« 2013年7月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 2013年7月「首相動静」です。元号平成の「成」をちゃんと書けない安倍晋三、こんなバカに改憲なんて真っ平御免。 »

2013年7月30日 (火)

2013年7月 福島第一原発の現状(東京新聞)

 以下、資料として採録。

 

東電、汚染水流出認める 3号機の湯気 周辺高い放射線量(2013年7月27日)写真付き記事
2013年7月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2013072702000166.html
魚拓

 東京電力は今週(二十~二十六日)、福島第一原発で高濃度汚染水が地下水と混じり、海に流出していることを初めて認め、福島県に謝罪した。

 敷地内では、五月下旬から、2号機取水口周辺の汚染監視用の井戸で、相次いで汚染が確認された。東電は二年前に海に漏れた高濃度汚染水の残りが、地下水の影響で井戸に出てきた可能性が高いと説明してきた。しかし、潮位や降雨と地下水位の関係を調べたところ、潮の満ち引きに応じて地下水位が変動したり、雨が降ると3号機取水口前の海水の放射能濃度が上がったりすることを確認した。

 3号機原子炉建屋五階で湯気が発生した場所の周辺では、最大毎時二一七〇ミリシーベルトと非常に高い放射線量が計測された。東電は湯気の原因を、雨水が熱を持った格納容器のふたに触れて蒸発したとみているが、今週も断続的に湯気が発生。格納容器内の水蒸気も漏れた可能性が高いという。

 6号機では、非常用発電機が自動的に起動するかチェックする作業をした際、操作を誤り、原子炉の冷却装置が停止した。大事には至らなかった。

Pk2013072702100075_size0

 

3号機建屋から湯気 作業員、甲状腺被ばく量判明(2013年7月20日)写真付き記事
2013年7月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2013072002000188.html
魚拓

 今週(十三~十九日)の東京電力福島第一原発では、3号機原子炉建屋五階の中央部で湯気が連続的に発生した。原子炉や使用済み核燃料プールなど各所の温度や、周辺の放射線量などに異常はなく、熱をもった格納容器のふたで雨水が温められ、湯気になった可能性が高いという。

 東電によると、湯気は十八日朝から夕方にかけて出続けていることが確認された。十九日朝には消えていた。発生場所は、格納容器の上部と機器貯蔵プールの境目付近。東電は格納容器の上にある厚いコンクリートの覆いのすき間から雨水が入り込み、四〇度前後の熱をもつ格納容器のふたに当たり、湯気になったとみている。

 昨年七月にも同様の場所で湯気らしきものが確認されたが、短時間で消えたという。

 また、一昨年の事故で、放射性ヨウ素による甲状腺被ばく線量が一〇〇ミリシーベルトを超える作業員が、二千人近くに上ることが分かった。一〇〇ミリシーベルトを超えるとがんのリスクが高まるとされ、東電は、対象の作業員が無料で年一回の甲状腺の超音波検査を受けられるようにした。

Pk2013072002100082_size0

 

地下水セシウム急上昇 規制委、東電に早急対策促す(2013年7月13日)写真付き記事
2013年7月13日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2013071302000157.html
魚拓

 今週(六~十二日)の東京電力福島第一原発では、2号機の取水口近くの汚染監視用の井戸で、放射性セシウム濃度が急上昇し、汚染拡大の可能性が高まった。原子力規制委員会は、東電に早急な対策を促した。

 これまで周辺の地下水からセシウムはほとんど検出されなかったが、五日に一リットル当たり三〇九ベクレルだったセシウム濃度が九日には三万三〇〇〇ベクレルへと急上昇した。タービン建屋地下などから高濃度汚染水が漏れている可能性が高まった。

 東電は、一昨年四月に取水口近くで漏れた高濃度汚染水の一部が土壌中に残留し、セシウムは土壌に吸着された-との説を唱えていたが、セシウムが検出されると、今度は採取した水に汚染土が「混入」した可能性を言いだした。

 いずれにしても、汚染源を特定し、早期に海への拡散防止策を進める必要がある。

 また、事故の発生直後から現場指揮を執った吉田昌郎元所長が九日、食道がんで死去した。作業員から信頼されるリーダーだったが公式取材に一回しか応じず、事故の核心は語られないままだった。

Pk2013071302100071_size0

 

トリチウム事故後最高値 2200ベクレル いったん減少後、急上昇(2013年7月6日)写真付き記事
2013年7月6日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2013070602000150.html
魚拓

 東京電力は今週(六月二十九~七月五日)、福島第一原発の1~4号機取水口北側で一日に採取した海水から事故後最も高い一リットル当たり二二〇〇ベクレルのトリチウムを検出したと発表した。先月二十一日採取分で一一〇〇ベクレル、二十四日分で一五〇〇ベクレルを検出した後、いったん半減したが急上昇した。

 また、1、2号機タービン建屋海側で、海から四メートルの距離に掘った観測用井戸で二十八日に採取した水から、ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が同三〇〇〇ベクレルの濃度で検出された。

 海水からも地下水からも高い濃度の放射性物質が検出されたことから、高濃度汚染水が地下水と混ざり、海まで出ている恐れが高まった。

 原因について、東電は、事故発生当初に海に漏れた高濃度汚染水が土中に残り、それが地下水の移動で押されて出てきた可能性を主張する。このほか、タービン建屋につながるトレンチ内には汚染水がたまっており、ここから少しずつ漏れている可能性も指摘されている。東電は護岸の地盤改良を進め、監視を強化している。

Pk2013070602100070_size0

始めに戻る


 キャンペーンバナー。

「汚染水ダダ漏れ日本の五輪召致馬鹿騒ぎ糾弾」バナー、Oh No OSENSUI. Tokyo is Unworthy of 2020 Olympic.
↓click, popup & enlarge anime
「汚染水ダダ漏れ日本のオリンピック召致馬鹿騒ぎは世界の恥さらし」バナー


 気象庁の震央分布図(→頁アーカイブ)、こんな所で原発なんて危険きわまりない(石橋克彦氏、地震学)。汚染水ダダ漏れだからオリンピック開催もふさわしくない。( Japan is situated in a volcanic zone on the Pacific Ring of Fire. It's also located near major tectonic plate boundaries, where's an un-wise place for 54 reactors. and now Osensui is not under control. So Japan and Tokyo is Unworthy of 2020 Olympic Games. )。震央分布図がある新頁

(Epicenter distribution map)
W

 

↓「カルト宗教 統一協会のお友だち こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー。

 クリックすると拡大します。ブログに貼れる370pxのサイズです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。
「カルト宗教 統一協会に応援され(笑) こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー


2006/06 Japanese Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe(2005/10/31 - 2006/9/26 ; Prime Minister 2006/9/26 - 2007/9/26, 2012/12/26 - )sent a message to Moonie's mass wedding blessing ceremony. Abe have appeared on cover page of cult Unification Church's monthly magazine "SEKAI SHISO". Moonie also support Shinzo Abe.

 

 「3経済団体代表者によるごり押し圧力と、元々原発推し進めた自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー。
「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


 クリックで拡大するバナーのタグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。ブラウザがFirefoxなら、その取得したタグを「HTMLの編集」画面に貼りつけます。

始めに戻る

 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

|

« 2013年7月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 2013年7月「首相動静」です。元号平成の「成」をちゃんと書けない安倍晋三、こんなバカに改憲なんて真っ平御免。 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年7月 福島第一原発の現状(東京新聞):

« 2013年7月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 2013年7月「首相動静」です。元号平成の「成」をちゃんと書けない安倍晋三、こんなバカに改憲なんて真っ平御免。 »