« 2014年8月「首相動静」です。 | トップページ | 【5金スペ】伊勢崎賢治氏:カシミール、パレスチナ、世界の紛争の根っこにあるもの パチンコの換金を容認する日本の国民性とは »

2014年8月31日 (日)

2014年8月の小出裕章ジャーナルなど。

 毎月、月末に表示するようにしておきます。

前月のは⇒2014年7月の小出裕章ジャーナルなど。 

 

20140830 R/F #086「小出裕章ジャーナル」【空間放射線量から個人被ばく線量へ除染基準転換の意味とは?】
tacc77
http://youtu.be/FurzsWiCykw

2014/08/30 に公開

概要:
~第86回小出裕章ジャーナル~
空間放射線量から個人被ばく線量へ除染基準転換の意味とは?「できる限り小さな数字が出てくるような測定の仕方をしたいと、彼らが思っているわけです」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no86/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/086-3/

 

20140829 報道するラジオ「“ピース大阪”リニューアル~戦争をどう展示するか?」
tacc77
http://youtu.be/svg_Yi1PntI

2014/08/29 に公開

概要:
■2014年8月29日【金】 「ピース大阪」リニューアル~戦争をどう展示するか?

ピース大阪・大阪国際平和センターがあさって31日で休館になります。
半年以上かけて展示の内容を大幅にかえるためです。

大阪城公園の一角にあるピース大阪は、大阪空襲の死没者を追悼する場であると共に
戦争の被害に加えて加害も展示している数少ない公的な施設です。
設置理念には、
「戦場となった中国をはじめアジア・太平洋地域の人々、
また植民地下の朝鮮・台湾の人々にも多大の危害を与えたことを、私たちは忘れません」と
平和に対して高い志を掲げていることも特徴です。

このピース大阪の展示をどう変えていくのか、
館長の岡田重信さんに聞いています。
その上で、30年にわたり日中戦争の研究を続ける軍事ジャーナリストの前田哲男さんと
大阪大空襲の体験者、久保三也子さんとともに
戦争を展示することの意味合いを考えていきます。

ノーカット(wma)
http://goo.gl/xws2f4
予備
http://goo.gl/2XlyL6

【YouTube】RamadaVikara 2nd Channel
http://goo.gl/xE8XMI

報道するラジオホームページ
http://www.mbs1179.com/hou/

 

20140825 報道するラジオ「報道特別番組“8人の証言~自衛隊イラク派遣から考える集団的自衛権”」
tacc77
http://youtu.be/q3KFlb35pD0

2014/08/28 に公開

概要:
MBSラジオ・報道特別番組「8人の証言~自衛隊イラク派遣から考える集団的自衛権」を放送。
イラクに派遣された元自衛官たち、元航空幕僚長の田母神俊雄さん、元防衛官僚の柳澤協二さん、
武装勢力の人質になった高遠菜穂子さんら8人の方の証言から、
自衛隊イラク派遣を検証する番組です

 

20140823 R/F #085「小出裕章ジャーナル」【日本初の原発死亡事故(美浜原発事故)から10年を迎えて】
tacc77
http://youtu.be/vGVnyhbz-uA

2014/08/23 に公開

SOBA:3分2秒から、原因が何なのかと言う事を知らなければと調査を始めたが、あまりにも馬鹿げたと言うか、元々は1cmもある分厚い配管だった訳だが、壊れた時にはその配管が腐食と、水による機械的な摩耗でわずか0.4mmの厚さしかなかった。そして、それについて気がつかなかった、検査もせず何十年も来てしまったと言う状態だった

~第85回小出裕章ジャーナル~
日本初の原発死亡事故(美浜原発事故)から10年を迎えて「壊れた時には、配管が腐食と摩耗で、わずか0.4ミリしかなかった。そういう状態だったのです」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no85/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program/085/

 

20140822 報道するラジオ「自衛隊イラク派遣から考える集団的自衛権」
tacc77
http://youtu.be/BoZdSh-EPjk

2014/08/22 に公開

■2014年8月22日【金】 自衛隊イラク派遣から考える集団的自衛権

自衛隊イラク派遣から10年、
集団的自衛権の行使容認が閣議決定されました。
自衛隊の活動には、憲法9条という歯止めがあり、
イラク派遣の際には、「非戦闘地域」という線引きが強調されたわけですが、
現実には、自衛隊は「戦地」に赴き、命の危険もある中で活動していました。
また、「人道復興支援」の名目とは異なる活動もありました。
憲法解釈の変更で集団的自衛権行使が可能になれば、
自衛隊はどんな活動をすることになるのでしょうか。
今夜は、自衛隊イラク派遣差し止め訴訟で、
「航空自衛隊がバグダッドに米兵を輸送しているのは憲法に違反する」
という名古屋高裁の違憲判断を引き出した弁護士・川口創さんがゲストです。
あまり知られていない航空自衛隊のイラク・クウェートでの活動の真相や、
政府の情報隠し、そして集団的自衛権行使の問題など、じっくりお話を聞きます。
川口弁護士に質問のある方は、メール・FAXでお寄せください。

 

20140816 R/F #084「小出裕章ジャーナル」【放射性物質飛散量1兆ベクレルの意味とは?】
tacc77
http://youtu.be/_m2c3Hrf-QQ

2014/08/16 に公開

~第84回小出裕章ジャーナル~
放射性物質飛散量1兆ベクレルの意味とは?「一般の人達が1年間にそれ以上とってはいけないというセシウムを700万人分放出したということです

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no84/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/084-3/

 

20140815 報道するラジオ「16歳の兵士~戦争に奪われた青春~」
tacc77
http://youtu.be/a_J71NET7SE

2014/08/15 に公開

■2014年8月15日【金】 16歳の兵士~戦争に奪われた青春~

今日、8月15日は終戦記念日です。
前回に引き続き、今夜も元日本兵の男性にお話を聞いてきました。
男性は横浜在住で現在85歳。
1944年、旧制中学を卒業するとすぐに少年兵に志願しました。
当時は国語の教科書に「ススメ、ススメ、ヘイタイサン、ススメ」と
書かれていたような時代です。
大勢の少年たちが、家族を守るため、日本を守るため、純粋な気持ちで少年兵に志願しました。
しかし、配属先の満州で目撃したのは、
「アジアの平和のため、正義を貫く日本軍」の姿とは
大きくかけ離れたものでした。
元少年兵が語る体験談から、戦争とは一体どういうものなのか、
リスナーの皆様と一緒に、改めて考えたいと思います。
そこで、戦争を経験した方の体験談を募集します。
メールやFAXで、どんどんお寄せください。

 

20140809 R/F #083「小出裕章ジャーナル」【関電の歴代総理ヤミ献金スクープと日米原子力協定について】
tacc77
http://youtu.be/0nB4dtprxww

2014/08/09 に公開

~第83回小出裕章ジャーナル~
関電の歴代総理ヤミ献金スクープと日米原子力協定について「政治家はひたすら核兵器を持ちたい、電力会社はとにかく金儲けをしたい、少しぐらい危険でも、過疎地に押し付けておけばいいだろうとやってきた訳です」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no83/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/083-3/

 

20140808 報道するラジオ「元日本兵の証言~戦争の現実とは~」
tacc77
http://youtu.be/9ZAlfwlod7M

014/08/09 に公開

■2014年8月 8日【金】 元日本兵の証言~戦争の現実とは~

間もなく終戦から69年が経とうとしています。
当時、兵士として戦場を経験した人も今では80代、90代となり、
直接、私たちが体験談を聞ける機会も少なくなっています。

今回は、千葉猛アナウンサーが
現在93歳の元日本兵の男性にお話を聞いてきました。
男性は22歳で徴兵され、旧満州に駐屯。
その後フィリピンに転戦し、現地では飢餓や病気に苦しみました。
今回は、その壮絶な戦争体験を聞いていただき、
戦争とは一体どういうものなのか、
リスナーの皆様と一緒に、改めて考えたいと思います。

そこで、戦争を経験した方の体験談を募集します。
メールやFAXで、どんどんお寄せください。

 

20140802 R/F #082「小出裕章ジャーナル」【川内原発再稼働適合判断について】
tacc77
http://youtu.be/eXzmBQTQrKk

2014/08/02 に公開

~第82回小出裕章ジャーナル~
川内原発再稼働適合判断について 「この審査は安全審査ではないのです」

小出ジャーナル文字起こし全文はこちら
http://www.rafjp.org/koidejournal/no82/

ラジオ・フォーラム【公式】
http://www.rafjp.org/program-archive/082-3/

 

20140801 報道するラジオ「あれから半年~NHK問題から考える公共放送」
tacc77
http://youtu.be/dd4QVn4T7nk

2014/08/01 に公開

■2014年8月 1日【金】 あれから半年~NHK問題から考える公共放送

今年1月25日、就任会見でNHK新会長・籾井勝人(もみいかつと)氏から次々と驚く発言が飛び出しました。
従軍慰安婦問題については「どこの国にもあった」
特定秘密保護法については「もう通ったこと、あまりかっかする必要はない」
尖閣、竹島の領土問題では「政府が右ということを左というわけにはいかない」

あれから半年、NHK問題と言われるような出来事が続いています。

放送作家の石井彰さんをスタジオに招き、
NHK問題のこの半年を振り返り、公共放送を考えます。

リスナーの皆様、
NHKについて感じていることをメールでお寄せ下さい。

始めに戻る


 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章

原子炉時限爆弾 広瀬 隆


|

« 2014年8月「首相動静」です。 | トップページ | 【5金スペ】伊勢崎賢治氏:カシミール、パレスチナ、世界の紛争の根っこにあるもの パチンコの換金を容認する日本の国民性とは »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年8月の小出裕章ジャーナルなど。:

« 2014年8月「首相動静」です。 | トップページ | 【5金スペ】伊勢崎賢治氏:カシミール、パレスチナ、世界の紛争の根っこにあるもの パチンコの換金を容認する日本の国民性とは »