on teaching the Japanese Empire’s guiding principles and it was subsequently distributed to all of the country’s schools, along with a portrait of Emperor Meiji. Schoolchildren were obliged to learn and recite it from time to time.

Following Japan’s surrender and the end of the World War II, American occupation authorities banned formal reading of the Rescript.

“Use of the Imperial Rescript on Education as teaching material cannot be denied,” Japan’s cabinet said in a statement on March 31 this year.

The Imperial Rescript came into the limelight earlier this year after a video emerged showing three- to five-year-old pupils at an Osaka kindergarten reciting the long-defunct document. The video sparked heated discussion in Japanese society and angered the Chinese, who suffered the most at the hands of Japan’s imperial forces. China lost between 15 and 20 million people during the war, the majority of whom were civilians.

 

‘We should be concerned about new release of Hitler’s Mein Kampf in Germany’
Published time: 16 Jan, 2017 15:14
https://www.rt.com/op-edge/373851-mein-kampf-germany-right/

587ccfa2c36188334f8b4593
A copy of Adolf Hitler's book "Mein Kampf" (My Struggle) from 1940 is pictured in Berlin, Germany. © Fabrizio Bensch / Reuters

The new edition Mein Kampf in a way legitimizes the reading of the book says Hebrew University professor Ofer Ashkenazi. With thousands of people buying it there is certainly an interest in the book, he added.

A new annotated edition of Adolf Hitler's autobiography Mein Kampf is selling out in Germany with 85,000 copies sold in 2016.

When Hitler, Mein Kampf: A Critical Edition hit German bookstores early in January last year, the first edition sold out immediately. The book contains around 3,500 academic notes and comments, analyzing Hitler’s views and “using facts against [Hitler’s] propaganda, ideology and hatred.”

“We assumed that it would not stay at the 4,000 copies of the first edition. Meanwhile, however, we sold 85,000 books,” said Andreas Wirsching, head of the Munich-based Institute for Contemporary History (IfZ), which published the book.

RT: Why do you think the book's seeing a surge in popularity?

Ofer Ashkenazi: I think it is popular because of a few different reasons. Some people buy it because it is a new addition with annotations. Some people buy it because it is Mein Kampf, and they are curious about it. There are some people that obviously buy it because they think they will find some wisdom in it.

RT: Does the book's popularity concern you?

OA: Yes, I believe we should be concerned. One of the things about the new addition is that in a certain way it legitimized the reading of the book. People read it before, and people who read it know that it is not very readable; it is not a very interesting book. But it was always something that people - outside of the neo-Nazi circles - we’re not proud of, or would not share that, but now it has been in a way legitimized.

RT: All the same, for a non-fiction book, it's not actually that big a hit. Two weeks ago, a book called The Hidden Life of Trees, about the eco-systems of woodlands, topped the German non-fiction charts with half a million copies sold - way more than Mein Kampf (85,000 copies). Perhaps we need a better sense of proportion, here?

OA: It is hard to say. I think the latter is more reasonable; people buy it because it was banned before and they are curious. Some people buy it because they are interested in the time period; they want to know more. It is true that it is not as popular as the new Harry Potter, for example, or other books.

On the other hand, the fact that people buy it in the thousands shows that there is interest in the book - hopefully not in the messages of the book - but there is interest in the ideas in the book.

RT: This edition is meant to be critical and scholarly and dissects and challenges many of the claims therein. That's better than it being published by a far-right group, isn't it?

OA: Look, people who wanted to read the book before could read it online, could find it in other venues – that was not a problem. What they did with this edition, they tried to have all these comments to disprove many of the arguments in the book.

I don’t think that people who want to read it, because they are part of the new right-wing in Germany care too much about the comments, or sometimes they even take the comments as a way to say: “Well, you know, the ideas that are in the books were pretty popular at that time. It wasn’t that bad.” And there is this danger with the new atmosphere: the anti-refugees and anti-immigration atmosphere that we see everywhere in the world and we also see in Germany. If people take it as some kind of a prophecy, and a legitimization of acting toward the immigrants and toward other outsiders with violence and other means.

The more we talk about it, the more it creates curiosity and the more it sells. I think it’s good that people have access to this edition…and read the comments. I wish they had done it in a better or smarter way with having less comments and more in-depth discussion about the dangers of such ideas. We have a Hebrew edition of Mein Kampf that my students read all the time for their classes. I think it’s important to know the ideas and see where they come from. If we close our eyes, it doesn’t mean that it’s no longer there.

The statements, views and opinions expressed in this column are solely those of the author and do not necessarily represent those of RT.

 

 関連参考記事。

北情勢緊迫も…戦争を煽る安倍首相と大政翼賛報道の恐怖
2017年4月16日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203652/1

99234b0a1b942f98af1c05aff245edba201
「平和国家」を捨て去り「戦争国家」へ…(C)日刊ゲンダイ

 果たして6度目の核実験を強行するのか。北朝鮮情勢が緊迫する中、「戦争屋」の本性がムキ出しになってきたのが安倍首相だ。

 ここ最近は北朝鮮の脅威を煽る発言が目立ち、13日の参院外交防衛委で、北朝鮮が「サリンを(ミサイルの)弾頭につけて着弾させる能力をすでに保有している可能性がある」と踏み込んだのに続き、14日も陸自の西部方面総監部の訓示で「北朝鮮の核・ミサイル開発は深刻さを増し、テロの脅威が世界に拡散している」と気炎を上げていた。

「北朝鮮の行動を改めさせる必要がある。圧力をかけていかなければ、彼らは対応を変えていかない」

「今のまま国際社会に挑戦を続けていけば、未来がないと北朝鮮に理解させないといけない」

 安倍首相の北朝鮮に対する発言はどんどん前のめりになっていて、トランプそっくり。今すぐにでも自衛隊に出撃命令を出してもおかしくない。朝鮮半島近海に空母「カール・ビンソン」などを派遣した米軍の後ろ盾を得て強気になっているのだろうが、本来はイケイケドンドンのトランプに自制を促すのがスジだ。それが先頭に立って北朝鮮を刺激しまくっているから許し難い。「戦争放棄」を掲げる日本の総理大臣としてあり得ない姿だ。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203652/2
 安倍首相は昨年12月にオバマ前大統領と一緒にハワイ・真珠湾を訪れた際、「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない」と誓っていたが、やっぱり大ウソだったワケだ。

■新聞・テレビも大政翼賛会に

 一方、そんな安倍首相の姿勢を少しも批判せず、挑発発言をタレ流している新聞・テレビも同罪だ。アフガン戦争やイラク戦争で証明されている通り、米国が軍事介入するほど事態はドロ沼化する。しかも、安倍政権が集団的自衛権の行使を認めたため、北とコトが起きれば自衛隊はいや応なく米軍と一緒に戦場に駆り出されるのだ。戦後70年間余り守り続けてきた「平和国家」を捨て去り、いよいよ殺し殺される「戦争国家」になるのだ。新聞・テレビは今こそ、「社会の木鐸」としての役割を果たすべきなのに、戦前と同じで「大政翼賛会」と化しているから、ムチャクチャだ。

「首相が率先して戦争を煽っているのだから、こんなバカな話はありません。中国の王毅外相は『武力では問題を解決できない』と呼び掛けていますが、本来は日本が果たすべき役割です。大体、本当に有事になったら(日本も)終わりですよ。自制を促さないメディアもどうかしています」(元外交官の天木直人氏)

 このままだと、安倍首相が「1億総玉砕」「本土決戦に備えよ」なんて言い出しかねない。

 

 きな臭い話題をもう一つ。

武道に「銃剣道」は戦前回帰ではない 政府答弁書
4月14日 19時19分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170414/k10010949061000.html

K10010949061_1704141933_1704141936_

政府は14日の持ち回り閣議で、先月告示した新たな学習指導要領で中学校の武道の種目に「銃剣道」を加えたことについて、国民からの意見公募を踏まえたもので、軍国主義の復活や戦前回帰の一環との指摘は当たらないとする答弁書を決定しました。

先月31日に告示された新たな学習指導要領では、中学校で教える保健体育の武道の種目として、新たに「銃剣道」が加わりました。

これに関連し、政府は14日の持ち回り閣議で、民進党の大西健介衆議院議員が提出した質問主意書に対する答弁書を決定しました。それによりますと、「ことし2月に公表した学習指導要領案に対する意見公募手続きをしたところ、『銃剣道が国民体育大会の実施種目であることを考慮すべきである』などの意見が提出された」としています。そのうえで、「これらの意見は武道の内容の弾力化を一層図るものであると考えられたことから、銃剣道を加えたものである。『軍国主義の復活や戦前回帰の一環』とのご指摘は当たらない」としています。

関連ニュース[自動検索]
中学校の授業に?「銃剣道」とは3月31日 18時44分

 

中学校の授業に?「銃剣道」とは
3月31日 18時44分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170331/k10010932851000.html

K10010932851_1703311818_1703311825_

小中学校の新しい学習指導要領が31日に公示され、中学校で教える武道の例に「銃剣道」という競技が加わりました。あまり耳慣れないだけでなく、中学校の授業に適切かどうかという議論も起きています。銃剣道とはどのような競技なのか、取材しました。

どんな競技?

銃剣道の試合風景は、剣道と似ていますが、竹刀の代わりに長さ1.66メートル以上、重さ1.1キロ以上の「木銃(もくじゅう)」を使います。剣道と違って認められるのは「突き技」だけで、相手の胸やのどなどを突いて1本を争います。

昭和55年から国体の競技種目にもなっており(現在は隔年実施)、全日本銃剣道連盟(本部・東京)によりますと、国内の競技人口は約3万人、全国に約100か所の道場があるということです。

新たな指導要領に異論

K10010932851_1703311839_1703311842_
31日に公示された新しい学習指導要領では、武道を教える狙いとして、「我が国固有の伝統と文化により一層触れることができるようにする」ためとしています。柔道や剣道、相撲はそのうちひとつが「必修」で、「空手道、なぎなた、弓道、合気道、少林寺拳法、銃剣道など」が、学校や地域に応じて選択できる武道だとしています。
これまで「選択」の武道は「なぎなたなど」でしたが、新たに銃剣道などが加わったわけです。

K10010932851_1703311944_1703311947_
これに対し異論を唱えたのが、新潟県の米山知事です。
自身のツイッターで、「柔道、剣道、相撲はルールも整備され、競技人口も多くスポーツとして確立しているが銃剣道はその状況になく時代錯誤としか言えない。恐怖を覚えます」と述べました。

そして反対する具体的な理由として、
▽日本で『銃剣』を所持することはできないので、銃剣道を習っても護身に用いることは不可能。
▽棒を使った護身術なら剣道が上。
▽習ったあと競技を続けられる人も極めて限定される。
といった点を挙げたうえで、「戦前精神論への郷愁以外のいったい何でしょうか?」と疑問を述べています。

なぜ反対?銃剣道の成り立ちは

「戦前精神論」という指摘の背景には、銃剣道の成り立ちもあると考えられます。
全日本銃剣道連盟の鈴木健副会長によりますと、銃剣道は明治時代にフランスから伝わった「銃剣術」に日本の槍術を取り入れたもので、旧日本軍の訓練にも導入されたということです。
戦後、昭和31年に連盟が設立され、スポーツとして一般への普及活動が続けられてきました。
それでも現在の競技人口の約9割は、自衛隊員だということです。

こうした経緯や名前の「銃」のイメージが悪いためか、ツイッターなどには「軍国教育に少しずつスライドしている印象を受けてしまう」、「中学教育に『銃』の字が入るなど考えられない」といった否定的な意見のほか、「指導者が少なくて授業が成り立たないのでは」という、実施を懸念する意見も見られました。

一方で、「銃剣道が軍国主義につながるという発想は安易」とか、「銃剣道は立派な武道ですよ」、「試合とかめっちゃ楽しいよ!!」といった意見もあり、議論となっています。

文科省は「あくまで表記に加えただけ」

文部科学省によると、当初は銃剣道を実施している中学校が1校しかなかったため、学習指導要領の改訂案には明記していなかったということです。
しかし改定案についての意見を募ったところ、「国体の種目にもなっていて入れるべきだ」という要望が数多く寄せられたことから、最終的に銃剣道を加えたと説明しています。そのうえで、「あくまで表記に加えただけで、授業で必ず銃剣道をしなくてはいけないものではない」としています。

連盟は「心身の鍛錬と礼節を学ぶことが目的」

K10010932851_1703311818_170331182_2
全日本銃剣道連盟の鈴木副会長は、学習指導要領に加わったことについて、「非常にありがたい。銃剣道は心身の鍛錬や礼節を学ぶことなどを目的とした近代武道であり、剣道や柔道と変わりはない。防具もしっかりしているので、見た目で感じるより、事故やけがは少ない」として、中学で学ぶ武道に適していると話しています。
そして批判的な意見に対しては、「銃剣道への認識が不十分なところもあるので、実際に競技をしているところを見てもらえれば、理念を理解してもらえるのではないか」と述べています。

