« 2013年6月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 2013年6月「首相動静」です。元号平成の「成」、母校成蹊の「成」をちゃんと書けない安倍晋三、アホのミクスも賞味期限(笑 »

2013年6月29日 (土)

2013年6月 福島第一原発の現状(東京新聞)

 以下、資料として採録。

 

港から高濃度トリチウム 事故直後の残留汚染水か(2013年6月29日)写真付き記事
2013年6月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2013062902000177.html
魚拓

 東京電力は今週(二十二~二十八日)、福島第一原発の専用港内の放射性トリチウムの濃度が事故後最も高い値まで上昇したと発表した。東電は、海に漏れ出した可能性もあるとみて調べている。

 1~4号機の取水口北側で二十四日に採取した海水から一リットル当たり一五〇〇ベクレルを検出。十日の値に比べ三倍に上昇し、後に低下した。1、2号機の取水口近くの海水は、濃度が上下している。ストロンチウムは検査中。

 先月末以降、2号機のタービン建屋海側の井戸水から、高濃度のトリチウムやストロンチウムが検出された。事故発生直後の一昨年四月と五月に立て坑から、高濃度汚染水が漏れたが、その一部が地中に残っていたとみられる。今回の海水も、セシウム濃度が低い点が一致。粘土の粒などとくっつきやすいセシウムは土に吸着され、トリチウムなどが漏れ出た可能性もある。

 政府と東電などの廃炉対策推進会議は二十七日、溶融した核燃料の取り出しを早ければ二〇二〇年度前半に始めるとする改定工程表を決めた。ただ、燃料の状態も分からず、実現性は分からない。

Pk2013062902100064_size0

 

高濃度ストロンチウム検出 井戸の地下水 規制委、公表遅れを批判(2013年6月22日)写真付き記事
2013年6月22日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2013062202000182.html
魚拓

 今週(十五~二十一日)、東京電力福島第一原発2号機のタービン建屋海側にある井戸で採取した地下水から、一リットル当たり五〇万ベクレルの放射性トリチウムと一〇〇〇ベクレルのストロンチウムが検出された。

 二〇一一年四月と五月の二回にわたり、建屋地下の高濃度汚染水が立て坑から海に漏れ出した際、一部が海に漏れず地中にたまり、地下水などの影響で井戸に流れ込んだらしい。セシウムは土に吸着されたという。

 東電は護岸周辺に地盤を固める薬液を注入し、新たに漏出監視用の井戸を掘るが、先月末には地下水の放射能濃度の変化を把握していた。原子力規制委員会の島崎邦彦委員長代理は「異常があれば、データをすぐ公表すべきだ」と対応の遅れを批判した。

 二十一日には、高濃度汚染水を処理した後に塩分を除去する装置から、一ミリリットル当たり二・二七ベクレルの放射性セシウムなどを含む汚染水二百五十リットルが漏れた。敷地外への流出はなかった。

 また、2号機の原子炉建屋一階上部をロボットで調査したが、機器類の損傷は見られなかったという。

Pk2013062202100056_size0

 

森がタンク用地に一変 敷地内を報道に公開(2013年6月15日)写真付き記事
2013年6月15日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2013061502000159.html
魚拓

 今週(八~十四日)の東京電力福島第一原発では、原発敷地内が報道陣に公開された。わずかに残っていた森も、汚染水をためるタンクの増設用地に様変わりしていた。この場所も二年半後にはタンクでいっぱいになり、その後の増設計画は未定。汚染水対策に苦慮する事故収束の難しさをうかがわせた。

 本紙記者が取材した場所のうち、最大線量は3号機タービン建屋海側の毎時一・一ミリシーベルトだった。作業拠点の免震重要棟前は毎時〇・〇二二ミリシーベルト。三月に別の記者が取材した時とほぼ同じだった。

 一方、東京電力は第一原発の廃炉作業で、原子炉内に溶け落ちた核燃料の取り出しを、最も早ければ二〇二〇年度前半に始める計画案を発表した。これは、米スリーマイル島原発事故を参考にまとめた従来計画より一年半の前倒しとなる。

 ただ、核燃料取り出しのためには、格納容器を水で満たし、核燃料が出すおびただしい放射線を遮る必要がある。核燃料の正確な状態も、水漏れしている容器をどう補修すればいいのかもまだ分からない。計画は絵に描いた餅になりかねない。

Pk2013061502100066_size0

 

放射能の測定ミス判明 汚染水移送先では水漏れ(2013年6月8日)写真付き記事
2013年6月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2013060802000178.html
魚拓

 東京電力は今週(一~七日)、福島第一原発で海洋放出を検討している地下水の放射能濃度の測定に、一部ミスがあったと発表した。周辺環境の放射能の影響を過大評価し、水の測定値から引き算しすぎていた。

 東電は建屋地下への地下水流入を減らすため、敷地内の井戸から地下水をくみ上げ、タンクに一時的にため、放射能濃度を測定して問題がなければ放出する計画。

 ミスは、福島第一内で測ったタンクの水の値で起きた。東電は測定する水や水を入れる容器が放射線を遮ることを考慮せず、周辺の放射能濃度を過大に評価した。福島第二で測定し直したところ、検出限界値未満と発表した放射性セシウムが、一リットル当たり〇・六一ベクレル検出された。

 また、地下貯水池の汚染水を移送する先の地上タンク一基で水漏れがあった。鋼鉄製の部材をボルトでつなぎ合わせたタンクで、つなぎ目から水が数秒に一滴したたっていた。漏れたのは多くても一リットル程度という。水漏れはボルトを強く締めても止まらず、隣接するタンクに水を移して水位を下げて止めた。

Pk2013060802100081_size0

 

「凍土の遮水壁」設置へ 警戒区域解消 帰還困難域広く残る(2013年6月1日)写真付き記事
2013年6月1日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2013060102000189.html
魚拓

 今週(二十五~三十一日)、東京電力福島第一原発の汚染水問題で、政府の汚染水処理対策委員会が、建屋内への地下水流入を防ぐため1~4号機全体を囲むように周辺の土壌を凍らせる「凍土の遮水壁」を設置するよう東電に求めた。

 遮水壁は、地中に管を埋めて内部に冷却材を循環させ、周辺の土壌を凍らせて壁をつくる方式。汚染水と地下水の水位バランスの課題があるが、東電は政府と協力して実用化に向けた研究に着手。二〇一五年度前半の運用開始を目指す。

 三十、三十一両日には原子力規制委員会の職員が、事故原因を分析するための現場調査を実施。地震で壊れた可能性が指摘されている1号機の非常用冷却装置の状況などを調べた。調査結果は、規制委が設置している有識者検討会の会合で報告される。

 また、原発から半径二十キロ圏で警戒区域が最後まで残っていた福島県双葉町の避難区域が再編された。県内全域で警戒区域が解消されたものの、原則立ち入り禁止の帰還困難区域が広い範囲で残り、区域住民が帰れる見通しは立っていない。

Pk2013060102100068_size0

始めに戻る


 キャンペーンバナー。

「汚染水ダダ漏れ日本の五輪召致馬鹿騒ぎ糾弾」バナー、Oh No OSENSUI. Tokyo is Unworthy of 2020 Olympic.
↓click, popup & enlarge anime
「汚染水ダダ漏れ日本のオリンピック召致馬鹿騒ぎは世界の恥さらし」バナー


 気象庁の震央分布図(→頁アーカイブ)、こんな所で原発なんて危険きわまりない(石橋克彦氏、地震学)。汚染水ダダ漏れだからオリンピック開催もふさわしくない。( Japan is situated in a volcanic zone on the Pacific Ring of Fire. It's also located near major tectonic plate boundaries, where's an un-wise place for 54 reactors. and now Osensui is not under control. So Japan and Tokyo is Unworthy of 2020 Olympic Games. )。震央分布図がある新頁

(Epicenter distribution map)
W

 

↓「カルト宗教 統一協会のお友だち こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー。

 クリックすると拡大します。ブログに貼れる370pxのサイズです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。
「カルト宗教 統一協会に応援され(笑) こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー


2006/06 Japanese Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe(2005/10/31 - 2006/9/26 ; Prime Minister 2006/9/26 - 2007/9/26, 2012/12/26 - )sent a message to Moonie's mass wedding blessing ceremony. Abe have appeared on cover page of cult Unification Church's monthly magazine "SEKAI SHISO". Moonie also support Shinzo Abe.

 

 「3経済団体代表者によるごり押し圧力と、元々原発推し進めた自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー。
「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


 クリックで拡大するバナーのタグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。ブラウザがFirefoxなら、その取得したタグを「HTMLの編集」画面に貼りつけます。

始めに戻る

 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

|

« 2013年6月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 2013年6月「首相動静」です。元号平成の「成」、母校成蹊の「成」をちゃんと書けない安倍晋三、アホのミクスも賞味期限(笑 »

震災・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年6月 福島第一原発の現状(東京新聞):

« 2013年6月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 2013年6月「首相動静」です。元号平成の「成」、母校成蹊の「成」をちゃんと書けない安倍晋三、アホのミクスも賞味期限(笑 »