« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

2015年10月の小出裕章ジャーナルなど。

 毎月、月末に表示するようにしておきます。

前月のは⇒2015年9月の小出裕章ジャーナルなど。 

 

20151031 R/F #147「小出裕章ジャーナル」【燃料デブリ取り出し工法の現状】
tacc77
https://youtu.be/eE_5ygusIAU

2015/10/31 に公開

~第147回小出裕章ジャーナル~
燃料デブリ取り出し工法の現状「上の方から覗いて取り出すなんてことは到底できないのです」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no147/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/147-3/

 

20151026 報道するラジオ特番「学生に夏休みはない 2015」
tacc77
https://youtu.be/C4JfN93nU9I

2015/10/26 に公開

この夏、安保関連法案に反対する声をあげた若者たちに注目が集まりました。反対の声をあげる「SEALDs KANSAI」の学生たちに密着したドキュメンタリー「学生に夏休みはない 2015」です。

 

20151024 R/F #146「小出裕章ジャーナル」【台風・大雨との闘い】
tacc77
https://youtu.be/DJBe9c8UIFs

2015/10/25 に公開

~第146回小出裕章ジャーナル~
台風・大雨との闘い「当面はもうどうにもならない状態で、放射能汚染水が海へ流れ出てしまうということになってしまっています」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no146/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/146-3/

 

20151023 報道するラジオ「文系再編 揺れる国立大学」
tacc77
https://youtu.be/G36GBtTmoLE

2015/10/23 に公開

■2015年10月23日【金】 文系再編 揺れる国立大学

今年6月、国立大学に対して
人文社会系学部の廃止や再編を求める
文科省の通知が出されました。
その文言は、
「教員養成学部・大学院、
人文社会系学部・大学院については、
18歳人口の減少や人材需要、教員研究水準の確保、
国立大学としての役割等をふまえた
組織見直し計画を策定し、
組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換に
積極的に取り組むよう努める」
というものです。
その後、学術界などから批判を受けた文科省は、
「廃止の対象はゼロ免課程だけ」
「文書ミスだった」と弁明していますが、
大学への影響は大きく、
今後、人文社会科学系の再編が進みそうです。
今夜は、国立大学の現状について、
滋賀大学の佐和隆光学長にお話をきいています。
感想はメールかFAXでお寄せ下さい。

報道するラジオホームページ
http://www.mbs1179.com/hou/ 

 

20151017 R/F #145「小出裕章ジャーナル」【原発にこだわる日本企業】
tacc77
https://youtu.be/aiXMNRc8K-0

2015/10/17 に公開

~第145回小出裕章ジャーナル~
原発にこだわる日本企業「日本を使って実物を造ってですね、売り込んでパテントを握っているので儲ける、米国が日本を逃がしてくれないという構図があるだろうと思います」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no145/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/145-3/

 

20151016 報道するラジオ「辺野古問題 翁長知事の戦略」
tacc77
https://youtu.be/3d_wYnChUsk

2015/10/16 に公開

■2015年10月16日【金】 辺野古問題 翁長知事の戦略

今週火曜日、沖縄県の翁長知事は
米軍普天間飛行場の辺野古移設にむけた
前知事による埋め立て承認を取り消しました。
また、翁長知事は9月に国連の人権理事会総会で
辺野古問題について訴えるなど、
国際世論への呼びかけを積極化しています。
そこで今夜の報道するラジオでは、
沖縄国際大学の前泊博盛教授に電話をつなぎ、
埋め立て承認取り消しの中身と、
翁長知事が考える移設阻止の戦略などについて
お話をうかがいます。
前泊教授にご質問のある方は
メールかFAXでお願いします。

報道するラジオホームページ
http://www.mbs1179.com/hou/ 

 

20151010 R/F #144「小出裕章ジャーナル」【脱原発、日独の違い】
tacc77
https://youtu.be/rkFhfqVS-Zo

2015/10/10 に公開

~第144回小出裕章ジャーナル~
脱原発、日独の違い「自分達が始末も出来ないような核分裂生成物、いわゆる放射性物質を未来の子供達に押し付けていくという、そのこと自身が許せないというそういう判断をしているわけです」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no144/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/144-3/

 

20151009 報道するラジオ「TPP“大筋合意”の裏側」
tacc77
https://youtu.be/XHWmuY6AEdM

2015/10/09 に公開

■2015年10月 9日【金】 TPP「大筋合意」の裏側

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉が、
閣僚会合日程の度重なる延長を経て、大筋合意に至ったと報道されています。
しかし、わからないことがたくさんあります。
そもそも「大筋合意」とは何か、
交渉の中で日本はどんな譲歩をし、何を得たのか、
関税撤廃の聖域は守れたのか、
これからどうなるのか、交渉過程に秘密の部分が多く、
政府の発表だけでは明らかになっていません。
今夜は、NGOの一員としてTPP交渉を注視し続け、
アトランタの閣僚会合から帰ってきたばかりの
NPO法人・アジア太平洋資料センター事務局長の内田聖子さんに、
閣僚会合の現場の様子、「大筋合意」の中身について聞きます。
内田さんに質問のある方は、メール・FAXでお寄せください。

報道するラジオホームページ
http://www.mbs1179.com/hou/ 

 

20151003 R/F #143「小出裕章ジャーナル」【汚染水対策】
tacc77
https://youtu.be/w4Ml4rDwiDE

2015/10/03 に公開

~第143回小出裕章ジャーナル~
汚染水対策「本当に環境に流していい法令が決めている濃度以下にきれにできるかどうかということも、やってみないとわからないということだと思います」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no143/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/143-3/

 

20151002 報道するラジオ「強硬ロシア~その裏側」
tacc77
https://youtu.be/w7jCLVgG4mA

2015/10/02 に公開

■2015年10月 2日【金】 強硬ロシア~その裏側

ロシアがシリア領内の過激派組織「イスラム国」(IS)への空爆を始めました。
今週の国連では、このシリアのISの問題でも、ウクライナの問題でも、北方領土の問題でも
ロシアの強硬姿勢が鮮明になりました。
日本から見れば、ここ数年、
世界の主要プレーヤーとしてはロシアの影が薄くなっていましたが、
その強硬な姿勢は健在でした。
なぜ、強硬姿勢をとることができるのか?
何を狙っているのか?
どのような事情があるのか?
ロシアに詳しい大阪商業大学教授の中津孝司さんにスタジオにお越し頂きお話を伺います。
中津教授への質問をお待ちしています。

報道するラジオホームページ
http://www.mbs1179.com/hou/ 

始めに戻る


 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章

原子炉時限爆弾 広瀬 隆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »