« 6月27日の主なツイート。 | トップページ | 2013年6月 福島第一原発の現状(東京新聞) »

2013年6月29日 (土)

2013年6月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。

 2013年6月分、東京新聞「こちら特報部」の全記事リストです。「こちら特報部」のWeb記事は他の記事とは違い、リード部分の紹介と最後に【こちらは記事の前文です】と購読の案内が来るスタイルです。

 以前から、東京新聞は原発関連は勿論のこと、他の問題でも大手紙よりも頑張っていると注目していました。あとで「特報部」関連で何か調べる時の自分用のメモエントリーです。(2011年3・11発災月からアップ

 

海の家「クラブ化」ダメ!? 湘南で音楽・ダンス規制
2013年6月30日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013063002000142.html

 この夏、湘南の海がおとなしくなってしまうかもしれない。海水浴場の海の家が「クラブ化」しているとして、音楽やダンスを規制する動きが出ているのだ。騒音などのトラブルが絶えないというのが理由だ。だが、湘南の海と音楽は切っても切れない関係。一律で極端な規制は健全な音楽文化をもつぶすことになりかねない。 (林啓太)

 

「学生はどうした」というけれど… 当世キャンパス事情
2013年6月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013062902000148.html

 選挙が近づくと、必ず耳にする「いまどきの若者たちは…」というせりふ。脱原発デモでも、主流の団塊世代から「学生たちはどこにいる?」という愚痴を聞いた。社会への異議申し立てのるつぼだった大学キャンパスは、いまどうなっているのか。のぞいてみると、旧世代には口をあんぐりと開けざるをえない光景が広がっていた。学生の保守傾向を後押ししている一因だろうか。 (小倉貞俊、荒井六貴)

 

辛坊さんらヨット太平洋遭難 週刊誌、ネット上論議
2013年6月28日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013062802000140.html

 小型ヨットで太平洋を横断中だったニュースキャスターの辛坊治郎さん(57)らが遭難し、海上自衛隊に無事救出された。一部から救助費用の公費負担を疑問視する声もあるが、「海洋国家」での災害派遣は海自などの任務だ。仮に、自己負担となれば、セーリングは「しんぼうせよ」となりかねない。 (出田阿生、小坂井文彦)

 

「世田谷ナンバー」地元で異論 プライバシー面「不安」
2013年6月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013062702000119.html

 世田谷ナンバー導入に反対論が出ている。地域振興などを目的とした自動車のご当地ナンバーに反対の声が上がるのは珍しいという。高級住宅地が集まる東京・世田谷なら、世田谷ナンバーはイメージは良さそうなものだが、ためらう事情はどこにあるのか、探った。 (荒井六貴、中山洋子)

 

異例の記者書類送検 真相に迫る取材が…
2013年6月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013062602000165.html

 パソコン遠隔操作事件に絡み、取材目的でメールの発信元にアクセスした共同通信と朝日新聞の記者が不正アクセス禁止法違反容疑で異例の書類送検になった。政府は通信履歴の保存などサイバー犯罪対策の強化を検討している。巧妙、複雑化するサイバー犯罪の対策は重要だが、権力側の恣意(しい)的な運用で「通信の秘密」が侵されかねない危険性は常に存在する。 (出田阿生、小坂井文彦)

 

都議選惨敗の維新・橋下代表 従軍慰安婦問題「強制連行」資料あった
2013年6月25日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013062502000140.html

 旧日本軍による慰安婦の強制連行を示す証拠が、政府の発見した資料の中にあった。軍が抑留中のオランダ人女性を強制連行した事件の記録だ。安倍内閣は、この事実を認める答弁書を閣議決定した。2007年の第一次安倍内閣時の答弁書で「強制連行の資料なし」としたのを、自ら否定した形だ。強制否定派の最大のよりどころが揺らいでいる。 (佐藤圭)

 

「証拠は誰のものか」 NHKに取り調べ映像を提供した弁護士に対し、大阪地検が懲戒請求
2013年6月24日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013062402000162.html

 無罪事件の弁護人が検証の目的で、大阪地検の取り調べ録画映像をNHKに提供したところ、同地検が刑事訴訟法に抵触するとして、大阪弁護士会にこの弁護士の懲戒請求をした。たしかに刑訴法は、裁判で検察が提出した証拠を弁護人と被告が裁判以外で使うことを禁じている。だが、利益を得なければ罰則はない。弁護士は「検察が集めた証拠は本来、国民のもので問題はない」と訴えている。 (小坂井文彦)

 

非破壊「自炊」の衝撃 複写技術進化の先は…
2013年6月23日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013062302000114.html

 書籍やコミックを自分で電子データ化するいわゆる「自炊」行為が進化し続けている。七月には本を裁断しないでデータを取り込める「非破壊型スキャナー」が発売され、これによって自炊人口が大幅に増える可能性がある。出版業界への影響は大きい。 (小倉貞俊)

 

国連人権理事会 福島事故、健康である権利侵害
2013年6月22日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013062202000147.html

 日本では福島原発事故後「健康を享受する権利」が侵害されている-。国連人権理事会で五月、被災状況を調査した健康問題に関する報告があった。放射線量の避難基準を厳格にすることなどを求めたものだが、日本政府は「事実誤認もある」などと激しく反発、勧告に従う姿勢を示していない。「人権を軽視している」との批判が高まっている。 (林啓太)

 

首相の「強気」ネット発言考 敵たたき、支持つなぐ
2013年6月21日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013062102000147.html

 一国のトップはフェイスブックなどで、どこまでしゃべっていいのか? 安倍晋三首相が街頭演説で抗議する聴衆を「左翼」呼ばわりし、小泉訪朝時の元外務省幹部を名指しで「語る資格なし」と批判した。時の最高権力者がネットを利用した情報発信は歓迎したいが、「個人攻撃では」などと話題になっている。どう考えたらいいのか。 (小倉貞俊、小坂井文彦)

 

憲法の平和主義の精神に反する原発輸出
2013年6月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013062002000169.html

 主要国(G8)首脳会議が閉幕した。安倍晋三首相は直前、東欧でも原発のトップセールスを展開した。首相はこの間、トルコやサウジアラビアなど中東、さらにインドなど核の緊張が漂う地域相手に原発を売り込んでいる。原発の技術的な問題以前に、こうした動きは「恒久の平和を念願」する憲法前文の精神と矛盾しないか。野党からは「死の商人」という非難も聞こえ始めた。(出田阿生、中山洋子)

 

復興庁 問題は暴言だけじゃない 脱「縦割り」機能せず 理念どこへ事業追認
2013年6月19日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013061902000149.html

 復興庁参事官がツイッターで市民団体などを中傷した騒動は、特異な個人事情として矮小(わいしょう)化されがちだが、そこに組織全体の問題が横たわりはしないか。被災者の生活再建を担い、巨額な費用を託されながら、霞が関の縦割り行政の「焼け太り」などを演出している感さえある。発足から一年四カ月の復興庁の課題とは-。 (荒井六貴、出田阿生)

 

薬物事件 刑の一部猶予法 「社会の中でリハビリを」
2013年6月18日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013061802000130.html

 覚せい剤など薬物事件などを対象に刑期の一部を猶予する刑法改正など関連法が成立した。長い刑務所暮らしよりも、保護観察とし、薬物脱却のプログラムを受けさせた方が再犯防止につながるとの判断だ。ただ、復帰プログラムを行える医療機関などは少なく、国民の中にはそんなに早く出所させて大丈夫なのかという不安もある。 (佐藤圭、小坂井文彦)

 

実名意見に匿名の誹謗中傷 閉塞感と非寛容の表れ
2013年6月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013061702000154.html

 インターネットや新聞の投書欄などで、政治や社会問題について発言した個人に、誹謗(ひぼう)中傷や嫌がらせ電話などが集中するケースが相次いでいる。ネット社会が広がり、個人が意見表明できるようになった半面、社会の寛容性が失われ、匿名の個人攻撃が増大している。「もろ刃の剣」のネットとどうつきあっていけばいいのか。 (出田阿生)

 

朝ドラ人気に「じぇじぇじぇ」だが… あまくない海女ちゃんの現状
2013年6月16日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013061602000125.html

 素潜りしてアワビやウニ、海藻を採る海女をテーマにしたNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地・岩手県久慈市に、押し寄せる多くの観光客を笑顔で出迎えているのが、「北限の海女」たちだ。東日本大震災を乗り越え、百年以上も続く伝統を守ったものの、全国に二千人とされる海女の取り巻く現状は厳しい。 (荒井六貴、中山洋子)

 

福島事故・国連科学委会報告をどう読むか 安心するのは早い 疫学調査の積み重ね必要
2013年6月15日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013061502000124.html

 福島原発事故の健康影響について、国連科学委員会は先月末、「被ばく線量は少なく、健康への明確な影響はないとみられる」ことを骨子とする報告書案を発表した。これまでも、世界保健機関(WHO)や民間団体が影響の推測をまとめてきたが、今回の報告は他と比べても「安心」の度合いが高い。この報告書をどう読むべきか。京都大原子炉実験所の今中哲二助教らに聞いた。 (出田阿生、中山洋子)

 

加藤さん、それは不祥事です 「知らなかった」コミッショナーの責任 統一球変更隠ぺい
2013年6月14日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013061402000138.html

 「不祥事ではなかった」「私は知らなかった」。日本野球機構(NPB)が統一球を飛びやすい仕様に変更しながら、公表していなかった問題。加藤良三コミッショナーはこんな発言をしているが、ゲームの行方を握るボールの問題であり、球界史上、最大級の不祥事であることは間違いない。選手への悪影響、コミッショナーの意味を考えた。 (上田千秋、林啓太)

 

増殖する「脱法ルーム」 貸倉庫、実は多人数居住
2013年6月13日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013061302000130.html

 貸しオフィスや倉庫として届けられながら、実際には多人数が居住している「違法貸しルーム(脱法ルーム)」が問題になっている。間仕切り壁などで狭い空間に分けられ、耐火性などに問題があるという。新手の貧困ビジネスとも言えるが、生活困窮者がやむを得ず住んでいるという現実もある。 (荒井六貴、小倉貞俊)

 

異色元CIA職員の「決断」 年収20万ドル捨てて告発
2013年6月12日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013061202000150.html

 米情報機関の国家安全保障局(NSA)がインターネット上の個人情報を収集していたと明らかにしたのは、中央情報局(CIA)の元職員、エドワード・スノーデン氏(29)だった。身の安全、年収約2000万円の「快適な生活」を捨ててまでの暴露。その「決断」の背景などを探った。 (小坂井文彦、出田阿生)

 

選定進まぬ「余裕深度処分場」 電力業界 危機感薄く
2013年6月11日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013061102000170.html

 「トイレなきマンション」といわれる原発事業の難題がまた一つ浮かび上がった。高レベル廃棄物だけでなく、原子炉などの捨て場を選定する作業が進んでいないことが判明した。処分場建設が遅れれば廃炉作業に支障を来すにもかかわらず、電力業界や国の動きは鈍い。青森県六ケ所村にある「余裕深度処分」の試験坑道を訪ね、課題を探った。 (上田千秋)

 

ひょうたん島はどこへゆく 住民の熱意が町を動かす
2013年6月9日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013060902000110.html

 ひょうたん島はどこへゆく-。人形劇「ひょっこりひょうたん島」のモデルとされる岩手県大槌町の蓬莱(ほうらい)島が、宙に浮く状態になっている。所有していた大槌町漁協が東日本大震災の影響で経営破綻し、破産管財人の管理下に入ったからだ。「復興のシンボルに」と、事態打開に町民らが動きだした。 (荒井六貴)

 

迫られる法規制 ヘイトスピーチ 政府、批判すれど対策なし
2013年6月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013060802000147.html

 「朝鮮人は殺せ」「出て行け」と連呼するヘイトスピーチ(憎悪表現)デモが東京・新大久保などで相変わらず続いている。欧州各国では人種的憎悪や民族差別をあおる言動は犯罪だが、日本ではヘイトスピーチそのものを罰する法律がないからだ。安倍晋三首相が国会で懸念を表明したものの、政府は「法規制が必要なほどの差別扇動はない」との立場を崩さない。野放しのままでいいのか。 (佐藤圭)

 

これは反則! 参院選で自民が「二股公約」へ
2013年6月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013060702000143.html

 「公約」の意味があらためて問われている。自民党は参院選の公約で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、党本部と沖縄県連が正反対の主張を示しつつある。原発政策やTPP(環太平洋連携協定)でも二股膏薬(ふたまたごうやく)ならぬ「二股公約」がちらつく。政権党にとり、国政選挙は政権運営の審判を受ける機会でもある。公約の二枚舌は政党政治の崩壊といえないか。 (出田阿生、中山洋子)

 

「007」日本に誕生? 重要情報生かせるか
2013年6月6日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013060602000168.html

 日本にもジェームズ・ボンドのようなスパイが誕生する? 安倍政権が、諜報(ちょうほう)活動(インテリジェンス)に関わる専門家の育成に乗り出そうとしている。「国家安全保障会議」(日本版NSC)の創設に合わせ、対外情報の収集能力を高める狙いがあるという。だが、諜報部門の新設に問題はないのか。 (上田千秋、小倉貞俊)

 

懸念拡大 3Dプリンター銃 設計図ダウンロード10万件
2013年6月5日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013060502000150.html

 3Dプリンターを使って製造できるプラスチック製短銃の設計図がネット上に一時、出回った。3Dプリンターとは立体物を製造する機器。これと設計図さえあれば、誰でもあっという間に銃を製造できる危険があるということだ。なぜ、設計図が公開されたのか、3Dプリンターをめぐる問題を探った。 (小坂井文彦、林啓太)

 

「慰安婦」「侵略」で安倍首相と橋下市長はどこが違うのか
2013年6月4日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013060402000163.html

 一連の慰安婦発言で、「火だるま」になった大阪市の橋下徹市長。類焼を避けたいためか、小野寺五典防衛相は一日、アジア安全保障会議の講演で「安倍政権はそのような野党党首(橋下氏)の発言や歴史認識にくみしない」と強調した。しかし、「侵略」や「慰安婦」をめぐる考えで、現政権を率いる安倍晋三首相と橋下氏の間に、それほどの隔たりはあるのだろうか。検証してみた。 (小倉貞俊、佐藤圭)

 

陸山会事件虚偽報告書 元検事に「不起訴不当」
2013年6月3日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013060302000119.html

 小沢一郎元民主党代表が強制起訴され無罪となった陸山会事件の捜査で、虚偽の報告書を作成した東京地検特捜部の元検事(46)について、東京第一検察審査会は四月、「不起訴不当」と議決した。「起訴相当」ではなかった点について、市民団体は検察審査会で審査補助員を務めた元検察幹部の「ヤメ検」弁護士の影響を疑い、推薦した東京弁護士会に批判の声を上げている。 (小坂井文彦)

 

首相公邸の幽霊騒動 不安渦巻く伏魔殿
2013年6月2日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013060202000127.html

 首相公邸に幽霊が出るらしい。政府は、そんな噂(うわさ)を「承知していない」とする答弁書を閣議決定したが、政界で知らない人はいない怪談話だという。現れては消える「都市伝説」の歴史をひもとくと、政治権力の中枢をめぐる心理が浮かび上がってくる。 (中山洋子、小倉貞俊)

 

高級品の売り上げ急増 それってなぜですか。 フェラーリ、ティファニーなど…
2013年6月1日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013060102000173.html

 フェラーリ、ティファニー、高級食材に高級時計…。株高の影響なのか、高級品が売れているという。へえ、と思う一方、本当にそうなのかという疑念も。いったい、どんな人が買っているのか、どんな背景があるのかなど、「高級品」売り上げ増の「裏側」を調べた。(上田千秋、小倉貞俊)

始めに戻る


 キャンペーンバナー。

「汚染水ダダ漏れ日本の五輪召致馬鹿騒ぎ糾弾」バナー、Oh No OSENSUI. Tokyo is Unworthy of 2020 Olympic.
↓click, popup & enlarge anime
「汚染水ダダ漏れ日本のオリンピック召致馬鹿騒ぎは世界の恥さらし」バナー


 気象庁の震央分布図(→頁アーカイブ)、こんな所で原発なんて危険きわまりない(石橋克彦氏、地震学)。汚染水ダダ漏れだからオリンピック開催もふさわしくない。( Japan is situated in a volcanic zone on the Pacific Ring of Fire. It's also located near major tectonic plate boundaries, where's an un-wise place for 54 reactors. and now Osensui is not under control. So Japan and Tokyo is Unworthy of 2020 Olympic Games. )。震央分布図がある新頁

(Epicenter distribution map)
W

 

↓「カルト宗教 統一協会のお友だち こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー。

 クリックすると拡大します。ブログに貼れる370pxのサイズです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。
「カルト宗教 統一協会に応援され(笑) こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー


2006/06 Japanese Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe(2005/10/31 - 2006/9/26 ; Prime Minister 2006/9/26 - 2007/9/26, 2012/12/26 - )sent a message to Moonie's mass wedding blessing ceremony. Abe have appeared on cover page of cult Unification Church's monthly magazine "SEKAI SHISO". Moonie also support Shinzo Abe.

 

 「3経済団体代表者によるごり押し圧力と、元々原発推し進めた自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー。
「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


 クリックで拡大するバナーのタグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。ブラウザがFirefoxなら、その取得したタグを「HTMLの編集」画面に貼りつけます。

始めに戻る

 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

|

« 6月27日の主なツイート。 | トップページ | 2013年6月 福島第一原発の現状(東京新聞) »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年6月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。:

« 6月27日の主なツイート。 | トップページ | 2013年6月 福島第一原発の現状(東京新聞) »