« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

8月の新党「国民の生活が第一」代表や幹事長の定例記者会見動画採録。

 マスゴミが意図的に新党「国民の生活が第一」の情報を黙殺して出さないので、その月の代表や幹事長の定例記者会見動画を採録し、月末まで雑談日記トップ2番目に常時表示しておきます。後ろで関連記事なども採録。(今月から開始)僕自身の「オリーブの木」系議員イメージ曲はこれ

関連:(生活 党本部動画まとめ頁

 

【2012年8月30日 新政研】韓国での報道の誤りについて(小沢代表)(5分52秒)
http://youtu.be/sKtOSFljVt0

生活 党本部 さんが 2012/08/30 に公開

 

【2012年8月27日・党本部】国民の生活が第一 東幹事長 定例記者会見 (27分)
http://youtu.be/40gSUa2ffc4

生活 党本部 さんが 2012/08/27 に公開

始めから、報告、10月25日に行う結党記念パーティーについて。9月1日国民の生活が第一を支援する大集会について。

2分53秒、IWF岩上、TPPについて党としてどう考えているか、東氏自身どう考えているか。

12分32秒、共同のはやし、選挙制度について。

17分50秒、IWJ岩上、生活党に近い民主党内反主流派について。選挙になって、同じ選挙区になったらどう考えるか。

23分48秒、読売まつした、生活国民連合の選挙協力について。

 

【2012年8月24日・党本部】国民の生活が第一 東幹事長 定例会見(12分52秒)
http://youtu.be/qmZ1DJAreYE

生活 党本部 さんが 2012/08/24 に公開

始めから、共同はやし、生活国民連合について。

3分17秒、朝日ほしの、問責決議案について。

4分25秒、日経たじま、原子力規制委員会の同意人事について。選挙制度の法案について。

7分37秒、領土問題についての見解の読み上げ。

 

【2012年8月20日・党本部】国民の生活が第一 小沢代表 定例記者会見 (13分13秒)
http://youtu.be/lQxwXcJf__4

生活 党本部 さんが 2012/08/20 に公開

17秒、共同はやし、領土・領海について。

5分27秒、朝日ほしの、消費増税法廃止について。

6分47秒、読売かりや、選挙制度改革で定数削減について。

9分47秒、岩手日報かんだ、岩手県1区、3区の生活党空白区について。

11分45秒、IWJささき、原子力規制委員会設置法について。

(SOBAメモ:8月6日、9日と比べ音響が大幅に改善、聞き取りやすくなった)

 

【2012年8月9日会派全体会議にて】国民の生活が第一 小沢一郎代表 挨拶 (2分41秒)
http://youtu.be/gNjP4BxnjKM

生活 党本部 さんが 2012/08/09 に公開

衆議院での内閣不信任決議案採決を前に会派所属の衆参国会議員が参加の会派全体会議が行われました。国民の生活が第一 小沢一郎代表が挨拶を行い、消費増税阻止への決意を改めて表明しました。

(SOBAメモ:音質が悪くて聞き取り辛い)

 

第1回目、【2012年8月6日・衆議院控室】国民の生活が第一 小沢一郎代表 記者会見 (11分54秒)
http://youtu.be/VAyqAJRrZTU

生活 党本部 さんが 2012/08/09 に公開

国民の生活が第一 小沢一郎代表が常任幹事会後の隔週定例記者会見を行いました。

(SOBAメモ:記者の質問も聞き辛いが、全体的に聞き取り辛い、部屋で音が反響しすぎ?)

48秒、質問者聞き取れず、

2分5秒、読売かりや、

3分58秒、IWJ岩上、首相官邸前に出て話す気持ちはあるか。原子力規制委員会人事について、ACTAについて。

10分12秒、朝日、問責決議案について。

始めに戻る


 以下、資料として採録。

始めに戻る


↓夜明け、あるいは日の出を連想し、
221_ 僕自身の、国民の生活を第一に考え、国益も擁護する“求大同、存小異”「オリーブの木」系議員イメージ曲⇒mp3、4分32秒

Vangelis - Anthem

 2012年10月31日第181回国会(臨時会)での"国民の生活が第一"幹事長、東祥三さんの演説を聞いたのかきっかけです



 以下、雑談日記エントリー「2012年9月29日 (土)昨日(9月28日 豊島公会堂)のシンポジウム、小沢一郎政治裁判は何をもたらしたか、丸ごとポドキャスト・ネット放送完全版。」からの引用。 

1、伊東章弁護士の主催者挨拶&講演。( mp3のpodcast、17分7秒)

 裁判についてのまとめで必聴です。(正清太一さん(世話人)の簡単な開会挨拶、司会小沢遼子さんの紹介の後から始まります)録音したマイクの性能が良いので、終わりに近い所で携帯の音が入ってますが、集会参加者のです。

 11分31秒の所からは特に重要(←mp3で10分37秒から)(要旨)11月12日には小沢一郎議員に対する控訴審の判決が宣告されるが、これは間違いなく無罪判決と思う。と同時に今回は指定弁護人は上告はしないはず。何故なのか、それはもはや小沢政治裁判を十分利用したことによってその成果が今100%現れている。もはや小沢裁判は連中にとっては(←SOBA:ここは植草さん言う所の悪徳ペンタゴン側)不用の長物になっている。しかも小沢さんは民主党から離党して新しい党を結党した。今、小沢さんの名前を裁判の場で論じたり、メディアで論じると言うことは小沢さんの名前を売ることになってしまうので、もうメディアとしては一切やらない。」※

※SOBA:あれほど嵐のような小沢叩きのマスゴミ報道は何処に行ったかと言う事。悪名は無名にまさると気がついたマスゴミは現在小沢さんの名を極力出さないようにしている。NHKを始めとして、小沢裁判をマスコミはほとんど取り上げなくなり、むしろ無視してます。このことは、現在新党「国民の生活が第一」についてマスコミが黙殺している事とも共通してます。マスコミ情報空間から完全に抹殺している。ネットでの活動がますます重要

(↓クリックすると拡大します)
Dsc_5387

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月「首相動静」です&ついに『野田佳彦を落選させる勝手連』登場、官邸前金曜デモで九歳の少年が堂々と野田批判(笑

 野田の首相動静を続行します。

 追加して記録していきます。日付は8月31日にしておきます。「首相動静」は朝日と時事があります。先に時事の「首相動静」を採録しますが、採録をし忘れた時には朝日のを採録しておきます。

 なお、各動静記事末尾でリンク紹介されていた記事中や、その他Webで目に付いたものを資料として採録しておきます。早速、ついに『野田佳彦を落選させる勝手連』登場や、官邸前金曜デモで九歳の少年が堂々と野田批判など(笑)

※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(OSINT)について

関連:
2012年7月「首相動静」です。国民の神経を逆撫でばかりする野田ブタの動静記録続行です。

 

 一番下が1日、上が最新です。

首相動静(8月31日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120901-00000000-jij-pol

時事通信 9月1日(土)0時4分配信

 午前7時53分、公邸発。同54分、官邸着。同55分、執務室へ。
 午前8時1分、執務室を出て南会議室へ。同2分から同6分まで、予算編成に関する閣僚委員会。同7分、同室を出て閣僚談話室へ。同14分、同室を出て閣僚応接室へ。同15分、閣議室に移り、閣議開始。
 午前8時34分、閣議終了。同35分、同室を出て執務室へ。
 午前8時44分から同9時7分まで、岡田克也副総理。
 午前10時30分から同33分まで、北村滋内閣情報官。
 午前10時59分、執務室を出て特別応接室へ。同11時から同11分まで、海洋基本法戦略研究会代表世話人の高木義明民主党衆院議員。同12分、同室を出て執務室へ。
 午前11時15分から同21分まで、岡田副総理、大串博志内閣府政務官、香取照幸厚生労働省政策統括官。午後0時4分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時28分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後3時から同20分まで、杉山晋輔外務省アジア大洋州局長。同52分から同4時5分まで、長島昭久首相補佐官。
 午後4時6分から同43分まで、手塚仁雄首相補佐官。同49分、執務室を出て、同50分、官邸発。
 午後5時12分、東京・本郷の興安寺着。秘書官の親族の通夜に参列。同15分、同所発。
 午後5時41分、官邸着。同42分、執務室へ。
 午後6時21分、執務室を出て、同22分、官邸発。同23分、公邸着。
 1日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    実質1%成長で消費増税可能=藤井民主党税制調査会長インタビュー
    「解散はいつか」揺れ続ける野田首相
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    野田政権クロニクル
    路線転換の動きけん制=岡田氏

最終更新:9月1日(土)0時13分

 

首相動静(8月30日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120831-00000001-jij-pol

時事通信 8月31日(金)0時5分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時33分、公邸発。同34分、官邸着。同35分、執務室へ。
 午前9時50分から同10時18分まで、斎藤勁官房副長官。
 午前10時57分、城島光力民主党国対委員長が入った。
 午前11時16分、城島氏が出た。
 午前11時27分から同38分まで、竹歳誠官房副長官。午後0時4分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時26分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後1時59分、執務室を出て特別応接室へ。同2時から同7分まで、フジテレビの箕輪幸人報道局長。同8分、同室を出て執務室へ。
 午後3時16分、古川元久国家戦略担当相が入った。
 午後3時21分、大串博志内閣府政務官が加わった。
 午後3時39分、古川、大串両氏が出た。
 午後4時43分、長島昭久首相補佐官、玄葉光一郎外相、佐々江賢一郎外務事務次官が入った。
 午後4時56分、長島氏が出た。同5時9分、玄葉、佐々江両氏が出た。同10分、執務室を出て、同11分、大会議室へ。同12分から同17分まで、国と地方の協議の場に出席し、あいさつ。同18分、同室を出て執務室へ。同20分から同45分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時46分、執務室を出て特別応接室へ。同47分から同59分まで、国際婦人年連絡会世話人の橋本葉子氏ら。岡崎トミ子民主党参院議員同席。同6時、同室を出て執務室へ。
 午後6時1分から同39分まで、北村滋内閣情報官。
 午後6時56分、執務室を出て、同57分、官邸発。同59分、公邸着。
 31日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    実質1%成長で消費増税可能=藤井民主党税制調査会長インタビュー
    「解散はいつか」揺れ続ける野田首相
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    竹島問題、日本単独提訴へ=韓国拒否「極めて失望」
    重要法案、野党不在でも審議=民主

最終更新:8月31日(金)0時13分

 

首相動静(8月29日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000001-jij-pol

時事通信 8月30日(木)0時5分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時44分、公邸発。同45分、官邸着。同46分、執務室へ。
 午前10時15分、安住淳財務相、木下康司財務省主計局長が入った。
 午前10時32分、安住、木下両氏が出た。
 午前10時59分、執務室を出て南会議室へ。同11時から同23分まで、インドネシアのスヤント調整相(政治・治安担当)。同24分、同室を出て執務室へ。
 午後0時1分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時25分、同室を出て執務室へ。
 午後2時55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同57分、国会着。同59分、民主党幹事長室へ。
 午後3時から同47分まで、民主党の輿石東幹事長、樽床伸二幹事長代行、高木義明選対委員長。同48分、同室を出て、同49分、国会発。同51分、官邸着。同52分、執務室へ。
 午後4時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同51分、国会着。同52分、参院議長応接室へ。同57分、同室を出て参院本会議場へ。同5時1分、参院本会議開会。同14分、参院本会議を途中退席し、同15分、国会発。同17分、官邸着。同18分、執務室へ。同20分から同52分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時53分、執務室を出て、同54分、官邸発。同56分、国会着。同58分、参院議長応接室へ。同6時2分、同室を出て参院本会議場へ。参院本会議に出席。
 午後7時3分、参院本会議散会。同4分、参院本会議場を出て、同6分、国会発。同8分、公邸着。
 30日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    実質1%成長で消費増税可能=藤井民主党税制調査会長インタビュー
    「解散はいつか」揺れ続ける野田首相
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    首相問責を参院可決=今国会解散に応ぜず
    首相動静(8月29日)

最終更新:8月30日(木)0時13分

 

首相動静(8月28日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120829-00000003-jij-pol

時事通信 8月29日(水)0時9分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時15分、公邸発。同16分、官邸着。同17分、執務室へ。
 午前8時24分、執務室を出て、同25分、閣僚応接室へ。同26分、閣議室に移り、閣議開始。同38分、閣議終了。同39分、同室を出て大会議室へ。同40分、月例経済報告関係閣僚会議開始。
 午前9時2分、同会議終了。同3分、同室を出て執務室へ。
 午前10時2分、輿石東民主党幹事長が入った。
 午前10時34分、輿石氏が出た。
 午前10時57分、中川正春防災担当相が入った。
 午前11時20分、中川氏が出た。
 午前11時29分、執務室を出て特別応接室へ。同30分から同46分まで、山崎摩耶民主党衆院議員ら「子どもたちの未来を守る女性議員ネットワーク」が要望。本多平直首相補佐官同席。同47分、同室を出て執務室へ。同53分、執務室を出て、同54分、官邸発。同55分、公邸着。与謝野馨前経済財政担当相、民主党の藤井裕久税制調査会長、津村啓介衆院議員と昼食。
 午後0時49分、公邸発。同51分、国会着。同52分、衆院本会議場へ。同53分から同54分まで、田中真紀子元外相。同55分から同57分まで、東順治公明党副代表。同1時、衆院本会議開会。
 午後1時50分、衆院本会議散会。同51分、衆院本会議場を出て、同52分、国会発。同54分、官邸着。同55分、執務室へ。
 午後4時26分から同51分まで、田中慶秋民主党副代表。同54分、外務省の佐々江賢一郎事務次官、杉山晋輔アジア大洋州局長が入った。
 午後5時19分、佐々江、杉山両氏が出た。
 午後5時29分、執務室を出て特別応接室へ。同30分から同42分まで、アジア太平洋経済協力会議(APEC)ビジネス諮問委員会(ABAC)日本委員の駒村義範コマツ副社長ら。同43分、同室を出て執務室へ。
 午後5時44分から同6時6分まで、深野弘行原子力安全・保安院長、米村敏朗内閣危機管理監。
 午後6時20分から同45分まで、手塚仁雄首相補佐官。同46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同7時2分、東京・舟町の焼き鳥店「四ツ谷三丁目今井屋本店」着。民主党の花咲宏基、山崎誠両衆院議員らと会食。手塚首相補佐官同席。
 午後9時3分、同所発。同15分、公邸着。
 29日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    実質1%成長で消費増税可能=藤井民主党税制調査会長インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    消費増税で与謝野氏慰労=野田首相
    輿石氏の5選支持=民主・一川氏

最終更新:8月29日(水)0時13分

 

首相動静(8月27日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120828-00000000-jij-pol

時事通信 8月28日(火)0時6分配信

 午前7時31分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時19分、長浜、手塚両氏が出た。
 午前8時46分、公邸発。同48分、国会着。同49分、参院第1委員会室へ。同9時、参院予算委員会開会。
 午前11時57分、参院予算委散会。同58分、同室を出て、同59分、国会発。午後0時1分、官邸着。同3分、執務室へ。
 午後1時7分、古川元久経済財政担当相、大串博志内閣府政務官が入った。同20分、古川氏が出た。同34分、大串氏が出た。
 午後2時58分、松原仁拉致問題担当相、三谷秀史拉致問題対策本部事務局長代理が入った。
 午後3時10分、松原、三谷両氏が出た。同15分、玄葉光一郎外相、森本敏防衛相、藤村修官房長官、長島昭久首相補佐官、伊原純一外務省北米局長、西正典防衛省防衛政策局長が入った。
 午後3時57分、森本、藤村、長島、伊原、西各氏が出た。同4時、玄葉氏が出た。
 午後4時17分から同33分まで、岡田克也副総理。同34分から同52分まで、川端達夫総務相、藤村官房長官、後藤斎内閣府副大臣、稲見哲男総務政務官。
 午後4時53分から同5時30分まで、手塚首相補佐官。
 午後6時40分、執務室を出て、同41分、官邸発。同7時6分、東京・神南のNHK着。
 午後7時30分から同58分まで、NHKの「クローズアップ現代」に出演。同8時3分、同所発。同20分、公邸着。
 28日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    実質1%成長で消費増税可能=藤井民主党税制調査会長インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    野田首相に分析結果報告=オスプレイ、28日公表
    首相動静(8月27日)

最終更新:8月28日(火)0時13分

 

首相動静(8月26日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000001-jij-pol

時事通信 8月27日(月)0時3分配信

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 27日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月27日(月)0時13分

 

首相動静(8月25日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120826-00000001-jij-pol

時事通信 8月26日(日)4時48分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前11時46分、公邸発。
 午前11時56分、東京・丸の内のパレスホテル東京着。同ホテル内の日本料理店「和田倉」で古賀伸明連合会長と会食。
 午後1時10分、同ホテル発。同19分、公邸着。
 26日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月26日(日)6時8分

時事通信

 

首相動静(8月24日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000000-jij-pol

時事通信 8月25日(土)0時3分配信

 午前7時31分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時13分、長浜、手塚両氏が出た。同14分、公邸発。同16分、国会着。同17分、院内大臣室へ。同25分、閣議開始。
 午前8時35分、閣議終了。
 午前8時36分から同43分まで、玄葉光一郎外相、藤村修官房長官。同44分、同室を出て、同45分、国会発。同46分、官邸着。同47分、執務室へ。
 午前9時22分、執務室を出て、同23分、官邸発。同24分、国会着。同25分、衆院第15委員室控室へ。同30分、同室を出て同委員室へ。同42分、衆院財務金融委員会開会。
 午前11時25分、衆院財務金融委を途中退席し、同27分、国会発。同29分、官邸着。同30分、執務室へ。
 午後0時2分、執務室を出て、同3分、官邸発。同4分、国会着。同6分、衆院本会議場へ。同12分、衆院本会議開会。
 午後0時34分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同35分、国会発。同37分、官邸着。同38分、執務室へ。
 午後0時40分から同48分まで、岡田克也副総理。同49分、執務室を出て、同50分、官邸発。同51分、国会着。同53分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委員会開会。
 午後5時6分、参院予算委散会。同室を出て、同8分、国会発。同10分、官邸着。同11分、執務室へ。
 午後5時22分から同53分まで、斎藤勁官房副長官、長島昭久首相補佐官。同59分、執務室を出て記者会見室へ。同6時から同23分まで、記者会見。同24分、同室を出て執務室へ。同25分から同44分まで、手塚首相補佐官。
 午後6時45分、執務室を出て小ホールへ。同46分、国家戦略会議開始。
 午後7時11分、同会議終了。同12分、同ホールを出て、同13分、執務室へ。
 午後7時40分、執務室を出て、同41分、官邸発。同42分、公邸着。
 25日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    実質1%成長で消費増税可能=藤井民主党税制調査会長インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    玄葉外相、韓国大使に抗議=対話は継続の意向
    「歳出71兆円以下」を堅持=13~15年度予算の大枠

最終更新:8月25日(土)0時13分

 

首相動静(8月23日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000000-jij-pol

時事通信 8月24日(金)0時3分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時31分、公邸発。同32分、官邸着。同33分、執務室へ。
 午前9時40分から同11時9分まで、斎藤勁官房副長官、手塚仁雄首相補佐官。
 午後0時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同51分、国会着。同53分、衆院第1委員室へ。同59分、衆院予算委員会開会。
 午後5時45分、衆院予算委散会。同46分、衆院第1委員室を出て、同47分、国会発。同49分、官邸着。同51分、執務室へ。同6時から同20分まで、手塚首相補佐官。
 午後6時21分、執務室を出て小ホールへ。同22分から同33分まで、米国のボーカス上院財政委員長、ルース駐日大使と会談。藤村修官房長官ら同席。同34分、小ホールを出て執務室へ。同35分から同46分まで、北村滋内閣情報官。
 午後7時、執務室を出て、同1分、官邸発。同2分、公邸着。
 午後7時3分、川端達夫総務相、平野博文文部科学相との会食開始。長浜博行官房副長官同席。
 午後8時45分、平野氏が出た。同9時6分、川端、長浜両氏が出た。
 24日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    政府、親書返送は「非礼」=日韓対立、泥沼化の様相
    米兵事件、再発防止求める=野田首相
    通貨協定拡充、韓国の要請=「事実と異なる」と抗議
    野田首相、謝罪と撤回要求=韓国大統領発言「常識を逸脱」
    首相動静(8月23日)

最終更新:8月24日(金)0時13分

 

首相動静(8月22日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00000000-jij-pol

時事通信 8月23日(木)0時3分配信

 午前7時46分、公邸発。
 午前7時56分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」着。岡村正日本商工会議所会頭、御手洗冨士夫キヤノン会長兼社長最高経営責任者(CEO)らと会食。
 午前9時15分、同ホテル発。同26分、官邸着。同27分、執務室へ。
 午前9時41分から同45分まで、竹歳誠官房副長官。
 午前10時1分から同15分まで、斎藤勁官房副長官。
 午後0時2分、執務室を出て首相会議室へ。同3分、政府・民主三役会議開始。
 午後0時53分、同会議終了。同54分、同室を出て執務室へ。
 午後2時、執務室を出て大会議室へ。同1分から同31分まで、市民団体「首都圏反原発連合」の代表者ら。菅直人前首相同席。同32分、同室を出て執務室へ。
 午後3時30分、執務室を出て特別応接室へ。同31分から同51分まで、岡村日本商工会議所会頭ら。同52分、同室を出て執務室へ。
 午後4時52分から同5時34分まで、佐々江賢一郎外務事務次官。
 午後5時50分から同6時20分まで、手塚仁雄首相補佐官。同50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同57分、東京・内幸町の帝国ホテル着。同ホテル内の日本料理店「なだ万」で日本テレビの大久保好男社長、安住淳財務相らと食事。
 午後9時29分、同ホテル発。同34分、公邸着。
 23日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    衆院選、「維新の会」との協力に意欲=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    首相動静(8月22日)

最終更新:8月23日(木)0時13分

 

首相動静(8月21日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120822-00000001-jij-pol

時事通信 8月22日(水)0時8分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時25分、公邸発。同26分、官邸着。同27分、執務室へ。
 午前9時35分、執務室を出て大会議室へ。同36分、竹島の領土問題に関する関係閣僚会合開始。
 午前9時53分、同会合終了。同54分、同室を出て閣僚談話室へ。同10時、同室を出て閣僚応接室へ。同1分、閣議室に移り、閣議開始。同7分、閣議終了。同8分、同室を出て執務室へ。
 午前10時16分から同19分まで、平野博文文部科学相。同20分から同23分まで、玄葉光一郎外相。
 午前11時49分から午後0時27分まで、平野達男復興相、藤村修、斎藤勁正副官房長官。同29分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時48分、同室を出て執務室へ。
 午後1時59分、執務室を出て特別応接室へ。同2時から同25分まで、渡部恒三衆院議員ら福島県選出の民主党国会議員。斎藤官房副長官、本多平直首相補佐官同席。同26分、同室を出て執務室へ。同27分、枝野幸男経済産業相が入った。
 午後2時42分、枝野氏が出た。同43分、前原誠司民主党政調会長が入った。
 午後3時3分、前原氏が出た。
 午後3時4分から同22分まで、金沢博範防衛事務次官。同33分、細野豪志環境相、斎藤官房副長官が入った。
 午後3時47分、細野、斎藤両氏が出た。
 午後4時1分から同14分まで、米村敏朗内閣危機管理監、北村滋内閣情報官。同5時から同30分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後6時2分、執務室を出て小ホールへ。同3分、内閣記者会加盟報道各社の首相番記者との懇談開始。
 午後6時57分、懇談終了。同ホールを出て、同58分、官邸発。同59分、公邸着。
 22日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    【動画】福島第1原発事故、TV会議映像=爆発に「大変」、菅氏演説も
    【特集】日本海海戦~天気晴朗ナレドモ波高シ~
    【特集】尖閣諸島 緊張の海
    衆院選、「維新の会」との協力に意欲=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー

最終更新:8月22日(水)0時13分

 

首相動静(8月20日)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&rel=j7&k=2012082000052

時事通信 8月21日(火)0時6分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時32分、公邸発。同33分、官邸着。同34分、執務室へ。
 午後0時1分、執務室を出て首相会議室へ。同2分、政府・民主三役会議開始。
 午後0時57分、政府・民主三役会議終了。同58分、同室を出て執務室へ。
 午後2時9分、執務室を出て特別応接室へ。同10分から同21分まで、「アジア太平洋経済協力会議(APEC)CEOサミット」などに向けたビデオメッセージ収録。同22分、同室を出て執務室へ。
 午後3時14分から同33分まで、斎藤勁官房副長官。
 午後4時1分から同14分まで、北村滋内閣情報官。同30分から同5時まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時25分、執務室を出て、同26分、大ホールへ。同27分から同42分まで、レスリング女子の吉田沙保里選手らロンドン五輪日本代表選手団への感謝状贈呈式。同43分、同ホールを出て小ホールへ。同48分から同58分まで、記念撮影。同6時、同ホールを出て大ホールへ。同1分、同選手団との懇親会開始。
 午後6時32分、懇親会を途中退席し、同33分、執務室へ。
 午後6時56分、執務室を出て、同57分、官邸発。同59分、東京・赤坂の中国料理店「頤和園」着。官邸スタッフと食事。手塚首相補佐官同席。
 午後8時44分、同所発。同46分、公邸着。
 21日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    〔写真特集〕ロンドン五輪レスリング~米満達弘、24年ぶり金メダル~
    【五輪名鑑】レスリング日本代表のプロフィール
    〔写真特集〕発掘!海外の美女アスリート
    首相動静(8月20日)
    東海第2も活断層連動考慮=揺れ想定に影響も

最終更新:8月21日(火)0時13分

 

首相動静(8月19日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120820-00000001-jij-pol

時事通信 8月20日(月)0時4分配信

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 20日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月20日(月)0時13分

 

首相動静(8月18日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120819-00000000-jij-pol

時事通信 8月19日(日)0時4分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後0時56分、公邸発。同59分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。スパ&バーバー「カージュラジャ ティアド」で散髪。
 午後2時35分、同ホテル発。同38分、公邸着。
 19日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月19日(日)0時13分

 

首相動静(8月17日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120818-00000000-jij-pol

時事通信 8月18日(土)0時3分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時30分、公邸発。同31分、官邸着。同32分、執務室へ。
 午前9時36分、枝野幸男経済産業相、安達健祐経済産業事務次官、鈴木正徳中小企業庁長官が入った。
 午前9時55分、全員出た。同10時、執務室を出て閣僚応接室へ。同1分、閣議室に移り閣議開始。
 午前10時19分、閣議終了。同20分、同室を出て閣僚談話室へ。同21分、同室を出て大会議室へ。同22分、行政改革実行本部開始。
 午前10時35分、同本部終了。同36分、同室を出て閣僚談話室へ。同39分、同室を出て南会議室へ。同40分から同11時2分まで、尖閣諸島不法上陸事案に関する関係閣僚会議。同3分、同室を出て特別応接室へ。同4分から同8分まで、日本税理士会連合会の池田隼啓会長、日本税理士政治連盟の山川巽会長。同9分、同室を出て執務室へ。
 午前11時21分から同28分まで、真砂靖、勝栄二郎新旧財務事務次官、古谷一之、川北力新旧国税庁長官。午後0時4分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時26分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後1時45分から同2時15分まで、田中慶秋民主党副代表。
 午後2時29分から同54分まで、北村滋内閣情報官。同56分、古川元久国家戦略担当相が入った。
 午後3時35分、古川氏が出た。同36分から同4時まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後4時3分、岡田克也副総理が入った。
 午後4時19分、岡田氏が出た。
 午後4時20分から同56分まで、鈴木宗男新党大地・真民主代表。手塚首相補佐官同席。
 午後5時29分、執務室を出て、同30分、官邸発。「竹島について韓国は共同提訴を拒否したがどう対処するか」に「堂々と応じてほしい」。同31分、公邸着。
 午後5時32分、岡田副総理、安住淳財務相、小宮山洋子厚生労働相、古本伸一郎民主党税制調査会事務局長らとの会食開始。
 午後7時48分、会食終了。全員出た。
 18日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    衆院選、「維新の会」との協力に意欲=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    〔用語解説〕「竹島」
    官房長官、エネルギー戦略ずれ込みも=経産相は「8月めど」強調

最終更新:8月18日(土)0時13分

 

首相動静(8月16日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120817-00000001-jij-pol

時事通信 8月17日(金)0時2分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 17日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月17日(金)0時13分

 

首相動静(8月15日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120816-00000001-jij-pol

時事通信 8月16日(木)0時3分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前11時13分、公邸発。
 午前11時22分、東京・三番町の千鳥ケ淵戦没者墓苑着。献花。同25分、同所発。
 午前11時30分、東京・北の丸公園の日本武道館着。
 午前11時51分、全国戦没者追悼式開始。
 午後0時56分、全国戦没者追悼式終了。同58分、同所発。同1時7分、公邸着。
 午後1時32分、公邸発。同33分、官邸着。同34分、執務室へ。同40分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後1時59分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後2時30分、安住淳財務相、藤村修官房長官、勝栄二郎財務事務次官が入った。
 午後3時13分、全員出た。同19分、森本敏防衛相、伊原純一外務省北米局長、西正典防衛省防衛政策局長が入った。
 午後3時24分、長島昭久首相補佐官が加わった。同4時12分、全員出た。同13分、武藤正敏駐韓大使、杉山晋輔外務省アジア大洋州局長、長島首相補佐官が入った。同31分、長島氏が出た。同38分、武藤、杉山両氏が出た。
 午後4時40分から同5時まで、手塚仁雄首相補佐官。同6時46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同48分、公邸着。
 16日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
    〔写真特集〕特別展「ヒトラーとドイツ人」
    〔写真特集〕1945年8月~被爆した広島、長崎~
    韓国との対立深まる=野田首相、靖国参拝問題視せず
    靖国参拝、閣僚は2人

最終更新:8月16日(木)0時13分

 

首相動静(8月14日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120814-00000024-jij-pol

時事通信 8月14日(火)8時2分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後4時52分から同5時24分まで、米村敏朗内閣危機管理監。
 15日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月15日(水)0時13分

 

首相動静(8月13日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120814-00000000-jij-pol

時事通信 8月14日(火)0時2分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 14日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

最終更新:8月14日(火)0時13分

 

首相動静(8月12日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120813-00000001-jij-pol

時事通信 8月13日(月)0時3分配信

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 13日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

最終更新:8月13日(月)0時13分

 

首相動静(8月11日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120812-00000002-jij-pol

時事通信 8月12日(日)0時5分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 12日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月12日(日)0時13分

 

首相動静(8月10日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120811-00000000-jij-pol

時事通信 8月11日(土)0時3分配信

 午前7時、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。同48分、長浜氏が出た。
 午前8時16分、手塚氏が出た。同17分、公邸発。同19分、国会着。同20分、院内大臣室へ。同29分、閣議開始。
 午前8時34分、閣議終了。同35分から同44分まで、岡田克也副総理。同50分、同室を出て、同52分、参院第1委員会室へ。同9時、参院社会保障と税の一体改革特別委員会開会。
 午後0時57分、参院社会保障と税の一体改革特別委散会。同58分、同室を出て、同1時1分、衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。同16分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同17分、国会発。同19分、官邸着。同20分、執務室へ。
 午後1時28分、執務室を出て首相会議室へ。同51分、同室を出て執務室へ。
 午後1時58分から同2時37分まで、斎藤勁官房副長官。同40分から同48分まで、平野達男復興相。同49分から同56分まで、藤井裕久民主党税制調査会長。同57分から同3時5分まで、安住淳財務相、藤村修官房長官。
 午後3時13分から同30分まで、北村滋内閣情報官。
 午後4時10分から同58分まで、斎藤官房副長官。
 午後5時41分、執務室を出て、同42分、官邸発。同44分、国会着。同45分、参院議長応接室へ。同46分、同室を出て、同47分から同58分まで、参院の平田健二、尾辻秀久正副議長、鶴保庸介議院運営委員長、与野党各会派にあいさつ回り。池口修次民主党参院国対委員長、岡田克也副総理ら同行。同6時、国会発。同6分、官邸着。同7分、執務室へ。
 午後6時39分、執務室を出て記者会見室へ。同40分から同7時3分まで、記者会見。同4分、同室を出て執務室へ。同5分から同8分まで、長島昭久首相補佐官。
 午後7時17分、執務室を出て、同18分、官邸発。同19分、公邸着。
 11日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    衆院選、「維新の会」との協力に意欲=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    閣僚は靖国参拝自粛を=野田首相

最終更新:8月11日(土)0時13分

 

首相動静(8月9日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120810-00000001-jij-pol

時事通信 8月10日(金)0時7分配信

 午前6時52分、公邸発。同7時15分、羽田空港着。同25分、日本航空1841便で同空港発。本多平直首相補佐官同行。
 午前9時9分、長崎空港着。同21分、同空港発。
 午前9時56分、長崎市立城山小学校着。被爆校舎を視察。小宮山洋子厚生労働相ら同行。同10時14分、同所発。同17分、長崎市の平和公園着。長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に出席し、献花、あいさつ。
 午前11時56分、同所発。午後0時1分、長崎市のホテルニュー長崎着。本多首相補佐官と昼食。
 午後0時26分から同58分まで、同ホテル内の宴会場「鳳凰閣東の間」で「被爆者代表から要望を聞く会」に出席し、懇談。小宮山厚生労働相ら同席。同1時5分から同14分まで、同ホテル内の宴会場「鳳凰閣西の間」で記者会見。小宮山氏ら同席。同19分、同ホテル発。同42分、長崎市の「恵の丘長崎原爆ホーム」着。入所者を慰問。同2時13分、同所発。
 午後2時49分、長崎空港着。同3時9分、日本航空1850便で同空港発。
 午後4時31分、羽田空港着。同45分、同空港発。
 午後5時28分、官邸着。同29分、執務室へ。同40分から同49分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時50分、執務室を出て、同52分、官邸発。同53分、国会着。同54分、衆院本会議場へ。同6時から同1分まで、樽床伸二民主党幹事長代行、藤村修官房長官。同2分、衆院本会議開会。
 午後7時42分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同43分、国会発。同45分、公邸着。
 10日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    【動画】太平洋戦争の激戦地、サイパンの戦跡を巡る
    〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
    【特集】民間機ミュージアム~新鋭B787から懐かしのA300まで~
    〔写真特集〕懐かしの旅客機~DC-6、B727、バイカウント、フレンドシップ~
    〔写真特集〕特別展「ヒトラーとドイツ人」

最終更新:8月10日(金)0時15分

 

首相動静(8月8日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120809-00000001-jij-pol

時事通信 8月9日(木)0時10分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時46分、公邸発。同47分、官邸着。同48分、執務室へ。
 午後0時42分から同54分まで、斎藤勁官房副長官。同59分、執務室を出て特別応接室へ。同1時から同2分まで、原恒雄人事院総裁から人事院勧告。川端達夫総務相、藤村修官房長官同席。同3分、同室を出て執務室へ。
 午後5時24分、執務室を出て、同25分、官邸発。同27分、国会着。同28分、衆院第1別館講堂へ。同30分から同6時32分まで、民主党両院議員総会。同33分、同講堂を出て、同34分、国会発。同36分、官邸着。同38分、執務室へ。同39分、手塚仁雄首相補佐官が入った。同45分、本多平直首相補佐官が入った。同7時、両氏が出た。
 午後7時23分、執務室を出て、同24分、官邸発。同25分、国会着。同27分、常任委員長室へ。同31分、谷垣禎一自民党総裁との党首会談開始。樽床伸二民主党幹事長代行、石原伸晃自民党幹事長同席。
 午後8時11分、同会談終了。同12分、山口那津男公明党代表が加わった。同13分、井上義久公明党幹事長が加わった。同17分、3党党首会談開始。
 午後8時22分、同会談終了。谷垣、石原、山口、井上各氏が出た。同28分、同室を出て民主党幹事長室へ。同29分から同33分まで、報道各社のインタビュー。同40分、同室を出て、同42分、国会発。同44分、公邸着。
 午後9時2分から同4分まで、公邸前で報道各社のインタビュー。「自民党との間に密約はあるか」に「ありません」。
 9日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    衆院選、「維新の会」との協力に意欲=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    〔用語解説〕「人事院勧告」

最終更新:8月9日(木)0時13分

 

首相動静(8月7日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120808-00000003-jij-pol

時事通信 8月8日(水)0時4分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時3分、公邸発。同4分、国会着。同5分、院内大臣室へ。同6分、災害廃棄物の処理の推進に関する関係閣僚会合開始。
 午前8時20分、同会合終了。同26分、閣議開始。
 午前8時35分、閣議終了。同室を出て、同36分、国会発。同38分、官邸着。同40分、執務室へ。
 午前10時57分から同11時まで、樽床伸二民主党幹事長代行。同1分、執務室を出て特別応接室へ。同2分、自見庄三郎国民新党代表との与党党首会談開始。樽床氏、下地幹郎国民新党幹事長同席。
 午前11時11分、同会談終了。同12分、同室を出て執務室へ。同18分から同20分まで、斎藤勁官房副長官、手塚仁雄首相補佐官。午後1時50分から同2時9分まで、藤崎一郎駐米大使。
 午後2時15分、輿石東民主党幹事長が入った。
 午後2時29分、輿石氏が出た。
 午後2時41分から同3時13分まで、斎藤官房副長官。同5時から同30分まで、手塚首相補佐官。
 午後5時31分、執務室を出て大会議室へ。同32分から同37分まで、新型インフルエンザ等対策有識者会議。同38分、同室を出て執務室へ。
 午後5時45分、民主党の樽床幹事長代行、城島光力国対委員長が入った。
 午後6時19分、樽床、城島両氏が出た。
 午後6時55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同57分、公邸着。
 8日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    衆院選、「維新の会」との協力に意欲=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    期限設け、解散圧力=強硬自民に野田首相苦慮

最終更新:8月8日(水)0時13分

 

首相動静(8月6日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120807-00000000-jij-pol

時事通信 8月7日(火)0時5分配信

 午前7時39分、宿泊先の広島市南区のグランドプリンスホテル広島発。
 午前7時48分、同市中区の平和記念公園着。同8時から同53分まで、原爆死没者慰霊式・平和祈念式に参列し、献花、あいさつ。同57分から同9時16分まで、同公園内の平和記念資料館を見学。小宮山洋子厚生労働相ら同行。同18分、同所発。
 午前9時24分、同市中区のリーガロイヤルホテル広島着。同46分から同10時27分まで、同ホテル内の宴会場「ロイヤルホール」で「被爆者代表から要望を聞く会」に出席し、懇談。小宮山厚労相ら同席。同38分から同50分まで、同宴会場で記者会見。同57分、同ホテル発。同11時15分、同市安佐北区の原爆養護ホーム「倉掛のぞみ園」着。入園者を慰問。同39分、同所発。午後0時27分、広島空港着。
 午後2時9分、日本航空1606便で同空港発。
 午後3時12分、羽田空港着。同26分、同空港発。
 午後4時9分、官邸着。同10分、執務室へ。同45分から同59分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時、枝野幸男経済産業相、細野豪志環境相、藤村修官房長官、古川元久国家戦略担当相が入った。同16分、細野、藤村両氏が出た。同19分、枝野、古川両氏が出た。
 午後5時29分、執務室を出て特別応接室へ。同30分から同37分まで、北方少年交流事業に参加した北海道根室市立柏陵中2年の小野怜太さんら中学生が表敬。同38分、同室を出て執務室へ。
 午後6時32分、執務室を出て、同33分、官邸発。同34分、公邸着。
 7日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    【動画】太平洋戦争の激戦地、サイパンの戦跡を巡る
    〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
    【特集】民間機ミュージアム~新鋭B787から懐かしのA300まで~
    衆院選、「維新の会」との協力に意欲=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー

最終更新:8月7日(火)0時13分

 

首相動静(8月5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120806-00000000-jij-pol

時事通信 8月6日(月)0時7分配信

 午前9時47分、公邸発。
 午前10時、JR東京駅着。同11分、のぞみ23号で同駅発。手塚仁雄首相補佐官が同行。
 午後1時30分、JR岡山駅着。同40分、同駅発。
 午後2時10分、岡山市東区の医療機器メーカー「ナカシマメディカル」着。同29分から同41分まで、人工関節製品などを視察。同45分、同所発。
 午後3時50分、広島県福山市のシャープ福山工場着。同4時5分から同24分まで、発光ダイオード(LED)製品などを視察。同39分から同44分まで、報道各社のインタビュー。「消費増税関連法案の採決日程は」に「柔軟に対応する」。同56分、同所発。
 午後6時31分、広島市南区のグランドプリンスホテル広島着。
 午後7時22分、同ホテル発。同29分、同市南区のお好み焼き店「吉」着。民主党の和田隆志、松本大輔両衆院議員らと会食。
 午後9時44分、同所発。同52分、グランドプリンスホテル広島着。
 6日午前0時現在、宿泊先のグランドプリンスホテル広島。来客なし。(了)
【関連記事】

    【特集】よもやま消費税~公平?それとも不公平?~
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    野田首相、消費増税の採決前倒し示唆=自民、7日にも不信任・問責
    首相動静(8月5日)

最終更新:8月6日(月)0時13分

 

首相動静(8月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120805-00000000-jij-pol

時事通信 8月5日(日)0時3分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 5日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月5日(日)0時13分

 

首相動静(8月3日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120804-00000000-jij-pol

時事通信 8月4日(土)0時2分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時16分、公邸発。同18分、国会着。同19分、院内大臣室へ。同25分、閣議開始。
 午前8時30分、閣議終了。同41分から同52分まで、岡田克也副総理、中塚一宏内閣府副大臣、加藤秀樹行政刷新会議事務局長。同53分、同室を出て、同55分、国会発。同57分、官邸着。同58分、執務室へ。
 午前10時37分から同47分まで、長島昭久首相補佐官。
 午前10時59分、前原誠司民主党政調会長が入った。
 午前11時14分、前原氏が出た。
 正午、執務室を出て首相会議室へ。午後0時1分、吉良州司民主党衆院議員、長島首相補佐官が入った。
 午後0時51分、吉良、長島両氏が出た。同52分、同室を出て執務室へ。
 午後1時52分、片桐裕警察庁長官が入った。
 午後2時33分、片桐氏が出た。
 午後2時37分、古川元久国家戦略担当相が入った。
 午後3時4分、古川氏が出た。同5分から同18分まで、総務省の加賀谷健政務官、田中順一人事・恩給局長。
 午後4時45分、執務室を出て小ホールへ。同46分から同5時16分まで、新聞・通信各社のグループインタビュー。同17分、同ホールを出て執務室へ。同22分から同58分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時59分、執務室を出て、同6時、官邸発。同1分、公邸着。
 4日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    衆院選、「維新の会」との協力に意欲=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    首相は解散先送りせず=民主・前原氏

最終更新:8月4日(土)0時13分

 

首相動静(8月2日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120803-00000000-jij-pol

時事通信 8月3日(金)0時4分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時30分、公邸発。同31分、官邸着。同32分、執務室へ。
 午前10時29分、執務室を出て特別応接室へ。同30分から同46分まで、伴野豊民主党・日本インドネシア友好議員連盟会長ら。長浜博行官房副長官同席。同47分、同室を出て執務室へ。同54分、民主党の直嶋正行副代表、山花郁夫衆院議員が入った。
 午前11時22分、直嶋、山花両氏が出た。同26分、東京電力の下河辺和彦会長、広瀬直己社長が入った。
 午前11時30分、下河辺、広瀬両氏が出た。同58分、執務室を出て、同59分、官邸発。正午、公邸着。民主党の西村智奈美衆院議員、岡崎トミ子参院議員らと昼食。本多平直首相補佐官同席。
 午後0時49分、公邸発。同51分、国会着。同52分、衆院本会議場へ。同56分から同57分まで、滝実法相。同59分から同1時まで、斎藤勁官房副長官。同2分、衆院本会議開会。同15分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同17分、国会発。同18分、官邸着。同20分、執務室へ。
 午後2時59分、斎藤官房副長官が入った。
 午後3時24分、斎藤氏が出た。同4時30分から同5時まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後6時、執務室を出て南会議室へ。同1分から同15分まで、沖縄県の北部市町村会会長の儀武剛金武町長ら。石井一民主党副代表、下地幹郎国民新党幹事長、斎藤官房副長官同席。同16分、同室を出て執務室へ。
 午後6時21分、北村滋内閣情報官、椋木功内閣衛星情報センター所長が入った。同27分、椋木氏が出た。同51分、北村氏が出た。
 午後7時12分、執務室を出て、同13分、官邸発。同14分、公邸着。
 3日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    衆院選、「維新の会」との協力に意欲=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    〔用語解説〕「東京電力福島第1原発事故」

最終更新:8月3日(金)0時13分

 

首相動静(8月1日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120802-00000000-jij-pol

時事通信 8月2日(木)0時2分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時31分、公邸発。同32分、官邸着。同33分、執務室へ。
 午前9時38分から同10時1分まで、平野達男復興相。同2分、中川正春防災担当相が入った。
 午前10時5分、中川氏が出た。
 午前10時59分、執務室を出て特別応接室へ。同11時から同8分まで、「軍縮・不拡散教育グローバル・フォーラム」向けのビデオメッセージ収録。同9分、同室を出て執務室へ。
 午前11時23分から同54分まで、佐々江賢一郎外務事務次官。午後0時1分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時22分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後1時29分、執務室を出て大会議室へ。同30分から同36分まで、復興推進委員会。同37分、同室を出て執務室へ。
 午後3時、執務室を出て小ホールへ。同1分から同14分まで、行政改革実行本部。同16分から同25分まで、民間資金等活用事業推進会議。同26分、同ホールを出て執務室へ。
 午後3時30分、執務室を出て特別応接室へ。同31分から同46分まで、民主党人権政策推進議員連盟会長の中野寛成衆院議員ら。手塚仁雄首相補佐官同席。同47分、同室を出て執務室へ。同4時30分から同5時まで、手塚氏。
 午後5時17分、執務室を出て大会議室へ。同18分から同56分まで、政府・連合トップ会談。同57分、同室を出て執務室へ。
 午後5時58分から同6時29分まで、輿石東民主党幹事長。岡田克也副総理同席。同32分、執務室を出て小ホールへ。同33分から同37分まで、男女共同参画会議。
 午後6時38分、小ホールを出て、同44分、大ホールへ。同45分から同7時5分まで、イスラム諸国の駐日大使らと夕食会。同6分、同ホールを出て執務室へ。同15分、執務室を出て、同16分、官邸発。
 午後7時22分、東京・平河町の日本料理店「網元満平」着。民主党の一川保夫参院幹事長、川上義博、大久保潔重両参院議員らと会食。
 午後8時11分、同所発。同15分、公邸着。
 2日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    衆院選、「維新の会」との協力に意欲=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「消費増税解散」は近いか、遠いか
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)
    首相「予算編成やり抜く」=早期解散に否定的、連合会長と会談

最終更新:8月2日(木)0時13分

始めに戻る


 以下、資料として採録。

 

ついに『野田佳彦を落選させる勝手連』登場
2012年8月11日 22:09
http://tanakaryusaku.jp/2012/08/0004867

715ccd6bcdcdf072df34a4068a1dd974

「野田(首相)は国民をナメくさって腹が立つよ」とブチまける女性(左)。=11日夕、JR津田沼駅頭。写真:諏訪撮影=

(以下略)全文はリンク先で。

 

(以下転載始め)

九歳の少年が堂々と野田批判~8.10「再稼働反対」金曜デモ
http://www.labornetjp.org/news/2012/0810shasin

081018

「金曜デモ」はすっかり定着した。8月10日も、お盆休み直前にもかかわらず、原発再稼動反対の人の波は、官邸前から国会正門前そして霞ヶ関一帯に広がった。同時多発的に各所でコールや小集会、ドラム隊の踊りなどが繰り広げられた。国会正門前の集会では、阿部知子議員(社民)、志位和夫議員(共産)や自称右翼の鈴木邦男氏、学生、弁護士などさまざまな人が、次々に原発反対を訴えた。とくに9歳の少年(写真)がマイクを握り、「原発は人を殺すだけ。人間は人の役に立つために生まれてきた。野田総理は頭の悪い人間です」ときっぱり語り、大喝采を浴びた。(M)

(以下略)

(以上転載終り)

8.10「再稼働反対」官邸前行動〜9歳の少年が野田批判
http://youtu.be/i-rRd37i2qM

uniontube55 さんが 2012/08/10 に公開

 

始めに戻る


※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(Wikipediaより)

オープン・ソース・インテリジェンスまたはOSINTとは、公開情報(オープン・ソース:一般公開され利用可能な情報源)から収集された情報を元にする、(機密)情報収集の専門領域を指す。

概説

“合法的に入手出来る資料”を“合法的に調べ突き合わせる”手法で、情報源は政府の公式発表(プレスリリース)、マスメディ アによる報道、インターネット、書籍、電話帳、科学誌その他を含む。具体的には、対象国の軍の編制を割り出すために、対象国の新聞社交欄、ニュースの断 片、高級将校の異動発令などを丹念に集積し、分析するといった手法である。

細かいデータを少しずつ集めて分析するだけでも、相当な精度の情報が得られることがある。媒体入手・分析は駐在国公館で行なわれる事が多い。ラジオ放送は自国領内で受信する。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

2012年8月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。

 2012年8月分、東京新聞「こちら特報部」の全記事リストです。「こちら特報部」のWeb記事は他の記事とは違い、リード部分の紹介と最後に【こちらは記事の前文です】と購読の案内が来るスタイルです。

 以前から、東京新聞は原発関連は勿論のこと、他の問題でも大手紙よりも頑張っていると注目していました。あとで「特報部」関連で何か調べる時の自分用のメモエントリーです。(2011年3・11発災月からアップ)

 

総選挙近い? 被災地選管の不安 復興に重荷 人手足りない
2012年8月31日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012083102000124.html

 衆院解散・総選挙のムードが高まってきた。「十月解散・十一月投開票」説も出ているが、宮城県など東日本大震災の被災地の自治体は早期の総選挙に不安を抱えている。大震災の傷痕はなお深く、復興に忙殺される中、十分に対応できるのか、自信が持ちきれないのだ。政治家は被災地の事情など、お構いなしで走りだしている。 (上田千秋)

 

ぜんそく医療費無料制度が危機 大気汚染の闘い再び
2012年8月30日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012083002000121.html

 東京都内の気管支ぜんそく患者が、東京大気汚染訴訟で勝ち取った都の医療費無料制度が、存続の危機にある。患者たちは、制度の継続を求めるが、都は明確な意思を示していない。国は全国的な救済制度を整えず、放置したままだ。患者たちの闘いが、再び始まった。 (荒井六貴)

 

尖閣領有 どうなる実効支配
2012年8月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012082902000139.html

 島根県・竹島と沖縄県・尖閣諸島の領有権騒動が収まらない。竹島は沿岸警備隊を常駐させた韓国の支配下にあり、一方、尖閣は民間所有者から日本政府が借り上げ、無防備の状態だ。石原慎太郎都知事が進める尖閣の「国有化」と「自衛隊駐留」に、中国内の反発が強まる中、実効支配の行方を考えた。 (荒井六貴、小坂井文彦)

 

「秘密裁判」部分を削除判明 秘密保全法制の有識者会議報告書
2012年8月28日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012082802000140.html

 国家機密を漏らした公務員らに10年以下の懲役刑を科す秘密保全法制。野田政権は今国会への法案提出を見送ったが、断念したわけではない。政府の有識者会議をめぐっては、議事録の未作成や事務方のメモ破棄などが表沙汰になったが、その報告書も不透明な形で修正されていたことが分かった。最終的な報告書から消し去られたのは、「秘密裁判」ともいえる司法手続きの記述だった。 (佐藤圭)

 

現場目線の医師求む 南相馬で診療続ける「亨平先生」
2012年8月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012082702000127.html

 「亨平(きょうへい)先生」。福島県南相馬市の人々にそう呼ばれ、慕われている医師がいる。東日本大震災後も病院に残り、地域の命を守ってきた「原町中央産婦人科医院」の高橋亨平院長(73)だ。昨年五月、大腸がんが発覚。その後も住民の診療を続けるが、それも限界が近い。高橋さんは病院の後継ぎを探している。「勇気あるドクターを募集します」 (中山洋子)

 

「日本のポンペイ」 八ッ場の地に ダム水没危機
2012年8月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012082602000116.html

 八ッ場(やんば)ダムの建設で水没する予定の場所に、「日本のポンペイ」がある。江戸時代に浅間山の噴火に伴う泥流で埋もれた集落跡の「東宮(ひがしみや)遺跡」だ。当時の生活の様子やパニックの状況の痕跡が保存される例は極めて珍しい。遺跡は二百三十年の時を超え、泥流の被害を拡大しかねない巨大なダムを活火山の直下につくることの是非も問い掛けている。 (林啓太)

 

福島・浪江町 「希望の牧場」はいま
2012年8月25日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012082502000109.html

 福島県浪江町の警戒区域で、放射性物質に汚染されて出荷できなくなった三百頭以上の肉用牛の飼育を続けている男性がいる。「希望の牧場・ふくしま」の吉沢正巳代表(58)だ。国は同区域の家畜を殺処分するよう求めている。しかし、吉沢さんはそれを拒み続けている。「絶望ばかりのこの場所で、原発事故の意味を問うていきたい」。被ばくも辞さず、あえて牧場にとどまる意味を聞いた。 (上田千秋)

 

社会保障改革推進法の実態
2012年8月24日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012082402000117.html

 社会保障制度改革推進法が二十二日に施行された。社会保障の在り方を議論する国民会議の設置が柱だが、問題はその理念。「自助」の必要性を強調し、国に頼らず、自分でなんとかしてくれと主張している。日本の社会保障の分岐点になる法だが、消費税増税に隠れ、さほどの議論もなく成立。野田政権には、国民を錯覚させる「ゴマのハエ」法が多すぎないか。 (小倉貞俊)

 

山本美香さん銃撃死 それでも最前線に行くワケ
2012年8月23日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012082302000119.html

 内戦が泥沼化するシリアを取材中に銃撃死したジャーナリストの山本美香さん(45)。ベトナム戦争以来、紛争の最前線で真実を追って絶えない帰らぬ一人となったが、命を危険にさらしても伝えようとしたものは何か? 今回の悲劇を乗り越えて志を継ぐ人はいるだろう。「それでも戦場に行く」のはなぜか。 (荒井六貴、上田千秋)

 

北の「残留遺骨」2万柱 敗戦地獄 持ち帰れず
2012年8月22日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012082202000136.html

 四年ぶりに二十九日から再開する日朝協議。第二次世界大戦末期の混乱の中、朝鮮半島北部で死亡した日本人の遺骨問題が議題となる予定だ。その数約二万千六百柱。国交がないことなどを理由に、戦後六十七年間も放置されてきた。遺族らは墓参実現に向けて期待を膨らませるが、遺骨問題には双方の思惑も絡んでいる。 (荒井六貴、中山洋子)

 

再稼働阻止で各地の住民団体が合宿形式で議論
2012年8月21日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012082102000137.html

 国会で同意人事案の審議が止まったままとはいえ、早晩、発足する原子力規制委員会。正式に始動すれば、次々に安全評価(ストレステスト)の一次評価が承認され、各地の原発が再稼働に突き進む可能性がある。そうした中、反原発、脱原発を訴える全国各地の住民団体などが十九、二十日の両日、四国電力伊方原発を抱える愛媛県の松山市に集まり、再稼働の阻止に向けて知恵を出し合った。 (上田千秋)

 

放射線照射食品の歴史
2012年8月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012082002000127.html

 レバ刺しを放射線で殺菌して食べられるようにする厚生労働省の実験をきっかけに、放射線照射食品(照射食品)が再び注目されている。もともとの研究が始まったのは半世紀以上も前。長期保存の効果が期待される一方、発がんを助長する物質が生まれるマイナス面も報告されている。歴史の裏には原発推進派が導入を進めようとしてきた実態も浮かび上がる。 (小坂井文彦、出田阿生)

 

宮城・気仙沼の津波対策 巨大防潮堤80カ所浮上
2012年8月19日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012081902000114.html

 東日本大震災の津波で被災した宮城県気仙沼市の復興事業で、約百二十七キロの海岸線を防潮堤で細切れに覆う計画が浮上している。高さは最大十一メートルで、防潮堤がなかった地区にも造られることになり、住民から「景観が損なわれる」などと困惑の声が出ている。「防災」のため、本当に「コンクリートの巨大な壁」は必要なのか-。住民らが勉強会を開き、検討を始めた。 (荒井六貴)

 

避難所で二度目のお盆 人びとはなぜ、残っているのか
2012年8月18日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012081802000140.html

 福島原発事故で福島県双葉町から避難した人びとのうち、約二百人が現在も埼玉県の旧騎西高校(加須市)の避難所で暮らしている。ちなみに被災三県では、全ての避難所が閉鎖された。弁当の支給などがあるため、仮設住宅で暮らす他の町民からは「不公平だ」という不満も漏れるが、町は「最後の砦(とりで)」を強調する。故郷を遠く離れ、避難所で二度目のお盆を迎えた人々の思いは-。 (小倉貞俊、中山洋子)

 

あと一死で転倒 星稜一塁手・加藤さんのその後
2012年8月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012081702000146.html

 心ならずも奇跡を演出した「転倒」がある。甲子園で今も語り継がれる三十三年前の星稜(石川)-箕島(和歌山)戦。延長十六回の死闘を締めくくるはずのフライを追った星稜・加藤直樹一塁手の転倒だ。箕島が伝説的な勝利を収めた名勝負の陰で加藤さんはどう生きてきたのか。「あの試合があったから、豊かな人生を送れている」。そんな「その後」を聞いた。(上田千秋)

 

内憂外患 8・15靖国ルポ 「静かに感謝ささげ」
2012年8月16日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012081602000164.html

 六十七回目の終戦記念日を迎えた東京・九段北の靖国神社。東日本大震災からの復興は遅々として進まず、福島第一原発事故の惨禍も収まっていない。竹島や尖閣諸島など領土問題も噴き出している。民主党政権で初めて二人の閣僚が参拝した。本当の平和とは何か。さまざまな思いが交差した靖国をルポした。

 

竹島「領有」主張 スポーツと政治の境界 戦争に絡む歴史も
2012年8月15日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012081502000150.html

 ロンドン五輪男子サッカーの三位決定戦後、日本に勝利した韓国の選手が竹島の領有を主張するメッセージを掲げた問題。オリンピックは国威発揚など政治利用された歴史があり、その危うさは今もメダル至上主義に宿る。だからこそ「平和の祭典」の大会理念を踏みにじる行為は“退場”願いたい。政治パフォーマンスはどこまで許されるのか。その境界線は。 (出田阿生、上田千秋)

 

ロンドン五輪 敗者の言葉から
2012年8月14日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012081402000129.html

 数々のドラマが生まれたロンドン五輪。メダルに輝いた選手の陰には、無数の敗者がいる。期待に応えられず、涙にくれた選手、わずかの差に悔しさがこみ上げた選手-。栄冠には届かなかったが、努力の成果を大会にぶつけた者たちに、恥ずべきところはない。人生では「敗れざる者たち」の言葉をかみしめたい。 (荒井六貴、林啓太)

 

広島「毒ガス島」 患者277人証言
2012年8月13日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012081302000086.html

 広島には原爆投下のほか、もう一つの悲劇の舞台がある。瀬戸内海に浮かぶ大久野島(おおくのしま)(広島県竹原市)。戦時中は旧日本軍の毒ガス製造工場があり、元従事者らは毒ガスで負傷するなど劣悪な環境で働いた。戦後、その被害や苦しみを受け止めてきた地元の医師が記録した証言集が出版された。「毒ガス島」に生きた人々の思いが現在に語りかけるものとは。 (林啓太)

 

「原発事故で死んでない論」は許されない
2012年8月12日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012081202000142.html

 将来のエネルギー政策を決める政府の意見聴取会で先月、中部電力の社員が「(福島原発事故で)放射能の直接的な影響で亡くなった人は一人もいない」と発言した。この場に限らない。最近、ちまたでよく耳にする「原発事故で死んだ人はいない」論。そこでは避難を強いられた地域住民の苦しみは置き去りだ。どうか思い出してほしい。原発事故がなかったら、死なずにすんだ人たちがいる。(中山洋子)

 

震災で流出の漂着物 処理 国際ルールなし
2012年8月11日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012081102000130.html

 津波で流れ出た震災がれきが米国やカナダの太平洋岸に漂着し始め、今月初め、日米の非政府組織(NGO)が処理対応で意見交換した。海洋ごみは漂着した国が処理するのが「国際ルール」だが、膨大な量が予想され国際的な懸念は深まるばかり。今後、“国境なきがれき”の処理の行方はどうなるのか。 (出田阿生、小倉貞俊)

 

広島で30年以上 被爆者治療 原爆と原発 苦しみ同じ
2012年8月10日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012081002000143.html

 八月六日のヒロシマ、九日のナガサキ。そして三月十一日のフクシマも忘れてはいけない日になった。広島で三十年以上にわたり被爆者治療に当たった斎藤紀(おさむ)医師(65)は、今、福島市で原発事故の影響におびえる住民に寄り添う。「広島の誤りを繰り返してはならない」。ヒロシマとフクシマを見た一人の医師の訴えだ。 (荒井六貴)

 

規制委人事は「放射線被害楽観」集落 旧科学技術庁の人脈色濃く
2012年8月9日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012080902000126.html

 永田町は政局たけなわだが、争う民主、自民両党とも、国会同意の必要な原子力規制委員会の人事案には、もろ手を挙げて賛成だ。「こちら特報部」は委員候補者五人のうち、原子力関係の三人が「原子力ムラ」の住人と指摘したが、さらに調べると、福島県を舞台に展開している「放射線被害楽観」論者たちと深く結び付くことが分かった。言い換えれば、旧科学技術庁人脈が色濃い集団だ。 (出田阿生、佐藤圭)

 

原発事故記録は誰のものか 全面公開なお拒む東電
2012年8月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012080802000125.html

 福島第一原発事故直後からのテレビ会議の映像録画が報道機関に公開されたが、視聴は厳しい制約付きだ。東京電力は事故当事者であり、実質国有化の身ながら説明責任の意識がまだ薄い。一方、先月公表された国会事故調報告書の関係書類の移管については未定だ。今後の全面公開や文書保存はどうなるのか。 (荒井六貴、小倉貞俊)

 

製品 日本で存在韓 開発速攻 国家戦略
2012年8月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012080702000100.html

 日本人に敬遠されてきた過去もある韓国製品はスマホなど家電を中心に日本人にとっても「最先端」で「安心」のブランドになりつつある。なぜ、日本人は韓国製品をためらわなくなったのか。韓国メーカーの努力の一方で、日本人の韓国に対するイメージ変化という文化的側面も背景にある。 (林啓太)

 

オスプレイ離着陸予定 沖縄北部ヘリパッド 配備ありき 工事強行
2012年8月6日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012080602000110.html

 米軍が沖縄・普天間飛行場で十月の本格運用開始を予定する垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ。配備反対論が湧き起こる中、本島北部の高江地区では、オスプレイが利用するヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の建設工事が強行されている。普天間だけではない。ここでも犠牲を強いられている。 (小倉貞俊)

 

発達障害の被告に求刑超える懲役二十年の判決
2012年8月5日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012080502000116.html

 大阪地裁で先月末、発達障害の被告に対し、異例の判決が出た。「被告の障害に対応できる社会の受け皿がなく、再犯のおそれがある」ことを理由に、求刑を上回る刑が言い渡された。これでは「障害者=犯罪者」として罰するのと同じではないか、という批判が高まっている。社会の受け入れ態勢の不備が、逆に障害者への厳罰化につながっている。判決から見える問題点をあらためて検証した。 (出田阿生)

 

いじめ読んで考えて 夏休みのオススメ本
2012年8月4日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012080402000126.html

 大津市での中二男子のいじめによる自殺事件で、日本中がいじめ問題に心を痛め、悩んでいるというのは言い過ぎではないだろう。一足飛びに問題を解決する絶対的な方法はない。しかし、この問題を考え続けることは解決に近づくことにつながる。いじめを考える図書を紹介する。いじめから身を守る本、宮沢賢治…。夏休み。子にも親にも読んでほしい。 (中山洋子、林啓太)

 

「六ケ所」延命の細野報告書 他国の核燃料再処理も
2012年8月3日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012080302000093.html

 将来の原発比率が議論される中、青森県六ケ所村にある日本原燃の核燃サイクル事業の見直しも避けて通れない。使用済み核燃料を再処理する工場が未完成のなか、「国際化」の名の下に延命策を打ち出したのが細野豪志原発事故担当相に提出された私的報告書だ。事業の抜本改革を求める一方で、新たに他国の使用済み核燃料の受け入れにも言及している。 (小坂井文彦、上田千秋)

 

ロンドン五輪 脱力系 ミス連発  「驚きの島々」もびっくり
2012年8月2日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012080202000135.html

 判定が覆ったり採点がやり直されたりと、話題の尽きないロンドン五輪。実は、競技のジャッジ以外でも、トラブルは枚挙にいとまがない。脱力系のハプニングも続出。英国といえばお堅いイメージだが、そうでもないらしい。ロンドン五輪で不手際が相次ぐのは、なぜなのか。 (小倉貞俊、中山洋子)

 

事故調はお飾りか 大飯破砕帯調査は原子炉メーカー関連会社が受注
2012年8月1日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012080102000115.html

 大飯原発(福井県)敷地内の破砕帯(断層)問題で、ようやく経済産業省原子力安全・保安院が調査に動き始めた。しかし、調べるのは設置申請時に調査を担った会社。これで安全性は保てるのか。そもそも福島原発事故での三つの事故調査委員会は、いずれも保安院が規制機関の体をなしていないと断じた。その保安院がいまだに安全審査に携わっている。この国はフクシマから何を学んだのか。 (上田千秋、小倉貞俊)

始めに戻る

 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

抱きつきツイートそれとも書式知らない?基本的にTwitterは情報伝播ツールなのに議論ツイートに巻き込もうとする馬鹿。

 字数が制限されているので、基本的にTwitterは情報伝達・伝播のツールであって、議論には向いていない。僕自身、情報伝達・伝播と割り切って使ってます。

 以下、新手のアラシかな?「抱きつきツイート」について。いきなりの新参者が割って入って一見味方を装ったり、場合によればあからさまにヨイショしたりするツイートに怪しいのがあります。経験を積んでくると、何とも言えない違和感を感じるのですぐに分かります。ヨイショに弱い方は簡単に引っかかって巻き込まれる可能性がありますね。ヨイショに乗せられて安易にRTするのは要注意、少しでも違和感があったら安易なRTはやらない事。

 今迄TL(タイムライン)で見た事も無い新人なのだが、そうらん(脱原発だけど国民投票反対)@asabu44と言う方のツイートです。書式の基本も知らずやたらに@IDしてツイートしている。まるで議論に巻き込みたいかのような抱きつきツイート。基本的な書式を知らない、Twitterのマナーがデタラメな人です。

 全て保存するも、最初だけキャプチャアップ。なお後ろでTwitterの書式についての基礎知識中でも、特に大事な点をメモしておきました。以下、ツイートを採録。

(↓クリックすると拡大します)
Twittercom_screen_capture_201282292
https://twitter.com/asabu44/status/237501859567378432
そうらん(脱原発だけど国民投票反対) ‏@asabu44

@28SOBA @HiroNicoK @nyantomah 野間も平野もレッドウルフも手を引くべきだと思います。代わりの団体がいないわけはなく、1000万人アクションや労組や経産省前テントの人たちの力を借りればよし。自称主催者はお役ご免にしたい。
2012年8月20日 - 19:50 Keitai Webから

 

https://twitter.com/asabu44/status/237539887493033984
そうらん(脱原発だけど国民投票反対) ‏@asabu44

@asabu44 @28SOBA @HiroNicoK @nyantomah 戦い方を熟知している市民運動や組織力のある労組や再び心に火が灯った団塊世代の力なくして運動が広がるわけがない。発信力と双方向コミュニケーションがあれば反原連は超えられる。
2012年8月20日 - 22:21 Keitai Webから

ご自分の@asabu44 は不要。@28SOBA以下返信IDの前に文字を入れてるので「返信」にならず、ご自分のフォロワーに流す事になる。まだこの人、176フォロワーと少ないから影響は少ないが、これが1000以上だったりすると影響が大きい

 

https://twitter.com/kdxn/status/237505106407464960
野間易通 ‏@kdxn

何をえらそうにw RT @asabu44: @28SOBA @HiroNicoK @nyantomah 野間も平野もレッドウルフも手を引くべきだと思います。
2012年8月20日 - 20:03 YoruFukurouから

 

https://twitter.com/kirikahe/status/237589882883690496
ロボコップ2 ‏@kirikahe

なぜ越えたいんだw RT@asabu44: @28SOBA @HiroNicoK @nyantomah 戦い方を熟知している市民運動や組織力のある労組や再び心に火が灯った団塊世代の力なくして運動が広がるわけがない。発信力と双方向コミュニケーションがあれば反原連は超えられる。
2012年8月21日 - 1:40 Twitter for iPhoneから

 

https://twitter.com/asabu44/status/237661800143937536
そうらん(脱原発だけど国民投票反対) ‏@asabu44

@kirikahe @28SOBA @HiroNicoK @nyantomah 今のやり方で全原発を廃炉に追い込めないから。
2012年8月21日 - 6:26 Keitai Webから

これは@kirikahe へ返信しているのだから「@28SOBA @HiroNicoK @nyantomah 」は不要

 

https://twitter.com/kirikahe/status/237941233941626880
ロボコップ2 ‏@kirikahe

言ってる事がおかしい。廃炉イコール反原連越えっていう思考がアホすぎる。 RT@asabu44: @kirikahe @28SOBA @HiroNicoK @nyantomah 今のやり方で全原発を廃炉に追い込めないから。
2012年8月22日 - 0:56 Twitter for iPhoneから

書式的には間違いではないが、「@28SOBA @HiroNicoK @nyantomah 」と不要なものを入れている

 

データ:
プロフィール
そうらん(脱原発だけど国民投票反対)
@asabu44
さすらいのケアマネジャー。たまに毒を吐きます。
北海道札幌市
    9,822ツイート
    64フォロー
    176フォロワー

 

プロフィール
ロボコップ2
@kirikahe
僕は男性です。だからでしょうか、上野千鶴子にたくさんメッセージ付きでRTしているのに、1度も返事をもらった事がありません。
    1,716ツイート
    39フォロー
    29フォロワー


 関連基礎知識のツイート。

Twittercom_screen_capture_201282211 ←以下の始めのツイートですが、2012/08/22 11:47現在、6件のリツイート、16人の方がお気に入りにしています。

https://twitter.com/28SOBA/status/237767942446657536
そば@国民の生活が第一 ‏@28SOBA

始めの@の前に「.」ドットをつけると、返信扱いにならずフォロワーのTLに普通に流れる(実際は「.」でなくても全角スペースでもいい)非公式RTやQTも仕組み的にはこれと同じ。詳しくは⇒http://webweb.jp/blog/web-service/twitter/twitter10change2/
2012年8月21日 - 13:27 webから

 

https://twitter.com/tosa_suigei/status/237770489634893825
@tosa_suigei 土佐の酔鯨さんへのこのツイートと対照して考えると分かりやすいかもです。これは「.」をつけていないので普通の返信扱いになり僕をフォローしていない人には当然流れないですが、(ここからが肝→)僕をフォローしている人のTLにもこの返信ツイトーは現れないはず(汗)
2012年8月21日 - 13:56 webから

 

https://twitter.com/28SOBA/status/237776600928768000
.@tosa_suigei やはりそうでした。テストID@28sb を持ってますが、@28SOBA をフォローしているも、今ipadで見たらやはりさっきの「土佐の酔鯨さんへのこの〜」はTLに現れていません。今度は「. 」をつけているので@28sb TLに現れるはずです。

 

https://twitter.com/28SOBA/status/237815225808719872
だから書式で、もし最初に「@ID」とやってから「 拡散希望。(拡散希望ツイート文)」とか、やった場合には、まず自分のフォロワーに全く拡散していないと言う笑い話しの様な話しになる。http://webweb.jp/blog/web-service/twitter/twitter10change2/
2012年8月21日 - 16:35 webから

 

https://twitter.com/28SOBA/status/237834437537185792
@tosa_suigei やはりhttps://twitter.com/28SOBA/status/237776600928768000 … ←のツイートは「. 」をつけたので@28sb のタイムラインに出ていました。今度のこのツイートは「. 」がないので@28sb のTLには出ません。(実は僕も今日確認して知りました、大汗)
2012年8月21日 - 17:52 webから

 

https://twitter.com/28SOBA/status/237839977382285312
やはり時事系の推友は、情報を拡散するのがT利用のメインだろうから、「@ID」メンションツイートで返信の場合と(フォロワーには流れず)、「. 」+「@ID」返信の違いを知るべき(こちらはフォロワーにも推を流せる)⇒http://webweb.jp/blog/web-service/twitter/twitter10change2/
2012年8月21日 - 18:14 webから

 

https://twitter.com/28SOBA/status/237843979398438912
なお、「@ID」メンションツイートでもIDがたくさん書かれていてその中にフォローが2人以上いるフォロワーには流れる。(但し、)「@ID」メンションでフォロワーにも流したい時は「. 」+「@ID」とやる方が簡単で確実。
2012年8月21日 - 18:29 webから ※

※採録にあたりじゃっかん補足。

 

参考:
https://twitter.com/tosa_suigei/status/237785174585245696
土佐の酔鯨 ‏@tosa_suigei

リツートの問題点:リツートにコメントを加えて字数不足になった時オリジナルツイートを勝手に編集するケースが多く見られるがオリジナルの編集はよくない。そんな場合はリンクを張るのがいいと思う。こんな風に… http://goo.gl/I6oId

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

「脱原発デモの内なる敵はサヨクとネトウヨなんです」みさおレッドウルフインタビュー/週刊ポスト←削除なんてナンセンス。

 ネットウヨの脅しコメントにビビり、ブログ「薔薇、または陽だまりの猫 」管理人さんが消したようだが、これが駄目なら阿修羅だってなくなるだろう。ACTA関連もあり徹底採録しておきます。

 

 まず週刊ポストの元表題は

Coverpage表紙では⇒官邸デモ主催者 Misao Redwolf×上杉隆 緊急討論「脱原発の敵はサヨクとネトウヨだ」


15Web広告のCONTENTSの所で⇒■[20万人官邸デモの主催者] Misao Redwolf
「脱原発デモの内なる敵はサヨクとネトウヨなんです」聞き手/上杉隆

同じくその上で紹介の電車中吊り広告で⇒「脱原発の敵はサヨクとネトウヨだ」官邸デモ主催者Misao Redwolf 聞き手・上杉隆


関連:↓リンク先。一応これも下の方で全文採録
2012 年 8 月 18 日
反原連 MisaoRedWolfさんインタビュー(週刊ポスト)を読んで
http://bund.jp/modules/wordpress/?p=10121

以下リンクは、ふじふじのフィルターさん。
「首都圏反原発連合」を考える。

 

 以下、採録。最初の所で

「原発再働反対」を旗印にしたデモは、

となっていたりしていたので、週刊誌のコピーをOCRで読み取ったようです。あとで週刊誌のコピーを見て全文チェックする予定。

 

(クリックすると拡大します)
134565058996013215767_  最初に関連で、秋口の寒いようなときにも上腕入れ墨を自慢げに晒している、馬鹿なオバさんミサオレッドウルフ女史のツイート


Twittercom_screen_capture_201282092 ←Misao Redwolf ‏@MisaoRedwolf

週刊ポスト8/31号(8/17発売)に掲載されている「緊急討論 脱原発の敵はサヨクとネトウヨだ」上杉隆さんと私の対談、本文を読めばわかりますが、正確には「サヨク」ではなく「革マルと中核」の話をしています。このタイトルは原稿チェックの時には確認していませんでしたのでご了承ください。
2012年8月18日 - 2:33 webから

 

余談ネタを二つ:入れ墨が、HBウイルス肝炎の感染源となる話題と、気持ちの悪い口調を真似してまでゴマをすってすり寄る醜悪なおっさん知識人についてのメモを下の方で記録・保存。

 

(以下転載始め)

脱原発デモの内なる敵はサヨクとネトウヨなんです MisaoRedWolfインタビュー/週刊ポスト 2012-08-17 22:14:03
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/427261bc909b9271211e3e057bc30459
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/575.html

聞き手/上杉隆(自由報道協会代表)

「原発再稼働反対」を旗印にしたデモは、首相官邸前に毎週10数万人を動員するまでに巨大化し、ついに首相との面会目前まで辿りついた。このデモには明確なリーダーが存在せず、左翼団体の影もない。緩やかに個人が連帯することで規模を拡大してきたが、そうしたデモの特性は、すべて主催者の戦略だった。
デモ主催者の名は「MisaoRedWolf」という。長い髪を束ね、二の腕に彫られた大きなタトゥーがトレードマークの女性イラストレーターは、前例のない国民運動の戦略をどう描き、その目標をどこに据えているのか。元ジャーナリストで自由報道協会代表の上杉隆氏に語った。

「政権打倒が目的じゃない」

官邸前デモを主催するのは、反原発を訴えるグループや個人が連携した「首都圏反原発連合」(昨年9月結成)というネットワークである。この中のグループの一つ、NO NUKES MORE HEARTSの主宰を務めるMisao氏は、イラストレーターをしながら、5年ほど前から反原発の活動を始め、現在では官邸前デモを呼びかける中心人物となった。
3月から始まった官邸前デモは、毎週金曜日の午後6時から8時まで行なわれており、老人から子供連れの主婦、会社帰りのサラリーマンやOLなど、多様な顔ぶれが参加する。「警察の誘導に従う」「8時になったらきっちり帰る」など、これまでの反体制デモとは一線を画した活動が注目を集める。
だが、一方では規模の拡大に伴い、警察とのいざこざや、「野田政権打倒」などのメッセージが目立ち始めてもいる。このデモはどこに向かうのか。Misao氏に訊いた。

ーーどうして官邸前でデモしようと思ったんですか?

Misao
原発再稼働に関しては、世論調査でも反対が多いし、反対の署名も何百万人も集まっていた。
でも、私が抗議する上で大事だなと思うのは、その数が可視化されるということだと思うんです。例えば、自分が何かに抗議されている者とした場合、「あなたのことを嫌ってるのが20万人いるよ」っていわれても、ああ、そうですかというだけ。ただ、それが可視化された状態で20万人に直接バーッと家の前まで来られたら、やっぱり、圧力を感じますよね。心理的に絶対そうなんですよ。だから、目に見えてるっていうのがすごい大事なんです。
官邸前抗議を始めたのは大飯原発の再稼働について3月末に最終的な政治判断を4閣僚(野田首相、細野豪志・原発相、枝野幸男・経産相、藤村修・官房長官)ですることになったことがきっかけです。4閣僚会議は官邸で行なわれたので、関東に住んでる私たちができる抗議はもう官邸前しかないなと。そうして、試行錯誤しながら毎週やるようになった。いまでは毎週金曜日というのが定着していますがそれも決まっていたわけじゃなくて、金曜のアフターファイブというのが、一番気分的に行きやすいのかなって。私自身、2007年頃から反原発運動を始めたばかりの新参者だし、いまデモを主催する反原発連合に入っている13のグループのうち、11団体は3・11以降にデモを始めた人たちです。みな一般の感覚に近いので、とにかく普通の人たちが来やすい雰囲気を心がけました。

ーー参加者が爆発的に増えたのは、6月に再稼働が決まったときでした。

Misao
そうなんですよ。それまでは多分、さすがに再稼働しないだろうと思ってた人もいたんじゃないかな。去年後半ぐらいは周りにも「もう動かさないと思うんだよね」って意見も多かった。私たちはあの人たちのいかさま具合を知ってるから、「そんなに甘くないから」っていってたけど、運動自体は落ち込んでいた。それがやっぱり再稼働となったことで、一気に怒りが噴出したのだと思います。

ーーインターネットというツールも大きいと思うんですが、これは戦略的に?

Misao
みんな当たり前のようにツイッターやってますから。ただ、ツイッターのなかでしか情報が回ってなかった4~5月頃は参加者は2000人にも届かなかった。6月以降、それがロコミだとか著名人の呼びかけだとかで広がりネットに還元されるというミクスチャー現象が起きて、一気に数万人規模になったんです。

ーー「再稼働反対」のシングルイシューに限定したことが大きい。原発推進の学者さんや東電の中にだって今回の再稼働に反対という人はいるし、大飯が止まればゴールだから、運動そのものが自己目的化してしまうこともない。

Misao
参加者のなかには福島からの避難者のこととか、子供たちの被曝のこととか、自分たちのイシューをかぶせようとする人もいます。私も被曝の問題は重大だと思ってますけど、まず大飯の再稼働を止めることで、大きな風穴を開けたい。
「野田政権打倒」を掲げる人たちもいるけど、私たちはそれが目的ではない。
代替案として誰々を首相にしろと、そこまでいえるのなら具体性が出てくるけど、具体的なイシューがないと焦点がぼやけてきて、運動に酔うだけの人が増える気がする。だって内閣を打倒して運動が収束して、いざ他の内閣になったら、もっと原発が悪いことになる可能性だってあるじゃないですか。
野田政権打倒を掲げる人たちは、目的をすり替えようとしている。7月29日の国会包囲のときに「野田政権打倒」って大きなプラカードが出たんですけど、あれをやったのは左翼の活動家ですよ、たぶん。
運動を「乗っ取ろうとする人々」

ーー自由報道協会の会見(7月27日)でも、セクト(新左翼)を名指しで批判してましたよね。

Misao
私は5年ほど前から反原発のデモや集会に取り組んでいて、3・11以前も反原発の集会などをすると、革マルや中核っていうのが来るわけですよ。
私はその頃からとにかくアンチセクトでやっているんですが、(参加しないでくれという)クレームをつけると面倒くさいので、来られても放置みたいな状況でした。
いま、私たちの反原発連合では、組織や反原発以外ののぼり旗を立てない、勧誘のビラを配らないといった(自主的な)ルールを設けています。それは反セクト的な意味だけじゃなくて、一般の人が入りやすいという理由もあるんですけど、それで裾野が広がった。だんだんシングルイシュー的な部分が理解されて、運動が成熟してきたわけですが、やはり最後はこの問題なんですよ。
結局、デモが巨大化してから、(セクト系が)またドーッと来るようになった。でも、これに始末をつけなければ、本当の意味での市民運動にならないっていう思いが私の中で強い。
去年前半もいろんなデモが盛り上がったけど、やっぱり革マルが入りロでビラを配ったり、のぼりを立てていた。中核なんて主催者名を書かずに、あたかも自分たちが呼びかけ人であるかのような乗っ取りフライヤー(チラシ)を勝手に作ってオルグ(勧誘)に利用しようとしていた。こうしたことをいまやられるとマイナスにしかなりません。

ーー(元首相の)鳩山由紀夫さんは官邸前デモに参加したあとに、「(運動は)とてもいいことだけど、セクトが来ているから、僕はちょっと2回目は行けないな」といっていた。(民主党衆院議員の)川内博史さんも、7・29の国会包囲デモに行った際、セクト系の団体に「政治活動するな」と注意したら、保守反動扱いされて罵倒されたそうです。

Misao
7・29のデモでは、日比谷公園での集会のときにビラを配ってましたね。彼らのタチが悪いのは、歩道から車道にデモの列が決壊してしまったときに、いきなり前に来て自分たちの旗をバーンと先頭で立てて、それを自分たちの会報に載せるっていうやり方をすること。7・29のときも、集会が始まる前に管轄の警察署の警備の人が、「革マルがいるから」って教えてくれました。私たちの「共通の敵」ですから。
原発は要らないっていう純粋な気持ちで来ている参加者が多いので、そこを草刈り場にしてほしくない。セクトの人たちもほんとに原発を止めたいっていう気持ちなら、旗を下ろして参加すればいい。

ーー記者会見では右翼団体にも言及していました。

Misao
一度、在特会(在日特権を許さない市民の会)に、官邸前を占拠されたことがあるんです。ちょうど参加者が4万人を超えたぐらいのときで、向こうは20人ぐらいで色々いってきて。
最終的には警察の説得で退場しましたけどね。
でも、彼らは本物の右翼じゃなくて、ネトウヨ(ネット右翼)でしょう?

デモの 協賛 は警察!?

ーーデモといえば治安当局との衝突が当たり前のように思われていますが、官邸前デモは警官に対して非常に友好的ですよね。夜8時になったら「解散しましょう」と一緒に呼びかけたり。

Misao
8時過ぎて音が出ているのが一番クレームが来るというので、じゃあそこは守りま
しょうと。
そうしたら管轄の警察署が運動が円滑にできるように配慮してくれるようになった。このあいだなんか、展示場にあるような、「ファミリーエリアはこちらです」とか「あちらにお進みください」という看板が出ていたんです。

ーー主催者が作ったんじゃないの?

Misao
警察が作ったんです。矢印のところだけシールなんですよ、配置が変わっても使えるように。

ーーどうせなら、デモの協賛に「警察」って書けばいい(笑い)。

Misao
野田首相と面会するときもこの運動を一緒に作ってきた警備の警察官に同行してもらいたいってコアメンバーと話しているほどなんです。彼らが人事異動するのが一番怖いですね(笑い)。ただし警備の厳重化については、私たちは承服していません。

ーーこれまでのデモは、「権力側は敵だ」という前提から入っていたけど、今回は政治とも話し合いの場を持とうとしている。

Misao
デモとか抗議って、それ自体は国策を変えるわけではない。やっぱりエネルギー政策の転換は国会で政策を練らないといけないことだと考えています。数で押すことによってようやく議員さんが反応を示すところまで来たな、と。

ーー野田首相は「大きい音だね」といったという朝日新聞の報道があったが。

Misao
総理に限らず、議員会館、国会、自宅をクルマでぐるぐる回る生活をしていたら、やっぱり国民の声を受け止める感覚がなくなっちゃう。悪意でいったんじゃなくて、ほんとにそのぐらいの感覚なんだろうなって。

ーー政治家もそうだけど一番ひどいのは政治部記者です。毎週(デモを)ずっとみてるわけじゃないですか?だけど当初は全く報道しなかった。

Misao
ちょっとデモが大きくなり出した頃に、弾圧対象に入るかもしれないという危惧があったんですよね。だから、弾圧される前にメジャーになるしかないというのがあって。今ではNHKまで取り上げるようになって、助かったと思ったんです。もしいまデモ参加者を警察が弾圧したら、警察の側が叩かれるでしょうから。

私たちは人生の押し引きがわかる

ーーいよいよ野田首相と面会する直前まで来ましたがなかなか実現しませんね。

Misao
最初は8月8日の予定が、10日に延期になって、それもなくなった。
私たちは総理に原発再稼働中止を求める要請書を突きつけて、聞き入れない場合はまだ抗議を続けますよと宣言することが狙いなので早く実現させたい。個人的には、もう脅したいっていう一心なんです(笑い)。

ーーでも会った瞬間、政治的には勝ちだと思う。「オキュパイ・ウォールストリート」(米国で起きた格差社会に対する抗議活動)の代表者がオバマに会えるかっていったら会えないし、チュニジアのべン・アリ(元大統領)にデモの代表者が会えたかっていったら、会えなかった。会った瞬間に、最高権力者がその発想と意見を認めたことになるんだから、それは運動の勝利ですよ。

Misao
私の狙いもそこにあるんです。
でも、官邸は最初、記者クラブだけ入れる形で密室でやろうとしたんですよ。
それは利用される可能性があるので、ブリーの記者を入れるか、官邸ホームページで中継するか、どっちかにしてくれって条件を出して。そしたら中継はやるただ技術的な問題で翌日の配信になるっていうから、生中継じゃなきゃダメだと要求したんです。

ーーでも、野田首相は、なんだかんだ言い訳をしながら、最終的には会わないでしよう。

Misao
やっぱりそうですよね。そのあとどういう戦法でいけばいいのかっていうのは、いま凄く考えています。

ーーそうしたなかで、あなたがデモの象徴的なアイコンになっている気がします。ところで、腕に入っているタトゥーの意味は?

Misao
右腕はグノーシス(古代ヨーロッパの宗教思想)のアブラクサスという時間の神、左腕はカバラの生命の樹を、自分でデザインして。職業はイラストレーターなので。とにかくタトゥーが入っていることでダメだっていわれるような場所の歯車になりたくないっていうのがあったんですよね。橋下(徹)さんの真逆になっちゃうけど(笑い)。

ーー日本には60年、70年安保闘争にノスタルジーを覚える世代がいる一方、その下の世代はデモが日本を悪くしたというマイナスイメージを持っている。それを払拭しようとしているのは大きいことです。

Misao
私は安保のときのこととか、一般レベルの知識しかないんですけど、当時はリーダー的な学生も一緒に突入したんでしょう?でも私たちは主に30~40代以上の"大人の"コアメンバーで運営しているので、人生の押し引きとかもわかる。私たちはリーダーでもなくてただの呼びかけ人ですけど、その呼びかけをした私たちが若すぎないから、粘りもあるんじゃないかな。


ミサオ・レッドウルフ/広島市生まれ。90年に渡米移住し、その後各国を放浪。
99年よりイラストレーターとして東京をベースに活動をはじめる。07年より反原発グループのNO NUKES MORE HEARTSを主宰。官邸前デモを主催する「首都圏反原発連合」の中心人物のひとり。レッドウルフとは、ネイティプアメリカン首長らがブラックベアなどのホーリーネームを名乗ったことにちなんだものだという。


10 コメント
コメント日が  古い順  |   新しい順

これは面白い。 (希流)
    2012-08-17 23:49:24
    レイバーネットで丸まる紹介したくなるくらいのくだらなさですね。



Unknown (黒的九月)
    2012-08-18 01:49:47
    舵取りを誤って運動が下火になった場合、これ幸いと排除してきた「セクト」に責任を擦り付けるのが今からでも想像がつく。



Unknown (ぽんちゃん)
    2012-08-18 04:52:16
    これは著作権的にアウトでは?「週刊ポスト」編集部には一応URLをメールしておきます。編集部がOKなら別によいとおもいますが・・・。



やっぱりね・・ (薔薇、または陽だまりの猫)
    2012-08-18 09:26:52
    「週刊ポスト」編集部には一応URLをメールしておきますって。   
    チクってくださいましたか。ご親切に。



著作権 (たまる)
    2012-08-18 12:49:12
    全文転載は著作権侵害で賠償請求されますよ。早く撤収しないとたいへんかも!



Unknown (tk)
    2012-08-18 12:56:14
    良い記事ですね。彼らだからこそあそこまで大きくなったんだと改めて思えます。記事紹介ありがとうございます。



4トロの掲示板が面白いので (反原発運動ウォッチャー)
    2012-08-18 19:30:34
    紹介しにきました


    反原連てやっぱいかがわしいのが仕切ってるようですね


    たぶん歴史修正主義者ですよ


    日本史も音楽史もごまかすようなウヨが左翼から集中砲


    火あびてておもしろい



精神科医    (宮地達夫)
    2012-08-18 19:31:03
    MisaoRedWolfさんの考え方了解
    1,デモとか抗議って、それ自体は国策を変えるわけではない。やっぱりエネルギー政策の転換は国会で政策を練らないといけないことだと考えています。数で押すことによってようやく議員さんが反応を示すところまで来たな、と。要するに、国会審議の圧力になるつもりらしい
    2.野田首相と面会するときもこの運動を一緒に作ってきた警備の警察官に同行してもらいたいってコアメンバーと話しているほどなんです。彼らが人事異動するの一番怖いですね(笑い)いよいよ野田首相と面会する直前まで来ましたがなかなか実現しませんね。Misao
    最初は8月8日の予定が、10日に延期になって、それもなくなった。私たちは総理に原発再稼働中止を求める要請書を突きつけて、聞き入れない場合はまだ抗議を続けますよと宣言することが狙いなので早く実現させたい。個人的には、もう脅したいっていう一心なんです(笑い)。でも会った瞬間、政治的には勝ちだと思う。「オキイ・ウォールストリート」(米国で起きた格差社会に対する抗議活動)の代表者がオバマに会えるかっていったら会えないし、チュニジアのべン・アリ(元大統領)にデモの代表者が会えたかっていったら、会えなかった。会った瞬間に、最高権力者がその発想と意見を認めたことになるんだから、それは運動の勝利ですよ。
    会えば,運動の勝利?違う、運動の翼賛化であり、被爆者の人々さえかなわない「官許団体」に認められて権力にとりこまれた、と常識なら考えるでしょう。運動の敗北であり、退化です。まあ、これで首都圏反原発連合は思想的にも、運動論的にもお終いですね。。ご苦労さんでした。安らかにお墓に入って下さい



Unknown (丘橋)
    2012-08-19 00:14:54
    うん、なかなか面白い記事だね。

    薔薇さん、こういう記事を今後もどんどん紹介してくださいよ。

    著作権?

    気にしない気にしないwww



著作権なめるなよ (たまる)
    2012-08-19 15:59:49
    著作権なめる人たちよ
    あなた方にオリジナリティなどない
    画面は記録した
    削除しても証拠は残る
    警告はこれにて最後とする

(以上転載終り)

 


 以下、資料として採録。

(以下転載始め)

2012 年 8 月 18 日
反原連 MisaoRedWolfさんインタビュー(週刊ポスト)を読んで
http://bund.jp/modules/wordpress/?p=10121

 『週刊ポスト』の今週号に、官邸前抗議行動の呼びかけ主体である「首都圏反原発連合(以下、反原連)」のメンバーのお一人である、MisaoRedWolfさんへのインタビュー記事(担当:元ジャーナリスト上杉隆さん)が掲載されています。記事のタイトルも「脱原発の敵はサヨクとネトウヨだ」という香ばしいもので、先行して読まれた方々から「なんじゃこりゃ!」とか「これは酷い」とか「応援してきたのに裏切られた」とか、あまつさえ「喧嘩を売られたも同然」という感想さえ聞いていました。

 でもまあ、Misaoさんは官邸前行動の主催者というわけでもなく、反原連の代表というわけでもないですし、今のところはあまり話題にもなってないみたいですね。だいたいこの香ばしいタイトルも、どうせ編集部が勝手につけたもんなんだろう、「サヨク」とカタカナで書いてあるのは、昨611のことを意識して語っているのかな、まあどちらにしても、自分はエセなカタカナ「サヨク」じゃないですよーだ σ(゜┰~ ) くらいに流しておけやと、まあどちらかと言えばMisaoさんをかばうつもりで読みました。『週刊ポスト』ごときに踊らされて、まんまと仲間内で喧嘩するなんてアホらしくも悔しいやないかいと。

 んでまあ、実際に読んでみての感想は、「なんじゃこりゃ!」であり、「これは酷い」、さらに「応援してきたのに裏切られた」とか思いました。まあ「喧嘩を売られた」とは思いませんでしたが。これはさすがの私も到底かばいきれないです。

 一応公平のために申しておきますと、このタイトルはやっぱりおかしいです。別にMisaoさんは、脱原発運動の主要敵が「サヨクとネトウヨ」だということを訴えておられるわけではありません。これは記事執筆者の上杉氏の主観的な問題意識です。はっきり言って上杉さんは、反(脱)原発運動の現場をおそらくは全く知らないし、肝心の官邸前行動さえろくに取材もせず、要するにマスコミ記事と、Misaoさんの話(言い分)だけを元に一方的な記事を書いておられます。もしくは自分の言いたいことにあわせてMisaoさんを利用しておられる。そのことは次の一文だけで容易にわかります。

 「このデモには明確なリーダーが存在せず、左翼団体の影もない。緩やかに個人が連帯することで規模を拡大してきたが、そうしたデモの特性は、すべて主催者の戦略だった」

 これが上杉氏の言いたいことのすべてです。これだけでもう、反(脱)原発運動の現場や、官邸前行動をまともに取材していないことがわかります。繰り返しますが、別にMisaoさんは「サヨク」全般が、「脱原発運動の敵だ」とおっしゃっているわけではありません。実際の運動現場でセクトがうざいということを、革マル派、中核派、在特会という3つの団体に特定して、それも抽象的にではなく、具体的にこういうことがあったという実例を元に語っておられるのであり、記事のタイトルや見出しの付け方には上杉氏の主観的バイアスがかかっています。それにまんまと踊らされて、「応援してきたのに喧嘩を売るのか!」とまで即断するのは、それこそ上杉氏の印象操作に騙されているというものです。

 しかしそういうことを公平に判断したその上でなお、私はこの記事に以下のような苦言を呈さずにはいられません。

 まず前提として、別に私は左翼の立場から、反原連に官邸前行動の中で「何かをやれ」と言いたいわけではないですよ。だって(こういう表現は僭越ながら)、反原連の最大の功績は、やはり「皆が入れる大きな空っぽの袋」を用意してくれたところが偉いというか、現在の成功の秘訣だったと思うからです。反原連の催しって、そこがいいと私は思うのです。その袋の中に「こういうものを入れろ(入れるな)」とか、要求するのはおそらくは詮無いことなんだろうなと、最近になってそう思うようになりました。

 別の言い方をすると、反原連は「世話人」に徹した時にすごく輝く。
 そこを勘違いして、「管理人」みたいなふるまいをする時に反感を呼ぶ。

 ところがMisaoさんのインタビューでは、要するにデモに来る参加者を「一人一人別々の個人」というより、「ひとつの大きなまとまり」としてとらえて、それに主催者が全体として規制の枠をはめるという、「管理人」的な考え方をしておられると思いました。「空っぽの袋」ではなく、参加者を自分色に染め上げてやろうみたいな。

 一番疑問に思うのは「再稼働反対」以外は「口に出してもいけない」ってこと。これはちょっと窮屈すぎると思う。Misaoさんは野田政権に反対してもいけないとおっしゃるけど、活動家でもなんでもない普通のおじさんやおばさんが、「野田やめろ!」とか現場で叫んでますよ。いくら原発に反対でも、野田さんの支持率がすごく高かったら、ここまで集まらなかったのも事実だと思う。そういう政治に対する不満が背景にあるからこそなんです。違いますか?そんなごく自然なみんなの気持ちを押さえつけて、のぼりはおろか、口にもするなというのはどんなもんでしょう。

 警察との「友好関係」の強調もそう。「官邸前には行けません」と、警察に止められたおばさんが、びっくして警官に掴みかからんばかりの勢いで猛抗議しておられました。あれは活動家では絶対にできないこと。ああいうのを見た後でインタビューを読むと、「はあ?」って感じですね。「この人は普通のおばさん(参加者)と警察のどっちの味方なのかな。どっちを見てものを言っているのかな。みんなの怒りがわからないのかな」と。もう、すっかり雲の上の偉い人になってしまわれたんですね。

 Misaoさんのインタビューを読んで思ったのは、総じて「自分の個人票で当選したと思い込んでふんぞり返っている議員先生様」みたいな印象でした。実際にはまず政党の基礎票というものがあり、個々の運動員や支持者が必死で開拓した運動の集積として、その議員個人の票だってある。官邸前行動だって、決して反原連の力だけや、まして「Misaoさんのパーソナリティ」があったからできたわけじゃない。つか、参加者のほとんどがMisaoさんのことなんて知らないでしょう。「いつも警察車両に乗って『解散してください』というお姉さんだよ」と言えば、ああ、あの人かと思う人は多いでしょうけど。それを忘れるなら、あっという間に「あっそ、じゃあ自分だけてやってね」と皆が離れて裸の王様ですよ。

 たとえばセクトの活動家だって、反原連の指示に従って団体名も出さずに官邸前に通いつめ、被災者のために献身的に運動している人だっているのです。だから10万人を突破した時、そんなセクトや左翼の活動家を含む参加者の一人一人が「自分の成果=集まった一人一人みんなの成果」として、すごい達成感を感じたし、嬉しかったし、それをまともに報道しないマスコミへの怒りを共有した。連帯感があった。そういう尊敬すべき多くの人たちを知っているから、それをまるで自分(たち)だけの成果みたいに語って、どこもかしこも味噌もクソも一緒くたに「セクトのやつらは」と語るMisaoさんには、ものすごい反感を感じました。あの日の連帯感を穢(けが)されたような裏切られた思いでいっぱいです。

 被曝問題や福島の方々の疎開支援も言ってはいけないと言われ、絶望(幻滅)して、官邸前には行かなくなった方もいます。恩着せがましいことは言いたくありませんが、私はそんな方にもずっと反原連をかばってきたつもりです。でもこのインタビューで、被災者を含むそういう人たちを切り捨てたおかげで「運動が成熟した」とか言っておられるので、もう雑誌を破ってやろうかと思いました。

 まあ、「主催者」にもいろいろいるということですねえ。前の私の投稿で書いた、頭ごなしに命令してきた「主催者腕章男」も、おそらくMisaoさんのこういう発想に感化された人だったんだと合点がいきました。反原連のみんながそうではないことは重々承知しつつ。

(追記)
 まあ、革マルはしょうがないですよ(笑)。あそこの運動理論では、参加者との連帯なんてないですから。文字通り、単に宣伝のため「だけ」に来て、レポが無線で指示を出しながら、看板を持って常に目立つ場所へと走り回っているのです。つまり目立つ場所に自派の看板をだすことを「任務」として来ているだけ。だからこそ、いつも素早く最前列に陣取れる。これじゃ追い出されてもしょうがないですよ。ただ、Misaoさんみたいに「駅前でビラを巻く」のもいけないってのは、ちょっと行き過ぎだと思いました。
 また、よく革マルと一緒にされる中核派ですが、実態はかなり違います。少なくとも参加者の一人一人は熱い思いで主体的に抗議に参加しています。隣になったことがありますが、全体的にとても好感が持てました。まあ、組織の評価は指導部と機関紙に書いてある内容で判断するしかないので、その点では彼らを気の毒に思います。

(以上転載終り)

始めに戻る


 以下、関連メモ。

以下余談:リベラルを気取っているのか、ミサオレッドウルフの上腕入れ墨について言及しない人が多いが、入れ墨は感染症の肝炎(放っておくと肝硬変や肝ガンになる)になる可能性が高い。反原発って元々は国民の健康を気遣うのが大本にあるのだから、「マスゴミが入れ墨女をスポークスマンのように扱う」のを放置するのってまずくないか(HIVエイズや性病など血液でうつる病気についても同じことが言える)。

 以下、「整形外科医の独り言」さんの「2006-11-09 00:40:47 刺青-tatoo」から。

(以下転載始め)

(略)
刺青をみると医療関係者は何を思うのか。

肝炎に罹患していることを疑う。肝炎は肝炎ウィルスで発症する。

肝炎ウィルスは血液を介して感染するので、彫師さんが使う器具が肝炎ウィルスに汚染されていると・・・

刺青入れた人はみんな肝炎ウィルスに感染してしまうのです。中には感染していないラッキーな人もいるけど、やはり感染している可能性が高い。

A型B型C型といろいろ肝炎ウィルスにも種類があるけど、中でも怖いのはC型。

インターフェロンとか治療薬はあるにしても、感染をほっとくと肝硬変や肝癌になってしまう。

 

血液を介して感染する、ということは、手術をする外科医にとっては重要なこと。

患者さんから感染しないように特に気をつけないと、自分や自分の家族が危険にさらされる。

 

ということで、刺青のある人を見ると

肝炎の可能性大→血を触らないように→あんまり手術とかしたくないなー

と非人道的なことを思ってしまうのです・・・刺青ある人だって人間なのに。

刺青彫ろうと思っている人は、肝炎ウィルスの感染のリスクを考えてから彫ったほうがいい。

彫るか彫らないかはその人しだいだけど。

(以上転載終り)

(クリックすると拡大します)
134565123680413109441_shutokenhange←入れ墨がご自慢らしい、


1344610429520←反原連の広報担当。50代くらいか、かなりオバさん。


134565058996013215767_850px

 以下、ミサオレッドウルフのツイート採録。

Misao Redwolf ‏@MisaoRedwolf(以下同じ)
https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241937989293449217
@Suzuki_Koya 接触した記者も気持ち悪かったのですよ。今まで接した雑誌や新聞の記者の人とは違う臭いなんです。文春の編集室もきっとすえたような臭いがするのかも。住人達はそれに慣れて気付かないでしょうが。
2012年9月2日 - 1:38

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241927358888697856
【週刊文春の記事に関して6】多くの方々からの励ましの@などもあったので、この件に関する個人的声明のつもりで書きました。発売当日には相当頭にも来ていましたが、もう喉元を過ぎました。今後もどんな謀略にも屈することなく前に進んでいきたいと思います。皆様今後とも宜しくお願いいたします。
2012年9月2日 - 0:55

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241926435529445378
【週刊文春の記事に関して5】今回の件は私にとっては嫌な事でしたが、かと言って原発を停めるまで頑張るという気持ちは微動だにしてません。何も知らずあの記事を読んだ人の記憶からあれが早く消える事を願いながら、今までと同じく体調の調整をしながら、日々淡々と実務に励んで行く所存です。
2012年9月2日 - 0:52

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241925556394921984
【週刊文春の記事に関して4】私に接触してきた記者には個人的に既に抗議の電話はいれています。接触してきた記者は記事にするために上から取材を命じられてるだけのパシリに過ぎませんが、今後必要がある場合はこの2名の記者の名前は公開します。パシリと言えど、この薄汚い仕事に加担はしています。
2012年9月2日 - 0:48

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241923868774780929
【週刊文春の記事に関して3】このような薄汚い媒体に自分が掲載されたのは一生の恥になりますが、かといって下らない相手に時間を割くほど暇ではないので、個人的に名誉毀損で訴訟を起こすなどはしないと思います。言質を取らずにさも取ったように書く、プライバシーの侵害、恥を知ってほしいと思う。
2012年9月2日 - 0:41

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241920751073116160
【週刊文春の記事に関して2】その推測からいくと官邸がらみの公安筋も絡んでいると思われます。また「反原連関係者」のコメントとされるものもネット上での「反原連関係者の言葉ではないもの」で、しつこい取材体制にも関わらず反原連メンバーからの言質がとれず、苦肉の策と言えるでしょう。
2012年9月2日 - 0:29

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241919424075030528
【週刊文春の記事に関して1】今発売されている週刊文春に掲載されている私に関する記事ですが、これは数人の事情通の方々、または知り合いの記者の方々は皆さん同じ見解で、官邸側の要請で書かれたものではないかと。何かしらの都合で反原連および私の事を叩く必要があったのでしょう。
2012年9月2日 - 0:24

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241301299159773186
うちの家庭事情はかつて複雑で、私はストリップをして稼いだ金を家にいれ、母親のお墓も建てた。何も恥じる事は無い。貧しく身体が不自由な父に手をだされた事は、一生忘れない。
2012年8月31日 - 7:28

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241200685243310080
@product1954 取材は断り受けていません。あの記事は取材無しの記事です。まともな記者はまずプレスに取材要請、それからこちらで受けるかどうか判断してセッティングします。文春の記者はその段取りもせず、現場で待ち伏せて執拗に取材をせまる異常さでした。
2012年8月31日 - 0:48

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241198390141136897
少し前にはなゆーという人が「有志で反原連のネタを週刊誌へ流しているので、いいタイミングでネガキャンがはじまるでしょう」とtwしているのを目撃した。もしその週刊誌=文春だった場合、今ごろ相当悦にはいっている事だろう。己の恥に気付かないほど何に対して執念を燃やしていることやら。
2012年8月31日 - 0:39

Twittercom_screen_capture_201297923 ↑ここの所は、キャプチャをアップ。返信など読めます。(他のツイートも全てキャプチャしましたが、取り敢えずこれだけ)スクロールして見るならこちら


 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241196273603063810
名前は控えますが文春の記者は、執拗なまでの勢いで私をはじめ何人かの反原連メンバーに取材をせまってきた。媒体の性質上警戒して断っていたら、住所をどうやってか調べて個人宅近くにまで来られた人も。私も幾度ともなく執拗に迫られた。しまいには「取材受けないと周囲の証言で書きます」と脅しも。
2012年8月31日 - 0:30

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241195333781159936
それをどう探したのか(公安、または私の本名を何かでゲットして執拗に調査?)一番私の逆鱗に触れることをやってのけた。あと住まいの特定などのプライバシーの侵害。「関係者証言」は恐らく一部の者が編集に流したデマ。アンチ反原連もひくかもしれないような下品な紙面。GO TO HELL.
2012年8月31日 - 0:27

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241194654245220353
この際なので話しますが、Misao Redwolfという名前はハンドルネームではなく、仕事で使っているアーティストネーム。私の戸籍上の名字は大変珍しく実家を容易に探されやすい。実家には甥たちもおり何かの時に迷惑をかけたくないので、この仕事名で活動もしている。
2012年8月31日 - 0:24

 

https://twitter.com/MisaoRedwolf/status/241150772954402816
@ryukobayashhi ありがとうございます。私が仕事名(アーティストネーム)で活動しているのは、戸籍名が珍しい名字なので実家の判別もつきやすい為なのです。まだ小さい甥達が特に心配で。取材も受けてないのに何をどう調べたのか、実家にまで電話をかけた記者を軽蔑します。
2012年8月30日 - 21:29

 

 以下、口調を真似てまで心酔しているらしい気持ちの悪い、いい年したおじさん知識人たち。

Twittercom_screen_capture_201282012その1。田村貴紀@randyjoye。(略)野間さんに影響を与えていると考えて良いですだか?(話法は、もんじゅ君を真似することにしています。牧下さんに同意。優しい言葉は生命の樹だすでよ。)


Twittercom_screen_capture_2012820_2その2。言葉の使い方は、人間ではないらしい“もんじゅ君” @monjukun に学ぶところが多い。指摘も主張も批判も愛と配慮がある。…ですだよ


Twittercom_screen_capture_2012820_3その3その4

「野田首相、反原発デモ代表者と8日面会へ」昔の運動と比べると「OSが違う」という印象です。(略)主催者の皆さんは、8日と金曜日に向けて、少し睡眠をとったほうがいいと思うですだよ

@MCANjp 参加します。告知にタイポがあるですだよ。(以下略)

 

 な、なんと大学の講師と言うのだから驚き。

Twittercom_screen_capture_2012820_4 ←田村貴紀@randyjoye
社会情報学を勉強しています。インターネットと自己物語や日本のインターネットの歴史に関心があります。趣味はアメリカテレビドラマ。
西巣鴨 · http://researchmap.jp/tamuratak/


Researchmapjp_screen_capture_201282←法政大学非常勤講師、学位 博士(文学)(筑波大学), 修士(文学)(筑波大学), 修士(地域研究)(筑波大学)。


Twittercom_screen_capture_201282013←もう一人、牧下圭貴@keiki_makishita。
農と食の環境フォーラム代表、提携米研究会事務局長、学校給食ニュース編集責任者、生産者と消費者をつなぐ測定ネットワーク事務局長。

「言葉の使い方は、人間ではないらしい“もんじゅ君” @monjukun に学ぶところが多い。指摘も主張も批判も愛と配慮がある。…ですだよ。」ツイートの人。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

「ベルギーでも2025年までに全ての原発を廃止」、片や放射能まみれ地震国なのに脱原発を"決められない政治"の再稼働野田。

 以下の記事で注目部分は、表題以上に、記事最後の段落と思います。

 

(以下転載始め)

ベルギー 原子炉にひびの可能性(動画あり、1分40秒)
8月14日 4時45分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120814/k10014258961000.html
魚拓 http://megalodon.jp/2012-0815-0954-53/www3.nhk.or.jp/news/html/20120814/k10014258961000.html

019電力供給の半分以上を原子力に依存しているベルギーで、原子力発電所の原子炉1基にひびが入っている可能性があることが明らかとなり、規制当局では、この原発の稼働を当面の間、見合わせ、安全確認を行うことになりました。

問題が指摘されているのは、ベルギー北部の都市アントワープからおよそ20キロ離れたドゥル原発の3号機で、ことし6月から行われた定期検査の結果、原子炉に複数のひびが入っている可能性があることが明らかとなりました。
これを受けてベルギーの原子力規制庁は、少なくとも今月末までは、この原発の稼働を見合わせ、新たな検査を実施するなど安全確認を行うことになりました。
現地の報道などによりますと、この原子炉は、すでに事業から撤退したオランダの会社が40年以上前に製造したもので、同じタイプの原子炉がベルギー国内にもう1基あるほか、アメリカやドイツ、それに、スペインなどにもあるということです。
このため、ベルギーの原子力規制庁では、急きょ今月16日に関係国の専門家を集めて情報を共有するとともに、今後の対応を検討することにしています。
ヨーロッパでは、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、原発の安全性に対する不安が広がっており、電力供給の半分以上を原子力に依存するベルギーでも2025年までに、すべての原発を廃止する方針を決めています

123_2  

131_2

(以上転載終り)

 

 放射能まみれになっていない、福一から遠いベルギーで脱原発を「決め」、福一からの放射能拡散で大変な事になっている日本の野田民主政権が脱原発を「決められない」この皮肉、と言うかこの悲喜劇。

 それにしても野田。

 野田民主の政治は短くまとめるなら「国民の為になることは決められず、国民が困るような事はどんどん決める」とち狂いぶり。地震頻発国で活断層上にある大飯原発の再稼働しかり、事故だらけ危険なオスプレイ配備しかり、日本をさらなる米国の属国化するTPPしかり。

 野田の馬鹿の一つ覚え「決められる政治」は、既得権死守、財務官僚に洗脳され吹き込まれたもの。上記記事は朝一のNHK記事ですが、同じNHKでも夜のニュース番組のニュースウォッチ9の大越などを始めとしたマスゴミは、横並び大本営、批判精神もなく「決められる政治」をワンフレーズ大合唱して国民洗脳。

 国民一人一人が目覚め、政治参加する様にならなければ、この国は間違いなく滅びの崖へ一直線です。


 以下、資料として採録。

永田町ディープスロート
2011年10月03日(月) 週刊現代

全国民必読 新聞,テレビはビビッて報じないどじょう野田を操る"本当の総理"勝栄二郎の正体
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/21453
Img_7256b475bd985db4eb9d8bfdd3fd1a4
どじょうはどこまで行ってもどじょうなのだ。うなぎにはなれないのだ〔PHOTO〕gettyimages

 国民が知らぬ間に、この国は乗っ取られていた。「正心誠意」は勝海舟の言葉なり

 泥沼のような民主党から財務省が掬い上げた1匹のどじょうは、2年の間に肥え太り、食べごろとなった。大物次官の最後の仕上げは、「増税色」に染まったこのどじょうを国民に踊り食いさせることだ。


国を動かすのは野田じゃないじゃない

「野田政権は、財務省に完全に支配されている。真の総理は野田佳彦ではなく、その背後にいる勝栄二郎事務次官である」

 いまや永田町と霞が関の共通認識になりつつある、その事実を如実に物語っているのが、9月13日に野田が衆院本会議で行った所信表明演説の一節だ。

「政治に求められるのは、いつの世も『正心誠意』の4文字があるのみです」

 野田が演説で繰り返した「正心誠意」という言葉は、もともとの原稿では通常の「誠心誠意」だったという。ところが野田は、「これは『正心』のほうがいい」と言って、自ら原稿に手を入れて修正した。

 この「正心誠意」は、幕末から明治維新の激動期を生き抜いた「最後の幕臣」勝海舟の語録『氷川清話』に収録されている言葉だ。野田は歴史小説ファンとして知られ、勝海舟が政治の要諦として語った「正心誠意」を、あえて自らの所信表明演説で使ったかに見えた。

 だが、これは政官関係者を驚愕させた。

「勝事務次官は、『勝海舟の末裔』と言われています。野田首相は、わざわざ原稿を手直ししてまで、勝海舟の『正心誠意』という言葉を演説にはめ込んだ。官邸内では、『そこまでして勝事務次官と財務省に媚を売るのか』と、衝撃を受けたスタッフも多かったのです」(官邸関係者)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/21453?page=2
 実は、勝次官が海舟の末裔かどうかは定かではない。本人も、メディアの取材に対し「違う」と否定したことがある。ただし、「あえて大っぴらに否定してはこなかった」(財務省関係者)ため、「海舟の末裔伝説」は、いまだ一人歩きしている。

 野田はあえて、あの所信演説をすることによって、勝に対してはっきりと「私はあなたとともに歩みます」と熱烈ラブコールを送ったのだ。

 では何を一緒にやるというのか。勝は財務省の意思を体現する主計畑のスーパーエリートだ。そして、財務省の長年の悲願と言えば、「消費税の増税」に他ならない。

 みんなの党・江田憲司幹事長はこう語る。

「財政再建だとか理由をつけていますが、財務省がなぜ増税をしたがるかと言えば、自分たちが差配できるおカネを増やし、かつての栄華を取り戻したい、というのが理由です。

 財務省は旧大蔵省の時代から国家権力そのものであり、国を動かすのは自分たちだという自負が非常に強かった。何しろ、憲法上は内閣に権限がある予算編成すら、自分たちの権限だと言い張っているくらいです。

 私は橋本龍太郎内閣で、旧大蔵省から金融行政を分離させる財金分離などの行革に携わりましたが、当時、為替資金課長の身ながら、水面下で大蔵省の組織を守るために動いていたのが、勝さんでした」

 勝栄二郎、61歳。「最後の大物次官」と呼ばれ、財務省にとっては切り札的な存在だ。

 勝は'75年に旧大蔵省に入省し、選りすぐりのエリートが集まる財務省の中でも、さらにエリート中のエリートの証である、主計局畑を長く歩んできた。

 '97年に主計局公共事業担当主計官、'98年に主計局主計官兼主計局総務課、'00年には官房文書課長。'02年に主計局次長となり、'07年に理財局長、'08年に官房長、'09年には主計局長と順調に階段を上り続け、昨年7月、ついに満を持して事務次官に就任した。

 趣味はサッカーで、旧大蔵省時代に省内サッカー部を創設したという。イングランドのプレミアリーグとドイツのブンデスリーガの大ファンで、大きな試合の際には深夜までテレビに齧り付くことも。世界一となったなでしこジャパンに国民栄誉賞が贈られたのは、サッカー好きの勝氏のプッシュがあったからだ、と霞が関では噂されている。

 4歳から高校1年生になるまでの少年時代を、ドイツで送ったため、「勝さんは、日本語よりドイツ語のほうが上手い」というジョークが財務省内にはある。実際、会議などでも発言は少なく、たとえしゃべってもボソボソとした話し方のため、部下たちは勝が何を言っているのか、聞き取るのに必死にならざるを得ない。そしてそれが「得体の知れなさ」に繋がり、勝への畏怖心が醸成される原因にもなっている。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/21453?page=3
 恰幅の良い、温厚で篤実そうな風貌。公の場では笑顔を絶やさず、聞き上手でもあり、特に政治家に「勝好き」が多い。

 かつて、政府が景気浮揚のための財政出動をしようとした際、主計局長だった勝がクビを縦にふらず、業を煮やした亀井静香金融担当相(当時)が、「勝のクビを切れ!」と当たり散らしたこともあった。

 その亀井ですら、周囲にこう語っている。

「よく勝を呼びつけて怒鳴りつけるんだが、あいつは呼べばすぐにやってくる。可愛げがあるんだよ」

 だが、勝とは果たして、〝可愛い〟などという表現で済まされるような、生ぬるい官僚なのか。旧大蔵省出身の民主党・田村謙治代議士は、笑顔の裏に隠された、勝の表向きとは違った強面の一面をこう評する。

「勝さんは、自分の気に入らない人材は全部、飛ばす。たとえば勝さんは最低3年は次官を務めると言われていますが、そのために、自分の1期下、2期下のエース候補は全部潰してきた。いまの財務省の幹部たちは、みな勝さんのお眼鏡にかなった、〝勝帝国〟の子分たちなんですよ」


勝が作った「内閣」

 勝の〝力〟の根源は、与野党を問わずあらゆる方面の政治家、識者、大手メディアとの人脈だ。前出の亀井のように、本来は増税反対の者ですら、個人レベルでの勝シンパは多い。

 それは、勝が主計局の「実働部隊」として、長く現場での折衝や情報収集にあたってきたからだ。そして、「日本語がヘタ」と揶揄されたほどの素朴な語り口を逆に利用し、会った政治家を籠絡していく術を、勝は心得ている。財務省出身の和田隆志代議士(民主党)はこう語る。

「勝さんの力は、いわば〝ソフトパワー〟なんです。適当なおべんちゃらを言うのではなく、朴訥な口調で余計なことは一切言わず、政治家をその気にさせて、乗せるのが抜群に上手い。

 私は財務副大臣の秘書官をしていた時代に勝さんと接点がありましたが、当時の勝さんは文書課長でした。文書課長というのは国会周りを捌く仕事で、財務金融委員会の理事ら、国会議員といちばん接触が多い役職の一つなんです。勝さんは、その当時から、個々の政治家を相当に研究していたと思います。しかも、ネットなどで適当に調べたのではなく、直に接点を持って確認しているのですから、これは強いですよね」

 勝が、個々の政治家の特質を把握していることがよく分かるエピソードがある。'10年夏の参院選で、当時の菅直人首相は、唐突に消費税の増税問題を争点に取り上げ、物議を醸した。実はその背後にいたのも勝だというのだ。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/21453?page=4
「その直前、勝氏は菅前首相とその夫人・伸子さんとの会食の場を設けました。そこで、まずは伸子さんに対し財政再建の重要性を説いた。菅氏は周知のように、姉さん女房の伸子さんには頭が上がらない。『増税を成し遂げれば、菅首相は歴史に名が残る』という説得に伸子さんがその気になり、それが菅前首相の消費税発言に繋がった」(ジャーナリスト・須田慎一郎氏)

 勝の掌の上で転がされているのは、政治家のみならず、新聞・テレビなど大手メディアも同様だ。勝が各報道機関の幹部を籠絡していることもあるが、

「政治家もマスコミも、財務省が管轄する国税庁が怖い。鳩山由紀夫元首相や小沢一郎元代表らも国税庁に脱税情報で尻尾を握られていると囁かれていますが、国税の査察を怖れるのはマスコミも同様です。だからビビッて、勝氏のことを書くことができない」(全国紙政治部デスク)

 勝が主計局長だった当時、仙谷由人、枝野幸男ら民主党幹部が集まり、

「勝は個人であまりに力を持ち過ぎている。危険な存在だ。農水次官あたりに転出させてはどうか」という議論が真剣に行われたという。しかし、政権運営に未熟な民主党は、財務省=勝の助けがなければ予算編成をすることもできなかった。結局、勝を排除するどころか完全に屈服させられる形となり、勝が事務次官になったことで、「帝国の支配」が完成する。

 そんな手練手管に長けた勝が政権交代以来、2年間かけて「教育」してきたのが、野田だった。

 勝と野田を繋いだのは、旧大蔵省出身で、鳩山政権初期に財務大臣を務めていた藤井裕久だ。藤井が野田を財務副大臣にした際、「面倒を見てやってくれ」と、勝に頼んだのがきっかけだとされる。

 そこからは勝の得意パターンである。野田に財政のイロハを手取り足取り教えるのと同時に、野田事務所に足繁く通い、秘書ともすっかり打ち解けてしまう。気がつけば、野田にとって勝はなくてはならない存在となり、同時に勝にとって野田は、「いざ」という時の隠しダマとなった。

 それが花開いたのが先の民主党代表選だ。

「勝は、〝消費税引き上げ内閣〟の誕生に向け、積極的に政界工作を行ったとされています。増税反対の小沢一郎元代表の後押しを受けた海江田万里前経産相が次期総理では、増税が遠のく。そこで、影の選対本部長として、秘密裏に民主党議員に働きかけた。『野田が1回目の投票で100票も取れたのは、財務省のおかげ』と、民主党議員たちは感想を言い合っていました」(全国紙政治部デスク)


東電を潰して増税だあ

 その結果は明らかだった。野田政権の誕生に伴い、政府・官邸はほぼ完全に、勝・財務省に占領されたのだ。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/21453?page=5
 分かりやすいのは、勝の肝いりで行われた官邸の人事である。実質的に官僚機構のトップとなる事務方の官房副長官には、勝にとっては東京大学在学中からの盟友、竹歳誠・前国交事務次官が就任。異例の省庁から、異例の現役次官の横滑りという形で新しい官房副長官が誕生したことになる。

 さらに、財務省の次期エースと目される主計局次長・太田充が、やはり勝の意向により首相秘書官として官邸に送り込まれた。

「太田さんは実質的に、財務省のナンバー3。このレベルの人材に秘書官で乗り込まれると、他の秘書官は何も言えない。この人事は勝さんの、『われわれのやることに口出しをさせない』という強い意志を感じます」(別の官邸スタッフ)

 これらはすべて、「思うがままに操れる野田政権の間に、増税への道筋を必ずつける」という、勝と財務省の〝総力戦〟への決意表明だと言えるだろう。

 さらに、野田を通じた勝の人事の妙は政府内に止まらず、党にも及ぶ。民主党税調会長は、勝と野田を繋いだ藤井裕久。そして、党の政策を司る前原誠司政調会長の背後には、同じく勝とは増税路線で足並みを揃える、仙谷由人政調会長代行が控えている。

「それだけではありません。勝氏はさらに、寝業師がいない民主党議員の代わりに、自身の片腕である香川俊介官房長を、自民党の谷垣禎一総裁ら幹部のもとに通わせています。野党の協力がなければ増税はできませんから、『経験豊かな自民党の皆様の知見を求めたい』として、ひたすら低姿勢に出て谷垣氏らを転がし、増税への布石を打ち続けている」(財務省関係者)

 2年前、鳩山由紀夫は政権交代を前に、「官僚主導との決別」「財務省支配の打破」「政治を国民の手に取り戻す」などと連呼した。

 いったい、あの公約は何だったのか。民主党はこの2年、党内抗争に明け暮れて、首相はすでに3人目。国民がその体たらくに呆れているうちに、いつの間にか、この国は財務省とその帝国の王・勝によって、完全に乗っ取られてしまったのである。

「勝総理」による、財務省の復権と増税計画は、いまこうしている間にも着々と進行中だ。政府はすでに、震災復興財源として所得税や法人税、地方税などの増税を打ち出しているが、問題は消費税である。

 財務省が消費税アップに執念を燃やすのは、それが、吹けば飛ぶような政権の帰趨に左右されない、恒久税だからだ。

 野田政権幹部の1人は、消費税アップについて、

「現在、政府税制調査会で議論が行われている、東日本大震災の復興財源について、野田首相が『消費税は外す』と言い出したのが、重要なポイントだ」
として、勝=財務省が狙う驚くべきシナリオについて、こう語る。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/21453?page=6
「官邸と財務省は、東京電力の一時国有化を視野に入れて準備を進めている。東電は福島第一原発の事故の処理で、約2兆円の預金が今年度末には900億円台になると政府に報告しており、資金ショートを起こす可能性が高まっている。

 東電は、電気料金の値上げで国有化を避けようとしているが、政府はそれを認めない。東電の優先株を国が引き受ける形での国有化が既定路線になりつつある。それはなぜか?『東電を潰さなければ増税ができない』からだ」

 財務省にとって、消費税のアップは並大抵のことでは世論を納得させることができない難関である。そこで捻り出されたのが、このウルトラC的計画だという。

「原発事故への対応で、世論の集中砲火を浴びている東電に制裁を下すことになります。『国はやるべきことをやった』とアピールした上で、満を持して『社会保障の財源として消費税アップは必須だ』と、持ち出す。それこそが〝勝政権〟の狙いです」(民主党幹部)

 勝は、東京都内にある財務省の宿舎住まいだ。本誌は、朝9時前に自宅を出た勝に、直撃取材を試みた。

 しかし、勝は記者の呼びかけに一瞬驚いた表情を見せたものの、取材の意図を告げても黙ったまま。そして、記者が差し出した名刺を受け取ることもなく、多くの政治家たちを虜にしている独特の笑みを浮かべながら、「ダメダメ」と言うかのように手を振ると、そのまま公用車に乗り込んで走り去った。

 国民との約束を反故にし、官僚に支配され、その意のままに増税路線を突き進む政権のどこに、「正心誠意」があるのか。

 縁もゆかりもない者たちに、勝手に血脈や語録を利用され、国民を騙す方便に使われた勝海舟も、泉下で呆れ果てているだろう。

(文中一部敬称略)

「週刊現代」2011年10月7日号より

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

2012年7月18日鳩山由紀夫元総理インタビュー(podcast)

 iphone、ipad、ICレコーダーを使う人が多いので、podcastインターネット放送です。

2012/07/18 鳩山由紀夫議員インタビュー
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/23153

 ↑上記インタビューの以下mp3です。画像を含めたのをご覧になりたい場合はリンク先でお願いします。阿修羅サーバーの関係でパート1パート2と分けてあります。

 

2012/07/18 鳩山由紀夫元総理インタビュー(全1時間16分19秒)

インタビュアーは岩上安身さんです。

パート1(40分30秒)

2分55秒から、
なぜ(野田政権の)消費増税に反対したのか。

9分28秒から、
小沢さんの民主党離党をどう思うか。

12分30秒から、
小沢さんをどう思うか。

14分45秒から、
民主党が国民の生活が第一をかなぐり捨てた事について。

17分25秒から、
なぜまだ民主党に残っているのか。

19分48秒から、
鳩山さん自身、9月の民主党の代表選に出られるのか?

23分32秒から、
「啐啄同時(そったくどうじ)」、小沢グループとは、外と内から常に連携をとる、連絡を取り合って行こうと言う関係。

そっ たく[0]【啐▼啄▼】
〔「そつ」は「啐 (さい)」の慣用音。雛 (ひな)がかえろうとするとき,雛が内からつつくのを「啐」,母鳥が外からつつくのを「啄」という〕
(1)禅において,師家と修行者との呼吸がぴったり合うこと。機が熟して弟子が悟りを開こうとしているときにいう。
(2)得難いよい時機。「利家も内々かく思ひ寄りし事なれば―に同じ/太閤記」
→ 啐啄同時

啐啄同時 (どうじ)
禅で,機が熟して悟りを開こうとしている弟子に師がすかさず教示を与えて悟りの境地に導くこと。

スーパー大辞林3.0 (C) Sanseido Co.,Ltd. 2010

 

26分30秒から、
野田一派の党議拘束をかける強権運営について※

※新党の「国民の生活が第一」は党議拘束をかけない。

30分25秒から、
なぜ民主党は変質したと思うか。

33分13秒から、
初志を貫徹し、なぜ辺野古で頑張れなかったのか。

 

パート2(35分48秒)

30秒から、
米国の影。国税使って脅されたり、メディアも対米従属を学習していく。

1分57秒から、
不当な権力行使について。

2分22秒から、
鳩山氏のおかした過ちについて。一つは「鳩山さんに面従腹背」と裏切りを公言した前原のような変節漢を閣僚にいれ、もう一つは無任所でなぜ小沢幹事長を閣僚に入れなかったのか。

9分45秒から、
どうやって民主党を変えていくつもりなのか。

11分45秒から、
原発の話しへ。両議員総会が開かれた同じ時間に(両議員総会へは鳩山氏は党員資格停止処分で出られない)、憲政記念館で開かれた大飯原発直下の破砕帯についての集会に行って、鳩山氏が話したことなど。

14分38秒から、
再稼働について反対か?毎週金曜日の官邸前抗議についてどう思うか。ピープルパワーについて。官邸前に行き話すつもりはあるか。

17分43秒の所から、
鳩山氏「(官邸前抗議行動を)実際に見てみたい」と発言。

18分50秒から、
官邸の中にいた時に、外のマイクの音が聞こえることがあった。

19分45秒から、
小沢さんが新党、国民の生活が第一で脱原発を宣言した。鳩山さんは地球温暖化を言われてきたが、長期のエネルギー政策についてどう考えているか。

26分から、
官僚の隷米・属国根性や、TPPなど、アメリカのご意向を忖度する様な政治について。

29分29秒から、
TPP。米国巨大企業が除草剤とタネを両方育て、除草剤に強い遺伝子組み換え作物をセットにして売り込む米国巨大企業モンサンとの話しなど。

31分55秒から、
既得権に守られている、隷米、再稼働賛成、消費増税賛成のマスコミについて。

33分53秒から、
最後に言い残したことなど。

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

(仙台育英高校)“腕にタバコの火20回以上”やられた方に自主退学勧奨って、逆さま構図がまるで民主党。

 暴行している方に退学勧奨ではなく、暴行されている方に自主退学勧奨って、その逆さまぶりがまるで民主党。

 民主党騒動でも、マニフェストを守ろうとした方(国民の生活が第一)をマスゴミ総がかりで出て行く様に大合唱。マニフェストをかなぐり捨て、消費税大増税一本やりで国民イジメをする方がのうのうと党に残っている倒錯振り。自民党野田派国民イジメ民主党政権は増税だけじゃない、原発再稼働、売国TPP、危険なオスプレイ押しつけと国民イジメのやり方も徹底しているのが、今回の“腕にタバコの火20回以上”の高校生のイジメとも似ている。

 逆さまぶりの欺瞞を徹底解明する行動と声が、マスコミからではなくネット発であがったことも一緒。

 

(以下転載始め)

Photo

“腕にタバコの火20回以上”被害届
8月6日 19時20分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120806/k10014113381000.html
魚拓 
Internet Archive 

仙台市の高校2年生の男子生徒が、同級生から腕にタバコの火を20回以上にわたって押しつけられるなどの暴行を受け登校できなくなったとして、6日、警察に被害届を出しました。

被害届を出したのは、仙台市内の私立高校に通う16歳の男子生徒です。
家族や支援団体によりますと、男子生徒は、去年11月ごろから同級生4人からいじめを受けるようになり、「根性焼き」と称して腕にタバコの火を20回以上押しつけられたほか、殴る蹴るなどの暴力を受け、先月から学校に登校できなくなったということです。
警察は被害届を受理しました。
男子生徒の母親によりますと、今月3日に学校で話し合いがもたれ、同級生がいじめの一部を認めて謝罪したということですが、その後、学校が「腕の傷によってほかの生徒が動揺する」として、男子生徒に対して、6日までに自主的に退学してほしいと伝えてきたということです。
学校は「いじめの有無や退学を求めたかどうかを含めて、現時点でのコメントは控えたい」としています。
家族を支援している全国いじめ被害者の会の大沢秀明理事長は、「いじめを受けた側が退学させられるようなことはあってはならない。今後、学校や警察の対応をしっかり見ていきたい」と話しています。

(以上転載終り)

 

 ネットであがった疑問は以下の部分、

その後、学校が「腕の傷によってほかの生徒が動揺する」として、男子生徒に対して、6日までに自主的に退学してほしいと伝えてきた

 「これは普通じゃない。裏に何かある」がネチズンが最初に感じた疑問。次に感じたのは「なぜ学校名を言わない」で、「ん?」と注目したのが「仙台市内の私立高校」。ここまで来ればあとは経験則からの芋づる式の連想(笑)

「仙台市内の私立高校」と言えば仙台育英高校と言うのがあったな。
 ↓
仙台育英高校は現在夏の甲子園に出ている高校だが、高校野球が絡むと事件をもみ消そうとしたりが定番。イジメ側に仙台育英野球部員が絡んでいる?

 ここまでたどり着けばあとは手始めに仙台育英か特定調査を実行するのみ。

(↓以下クリックすると全て拡大します)
Photo_21、←は上記NHK動画中、47秒の所で、ネット同志が注目したのは後ろの背景部分(扉、扉の左の白いライト、階段、かすかに見える植木、その他諸々)。仙台育英高校関係者ならすぐ気がつくでしょうが、今はグーグルビューがあります。


Photo_32、仙台育英高校敷地周囲を一回りするまでもなく、すぐに南西角近くの場所と特定。


Photo_43、2で特定された場所をグーグルビューした所。


Photo_54、さらにズームアップすると、1の画像の背景とピッタンコ。


Photo_6 5、3の位置からじゃっかん左に移動した所からのグーグルビュー。


Photo_7 6、歩道に近づき、アップ。左の看板には「本学では、多数の生徒が将来の希望を実現するため、一生懸命勉強しています。静かな環境のためご協力をお願いします。学校法人仙台育英学園」の表示。


関連:
http://hamusoku.com/archives/7371721.html
魚拓
http://hogehogesokuhou.ldblog.jp/archives/51954595.html
Internet Archive

参考データ:第94回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社・日本高校野球連盟主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)
Photo_87、仙台育英は東北地区宮城県代表(日程&結果 - 第94回全国高校野球選手権(夏の甲子園2012)より)
魚拓


Photo_98、8月8日(水)佐賀北 対 仙台育英で2−8。


Photo_109、8月14日(火)飯塚(福岡) 対 仙台育英(宮城)。


始めに戻る


 以下、関連記事を資料として採録。朝日のクソぶりが際立ってます。

2012年8月6日20時5分
「いじめで根性焼き22回」仙台の男子高校生が被害届
http://www.asahi.com/national/update/0806/TKY201208060441.html
魚拓

 腕に20回以上、たばこの火を押しつけられるなどのいじめを同級生たちから受けたとして、仙台市の私立高校2年の男子生徒(16)が6日、宮城県警仙台東署に傷害容疑などで被害届を出した。同署は被害届を受理し、たばこの火を押しつけられた現場となった高校近くの建物で写真撮影をするなど捜査を始めた。

 生徒や母親によると、生徒は昨年11月ごろから、同級生らの殴る蹴るの暴行を受けるようになった。今年5月下旬には、2年生の別のクラスの男子生徒から、22回にわたって無理やり腕にたばこの火を押しつけられ、いわゆる「根性焼き」をされた。「根性焼き最高」と書いた写真シールも撮らされた、という。

 

2012年8月8日21時37分
「根性焼き」したとされる生徒、自主退学 仙台の高校
http://www.asahi.com/national/update/0808/TKY201208080510.html

 仙台市の私立高校の男子生徒(16)が「同級生らにいじめられた」として宮城県警に傷害容疑などで被害届を出した問題で、学校側が、火のついたたばこを被害生徒の腕に押しつける「根性焼き」をしていたとされる生徒を自主的に退学させていたことが分かった。

 高校を運営する学校法人の常務理事によると、被害生徒は当初、腕のやけどの痕について「同学年の男子生徒に頼んでつけてもらった」と説明した。学校側はこの生徒について、「頼まれたとしても、火のついたたばこを押しつけるのは許されない」と判断。退学届の提出を促し、7月31日付で退学処分にしたという。

 一方、被害生徒を殴ったり蹴ったりしていたとして、別の男子生徒3人を自宅謹慎処分にしていた。学校は3人の行為はいじめと認識したが、たばこを押しつけた行為がいじめだったかどうかは調査中という。生徒らの聞き取りを始めている。

 

いじめ:仙台の高2が被害届 傷害、暴行容疑で 仙台東署が受理 /宮城
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20120807ddlk04040182000c.html
毎日新聞 2012年08月07日 地方版

 学校の同級生から、たばこの火を腕に押しつけられたり腹や頭を殴られたりしたとして、仙台市内の私立高2年の男子生徒(16)が6日、傷害や暴行容疑で仙台東署に被害届を提出した。生徒は学校側から退学を宣告されたといい、「いじめた生徒と学校は事実を明らかにし、謝罪してほしい」と訴えている。

 生徒や母親(42)によると、生徒は昨年11月ごろから、同級生3人から暴行されるようになった。今年5月には別の同級生からたばこの火を押しつける「根性焼き」を強制させられ、生徒が自分で左腕に火を押しつけた。その後、この同級生は左腕を押さえ、火を更に22カ所押しつけた。腕には今もやけどの痕がくっきりと残り、「痛かったし、友達からこんなことをされ、悔しかった」と話した。

 生徒は7月中旬、異変に気づいた両親の問いかけに暴行を打ち明け、両親が学校側に説明を求めると今月3日、生徒を殴った同級生3人を同席させた「謝罪会」が開かれた。しかし、学校側と同級生はいじめの一部しか認めなかったという。

 その後、学校側は、「やけどの痕を他の生徒に見せびらかせて、動揺させた」などとして、退学処分を宣告。母親らが反論しても「意見は受け付けない」と答えた。しかし、県警に被害届を提出したこの日、学校側は「もう一度、調査をする」などと釈明したという。

 同署は被害届を受理。生徒は「今はホッとしている。いじめを受けている子は、親など周りの人に相談するべきだ」と話した。

 県私学文書課によると、同課が学校に問い合わせると、退学を認め、「学内規定で粛々と手続きをした。事実を整理して報告する」と答えたという。

 学校側は毎日新聞の取材に対し、「担当者が出張中で答えられない」としている。【竹田直人、金森崇之】

 

いじめ:「根性焼き強制」と高2男子が被害届 仙台
毎日新聞 2012年08月07日 00時17分(最終更新 08月07日 01時07分)
http://mainichi.jp/select/news/20120807k0000m040093000c.html
魚拓

001 被害届を提出するため、母親(右から2人目)とともに仙台東署に入る男子生徒(左から2人目)=仙台市宮城野区で2012年8月6日、小川昌宏撮影

 同級生から、たばこの火を腕に押しつけられるなどしたとして、仙台市の私立高2年の男子生徒(16)が6日、傷害や暴行容疑で宮城県警仙台東署に被害届を提出、受理された。生徒は退学処分を宣告されたといい、「いじめた生徒と学校は事実を明らかにし、謝罪して」と訴えている。

 生徒や母親(42)によると、生徒は昨年11月ごろから、同級生3人から暴行されるようになった。今年5月には別の同級生からたばこの火を押しつける「根性焼き」を強制させられ、自分で左腕に火を押しつけた。同級生は腕を押さえ、火を更に22カ所押しつけた。

 異変に気づいた両親が学校に説明を求めると今月3日、加害生徒3人を同席させた「謝罪会」が開かれた。しかし、学校側と同級生はいじめの一部しか認めなかったという。

 その後、学校は「やけど痕を他の生徒に見せびらかし、動揺させた」などとして、退学処分を宣告。母親らが反論しても「意見は受け付けない」と答えた。県警に被害届を出したこの日、学校側は「もう一度、調査をする」と説明したという。

 学校側は毎日新聞の取材に対し、「担当者が出張中で答えられない」としている。【竹田直人、金森崇之】

 

たばこの火20カ所も腕に、仙台 警察、高校生の被害届受理
2012年8月6日 21時33分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012080601002927.html
http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012080601002927.html
魚拓

201208060020_001  火のついたたばこを腕に押しつけられた痕を見せる男子生徒=6日午後、仙台市内
写真

 同級生からたばこの火を腕に20カ所以上押し付けられるなどのいじめを受けたとして、仙台市内の私立高校2年の男子生徒(16)と両親らが6日、宮城県警に被害届を提出し、受理された。

 男子生徒の家族によると、生徒は昨年11月以降、複数の同級生から殴る蹴るなどされたほか「根性焼き」として火の付いたたばこを腕に押し付けられたとしている。

 男子生徒と両親は、6月に学校に相談。今月3日の同級生との話し合いで、いじめの一部について謝罪があったが、その後に学校側から「ほかの生徒に動揺を与えた」という理由で自主退学を求められ、保留扱いになっているという。
(共同)

 

いじめ火傷痕多数、学校はその子に自主退学要求
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120806-OYT1T01190.htm
魚拓
Internet Archive

 仙台市の私立高校2年の男子生徒(16)が、同級生からたばこの火を腕に押しつけられるなどのいじめを受けたとして6日、仙台東署に被害届を出した。

 同署は傷害事件として捜査を始めた。生徒側によると、傷痕が他の生徒に動揺を与えるとして、学校側から自主退学を求められたという。

 男子生徒の母親らによると、生徒は昨年11月頃から、同級生4人にいじめを受け始め、殴る蹴るの暴力を受けたほか、今年5月下旬には、4人のうちの1人から計22回にわたり「根性焼き」と呼ばれるたばこの火を押しつける行為を受けたという。生徒の左腕には今も傷痕が残っている。

 生徒と母親は6月に学校に相談したが、いじめは止まらず、担任の前で暴力を受けても、何も対処しなかったとしている。今月3日に学校側と話し合い、同級生らはいじめの一部を認め、生徒に謝罪。その後、生徒部長を務める教諭から口頭で「傷痕が尋常ではなく、ほかの生徒に動揺を与える」などとして退学を求められたという。

 学校側は読売新聞の取材に「傷があったことは認識しているが、いじめかどうかについては、事実関係を確認しているところなので答えられない」としている。
(2012年8月7日12時04分  読売新聞)

 

「根性焼き」は合意による行為と認識…学校側(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120808-OYT1T00336.htm
魚拓

 仙台市の私立高校の男子生徒(16)が、同級生からたばこの火を腕に押しつけられる「根性焼き」などのいじめを受けたとして仙台東署に被害届を出した問題で、生徒が通う学校の教頭は7日、読売新聞の取材に応じ、「いじめの可能性を否定せず再調査する」と話した。

 「他の生徒に動揺を与える」として生徒側に求めていた自主退学は保留扱いとした。

 学校の説明では、生徒の保護者からいじめの相談を受け、7月中旬に校内に調査委員会を設置。いじめたとされる生徒に話を聞いたところ、被害生徒が自分でたばこの火を腕に押しつけたなどと説明を受けた。被害生徒も自分から頼んだと説明したとして、やけどは「自傷行為」、または「合意による」と認識したという。

 その後、被害生徒が、やけどはいじめによるものと申し出たため、学校側は他の生徒から話を聞くなどしたが、いじめとは認めず、生徒側に今月6日までに自主退学するよう求めたという。学校側は、自主退学に応じなければ退学処分にするとしていたが、被害届が出された6日に行われた保護者との話し合いで、「保護者が納得していない」などとして、再調査と退学処分の保留を決めた。

 学校側は、いじめたとされる同級生が7月31日付で自主退学したことも明らかにした。
(2012年8月8日09時53分  読売新聞)

 

↑↓表題だけを変え、本文テキスト部分は全く同じ記事。本文中赤字部分は別の段落に分けたか分けていないかだけで表現は全く同じ。

 

根性焼き 学校側が再調査へ(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/news/20120807-OYT8T01720.htm
Internet Archive

 仙台市の私立高校の男子生徒(16)が、同級生からたばこの火を腕に押しつけられる「根性焼き」などのいじめを受けたとして仙台東署に被害届を出した問題で、生徒が通う学校の教頭は7日、読売新聞の取材に応じ、「いじめの可能性を否定せず再調査する」と話した。「他の生徒に動揺を与える」として生徒側に求めていた自主退学は保留扱いとした。

 学校の説明では、生徒の保護者からいじめの相談を受け、7月中旬に校内に調査委員会を設置。いじめたとされる生徒に話を聞いたところ、被害生徒が自分でたばこの火を腕に押しつけたなどと説明を受けた。被害生徒も自分から頼んだと説明したとして、やけどは「自傷行為」、または「合意による」と認識したという。

 その後、被害生徒が、やけどはいじめによるものと申し出たため、学校側は他の生徒から話を聞くなどしたが、いじめとは認めず、生徒側に今月6日までに自主退学するよう求めたという。学校側は、自主退学に応じなければ退学処分にするとしていたが、被害届が出された6日に行われた保護者との話し合いで、「保護者が納得していない」などとして、再調査と退学処分の保留を決めた。

 学校側は、いじめたとされる同級生が7月31日付で自主退学したことも明らかにした。
(2012年8月8日  読売新聞)

 

「根性焼き」たばこの火押し付けられる 仙台、高校生が被害届
2012.8.6 21:04 [いじめ問題]
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120806/crm12080621060008-n1.htm

Crm12080621060008p1 火のついたたばこを腕に押しつけられた痕を見せる男子生徒=6日午後、仙台市内

 同級生からたばこの火を腕に20カ所以上押し付けられるなどのいじめを受けたとして、仙台市内の私立高校2年の男子生徒(16)と両親らが6日、宮城県警に被害届を提出し、受理された。

 男子生徒の家族によると、生徒は昨年11月以降、複数の同級生から殴る蹴るなどされたほか「根性焼き」として火の付いたたばこを腕に押し付けられたとしている。

 男子生徒と両親は、6月に学校に相談。今月3日の同級生との話し合いで、いじめの一部について謝罪があったが、その後に学校側から「ほかの生徒に動揺を与えた」という理由で自主退学を求められ、保留扱いになっているという。

 学校側は取材に応じていないが、宮城県私学文書課によると、学校側から「たばこの火を押し付けられたことは把握している」との報告があったという。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »