« 2015年1月の小出裕章ジャーナルなど。 | トップページ | (ビデオニュース・コム)【遠隔操作ウイルス事件】実刑判決は出たが課題は未解決のままだ 片山被告に実刑8年の判決 »

2015年2月 4日 (水)

イスラム国が日本時間2月4日未明にアップした、ヨルダン空軍パイロット焼殺の元動画(23分11秒)。

 一度消されましたが、何とかmp4で見られるようにしました。なお、2月4日 5時57分のNHK記事を読んでからこの動画を見ると全体の流れを理解する参考になります。なお、動画ファイルをダウンロードして見るのが面倒な人にはキャプチャ画像をアップしておきました。全部で100枚あります(←頁内ジャンプ)。

 

Healing the believers' chests Full Shifae el Sodour HD إصدار شفاء الصدور كامل
Kurdmax Eith
http://youtu.be/tDqti9_a2W4

2015/02/04 に公開

↑をmp4保存 1280pxの大画面(DL方式とやり方が変わりましたが阿修羅のです)

 以下、動画の時間メモ。

21秒から、アブドゥッラー・ビン=フセイン(ヨルダン国王)のインタビュー映像。そのあと、ハリウッド映画のような戦争シーン。

46秒から、オバマとヨルダン国王との共同記者会見の映像など。

1分14秒から、腕に国旗のエンブレムをつけたヨルダン国軍の兵士の映像。米軍との共同訓練の様な部分も。

2分25秒から、ヨルダン空軍戦闘機の空爆する映像など。

2分52秒で、動画タイトルの「Healing the believers' chests(アラビア語でも)」とアラビア音楽と歌。

3分10秒から、ニュース映像。ヨルダン空軍戦闘機パイロット、ムアーズ・カサースベさんが戦闘機から脱出後ISIL兵士に拘束される場面なども。

3分53秒から12分48秒まで、パイロット、ムアーズ・カサースベさんが動画視聴者に語りかける場面(アラビア語)
(7分41秒からと8分7秒の所、ISIL攻撃に参加している国と思われる国旗の映像、空爆か地上戦かをアイコンで説明)

9分32秒から、近隣の出撃空港の映像。

11分55秒で、イスラエルの国旗とヨルダンの国旗。(12分15秒の所も)

12分53秒から、最初に負傷した子供の映像が出てから空爆の映像。

14分6秒から、空爆で負傷した子供たち。

14分38秒から、空爆後の瓦礫現場を歩くヨルダン空軍戦闘機パイロット、ムアーズ・カサースベさん。

14分59秒、ISILミリタントの整列の前を瓦礫を見ながら歩くパイロット、ムアーズ・カサースベさん。

15分13秒から、夜間の爆撃現場と犠牲者の写真など(←は15分28秒の所、15分31秒の所)

15分35秒から、パイロット、ムアーズ・カサースベさん。15分44秒でISIL兵士の顔アップ。

15分53秒から、再度夜間爆撃現場での犠牲者(3例ほど)。

16分16秒から、パイロット、ムアーズ・カサースベさんの顔の大写しと焼殺処刑までの場面。

16分52秒から、首をうなだれて鉄格子の中で処刑前のムアーズ・カサースベさん。

17分30秒から、点火シーン。

17分59秒から、アラビア語の字幕が出たあとに流れる、アラビア語の歌のような、あるいは祈りの唱和のような声。

18分56秒から、声明のようなアラビア文字とそれを読み上げるアラビア語の声。

19分14秒から、焼殺現場に上から土砂をかける工事用ショベルカー。

19分32秒、瓦礫から突き出る手のアップ。

19分58秒から、アラビア文字と読み上げるアラビア語の声(20分2秒の所で英語で空爆に参加したヨルダン空軍パイロットへの懸賞金の説明)と十字軍爆撃機パイロット写真とIDのリスト。

 

元のYouTube概要:
مؤسسة الفرقان :: تقدم :: || الإصدار المرئي المميز "شفاء الصدور" ||

بسم الله الرحمن الرحيم

مؤسسة الفرقان للإنتاج الإعلامي تقدم

شــفــاء الـصــدور

الروابط متجدّدة : إختر رابط واحد للتحميل .

========================================­=============

https://1fichier.com/?1j2k2lpju7 Quality 1080p

https://1fichier.com/?krwy7fkepe Qulity 720p

========================================

http://www.filehosting.org/file/detai... Quality 1080p

http://www.filehosting.org/file/detai... Quality 720p

=================================

http://www.filedropper.com/isdarshifa... Quality 1080p

http://www.filedropper.com/highqualit... Quality 720p

 


 以下、資料として採録。

(以下転載始め)
投稿映像 空爆への報復がねらいか
2月4日 5時57分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150204/k10015198111000.html
魚拓
Internet Archive

K10051981111_1502040558_1502040600_

今回投稿された映像では、オレンジ色の服を着たヨルダン軍のパイロットのムアーズ・カサースベさんが自分が関わっていた「イスラム国」への空爆作戦の詳細について説明させられています。

そして、ムアーズさんは、ヨルダン国民へのメッセージとして、「ヨルダン政府はイスラエル政府に協力し、指示を受けている。もしわれわれが本当にイスラム教を守りたいのであれば、パレスチナのために、イスラム教徒以外の人間を攻撃するべきだ」と話しています。
そのうえで、「ほかのパイロットの家族へ。自分の子どもに『イスラム国』を攻撃させてはいけない。私のようになってしまう。今、私のことを家族や妻が心配している」と話しています。
また、ムアーズさんが、空爆の現場とみられるがれきの中で、銃を持った覆面姿の男たちに囲まれながら歩く場面では、空爆直後の現場で「イスラム国」の戦闘員らがけが人を救助しているとみられる映像が挿入され、空爆への報復のためムアーズさんを殺害したと強調するねらいがうかがえます。
映像には、ところどころに空爆に参加している国の国旗や戦闘機、それに、ミサイルのコンピューターグラフィックスなどが付けられ、長さは22分を超えています
映像の最後で「イスラム国」は、空爆に参加しているヨルダン軍のパイロットたちの名前や写真を掲載し殺害するよう指示しています。

関連ニュース[自動検索]

 ヨルダン軍パイロット殺害か 映像が投稿 (2月4日 2時35分)

関連リンク

  時論公論 「日本人殺害事件 突きつけられた現実」 解説委員室ブログ (2月3日)
  「イスラム国」日本人殺害事件 WEB特集 (2月2日)
  「イスラム国」 真の狙いは? 国際報道2014 (2月2日)
  NHKスペシャル 追跡“イスラム国” NHKオンデマンド (2月1日)
(以上転載終り)

 

シリア人避難所:男子の9割死亡・不明 高校生「聖戦に行く」 「イスラム国」に共感
毎日新聞 2015年02月06日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150206ddm001030149000c.html

20150206ddm001030149000cimage001
「男子生徒が怒りを抱えてシリアに戻り、戦闘員になっていく」と話すユンソ教諭。後ろに見えるのはキリス避難所=トルコ南部で2日、大治朋子撮影

20150206ddm001030149000cimage002 「イスラム国」の活動範囲

 シリアと国境を接するトルコ南部キリスのシリア人避難所の高校で、男子高校生の9割近い280人が「ジハード(聖戦)に行く」と個別にシリアに戻り、死亡もしくは行方不明になっていることが避難所の高校教諭らの調査で分かった。イスラム過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)などの武装組織に入ったとみられる。米軍主導の有志国連合による空爆が拡大した昨年秋以降、シリア行きを希望する男子生徒は急増しており、トルコ全体では数千人規模のシリア人高校生が行方不明になっている可能性がある。【キリス(トルコ南部)で大治朋子】

 キリスのシリア人避難所には現在、1万人余りが暮らす。小、中、高校の3校があり、児童・生徒数は計約3500人。日本の高校1年にあたる10年生の男子生徒は、2012年7月時点で計120人いたが、多くが行方不明となり、現在は20人しかいない。80人いた11年生はゼロに、120人いた12年生も20人に減った。トルコには11年以降、シリアの混乱に伴い10カ所余りの避難所が設置され、状況はどの学校も同様との情報もあり、行方不明の高校生は数千人規模に上る可能性がある。

 調査をしたのは避難所内の高校でアラビア語を担当するメレ・ユンソ教諭(44)ら。「家族の一部にだけ事前に打ち明けるなどしてシリア側に戻り、武装組織に参加している。フェイスブックの更新が突然途絶えたり、同じように戦闘員になった級友からの情報があったりして死亡の可能性を知ることが多い」という。

 生徒たちは、シリアとの間の境界フェンスが壊れている場所や、トルコの警備が手薄な地区から違法にシリア側に侵入。ISのほか国際テロ組織アルカイダ系の「ヌスラ戦線」などアサド政権と敵対する武装組織に入っていると見られる。ユンソ教諭によれば、子どもたちは日ごろから「なぜ欧米は多数の市民を殺すアサド政権を攻撃せず、アサド政権より市民に信頼のあるISを攻撃するのか」と、怒りを口にしている。ISはその残虐性で知られるが、彼らが信じるシャリア(イスラム法)を守り、敵対しない市民には危害を加えないため、理想化する若者も少なくない。

 また、避難所の学校の教諭は135人いるが、これまでに若手の教諭15人がシリアに戻り、戦闘で死亡した。「教諭で集まると、いつも話題はシリアに残る家族や親戚らのことになる。誰もが避難所で安全に暮らしていることに後ろめたさを感じている」(ユンソ教諭)。同じキリスの避難所で高校教諭を務めていた男性(43)は「若者世代はシリアで11年に始まった反体制派運動に対するアサド政権の弾圧や市民殺害に強い怒りを抱いている。米軍主導の有志国連合による空爆がアサド政権ではなくISにのみ向けられ、失望したり反発したりしている」と話す。

↑↓上記記事を紹介しているツイート。

 

(以下転載始め)
ヨルダン軍パイロット殺害か 映像が投稿 動画あり、2分23秒
2月4日 2時35分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150204/k10015197431000.html
魚拓
Internet Archive

動画 2分23秒
Nhk_←元記事キャプチャ(スクロールして見るなら


イスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されていたヨルダン軍のパイロットが殺害されたとみられる映像がインターネット上に投稿されました。ヨルダンのアブドラ国王は、パイロットが殺害されたことを確認するとともに、「われわれは遺族と共にいる」と述べて、国民に連帯を呼びかけました。

日本時間4日午前2時前、イスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されていたヨルダン軍の戦闘機のパイロット、ムアーズ・カサースベさんが殺害されたとみられる映像がインターネット上に投稿されました。映像には、オレンジ色の服を着せられたムアーズさんが銃を持った覆面姿の男たちに囲まれ、その後、火を放たれて殺害される様子が映っています。
これを受けて、ヨルダンの国営テレビが速報でこの映像について伝えるとともに、アブドラ国王の緊急声明を放送し、国王は「大切なパイロットがひきょうなテロリストの手にかかり殺害された」と述べ、ムアーズさんが1か月前の先月3日に殺害されたことを確認しました。そのうえで、アブドラ国王は「われわれは遺族と共にいる」として、国民に連帯を呼びかけました。
これに先立って、ヨルダン政府も「『イスラム国』は残虐な殺人者であり、徹底して報復する」とする声明を出しました。
ムアーズさんは去年12月、アメリカ軍が主導するシリア北部での空爆作戦に参加中に乗っていた戦闘機が墜落し、「イスラム国」に拘束されました。「イスラム国」が後藤健二さんの解放と引き換えにヨルダンで収監されているイラク人の女の死刑囚の釈放を求めてきた際、ヨルダン政府は併せてムアーズさんも解放するよう求めていました。
ヨルダン政府は、ムアーズさんが生存している証拠が示されれば死刑囚を釈放する用意があるとしていましたが、「イスラム国」側はそうした証拠を示さないまま、後藤さんを殺害したとする映像を公開しました。ヨルダンの国民の間では、ムアーズさんの安否を心配する声が高まり、連日、救出を求める集会やデモが行われていました。


「そもそも交渉の意図なし」

10015197431000_01_0204_jordan

中東情勢に詳しい日本エネルギー経済研究所の保坂修司研究理事は「イスラム国側は、そもそもヨルダン政府と交渉するつもりはなく、自分たちの力を見せつけようという意図があったのではないか」と分析しています。そのうえで、投稿された映像で火を使っていることについて、保坂さんは「イスラム教の教えで殺害に火を使うことは、神以外が行ってはならない最も残虐な刑罰とされ、世界中のイスラム教徒から非難されかねない行為だ。イスラム国は支配地域が減少し、求心力を高めるために焦っているのではないか」と指摘しています。


「さらなる動揺を誘おうとしたか」

中東調査会の高岡豊上席研究員は、パイロットの安否を巡ってヨルダン国内で政府への批判も出ていたなか、さらなる動揺を誘おうとしたという見方を示しました。また、ヨルダン政府が、「ムアーズさんは先月3日に殺害された」としていることに関して、高岡さんは「日付が正しければ、解放を巡る交渉には全く応じる気がなかったということになる。一方、先月末くらいまで殺害されていなかったとしたら、水面下で解放を巡るやり取りがあったとは思うが、そうした交渉も長引かせるつもりはなかったということだ」と指摘しました。
そのうえで、「『イスラム国』は、イラクやシリアで軍事的な戦果をあげるのが難しくなっていて、去年12月ごろからは、組織内へのスパイの潜入や、戦闘員の脱走といった情報が増えている。このため、戦果をあげる道を探っていた『イスラム国』にとって、ヨルダンへの揺さぶりが1つの選択肢になったのではないか」と分析しています。
(以上転載終り)

 

イスラム国、操縦士焼殺か=女死刑囚らの刑執行-ヨルダン「報復」決意
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2015020400027

0150204at07_p
過激組織「イスラム国」がインターネット上に投稿したヨルダン空軍パイロット、モアズ・カサスベ中尉とみられる映像の一部(インターネットの投稿映像から)

 【アンマン時事】過激組織「イスラム国」は3日夜(日本時間4日未明)、拘束していたヨルダン空軍パイロットのモアズ・カサスベ中尉を焼殺したとする映像をインターネット上に公開した。国営テレビによると、ヨルダン政府は中尉が既に1月3日の時点で殺害されていたことを確認、イスラム国への報復を表明した。

テロの悪夢、呼び覚ます女=イスラム国釈放要求の死刑囚

 これに対し、ヨルダン政府は報復として、イスラム国が釈放を求めていたサジダ・リシャウィ死刑囚らイラク人過激派2人の刑を執行した。ヨルダン国営通信が伝えた。訪米中のアブドラ国王は「卑劣なテロ」と強く非難。日程を切り上げて帰国する。
 映像は23分弱で、オレンジ色の服を着た中尉とみられる男性がおりの中で焼殺された後、遺体ががれきの下敷きになる様子が映されている。
 ヨルダンは、米軍主導の有志連合の一角。中尉は昨年12月下旬、シリア北部で空爆作戦参加中に操縦する戦闘機が墜落し、イスラム国に身柄を拘束された。ヨルダン政府は水面下で解放交渉を続けてきており、リシャウィ死刑囚との「捕虜交換」が模索されているとの見方もあった。
 リシャウィ死刑囚は2005年にヨルダンの首都アンマンのホテルで、夫と共に自爆しようとしたが自身は失敗、当局に拘束され、死刑判決を受けた。この時、計3カ所のホテルでテロが起き、約60人が死亡した。
 イスラム国は1月24日、後藤健二さん(47)=仙台市出身=とリシャウィ死刑囚の交換を要求。さらに同月29日には、「日没」までにリシャウィ死刑囚をトルコ国境に連れてこなければ中尉を直ちに殺害すると警告したが、ヨルダン側は中尉の「生存確認」ができないとして、釈放には応じなかった。
 イスラム国は2月1日後藤さんを殺害したとする映像を公開した。(2015/02/04-13:23)

 

「イスラム国」:リシャウィ死刑囚、米攻撃で家族失う
毎日新聞 2015年02月01日 21時27分(最終更新 02月01日 22時51分)
http://mainichi.jp/select/news/20150202k0000m030104000c.html

20150202k0000m030104000cimage001 「イスラム国」が後藤さんとの人質交換を求めたサジダ・リシャウィ死刑囚(ヨルダン国営テレビより)=AP

関連記事

 【写真特集】ドキュメント2.1「後藤さん殺害」
 【米国は交渉拒否の原則強調】
 「イスラム国」分派、権力空白地に 支持集団もテロ
 「イスラム国」の「殺害」動画公開は7人に
 【イスラム教徒も落胆「教えに反する」】
 【「憎むは人の業にあらず」】後藤さん過去ツイート拡散

 今回の日本人人質事件で、「イスラム国」(IS)が後藤健二さんとの交換を要求したサジダ・リシャウィ死刑囚は、どんな人物なのか−−。

 米メディアなどによると、リシャウィ死刑囚は、イラク西部アンバル県の県都ラマディ出身で、推定44歳。読み書きができず、地元で野菜の販売などをして生計を立てていた。

 30代前半でISの前身「イラクの聖戦アルカイダ組織」(AQI)メンバーのヨルダン人男性と結婚。だが、夫は2003年に始まったイラク戦争で米軍に攻撃され死亡した。

 04年にはAQIの元最高指導者、ザルカウィ容疑者(06年6月に米軍の空爆で死亡)の側近だったリシャウィ死刑囚の長兄と、2人のきょうだいも米軍の攻撃で死亡した。

 夫ときょうだい計4人を失ったリシャウィ死刑囚は、米国を憎んだとみられ、その後AQIに参加。05年、他のメンバーと共に親米国ヨルダンの首都アンマンのホテルで連続自爆テロを実行するよう指示を受けた。

 事件の数日前、AQIの男性と結婚して2人でホテルの結婚式に潜入。夫は自爆死したが、自分は機材の故障で失敗して逃走、数日後に当局に捕まった。

 事件では60人以上が死亡。リシャウィ死刑囚は、テレビで爆発物がついたベルトを見せながら犯行を語り、衝撃を与えた。06年、リシャウィ死刑囚は死刑判決を受けた。裁判を傍聴した記者によると、リシャウィ死刑囚は裁判では終始表情がなく、事件を悔いる発言もなかったという。

 アンマンの独房に入れられているリシャウィ死刑囚の元には、過去8年間、弁護士以外の面会人はほとんどいないという。今回ISが名前を出すまで、世間から忘れ去られた存在だった。ヨルダンは06年から死刑の執行を凍結していたが、昨年12月に解除。近くリシャウィ死刑囚も執行される可能性がある。

 ISがリシャウィ死刑囚の奪還を求めたのは、イスラム教徒にとって「男が保護すべき存在」の女性であることに加え、自爆テロに参加した人物として英雄視されていることや、組織のカリスマ的指導者だったザルカウィ容疑者がリシャウィ死刑囚の釈放を強く望んでいたことが影響しているとみられる。また、日本から多額の支援を受けているヨルダン政府を追い詰める狙いもあったとされる。

 

関連ツイート:

 

 

 

 

ファシズム加速中

シリア北部渡航計画の男性に初の旅券返納命令
読売新聞 2月7日(土)23時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150207-00050110-yom-soci

 外務省は7日、イスラム過激派組織「イスラム国」の勢力圏があるシリア北部に渡航しようとした50歳代の新潟県在住の男性に対し、旅券(パスポート)の返納を命じ、受け取ったと発表した。

 旅券法は、生命、身体、財産を保護するため、旅券返納を命じることができると定めているが、すべての国への渡航を制限することになるため、この理由での適用はなく、初の事例となった。外務省は、イスラム国による日本人人質事件を踏まえ、今後もイスラム国の支配する地域への渡航については旅券の返納命令を出し、入国を阻止する方針だ。返納命令に従わない場合、その旅券は失効する。

 男性はカメラマンで、トルコ経由でシリア北部に入ることを計画していた。外務省と警察庁が再三、渡航の取りやめを求めたが、応じなかったという。

 憲法は「海外渡航の自由」を保障しており、渡航を制限することは原則できないが、同地域に関しては、「生命が危機にさらされる可能性が高く、例外に当たる」(外務省幹部)と判断した。

最終更新:2月7日(土)23時11分

↑↓関連ツイ(Yahooの馬鹿デカイ広告が出るのでツイの埋め込みはせず)

https://twitter.com/ishimarujiro/status/564082699661357058
Ishimaru Jiro ‏@ishimarujiro

恐れていた事態。このような取材者に対する強権発動は絶対に許されない。一方で、ジャーナリズム側はこれまでの危険地帯取材での事故を検証をしなければならない。さもないと支持を失う。 シリア北部渡航計画の男性に初の旅券返納命令(読売新聞)- http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150207-00050110-yom-soci
0:26 - 2015年2月8日

始めに戻る


 以下、キャプチャ画像です。全部で100枚あります。

 なぜ動画とキャプチャのご紹介をやろうと思ったか

 それはマスコミ報道が大本営発表状態になっていると感じたからです。マスコミの報道を見ているだけでは何が起きているのか分からないと思いました。ただ、怖い、恐ろしいだけでは、事の本質は理解できません。ISILが公開した今回の動画は、明らかにプロパガンダの要素がありますし、全体としてドキュメンタリー風で、虚実入り混じっている感じです。しかし、中東での米国主導の有志連合が今まで非戦闘員の住民を巻き込みながらかなりひどい攻撃をしてきたのは想像するに難くない(かたくない)と考えています(米国がいかに酷い事をするかは、ほとんど竹槍抵抗状態になっていた日本の広島・長崎への原爆投下、1945年3月10日の東京大空襲を思い出せば分かります)。なお、当初は以下のキャプチャ画像はまだアップしていませんでした。2月7日7時35分〜のTBSラジオを聞いたのもキャプチャアップのやる気に火をつけてくれました。堀尾正明と大宅映子(二人とも隠れ安倍マンセー、原発賛成の御用マスコミ)のアホがこの動画について話していて、堀尾正明が「私も見ましたが」と。こんな知性ゼロの馬鹿が見て、一般の国民が見る機会がないのは理不尽と思いました。で、全100枚のキャプチャ画像アップです。

 

閲覧の前の注意とお願い】ISIS/ISIL捕虜のヨルダン空軍戦闘機パイロット、ムアーズ・カサースベさんが焼殺処刑される場面だけではなく、米国主導有志連合の空爆による犠牲者と思われる子供たちのアップ画像などもあります。自信のない方は閲覧しないでください

 時間をみて頂くと分かりますが、パシャ、パシャと言う感じで場面が変わる所が多いです。キャプチャで見るとあらためて細部が分かり、なかなか興味深い映像です。

(↓全てクリックすると拡大します)
00031、3秒の所(この後からは、時間のみ表示で「の所」は省略):アラビア語による表題か?


0024 2、24秒


0028 3、28秒


0033 4、33秒


 

5、35秒:まるでハリウッド映画。
0035


0037 6、37秒


 

7、39秒: 西部劇風
0039


0040_2 8、40秒


0048_2 9、48秒:オバマ米大統領とアブドゥッラー・ビン=フセイン ヨルダン国王の共同会見。


 

10、1分21秒:米兵?(左)と打合せするヨルダン兵。
0121_2


11、1分27秒:テントを探索し、中を見ようとする兵士。
0127_2


12、1分28秒:テントの中の現地住民(とドキュメンタリー風)
0128_2


13、1分31秒:尾瀬の木道のような所を行く兵士。
0131_1_2


0159_2 14、1分59秒


0201_2 15、2分1秒


 

16、2分36秒:尾翼にヨルダン国旗の戦闘機。
0236_2


0240_1_2 17、2分40秒:ヨルダン国旗と戦闘機。


0240_2_2 18、2分40秒の2:ヨルダンから発信し、


 

19、2分42秒:爆撃と、アニメを使った説明。
0242_2


20、3分4秒:  شفاء الصدور  Healing the believers' chests とアラビア語と英語で動画の表題。
0304_2


0320_221、3分20秒:ヨルダン軍パイロットのムアーズ・カサースベさんが拘束された時の画像。


 

22、3分58秒:ここから自分が関わっていた「イスラム国」への空爆作戦について詳細に説明しています。
0358_2


0417_223、4分17秒


 

24、4分47秒:淡々と説明していきます。
0447_2


25、5分27秒:2014年12月24日キリスト教のクリスマスイヴの時にムアーズ・カサースベさんは爆撃オペレーションに参加した。
0527_2


0532_2 26、5分32秒:出撃した空軍基地。


0545_2 27、5分45秒:空中給油を説明。


0609_2 28、6分9秒:アラブ首長国連邦-F16、モロッコ-F16、サウジアラビア-F15が空爆に参加。爆撃地はISILの首都ラッカ。


0614_2 29、6分14秒:GBUレーザー誘導の爆弾が使われた。


 

30、7分42秒:先進国の有志連合参加国。カナダ、仏、米、英、豪州。うすら馬鹿の安倍晋三はこれに参加するつもりなのか。
0742


31、8分7秒:上段に上記参加国、真ん中に英語で十字軍有志連合(CRUSADER COALITION)の表示、下段国旗のアラブ側参加国は、ヨルダン、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、クエート、カタール、オマーン、バーレーン、モロッコ。
0807


32、8分44秒:上段に十字軍有志連合の表示。その下の国旗列でアラブ側参加国の参加内容。ヨルダン(F16)、アラブ首長国連邦(F16)、サウジアラビア(F15)、クエート(空中給油機)、カタール(空軍基地)、オマーン(空軍基地)、バーレーン(F16)、モロッコ(F16) なおFは戦闘機。
0844


0937 33、9分37秒:基地の名前と位置など。


0941 34、9分41秒:基地の名前と位置など。


0946 35、9分46秒:基地の名前と位置など。


0951 36、9分51秒:基地の名前と位置など。


1010 37、10分10秒:基地の名前と位置など。


1013 38、10分13秒:ハサン空軍基地。ROLE:フランスミラージュプレーン、NOTE:兵站関係?の記述。


1058 39、10分58秒:カタール、オペレーションセンター。


1146 40、11分46秒:ラクーン市。航空スナイパー(無人攻撃機か)、DRONES(無人攻撃機)、スパイ活動。


 

41、11分57秒:ヨルダン国旗の上にイスラエルの大きな国旗。NHKのニュースで「ヨルダン政府はイスラエル政府に協力し、指示を受けている。」と説明している部分
1157


1206 42、12分6秒:


 

43、12分14秒:
1214


1218 44、12分18秒:パレスチナとヨルダン。


1221 45、12分21秒:ガザとアクサ。


 

46、13分6秒:空爆の怪我の治療を受ける乳児。
1306


47、14分6秒:
1406


48、14分11秒:
1411


49、14分15秒:
1415


50、14分19秒:
1419


51、14分23秒:
1423


52、14分27秒:
1427


53、14分31秒:
1431


54、14分36秒:
1436


 ここから焼殺場面。焼殺部分を抜き出した動画紹介頁はこちら。リンク先頁の動画は、この23分11秒版の16分14秒からの焼殺場面だけ抜き出したもの(←を消えぬ保存 3分28秒でW720px)

55、14分42秒:空爆の瓦礫の中を歩かせられているヨルダン空軍パイロットのカサースベさん。
1442


56、14分47秒:
1447


57、15分1秒:ISILの戦士とカサースベさん。
1501


58、15分6秒:ISILの戦士とカサースベさん。
1506


1528 59、15分28秒:ISILでの空爆後の救助活動と見られる場面。


 

60、15分32秒:
1532


61、15分35秒:
1535


62、15分37秒:
1537


63、15分44秒:眼光鋭くヨルダン軍パイロットのカサースベさんを見るISIL戦士。
1544


64、15分46秒:
1546


1555 65、15分55秒:ISILでの空爆後の救助活動と見られる場面。


1559 66、15分59秒:空爆後の救助活動。


1601 67、16分1秒:空爆後の救助活動。


 

68、16分20秒:ISIL戦士。
1620


69、16分32秒:ISIL戦士。
1632


70、16分43秒:眼光鋭くヨルダン軍パイロットのカサースベさんを見るISIL戦士。
1643


71、16分57秒:カサースベさん。シャツの濡れ跡はガソリンか。
1657


72、17分54秒:このあと、流れるアラビア語の歌のような、あるいは祈りの唱和のような声。
1754


73、18分7秒:
1807


74、18分17秒:手を合わせているように見えます。
1817


75、18分19秒:
1819


76、18分20秒:
1820_1


77、18分20秒の2:
1820_2


78、18分21秒:
1821


79、18分22秒:
1822


80、18分34秒:
1834


81、18分45秒:
1845


82、18分57秒:声明のようなアラビア文字とそれを読み上げるアラビア語の声。
1857


83、19分:
1900


84、19分7秒:鼻先から溶けた体がたれて、そして落ちてます。ここで思い出したこと(←頁内ジャンプ)。
1907


85、19分13秒:
1913


86、19分15秒:鉄の檻ごと土砂をかけるショベルカー。
1915


87、19分31秒:土砂から出ている焼け焦げた手のひらの指。
1931


1952 88、19分52秒:いちど懸賞金つきお尋ね者告知を表示したあと、(WANTED DEAD=指名手配、DEADは大量殺戮により死刑の意←ジーニアス英和大辞典参照)


 

89、20分2秒:アラビア語と英語で、ヨルダンパイロットの懸賞金つきお尋ね者の説明。
2002


2028 90、20分28秒:以下懸賞金つきお尋ね者パイロット。(ID、名前、軍隊での階級、配属先衛星地図、information:には役割やその他色々なメモ。←以下、メモ部分で目についたのだけメモ)


2045 91、20分45秒:(FaceBookのURL)


2102 92、21分2秒:(休暇で行く場所)


2110 93、21分10秒:


2115 94、21分15秒:


2120 95、21分20秒:(FaceBookのURL)


2124 96、21分24秒:


2128 97、21分28秒:(FaceBookのURL)


2133 98、21分33秒:


2137 99、21分37秒:


2153 100、21分53秒:


↑この100枚キャプチャ画像を見たあと、やはり動画の方で見て実際の映像表現を確かめたいと言う人は⇒mp4のDL 1280px

 

思い出したこと:焼殺されるカサースベさんが地面に膝から崩れ落ちたあと、顔が溶けたしずくが鼻先から垂れそして溶け落ちます。この場面を見て、漫画「はだしのゲン」で中沢啓治さんが描いた、体がとけながら幽霊のように歩く姿のコマを思い出しました(中沢さんは広島で被曝し、その経験を漫画にしています)。

(↓クリックすると拡大します)スクロールして見るなら
254_255__←米国が広島へ原爆投下した直後を描いた、「はだしのゲン」第1巻の254頁と255頁です。254頁(右頁)右下のコマで人の体が溶けている描写です。人の体が溶け、肌が剥がれて垂れ下がる事もあるのですね。中国映画『南京!南京!』(←雑談日記で紹介)を見た時にも感じましたが、いわばフィクションの方がより真実を描いている場合があります。それはドキュメンタリーにも言える事で辺見庸さんが言う所の表現者がいかに映像テキストを作るかなのだと思います。なお、中沢さん自身、爆心地の島病院(現在の島外科内科病院)から直線距離で1240mの神崎小学校(漫画では神山國民小学校)正門前で被曝していますが、正門が衝立になり強烈な閃光と爆風からは間一髪のがれています。コンクリートの建物にいて助かった人、広島を望む近傍山間部でも地形により爆風が防げた人と、そうでなかった人とか違うケースがありました。

(クリックすると拡大します)スクロールして見るなら
248_249__順番は前後しますが、被爆直前の神山國民小学校正門前の場面。第1巻の248頁249頁です。左側頁で女性に呼び止められています。


参考:
1_ 1、投下目標の相生橋と実際の爆発直下の島病院と神崎小学校までの位置関係。もし相生橋上空で爆発していれば閃光と爆風で中沢さんも助からなかったかも。


3_ 2、神崎小学校の正門(漫画では神山國民小学校)。


4_ 3、神崎小学校の正門。


 

 『週刊少年ジャンプ』1973年25号から『はだしのゲン』連載が始まった頃は、僕自身は既に社会人で漫画世代ではなくなっていました。僕自身が漫画を自分で買って読んだのは中学時代までです。電車などで大人が週刊漫画などを読む光景・世相が話題になってましたが、僕自身は自分で買ってまでして漫画を読まなかったので『はだしのゲン』とはスレ違いで良く知らなかった。実際に読んだのは松江市教育委員会による閉架措置問題などが話題になったあとからで、2013年夏に図書館で愛蔵版を借りたのが最初です。ところが愛蔵版は図書館のはどう言う訳かネット検索でも1〜8までしかなく9巻と10巻が抜けていました。久し振りの漫画でしたが、読み始めるとこれが意外にも読みごたえがあり止まらなくなり一気に読んでしまった。その後、全部読みたくなりやはり図書館で本の装丁がペーパーバックなコミック版合本貸し出し全10巻を借りました。コミック版は頁構成も全く同じでしたが、愛蔵版の1〜8を既に読んでいたにもかかわらず、二度目も面白かったです。中沢さん自身の体験が元になっているのでリアリティがあったと言うのもありますが、それ以上に今まで見た事のある漫画と中沢さんのは違ってました。はだしのゲンは別に優等生でもなく、生きるため生活のためなら多少の悪事も当然の如くやってしまう。時代背景を考えるなら当たり前と言えば当たり前の話しです。子どもから大人まで歳相応に引き込まれて読める不思議な漫画だと思います。

 

 アニメ映画版は1983年7月に「はだしのゲン1」が、1986年6月に「はだしのゲン2」が制作・公開されていました。2013年8月には、ネットでも無料公開されました。3か月後の安倍政権ファッショ加速を予期したような公開でした(11月26日特定秘密保護法衆院強行採決)。

 

 

 

 

 

始めに戻る

 

マンガ版 (あらすじWikipedia)

簡易装丁のコミック版です。汐文社 (1993/04)

 

ハードカバーの愛蔵版です。汐文社 (1993/04)

 

アニメ版 (アニメ版Wikipedia)

 アニメだから出来る、迫真の映像表現。中沢啓治さんが漫画などでは描ききれない原爆の実情を表現したいと一部私財を投じて製作しただけあって、これも一つの『はだしのゲン』、お勧めです。

 前編と後編、1と2に分かれてます。

始めに戻る

   

|

« 2015年1月の小出裕章ジャーナルなど。 | トップページ | (ビデオニュース・コム)【遠隔操作ウイルス事件】実刑判決は出たが課題は未解決のままだ 片山被告に実刑8年の判決 »

言論・表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122555/58829483

この記事へのトラックバック一覧です: イスラム国が日本時間2月4日未明にアップした、ヨルダン空軍パイロット焼殺の元動画(23分11秒)。:

« 2015年1月の小出裕章ジャーナルなど。 | トップページ | (ビデオニュース・コム)【遠隔操作ウイルス事件】実刑判決は出たが課題は未解決のままだ 片山被告に実刑8年の判決 »