« マスゴミ産経が都知事「就任時最高齢は鈴木氏の68歳」と書いてるが、最高齢は鈴木俊一4期目就任時の80歳だろw。 | トップページ | 2016.7.18 日本教育会館大ホール 鳥越俊太郎(東京都知事候補)個人演説会&「鳥越候補を応援する市民センター」発足集会 »

2016年7月19日 (火)

三宅洋平が安倍昭恵に呼ばれ会食した件についての関連ツイとTwitterでの反響のまとめ。

 色々街宣で話してましたが、今言える事はかなりナイーブなお子ちゃま候補だったなぁ〜と。「今回ばかりはやべーらしい」とセットで言っていた「参院選で改憲勢力が三分の二を取ってしまい国民投票になったら、メディアにふんだんに金を使いTVコマーシャルを流すのでもう止められないと思ってる」には違和感がありました。そんな言い様であらかじめの諦めを若い聴衆の頭にすり込んでいいのかな、と。参院選の結果は、三宅洋平が憂慮していたものでは必ずしもなく、野党共闘が、福島で沖縄で鹿児島で相手候補を打ち負かし勝利した(自公が重点選挙区としていた地域での自公惨敗)。安倍自公野合政権が絶対勝つと力を入れていた重点選挙区で自公に鉄槌をくらわせたのだ。植草さん流に言うなら「(野党共闘の焦点1人区で)秋田を除く東北・北海道の全道県で反自公勢力が自公勢力に勝利した」のだ。このことを三宅洋平はなんと見る。※

※参考:植草さんの以下エントリー。
北海道・奥羽越列藩同盟が参院選で大勝利 
国土の半分で反安倍陣営勝利理由はTPP 

 三宅洋平が今迄選挙に行かなかった層、特に若い世代に向け「メディアにだまされるな」「政治をあきらめるな」「政治は大事、政治を馬鹿にしない」「政治を、政治家を、かっこいいと思えるように変えよう」「(要旨)自民党の壊憲草案はデタラメだ、危ない」と呼びかけたことは正しかった。それだけは声を大にして言っておく。三宅洋平を応援したことを後悔はしていない。

 これから三宅洋平が「やはりヘタレ、人間のクズだった」となるのか、それとも一皮むけてナイーブなお子ちゃまから脱皮するのか注視していきます。※

※安倍晋三の嫁さんと会って会食し、感激して泣いたりしていて、メディアのいわゆる「スシ友」を批判したり、笑えるのかw。

参考:反戦な家づくりの以下エントリー。
李下に冠を正さず (三宅洋平氏のことについて) 

 

 以下、三宅洋平のツイート

 最初のは“ぎりぞー”ってののツイを三宅がリツイートしているので三宅洋平の本音らしい。三宅洋平には山本太郎参院議員を通して生活の党支持者の票が流れてたのが分からないのかな。かく言う私も生活の党支持w。三宅は街宣で若年者に焦点をあて、年配者についてはついでに話す感じだったが、自分は、渋谷ハチ公前(7月2日)新宿西口(3日)立川北口(4日)秋葉原電気街口(6日)有楽町イトシア前(7日)池袋西口(8日)と計6回行ったけれど、どこでも聴衆の中に年配者の姿が目についた。小沢関係の集会や街宣で見た事のある人達もかなりいた。が、三宅洋平は知るよしもないw。
(↓クリックすると拡大します)スクロールして見るなら
20160717rt

https://twitter.com/goconcernGIRIZO/status/754711156665651200

 

https://twitter.com/MIYAKE_YOHEI/status/754713398873423872

 

https://twitter.com/MIYAKE_YOHEI/status/754707430865383424

 

https://twitter.com/MIYAKE_YOHEI/status/754706609469743109

 

https://twitter.com/MIYAKE_YOHEI/status/754705938376818688

 

https://twitter.com/MIYAKE_YOHEI/status/754703453188857856

 

 以下、三宅洋平のツイートに関するTwitterでの反響

https://twitter.com/value_investors/status/755161336967868416

 

https://twitter.com/value_investors/status/755160513856712704

 

https://twitter.com/value_investors/status/755012560739446784

 

https://twitter.com/value_investors/status/755010146527424512

 

https://twitter.com/keialohaloha/status/754888158743965697

 

https://twitter.com/orange519827/status/754873124462538752

 

https://twitter.com/kazamazov/status/754840833212284928

 

https://twitter.com/oldblue2012/status/754864616161710080

 

https://twitter.com/levinassien/status/754821614429102080

 

2016.7.9 20:10更新
【参院選・沖縄】安倍昭恵首相夫人が絶叫「夫は独裁者ではない!」
http://www.sankei.com/politics/news/160709/plt1607090030-n1.html

 安倍晋三首相(自民党総裁)の昭恵夫人が9日、参院選の候補者応援のため沖縄県入りし、那覇市内で街頭演説を行い、「(安倍首相は)独裁者で戦争をするといわれているが、そんなことはない。この国に生まれてきた良かったと思ってもらえるよう、必死に頑張っている」と絶叫調で支持を訴えた。

 安倍首相は選挙期間中、沖縄を訪れることはできず、昭恵夫人が代わりに駆け付け、候補者とおそろいの赤いエプロン姿で登場した。

 

 写真は島尻候補を応援演説する安倍昭恵夫人(以下ツイより)スクロールして見るなら
https://twitter.com/shimajiriaiko/status/751754107170353152
Cm7cvurusaabvwsjpg_large

 

参考:安倍が母方の祖父(岸信介)、おじいさんコンプレックスなことはよく知られている。安倍晋三は祖父岸信介(A級戦犯なるも釈放)を理想としている政治家ってことで、やってきたこと、やっていること、これからやろうとしていることも一貫して従米売国奴w。

左派弱体化へ秘密資金  米CIA、保革両勢力に
http://www.47news.jp/CN/200607/CN2006071901000837.html
Internet Archive 

 【ワシントン18日共同】米中央情報局(CIA)が1950年代から60年代にかけて、日本の左派勢力を弱体化させ保守政権の安定化を図るため、当時の岸信介、池田勇人両政権下の自民党有力者と、旧社会党右派を指すとみられる「左派穏健勢力」に秘密資金を提供、旧民社党結党を促していたことが18日、分かった。

 同日刊行の国務省編さんの外交史料集に明記された。同省の担当者は「日本政界への秘密工作を米政府として公式に認めたのは初めて」と共同通信に言明した。

 米ソ冷戦が本格化した当時、日本を反共の「とりで」にしようと、自民党への支援に加え、左派勢力を分断する露骨な内政干渉まで行った米秘密工作の実態が発覚。日本の戦後政治史や日米関係史の再検証にもつながる重要史実といえそうだ。
2006/07/19 01:52   【共同通信】

関連:
左派弱体化へ秘密資金  米CIA、保革両勢力に (岩手日報ニュース)
http://www.asyura2.com/0601/senkyo24/msg/351.html
投稿者 中田英寿 日時 2006 年 7 月 19 日 14:12:21:

http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack.cgi?world+CN2006071901000837_1

 

安倍首相の根深い学歴コンプレックスを父親の番記者と大学の恩師が暴露! 何の勉強もせず保守主義を叫んで…
【この記事のキーワード】学歴, 安倍晋三, 家族, 野尻民夫
2015.12.02
http://lite-ra.com/2015/12/post-1742.html

Abe_151202
『安倍晋三 沈黙の仮面』(小学館)

 これまで本サイトでは、安倍首相の政治姿勢やその背景にある母方の祖父・岸信介への妄信、逆に反骨の政治家だった父方の祖父・安倍寛への無関心ぶり、幼少期からの嘘つきなど、様々な角度から批判、検証を行ってきた。

  そんな中、安倍首相に関する興味深い本が出版され話題となっている。それは、元共同通信記者で政治ジャーナリストの野上忠興による『安倍晋三 沈黙の仮面』(小学館)だ。安倍首相の父親・晋太郎時代から40年以上安倍家を取材し続けたジャーナリスト・野上による安倍首相の評伝だが、そこに描かれ る幼少期からの性格、数々のコンプレックスは現在の安倍首相の政治姿勢を考える上でも示唆に富んでいる。

 安倍首相は祖父・岸信介に強固な憧憬、そしてコンプレックスを抱いていることはよく知られた話だが、しかしそれ以外にも安倍首相は、様々なコンプレックスを抱えてきたという。

 そのひとつが「学歴コンプレックス」だ。安倍首相の家系である岸家、安倍家には東大出身者が多数存在した。

〈安倍・岸家はいわば『東大法学部』を宿命づけられた家系といえる。祖父の岸は東大法学部時代に、後に東大名誉教授となる法学者の大家・我妻栄と首席を争った秀才で、大叔父の佐藤栄作、父方の祖父寛、父の晋太郎も東大法学部出身だ〉

 安倍首相と同じく成蹊小からエスカレートで大学までいた兄の寛信も、成蹊大学卒業後、東大大学院に進んでいる。

 だが、幼少期から勉強が好きでも得意でもなかった安倍首相は、父・晋太郎に「東大へ行け」と尻を叩かれ、時には分厚い漢和辞典で頭を叩かれても、反発するだけで一向に勉強をするわけではなかったという。

 それどころか、「政治家への思いと名門家系の誇りに胸をふくらませ、一方では思うようにならぬ勉学に羞恥心とルサンチマン(自分より強い者に仕返ししたいという鬱屈した心情)を募らせていた」のだ。

http://lite-ra.com/2015/12/post-1742_2.html
 それは大学に入っても変わらなかった。大学時代の恩師の興味深い証言が本書には紹介されている。

「安倍君は保守主義を主張している。それはそれでいい。ただ、思想史でも勉強してから言うならまだいいが、大学時代、そんな勉強はしていなかった」

 安倍首相に政治家としての思想などないことはわかっていたが、本書では、ただ幼い頃刷り込まれた祖父・岸の「教え」を盲信したまま、なんの成長さえしていないと批判されているのだ。

 さらに、である。この恩師は「ましてや経済、財政、金融などは最初から受け付けなかった」とまで語っている。また、学友も安倍首相の大学時代を「政治家になる気はなかったのではないか」と証言している。

「本当に後を継ぐ気であれば、もっといろいろな知識を吸収して、“将来、日本はこうあるべきだ”といったモチベーションがあってもよかった。でも当時の安倍君には、そういうビジョンは感じなかったし、その片鱗を語ることもなかった」

 憲法改正やアベノミクスを高らかに謳う安倍首相のビジョンなき“底の浅さ”が証明された形だが、しかし問題は勉強が苦手で、努力もしなかった安倍首相が、現在でもそのコンプレックスを引きずり、その歪んだ思いを首相として現実に政治へ投影していることだ。

 本書では安倍内閣に東大出身者が歴代内閣の中でも極端に少ないことを指摘した上で、安倍首相と付き合いの長い議員の証言を紹介している。

「晋ちゃんは東大出身者とエリート官僚が嫌い。議員でも東大出身者とは肌が合わないのか敬遠する傾向がある」

  自らの学歴コンプレックスに加え、好き嫌い、敵か味方かで政治を執り行う安倍首相だが、最終学歴を経歴から“カットする”という驚くべきこともやってのけ ている。それは2006年に上梓した『美しい国へ』(文藝春秋)には存在した「成蹊大学法学部卒業、神戸製鉄所勤務を経て、82年に父・晋太郎外務大臣の 秘書官に」という略歴が、13年にリニューアル刊行された『新しい国へ』(美しい国へ 完全版)ではそっくり削られてしまっているという。

http://lite-ra.com/2015/12/post-1742_3.html
 安倍首相のコンプレックスはそれだけではない。意外なことに岸家の養子となった5歳年下の実弟・岸信夫議員(元外務副大臣)に対しても複雑な感情、コンプレックスを抱いており、それが政治家となるひとつの動機として存在することだ。

 安倍家の3男として生まれた信夫だったが、生後すぐ子どものいなかった岸信介の長男夫妻の養子に出されている。

「長男の寛ちゃんは安倍家の跡取りとして見られていたし、総理大臣の岸家は弟の信夫君が継ぐことになった。子供心にもやっかみがあったのではないでしょうか」(安倍・岸家を長く支えた関係者)

 同書はこんな証言を掲載した上で、このような風景を描き出す。

〈岸の愛情が“内孫”である信夫により多く注がれるようになったという身辺の変化を感じ取っていたのかも知れない。実際、信夫が生まれたあと、南平台の岸邸には、安倍が“おじいちゃんを弟に奪われた”と感じる光景があった〉

 安倍首相が政治家になると言い出したのは、その頃からだったという。
 大好きなおじいちゃんを取られた。自分は安倍家と岸家の跡取りではない。ならば自分が父や祖父の後を継いで政治家になる。幼少期の思いとはいえ、その動機はコンプレックスに満ちあふれている。

  また本書では、安倍首相が大学を卒業した後アメリカに留学したのは「単なる遊学」であり、極度のホームシックから月10万円ものコレクトコールがあったこ と、神戸製鉄での工場勤務や相部屋の寮生活に耐えられず、こつ然と姿を消したことなど、数々の興味深いエピソードが綴られる。

 さらに自 分の意見と違うことを言われると“キレる”ことや、“反対意見に耳を塞ぐ”ルーツ、またかつては「弱い人たちに光を当てるような政治家になりたい」「(岸 時代の安保への反発に対して)政治家がうまく国民に説明していないからじゃないか。自分ならもっとうまく説明できるのに、とも思っていた」という現実とは 正反対な発言など、突っ込みどころ満載の評伝でもある。

 努力もしないのにネガティブな学歴コンプレックスやルサンチマンを持ち、辛いこ とがあるとすぐ逃げ出すお坊っちゃま。これが現在の日本の総理大臣・安倍晋三の本質だ。そんな幼稚なメンタリティを持ち続けた挙げ句、祖父の「悲願」「教 え」をただただ追随し、平和憲法を改正しようと躍起になっているのだ。この事実には改めて、恐怖を感じずにはいられない。
(野尻民夫)

安倍晋三 沈黙の仮面』←AMAZON

始めに戻る


 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
に参戦中。

 

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープル、主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« マスゴミ産経が都知事「就任時最高齢は鈴木氏の68歳」と書いてるが、最高齢は鈴木俊一4期目就任時の80歳だろw。 | トップページ | 2016.7.18 日本教育会館大ホール 鳥越俊太郎(東京都知事候補)個人演説会&「鳥越候補を応援する市民センター」発足集会 »

言論・表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122555/66586353

この記事へのトラックバック一覧です: 三宅洋平が安倍昭恵に呼ばれ会食した件についての関連ツイとTwitterでの反響のまとめ。:

« マスゴミ産経が都知事「就任時最高齢は鈴木氏の68歳」と書いてるが、最高齢は鈴木俊一4期目就任時の80歳だろw。 | トップページ | 2016.7.18 日本教育会館大ホール 鳥越俊太郎(東京都知事候補)個人演説会&「鳥越候補を応援する市民センター」発足集会 »