« 日本国総理大臣安倍晋三はカルト宗教 統一協会月刊誌の表紙で応援された人物。こんな奴らが改憲?笑わせるな。 | トップページ | (ビデオニュース・コム)エジプトの騒乱と、地球は赤字経営に、の2件の話題。 »

2013年8月24日 (土)

遠隔操作ウィルス事件続報・弁護側が無罪性の挙証責任を負わなければならないのか(動画、ラストメッセージ、冤罪関係参考記事)

 犯人からのラストメッセージや、冤罪関係参考記事(こちら特報部を5本)を後ろの方で採録(←頁内ジャンプ)。

遠隔操作ウィルス事件続報・弁護側が無罪性の挙証責任を負わなければならないのか
videonewscom
http://www.youtube.com/watch?v=KDITYhvjt7M&feature

公開日: 2013/08/24

ニュース・コメンタリー (2013年08月24日)
遠隔操作ウィルス事件続報
弁護側が無罪性の挙証責任を負わなければならないのか
 遠隔操作ウイルス事件が、下手をすると弁護側が被告の無罪性の証明を要求される異常な­事態に陥る様相を呈し始めている。
 この事件で逮捕、起訴され勾留中の片山祐輔被告の弁護人の佐藤博史弁護士らは、8月2­2日第四回公判前整理手続後に会見し、片山氏の犯人性を証明する証拠が依然として検察­側から一切出てこなかったと語った。
 佐藤氏によると、今回検察側が明らかにした証拠は2つで、片山氏が雲取山にUSBメモ­リを埋めた日付を「12月1日頃」とし、江の島の猫の写真を撮ったのは「3回だけに限­らない」と回答しただけだったと言う。
 いずれも片山氏が犯人であることを証明する証拠としては不十分なものばかりで、弁護側­の主張に対する有効な反論を行わないまま半年以上も勾留が続き、近親者との接見も禁止­されている現在の状況を、佐藤氏は厳しく批判した。
 複数の掲示版などに脅迫や殺人予告などが書き込まれたこの事件では、過去に誤認逮捕さ­れた4人のパソコンに遠隔操作ウイルスの痕跡が見つかったために、彼らのパソコンが外­部から遠隔操作されていたことが明らかになり、彼らが犯人でなかったことが明らかにな­った。しかし、片山氏については、派遣先の会社のパソコンから遠隔操作ウイルスの痕跡­が見つかったために、ウイルスを他人のパソコンに埋め込んだ犯人であると検察は主張し­ている。片山氏のパソコンも遠隔操作をされていたと考える「合理的な疑いの余地」はな­いのか。
 この点について検察は、もし弁護側が片山氏のパソコンが遠隔操作されていた可能性があ­るというのなら、その証拠を出すよう要求したと佐藤弁護士は話す。
 本来、近代裁判では弁護側が被告の犯人性に合理的な疑いを差し挟む余地の存在を証明す­れば、被告は無罪となることになっている。今回の検察が要求した「遠隔操作されていた­証明」は弁護側に「無罪性の証明」を求めているに他ならない、近代司法上はあり得ない­要求だ。本来は検察が片山氏は遠隔操作されていなかったことを証明しなければならない­のではないか。
 そもそも遠隔操作ウイルスがあるパソコンから見つかった時、そのパソコンが遠隔操作さ­れていなかったことの証明は可能なのだろうか。
 弁護側はこれまでも、起訴前の勾留理由開示請求をしていた時から、片山氏の無罪を立証­する証拠を先行して提示してきた。しかし、検察側はこうした主張には一切有効な反論を­できていないと佐藤氏は言う。この裁判が、弁護側による無実性の証明が問われる裁判に­なる恐れが現実のものとなってきてはいないだろうか。
 検察による明確な犯人性の証明がないまま片山氏の勾留期間が半年を超えた遠隔操作ウィ­ルス事件について、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

 

「検察は証明できなければ無罪になるだけ」と言い放った・佐藤博史弁護士らが記者会見
videonewscom
http://youtu.be/eCPHvg_H91s

公開日: 2013/08/22

プレスクラブ (2013年08月22日)
遠隔操作ウィルス事件続報
「検察は証明できなければ無罪になるだけ」と言い放った
佐藤博史弁護士らが記者会見


 以下、冤罪関連の記事を資料として採録。

関連記事切り抜き(全てpdf)
こちら特報部20060129「公判前整理手続き」の危うさ検証 被告に不利 弁護側に無罪証明迫る 真証人など“隠し球”不可 公判は儀式? 検察側証拠の開示範囲不透明 「自白偏重は変わらず」 国選人選定機関法務省の管轄に“官製弁護”の流れも懸念 全文テキストは→こちら

こちら特報部20070609富山事件 布川事件の冤罪被害者が語る 「ウソ自白」のからくり 「密室 警察思うまま」 見取り図描き 刑事が一緒に「うたわされた」テープに編集痕 「現場に別人」証言 握りつぶし 先進各国…可視化すでに当たり前 日本…検事が決める録音部分 可視化は「全面でなきゃ無意味」

こちら特報部20070413冤罪の時代再び 志布志事件無罪の鹿児島県議に聞く 屈辱の395日「まさに人質」 「警察から謝罪ありません」 検察 チェック機能果たせ 日弁連「取り調べ全面録画必要」

こちら特報部20080223無罪判決から1年 志布志事件「冤罪と呼ぶべきではない」 鳩山法相発言に三つの批判 刑事裁判の常識欠如 憲法上も問題露呈 事件そのものがでっち上げでは 苦言呈さぬ最高裁 怖い“暗黙の是認”

