« 日刊ゲンダイ(2016年8月3日から8月6日)「未来チャレンジ内閣」改め未来収奪内閣だ+その他記事をいくつかまとめ読み。 | トップページ | 天皇が「お気持ち」で、生前退位に反対する安倍政権や日本会議へ反論! フジ産経が「改憲が必要」と詐欺的世論調査。 »

2016年8月 8日 (月)

「天皇陛下、退位に強い思い 象徴のあるべき姿を表明」の動画と、Twitterの反響や日刊ゲンダイの記事など。

 共同通信とANNの動画です。字幕のフォントなどの見やすさが若干違うので両方をアップしておきます。うしろでTwitterでの反響(最初に関連動画)と、日刊ゲンダイの関連記事を採録。また「おことば」中に出てくる「殯(もがり)」についてのWikipediaの説明も採録

 

天皇陛下、退位に強い思い 象徴のあるべき姿を表明 Japan's 82-year-old emperor indicates readiness to abdicate
KYODO NEWS 【共同通信社】
https://youtu.be/jW9ObpFgCP8

2016/08/07 に公開

概要:
天皇陛下は8日午後3時、象徴としての務めについてのお気持ちをビデオメッセージで表明し、生前退位の実現に強い思いを示された。82歳となり、次第に進む体の衰えを考慮し「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが難しくなるのではないかと案じています」と語り、国民に理解を求めた。

Japan's 82-year-old Emperor Akihito on Monday indicated his readiness to abdicate, voicing concern in a rare video message to the public that he could one day become unable to fulfill his role as the symbol of the state because of his age.

 

天皇陛下「お気持ち」表明 ビデオメッセージで公開(16/08/08)
ANNnewsCH
https://youtu.be/PiglYL2WdvY

2016/08/07 に公開

 

 以下、宮内庁のHPからです。

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば
http://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/12

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(ビデオ)(平成28年8月8日)

108image1
おことばを述べられる天皇陛下

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことばのビデオを視聴することができます。(11分02秒)
プレーヤー     帯域
Windows Media Player     1Mbps     300kbps

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(平成28年8月8日)

英文>へ

戦後70年という大きな節目を過ぎ,2年後には,平成30年を迎えます。

私も80を越え,体力の面などから様々な制約を覚えることもあり,ここ数年,天皇としての自らの歩みを振り返るとともに,この先の自分の在り方や務めにつき,思いを致すようになりました。

本日は,社会の高齢化が進む中,天皇もまた高齢となった場合,どのような在り方が望ましいか,天皇という立場上,現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら,私が個人として,これまでに考えて来たことを話したいと思います。

即位以来,私は国事行為を行うと共に,日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を,日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として,これを守り続ける責任に深く思いを致し,更に日々新たになる日本と世界の中にあって,日本の皇室が,いかに伝統を現代に生かし,いきいきとして社会に内在し,人々の期待に応えていくかを考えつつ,今日に至っています。

そのような中,何年か前のことになりますが,2度の外科手術を受け,加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から,これから先,従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合,どのように身を処していくことが,国にとり,国民にとり,また,私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき,考えるようになりました。既に80を越え,幸いに健康であるとは申せ,次第に進む身体の衰えを考慮する時,これまでのように,全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが,難しくなるのではないかと案じています。

私が天皇の位についてから,ほぼ28年,この間私は,我が国における多くの喜びの時,また悲しみの時を,人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして,何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが,同時に事にあたっては,時として人々の傍らに立ち,その声に耳を傾け,思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に,国民統合の象徴としての役割を果たすためには,天皇が国民に,天皇という象徴の立場への理解を求めると共に,天皇もまた,自らのありように深く心し,国民に対する理解を深め,常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において,日本の各地,とりわけ遠隔の地や島々への旅も,私は天皇の象徴的行為として,大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め,これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は,国内のどこにおいても,その地域を愛し,その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ,私がこの認識をもって,天皇として大切な,国民を思い,国民のために祈るという務めを,人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは,幸せなことでした。

天皇の高齢化に伴う対処の仕方が,国事行為や,その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには,無理があろうと思われます。また,天皇が未成年であったり,重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には,天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし,この場合も,天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま,生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

天皇が健康を損ない,深刻な状態に立ち至った場合,これまでにも見られたように,社会が停滞し,国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして,天皇の終焉に当たっては,重い殯の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き,その後喪儀に関連する行事が,1年間続きます。その様々な行事と,新時代に関わる諸行事が同時に進行することから,行事に関わる人々,とりわけ残される家族は,非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが,胸に去来することもあります。

始めにも述べましたように,憲法の下,天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で,このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ,これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり,相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう,そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ,ここに私の気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを,切に願っています。

 

 同じく宮内庁の頁からおことばの英文訳です。

Message from His Majesty The Emperor
http://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detailEn/12#41

Message from His Majesty The Emperor(August 8, 2016) (video)

108image1
His Majesty The Emperor

View the videos of a message from His Majesty the Emperor.(11:02) (Japanese)
Media Player     Bandwidth
Windows Media Player     1Mbps     300kbps

Message from His Majesty The Emperor(August 8, 2016)

<Japanese>

A major milestone year marking the 70th anniversary of the end of World War II has passed, and in two years we will be welcoming the 30th year of Heisei.

As I am now more than 80 years old and there are times when I feel various constraints such as in my physical fitness, in the last few years I have started to reflect on my years as the Emperor, and contemplate on my role and my duties as the Emperor in the days to come.

As we are in the midst of a rapidly aging society, I would like to talk to you today about what would be a desirable role of the Emperor in a time when the Emperor, too, becomes advanced in age. While, being in the position of the Emperor, I must refrain from making any specific comments on the existing Imperial system, I would like to tell you what I, as an individual, have been thinking about.

Ever since my accession to the throne, I have carried out the acts of the Emperor in matters of state, and at the same time I have spent my days searching for and contemplating on what is the desirable role of the Emperor, who is designated to be the symbol of the State by the Constitution of Japan. As one who has inherited a long tradition, I have always felt a deep sense of responsibility to protect this tradition. At the same time, in a nation and in a world which are constantly changing, I have continued to think to this day about how the Japanese Imperial Family can put its traditions to good use in the present age and be an active and inherent part of society, responding to the expectations of the people.

It was some years ago, after my two surgeries that I began to feel a decline in my fitness level because of my advancing age, and I started to think about the pending future, how I should conduct myself should it become difficult for me to carry out my heavy duties in the way I have been doing, and what would be best for the country, for the people, and also for the Imperial Family members who will follow after me. I am already 80 years old, and fortunately I am now in good health. However, when I consider that my fitness level is gradually declining, I am worried that it may become difficult for me to carry out my duties as the symbol of the State with my whole being as I have done until now.

I ascended to the throne approximately 28 years ago, and during these years, I have spent my days together with the people of Japan, sharing much of the joys as well as the sorrows that have happened in our country. I have considered that the first and foremost duty of the Emperor is to pray for peace and happiness of all the people. At the same time, I also believe that in some cases it is essential to stand by the people, listen to their voices, and be close to them in their thoughts. In order to carry out the duties of the Emperor as the symbol of the State and as a symbol of the unity of the people, the Emperor needs to seek from the people their understanding on the role of the symbol of the State. I think that likewise, there is need for the Emperor to have a deep awareness of his own role as the Emperor, deep understanding of the people, and willingness to nurture within himself the awareness of being with the people. In this regard, I have felt that my travels to various places throughout Japan, in particular, to remote places and islands, are important acts of the Emperor as the symbol of the State and I have carried them out in that spirit. In my travels throughout the country, which I have made together with the Empress, including the time when I was Crown Prince, I was made aware that wherever I went there were thousands of citizens who love their local community and with quiet dedication continue to support their community. With this awareness I was able to carry out the most important duties of the Emperor, to always think of the people and pray for the people, with deep respect and love for the people. That, I feel, has been a great blessing.

In coping with the aging of the Emperor, I think it is not possible to continue reducing perpetually the Emperor’s acts in matters of state and his duties as the symbol of the State. A Regency may be established to act in the place of the Emperor when the Emperor cannot fulfill his duties for reasons such as he is not yet of age or he is seriously ill. Even in such cases, however, it does not change the fact that the Emperor continues to be the Emperor till the end of his life, even though he is unable to fully carry out his duties as the Emperor.

When the Emperor has ill health and his condition becomes serious, I am concerned that, as we have seen in the past, society comes to a standstill and people’s lives are impacted in various ways. The practice in the Imperial Family has been that the death of the Emperor called for events of heavy mourning, continuing every day for two months, followed by funeral events which continue for one year. These various events occur simultaneously with events related to the new era, placing a very heavy strain on those involved in the events, in particular, the family left behind. It occurs to me from time to time to wonder whether it is possible to prevent such a situation.

As I said in the beginning, under the Constitution, the Emperor does not have powers related to government. Even under such circumstances, it is my hope that by thoroughly reflecting on our country’s long history of emperors, the Imperial Family can continue to be with the people at all times and can work together with the people to build the future of our country, and that the duties of the Emperor as the symbol of the State can continue steadily without a break. With this earnest wish, I have decided to make my thoughts known.

I sincerely hope for your understanding.

↑「おことば」中に出てくる「殯(もがり)」について。


http://ja.wikipedia.org/wiki/殯

殯(もがり)とは、日本の古代に行われていた葬儀儀礼で、死者を本葬するまでのかなり長い期間、棺に遺体を仮安置し、別れを惜しみ、死者の霊魂を畏れ、かつ慰め、死者の復活を願いつつも遺体の腐敗・白骨化などの物理的変化を確認することにより、死者の最終的な「死」を確認すること。その棺を安置する場所をも指すことがある。殯の期間に遺体を安置した建物を「殯宮」(「もがりのみや」、『万葉集』では「あらきのみや」)という。

日本の古文書にみる殯

『古事記』、『日本書紀』では殯、『万葉集』では大殯とされ、貴人を殯にした記録や、それを連想させる記録が散見されるが、具体的な方法などは記録されていない。

『日本書紀』においては、一書の九で伊弉諾尊(いざなぎ)が伊弉冉尊(いざなみ)を見た際「伊弉諾尊欲見其妹 乃到殯斂之處」の殯斂や天稚彦(あめわかひこ)の殯「便造喪屋而殯之」(一書の一「而於天作喪屋殯哭之」)、巻8の仲哀天皇の崩御後にその遺体を武内宿禰による海路に穴門を通って豊浦宮におけるもの「竊收天皇之屍 付武内宿禰 以從海路遷穴門 而殯于豐浦宮 爲无火殯斂无火殯斂 此謂褒那之阿餓利」があり、その後数代して欽明天皇(欽明天皇32年4月15日(571年5月24日)崩御)32年5月に河内古市に殯し、秋8月に新羅の未叱子失消が殯に哀悼した「五月 殯于河內古市 秋八月丙子朔 新羅遣弔使 未叱子失消等 奉哀於殯 是月 未叱子失消等罷 九月 葬于檜隈阪合陵」と記述される。なおこのときは1年に満たない殯である。


隋書に記録された殯

『隋書』「卷八十一 列傳第四十六 東夷 俀國」には、死者は棺槨を以って斂(おさ)め、親賓は屍に就いて歌舞し、妻子兄弟は白布を以って服を作る。貴人は3年外に殯し、庶人は日を卜してうずむ。「死者斂以棺槨親賓就屍歌舞妻子兄弟以白布製服 貴人三年殯於外庶人卜日而 及葬置屍船上陸地牽之」とあり、また、『隋書』「卷八十一 列傳第四十六 東夷 高麗」(後の高麗王朝のことではなく高句麗のこと)には、死者は屋内に於て殯し、3年を経て、吉日を択(えら)んで葬る、父母夫の喪は3年服す「死者殯於屋内 經三年 擇吉日而葬 居父母及夫之喪 服皆三年 兄弟三月 初終哭泣 葬則鼓舞作樂以送之 埋訖 悉取死者生時服玩車馬置於墓側 會葬者爭取而去」とある。これらの記録から、倭国・高句麗とも、貴人は3年間殯にしたことが窺える。

なお、殯の終了後は棺を墳墓に埋葬した。長い殯の期間は大規模な墳墓の整備に必要だったとも考えられる。


殯の衰退
殯の儀式は大化の改新以降に出された薄葬令によって、葬儀の簡素化や墳墓の小型化が進められた結果、仏教とともに日本に伝わったと言われる火葬の普及もあり、急速に衰退する。 青森県の一部の地域では忌中の家の前に1.8メートルくらいの長さの木の棒を2本交差させて、X印にしたものを門に飾る地域もある。殯の風習が形を変えて残っているものと思われる。


現代の大喪における「殯宮」

殯宮は「もがりのみや」という名で天皇の大喪の礼に、また「ひんきゅう」という名で皇后・皇太后・太皇太后の斂葬の儀までの間、皇居宮殿内に仮設される遺体安置所の名として使用されることになっており、戦後に於いては昭和天皇や貞明皇后、香淳皇后の崩御の際に設置されている(ただし、太皇太后は現在の皇室典範にも定められているものの、実際には平安時代末期以降、現れていない)。

崩御後13日目に遺体を収めた棺は御所から宮殿内の殯宮に移御され、崩御後45日目を目処に行われる大喪の礼や斂葬の儀までの間、殯宮拝礼の儀を始めとする諸儀式が行われる。


現代に生きる殯の名残
通夜は殯の風習の名残で、殯の期間が1日だけ、あるいは数日だけに短縮されたものとする説もある。沖縄でかつては広く行われ、現代でも一部の離島に残る風葬と洗骨の風習は、殯の一種の形態と考えられる。

 

 以下、Twitterでの反響を見る前に関連動画を2本

 先ず1本目の動画。安倍のコメントが内容スカスカとTwitterで。また去る時の安倍のふて腐れた表情・態度がなってないとツイでは散散w。

天皇陛下「お気持ち」受け 総理「重く受け止める」(16/08/08) 55秒
ANNnewsCH
https://youtu.be/K1ZqsTV3_DQ

2016/08/08 に公開

 

 次に2本目の動画。第2次安倍内閣が制定した「主権回復の日」2013年4月28日式典会場。式次第になかった唐突な野太い銅鑼声に引きずられた万歳三唱、そして陛下と美智子様の困惑する表情(53秒〜)。(この部分、政府インターネットテレビでは、最初の野太いどら声万歳の音声を消してますw 全40分35秒で音が出るのは1分3秒から)。↓この動画ですが、既にググってもネットで消されてます。保存していたのをストレージサーバーにアップして見られるようにしておきました。

「主権回復の日」で政府式典、万歳三唱も 1分30秒
https://www.youtube.com/watch?v=WtcWy2xvWkU

4sharedに保存。※

MediaFireに保存。※

 パソコンで見るなら4sharedの方が楽。MediaFireはやり方が変わり、PCでは見辛くなりました。ipadなら4shared・MediaFireどちらでも見ることが出来ます。
 ipadで4sharedの場合、PCでは出ませんが、最初にリンクを開くと「4shared」を購入してくださいと出ます。ここで出る“購入”と言うのはipad用語でダウンロードのこと(「4shared」は無料app)。
 ipadでMediaFireの場合、リンククリックで別画面が開き「Download(何MB)」と出るのでクリックし数秒待つと動画が始まります。

↑↓この動画の記事

「主権回復の日」で政府式典、万歳三唱も(28日17:16)
http://news.tbs.co.jp/20130428/newseye/tbs_newseye5318673.html
Internet Archive 

 61年前の4月28日、日本が独立を回復したことを受け、政府は「主権回復の日」の式典を東京で開きました。

 「主権回復の日」の式典は、1952年4月28日にサンフランシスコ講和条約が発効し、日本が独立を回復したことを受けたものです。天皇皇后両陛下をはじめ、各都道府県の知事や国会議員らが出席しました。

 「本日をひとつの大切な節目とし、これまで私たちがたどった足跡に思いを致しながら、未来に向かって希望と決意を新たにする日にしたいと思います」(安倍晋三総理大臣)

 沖縄県の仲井真知事は式典を欠席しましたが、安倍総理は「沖縄が経てきた辛苦にただ深く思いを寄せる努力をなすべきだと訴えようと思う」と述べ、今後、沖縄県民の心情に最大限配慮していく意向を示しました。

 ところで、式典後、天皇皇后両陛下が退出する際、こんな一幕もありました。

 「天皇陛下万歳」

 政府関係者は「万歳三唱は全く予定になかったものだ」として困惑していますが、出席した沖縄県の関係者からは「政府からはお祝いの式典ではないと聞いていたのに、あれはいただけない」などと反発の声が上がっています。(28日17:16)

 

4・28政府式典:突然の「天皇陛下万歳」(沖縄タイムス)
2013年4月29日 10時06分
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-04-29_48644
Internet Archive 

 【東京】壇上の安倍晋三首相ら三権の長がそろって両手を上げ、声を合わせた。「天皇陛下万歳」。28日に開かれた「主権回復の日」の政府式典。天皇皇后両陛下が式典終了後に退場する際、出席者から突然声が上がり、出席した国会議員や政府関係者約390人の一部も同調。天皇陛下は壇上で一瞬立ち止まった

 式典に対して憲法改正への足がかりとする疑念の声が上がる中、政府が式典で強調した「未来志向」ではなく、戦前の光景に重なるような場面もあった。

 仲井真弘多知事に代わって参加した高良倉吉副知事は万歳をしなかった。「突然でびっくりした。あの場面でそうする必要はなかったかなと。ただ、積極的にしなかったわけではなく、反応できなかった」と終了後、報道陣に話した。

 約40分の政府式典は、安倍首相の独り舞台の様相でもあった。首相は舞台上に掲げられた大きな日の丸をバックに、約10分と最も多く時間を割いた。衆参両院議長、最高裁判所長官はそれぞれ3分。両陛下のお言葉はなく、残りは児童合唱団の歌声だけだった。

 首相は式辞で「沖縄の辛苦にただ深く思いを寄せる努力をなすべきだ」と強調し、沖縄戦や過重な基地負担に苦しんできた県民に一定の配慮を示した。

 しかし、直後に米軍のトモダチ作戦を持ち出し、「熾烈(しれつ)に戦った者同士が心の通い合う関係になった例は古来、稀(まれ)だ」と2月の日米首脳会談で語った「完全な日米同盟」をアピールするような文言を続けた。

 一方、児童合唱団が歌声を披露する場面でも不可解な空気が漂った。出席者に向かって舞台上で歌うのではなく、出席者と同じ舞台下から、天皇皇后両陛下や首相などが並ぶ舞台上に向かって「翼をください」などの歌を合唱した

 

2013年4月28日「主権回復の日」の会場で唐突な「天皇陛下万歳」に驚かれる天皇陛下と美智子皇后。
(↓クリックすると拡大します)スクロールして見るなら
20130428syukenkaifukunohi

https://twitter.com/28SOBA/status/763524091269611520

https://twitter.com/28SOBA/status/763271554578866177

 

https://twitter.com/GoHoo_WANJ/status/762951377995706368

 

https://twitter.com/sangituyama/status/762642472493121536

 

https://twitter.com/haratetchan/status/762571061212786688

 

https://twitter.com/shiikazuo/status/762556475336040448

 

https://twitter.com/levinassien/status/762807750464114688

 

https://twitter.com/levinassien/status/762806565661401093

 

https://twitter.com/levinassien/status/762805848968003584

 

https://twitter.com/hirakawamaru/status/762577098858901504

 

https://twitter.com/nakatanidesu/status/762600593206579200

 

https://twitter.com/28SOBA/status/762617587905605632

 

https://twitter.com/Sukuitohananika/status/762581451569188868

始めに戻る


 以下、日刊ゲンダイの関連記事紹介のツイートと紹介されている記事画像を資料として採録。最後の2本は「おことば」と関連はないですが、目についた記事だったので附録として採録。

 

「「お気持ち」に応えれば改憲戦略は先延ばししかない」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/763271968493740032

 

「口先のゴマカシはもう効かない 「生前退位」詭弁政権には命取り」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/763268691769171968

 

「【この国は70年前とどこが変わったのか】「お言葉」に騒然の世相と今後」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/762898554511691777

 

「【GPIFが実質筆頭株主30社】ニッポン株式会社に君臨 業界トップクラスがズラリ」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/762542847149035520

 

「もう崩れた安保法の「抑止力」 北からはミサイル 中国からは大船団」の記事を拡大・スクロールして見るなら

「稲田防衛相は最悪の起用だ 安倍政権が「中国脅威論」を煽れば戦争になる」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/762540032724832258

 

関連:
天皇が「お気持ち」で、生前退位に反対する安倍政権や日本会議へ反論! フジ産経が「改憲が必要」と詐欺的世論調査。 

始めに戻る


 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
に参戦中。

 

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープル、主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 日刊ゲンダイ(2016年8月3日から8月6日)「未来チャレンジ内閣」改め未来収奪内閣だ+その他記事をいくつかまとめ読み。 | トップページ | 天皇が「お気持ち」で、生前退位に反対する安倍政権や日本会議へ反論! フジ産経が「改憲が必要」と詐欺的世論調査。 »

言論・表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122555/66933942

この記事へのトラックバック一覧です: 「天皇陛下、退位に強い思い 象徴のあるべき姿を表明」の動画と、Twitterの反響や日刊ゲンダイの記事など。:

« 日刊ゲンダイ(2016年8月3日から8月6日)「未来チャレンジ内閣」改め未来収奪内閣だ+その他記事をいくつかまとめ読み。 | トップページ | 天皇が「お気持ち」で、生前退位に反対する安倍政権や日本会議へ反論! フジ産経が「改憲が必要」と詐欺的世論調査。 »