新しい学習指導要領は、中学校では平成33年から実施されます。

 

 上記銃剣道もいわば「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」の教育勅語とつながっている話しだ。

稲田防衛相「教育勅語の核の部分は取り戻すべき」3月8日 18時44分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170308/k10010903641000.html
魚拓 

413mime4

稲田防衛大臣は参議院予算委員会で、大阪の学校法人「森友学園」が運営する幼稚園の教育内容に関連して、「教育勅語の精神である親孝行など、核の部分は取り戻すべきだと考えており、道義国家を目指すべきだという考えに変わりはない」と述べました。
この中で、社民党の福島副党首は大阪の学校法人、森友学園が運営する幼稚園で、園児に教育勅語を朗読させていたことに関連し、「稲田防衛大臣は過去に月刊誌で『教育勅語の精神を取り戻すべきだ』という趣旨の発言をしているが、その考え方に変わりはないか」と、ただしました。

これに対し、稲田防衛大臣は「10年以上前の政治家個人としての意見を述べたもので、全く同じ意見を持っているわけでもない」と述べました。

一方で、稲田大臣は「教育勅語の精神である親孝行や、友だちを大切にすることなど、核の部分は今も大切なものとして維持しており、そこは取り戻すべきだと考えている」と述べました。

そして、「教育勅語の精神である、日本が高い倫理観で世界中から尊敬される道義国家を目指すべきだという考えは、今も変わっていない」と述べました。

また、稲田大臣は「教育勅語が戦前、戦争への道につながるなど、問題を起こしたという意識はあるか」と問われたのに対し、「そういうような一面的な考え方はしていない」と述べました。

このほか、稲田大臣は過去に大阪で開催した、みずからのパーティーに学園の籠池理事長が出席していたものの、それ以降、籠池氏との接触はないと説明しました。

過去に教育勅語に賛同するコメントも

稲田防衛大臣は過去に、雑誌で教育勅語に賛同するコメントを寄せていました。

平成18年に月刊誌が企画した自民党の国会議員の座談会で、「教育勅語の素読をしている幼稚園が大阪にある」と述べたうえで、当時、文部科学省が教育勅語を幼稚園で教えるのは不適当としたことに対して、文部科学省の担当者に「教育勅語のどこがいけないのか」と、みずから問い合わせたとしています。

さらに占領政策で、日本の道徳や価値観が失われたとしたうえで、「教育勅語の精神は取り戻すべき」と発言しています。

また、平成23年には別の月刊誌の中で、「いま国民が日本の伝統的精神が集約された『教育勅語』を求める機運にある」とコメントしていました。

 

 以下、道徳教育に関連する社説。

社説
道徳教育 やはり評価に適さない
毎日新聞2016年7月27日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20160727/ddm/005/070/163000c

 小学校で2018年度から、中学校で19年度から教科に格上げされる道徳の評価法について、文部科学省の専門家会議が報告をまとめた。

 子供の評価は数値によらず、記述式にする。当然のことだ。

 またクラスの他の子供たちと比べる「相対評価」ではなく、それぞれの成長を積極的にとらえ励ます「個人内評価」として行う。

 入試の合否判定には使わない。

 子供と保護者に示す通知表には子供の状況を記述しても、受験校へ出す調査書には記さない。

 こうした対応は、数量的に学力の到達度を見る他の教科と異なり、道徳という教科が客観的な「評価」に適さないということを示しているといえるだろう。

 皮肉なことだが、工夫すればするほど、一般教科と区別して「評価」に、あるいは「教科化」にこだわる必要があるのかという疑問もわく。

 なぜ教科化なのか、その共通認識や理解は、とりわけ学校現場の教員に欠かせないが、戸惑いの声は少なくないという。

 「教科外の活動」だった道徳が教科化される一契機になったのはいじめ自殺問題だった。また、かねて学校によっては週1回の道徳の時間が形骸化し、なおざりになっているとの指摘もあった。

 文科省は教科化を機に、これまでの教材に登場する人物の心情を読み取り、感想を話し合うような「読む道徳」から転換を図るという。

 例えば、提起された問題や悩みを自分たちに重ね、グループで「考え、議論する道徳」だ。

 報告は、評価手法として子供の発言や感想文などをファイルし、変化、成長を見る例などを示している。

 だが、活発な発言や作文が不得手な子が深く考えている場合もある。どう言ったら「正解」かを考える子もいよう。細心の目配りがいる。経験や研修も必要だ。

 初の検定教科書は来春示される。授業はそれに依拠するのではなく、学校や教員が工夫した副読本など、物差しに縛られない独自教材を自由に生かせるものでありたい。

 そうしたことができるよう、教育委員会や行政組織のバックアップも不可欠だ。

 子供の内面の変化に向き合い、保護者とも連携したり、研修を積んだりするには、教員の日常は多忙に過ぎる。           教育系4大学の共同調査では、教員の8割が授業準備の時間が足りないと感じている。余裕のない状況だと、授業法、評価法についてもじっくり工夫したり、意見・情報交換したりすることは難しい。

 こうした現実の改善も重ねて注文しておきたい。

 

 以下、京都新聞の社説を3本。2017年03月28日掲載、2016年07月26日掲載、2013年11月15日掲載のもの。

道徳の教科書  心を型にはめないよう

 道徳とは何なのか。文部科学省によると「生命を大切にする心や他人を思いやる心、善悪の判断などの規範意識等」という。
 これを教える道徳科の授業が来年4月から小学校で始まる。それに向け、初めて作られた8社の教科書24点が検定に合格した。
 すでに60年近く前から、小学校では「道徳の時間」があり、出版社や文科省の副読本で授業が行われていた。2011年に大津市の中学2年生がいじめを苦に自殺した問題をきっかけに、安倍晋三首相の肝いりで教科化された。
 これまでは副読本の読み取りが中心で「国語と代わり映えしない」との批判があった。それを「考え、議論する」「多面的・多角的」「体験的・問題解決的」をキーワードとした参加型の授業に変えるという。新しい教科書に掲載された物語は、児童が主人公の状況を疑似体験して気持ちを実感し、問題に向き合えるよう工夫されている。こうした点は評価でき、効果を期待したい。
 検定にあたり文科省は「自由と責任」「礼儀」「公共の精神」「家族愛」「伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度」など教科書に盛り込むべき22の内容項目を列挙した。安倍首相が重視する価値観を色濃く反映しているのは明らかだろう。
 結果的に多くの教科書が文科省作成の副読本から多くの読み物を転用し、個性に乏しくなった。実質的に「準国定」の教科書ばかりになっては、自分で考え判断する力を養うという道徳科本来の目的にもそぐわないだろう。
 より実際的な問題もある。道徳科は小学校では週1回、年間計35回の授業が行われるが、児童の活発な議論を喚起しつつ、ボリュームのある教科書をこなし切れるのか。しかも、数値ではなく記述式とはいえ、教師は児童の成績を評価せねばならない。道徳の教科化と同時に小学校では英語の授業が必修化・教科化される。教育現場にかかる負担は小さくあるまい。
 世の中は複雑多様であり、現実社会では善悪の判断すら一筋縄ではいかない。道徳の授業に望むとすれば、そうした混沌(こんとん)の中で悩み考え、それでも自分自身を見失わない「しなやかな心」を児童が養う肥やしになることだ。特定の価値観を押しつけて型にはめる教条的な道徳科なら、不要である。
 しばらくは試行錯誤が続く。道徳について教師が深く考え、教科書を授業に上手に生かせるかどうか。現場の力量が問われよう。

[京都新聞 2017年03月28日掲載]

 

道徳の教科化  心の評価はなじまない

 文部科学省の専門家会議が、小学校で2018年度、中学校で19年度から教科に格上げされる「特別の教科 道徳」の評価の在り方を示す報告書案をまとめた。
 今後、教育委員会に内容が通知され、学習指導要領の改定や教科書作成の指針に続き、道徳の教科化に向けた大枠が固まることになる。
 評価は5段階などの数値でなく記述式としたが、子どもの成長を積極的に受け止めるなどと抽象的で、難しさを改めて浮き彫りにした印象だ。特定の価値観を押し付ける不安も消えない。個々の心の内面を評価するのは無理があり、そもそも教科にすべき理由は見えない。
 道徳の教科化は、大津市の中2男子自殺で問題化したいじめ対策を発端に進められ、指導要領では教材を読むだけの「読み物道徳」から、多角的に「考え、議論する道徳」への転換を掲げた。
 その評価について報告書案は、子どもたちが話し合い、他人の意見に触れる中、多面的・多角的な見方に発展しているかを長期的な視点でみるとした。数値化や他の子と比べる相対評価をせず、入試の合否判定に使わないよう求めたのは、心を価値付けする危うさへの一定の配慮として当然だろう。
 実際の評価は容易ではない。授業中の会話や感想文などを判断材料とするが、発言や文章に表すのが苦手な子どももいる。他人の話に聞き入り、考えを深めようとする姿勢の観察も重要とした。だが、それぞれ繊細で複雑な子ども全員にどこまでできるのか、先生たちから戸惑いの声も上がっている。
 子どもたちが物事の見方を話し合い、社会のルールや相互関係を学ぶことは大切だ。だが、それを教科として検定教科書や評価を持ち込むことで、国が認める「良い子」「善い生き方」像を物差しに子どもをみたり、絶えず先生の顔色を子どもがうかがったりする向きが強まらないだろうか。
 懸念するのは教育への政治の関与が強まっているからだ。安倍政権は「愛国心」教育を盛り込んで教育基本法を改正。教科書検定も強化し、領土を巡る政府見解の明記を求める動きがみられ、道徳の教科化もそうした政治主導の流れをたどっている。
 掲げられた多面的な見方と、内面の評価には大きなズレを感じざるを得ない。特別の教科でなく、子どもたち、教師が互いを尊重し、理解を深め合う中で成長できる教育の在り方を考えていくことが大切ではないか。

[京都新聞 2016年07月26日掲載]

 

道徳の教科化  心に評価はなじまない

 道徳教育の充実策を検討している文部科学省の有識者会議が、現在は「教科外活動」である小中学校の道徳を、検定教科書を使った正式な教科にすべきだ、との提言をまとめた。深刻化するいじめ問題への対策という。
 子どもに善しあしの判断や社会の規範を教えることが大切なのは言うまでもない。しかし、「道徳」の答えは一つではない。子どもの置かれた状況もさまざまだ。国が認める画一的な「良い子、良い生き方」像や価値観を押しつけることになりはしないか。もっと慎重に議論を深めるべきだ。
 政治が道徳教育の教科化を掲げるのは今回が初めてではない。2000年に森喜朗首相の私的諮問機関が提言、教科化は断念したが副教材として「心のノート」が導入された。第1次安倍晋三政権も意欲を示したが、文科省の中央教育審議会が「教科にするには検定教科書や数値評価が必要だが、道徳教育ではいずれもなじまない」として見送った経緯がある。
 今回の提言は、安倍政権の教育施策の司令塔・教育再生実行会議が春に出した提言をほぼ踏襲している。審議入りする中教審が反対を唱えにくいよう、「点数化を避けて記述式の評価に」など問題とされた項目を微修正している。
 しかし、教科化を急ぎながらも、道徳を学校現場で教えることの困難さについて正面から議論された形跡はみえない。道徳は既に小中学校で週1時間、年間35時間を履修している。教科にさえすれば規範意識が高まるというのは短絡的すぎないか。
 大半の子どもは「いじめはいけない」「命は大切だ」とわかっている。問題は、経済格差や虐待など家庭環境や、友人関係の力学を背景に、その意識を育んだり、表したりできない現実があることだろう。特定の教科だけでなく、少人数学級などで教師と子どもが向き合い、悩みながら成長できる環境を整えることこそ肝要ではないだろうか。
 点数評価から記述評価に変えても、子どもの多様な内面に優劣をつけることに変わりはない。検定教科書で一元的な価値観を政府が示すことは憲法19条の思想・良心の自由に反する恐れもある。
 安倍政権は学習指導要領を改定する18年を待たず、道徳教科の前倒し実施を検討する方針だ。前のめりな姿勢に、保守的な愛国心教育推進への疑念がつきまとう。
 身内の自民党内から「いろいろな主義主張の教科書が出てくるのでは」と懸念が漏れること自体、教科化の難しさを示している。拙速を避け、丁寧な議論が必要だ。

[京都新聞 2013年11月15日掲載]

始めに戻る


 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
に参戦中。

 

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープル、主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 「森友を超える」加計学園の疑惑。 | トップページ | 菅野完氏と田中正道(森友デモ実行委員会・告発プロジェクト 共同代表)の電話バトル(ツイキャス要所動画と全記録動画) »

言論・表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122555/70281485

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトラーの⇒「わが闘争」の教材使用可能=政府答弁書 なんだと。:

« 「森友を超える」加計学園の疑惑。 | トップページ | 菅野完氏と田中正道(森友デモ実行委員会・告発プロジェクト 共同代表)の電話バトル(ツイキャス要所動画と全記録動画) »