こちら特報部20071219「検事と練習50回、丸暗記証言」 証人テストが冤罪を呼ぶ? キャッツ粉飾事件被告会計士ら糾弾 ストーリーあり、指示受け偽証も 裁判員制、迅速化で死角拡大 「弁護側がやれば裁判所信用せず」

始めに戻る

 

 犯人からのラストメッセージのテキスト(江川紹子さんのサイトから)

【PC遠隔操作事件】「真犯人」からのラストメッセージ
江川 紹子 | ジャーナリスト
2013年8月10日 17時55分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20130810-00027167/

【PC遠隔操作事件】ラストメッセージ全文(上)
江川 紹子 | ジャーナリスト
2013年8月10日 17時56分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20130810-00027168/

■はじめに

お疲れ様でした。

冬山はいかがでしたか?

私は紅葉のはじめの頃に行ったので快適でしたが、雪が積もった山は大変だったと思います。

さて、これまでメールにてさまざまな質問が寄せられました。

関連報道で謎とされている部分もあります。

それらについてFAQ形式でお答えしたいと思います。

■なぜこうしたことをなさったのですか 警察・検察にどんな恨みがあったの?動機について詳しく教えて。

私もまた、間違った刑事司法システムの被害者です。

ある事件に巻き込まれたせいで、無実にもかかわらず人生の大幅な軌道修正をさせられた人間です。

それがどんな事件だったのかは詳しくは言えません。

サイバー関係ではありませんが、彼らが間違いを犯した原因の趣旨は、その事件も今度の事件も大して変わりは無いものです。

刑事司法の問題点として良く出てくるキーワード、「自白偏重」「代用監獄」「人質司法」「密室取調」「作文調書」...etc

私はそれらを実体験をもって知る人間です。

そして、そのとき私は負けてしまった。やってないのに認めてしまった。

起訴された。公判で「反省している」と発言した。

おかげで刑務所に行かずに済んだが、人生と精神に回復不能な大きな傷を残した。

一連の事件は、私が「負け犬」から復帰するためのリベンジと言えます。

『先に償いをさせられた人間はその分の犯罪を犯してもいい』という持論。

あなたは間違っている、たとえどんな理由があっても許されない、そういう突っ込みがあることを理解する程度の理性はあります。

でも、それが私だけの哲学であり、誰にも軌道修正されない行動原理です。

いつかのDigで誰かが「犯人は壊れている」と表現していました。

そう、壊れている。私を壊したのは奴らだから。

■警察・検察をナメてるの?

慇懃無礼な文面から「ナメている」「グリコ森永事件みたいだ」などと言われてますが、そんなことはありません。逆です。

警察・検察の怖さは思い知っています。

どれほど怖いか、どれほどしつこいかを。

それを知っているからこそ、ここまで神経症・偏執狂とも言えるまでに厳重な注意を払って動いてきました。

ほとんどの人は、それだけの体験をしたなら、「もう警察には逆らってはいけないのだ」「目をつけられないようコソコソ生きよう」そういう卑屈な人生を送るのでしょう。

しかし私はその気持ちのベクトルが逆に働きました。

恐ろしい警察・検察に挑戦し、乗り越えることこそが私の人生に課せられた試練であり、それ無くしては一生負け犬として生きていくしかないと思いました。

■自殺予告について。

・ミス

「ミス」は嘘です。ごめんなさい。自殺する気は全く無かったです。

11月10日前後に、どこかの記事で「犯人が致命的なミスか?」「Torを使わず直接書き込んだ箇所」というのが載ったのがきっかけです。

決定的なミスで警察も期待しているかのような報道だったゆえ、ちょっと乗せられてみました。

結論を言うとその書き込みもTorです。

Torに割り当てられる出口ノードによっては2ch書き込み可能なところもあります。

たまたまそのとき書けるところに当たったので、わざわざシベリアの依頼スレを使わなかったというだけの話です。

結局何だったのかというと、一部メディアが言っていた「観測気球」という表現が半分合っていて、あとの半分は「面白半分」です。

・新聞紙

「予告犯」という漫画を読んで、とても共感を覚えました。

特に、登場人物の犯人グループの一人である「ゲイツ」君の境遇には自分と重ね合わせできるものがありました。(11月に入ってからはじめて単行本で読んだので、このマンガに感化されて一連の事件を起こしたというわけではありません。念のため)

その作品に出てきた、新聞紙を使う手口をちょっとだけ真似てみたというわけです。

・写真の位置情報

恥ずかしいことに、これは本当にミスしました。

保土ヶ谷の適当な住宅地の緯度経度を入れたつもりが、10進数→60進数の変換を忘れてしまいました。

これは本当に私の無知であり、ラックの西本さんに「犯人は教養がない」と言われても仕方ありませんねw

結果的には、保土ヶ谷の団地が捜索され、意図どおりにはなりましたが。

■決して死を選ばす、生きてすべての真実を明らかにしてください。

死を選ぶつもりはありませんが、自首することもありません。

もし仮に捕まったとして、私が白旗を掲げて自白したとしたなら、動機について「逆恨み」と表現されることでしょう。

「前科者が前に捕まったことを逆恨みしてまた犯罪を犯した」と、報道各社は警察発表そのままに垂れ流すでしょう。

私が前に経験した事件の判決が覆ることも無いでしょう。

もっと掘り下げてくれるほどマスメディアの皆さんのジャーナリズムを信用していません。

記者クラブで警察とベッタリなのは分かっているから。

「真実を明らかに」という点ではこのドキュメントだけでも十分なのではないですか?

これだけ詳細に書いたなら、あと残りの謎なんて、私の住所氏名年齢程度の些細なことでしょう。

そんなことで事件の全容が変化するわけでもないです。

■ご本人について・・・お名前、性別、年齢など可能な限り、ご本人様について教えてください。

ご想像にまかせます

■取材させてください

できません。

このドキュメントを持って、私から発信すべきことはもうありません。

余談になります。基本的に面会取材は一切受けるつもりは無かったのですが、英国のBBCの方から取材依頼のメールが来たとき、ちょっとだけ気持ちが動きました。

以前見た「ポチの告白」という映画を思い出したのです。

警察腐敗、刑事司法の問題、記者クラブ制度の病巣、そういう部分を明らかにした、社会派な内容です。

登場人物が警察腐敗を暴こうとするも、記者クラブ制度に漬かった国内メディアには全く相手にされず、普段記者クラブから締め出されている海外メディアを頼るシーンが出てきます。

そのシーンを思い出し、BBCの取材依頼なら受けてもいいかな?と傾きましたが、やっぱり止めました。

そこまで出しゃばり屋でもないし、「凄腕ハッカー」のような扱いで出されても困る。(そこまで誇れる技術力があるつもりもない。)

「刑事司法の問題」という部分で言いたいことはいくらでもあるとは言え、私程度が言えることは誰かもっと頭のいい専門家が既に言っています。

だからわざわざ出る必要も無いと思い、他のメディアと同じようにBBCのメールも無視しました。

落合洋司先生がBBCの取材を受けていたようなので、それで私が言いたいこと、世界に向けて言うべきことは言ってくれたと思います。多分。

■どんなことを考えていますか?世間の反応についてどう思いますか?

警察が誤認逮捕をやらかす、世間が騒ぐ、という意図どおりの結果になったとは言え、反響が予想以上に大きく戸惑っています。

同時に達成感も大きいものとなっています。

正直なところ、もともと犯行動機は私怨が主で、あまり政治的自己主張は考えていませんでした。

警察・検察・世間が騒いであたふたしたら嬉しいな、自分の溜飲が下がる、それだけでした。

「刑事司法の矛盾を暴く」というような高尚な目的意識も高くはありませんでした。

また、神保哲生さんが、「ダウンロード刑罰化・ACTA・サイバー犯罪条約・児童ポルノ単純所持処罰などのネット規制の動向に抗議する意図も犯人にはあったのではないか?」のように分析していましたが、そのあたりについても全く考えていませんでした。

それらについては、事後に専門家のコメントを見て深く考えるようになりました。

もともとネット規制は私もどちらかというと大反対です。

刑事司法の諸問題、ネット規制に関する諸問題、どちらについても国民の自由が奪われる方向に向かっていくことは防がないといけないと思っています。

後付けの動機となってしまいますが、今となって思えば、自分の行為がその一助になれたら本望です。

(もっともネット規制のほうは私のせいで逆に締め付けが強くなりそうですが)

余談です。

家電量販店のウイルス対策ソフトのコーナーでは、「遠隔操作ウイルスの脅威」のように煽るPOPを付けて売っていますね。

私はそういうところに立ち寄り、一連の事件の社会的影響を確認したりしています。

売り場に立っているソフトメーカーの販促スタッフに、ぱそこんしょしんしゃの振りをして神妙な顔で、「最近ニュースで話題の遠隔操作ウイルスがすっごく不安なんです(>_<)」のように話しかけてみました。

すると「この製品が一番最初にiesysに対応したんですよ!」と、とても嬉しそうにアピールされました。

何だかおかしかったです。

今まさに目の前に真犯人がいるとはこの人は微塵も思ってないんだろうな・・・と内心考えながら、説明をしっかり聞いてあげました。

■目的通りに誤認逮捕を招き、警察・検察が謝罪しているが、今どのように感じているか

警察官や検察官はもっと人並みに、人の話をちゃんと聞く姿勢があれば1件も誤認逮捕など起こさなかったのでは?と。

あの人たちはコミュニケーション能力以前の問題、日本語というか地球語が通じない宇宙人です。

彼らにそういう能力が無いことを分かっていて試した私も私ですが。

結合試験のテストパターンを作って流したら再現性のあるバグの結果が得られた、そんな感想です。

テスト結果を全国に、全世界に提示できたことは大変有意義だと思います。

■警察の技術レベルについてどう思われたか

CSRFについては見破られると思っていました。

後述のようにいろいろ工夫したとは言え、「2秒で送信」問題は消せなかったので。

私の知っている警察のしつこさは、被疑者をシロにする方向には働かなかったのだなと再確認。

iesysについては見つけられなくても仕方が無いです。

投入前に、主要なウイルス対策ソフトの体験版をいくつか試用し、検知に引っかからないことを確認しました。

完全自作プログラムだったので定義ファイルにパターンマッチすることは無いですが、ヒューリスティック検知に引っかかるかも?と興味を持ちテストしました。

特にキーロガー機能でOSのキーボード・マウス入力命令をフックしているあたり、「怪しいプログラム」アラートぐらい出てもおかしくないと推測。

結果的にはどの製品でも引っかかることはありませんでした。

あの手の「ヒューリスティック検知搭載」と謳って売っている製品が、それをどのような基準で行っているのか興味深いところですね。

警察の技術レベルが高いか低いかですが、今回の失態の趣旨は、デジタルとは関係ない部分での捜査手法の欠陥のほうが、原因の多くを占めていると思います。

技術レベルは高いところもあれば低いところもあるのでしょう。少なくともサイバー課をナメてはいないし油断してもいません。

140人の捜査体制だ、FBIに協力要請だ、そういうのを見て正直プレッシャーを感じてもいます。

最近の動向として、「犯人がアクセスした可能性のある90億ログを解析している」という。

これについては、直接関連するサイトへのアクセスは下見閲覧段階も含めて完全にTorを使っています。

たとえば横浜市のサイトやJALのサイトなど、一度も生IPでアクセスしたことはありません。

この時点で9割5分、捜査線上に挙がることすら無いと思っています。

しかし全てのアクセスでTorを使ったわけではない。

間接的に関連するようなサイトは、普通に閲覧したところもあります。

ビッグデータ解析のようなことをして、「こいつはこのサイトとこのサイトを見ているので怪しい」という、

100人か200人かの「犯人候補」の中に絞り込まれることも無いとは言えないです。

全国津々浦々、それら犯人候補のところに一人ずつ家庭訪問すれば、どこかで私に突き当たるかもしれない。

その可能性も予測しているため、油断は一切していません。

前に述べたようなオンラインでのアクティビティだけではなく、自分しか触らないローカルPCの中身までも偏執的なまでに注意を払っています。

つまり、私のPCを調べたところで証拠は何も出ません。他の100人200人の犯人候補者と同様に。

犯行に使った罠Javascriptやトロイのソースファイルそのものから、細かいメモに至るまで、ファイルを置く場所については厳重に管理していました。

そしてそれらが存在した記憶媒体、およびそれらを開いたことのあるシステムの記憶媒体は全部、とっくに完全消去の後、スクラップにして燃えないゴミに出してしまいました。

現在うちにあるシステムや外部記憶媒体全部、どんな高度な復元やフォレンジックを行おうと関係ありそうなものは何も出ません。

令状なしで来ても「どうぞどうぞ」と見せてあげますよ。

エロ画像の10枚や20枚は普通にあるので、それだけ鑑賞してお帰り下さい(笑)

それとも、犯人候補の中からあてずっぽうに選んでお得意の自白強要しますか?

「真犯人」を追求したつもりが、「新犯人」を作ることにならないといいですね。

私は根っからのカタギであり、ヤクザや過激派セクトの人のような海千山千な犯罪者ではないですが、経験者であるだけに、否認なり黙秘なり適切に対応する自信はありますよ。

「テメエコノヤロウ」とか、「お前の関係先にガサ入ってガチャガチャにしてやるからな!」(原文ママ)とか同じようなセリフを言われても今度は負けませんよ。

■一体、このゲームをどこまで続けるおつもりですか?どのように決着をつけるつもりでしょうか。

もうやめます。

私の気が済むまでやって捕まらなければ勝利、という条件を設定していましたが、ここまで反響が大きいと、私の溜飲は下がりました。もう負け犬ではないです。

私が巻き込まれた事件のことも、私が起こした事件のことも、全部忘れて再出発します。

■誤認逮捕された4人の男性への謝罪の気持ちはありませんか。

こうでもしないと警察・検察を自省させることはできなかった、仕方の無いこととは言え、大変申し訳ないと思っています。無関係の4人を巻き込んだこと、軽く考えてはいません。

自分は悪くないなどと言う気はないです。償わなければならない罪を犯したことは分かっています。

でもそれ相当の罰は先に受けている。だからこれ以上責任を負うつもりはないです。

罪と罰の因果の逆転。そういうことが起こっていることを分かってください。

 

【PC遠隔操作事件】ラストメッセージ全文(下)
江川 紹子 | ジャーナリスト
2013年8月10日 17時56分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20130810-00027169/

■横浜事件

・●●小学校

横浜市サイトに脆弱性があったのを見つけたので、横浜市の小学校一覧から無作為に選んだだけです。

・「鬼殺銃蔵」の意味

「餓鬼殺し」を省略して「鬼殺」。また、日本酒の商品名とかけたというのも合ってます。

殺し屋であるゴルゴ13、「こち亀」に登場したパロディキャラ「後流悟十三」、あと昔読んだ「隣人13号」の主人公の「村崎十三」、そのあたりのキャラクターをイメージし、「じゅうぞう」という読みに決め、「銃蔵」と当て字にして完成。

それほど深く考えて決めたわけでもない、30秒ぐらいで決めた名前です。

・本文

猟銃で射殺していく内容は、春ごろに読んだ小説「悪の教典」を参考にしました。

・CSRFについて補足説明

CSRFの仕組み自体はオーソドックスだったのですが、ちょっと工夫を入れました。

1)犠牲者は最初の一人のみに絞った

不特定多数が見る掲示板に貼るという性質上、複数の人が踏むのは当然。

そして複数の人から一字一句違わない脅迫文言が届いたら、どんなに警察がお馬鹿でも何らかの仕掛けを疑うでしょう。

サーバ側のPHPで制御することで、最初に踏んだ一人にのみ有害CSRFが発動し、2人目以降は無害なリダイレクトが発生するだけという仕組みになっていました。

2)キャッシュで罠スクリプトを発見されない工夫

A「直接踏ませるスクリプト。BをJSONPでクロスドメイン読み込みして実行する」

B「CSRFを行う有害スクリプト。Aとは別サイトに設置。」

の2部構成。

Bの側に、1)で書いた制御を入れました。

そして、Aでは、

「Bを読み込んで変数に格納(B1)→Bを再度読み込む(B2)→B1を実行」

というフローで動作します。Bを2回読み込むというのが肝心です。1)の制御により、B1はCSRF、B2は無害スクリプトになります。

永続性記憶装置に保存されるブラウザのキャッシュには、B1はB2に上書きされ、B2だけが残ります。

変数に格納されただけのB1は実行後、DRAMから揮発してしまいます。

ただし再読み込み時、キャッシュ再利用の挙動はブラウザごとに異なります。

IE等では、2回目の読み込みは発生せず、キャッシュから拾ってきてしまいます。(2回目もB1になる。)

URLの語尾にgetクエリでユニーク文字列を付加するというのがキャッシュリサイクル対策の常套手段ですが、

これをするとどのブラウザでも全く別のURLとして扱われ、キャッシュも個別に残ってしまうのです。

解決方法が思い浮かばなかったので、Aの時点でダメブラウザは入り口で弾くようにしておきました。

3)エスケープ

一応気休めで、文言も含めたスクリプト全体を、encodeURI()関数でエスケープしてありました。

仮に有害スクリプトのキャッシュが残ってしまっていたとしても、発見しづらくなる効果を狙いました。

その時刻付近のブラウザキャッシュに対し、脅迫文言の一部で機械的にgrep検索をかけたとしても、罠Javascriptの構文は引っかからないはずです。

もっとも2)がちゃんと機能していれば別に平文のままでも良かったのですが。一応念のためにという感じ。

4)iFrameにより関連サイト4~5箇所次々と読み込む

単に文言を送信させるだけなら、所定CGIにリクエストパラメータ付きでPOSTする仕組みで良かったのですが、

それだけではなく、「犯人性を高める」工作を入れました。

明大生のPCに小学校のサイト等へのアクセス記録があったというのはこれのことです。

「小学校のサイト」「横浜市トップページ」「入力フォームのページ」などを読み込ませることで、あたかも自分でアクセスしたようなブラウザログ・キャッシュが出来るのを狙ってのことです。

何の前触れも無くいきなりCGIだけを触った痕跡しかなかったとしたら、警察の捜査員が見ればどう考えても何らかの仕掛けを疑うと思ったため。

もっとも、開かれている数秒のあいだに全て終了させた以上、「2秒で250文字を送信」という不自然さは消せないわけですが。

数分のあいだ開かせ続けられるような魅力的コンテンツを用意できれば、時系列的にもっと自然な形で文言の送信ができたのですが。

まぁ面倒だったので、時間的不自然があることは把握しつつ、うまく行くかどうかはダメ元でのチャレンジでした。

警察がお馬鹿だったので見事に嵌ってくれたわけですが。

・「告白文」のゆくえ

上記のように、CSRFスクリプトをこれだけ工夫しすぎたせいで、ちょっと動作の不具合があったみたいです。

後で試したら、大丈夫だと思っていたブラウザでもうまくいかないことがあったり。

おそらく「告白文」のほうは、踏んだ人の環境では正常動作しなかったのだと思います。

逮捕2日目でネタバラシしたつもりが、発覚まで3カ月以上も費やさせてしまったことについて遺憾の意を表したいです。

7月初旬のあの時期、告白文は届いていたと思っていたのに「誤認逮捕」報道が無いことについて、警察が完全に黙殺したか、釈放はしたものの明大生に因果を含めて騒がないようにしたか、記者クラブでベッタリのマスコミに因果を含めて黙殺させたか、そっちの可能性で考えてしまっていました。

■CSRFとオリジナル遠隔操作ウイルスを作成しているが、途中切り替えたのはなぜか

CSRFでは、脆弱性のあるサイトにしか通用しないです。

それを探し出すのもまた手間なので。

もっとどんなサイトでも適用できる汎用性のある手段をと考えて、iesys.exeを設計しました。

■大阪

●●●氏へのお詫びに●●●のBDを全巻買いました。

今まで見たこと無かった作品でしたが、ファンになってしまいました。

新作映画も見に行きたいと思います。

■福岡

遠隔操作先PCオーナーは福岡の人だったと分かり、福岡ドームとか太宰府天満宮とかを脅迫する文言を書きかけたのですが、気が変わりました。

警視庁の方たちに、遠路はるばる福岡までガサ入れしに行かせてあげるのも一興かなと思い、わざと東京のターゲットにしました。

単純に警察に対する嫌がらせです。

(せっかくだから稚内とか利尻島とかも思いついたんですが、さすがに僻地すぎて無視されるだろうな・・・と思ってやめました。)

■三重-「わざと消さなかった」は虚偽では?

最初の感染確認後すぐ遠隔操作で2chに伊勢神宮脅迫書き込みを行い、その後しばらくPCの中身を物色していたのですが、

iesysのキープアライブ通信が途絶え、オフラインになってしまいました。

単にオーナーが電源オフにしたのかと思い、自分でプロセス停止をしたことまでは分かりませんでしたが。

したらばのスレッドにsuicaコマンドさえ書き込んでおけば、次にオンラインになったときに勝手に消える仕組みですが、このときはそれはしませんでした。

このPCが捜索された際、ひょっとしたら警察の捜査の実行画面が見られるかも?という好奇心が沸いたので。

夏からやっている連続犯行予告にもそろそろ飽きてきていて次の展開に行くタイミングを計っていたこともあり、

iesysを発見されたらそれはそれでいいかなという気持ちでした。

結果的にはその後一度もオンラインにならず、観察を続けることはできなかったのですが。

いずれはどこかで発見されるよう仕向け、また告白文でネタバラシするつもりだったというのも本当です。

何より誤認逮捕が明らかにならなければ、本当の攻撃対象である警察・検察に何のダメージも与えられないのですから。

■安部総裁殺害予告もやったのか?

私ではありません。

模倣犯?ということもちょっとだけ頭をかすめましたが、

10月上旬という時期から、模倣犯とするには時系列的な矛盾があります。

「遠隔操作」が言われ始めたのが10月7日ぐらいですが、安部さん殺害予告はそれより前からあったようなので、私の事件に触発されたという線は無いでしょう。

報道によると発信元とされるオーナーは否認しているとのこと。

私がやったのと類似の何らかの仕掛けによるものなのか何なのか、私にも分かりません。

■黒子のバスケ脅迫は

知りません 関係ないです

■「犯人像」についてコメント

メディアに出てくる「専門家」の方々が、各自好き勝手に犯人像を語るのはとても面白かったです。

的外れなのもあり、当たってるのもあり、いい感じにバラけていると感じています。

そもそもこれまでの行動・言動は、プロファイリングの面で犯人像を絞り込ませないための工夫を入れています。

・C#を使うような若者かもしれないし、「はだしのゲン」に思い入れのある中年かもしれない。

・皇室や神社を攻撃するような反日左翼かもしれないし、部落開放同盟を攻撃するような右翼かもしれない。

・アニメフィギュアのコレクターなのかもしれないし、まったく興味が無いのかもしれない。

・「また来世~」などと、伊集院光のラジオのファンかもしれないし、そういうフリをしているだけなのかもしれない。

・将棋が好きなのかもしれないし、そうでないのかもしれない。

・引きこもりなのかもしれないし、アウトドア派なのかもしれない。

挙げればキリが無いけれど、こういう気まぐれで無軌道な動きはわざとやっています。

引き出しが多いほうだと人から言われるほうですが、私の引き出しにあるものも、全くの守備範囲外のものも、程よくミックスして出しているわけです。

このドキュメントでまた材料が増えたわけですが、この段階で今度は「専門家」の方たちがどうプロファイリングするのか、かなり興味深いですね。

■捜査特別報奨金制度の対象となったことへのコメント

>犯人に関する情報について

>~この犯人を知っている

>~事件について噂話を聞いた

>このメールを送信した者を知っている

身近な人だろうと誰にも喋っていません。

このような情報は全宇宙の誰からも得られません。

>これらの言葉遣いや言い回しを使う者を知っている

>同じような表現を用いて文章を書く人を知っている

一般社会ではきわめて常識人ですので、それらのようなキチガイ文書を書くことはありません。

よって、私に関する情報は全宇宙の誰からも得られません。

>このような特徴を持つウイルスを過去に作成した人や団体を知っている。

>このウイルスを作成した者を知っている。

お話になりませんね(笑)

■片桐裕様へ

たしか就任直後から「2ch潰す」とか「ネット規制する」とかいろいろ言ってますね。

そんなに言論統制が好きなら、あなたは日本人やめて中国の小役人にでもなったほうがいいのではないですか?

あなたの大好きな検閲・規制・弾圧がいっぱいでまさに理想の国ですね。誤認逮捕しても怒られないでしょう。

というわけで、貴様は今後発言するときは語尾に「アル」を付けて喋ること。(命令)

■改めて世の中に言いたいことは

私のように警察・検察・裁判所に対して悔しい思いをされた方は多数いると思います。

上訴、再審請求、国賠請求、あるいはデモや街宣、出版、主張サイト開設、そういった法を侵さない正攻法の戦い方もいいですが、勝ち目は無い場合が多いです。

法が間違っているのなら、法を侵してでもどんどん逆襲すべきです。

国家権力という途方も無い相手と戦うのに、コソコソ隠れるゲリラ戦術を選択するのは卑怯でも何でもないことです。

戦うべき人が戦えば国は良い方向に向かう、そう信じています。

■最後に

私からは以上です。もう何も発信しません。

●●●@●●のメールアドレスはもう解約しましたので、メールをもらっても受け取れません。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

さようなら。

(固有名詞などは一部●●で伏せててあります)

始めに戻る


 以下、テキスト。まだ2006年頃は、こちら特報部も全文テキストをWeb紹介していました。

『公判前整理手続き』の危うさ検証 ←のpdfはこちら 
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060129/mng_____tokuho__000.shtml
Internet Archive

 東京地裁で二十七日、同地裁では初の「公判前整理手続き」を経た事件の初公判が開かれた。この新方式はとかく「遅い」「分かりにくい」と評判の悪い刑事裁判を「迅速」「簡潔」に変える狙いで昨年十一月、導入された。二〇〇九年五月から始まる裁判員制度導入の露払い役も担う。が、忘れてならないのは裁判の公正さだ。垣間見た限り、被告側の防御権の確保には不安が漂う。 (田原拓治)

 東京地裁で最も大きな一〇四号法廷。傍聴席には、新方式を一目見ようという法曹関係者の姿がちらほら。検察官席の前には、なじみの薄いプロジェクターとスクリーンが置かれた。

 事件は昨年九月に起きたイラン人同士の殺人未遂容疑事件。被告(昨年十月六日に起訴)は「殺意はなく正当防衛」と訴え、これが事件の争点となった。

 開廷後、裁判長によって被告への人定質問、検察官による起訴状朗読、被告の罪状認否の表明、それへの弁護人の意見と続く。ここまでは従来と変わらない。

 次の検察官の冒頭意見陳述で、スクリーンが使われた。要点や犯行現場の見取り図が映し出される。後には、目撃証人が描いた凶器の図柄まで登場した。

■審理日程に従い時間に追われる

 次に早速、弁護側の冒頭意見陳述。この後、裁判長が五回の整理手続きの結果を報告した。採用証拠、証人などをスクリーンに映った表に従い、説明する。

 時計の進み具合に裁判官、検察官、弁護人ともピリピリしている。昼休み後の再開時間をめぐっても五分、十分を争った。従来のように後回しは許されないからだ。

 連続開廷が原則で、次回二月六日から八日の判決まで全四回の審理予定は決定済みだ。この日は被害者の証人尋問まで終わらせねばならず、午前十時に始まった初公判は当初、夜までのロングランも心配されたが午後五時半に終了した。

 裁判員制度は市民参加が前提だけに、短い期間と分かりやすさが肝心だ。公判前整理手続きの導入はそのためだ。いわば、現在はその試行段階。最高検によると二十七日現在、全国で約九十件の整理手続きの開始が決定しているという。

 今回の事件では、昨年十一、十二月に二回ずつ、一月十七日まで計五回、裁判所の合同庁舎で非公開に毎回、約二時間かけ、この手続きが実施された。

 なるほど、公判はビジュアル化され、分かりやすくはなった。ただ、問題点も浮き彫りになってきた。今回の事件の主任弁護人、竹村眞史弁護士は作業の体験から、こう指摘する。

 「従来は近代刑法の『疑わしきは罰せず』の大原則で、検察側に立証責任はあっても、弁護側はそれに疑問を呈すればよく、無罪証明の責任はなかった。それが今後は求められる。事前に手の内を明かさなくてはならないのも不利だ」

 例えば一昨年、都内で痴漢に間違えられた元会社員が、公判の過程で姉の尽力により新証人を得て、無罪判決を勝ち取った事件があった。「だが、整理手続きに付された事件では原則、途中から新たな証人を採用させられない。いわゆる“隠し球”は許されない」

■「非公開にする意味感じない」

 従来の公判の一部に匹敵する整理手続きが、非公開な点にも懸念が残る。同弁護士は「特段、非公開にする意味は感じなかった」と言う。公開裁判主義は「国家による刑罰権の乱用」の反省がその根底にあった。だが、メディアや傍聴人を排した手続きは「密室裁判」の批判を免れない。

 最大の問題点は検察側の証拠開示の範囲だ。導入の検討段階では、利点として検察側が従来、提出しなかった証拠も公判前に開示される点が挙げられた。

 しかし、結局は開示するか否かの判断は検察側に委ねられ、弁護側が不満な場合、裁判官に裁定を申し立てられるが、全面開示の原則は通らなかった。

 関西学院大学の川崎英明教授(刑事訴訟法)は「この方式を生かすも殺すも証拠開示の範囲にかかっている。従来は被告・弁護側には証拠がなく、検察官の立証が終わらねば、反論のしようがなかった。自白調書の偏重も、それを検証する必要から裁判の長期化に輪を掛けてきた。そんな自白依存体質が残され、十分な証拠開示抜きで迅速化を優先すれば、冤罪(えんざい)を増やしかねない」といぶかる。

 「公判の儀式化」も不安材料だ。今回は二月八日に最終弁論を午前中終え、夕方には判決という予定。証拠調べを吟味し、最終弁論を用意したり、弁論を聞いたうえ、一から判決文を準備することも難しい。

■「合間に被告と接見は困難も」

 物理的な制約はほかにもある。竹村弁護士は「検察側が出した証拠について、以前は公判の合間に被告と相談ができた。だが、整理手続きでは時間がないので、すぐに接見し相談しないと検討できない。今回、被告は本来、批判されるべき代用監獄の警察署(麻布署)に勾留(こうりゅう)されていたが、午後四時で接見受け付けが終わる東京拘置所だったら間に合わなかった」と振り返る。

 東京地裁は今回の事件で当初、昨年十一月中に六回の手続きと十二月中旬の判決予定を提案。弁護団の抗議で日程は変わったが、それでもその強行軍に最初の主任弁護人は辞任した。

 「正直、ほかの事件の依頼人に頭を下げている。というのも数カ月間、この事件にかかり切り。裁判所や検察は組織だが、弁護士は基本的に個人営業。そうは言ってられないが、経済的にも厳しい状況に追い込まれている」(竹村弁護士)

 日弁連内部にはこうした状況と、四月設立の法務省管轄下の独立行政法人「日本司法支援センター」を結びつけ、批判する見方がある。刑事事件の七割には国選弁護人が付いているが、従来は弁護士会が弁護人を推薦した。このシステムにより、訴訟指揮をめぐって裁判所と弁護人がぶつかった際も、弁護士会が間に入り、解決を図ってきた。

 だが、十月からは同センターが国選弁護制度を運営する。問題はだれが弁護人の選定をするかだ。「センターが弁護人を選定することになれば、弁護人が整理手続きの進め方などを批判し、出頭しなかった場合、裁判所に都合の良い代わりの国選弁護人がただちに付けられてしまう。結果“官製弁護”が横行する危険性がある」(第二東京弁護士会・伊達俊二弁護士)

 こうした問題点が浮上する一方、オウム真理教(アーレフに改称)の松本智津夫被告の裁判では一審判決までに八年を要した。裁判の長期化が、被害者や遺族へ与える苦痛も「人権侵害」に違いない。それが迅速化を促した経緯もある。

■迅速化のみ追求 被害者置き去り

 この点について、九州大学の内田博文教授(刑法)は「被害者が孤立無援になりがちなことは事実。自治体などによる人的物的な支援が必要だ」と提起する。だが、それと迅速化は分けて考えるべきだとも話す。

 「オウムのような長期化は例外だ。早期の厳罰が被害者感情を慰めるという考えがあるが、控訴審で逆転した場合、被害者の苦痛は倍加する。被害者の知りたいのは真相や背景だ。それを切り捨てる迅速化は被害者の苦痛を増しかねない」

 

冤罪の構造、 被害者らが詳報。取り調べ全面録画・録音の必要性、浮き彫りに ←のpdfはこちら
2007年6月9日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2007060902022815.html
2007年6月9日こちら特報部 魚拓

 机を叩(たた)いて脅し、「おふくろさんが泣いてるぞ」「カツ丼食うか」とたたみかける−刑事ドラマの取り調べ風景は、なんと実在していた。調べの全面可視化(録画・録音)や弁護士立ち会いが当たり前の各国が腰を抜かす日本式調べ。濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)を着せられた冤罪(えんざい)被害者たちの証言で、その実態が白日の下にさらされた。日本弁護士連合会のシンポジウム「えん罪を生み出す取調べの実態」(6日)の詳報をお伝えする。

【こちらは記事の前文です】
記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊または、携帯電話の有料会員サービス「東京新聞・東中スポ」をご利用ください。

 

2007/4/13 こちら特報部 冤罪の時代 再び 屈辱の395日「まさに人質」
強まる、取り調べの可視化求める声 揺れる検察のチェック能力 ←のpdfはこちら
2007年4月13日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2007041302008309.html
Internet Archive

 戦後混乱期のむちゃな捜査で罪を着せられた被告たちは無罪確定まで長年、苦しみ、青春を棒に振った。そして今、再び「冤罪(えんざい)の時代」。自白偏重の弊害は明らかだとして、取り調べ可視化(ビデオ録画や録音)を求める声が強まっている。

【こちらは記事の前文です】
記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊または、携帯電話の有料会員サービス「東京新聞・東中スポ」をご利用ください。

 

2007/12/19 東京新聞 こちら特報部 証人テストが冤罪を呼ぶ? ←のpdfはこちら

『証人テスト』。この聞き慣れない言葉が、今、法曹界ばかりか会計業界、ビジネス界を揺るがしている。『50回も検察とすりあわせをさせられ、検察の思い通りの証言をした』。大物公認会計士をめぐる刑事事件で、関係者が、こう暴露したからだ。2009年に始まる裁判員制度では、供述調書より法廷証言が判決のカギを握る。証言にやらせがあれば、新制度の根幹もぐらつくだけに、国会も重大な関心を示している。
(社会部・市川千春。東京新聞24面)

 

死刑-存廃を問う前に 冤罪やむなしなのか
2008年3月31日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2008033102099740.html

 一家4人が殺害された「袴田事件」で、犯行を否認してきた袴田巌死刑囚(72)の再審請求が今月、最高裁で棄却された。同様に犯行を否認しつつも、処刑された死刑囚がいた。1947年の「福岡事件」で主犯とされた西武雄さん(死刑執行時60歳)だ。遺族らは今も、無実を証明する再審を請求しており、弁護人は「冤罪(えんざい)死刑もやむを得ない、という社会でいいのか」と疑問を投げ掛ける。 (岩岡千景)

始めに戻る


 キャンペーンバナー。

↓「カルト宗教 統一協会のお友だち こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー。

 クリックすると拡大します。ブログに貼れる370pxのサイズです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。
「カルト宗教 統一協会に応援され(笑) こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー


2006/06 Japanese Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe(2005/10/31 - 2006/9/26 ; Prime Minister 2006/9/26 - 2007/9/26, 2012/12/26 - )sent a message to Moonie's mass wedding blessing ceremony. Abe have appeared on cover page of cult Unification Church's monthly magazine "SEKAI SHISO". Moonie also support Shinzo Abe.

 

 「3経済団体代表者によるごり押し圧力と、元々原発推し進めた自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー。

「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


 クリックで拡大するバナーのタグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。ブラウザがFirefoxなら、その取得したタグを「HTMLの編集」画面に貼りつけます。

 

マスゴミの低投票率誘導洗脳大作戦」糾弾バナー。

マスゴミ低投票率誘導洗脳大作戦バナー


始めに戻る

 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

|

« 日本国総理大臣安倍晋三はカルト宗教 統一協会月刊誌の表紙で応援された人物。こんな奴らが改憲?笑わせるな。 | トップページ | (ビデオニュース・コム)エジプトの騒乱と、地球は赤字経営に、の2件の話題。 »

冤罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠隔操作ウィルス事件続報・弁護側が無罪性の挙証責任を負わなければならないのか(動画、ラストメッセージ、冤罪関係参考記事):

« 日本国総理大臣安倍晋三はカルト宗教 統一協会月刊誌の表紙で応援された人物。こんな奴らが改憲?笑わせるな。 | トップページ | (ビデオニュース・コム)エジプトの騒乱と、地球は赤字経営に、の2件の話題。 »