« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月31日 (日)

2016年1月の小出裕章ジャーナルなど。

 毎月、月末に表示するようにしておきます。

前月のは⇒2015年12月の小出裕章ジャーナルなど。 

 

20160130 R/F #160「小出裕章ジャーナル」【米国原子力艦について】
tacc77
https://youtu.be/JjhTY0rJ68A

2016/01/30 に公開

~第160回小出裕章ジャーナル~
米国原子力艦について「人口密集地帯に巨大な原子炉が存在してしまっているということになっているわけです。万が一事故でも起きればもう逃げることはできないと思った方がいいだろうと思います」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no160/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/160-3/

 

20160129 報道するラジオ 「高浜原発再稼働~福島は?核のゴミは?」
tacc77
https://youtu.be/TYa12ueRDTk

2016/01/29 に公開

■2016年1月29日【金】 高浜原発再稼働~福島は?核のゴミは?

きょう、高浜原発3号機が再稼働されます。
しかし、政府が今後どんな原発政策をとろうとも、避けて通れない問題があります。
ひとつは、事故を起こした福島原発の廃炉と町の復興です。
去年9月に避難指示が解除された福島県楢葉町の状況を、
上田崇順アナウンサーが、現地から中継リポートします。
もうひとつの問題は、原発から生じる「核のゴミ」です。
使用済み核燃料を再処理してできる高レベル放射性廃棄物を、
安定した地下に「地層処分」するというのが政府の方針ですが、
国内最高の学問的権威である日本学術会議は
「日本で地層処分を実施するのは適切ではない」と提言しています。
核のゴミをどうするか目処が立たないまま、現在、再稼働が進められています。
アメリカで放射性廃棄物の最終処分プロジェクトに参画した専門家で、
内閣官房参与も務めた
多摩大学大学院教授・田坂広志さんに出演いただきます。
田坂さんに質問のある方は、メール・FAXでお寄せください。

報道するラジオホームページ
http://www.mbs1179.com/hou/ 

 

20160123 R/F #159「小出裕章ジャーナル」【温暖化対策と核燃料サイクル】
tacc77
https://youtu.be/w789fkoLgmY

2016/01/23 に公開

~第159回小出裕章ジャーナル~
温暖化対策と核燃料サイクル「ウランというのはこの地球上には貧弱な量しか存在していませんので、いずれにしても原子力なんかにしがみついていても未来のエネルギー源にはならないのです」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no159/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/159-3/

 

20160122 報道するラジオ 「今、国会で何が議論されているか」
tacc77
https://youtu.be/kcMC2gzuBw8

2016/01/22 に公開

■2016年1月22日【金】 今、国会で何が議論されているか

甘利大臣の口利き疑惑が報道される中、
今年度の補正予算案が可決されました。
去年、臨時国会が開催されなかったこともあって、
話すべきことが非常に多い国会です。
今夜の「報ラジ」は、ここまでの国会の総集編。
政治とカネの問題、補正予算の内容、子育て支援、
消費増税、憲法改正など、あまり報道されない国会論戦の中身を、
しっかりお伝えします。
国会の議論に関連して、
上田崇順アナウンサーの「病児保育」取材リポートもあります。
国会を見ていて思うこと、政権に対して言いたいことを、
メール・FAXでお寄せください。
みなさんの声をお待ちしています。

報道するラジオホームページ
http://www.mbs1179.com/hou/ 

 

20160116 R/F #158「小出裕章ジャーナル」【中間貯蔵施設の行方】
tacc77
https://youtu.be/p5_QvFwT5aI

2016/01/16 に公開

~第158回小出裕章ジャーナル~
中間貯蔵施設の行方「これからは強権的にどこかの地に押し付けるというようなことになるのだろうと思います」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no158/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/158-3/

 

20160115 報道するラジオ 「阪神淡路大震災から21年~伝えるとは」
tacc77
https://youtu.be/-7YHnDT_Ljg

2016/01/15 に公開

■2016年1月15日【金】 阪神淡路大震災から21年~伝えるとは

あさって17日は阪神淡路大震災から21年になります。
20年が過ぎて、今、被災地では、阪神淡路大震災をいかに伝えていくかが課題になっています。
きょうから淡路島に全国の23の中学校や高校の生徒が集まり、
「阪神淡路大震災を忘れない~21世紀を担う私たちの使命」というテーマで合宿を行っています。
その合宿と中継を結び、高校生に、阪神淡路大震災や防災がどのように伝わるのかを聞いていきます。
メールお待ちしています。

報道するラジオホームページ
http://www.mbs1179.com/hou/ 

 

20160109 R/F #157「小出裕章ジャーナル」【日印原子力協定について】
tacc77
https://youtu.be/hncPv73dngQ

2016/01/09 に公開

~第157回小出裕章ジャーナル~
日印原子力協定について「技術供与しないということの方がよっぽど論理的には筋が通ると思いますけれども、日本も米国も、もう体面もなにもかなぐり捨てて金儲けに走るということになっているわけです」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no157/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/157-3/

 

20160108 報道するラジオ 「電力完全自由化であなたはどう選ぶ?!」
tacc77
https://youtu.be/87ky-eFX22w

2016/01/08 に公開

■2016年1月 8日【金】 電力完全自由化であなたはどう選ぶ?!

2016年4月から始まる電力自由化とは、地域独占などの規制を緩和することで、
既存の電力会社以外の参入を促進し、サービスや料金メニューで好きな電力会社を選べるようになります。
仕組みとメリットや注意点など解説します。

報道するラジオホームページ
http://www.mbs1179.com/hou/ 

 

20160102 R/F #156「小出裕章ジャーナル」【政府が原発推進にこだわる理由】
tacc77
https://youtu.be/eliMnOe1YiM

2016/01/02 に公開

~第156回小出裕章ジャーナル~
政府が原発推進にこだわる理由「核兵器をつくるための技術的な能力というものを保持し続けたいというのが一番の動機なのです」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no156/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/156-3/

 

20160101 報道するラジオ お正月特番「世界からハッピーニューイヤー」【ノーカット完全版】
tacc77
https://youtu.be/2VbWk-for7g

2016/01/01 に公開

■2016年1月 1日【金】 お正月特番~世界からハッピーニューイヤー

元日も、「報道するラジオ」は生放送。
特別ゲストに大阪市立大学大学院教授の朴一さんを迎え、
放送時間を2時間半に拡大して、世界各地と電話をつなぎます。
同時多発テロのショックが残るフランスからはパリ在住の林瑞絵さん、
トルコでシリア難民を支援する「難民を助ける会」スタッフの景平義文さん、
政治的にも経済的にも注目される中国からは北京在住ライターの斎藤淳子さん、
アフリカ・ケニア在住のライター 早川千晶さん、
沖縄で「お笑い米軍基地」を上演し続ける小波津正光さん、
大統領選で盛り上がるアメリカからはNY在住ジャーナリストの北丸雄二さん、
多彩なメンバーが各国事情を語ります。
朴一さんには、慰安婦問題の決着をはじめ今後の日韓関係や、
朝鮮半島情勢もお話いただきます。
出演のみなさんに質問のある方は、メール・FAXでお寄せください。

報道するラジオホームページ
http://www.mbs1179.com/hou/ 

始めに戻る


 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
に参戦中。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章

原子炉時限爆弾 広瀬 隆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »