« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

2012年6月「首相動静」です。再稼働推進、消費増税、TPP推進、野田ブタの動静の記録続行です。

 野田の首相動静を続行します。

 追加して記録していきます。日付は6月30日にしておきます。「首相動静」は朝日と時事があります。先に時事の「首相動静」を採録しますが、採録をし忘れた時には朝日のを採録しておきます。

 なお、各動静記事末尾でリンク紹介されていた記事中や、その他Webで目に付いたものを資料として採録しておきます

※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(OSINT)について

関連:
2012年5月「首相動静」です。財務省と米国のあやつり人形、野田の首相動静記録続行です。

 

 一番下が1日、上が最新です。

首相動静(6月30日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120701-00000000-jij-pol

時事通信 7月1日(日)0時3分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後0時17分、公邸発。同26分、東京・内幸町の帝国ホテル着。同ホテル内の宴会場「光の間」で読売国際経済懇話会に出席し、講演。
 午後1時31分、同所発。同35分、公邸着。
 1日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:7月1日(日)0時13分

 

首相動静(6月29日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120630-00000000-jij-pol

時事通信 6月30日(土)0時2分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時31分、公邸発。同32分、官邸着。同33分、執務室へ。
 午前9時40分、執務室を出て大会議室へ。同41分から同55分まで、災害廃棄物処理の推進に関する関係閣僚会合。同56分、同室を出て閣僚談話室へ。同59分、同室を出て閣僚応接室へ。同10時、閣議室に移り、閣議開始。
 午前10時11分、閣議終了。同12分、執務室へ。
 午前10時19分、執務室を出て特別応接室へ。同20分から同28分まで、北橋健治北九州市長が表敬。同29分、同室を出て執務室へ。
 午前11時30分、枝野幸男経済産業相、細野豪志環境相、古川元久国家戦略担当相らが入った。
 午前11時53分、枝野、細野、古川各氏らが出た。同54分から正午まで、斎藤勁官房副長官。
 午後2時55分から同3時14分まで、国際協力機構(JICA)の緒方貞子特別顧問。同30分、執務室を出て特別応接室へ。同31分から同42分まで、「世界防災閣僚会議in東北」に向けたビデオメッセージ収録。同43分、同室を出て執務室へ。同4時30分から同5時まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時1分、執務室を出て大会議室へ。同2分、エネルギー・環境会議開始。
 午後5時30分、同会議終了。同31分、同室を出て執務室へ。
 午後6時42分、岡田克也副総理が入った。
 午後6時49分、岡田氏が出た。
 午後6時56分、執務室を出て、同57分、官邸発。同58分、公邸着。
 30日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    留任なら指揮権発動した=小川敏夫前法相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月30日(土)0時13分

 

首相動静(6月28日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120629-00000000-jij-pol

時事通信 6月29日(金)0時9分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時32分、公邸発。同33分、官邸着。同34分、執務室へ。
 午前9時54分、古川元久国家戦略担当相が入った。
 午前10時36分、古川氏が出た。
 午前11時30分から同49分まで、自見庄三郎国民新党代表との与党党首会談。下地幹郎同党幹事長同席。
 午後1時38分から同55分まで、田中慶秋民主党副代表。同57分、前原誠司民主党政調会長が入った。
 午後2時19分、前原氏が出た。同4時30分から同59分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時、北村滋内閣情報官、防衛省の西正典防衛政策局長、木野村謙一情報本部長が入った。同10分、西、木野村両氏が出た。同20分、北村氏が出た。
 午後5時45分、執務室を出て、同46分、大会議室へ。同47分、グルジアのギラウリ首相との首脳会談開始。
 午後6時13分、同会談終了。同室を出て、同14分から同15分まで、官邸玄関でギラウリ首相を見送り。同16分、執務室へ。同21分、輿石東民主党幹事長が入った。
 午後6時58分、輿石氏が出た。同59分、執務室を出て、同7時、官邸発。同11分、東京・麻布台の米沢牛専門店「雅山」着。衆院社会保障と税の一体改革特別委員会の中野寛成委員長、鉢呂吉雄筆頭理事らと会食。
 午後9時20分、同所発。同27分、公邸着。
 29日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    留任なら指揮権発動した=小川敏夫前法相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月29日(金)0時13分

 

首相動静(6月27日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120628-00000001-jij-pol

時事通信 6月28日(木)0時4分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時30分、公邸発。同31分、官邸着。同32分、執務室へ。
 午前11時19分から同48分まで、岡田克也副総理。
 午後1時20分、執務室を出て、同22分、官邸発。同23分、国会着。同25分、参院第11控室へ。同29分、同室を出て、同30分、参院第10控室へ。民主党参院議員総会に出席。同2時4分、同室を出て、同6分、国会発。同8分、官邸着。同9分、執務室へ。
 午後2時16分から同29分まで、岸本周平民主党衆院議員ら。
 午後2時39分、玄葉光一郎外相、森本敏防衛相、金沢博範防衛事務次官、伊原純一外務省北米局長が入った。同51分、長島昭久首相補佐官が加わった。同3時、藤村修官房長官が加わった。
 午後3時27分、全員出た。
 午後3時53分、佐々江賢一郎外務事務次官が入った。
 午後4時19分、佐々江氏が出た。同30分から同5時まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時29分、執務室を出て、同31分、大会議室へ。同32分から同6時まで、ガシュパロビッチ・スロバキア大統領との首脳会談。同1分、同室を出て、同2分、小ホールへ。同3分、首相主催の夕食会開始。
 午後7時5分、夕食会終了。同ホールを出て、同6分から同7分まで、官邸エントランスでガシュパロビッチ大統領を見送り。同8分、官邸発。同9分、公邸着。
 28日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    留任なら指揮権発動した=小川敏夫前法相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月28日(木)0時13分

 

首相動静(6月26日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120627-00000001-jij-pol

時事通信 6月27日(水)0時7分配信

 午前7時16分、斎藤勁官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時6分、斎藤、手塚両氏が出た。
 午前8時11分、公邸発。同12分、国会着。同14分、院内大臣室へ。同20分、閣議開始。
 午前8時32分、閣議終了。
 午前8時50分、同室を出て、同52分、衆院第1委員室へ。同9時、衆院社会保障と税の一体改革特別委員会開会。
 午前11時48分、衆院社会保障と税の一体改革特別委散会。同50分、同室を出て、同51分、国会発。同53分、官邸着。同54分、執務室へ。
 午後0時52分、執務室を出て、同54分、官邸発。同55分、国会着。同57分、衆院本会議場へ。同1時2分、衆院本会議開会。
 午後3時25分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同28分、院内大臣室へ。
 午後3時29分から同41分まで、政府・民主三役での打ち合わせ。同42分、同室を出て、同43分から同57分まで、衆院の横路孝弘、衛藤征士郎正副議長、与野党各会派にあいさつ回り。城島光力民主党国対委員長、岡田克也副総理ら同行。同4時、国会発。同2分、官邸着。同3分、執務室へ。
 午後5時1分、鹿野道彦前農林水産相が入った。
 午後5時11分、鹿野氏が出た。同12分から同30分まで、斎藤官房副長官。
 午後5時57分、執務室を出て、同6時、記者会見室へ。同1分から同20分まで、記者会見。同21分、同室を出て、同22分、執務室へ。
 午後6時23分から同51分まで、手塚首相補佐官。同52分、執務室を出て、同54分、官邸発。同55分、公邸着。
 27日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    留任なら指揮権発動した=小川敏夫前法相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月27日(水)0時13分

 

首相動静(6月25日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000002-jij-pol

時事通信 6月26日(火)0時10分配信

 午前7時1分、斎藤勁官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時45分、斎藤、手塚両氏が出た。同48分、公邸発。同50分、国会着。同52分、衆院第1委員室へ。同9時、衆院社会保障と税の一体改革特別委員会開会。
 午後0時1分、衆院社会保障と税の一体改革特別委休憩。同2分、同室を出て、同5分、院内大臣室へ。
 午後0時39分、民主党の輿石東幹事長、樽床伸二幹事長代行、城島光力国対委員長が入った。
 午後0時53分、全員出た。同54分、院内大臣室を出て、同55分、衆院第1委員室へ。同1時、衆院社会保障と税の一体改革特別委再開。
 午後5時20分、衆院社会保障と税の一体改革特別委散会。同21分、同室を出て、同24分、院内大臣室へ。同30分、同室を出て、同31分、衆院第14控室へ。民主党代議士会に出席。
 午後6時43分、同室を出て、同44分、国会発。同46分、官邸着。同47分、執務室へ。同7時から同26分まで、手塚首相補佐官。
 午後7時27分、玄葉光一郎外相、森本敏防衛相、藤村修官房長官、長島昭久首相補佐官、伊原純一外務省北米局長が入った。
 午後8時7分、玄葉、藤村両氏が出た。同19分、森本、長島、伊原各氏が出た。同25分、執務室を出て、同26分、官邸発。同27分、公邸着。
 26日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    留任なら指揮権発動した=小川敏夫前法相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月26日(火)0時13分

 

首相動静(6月24日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120625-00000000-jij-pol

時事通信 6月25日(月)0時5分配信

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 25日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:6月25日(月)0時13分

 

首相動静(6月23日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120624-00000001-jij-pol

時事通信 6月24日(日)0時4分配信

 午前7時13分、公邸発。
 午前7時38分、羽田空港着。同8時8分、全日空125便で同空港発。斎藤勁、竹歳誠両官房副長官同行。
 午前10時19分、那覇空港着。与世田兼稔沖縄県副知事ら出迎え。同41分、同空港発。
 午前11時14分、沖縄県糸満市の平和祈念公園着。同公園内の国立沖縄戦没者墓苑で献花。仲井真弘多同県知事ら同行。同17分、同墓苑発。同22分、同公園内の沖縄平和祈念堂着。参拝。
 午前11時45分、同祈念堂発。同51分から午後0時52分まで、同公園内の式典会場で沖縄全戦没者追悼式に出席。献花、あいさつ。同53分から同56分まで、同公園内で報道各社のインタビュー。「消費増税関連法案の衆院採決で、反対を投じた民主党員に対してどのような処分を検討しているか」に「一致結束して行動してもらえるよう、最後まで全力を尽くしたい」。同57分、同公園発。
 午後1時29分、那覇市の沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ着。
 午後1時30分から同2時28分まで、斎藤、竹歳両官房副長官、長島昭久首相補佐官。同29分、同ホテル発。
 午後2時40分、同市の海上保安庁第11管区海上保安本部着。
 午後3時6分から同58分まで、同庁の巡視船「りゅうきゅう」に乗船。視察、訓示。同59分、同所発。同4時10分、那覇空港着。同22分から同28分まで、仲井真知事。
 午後4時48分、全日空132便で同空港発。
 午後6時51分、羽田空港着。同7時8分、同空港発。
 午後7時31分、公邸着。
 24日午前0時現在、公邸。来客なし
(了)
【関連記事】

    【動画】海上保安庁観閲式=巡視船など38隻と航空機18機が参加
    【動画】全日空がボーイング787のパイロット訓練機器を公開
    【動画】尖閣諸島沖、中国漁船衝突=海上保安庁提出映像
    【特集】よもやま消費税~公平?それとも不公平?~
    〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る

最終更新:6月24日(日)0時13分

 

首相動静(6月22日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120623-00000001-jij-pol

時事通信 6月23日(土)0時4分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時31分、公邸発。同32分、官邸着。同33分、執務室へ。
 午前9時44分、執務室を出て、同45分、閣僚応接室へ。同46分、閣議室に移り閣議開始。
 午前10時8分、閣議終了。同9分、同室を出て執務室へ。
 午前10時22分、長妻昭元厚生労働相が入った。
 午前10時44分、長妻氏が出た。同45分、岡田克也副総理が入った。
 午前11時9分、岡田氏が出た。
 午前11時59分、輿石東民主党幹事長が入った。
 午後0時38分、輿石氏が出た。
 午後2時23分、鹿野道彦前農林水産相が入った。
 午後2時47分、鹿野氏が出た。同49分、杉山晋輔外務省アジア大洋州局長が入った。
 午後3時11分、杉山氏が出た。
 午後3時59分、国家戦略会議「フロンティア分科会」座長の大西隆東大大学院教授が入った。古川元久国家戦略担当相同席。同4時31分、古川氏が出た。同37分、大西氏が出た。
 午後4時51分、執務室を出て小ホールへ。同52分から同56分まで、女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議に出席し、あいさつ。同57分、同ホールを出て、同58分、執務室へ。
 午後5時31分、執務室を出て大ホールへ。同32分から同39分まで、男女共同参画に関する懇談会に出席し、あいさつ。同40分、同ホールを出て執務室へ。
 午後5時45分、執務室を出て大会議室へ。同46分から同55分まで、電力需給に関する検討会合、エネルギー・環境会議の合同会合。同56分、同室を出て執務室へ。同6時6分、執務室を出て小ホールへ。同7分、月例経済報告関係閣僚会議開始。
 午後6時23分、同会議終了。同24分、小ホールを出て、同25分、執務室へ。
 午後6時30分から同54分まで、手塚仁雄首相補佐官。同55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同57分、公邸着。
 23日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    留任なら指揮権発動した=小川敏夫前法相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月23日(土)0時13分

 

首相動静(6月21日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120622-00000002-jij-pol

時事通信 6月22日(金)0時15分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時21分、公邸発。同22分、官邸着。同23分、執務室へ。同24分、森本敏防衛相が入った。同28分、長島昭久首相補佐官が加わった。
 午前9時48分、森本、長島両氏が出た。
 午前10時34分から同11時38分まで、斎藤勁官房副長官。
 午後0時4分、岡田克也副総理が入った。
 午後0時30分、岡田氏が出た。
 午後0時53分、執務室を出て、同54分、官邸発。同56分、国会着。同58分、衆院本会議場へ。同1時4分、衆院本会議開会。
 午後1時19分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同20分、国会発。同22分、官邸着。同23分、執務室へ。
 午後1時57分、篠原孝民主党衆院議員が入った。本多平直首相補佐官同席。
 午後2時15分、篠原、本多両氏が出た。
 午後3時57分、前原誠司民主党政調会長が入った。
 午後4時14分、前原氏が出た。
 午後4時48分から同52分まで、竹歳誠官房副長官。
 午後5時から同21分まで、北村滋内閣情報官。
 午後6時30分から同7時10分まで、手塚仁雄首相補佐官。同16分、執務室を出て、同17分、官邸発。同18分、公邸着。
 22日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    留任なら指揮権発動した=小川敏夫前法相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月22日(金)0時18分

 

首相動静(6月20日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120621-00000002-jij-pol

時事通信 6月21日(木)0時5分配信

 午前6時23分、20カ国・地域(G20)首脳会議を終え、メキシコから政府専用機で羽田空港着。同39分、同空港発。
 午前7時3分、公邸着。
 午前7時54分、藤村修官房長官が入った。
 午前8時22分、藤村氏が出た。同35分、民主党の輿石東幹事長、樽床伸二幹事長代行、岡田克也副総理が入った。
 午前9時15分、輿石、樽床両氏が出た。同19分、岡田氏が出た。
 午前9時59分、公邸発。同10時、官邸着。同1分、執務室へ。同4分、政府・民主三役会議開始。
 午前10時24分、同会議終了。同25分から同28分まで、岡田副総理。
 午前11時16分、執務室を出て、同17分、官邸発。同24分、皇居着。帰国の記帳。
 午前11時31分、皇居発。同38分、官邸着。同39分、執務室へ。
 午前11時50分から同59分まで、民主党の直嶋正行、田中慶秋両副代表。
 午後1時32分、樽床民主党幹事長代行が入った。
 午後1時57分、樽床氏が出た。
 午後4時33分、執務室を出て、同34分、特別応接室へ。同35分から同43分まで、国民新党の自見庄三郎代表、下地幹郎幹事長。同44分から同48分まで、自見国民新党代表との与党党首会談。輿石民主党幹事長、下地国民新党幹事長同席。同49分、同室を出て執務室へ。同54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同5時2分、東京・永田町の憲政記念館着。民主党両院議員懇談会に出席し、あいさつ。同8時から同30分まで、民主党の輿石幹事長、樽床幹事長代行、城島光力国対委員長ら。
 午後8時31分、同所発。同34分、官邸着。同35分、執務室へ。同37分、岡田副総理が入った。
 午後8時50分、岡田氏が出た。
 午後9時1分、執務室を出て、同2分、官邸発。同3分、公邸着。
 21日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    留任なら指揮権発動した=小川敏夫前法相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月21日(木)0時13分

 

首相動静(6月19日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120619-00000036-jij-pol

時事通信 6月19日(火)9時35分配信

 現地時間
 18日午前、メキシコ・ロスカボスのシェラトンホテルでインドネシアのユドヨノ大統領と会談。午後、ベンタナホテルでロシアのプーチン大統領と会談。ホテル・メリア・カボ・レアルで報道各社のインタビュー。コンベンションセンターで20カ国・地域(G20)首脳会議に出席。
 午前、メキシコ・ロスカボスのシェラトンホテルでインドネシアのユドヨノ大統領と会談。午後、ベンタナホテルでロシアのプーチン大統領と会談。ホテル・メリア・カボ・レアルで報道各社のインタビュー。コンベンションセンターでオバマ米大統領らと立ち話。20カ国・地域(G20)首脳会議に出席。
 18日夜、メキシコ・ロスカボスのコンベンションセンターで20カ国・地域(G20)首脳との夕食会。政府専用機でロスカボス国際空港発。(了)
【関連記事】

    〔写真特集〕ロシアの「マッチョ」指導者 プーチン大統領
    領土交渉、進展描けず=玄葉外相訪ロが試金石に
    プーチン大統領に秋田犬=交流拡大願い、県が寄贈
    TPP協議、進展を=日米首脳が再確認
    南シナ海問題で協力=日・インドネシア首脳

最終更新:6月19日(火)17時38分

 

首相動静(6月17日、現地時間)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120618-00000057-jij-pol

時事通信 6月18日(月)11時39分配信

 17日夕、政府専用機でメキシコ・ロスカボスのロスカボス国際空港着。宿舎のシークレッツ・マルキスホテルで、各国の労働組合トップによる表敬。夜、フィエスタ・アメリカーナホテルでメキシコのカルデロン大統領と会談。
 夜、宿舎のシークレッツ・マルキスホテル泊。(了)
【関連記事】

    首相動静(6月17日、現地時間)
    首相、懸案残しメキシコへ=G20で財政再建アピール
    海自、米豪と演習で強襲艦撃沈=多国間武力行使で憲法抵触の恐れ-10年7月
    イラン決済再開=米連邦地裁が凍結差し止め
    首相動静(5月20日)

最終更新:6月18日(月)15時53分

 

首相動静(6月17日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120617-00000013-jij-pol

時事通信 6月17日(日)10時13分配信

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 午後5時40分から同43分まで、公邸内で報道各社のインタビュー。「今国会の会期延長についてどうお考えか」に「極めてタイトな日程は間違いないので執行部と対応して野党に考えを示す」。同44分、公邸発。同49分、東京・六本木のサウジアラビア大使館着。同国のナエフ皇太子の弔問。同57分、同所発。同6時17分、羽田空港着。
 午後6時44分、20カ国・地域(G20)首脳会議出席のため、政府専用機でメキシコに向け同空港発。(了)
【関連記事】

    会期延長、帰国後に協議=首相
    一体改革「21日採決」で攻防=民主、18日党内手続き
    8月軸に国会延長=一体改革法案、成立期す
    鳩山氏、消費増税法案に造反示唆=野田首相と会談
    一体改革、3党が合意=消費増税成立へ前進-民主内手続き焦点

最終更新:6月17日(日)19時8分

 

首相動静(6月16日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120617-00000000-jij-pol

時事通信 6月17日(日)0時3分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時2分、公邸発。同4分、官邸着。同5分、執務室へ。
 午前10時14分、執務室を出て南会議室へ。同15分、西川一誠福井県知事との会談開始。平野博文文部科学相、枝野幸男経済産業相、細野豪志原発事故担当相、藤村修官房長官、仙谷由人民主党政調会長代行同席。
 午前10時35分、同会談終了。同36分、同室を出て執務室へ。
 午前10時56分、執務室を出て大会議室へ。同57分から同11時32分まで、原発に関する3閣僚との会合。仙谷民主党政調会長代行同席。同33分、同室を出て執務室へ。
 午前11時34分から午後0時6分まで、斎藤勁官房副長官。
 午後0時28分、執務室を出て、同29分、官邸発。同31分、公邸着。
 17日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
    留任なら指揮権発動した=小川敏夫前法相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    【特集】福島エクソダス~原発事故は何をもたらしたのか~
    事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ

最終更新:6月17日(日)0時13分

 

首相動静(6月15日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120615-00000022-jij-pol

時事通信 6月15日(金)8時8分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時7分、公邸発。同9分、国会着。同10分、院内大臣室へ。
 午前8時15分、閣議開始。
 午前8時30分、閣議終了。同31分、同室を出て、同32分、国会発。同34分、官邸着。同35分、執務室へ。
 午前8時38分、岡田克也副総理、内閣府の中塚一宏副大臣、松元崇事務次官が入った。同45分、藤村修官房長官が加わった。同50分、全員出た。
 午前11時24分から同52分まで、田中慶秋民主党副代表。同58分、執務室を出て、同59分、官邸発。午後0時1分、国会着。同2分、院内大臣室へ。同5分、政府・民主三役会議開始。
 午後0時46分、同会議終了。
 午後0時54分、院内大臣室を出て、同55分、衆院本会議場へ。同1時2分、衆院本会議開会。同3分、衆院本会議を途中退席し、同4分、国会発。同6分、官邸着。同7分、執務室へ。
 午後1時49分、執務室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同55分、参院議長応接室へ。同2時、同室を出て参院本会議場へ。同1分、参院本会議開会。
 午後3時21分、参院本会議散会。参院本会議場を出て、同22分、院内大臣室へ。同29分、政府・民主三役会議開始。
 午後3時51分、政府・民主三役会議終了。同54分、同室を出て、同55分、国会発。同57分、官邸着。同58分、執務室へ。
 午後5時から同10分まで、枝野幸男経済産業相、藤村官房長官、斎藤勁官房副長官、深野弘行原子力安全・保安院長。
 午後5時24分から同54分まで、民主党の中野譲、城井崇、津島恭一各衆院議員ら。同57分、鳩山由紀夫元首相が入った。
 午後6時26分、鳩山氏が出た。
 午後7時23分、岡田副総理が入った。
 午後7時38分、岡田氏が出た。
 午後7時39分から同8時まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後8時26分、執務室を出て、同27分、官邸発。同28分、公邸着。(了)
【関連記事】

    留任なら指揮権発動した=小川敏夫前法相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月15日(金)20時48分

 

首相動静(6月14日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120615-00000000-jij-pol

時事通信 6月15日(金)0時4分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時58分、公邸発。
 午前9時17分、東京・大塚の豊島岡墓地着。三笠宮家の故寛仁(ともひと)さまの「葬場の儀」に参列。
 午前10時43分、同所発。
 午前10時59分、公邸着。
 午前11時56分、公邸発。同57分、官邸着。同58分、執務室へ。
 午後0時59分、執務室を出て特別応接室へ。同1時から同7分まで、全国郵便局長会の黒田敏博、柘植芳文新旧会長。藤村修官房長官同席。同8分、同室を出て執務室へ。同11分、鹿野道彦前農林水産相が入った。
 午後1時39分、鹿野氏が出た。
 午後4時40分から同5時まで、北村滋内閣情報官。
 午後5時25分から同6時1分まで、古川元久国家戦略担当相。
 午後6時7分、執務室を出て小ホールへ。同8分から同22分まで、ミャンマーの連邦団結発展党(USDP)のテー・ウ幹事長が表敬。藤村官房長官同席。同23分、同ホールを出て執務室へ。
 午後6時24分から同7時20分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後7時34分から同51分まで、岡田克也副総理。同8時8分、執務室を出て、同9分、官邸発。同10分、公邸着。
 15日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:6月15日(金)0時4分

 

首相動静(6月13日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120613-00000028-jij-pol

時事通信 6月13日(水)8時5分配信

 午前7時3分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時23分、長浜、手塚両氏が出た。
 午前8時37分から同42分まで、竹歳誠官房副長官。同47分、公邸発。同48分、国会着。同50分、参院第1委員会室へ。同9時、参院予算委員会開会。
 午前11時54分、参院予算委休憩。同55分、同室を出て、同58分、院内大臣室へ。正午、政府・民主三役会議開始。
 午後0時31分、同会議終了。同32分から同36分まで、前原誠司民主党政調会長。同50分、院内大臣室を出て、同52分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後5時8分、参院予算委散会。同9分、同室を出て、同11分、国会発。同13分、官邸着。同15分、執務室へ。同16分、前原政調会長が入った。
 午後5時41分、前原氏が出た。同42分から同6時まで、手塚首相補佐官。同1分、執務室を出て、同2分、官邸発。同8分、東京・元赤坂の赤坂御用地着。寛仁(ともひと)親王邸で三笠宮家の故寛仁さまの通夜に参列。
 午後6時52分、同所発。同58分、公邸着。(了)

最終更新:6月13日(水)19時21分

 

首相動静(6月12日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120613-00000000-jij-pol

時事通信 6月13日(水)0時3分配信

 午前6時31分、斎藤勁官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時9分、斎藤、手塚両氏が出た。同12分、公邸発。同14分、国会着。同15分、院内大臣室へ。
 午前8時24分、閣議開始。
 午前8時31分、閣議終了。
 午前8時32分から同37分まで、岡田克也副総理。同38分から同42分まで、渡部恒三民主党衆院議員。同51分、同室を出て、同52分、衆院第1委員室へ。同58分、衆院予算委員会開会。
 正午、衆院予算委員会休憩。午後0時1分、同室を出て、同3分、国会発。同4分、官邸着。同6分、執務室へ。
 午後0時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同51分、国会着。同53分、衆院第1委員室へ。同59分、衆院予算委再開。
 午後5時1分、衆院予算委散会。同2分、同室を出て、同4分、国会発。同6分、官邸着。同7分、執務室へ。
 午後5時15分から同29分まで、手塚首相補佐官。同30分、執務室を出て、同31分、大会議室へ。同32分から同50分まで、雇用戦略対話。同51分、同室を出て閣僚談話室へ。同57分、同室を出て特別応接室へ。同58分から同6時6分まで、古賀伸明連合会長ら。長浜博行官房副長官同席。同7分、同室を出て執務室へ。
 午後6時14分、執務室を出て、同15分、大ホールへ。同16分、青年海外協力隊の報告会に出席、あいさつ。同34分、同ホールを出て、同35分、執務室へ。同36分、前原誠司民主党政調会長が入った。
 午後6時51分、前原氏が出た。同7時、執務室を出て、同1分、官邸発。同3分、公邸着。
 13日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月13日(水)0時13分

 

首相動静(6月11日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120612-00000000-jij-pol

時事通信 6月12日(火)0時8分配信

 午前8時、斎藤勁官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前9時31分、斎藤、手塚両氏が出た。
 午前9時48分、公邸発。同50分、国会着。同52分、衆院第1委員室へ。同10時、衆院社会保障と税の一体改革特別委員会開会。
 午前11時59分、衆院社会保障と税の一体改革特別委休憩。同委員会の伊吹文明自民党筆頭理事らと立ち話。午後0時1分、同室を出て、同3分、国会発。同5分、官邸着。同6分、執務室へ。
 午後0時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同52分、国会着。同55分、衆院第1委員室へ。同1時、衆院社会保障と税の一体改革特別委再開。
 午後5時19分、衆院社会保障と税の一体改革特別委散会。同20分、同室を出て、同21分、国会発。同23分、官邸着。同24分、執務室へ。
 午後5時30分、執務室を出て南会議室へ。同31分から同45分まで、ロシアのナルイシキン下院議長が表敬。斎藤官房副長官、長島昭久首相補佐官同席。同46分、同室を出て執務室へ。同49分、政府・民主三役会議開始。
 午後6時26分、政府・民主三役会議終了。同27分、川端達夫総務相、藤村修官房長官、後藤斎内閣府副大臣が入った。
 午後6時43分、全員出た。
 午後6時45分から同7時5分まで、手塚首相補佐官。同7分、執務室を出て、同8分、官邸発。同9分、公邸着。
 12日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    首相動静(6月11日)
    災害時、国への協力義務付け=出先改革法案で地方組織に
    森本防衛相は左端=議場席次
    「大阪都」法案を了承=特別区設置で国の関与縮小
    「先送りできない課題を決断」=野田再改造内閣が基本方針

最終更新:6月12日(火)0時13分

 

首相動静(6月10日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120611-00000000-jij-pol

時事通信 6月11日(月)0時2分配信

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後0時16分、公邸発。同28分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」着。同ホテル内の宴会場「ボールルーム」で「日本アカデメイア」の交流会に出席し、講演。
 午後1時37分、同ホテル発。同46分、公邸着。
 11日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:6月11日(月)0時13分

 

首相動静(6月9日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120610-00000000-jij-pol

時事通信 6月10日(日)0時2分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 午後5時52分、公邸発。同54分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の日本料理店「水簾」で古賀伸明連合会長と会食。
 午後8時21分、同所発。同23分、公邸着。
 10日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:6月10日(日)0時13分

 

首相動静(6月8日)
http://www.jiji.com/jc/zc?key=&k=201206/2012060800128

時事通信 6月9日(土)0時3分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時6分、公邸発。同7分、官邸着。同8分、執務室へ。
 午前9時14分、執務室を出て、同15分、閣僚応接室へ。同16分、閣議室に移り閣議開始。
 午前9時27分、閣議終了。同28分、同室を出て執務室へ。同33分、斎藤勁官房副長官が入った。
 午前9時46分、斎藤氏が出た。
 午前9時59分、城島光力民主党国対委員長が入った。
 午前10時18分、城島氏が出た。
 午前11時32分、執務室を出て、同34分、大会議室へ。同35分から同51分まで、コソボのサチ首相との首脳会談。同52分、同室を出て、同53分から同54分まで、官邸エントランスでサチ首相を見送り。同55分、執務室へ。午後0時1分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時22分、同室を出て執務室へ。
 午後0時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同55分、衆院本会議場へ。同1時2分から同13分まで、衆院本会議。衆院本会議場を出て、同14分、国会発。同16分、官邸着。同17分、執務室へ。
 午後1時59分、執務室を出て小ホールへ。同2時から同8分まで、石津政雄民主党衆院議員ら。長島昭久首相補佐官同席。同9分、同ホールを出て、同10分、執務室へ。
 午後2時44分、執務室を出て首相会議室へ。同45分、山口壮外務副大臣、長浜博行官房副長官、西宮伸一外務審議官、中尾武彦財務官、岡田秀一経済産業審議官、水岡俊一、長島両首相補佐官が入った。同3時15分、全員出た。同16分、同室を出て執務室へ。
 午後3時27分から同53分まで、古川元久経済財政担当相。同54分、鈴木宗男新党大地・真民主代表が入った。手塚仁雄首相補佐官同席。
 午後4時33分、鈴木、手塚両氏が出た。同34分から同40分まで、岡田克也副総理。
 午後4時45分から同5時30分まで、手塚首相補佐官。同59分、執務室を出て、同6時、記者会見室へ。同1分から同21分まで、記者会見。同22分、同室を出て、同23分、執務室へ。同24分、枝野幸男経済産業相、細野豪志環境相、平野達男復興相が入った。斎藤官房副長官同席。
 午後6時56分、細野、平野、斎藤各氏が出た。同57分、経済産業省の安達健祐事務次官、上田隆之製造産業局長が加わった。同7時16分、全員出た。同17分、高木義明民主党選対委員長が入った。
 午後7時39分、高木氏が出た。同42分、執務室を出て、同43分、官邸発。同44分、公邸着。
 9日午前0時現在、公邸。来客なし。

 

首相動静(6月7日)
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120608-00000000-jij-pol

時事通信 6月8日(金)0時3分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時51分、公邸発。同9時1分、皇居着。三笠宮家の故寛仁(ともひと)さまの弔問の記帳。同6分、皇居発。同18分、公邸着。
 午前9時50分、公邸発。同56分、東京・元赤坂の赤坂御用地着。寛仁親王邸、三笠宮邸、高円宮邸で弔問の記帳。同10時6分、同所発。同13分、東京・三番町の桂宮邸着。弔問の記帳。同15分、同所発。同24分、公邸着。
 午前10時46分、公邸発。同47分、官邸着。同48分、執務室へ。
 午後0時1分、執務室を出て首相会議室へ。長島昭久、手塚仁雄、寺田学、本多平直、水岡俊一各首相補佐官と昼食。同36分、同室を出て執務室へ。
 午後2時57分、枝野幸男経済産業相が入った。同3時2分、高原一郎資源エネルギー庁長官が加わった。同10分、細野豪志原発事故担当相、古川元久国家戦略担当相が加わった。同35分、古川氏が出た。同40分、高原氏が出た。同4時1分、枝野、細野両氏が出た。
 午後4時45分、江田五月民主党参院議員が入った。
 午後5時1分、江田氏が出た。
 午後5時4分、北村滋内閣情報官、椋木功内閣衛星情報センター所長が入った。同9分、椋木氏が出た。同30分、北村氏が出た。
 午後5時40分から同6時25分まで、手塚首相補佐官。同26分、執務室を出て、同27分、官邸発。同28分、公邸着。
 8日午前0時現在、公邸。来客なし。

 

首相動静(6月6日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120606-00000031-jij-pol

時事通信 6月6日(水)8時4分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時52分、公邸発。同59分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内の宴会場「鶴の間」で全国市長会議に出席し、あいさつ。同10時24分、同ホテル発。同32分、官邸着。同33分、執務室へ。
 午前10時59分、執務室を出て特別応接室へ。同11時から同9分まで、紀州梅の会「梅娘」の楠本志保さん、杉本成美さんが表敬。真砂充敏和歌山県田辺市長、玉置公良民主党衆院議員同席。同10分、同室を出て執務室へ。
 午前11時33分、城島光力民主党国対委員長が入った。
 午前11時49分、城島氏が出た。同53分、執務室を出て、同54分、官邸発。同55分、公邸着。
 午後0時8分、公邸発。同10分、官邸着。同11分、首相会議室へ。
 午後0時35分、同室を出て執務室へ。
 午後1時45分、執務室を出て特別応接室へ。同46分から同2時3分まで、「日中ジャーナリスト交流会議」出席者が表敬。同4分、同室を出て執務室へ。
 午後2時18分から同23分まで、竹歳誠官房副長官。
 午後2時28分から同40分まで、宮内庁の風岡典之、羽毛田信吾新旧長官。
 午後4時30分、執務室を出て特別応接室へ。同31分から同45分まで、「平和と安全を考えるエコノミストの会」の河合正弘アジア開発銀行研究所長ら。藤井裕久民主党税制調査会長、本多平直首相補佐官同席。同46分、同室を出て執務室へ。同50分から同5時20分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時30分、執務室を出て大会議室へ。同31分、アルメニアのサルキシャン大統領との会談開始。
 午後5時57分、会談終了。同58分、同室を出て南会議室へ。同59分から同6時1分まで、共同声明署名式。同2分、同室を出て小ホールへ。同3分、首相主催夕食会開始。
 午後6時55分、夕食会終了。同ホールを出て、同56分から同58分まで、官邸玄関でサルキシャン大統領を見送り。同59分、官邸発。
 午後7時17分、東京・池袋の祥雲寺着。豊原昭二民主党事務局次長の親族の通夜に参列。同19分、同所発。同38分、公邸着。

 

首相動静(6月5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120606-00000001-jij-pol

時事通信 6月6日(水)0時3分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時17分、公邸発。同19分、国会着。同20分、院内大臣室へ。同24分、閣議開始。
 午前8時34分、閣議終了。同38分から同48分まで、近藤洋介民主党衆院議員。同49分、同室を出て、同51分、国会発。同52分、官邸着。同54分、執務室へ。
 午前8時59分、執務室を出て特別応接室へ。同9時から同2分まで、松野信夫民主党参院議員に法務政務官、若泉征三同党衆院議員に財務兼復興政務官の辞令交付。記念撮影。同3分、同室を出て執務室へ。
 午前9時16分から同38分まで、玄葉光一郎外相。
 午前10時10分から同33分まで、斎藤勁官房副長官。
 午前11時57分、執務室を出て首相会議室へ。同58分、森本敏防衛相、防衛省の渡辺周副大臣、下条みつ、神風英男両政務官、金沢博範事務次官との昼食会開始。長島昭久首相補佐官同席。
 午後0時31分、昼食会終了。同32分、同室を出て執務室へ。
 午後1時29分、執務室を出て大会議室へ。同30分から同35分まで、復興推進委員会に出席し、あいさつ。同36分、同室を出て執務室へ。
 午後1時52分、執務室を出て、同54分、官邸発。同2時8分、東京・大手町の経団連会館着。同10分から同32分まで、日本経団連の定時総会に出席し、あいさつ。同33分、同所発。同43分、官邸着。同45分、執務室へ。
 午後3時25分から同40分まで、斎藤官房副長官。
 午後4時55分から同5時28分まで、斎藤官房副長官。同29分から同38分まで、大串博志内閣府政務官。同40分から同6時5分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後6時6分、執務室を出て、同7分、官邸発。同8分、公邸着。
 6日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)
【関連記事】

    原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    「高負担国家」へと突き進む民主党の社会保障政策
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月6日(水)0時13分

 

首相動静(6月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120605-00000001-jij-pol

時事通信 6月5日(火)0時7分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時1分、公邸発。同2分、官邸着。同3分、執務室へ。
 午前10時29分、執務室を出て特別応接室へ。同30分、自見庄三郎国民新党代表との与党党首会談開始。民主党の輿石東、国民新党の下地幹郎両幹事長同席。
 午前10時40分、同会談終了。同41分、同室を出て執務室へ。
 午前11時29分、執務室を出て、同30分、閣僚応接室へ。同31分、閣議室に移り、臨時閣議開始。
 午前11時43分、臨時閣議終了。同45分、同室を出て執務室へ。
 午前11時59分、執務室を出て、正午、特別応接室へ。午後0時1分から同9分まで、与党党首会談。輿石、下地両氏、藤村修官房長官同席。同10分、同室を出て執務室へ。同19分、執務室を出て首相会議室へ。同20分、政府・民主三役会議開始。
 午後0時59分、同会議終了。同1時、同室を出て執務室へ。
 午後1時7分、組閣本部設置。
 午後1時24分、執務室を出て記者会見室へ。同26分から同47分まで、記者会見。同48分、同室を出て執務室へ。同50分、新閣僚呼び込み開始。
 午後2時12分、新閣僚呼び込み終了。
 午後3時45分、古川元久国家戦略担当相、後藤斎内閣府副大臣が入った。同4時5分、後藤氏が出た。同27分、古川氏が出た。
 午後4時46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同56分、皇居着。
 午後4時46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同56分、皇居着。内奏、森本敏拓殖大学大学院教授らの閣僚認証式、佐々木隆博元農水政務官らの副大臣認証式。
 午後6時20分、皇居発。同27分、官邸着。同28分、執務室へ。
 午後6時59分、執務室を出て、同7時、大会議室へ。同1分、国家戦略会議開始。
 午後8時2分、同会議終了。同4分、同室を出て、同5分、執務室へ。同28分、執務室を出て特別応接室へ。同29分から同33分まで、森本防衛相らに補職辞令交付。同34分、同室を出て閣僚応接室へ。同39分、閣議室に移り、初閣議開始。
 午後8時54分、初閣議終了。同57分から同59分まで、階段で閣僚と記念撮影。同9時から同2分まで、新任副大臣と記念撮影。同3分から同4分まで、佐々木農林水産副大臣らに辞令交付。同5分、執務室へ。同6分から同16分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後9時17分、執務室を出て、同18分、官邸発。同19分、公邸着。
 5日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)
【関連記事】

    原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    「高負担国家」へと突き進む民主党の社会保障政策
    【特集】野田佳彦再改造内閣閣僚名簿(2012年6月4日)

最終更新:6月5日(火)0時13分

 

首相動静(6月3日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120604-00000001-jij-pol

時事通信 6月4日(月)0時6分配信

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時51分、公邸発。「きょうの民主党の小沢一郎元代表との会談で一致点は見いだせそうか」に「…」。同53分、民主党本部着。
 午前10時57分、民主党の小沢元代表との会談開始。輿石東幹事長同席。
 午後0時6分、会談終了。
 午後0時7分から同23分まで、輿石幹事長。同51分、同所発。同53分、公邸着。
 午後0時54分から同58分まで、報道各社のインタビュー。「小沢元代表との会談でどういうやりとりがあったか」に「社会保障と税の一体改革はしっかりやり抜く。残念ながら賛同を得ることはできなかった」。
 午後2時55分、藤村修官房長官が公邸に入った。
 午後3時35分、藤村氏が出た。
 4日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    「高負担国家」へと突き進む民主党の社会保障政策
    【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)

最終更新:6月4日(月)0時13分

 

首相動静(6月2日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120603-00000000-jij-pol

時事通信 6月3日(日)0時3分配信

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 午後5時50分、公邸発。同57分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内の日本料理店「なだ万本店山茶花荘」で岡素之住友商事会長、張富士夫トヨタ自動車会長、鈴木正一郎王子製紙顧問、池田弘一アサヒグループホールディングス相談役と会食。
 午後8時11分、同ホテル発。同18分、公邸着。
 3日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    トヨタ、国内生産を売れ筋にシフト=「アクア」増産、雇用維持
    首相動静(6月2日)
    トヨタ、販売店での車両修理技術の育成強化=岐阜県にサービスセンター建設
    4月の国内生産2.7倍=震災反動、補助金追い風
    新興国でも「レクサス」生産=販売強化も

最終更新:6月3日(日)0時13分

 

首相動静(6月1日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120602-00000000-jij-pol

時事通信 6月2日(土)0時4分配信

 午前7時56分、公邸発。同57分、国会着。同59分、院内大臣室へ。
 午前8時4分から同17分まで、行政改革実行本部。同23分、閣議開始。同33分、閣議終了。同34分、同室を出て、同35分、国会発。同37分、官邸着。同38分、執務室へ。
 午前9時14分から同25分まで、竹歳誠官房副長官。同29分、斎藤勁官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が入った。
 午前10時12分、斎藤、手塚両氏が出た。
 午後0時13分、執務室を出て、同14分、官邸発。同15分、公邸着。
 午後0時16分から同40分まで、衆院社会保障と税の一体改革特別委員会民主党委員の稲富修二氏らとの昼食会。手塚、寺田学両首相補佐官同席。同48分、公邸発。同49分、国会着。同51分、衆院議長応接室へ。同1時、同室を出て衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。
 午後3時19分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同20分、国会発。同21分、官邸着。同23分、執務室へ。同24分、前原誠司民主党政調会長が入った。
 午後3時31分、前原氏が出た。同35分、輿石東民主党幹事長が入った。
 午後4時26分、輿石氏が出た。
 午後5時から同6時まで、手塚首相補佐官。
 午後6時55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同57分、公邸着。同58分、岡田克也副総理が入った。
 午後7時23分、岡田氏が出た。
 2日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)
【関連記事】

    原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
    増税よりも景気対策を=亀井静香・前国民新代表インタビュー
    「輿石氏解任」という政局の分水嶺~増税めぐり民主党分裂も~
    「高負担国家」へと突き進む民主党の社会保障政策
    【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)

最終更新:6月2日(土)0時13分

始めに戻る


 以下、資料として採録。

 

ホーム > 特集トップ > 野田佳彦再改造内閣(2012年6月4日)
http://www.jiji.com/jc/v?p=cabinet2012_02&rel=y&g=phl

(クリックで拡大します)
Wwwjijicom_screen_capture_201262711

Foresightコンテンツ-新潮社ニュースマガジン
    (このページの記事は新潮社から提供を受けたものです)

フォーサイト POLITICS
原発事故は官邸で起きたのか?事故調は「原発サイトの11日間」こそ明らかにせよ
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9701&rel=y&g=phl

科学ジャーナリスト
塩谷喜雄 Shioya Yoshio

12649268 大破した福島第1原発の4号機建屋=2012年5月26日、福島県大熊町[代表撮影]【時事通信社】

3.11から1年と3カ月たち、政府や国会の原発事故の調査・検証活動は、事故の本質には一歩も踏み込まぬまま、逆に事故の真因と責任の所在を覆い隠す格好で、終幕を迎えようとしている。

 事故は福島第一原発のサイト内で起きた。首相官邸で誰かがボタンを押し違えて発生したわけではない。隣接する4つの原子炉が連続して致命的に損壊するという、世界に類例のない事故が、なぜ福島第一で起きたのか。地震・津波の襲来から外部への放射性物質の大量放出まで、当事者はどんな対策をとり、炉心と原発システムの溶融・破壊はどのように拡大・進行していったのか。それを防ぐ技術的・政策的手立てはなかったのか。

 事態の推移、シークエンスを客観的に解き明かし、事の本質を公にするのが「事故調」の仕事のはずだが、メディア受けを狙って官邸を含む「周辺」のエピソード集めに走る図は、日本社会の深層で進行する知的な衰弱を映して物悲しい。

 フジテレビのヒットドラマで映画にもなった「踊る大捜査線」、主役の若手刑事を演じる織田裕二さんが放つ決め台詞が、原発事故調査の迷走・逸走と物の見事に重なる。若手刑事は、面子と保身のために鳩首会談を続ける警察幹部に向かって、こう叫ぶ。「事件は会議室で起こっているんじゃない。現場で起きているんだ」。

 これから結論をまとめる政府の事故調査委員会(畑村洋太郎委員長)と、国会の事故調査委員会(黒川清委員長)の皆さんには是非、この決め台詞を肝に銘じていただきたい。

 

フォーサイト POLITICS
調査を阻む東京電力と経済産業省
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9702

12654158 東京電力福島第1原子力発電所事故の国会事故調査委員会。左モニター内は参考人の枝野幸男経済産業相=2012年5月27日、東京・永田町の参院議員会館【時事通信社】

福島第一原発事故の調査や検証では、民間の独立検証委員会(北澤宏一委員長)が2月に報告書をまとめている。政府の事故調は昨年末に中間報告を出し、7月にも最終報告をまとめる。国政調査権を背景に、事故関係者に意見聴取や資料の提出を厳しく求める組織として、鳴り物入りでスタートした国会事故調も、6月中の報告書提出を目指している。ついでに言うと、責任企業の東京電力がつくった外部調査委員会も、昨年12月に中間報告を出し、6月中に結論を出す予定だ。

 まるで被疑者が事件を捜査するような、奇怪な構図の東電の外部調査委員会を除けば、いずれの事故調も、未だに肝心の事柄は何一つ国民には知らされていない未曾有の大事故の闇に、客観的事実の解明によって光を当てるべき中立的調査組織である。

 しかし、残念ながらこのままでは、それは全く期待できない。理由は、事故の「核」となる福島第一の11日間に迫ろうとしても、東電と経済産業省のエネルギー官僚たちの妨害と証拠隠滅によって立ち往生してしまうからだ。

 昨年3月11日に地震と津波が襲来してから15日までの5日間に、福島第一のサイトでは4基の原発が次々に爆発と損壊を続け、科学的・技術的な安全工学システムとしては致命的で赤っ恥の連続過酷事故に至った。原発サイトから周辺地域への放射性物質の大量放出には、15日と21日という2つのピークがある。

 要するに事故の本質は、3月11日から21日までの11日間に原発サイトで起きた出来事、事態の推移の中に埋め込まれている。それを掘り起こすのはかなり困難である。事実の詳細が判明すれば、刑事責任を問われるのは必至の当事者企業、東京電力が、今でも全ての記録と物的証拠を一手に管理し続けているからだ。

 事故収束のための作業は、当然、東電が事業者責任において最後までまっとうしなければならない。しかし、事故原因の解析に不可欠な記録や物証の保全は、公的機関の管理に速やかにゆだねられるべきである。今日に至っても、福島第一原発サイトへの公的機関の立ち入り調査も、記録と証拠の保全も実施されていないのはなぜか。日本においては、電力会社は実質的な「治外法権」を得ているということなのだろうか。

 

フォーサイト POLITICS
「昔陸軍、今電力」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9703

12715611 東京電力の一般家庭向け電気料金値上げに関する公聴会に出席した同社の西沢俊夫社長(中央)=2012年6月7日、東京・霞が関【時事通信社】

東電に対して個人的恨みはない。しかし、この日本有数の巨大企業は、今回の事故で自社保有の発電所がばら撒いた放射性物質を、通常の落し物と同じ「無主物」だとして、その影響による被害に責任は持てない、と裁判で主張するような、常軌を逸した無責任企業という面を持つ。

 環境汚染に関する国際社会の共通ルール、汚染者負担の原則(PPP原則)を、東電の経営幹部は毛筋も理解していないらしい。環境汚染物質の除去と原状回復、損害賠償は、全て汚染者の責任で行なうのが、PPP原則である。日本最大のCO2排出企業である東京電力の経営幹部が、それを知らなくてもやっていけるほど、日本は電力会社にとって天国だった証左といえる。

 政治も、行政も、司法も、メディアも、この巨大企業に対して異様に甘いことは、新聞記者時代の原子力取材を通じてそれなりに感じてはいたが、今回の事故取材で、改めてつくづく心底からそれを思い知った。現在の状況は、電力に甘いというより、ほとんど電力の使いっぱしり、走狗と化しているといった方が正確かもしれないほどだ。

 被害住民への賠償はまるで施しをするような態度で、電気料金値上げはむき出しの強権で押し切る。この権柄ずくの思い上がりは、日本の国際的な信用と技術的信頼を失墜させ、国全体を悲惨な状況に追い込んでいくという意味で、旧陸軍とよく似る。まさしく「昔陸軍、今電力」である。

 

フォーサイト POLITICS
機能しなかった米国流の「免責」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9704

10597266 事故直後に東京電力が撮影した福島第1原子力発電所3号機と4号機。3号機(左手前)は水素爆発で原子炉建屋が吹き飛び、4号機(中央奥)は建屋の壁に大きな穴が開いている。3号機と4号機の間からは白い煙が立ち上っている=2011年3月15日午前7時33分[東京電力提供]【時事通信社】

政府事故調は、手ごわい東電との対峙に、「個人の免責と引き換えに事実を隠さず話してもらう」という、米国流のシステムを導入した。組織への帰属意識が強い日本では陸軍並みの締め付けが予想されたが、案の定、米国のような効果は得られなかったようだ。

 昨年12月末に公表した政府事故調の中間報告では、福島第一では運転員が緊急対応を十分に習得していなかったため、本来機能すべき非常用冷却システムが作動しなかった実例が、2つ記載されている。

 1つはICと呼ばれる電源がなくても働くはずの非常用復水器で、運転員も管理者も作動停止に気づかず、作動しているものと思い込んでいたという事例だ。2つ目は、緊急炉心冷却用の高圧注水系のポンプ電源の切断で、いったんスイッチを切ったため、再起動に失敗した。

 東電の明らかな対応ミスだが、これが炉心溶融から水素爆発へと続く過酷事故のプロセスにどう関与しているかは不明だ。また、同委員会の吉岡斉氏は、津波襲来の前に、地震の揺れですでに冷却システムが一部破断していたという指摘に対しては、それは確認できない、と語った。福島第一で発生した事態の詳細な推移は、通常の調査では解明できないことを、彼は示唆したものと筆者は受け止めた。

 7月に出るという最終報告で、どこまで正確に事故経過の解明ができるかに注目したい。手法はいささか見当違いだが、事故調の中で一番まっとうな事故解明への意欲が感じられる。

 

フォーサイト POLITICS
東電の作戦に乗せられた国会事故調
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9705

12660593 東京電力福島第1原子力発電所事故の国会事故調査委員会に参考人として出席し、委員の質問に答える民主党の菅直人前首相(中央)=2012年5月28日、東京・永田町の参議院議員会館【時事通信社】

今年2月に報告書をまとめた民間事故調は、東電の協力が得られなかったとして、福島第一の11日間の詳細な調査ではなく、官邸の11日間を、関係者へのインタビューで解明することに力を入れたと明言している。

 そこから見えてきたのは、覚悟のない政治家と官僚、誇りのない学者と経営者が織りなす、貧寒とした日本の中枢の風景である。事故は福島で起きているが、官邸の11日間に迫ることも、いくばくかの意味はある。それは、日本の権力構造の内部で進行する、知性と倫理の深刻な劣化を、はっきり映し出すからだ。

 民間事故調が提起した、当時の東電社長・清水正孝氏が福島第一からの要員撤退を官邸に持ちかけたという問題も、きっちりした解明が望まれる。政治家と経営者の責任逃れ、保身のための水かけ論といったあいまいな決着は、百害あって一利ない。

 この問題で民間事故調の調査に協力しなかった東電は、最終的には要員撤退について「全員」や「全面」とは言っていない、という類の言い逃れをするだろうと、筆者は予想していた。福島第一で事態の収束に文字通り命をかけて奮闘していた要員の大多数、全体の9割を避難させても、一握りの保安要員を残せば全面ではないという、世間ではおよそ通じないトンデモ「屁理屈」である。

 他の事故調に比べて格段に強い権限を持つ国会事故調が、東電のこの作戦にまんまと乗せられているのが、何とも情けない。6月8日に、国会事故調は公開の参考人招致で、東電の清水前社長に話を聞いた。主に話を聞いたのはいつものように野村修也委員(弁護士)だった。清水前社長は「全員」「全面」「撤退」とは言っていないと、繰り返し語った。

 

フォーサイト POLITICS
清水前社長はなぜ首相官邸に電話したのか
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9706

12723785 東京電力福島第1原発事故を検証する国会の事故調査委員会に出席し、発言する東電の清水正孝前社長=2012年6月8日、東京・永田町の参院議員会館【時事通信社】

しかし、東電が撤退話を持ちかけたとされる3月14日の深夜から15日の未明にかけて、清水前社長はそれまでほとんど連絡を取っていない首相官邸に頻繁に電話を入れている。その目的は何だったのか。どんな用事で、何を伝え、何を相談し、何を話し合ったのか。肝心のその中身については、清水前社長は「記憶がない」として、全く答えていない。

 どうやら清水前社長の頭脳には、「ネガティブ記憶」だけが詰まっているらしい。話さなかったこと、伝えなかったことは鮮明に記憶しているのに、実際に語ったこと、本当に伝えたことは、きれいさっぱり忘れてしまったと主張している。まさか、百戦錬磨で頭の切れる弁護士先生が、こんな見え見えの誤魔化し、責任逃れを許すはずはないと、大いに期待して画面を見ていたが、案に相違して、野村委員は簡単に引き下がってしまった。

 野村委員の質問の仕方で特徴的なのは、相手から生の返事をあまり期待していないように見えることだ。相手がまともに答えなくとも、はぐらかされても、返事の内容にはお構いなく、「この問題は○○と理解していいですか」「××と考えてよろしゅうございますね」と、ひたすら解釈の確認を求めてゆく。あらかじめ決めているシナリオに沿って、ストーリーを確認しているようにも感じる。

 米国の法廷ドラマなどでは、弁護士や検事がこの確認方式の物言いを多用する。確認は、後で供述や証言の矛盾を一気に突く際の根拠となり、それを駆使して隠蔽されていた事実を暴いてゆく小気味よさが、ドラマのウリだ。

 国会事故調の最終報告書では、政治家や官僚や経営者のいい加減な誤魔化し答弁の矛盾を突き、隠されていた事実を解き明かすことを期待したい。しかし、その動きにはかなり不安がある。

 野村委員の聴取の翌日、9日にまとめた事態の経緯は、東電が全面撤退を検討した形跡は見当たらない、としている(「東京電力が、いわゆる『全員撤退』を決定した形跡は見受けられない」 )。笑止とはこのことだろう。14日深夜から15日未明までの清水前社長の頻繁な官邸への電話は何だったのか。それを問い詰めることなく引き下がった敏腕弁護士の結論は、最初から決まっていたのかもしれない。

 東電が全員撤退を検討していなかったと考える理由として、福島第一の原発サイトで奮闘した免震重要棟のメンバーの士気は高かったことを、国会事故調は挙げている。これも笑止である。撤退を要請したとされるのは、現場の吉田昌郎所長(当時)ではなく、東電本社のトップである。現場の士気の高さを清水前社長、勝俣会長らが知っていたかどうかも怪しい。

 

フォーサイト POLITICS
菅首相を責めるよりも
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9707

10861273 地震や原子炉建屋の水素爆発で被害を受けた福島第1原子力発電所事務本館)[東京電力提供]=2011年5月6日[東京電力提供]【時事通信社】

「全員」といったかどうかは別として、14日深夜に、福島第一のサイト内にいた要員のうちほとんどを福島第二に移すよう、清水前社長が官邸に持ちかけたのははっきりしている。首都圏を含む東日本の住民3000万人に避難が必要かもしれない緊迫した事態に直面して、それを回避するために必要な人員を確保して最後まで責任を全うするべき当事者企業のトップが、住民の避難より先にさっさと逃げ出す算段をしたこと自体が、官邸の11日間で最大の驚きだろう。一握りの保安要員を残すかどうかという問題ではない。

 瑣末な言い回しの問題に矮小化して、平気で敵前逃亡を持ちかける東電の経営体質を見逃しては、国会事故調の名が泣く。この事実がもっと早く知れ渡っていれば、膨大な税金を注入して東電という債務超過企業を存続させるおバカな選択を、世論は許さなかったろう。

 一方、菅首相の細かな口出しや東電への叱責を責めるのは、最も安直なメディアの「仕事してるふり」、「権力批判もどき」といえる。権力を追われた人間に全ての罪を着せ、眼前の強敵には何も言わずに、結果的にはおもねっている。

 世間の常識で普通に考えてみよう。敵前逃亡しようとする責任企業の経営者を叱責しない首相がいたらお目にかかりたい。信用ならない経産省と東電の動きに、チェックを入れない政治家は無能と呼ばれる。イラ菅の口ぶりが険しく汚なかっただろうことは想像に難くないが、それで首相を批判するのはとんちんかんとしか言いようがない。少なくとも、東電と経産省の卑怯な振る舞いも、同時に批判しなければならない。

 原子力損害賠償法の責任集中の原則では、原発事故については、政府でも、原子炉メーカーでも、施工業者でもなく、事業者=電力会社が一身に全責任を負う(責任の集中)ことが決まっている。第一義的責任者が、危機をいち早く察知して、真っ先に逃げ出そうとしたことについて、したり顔の識者たちの見解をぜひ聞きたい。

 

フォーサイト POLITICS
データを読み込み証言を分析する基本作業を
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9708

10868763 キャプション:2011年3月11日に津波が押し寄せた際、福島第1原発5号機付近から東側(海側)を撮影した写真。防波堤を津波が乗り越え、白いタンクを押し流す様子が分かる=2011年3月11日[東京電力提供]【時事通信社】

今からでも遅くはない。国会事故調には、手ごわい当事者企業、東電と正面から向き合うことを望む。現在の迷走は世を欺く仮の姿で、最後は華麗などんでん 返しで事実を解明、という法廷ドラマ風の結末を期待している。大向こう受けをする見えを切る前に、事故の原因と責任を、客観的・科学的に検証してもらいたい。

 東電と関係省庁に関連データを全て提出させ、関係者に例外なく話を聞き、証言が食い違えば、2人を並べて同時に事情聴取をする。データを読み込み、証言を集めて分析する作業が、事実に光を当てる。同程度の揺れと津波に襲われた女川原発や福島第二原発ではなく、福島第一だけが、無様な過酷事故に至った事故の本質が見えてくるはずだ。

 福島第一で事故を起こした炉は、全て1970年代に運転開始した「老朽原発」である。米国からの直輸入の1号機などは緊急マニュアルも英文しかなく、作業員の訓練にも苦労したという逸話も残る。緊急時の冷却システムの構造的欠陥や、経年劣化による事故の可能性も、幾度となく指摘されてきた。

 プラントの設置場所も、原発には不向きだったとされる。地表は軟弱な堆積層が厚く、海面から8メートルのところまで掘り下げても安定した岩盤には達しなかった。人工岩盤(マンメイドロック)と呼ぶ、分厚いコンクリートを自然の岩盤上に載せて、その上に原発を設置している。設置位置からして津波に弱いのに、大津波のリスクを幹部社員は意図的に握りつぶしていた。

 普通に入手できるデータだけで、福島第一の事故の大枠は、「札付きの高リスク老朽原発が、備えを怠ったまま、地震・津波を受けて、案の定起こした事故」だと、おおよその推定はできる。そこに、事故対応の不手際と、事故責任の回避という、原子力ムラの失敗が重なって、10万人以上が、大切な日常生活を奪われ、未だに将来が見通せないまま、不安と不遇に苦しんでいる。

 大向こう受けを狙って、官邸のドタバタの解明などに傾斜するのは、黒川委員長の本意ではないはずだ。薄っぺらな政治不信を煽っても、何も解決はしない。

 福島第一原発ではメルトダウンした3基の炉心燃料は今も所在がつかめず、行方不明のままだ。人間の管理を離れたままの4号機の使用済み燃料も含めると、チェルノブイリの数百倍の放射性物質が不安定な状態で放置されている。事故は今も継続し、進行している。

 繰り返すが、事故は福島第一原発のサイトで起き、今も続いている。筆者も権力中枢の無様ないさかいをのぞき見るのは大好きだが、事故調はそれが本務ではなかろう。原発サイトの11日間を徹底解明すべきである。

 

【特集】政界インタビュー

留任なら指揮権発動した =小川敏夫前法相インタビュー=
http://www.jiji.com/jc/v?p=politician-interview_ogawa_toshio-01&rel=y&g=phl

12722541 小川敏夫前法相 インタビューに答える小川敏夫前法相(東京・永田町の参院議員会館)=2012年6月8日【時事通信社】

 小川敏夫前法相は、時事通信のインタビューに応じ、小沢一郎民主党元代表の政治資金規正法違反事件をめぐる捜査報告書の虚偽記載問題について、内閣改造で留任していたら指揮権を発動する方針だったと明らかにした。小川氏は法相退任時に発動を検討していたと表明、波紋を広げた。

 指揮権は、検察庁法に定められた法相の権限。個々の事件の捜査について検事総長を通じて法相が指揮できる。ただ、捜査への政治介入になりかねないとの理由で発動には否定的な見方が強く、実際に発動されたのは1954年の造船疑獄で犬養健法相(当時)が佐藤栄作自由党幹事長(同)の逮捕を控えるよう指揮した1例のみ。発動後、犬養法相はその責任を取って辞任している。

 インタビューでのやりとりは次の通り。

 -いつから指揮権発動を考えていたのか。

 法相就任前から石川知裕衆院議員を取り調べた報告書の虚偽記載問題は、きちんと捜査をしないと検察への信頼は地に落ちると思っていた。これまでも法相として事務方にしっかりした捜査をするべきだという考えを伝えてきた。しかし、5月に入り、「捜査を担当した東京地検特捜部の田代政弘検事(当時)を不起訴処分にする方針」という検察のリーク情報を基にした報道があった。虚偽記載は検事の記憶違いということで幕引きにするつもりだと思った。それでは国民の理解を得られない。
 法相として何をすればいいのか。これまで指揮権に抵触しない形で抽象的に法務省にしっかりした捜査を指示してもまったく無視される状況だった。検察は私の意見に馬耳東風だった。そういう状況を踏まえ、法相としてできることは何かと考えた結果が指揮権発動だった。

 -検察に捜査について何らかの指示をしたのか。

 検察にはいっさい接触していない。法務省の事務方に対してだけ指示をした。法務省上層部にはあっちこっちこちょこちょと動く人間もいるので検察に私の考えは伝わっていると思う。(続く)

 

【その2】 前ページから続く

 -5月11日の野田佳彦首相との会談で指揮権発動の方針を伝えたのか。

 (当時は)指揮権発動もあり得る、そういう覚悟も必要だという認識だった。しかし、5月下旬に検察が田代検事を不起訴にする方針だという報告を法務省から受け、指揮権発動を決断した。(不起訴は)おかしいと思ったが、法務省は「記憶違いを覆すことはできません」と説明した。

 -法務省から不起訴の報告を受けた時の受け止めは。

 (報告に来た法務省の事務方に)「検事の記憶違いでこれは崩せないという説明は国民の理解を得られる結論だと思うか」という言葉をかけた。すると、「いや、そこら辺は…」と口ごもった。少なくとも私の前では、国民の理解は得られないと認めたようなものだった。

 -指揮権発動を誰かに相談したのか。

 一切していない。相談して検討していることが漏れれば、つぶされると思った。ただ指揮権と言う単語を出して、周りの反応をみたことはある。冗談みたいに言って。法務省政務三役との雑談の中で話題にしたことはある。ただ、私自身が発動する、やるぞと言ったことはない。

 -首相はなぜ了承しなかったのか。

 首相に発動を止められたという認識はない。その時首相は「わかった。それでよい」とは言わなかったが、「絶対駄目だからやめろ」とも言われなかった。いきなり私が指揮権と言ったので驚き、即断できなかったのだろう。私の気持ちでは出直してまた相談しようというつもりだった。

 -法相権限の指揮権発動をなぜ首相に相談したのか。

 発動すれば大きな騒ぎになるので事前に話しておくべきだと考えた。(留任なら)今月5日に首相に再び会い、「法相として指揮権を発動する。責任は全て私が負う」と伝えるつもりだった。

 -「起訴しろ」という指揮権発動をするつもりだったのか。

 実際に発動しなかったので詳細は控えるが、きちんと捜査しないといけなくなるような指示を考えていた。起訴しろ、逮捕しろという指揮権ではない。もし、指揮権を発動して起訴をして、無罪になれば誰が責任を取るのか。指揮権を発動した法相しかない。ただし、それは法相を辞任すれば済む話ではない。大変な人権侵害になってしまう。
 単に厳正な捜査をしなさいという指揮権を発動したとしても、「厳正に捜査した結果、不起訴でした」と言われればどうするのか。指揮権の効果がない。世間の注目は集まるけれども。
 要するに個別具体的な強制手続き、起訴とかを指示する考えはなかった。どうすれば効果のある指示ができるのかを私なりに考えていた。

 -指揮権発動の検討と、法相退任は関係していると思うか。

 指揮権発動を私がそこまで真剣に考えていたと首相は知らなかったと思う。このままでは私が指揮権を発動してしまうという理由で再任しなかったのではないと思う。再任されなかった理由は分からない。

 -指揮権発動の検討を伝えた後、首相周辺から何らかの問い合わせはあったのか。

  なかった。藤村修官房長官が内閣改造を行った4日の初閣議後の記者会見で、「(指揮権発動の検討という)事実があったと承知していない」と発言したが、本当だと思う。首相と私だけしか知らない話だった。(続く)

 

【その3】 前ページから続く

 -法相としてどのような案件で指揮権を発動すべきだと考えるか。

 検察が検察内部の事件の捜査において国民の理解を得られないような対応をしているときに、法相は指揮権発動をやるべきだと思う。他に方法ない。
 一部マスコミは、不起訴処分に不満があれば検察審査会制度があるではないかと言っている。捜査で検察が有罪になる証拠を集めていないのに、検察審査会で起訴相当になるわけはない。せいぜい不起訴不当でさらに捜査をしろという結論だろう。つまり、記憶違いという弁解をくずせなかったというのは崩すための証拠を集めていないということだ。
 今回の田代検事の報告書虚偽記載事件は、検察が田代検事の記憶違い、誤解であるかのような情報操作をしている。インターネット上に流出した捜査報告書と石川議員の録音を詳細に照合すれば、報告書の一部だけが虚偽記載でないことはわかる。延々と数ページにわたって全文が虚偽なのだ。全てが記憶違いというのはありえない。法務省も主要部分の全てが架空ではないかと指摘したら認めていた。

 -インターネットに流出した捜査資料は本物か。

 検察は一致しているとも言わないけれども、違うとも言わない。関係者が誰も違うと言わないのだから本物だ。流出した資料を基に議論しても法務省の誰もクレームを言わなかった。

 -退任会見で指揮権に言及した理由は。

 言わないと不起訴処分がそのまま通ってしまう。検察の信頼が地に落ちてしまう。私は劇薬だと思ったけれども、問題提起のつもりで発言した。思った以上に劇薬だった。このまま検察は不起訴処分にしてしまえば、国民からたたかれる。検察も困っているだろう。最後は検察の良心を示してもらいたい。

 -尖閣沖の中国漁船衝突事件の船長の不起訴処分など指揮権行使が疑われる例も過去あったが。

 これまでは法相が指揮権を行使するまでもなく、法務検察が気を回して対処していた。だから法相は指揮権を発動しなくて済んだ。ただ、今回のような検察内部の問題は指揮権を発動しないと国民の理解を得られない案件だった。

 -指揮権発動の検討は軽率という批判があるが。

 法務官僚が総力を挙げて、マスコミへの影響力を行使して書かせたなと思う。マスコミのあり方の一端を感じる。マスコミも1回は法務官僚の意向に沿う形で報道したが、これからはそうならない。検察の処分がどうなるかの冷静な議論になる。私は国会の場で、検察の問題を追及していく。事実を言えば国民は分かってくれる。分かれば評価してもらえる。

 -小沢元代表に近い議員から発動検討を評価する声が上がっている。

 政治的な意図は全くない。純粋に身内に甘い処分を行うと検察に傷が付くと心配しただけだ。

 -指揮権発動について国民からどのような声が届いているか。

 圧倒的に激励の声。事務所に電話が毎日何十本単位でかかってくる。よく発言したという声。小川の言うことが正しいという声。また、何で発動しなかったんだという声もある。

 -検察改革への姿勢は。

  検察が曲がってしまったらいけない。法務検察が信頼を失ったら日本の信頼が失われてしまう。検察への信頼が無くなったら国民は捜査に協力しなくなる。

始めに戻る


※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(Wikipediaより)

オープン・ソース・インテリジェンスまたはOSINTとは、公開情報(オープン・ソース:一般公開され利用可能な情報源)から収集された情報を元にする、(機密)情報収集の専門領域を指す。

概説

“合法的に入手出来る資料”を“合法的に調べ突き合わせる”手法で、情報源は政府の公式発表(プレスリリース)、マスメディ アによる報道、インターネット、書籍、電話帳、科学誌その他を含む。具体的には、対象国の軍の編制を割り出すために、対象国の新聞社交欄、ニュースの断 片、高級将校の異動発令などを丹念に集積し、分析するといった手法である。

細かいデータを少しずつ集めて分析するだけでも、相当な精度の情報が得られることがある。媒体入手・分析は駐在国公館で行なわれる事が多い。ラジオ放送は自国領内で受信する。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

車椅子の人だって官邸前抗議デモ行きたいかもネ。で、バリアフリー情報でメトロの案内に出てないエレベーター。(遊撃調査班)

 メトロ丸ノ内線国会議事堂前駅ですが、駅員に「総理官邸は?」と聞くと、「3番出口」を案内されます。「エレベーターのある出口は?」と聞くと「2番出口」を案内されます。

 ところで、「国会議事堂前駅周辺地図、出口情報」と言うページがあります⇒http://www.tokyometro.jp/station/kokkai-gijidomae/map/index.html

 実は上記メトロの案内にない出口があります。メトロ丸ノ内線国会議事堂前駅の改札口から出たら右方向1番出口に行く最初の所で、注意して見ると「衆議院会館、参議院会館はこちら」の案内板があります。照明がおとしてあるので気がつかない人も多いかも知れません。

 結論を言うと、下記画像にある「途中ここにもEVとエスカレータあり」と書いてある通路を行き、議員会館方向への出口から出ると総理官邸前交差点の北西角に出ます。

(クリックで拡大します、スクロールして見るなら
Photo

 以下、参考。(後で書きます。これから官邸前デモに出かけます)

Photo ←1、スクロールして見るなら。メトロ溜池山王駅と国会議事堂前駅の周辺俯瞰です。2番出口のカメラアイコンに隠されてEv ←エレベーターアイコンがかすかに見えます。


Photo_2←2、スクロールして見るなら。拡大してもエレベーターアイコンは隠れてます。


Photo_3 ←3、スクロールして見るなら。右サイドにある「出入口リスト」中、国会議事堂前の下にある「エレベーター」にカーソルを持って行けばこのようにエレベーターアイコンも表示されます。しかし、そこまで気が付く人が何人いるか疑問、いかにも不親切と思います。

 

(クリックで拡大します、スクロールして見るなら。)
_1200px_2 下で紹介する、二つの動画と、更にもう一つ動画を追加参考にして作成した官邸前抗議デモ列の地図です。(追加修正前の@emi_mumemo動画参考作成版はこちら


報道ステション 首相官邸前デモに45000人! YouTube
http://youtu.be/Gy-THeV_Wzw
gifu164 さんが 2012/06/22 に公開

 

▼動画:えみむめもこと、中田絵美(22分25秒)
2012/06/22大飯原発再稼働抗議に45000人!紫陽花革命@首相官邸前
http://youtu.be/m40PJZcWmVg

hyperballad2011 さんが 2012/06/22 に公開

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。

 2012年6月分、東京新聞「こちら特報部」の全記事リストです。「こちら特報部」のWeb記事は他の記事とは違い、リード部分の紹介と最後に【こちらは記事の前文です】と購読の案内が来るスタイルです。

 以前から、東京新聞は原発関連は勿論のこと、他の問題でも大手紙よりも頑張っていると注目していました。あとで「特報部」関連で何か調べる時の自分用のメモエントリーです。(2011年3・11発災月からアップ)

 

原子力ムラが巻き返しに「フル稼働」
2012年6月30日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012063002000132.html

 首相官邸周辺は二十九日も「再稼働反対」を訴える人びとに埋め尽くされた。しかし、原子力ムラも巻き返しを「フル稼働」している。核燃料サイクルを扱う原子力委員会は「秘密会合」が暴露されたにもかかわらず、“成果”を報告した。その数日前には、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場がガラス固化試験を再開。電力各社も再稼働を明言した。脱原発の攻防は、天王山の様相を見せている。 (上田千秋、小倉貞俊)

 

原子力基本法改正 「安全保障」追記の真意は
2012年6月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012062902000118.html

 「わが国の安全保障に資する」。原子力開発の基本原則を定めた原子力基本法に奇妙な文言があえて付け加えられた。原子力利用を平和目的に限定した「原子力の憲法」。それが、なぜ、いとも簡単に書き換えられたのか。「日本の核武装に道を開くのでは」という懸念が広がる中、本当の狙いを探った。 (小坂井文彦、小栗康之)

 

東電株主総会5時間半、内部ルポ 株主怒りと不安「役員は福島に住んで」
2012年6月28日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012062802000133.html

 福島第一原発事故から二度目となった二十七日の東京電力株主総会。優良企業株はいま、一株百六十円と低迷する。実質国有化に対し、不安や安堵(あんど)のほか、徹底した合理化、きめ細かな損害賠償支払い、柏崎刈羽原発(新潟県)の廃止を求めるなど株主の思いはさまざま。「新東電」への五時間半の実況ドキュメント-。 (小倉貞俊、佐藤圭)

 

消費税は取りはぐれない?
2012年6月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012062702000101.html

 取りはぐれがない-というイメージのある消費税だが、実はあらゆる税金の中でもっとも滞納額が多いのが、ほかならぬ消費税だ。中小零細事業者は、現状でさえ重い負担とコスト削減圧力のはざまで苦境続き。そのあげくの滞納なのに、増税となったら、いったいどうなってしまうのか。 (出田阿生、中山洋子)

 

「政権交代」の夢果てて… 民主党に希望を抱いた人たちはいま
2012年6月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012062602000144.html

 消費税増税を柱にした「一体改革」関連法案が今日、採決される。二〇〇九年の衆院選マニフェストに記された諸政策が総崩れし、なかったはずの消費税増税が強行されつつある。民主党内では小沢一郎元代表らの集団離党が取り沙汰されているが、民自公三党による談合政治は政権交代の夢の終わりを示している。かつて政権交代に光を見た人たちはいま、現状をどう感じているのか。(上田千秋、佐藤圭)

 

これさえ飲めば?「誇大広告多い」トクホ 健康上の効能は補助的
2012年6月25日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012062502000138.html

 「脂肪の吸収を抑える」「コレステロールを下げる」。あたかも食生活の乱れを一気に解決するような特定保健用食品(トクホ)の広告が増えている。消費者が飛びつくような内容だ。消費者庁は黒烏龍(ウーロン)茶のテレビ広告に改善を要望したが、問題は一商品にとどまらない。識者 からは「誇大広告が多い」と批判する声が上がる。 (小坂井文彦)

 

大田区の企業開発 オオマサガスって? 水から燃料用ガス
2012年6月24日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012062402000115.html

 ごく普通の水から「燃料に使えるガス」を作り出す技術を、東京都大田区の中小企業が開発し、実用化を進めている。このガスと液化石油ガス(LPガス)を混ぜることで燃焼力を高め、発電機などの利用では化石燃料コストを削減できるという。原子力に代わる再生可能エネルギーの普及促進が急がれる中、新たなクリーンエネルギーとして注目を集めている。 (小倉貞俊)

 

東電 福島事故報告書でしょうか いいえ、弁明書です
2012年6月23日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012062302000116.html

 東京電力がまとめた福島第一原発事故に関する社内事故調査委員会の最終報告は、本編だけで数百ページにのぼる膨大な分量だ。しかし、その内容はといえば「事故は巨大津波のせい」「国の対策指示もなかった」などと、責任回避の記述ばかり。これでは被災者の納得は得られそうもない。 (小倉貞俊、小坂井文彦)

 

大飯再稼働 橋下市長「夏だけ」白旗 電力ムラ護送ゴリ押し
2012年6月22日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012062202000120.html

 関西電力大飯原発の再稼働をめぐっては当初、「電力不足」が理由とされた。ところが、今月八日の野田首相会見、その後の与党幹部らの発言からは「生活」「経済」を理由に、各地で再稼働する意思が公然と語られている。狙いは電力会社の救済だ。来週、株主総会を開く東京電力の再建策にも、再稼働が含まれている。逆流の口火を大飯で切ろうという構図が浮き彫りになっている。 (小栗康之、中山洋子)

 

オスプレイ沖縄配備へ
2012年6月21日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012062102000116.html

 米軍が沖縄の普天間飛行場に八月にも配備する計画の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ。相次ぐ事故で信頼性が大きく揺らいでいる超危険な軍用機だ。オスプレイは沖縄だけでなく、本州、四国などでも低空飛行訓練を展開する予定。あなたの町でも軍用機が墜落するかもしれない。 (小坂井文彦、上田千秋)

 

原発被災者支援法案 きょうにも成立
2012年6月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012062002000116.html

 放射能汚染に見舞われた福島の子どもや住民の生活を支援する「原子力事故による子ども・被災者支援法案」がきょうにも衆院本会議で可決、成立する運びだ。事故後、国は学校生活で高い放射線量を受忍させようとした。だが、福島の親たちが撤回させたうえ、汚染の被害から子どもを守ろうと闘い、政治を動かした成果だ。支援の枠組みと課題は何か。 (出田阿生、中山洋子)

 

再稼働1基OK→ 「ゆでガエル」に!? 大飯 前例にさせぬ
2012年6月19日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012061902000144.html

 大飯原発再稼働を決めた野田政権だが、伊方原発を抱える愛媛県知事が18日の会見で「再稼働は必要」と発言するなど、早くも“次”を見据えた動きが始まった。最初の関門を乗り越えたら、後はなし崩し的に進行していく。政治とはそういうものだ。過去を振り返れば、その傾向はより明確になる。 (小倉貞俊、小栗康之)

 

復興の兆し見えず 警戒区域解除の南相馬市小高区はいま
2012年6月18日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012061802000127.html

 東京電力福島原発事故で、福島県南相馬市は立ち入り禁止の警戒区域など、市内が複雑に分断された。四月十六日に区域再編があり、日中はほぼ市内全域に出入りできるようになった。だが、警戒区域だった同市小高区を歩くと、区域再編から約二カ月たっても、がれきの撤去すら始まっていなかった。不満を募らせる住民たち。その感情には「平成の大合併」による「しこり」も影を落としていた。 (上田千秋)

 

再稼働いいのか福井県
2012年6月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012061702000135.html

 関西電力大飯原発の再稼働が決まった。地元・福井県の西川一誠知事は「安全性の追求に終わりはない」としたが、その言葉とは裏腹に、県は過酷事故時に放射性物質がどう広がるかの情報提供を怠ってきた。福島事故を踏まえた避難計画も作成していない。住民の安全が置き去りにされたまま、再稼働に突き進む。 (佐藤圭)

 

委員人選ムラを排除 原子力規制委 機能のカギ
2012年6月16日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012061602000106.html

 「原子力規制委員会」設置法案が十五日、衆院で可決され、原子力の安全規制を新たに担う組織にやっと発足のめどがついた。ただ、問題は新組織のありようだ。規制委と、その事務局となる規制庁は信用に足る存在となるのか-。 (佐藤圭、中山洋子)

 

東電の電気料金1割値上げに異議あり 「利益」2000億円減らせる
2012年6月15日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012061502000126.html

 東京電力が申請した家庭向け電気料金の大幅値上げに異議が続出している。審査での争点の一つが、原発など電気事業に必要な資産総額に認められた3%の利潤(事業報酬)だ。これは銀行の借入金や社債の利息の支払いなどに充てられる。一時国有化でも「貸し手責任」が不問のなか「報酬を減らして、値上げ幅も圧縮できる」との指摘が出ている。 (小坂井文彦、出田阿生)

 

野田首相の再稼働演説を「謎解き」する
2012年6月14日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012061402000124.html

 国会では、十三日も大飯原発再稼働についての質疑があったが、野田政権は「馬耳東風」に徹した。政権はひたすら儀式を重ね、再稼働へと突き進んでいる。首相が国民に直接訴えたいと開かれた八日の記者会見。そこでの演説からは、論理も倫理も欠いた政治が浮き彫りになった。危機の所存を識者の皆さんに「謎解き」してもらった。 (上田千秋、小倉貞俊)

 

大飯再稼働の「安全策」 政治家常駐 意味が?
2012年6月13日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012061302000134.html

 経済産業副大臣ら政務三役を現地に常駐させる「特別な監視体制」。関西電力大飯原発の再稼働で、野田政権が、約束した「安全対策」だ。果たして、政治家の駐在が体制強化といえるのか。野田佳彦首相は「私の責任」と大見えを切ったが、そもそも、原発事故で政治家は責任を負えるのか。(佐藤圭、中山洋子)

 

責任うやむや許さん 東電幹部らの告訴・告発状提出
2012年6月12日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012061202000122.html

 大飯原発の再稼働方針が安全の裏付けもなく進められる中、福島第一原発事故で被ばくした福島県民が集団で福島地検に赴き、東京電力幹部らに対する告訴・告発状の提出に踏み切った。被害者自身が責任の所在を問おうと立ち上がったが、その切実な訴えに司直はどう応えるのか。 (秦淳哉、上田千秋)

 

中学通えず派遣労働 日系ブラジル人 若者の今
2012年6月10日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012061002000102.html

 一九九〇年施行の改正入管難民法で来日が急増した日系ブラジル人。不況で帰国者が相次ぐ中、“デカセギ”の親と一緒に来日したり、日本で生まれたりした「一・五世代」「第二世代」と呼ばれる若者たちの境遇は厳しく、中学にも満足に通えないまま派遣労働に就く例が少なくない。日本社会に求められる対応とは。 (出田阿生)

 

なし崩し再稼動狙い 計画停電で「恫喝」
2012年6月9日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012060902000132.html

 野田佳彦首相は八日、原発の再稼働方針をあらためて訴えた。「暫定はない」と大阪市の橋下徹市長を追い込み、「国民生活が大切だ」と再稼働に慎重な民主党の小沢一郎元代表を皮肉った。主張の柱は、電力不足による計画停電の回避だ。だが、関西の首長らが大飯原発再稼働で譲歩した後も「停電恫喝(どうかつ)」は続いている。本当に原発抜きでは、計画停電は避けがたいのか。 (小倉貞俊、中山洋子)

 

再審 試される裁判所 「死刑」は今も重い扉
2012年6月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012060802000154.html

 東京電力女性社員殺害事件で、ネパール人男性の再審開始が認められた。足利事件、布川事件など再審開始が相次ぎ、いかにもハードルが低くなったように見える。ところが、死刑確定事件では、1986年の島田事件以来、再審開始決定は一件もない。「疑わしきは被告人の利益に」。刑事裁判の大原則が真の意味で徹底されるのか。裁判所が試されている。 (出田阿生、小栗康之)

 

森本新防衛相に沖縄の思いは 辺野古推進、信用できぬ
2012年6月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012060702000126.html

 沖縄基地問題で二代続きの「素人」政治家からバトンタッチされた森本敏(さとし)防衛相(71)。今度は安全保障の専門家だが、日米同盟の深化に向けて、危険な米軍普天間飛行場の解決策に辺野古移設を主張してきた人物だ。就任会見でも「辺野古案が最善」と述べたが、県民の信頼は得られるのか。県議選で熱を帯びる基地の島の思いは。 (小坂井文彦、秦淳哉)

 

広域ありき」は不変 震災がれき処理 密室有識者会議
2012年6月6日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012060602000135.html

 岩手、宮城両県の震災がれきを被災地以外で受け入れる「広域処理」にお墨付きを与えてきた環境省の有識者会議が五日、初めて公開で開催された。国会で「密室協議」を問題視されたためだ。しかし、国の推進姿勢には何の変化もない。ここに来て広域処理の量が激減し、その必要性に大きな疑問符が付いているが、国は従来の説明を繰り返すばかりだ。 (佐藤圭)

 

大飯原発「再稼働決定」を目前にした「地元」ルポ
2012年6月5日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012060502000101.html

 内閣改造の傍ら、野田政権は大飯原発の再稼働へ突き進んでいる。四日夕には、細野豪志原発事故担当相が福井県入りし、西川一誠知事と会談した。しかし、世論調査をみても、いまだ再稼働への懸念は強い。再稼働への流れに弾みをつけたのは先月三十日、関西広域連合の首長らによる容認だった。現地を歩くと、こうした政治と「地元」住民の温度差も如実だった。 (上田千秋、中山洋子)

 

電力議員地方に浸透 「国有化東電」からも給与?
2012年6月4日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012060402000118.html

 電力会社出身の地方議員が、全国で政治活動を展開している。電力会社の労働組合である全国電力関連産業労働組合総連合(電力総連)の支援を受け、地方議会で影響力を発揮する。中でも問題なのは、実質的に国有化される東京電力の社員が、議員との「二足のわらじ」を履き続けることだ。「国有企業社員」となった議員の政治活動は許されるのか。 (秦淳哉)

 

南相馬市出身農家 避難先にも原発 伊方運転差し止め原告に
2012年6月3日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012060302000111.html

 福島第一原発事故で避難した被災者の行く先々にも、原発がある。福島県南相馬市から愛媛県伊予市に離れた農家の渡部寛志(ひろし)さん(33)も逃れられなかった。避難先で農業を続けながら「二度と生きる場所を奪わせない」と、近くの四国電力伊方原発の運転差し止めを求める訴訟に参加。原発再稼働に突き進む動きにあらがう。 (中山洋子)

 

何を言っても燃料 河本さん騒動収まらず
2012年6月2日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012060202000108.html

 「ネット世論」は、いかにつくられるのか。その典型例となったのが、生活保護受給問題だ。母親が受給していたお笑い芸人の河本準一さん(37)がたたかれ続けている。危うさをはらみながらも膨張する「ネット」の今を、ニュースサイト編集者の中川淳一郎さんにコラム形式で解説してもらう。

 

「利益相反」温存で再稼働という暴挙
2012年6月1日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012060102000109.html

 野田政権は来週にも、関西電力大飯原発(福井県)の再稼働にゴーサインを出す。一方、新たなエネルギー政策の審議も「再稼働ありき」の流れだ。原子力規制庁設置法案が審議されているとはいえ、国民の不信と不安は強まるばかり。なぜなら、不安の原因が放置されたままだからだ。それは利益相反に貫かれた原子力ムラの存在だ。ここにメスを入れずして、安全性など語れない。 (出田阿生、中山洋子)

始めに戻る

 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

6・22官邸前抗議デモ、溢れる歩道の横、車道の仮歩道を村木厚子さんが足早に歩いてる。(YouTubeで発見)

6・22官邸前抗議デモで、溢れる歩道の横、車道の仮歩道を歩く村木厚子さんを見つけました。

もちろん、官邸の内側に声を届けるのがデモの目的ですが、あの界わいは官僚の方達がたくさん通ります。
それを意識して明日6・29官邸前抗議デモでは更に大きなシュプレヒコールをあげましょう。
「主権者は私たち国民」BBSへの投稿の採録です。

投稿日:2012年 6月28日(木)22時28分53秒

2012-06-23
もはや社会悪のマスゴミ!
http://d.hatena.ne.jp/k1491n/20120623/1340440148

↑で紹介されていた↓YouTube。
SOBA:4分24秒から4分30秒の間、ほんの短時間ですが映ってます。

(以下転載始め)
タクシーで1周しながら撮った首相官邸周辺デモの状況(2012.6.22 19:00-19:10)
http://youtu.be/w26klgPfBio

himanainu さんが 2012/06/22 に公開

これは2012年6月22日(金曜日)19時から19時10分にかけての首相官邸周辺の様子です。記録性を重視しタクシーに乗りながら1カットで周辺の様子が分かるように?しました。移動経路交差点名:内閣府下→財務省上→総理官邸前→内閣府下

撮影:ヒマナイヌ川井 カメラ:SONY CX720V(空間光学手ぶれ補正アクティブ)
(以上転載終り)

SOBA:4分24秒から4分30秒の所でほんの一瞬ですが映ってます。

↓キャプチャ画像だと分かりにくいですが、動画で連続してみると分かります。

05_20120622muraki

以下、NHKで紹介された時の村木厚子さんですが、髪型、メガネの特徴が上記動画に出て来る女性と同じです。
2010年 9月11日 土曜 午後10時00分~10時43分
特捜部はなぜ“敗北”したのか ~検証・村木元局長裁判~
10091101


0017


さらに、同じ服です。
↓2009年6月12日の衆院厚生労働委員会に出席した当時厚生労働省雇用均等・児童家庭局長だった村木厚子さんです。
7e49c5f926496adae938c2ac59724bf9


あの茱萸坂(ぐみさか)は官僚の方々が通ります。
明日6・29官邸前抗議デモは10万規模を目指そう!!!

 

(クリックで拡大します、スクロールして見るなら。)
_1200px_2
下で紹介する、二つの動画と、更にもう一つ動画を追加参考にして作成した官邸前抗議デモ列の地図です。(追加修正前の@emi_mumemo動画参考作成版はこちら


報道ステション 首相官邸前デモに45000人! YouTube
http://youtu.be/Gy-THeV_Wzw
gifu164 さんが 2012/06/22 に公開

 

▼動画:えみむめもこと、中田絵美(22分25秒)
2012/06/22大飯原発再稼働抗議に45000人!紫陽花革命@首相官邸前
http://youtu.be/m40PJZcWmVg

hyperballad2011 さんが 2012/06/22 に公開

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

6・29官邸前抗議デモ、10万人でやろう!!!広瀬隆「ヘリコプターをチャーターして、上空から全国にビデオ配信する」

「主権者は私たち国民」BBSへの投稿を採録しておきます。
投稿日:2012年 6月27日(水)22時10分9秒
http://6719.teacup.com/syukensya/bbs/348

提案:ピークは7時過ぎで暗い、各自ライト持参し、ヘリに向け振ろう

先週参加した人が、それぞれ友達を2人誘えば3倍になります。
10万人は決して不可能な数ではないです。

先週の、45000人の6・22官邸前抗議デモ列と総理官邸周辺地図です。

(クリックで拡大します、スクロールして見るなら。)
_1200px 下で紹介する、二つの動画を参考にして作成した地図です(もう一つ動画を参考にしてデモ列を追加修正しました)。


_2_1200px 同じ地図の航空写真です。


官邸内ホールにまで響いたシュプレヒコール。45000人、国民の怒りに火がついた、6・22官邸前再稼働反対抗議行動(動画)

20120622 古舘伊知郎 官邸前 再稼働反対抗議行動 45000人 寺島実郎 (11分28秒)
http://youtu.be/Kre816HyMv8

Beaucoup2011 さんが 2012/06/22 に公開

5分26秒の所で、一瞬入ったCMを編集削除漏れバージョンです。

 

↓削除されてます。CM部分がなく編集された動画。
報道ステーション 首相官邸前デモに45000人!
http://youtu.be/dTuHOAW0DVM

yohx0 さんが 2012/06/22 に公開

 

↓こちらはまだ生きてます。

報道ステション 首相官邸前デモに45000人! YouTube
http://youtu.be/Gy-THeV_Wzw
gifu164 さんが 2012/06/22 に公開

 

▼動画:えみむめもこと、中田絵美(22分25秒)
2012/06/22大飯原発再稼働抗議に45000人!紫陽花革命@首相官邸前
http://youtu.be/m40PJZcWmVg

hyperballad2011 さんが 2012/06/22 に公開

ツイッターの呼びかけで集まった45000人を超える一般市民が、首相官邸前に集まり、大飯原発再稼働反対抗議行動をしました!物凄い人々のパワーで溢れかえっていました?!紫陽花革命!この動画を見て、立ち上がった日本人のパワーを感じて下さい!(19時くらいに撮影したので、3万人くらいの時だと思います)
撮影@emi_mumemo 「8bitNews」 http://8bitnews.asia/

SOBA:1分25秒のあたりで横断歩道を渡り始め、2分30秒あたり国会記者クラブビルの前から後ろの方に撮影していきます。
3分37秒あたりから、3番出口、この後1分間くらいの間に僕と似顔絵のサウンドも聞こえてきます。

 

2012-06-23
もはや社会悪のマスゴミ!
http://d.hatena.ne.jp/k1491n/20120623/1340440148

↑で紹介されていた↓YouTube。

タクシーで1周しながら撮った首相官邸周辺デモの状況(2012.6.22 19:00-19:10)
http://youtu.be/w26klgPfBio

himanainu さんが 2012/06/22 に公開

これは2012年6月22日(金曜日)19時から19時10分にかけての首相官邸周辺の様子です。記録性を重視しタクシーに乗りながら1カットで周辺の様子が分かるように­しました。移動経路交差点名:内閣府下→財務省上→総理官邸前→内閣府下

撮影:ヒマナイヌ川井 カメラ:SONY CX720V(空間光学手ぶれ補正アクティブ)

 

20120624 生きるか死ぬかの決定権を、ブタに握られてると気付いた人々
http://youtu.be/arszpB-diKs

77209088 さんが 2012/06/24 に公開

【そうだ、船橋行こう。電車でGO!野田退治デモ!!!再稼働はダメなノダ!】
呼びかけ文
ソーリ! ソーリ!! ソーリッ!!!
やめてください再稼働。ついでにやめてください、総理大臣。
あなたには心の底から失望しました。まさかあんなズサンな手続きで、地方自治体に責任まるまる押しつけて、危険きわまりない大飯原発の再稼働に踏み出すなんて!
大飯原発にフィルター付きベント設備なし、免震重要棟なし、避難路は問題山積み。
いったいそれのどこが、「安全は確保」ですかーっ?
8日の記者会見には怒り心頭でした。「国民の生活を守るため」という言葉はあなたの口から出るとき、なんと空疎に聞こえることか。国民なめるのも、いい加減にしてくれ~。?「脱原発依存」に舵を切ったはずが、いつのまにやらズルズルと元の木阿弥? いったい全体、どう考えているんですかっ?!国民の大事な命を! 子どもたちの未来を!
私たちは思いました。そうだ、船橋行こう。船橋に行って呼びかけよう。
賛同人のひとり、ジャーナリストの日隅一雄さんが亡くなる直前、「野田の地元で声を」と訴えたように、今こそ私たちは船橋に行く理由がある。
再稼働の決定を撤回してください!それができないなら、野田さんにこの国を率いる総理大臣の資格はありません。国民の8割は「原発いらない」って言ってますよー。聞こえて?ますかーっ? この声届いていますかーっ?
どうやら届いていないようなので、われら有象無象、黄色い電車に乗り込み、隅田川も荒川も江戸川も越えて、野田総理のお膝元まで、この民の声、お届けにあがります!!
再稼働ただちに撤回!!!
中央線沿線からは、中野や高円寺の脱原発の仲間達も加わって、大集団で船橋に乗り込みます!

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

官邸内ホールにまで響いたシュプレヒコール。45000人、国民の怒りに火がついた、6・22官邸前再稼働反対抗議行動(動画)

 早くも、当日22日に動画がアップされているので採録しておきます。なお、僕も6時8分頃国会議事堂前駅3番出口から地上に出て@nigaoe と二人参加してきました。総理官邸前交差点からのデモの列は既に大変な数で混んでいて、更に地下鉄3番出口からはどんどん参加者がはき出されてきます。一度先頭部分を見ようと国会記者会館の車出入り口辺りまで行き一瞥、とてもじゃないが多くて列に入れないと先頭まで行くのはあきらめ、「では」と言う事で後ろに戻り、3番出口を少し過ぎた所にやや割り込む形で(汗)列に入りました。

 

 TV朝日、報道ステーションのYouTubeがアップされているので採録しておきます。なお二つあり、編集漏れで途中CMが一瞬入っているのと、CMをカットしている版があります。前者はまだ数千の再生、後者は既に7万前後の再生です。後者は目立っていて消される可能性が高いので、前者の一瞬CMが入っている版をご紹介しておきます。CM以外の所は同じです。←但し、こちらも消される可能性がないとは言えず、キャプチャしておきました。全部で71個あります。

 当日はデモ疲れでとてもアップする気になれず。また、その後、官邸周辺地図を作成したり、その材料として写真撮影を二日間に渡り撮ってきました。アップ日はデモ当日の22日しておきますが、入力日は26日の朝です。※

※参考:官邸敷地と、6・22デモ列の位置関係を表示した地図を作成しました。

(↓クリックで拡大します、スクロールして見るなら
_1200px  一周約900mで、ゆっくり歩いても15分の距離です。車が出入りする所は3箇所(赤丸印の所)、「総理官邸前」交差点に近い北東側の官邸玄関口、「総理官邸前」交差点から「内閣府下」交差点への下り坂中程にある総理公邸玄関口、敷地南西側にある通用口の3箇所。官邸はいわば仕事場、公邸は要するに住まい。公邸は旧総理官邸を曳家(ひきや)工法でそっくりそのまま移動して改修されたもの。(総理大臣官邸より)

中田絵美ちゃん@emi_mumemo のYouTubeと、TV朝日の下記YouTubeを参考にしています。「総理官邸前」交差点から東に延びる茱萸坂=ぐみ坂両側に伸びる緑色の部分がデモ列です。絵美ちゃん本人が、YouTube紹介中「19時くらいに撮影したので、3万人くらいの時だと思います」と書いているように、実際のデモ列はその後更に伸び「内閣府下」交差点あたりまで伸びたそうです。

 

▼動画:えみむめもこと、中田絵美(22分25秒)
2012/06/22大飯原発再稼働抗議に45000人!紫陽花革命@首相官邸前
http://youtu.be/m40PJZcWmVg

hyperballad2011 さんが 2012/06/22 に公開

ツイッターの呼びかけで集まった45000人を超える一般市民が、首相官邸前に集まり、大飯原発再稼働反対抗議行動をしました!物凄い人々のパワーで溢れかえっていました­!紫陽花革命!この動画を見て、立ち上がった日本人のパワーを感じて下さい!(19時くらいに撮影したので、3万人くらいの時だと思います)
撮影@emi_mumemo 「8bitNews」 http://8bitnews.asia/

SOBA:1分25秒のあたりで横断歩道を渡り始め、2分30秒あたり国会記者クラブビルの前から後ろの方に撮影していきます。
3分37秒あたりから、3番出口、この後1分間くらいの間に僕と似顔絵のサウンドも聞こえてきます。

 

 TV朝日の動画です。初めてデモに来たという普通の人が多いのが目につきますが、参加者の声が力強いです(9から17から59から、)。それ以外でも、35のキャプチャ東秀一レポーターの「官邸ホール内にまでシュプレヒコールが聞こえてます」の現場中継は注目です。デモ列参加者を勇気づけたことは間違いなく。この動画が刺激になり、6・29官邸前デモが10万人を越す弾みになるかどうか。余談ですが、小泉純一郎の若い時そっくりさんがいたり、野田のオカマ風流し目をキャプチャ出来たのが笑えます。

20120622 古舘伊知郎 官邸前 再稼働反対抗議行動 45000人 寺島実郎 (11分28秒)
http://youtu.be/Kre816HyMv8

Beaucoup2011 さんが 2012/06/22 に公開

5分26秒の所で、一瞬CMが入っている編集削除漏れバージョンです。(CMが入っていない版の↓下記動画の音声をmp3にしました

 

↓こちらは、CM部分がなく編集された動画ですが、削除されました。
報道ステーション 首相官邸前デモに45000人!
http://youtu.be/dTuHOAW0DVM

yohx0 さんが 2012/06/22 に公開

 

↓CM部分なし版代わりのです。まだ無事。
報道ステション 首相官邸前デモに45000人! YouTube
http://youtu.be/Gy-THeV_Wzw

gifu164 さんが 2012/06/22 に公開

 

 以下、キャプチャです。
(↓全てクリックで拡大します)

0018 1、


0024 2、


0034 3、奥に見えるのが総理公邸(住まい)。その手前が組閣などの時に呼ばれた大臣候補が乗ってきた車が駐車するスペース。左下が北東側官邸玄関。交差点向こう側角が、抗議デモ先頭で、


0038 4、デモ列は左方向へ茱萸坂(ぐみさか)をゆるく下って続いていくのが見えます。向こう側の歩道です。


0044 5、


0048 6、「総理官邸前」交差点の表示。交差点南東角がデモ列先頭部分。


0103 7、


0106 8、


0114 9、以下、参加者の声。


0120 10、


0132 11、


0136 12、


0146 13、


0152 14、


0157 15、


0203 16、真ん中の人はまるで小泉純一郎の若い時の様でビックリ。さすが似顔絵@nigaoe は顔の特徴に敏感で見逃しません。この人は27のキャプチャでも出て来ます


0207 17、


0212 18、


0216 19、


0222 20、


0227 21、


0241 22、


0245 23、


0248 24、


0252 25、


0253 26、


0259 27、デモに参加する普通の人々。Twitter(ツイッター)で広がる「うねり」。「仕事帰りで来ました」。答える真ん中の男性、小泉純一郎の若い時にソックリさんでビックリ。


0304 28、「どうしてこの活動を知った?」「ツイッターです」


0306 29、


0314 30、iphoneを見せながら「普通の人が来ているのでこれが国民の怒りの声だと思います」


0324 31、


0330 32、


0337 33、


0338 34、


0354 35、3分44秒の所から。ナレーション「参加者の叫びは、国の中枢に届いているのか」。東秀一レポーター「こちら総理官邸です。先ほどから塀の向こうでは再稼働反対!の抗議の声があがっています。」(その部分のmp3、25秒


0359 36、「その声はこちら官邸の中にまで響き渡っています」(その部分のmp3、25秒


0401 37、


0403 38、官邸内ホール。ホール内に響き渡る、はっきりシュプレヒコールと分かるデモ参加者の声。(その部分のmp3、25秒


0422 39、


0432 40、


0438 41、


0447 42、


0450 43、


0501 44、


0508 45、


0518 46、細野豪志原発事故担当大臣と、「直ちに健康に影響はない」男、3・11発災時官房長官で現経済産業大臣の枝野幸男が、聞こえてくるシュプレヒコール・大飯原発再稼働抗議デモについての感想を聞かれている。


0522_2 47、


0537 48、


0541 49、


0545 50、


0549 51、枝野は無言で答えず。


0552 52、


0555 53、細野は「ちょっと急いでいるので」が聞こえてくるシュプレヒコール・大飯原発再稼働抗議デモについての答え。


0605_1 54、官邸北東玄関口から出た細野を乗せた車は、


0605_2 55、あっと言う間に、


0605_3 56、


0606 57、樹木の向こうを通り抜け、


0609_2 58、横断歩道の先を走り去ってます。細野には「(大飯原発)再稼働反対」の大きなシュプレヒコールの声が聞こえていたはず。


0619 59、


0623 60、


0629 61、


0635 62、


0640 63、


0706 64、


0713 65、


0734 66、


0809 67、


1003 68、お笑いネタ:以下クリック、拡大してご覧あれ(笑)

オバマの座っている方にチラリ、野田のオカマ風流し目。


1004_1 69、カメラに向かい、野田のオカマ風流し目。


1004_2 70、野田のオカマ風お目々パッチリ。


1010 71、オバマは野田が座る方向とは反対側にウインク。その先には記者がいるのでしょうが、野田の媚米外交に象徴される日本の力と、それ以外各国の政治力・外交力の歴然とした差を考えると、オバマのウインクの先はまるで中国だったり、ロシアだったりの気がします。

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕方、行こう!太鼓持ってメガホン持って。6.22緊急!大飯原発再稼動決定を撤回せよ!首相官邸前&関電本店前抗議。

 先週1万2千人なら、夕方その2倍3倍の人で官邸前を埋め尽くそう

【追記あり】6.22緊急!大飯原発再稼動決定を撤回せよ!首相官邸前&関電本店前抗議
http://twitnonukes.blogspot.jp/2012/06/622.html
↑詳細はリンク先で。

(略)

東京:
【日時】6/22(金)18~20時予定
【場所】首相官邸前(国会記者会館前、国会議事堂前駅3番出口出てすぐ)
【呼びかけ】首都圏反原発連合有志

大阪:
【日時】6/22(金)18~19時半予定
【場所】関電本店前(大阪府? 大阪市北区中之島3丁目6-16)
【呼びかけ】TwitNoNukes大阪有志。

(略)

↓千代田区のピンポイント天気情報
http://tenki.jp/forecast/point-682.html
千代田区ピンポイント天気予報では13時まで弱雨で降水確率1%だが、始まる18時から20時は曇りで降水確率0%

首相官邸前のアクセス:

国会議事堂前
東京メトロ丸ノ内線、千代田線

溜池山王
東京メトロ銀座線

Photo ←首相官邸周辺の地図。


↓先週の映像です。

先週金曜日、大飯原発再稼働抗議行動11000人!!!動画@首相官邸前
http://youtu.be/WCr6rMpvDic
hyperballad

hyperballad2011 さんが 2012/06/15 に公開

2012/06/15大飯原発再稼働抗議行動に11000人もの一般市民の方々が首相官邸前に集まり、抗議をしました!抗議行動の中央から最後尾までを撮影しました。(中?央から前の方に延びる列もあったので全てではないですが、おおよその雰囲気は伝わると思います。)あまりの感動に号泣してしまい、私の泣き声が入っています、すみません! 撮影@emi_mumemo 「8bitNews」 http://8bitnews.asia/

(以上YouTube挿入終り)

SOBA:50秒あたりから撮影者(@emi_mumemoちゃん)も「再稼働反対!」を叫び始めます。カメラを360度回した後、1分30秒あたりから今度は「再稼働反対!」を叫ながら列後ろに向かって移動して行きます。3分20秒あたりから感極まり泣き声になりますが、3分45秒あたりからは完全に泣き声になってしまいます。

“11,000 public citizens gathered in front of the Prime Minister's official residence today to  protest against the restart of Oi nuclear power plant.  I videotaped from the middle of the crowd all the way to the end of the line.
I was so moved by the power and energy of 11,000 people that you can hear me sobbing from part of the way.  Please watch it!  You will feel the power!”

 

先週1万2千人集まったのに日本のマスゴミは報道しなかった。
こんな腐ったジャーナリズムは他の先進国では考えられないことです。

↓なお、東京新聞は、6月21日朝刊5面で官邸前一万人抗議を報じなかった事についてのお詫び記事を載せてます。
https://twitter.com/aoshizu/status/215690762912923648
あおしずとななお★NoNukes ?@aoshizu
東京新聞 6/21 5面 これが官邸前一万人抗議不掲載のお詫び記事→ http://instagr.am/p/MH-9KevLkb/  "圧力"はなかったとのこと。全文のテキストは→ http://ameblo.jp/heiwabokenosanbutsu/entry-11283058760.html

Bcaaf0aebb6411e180c9123138016265_7


https://twitter.com/run_bun/status/215647566254186496/photo/1/large
Av4iuafciaaacto_3

 

(以下転載始め)

「東京新聞6月16日朝刊、再稼働抗議デモの不掲載について~応答室だより・鈴木賀津彦室長」2012/06/21(東京新聞)(平和ボケの産物の大友涼介です。)
http://ameblo.jp/heiwabokenosanbutsu/entry-11283058760.html

<書き起こし開始→

野田政権が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を決める前日の十五日夕、首相官邸周辺で大規模な抗議デモがありました。本紙の十六日朝刊には、このデモを報じた記事や写真はなく、読者の皆さんから左記に代表される批判が百件以上寄せられました。

東京電力福島第一原発事故以降、本紙は、事故が起きた原因を検証する一方、原発に頼らない社会に向けた報道に取り組んできました。主権が権力を握る政治家や官僚にあるのではなく、市民の側にあることを確認するため、市民の行動や声を紙面できちんと扱うことにも努めてきました。

再稼働決定前夜のデモは当然報じるべきでした。掲載に圧力がかかったわけではありません。取材を担当する部署内の連絡ミスで、当日、現場に出向いた記者がいなかったのです。官邸前に足を運んだ多くの市民に寄り添うことができず、肝心な取材を怠ってしまう結果となりました。これを重く受け止め、ミスをなくす取材態勢を整えました。

時の政権への市民の異議申し立てを記録していくことは、ジャーナリズムの重要な役割です。「主権在官」を打破し、主権者の意思を国の政策決定に反映させる。それを後押しする本紙の姿勢は揺らいでいません。

◇ ◇ ◇

以上を読者応答室から読者の皆さんへの返答とし、ご理解をいただければと思っております。(室長・鈴木賀津彦)

==================

*** 読者からの主な意見 ***

・首相官邸前に「原発再稼働反対」と1万1000人以上の人々が集まったことに対し1行の記事もないのはどうしたことなのでしょう。団体でも動員でもなく、個々の老若男女が集いました。日本の「ジャスミン革命」の萌芽と思いました。東京新聞がまったく触れていなかったことに、びっくりした。(東京都・女性)

・どのように取り上げてくれるのか楽しみにしていたのでがっかり。このような大規模なデモは、国民の意思が政治にまったく届いていないことを不満に思う市民の気持ちがよく表れていて、ぜひ全国の人にも知ってほしかった。(茨城県・女性)

・外部の圧力があったか自己規制なのか私にはわかりませんが、非常に残念です。国民のために新聞を作ってください。(東京都・男性)

・組織的な動員なしでこの人数、。一目見れば政治家にとって驚異と映るであろう光景でした。1面に載せても不思議ではなかったのにおかしい。(東京都・女性)

・一般市民は、国からも企業からも裏切られた状態で迷子になっている。納得のいかないまま再稼働され不安な中に投げ出され、だからこそ本当の情報を知らせてくれる新聞に期待しているのです。(東京都・女性)

==================

←書き起こし終了>

(以上転載終り)

 

世界は報じた。以下、イギリスのガーディアンの記事。

Japan nuclear restart gets PM's approval
http://www.guardian.co.uk/world/2012/jun/16/japan-approves-nuclear-power-restart?INTCMP=SRCH

Two reactors at Oi power plant will be brought back online, ending nuclear shutdown that flowed from Fukushima disaster

    Justin McCurry in Tokyo
    guardian.co.uk, Saturday 16 June 2012 07.56 BST

Peopleprotestintokyoa008

People protest in Tokyo against the Japanese prime minister's decision to restart nuclear reactors. Photograph: Yoshikazu Tsuno/AFP/Getty

Japan is to resume the use of nuclear power for the first time since last year's triple meltdown at Fukushima Daiichi power plant after the government on Saturday approved the restart of two idled reactors.

The decision to restart reactors three and four at Oi power plant in western Japan could pave the way for the resumption of operations at other atomic facilities, amid concern over power shortages during peak demand this summer.

The prime minister, Yoshihiko Noda, announced the restart after securing support from the mayor of Oi and the governor of Fukui prefecture, where Oi is located.

"Having won local consent, reactivating [the reactors] is now the government's final decision," Noda said. "We are determined to make further efforts to restore people's trust in nuclear policy and safety regulations."

Japan's last working reactor was turned off in early May, leaving it without nuclear power for the first time in more than 40 years.

Four reactors at Fukushima Daiichi were destroyed by the 11 March 2011 tsunami and another 50 around the country were taken offline for regular maintenance. Oi is the first plant to pass simulation "stress tests" introduced last year to address public concern over safety.

Noda has pushed hard for the Oi restart under pressure from the powerful business lobby, which feared disruption to manufacturers. He was expected to give approval after the mayor of Oi, Shinobu Tokioka, gave his backing to the move earlier this week. Tokioka said nuclear safety experts had convinced him the plant could withstand a natural catastrophe similar to the one that struck Fukushima Daiichi.

He added that he was concerned about the effect prolonged closure would have on the local economy and the prospect of power shortages in the Kansai region of western Japan, home to 24 million people and with an economy the size of Australia's.

About 10,000 demonstrators gathered outside Noda's office on Friday night in last-ditch attempt to derail the restart. Anti-nuclear campaigners accused the prime minister of rushing into a decision and ignoring lingering concerns over safety. "Prime minister Noda's rushed, dangerous approval of the Oi nuclear power plant restart ignores expert safety advice and public outcry, and needlessly risks the health of Japan's environment, its people and its economy," said Junichi Sato, executive director of Greenpeace Japan.

"Japan has already survived the peak summer and winter energy demand periods once with little nuclear power online, as well as a full month with none, and despite continued fear-mongering statements from industry and government about the need for restarting Oi, the economy has still grown remarkably well and there have been no significant energy shortages."

The operator of the Oi plant, Kansai Electric Power (Kepco), had warned that the region would face a 15% electricity shortfall in July and August, and had urged consumers to make power savings.

But the trade and industry minister, Yukio Edano, warned against wastefulness, as it will take Kepco about six weeks to bring both reactors to full capacity. "Safety is our main concern," he said. "It will take some time for the reactors to begin generating electricity, and we request that people continue to save energy. If there are safety problems, the process could be delayed."

The government did not require local approval, but Noda and a small team of ministers have spent weeks attempting to win support from residents amid widespread fears over safety and a loss of trust in the nuclear industry in the wake of the Fukushima accident.

The Japanese public remains divided over nuclear power, more than a year after the Fukushima Daiichi meltdown sent radioactive materials into the atmosphere and forced the evacuation of tens of thousands of residents.

According to a nationwide poll by the Mainichi Shimbun newspaper earlier this month, 71% of people cautioned against a rush to restart the Oi reactors, while 25% supported Noda's stance.

Noda has vowed to lessen Japan's dependence on nuclear power and increase the role of renewables. Nuclear once provided about a third of Japan's electricity, but plans to increase that share to more than 50% with the construction of more reactors was scrapped after the Fukushima Daiichi meltdown.

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

行ずれが見辛いので、Thunderbird(12.0.1)で1行の最大文字数を指定してみた。

 一応出来るよ、って事でメモしておきますが、結論を言うならこの設定をやらない方がお勧めです。むしろThunderbirdのデフォルト設定が(初期設定値72)と言う事を知り、意識する方が大事と思います。で、下書きするなら、70半角文字設定(全角で35文字)以下にしたエディタを使い、下書きを書く方が良いと思います。※

※例えば、miなら、ドキュメントメニュー→行折り返し→行折り返しあり(文字数指定)、出た窓で「行送り文字数」で文字数指定(半角換算)してOKする。ただし、見かけ上折り返されているだけで末尾に改行コードはない。そのままコピペしてThunderbirdで使うと行ズレになってしまうので、範囲指定してから編集メニュー→「選択部分を行折り返し位置で改行(ショートカットキーはコマンドキー+Shift+T)」の作業をやる。

 

Thunderbird(12.0.1)で1行の最大文字数を指定

 作業としては、環境設定→詳細タブの一般で→高度な設定の「設定エディタ」クリック→細心の注意を払って使用するをクリック→出た画面でフィルタに「wraplength」を入れ、出た設定名「mailnews.wraplength」の「値」(初期設定値は72)に設定文字数(半角換算)を入れ「OK」すると、行折り返す時の文字数(桁数)を変更する事が出来ます。

(↓クリックすると拡大します)
Thunderbird1 1、環境設定→詳細タブの一般で→高度な設定の「設定エディタ」クリック


Thunderbird2 2、「細心の注意を払って使用する」をクリック。


Thunderbird3 3、出た画面でフィルタに「wraplength」を入れ、


Thunderbird4 4、出た設定名「mailnews.wraplength」の「値」(初期設定値は72)に設定文字数(半角換算)を入れ「OK」する。


Thunderbird5_2 5、「値」(初期設定値は72)に設定文字数(半角換算)を入れ「OK」する。


 最初に書きましたが、Thunderbirdをデフォルト(初期設定値は72)で使っている人が多いので、「72」より多い数字で設定するとこちら送信側で行ずれしていなくても受信者側で行ずれする可能性がありますね。ここではむしろいじらないで、最初に書いたように下書きするThunderbirdと別のエディタでの設定を注意してやる方が良いです。

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

「主権者国民連合」TBPにトラックバックして頂いたブログを記録していきます。

 「主権者国民連合」TBPにトラックバックして頂いたブログを記録していきます。ブログ名の後ろに最初にTBして頂いた日時を記録し、その時のTBエントリーのリンクをはっておきます。なお参加登録と思われたのか、TBが1回だけの方がいらっしゃいますが、トラックバックは何回して頂いてもかまいません。皆様の活発なトラックバックをお待ちいたします。

 なお、「主権者国民連合」TBPは説明文でご案内しておりますように、植草一秀氏の創設宣言の趣旨、具体的には基本理念・基本政策に賛同し、呼応して登録・スタートさせたものです。ネットの力で国民主権を真に実のあるものにするために、ブログ間ネットワークを更に発展させましょう。そして、ブロガー皆様、また各ブログ読者の皆様と力を合わせ協同行動で国民の生活が第一を実現させたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

 

あ行

嗚呼、負け犬の遠吠え日記 2012-07-20 23:54

愛眼ってどうよ 大阪市天王寺本社の眼鏡屋 2012-12-15 23:43

青空学園だより 2012-06-19 15:00

植草一秀の『知られざる真実』 2012-05-21 02:24

 

か行

替え歌で行こう!  2012-06-05 21:01

賢く生活すれば、お金はあまり使わなくていい。 2012-12-15 21:29

葛飾区議会議員  佐藤ゆうだいブログ 2012-07-09 22:42

喜八ログ 2012-05-19 13:10

クラシック音楽のある毎日 2012-05-28 19:22

 

さ行

サイクルロード ~自転車への道 2013-05-09 10:44

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 2012-05-26 15:30

雑学的ブログ 2012-12-08 22:36

雑談日記(徒然なるままに、。)2012-05-18 20:59

zara's voice recorder 2012-10-19 18:46

指定の地点 2012-07-08 20:51

情熱高校教師 高橋央の『日本教育白書』2012-06-09 16:57

消費税増税反対デモ 2012 2012-05-22 22:07

神州の泉 2012-05-24 19:02

人生には、有給休暇とバルケッタ 2012-10-12 21:11

ステイメンの雑記帖 2012-05-18 23:13

戦国カフェ 2012-06-20 21:09

千都葉素ブログ Sento Paso Blog 2014-01-03 15:21

総合まとめサイト軍荼利速報 2012-08-27 18:52

草莽崛起~阿蘇地☆曳人のブログ 2012-06-20 19:27

 

た行

TPPを断固拒否する国民行動 2012-07-16 23:25

toxandoriaの日記、アートと社会 2012-05-18 22:59

 

な行

ニュースの真相 2012-06-08 17:28

 

は行

美猫の館♪ 2012-06-29 02:13

ひまじんの日記 2012-06-09 16:43

広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)2012-05-24 10:29

ふじふじのフィルター 2012-05-22 23:28

 

ま行

ミクロネシアの小さな島・ヤップより 2013-01-08 23:36

 

や行

☆YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞 2012-05-28 17:29

4つの目で世の中を考える 2013-09-01 00:56

四葉の想い出 2013-01-10 01:00

 

ら行

りばてぃーぶろぐ 2012-06-09 23:24

れんだいこのブログ 2012-11-10 12:16

 

わ行

 

(クリックすると拡大します)
_2850px


 サイドエリアに、TBPリンクリストを張る時のタグのご紹介です。「20」のところを「10」にすれば、表示を10個にできます。

<!-- TBP主権者国民連合 -->
<script type="text/javascript"
src="http://www.blogpeople.net/display/TB_People/tbp11228_utf8.js"></script>
<script type="text/javascript"><!--
writeTbpList_11228(
  1, "", "http://www.blogpeople.net/display/up/Up00069.gif", 0, 86400,
  1, 0, 1,
  1, 0, "/",
  1, 1,
  20, 1, "_blank",
  0, 0, 0, 0, 0);
//--></script>
<div class="blogpeople-tbp-powered-by">
  <a href="http://tbp.jp/" target="_blank">Powered by BlogPeople</a>
</div>

 以下、バナー。クリックすると、最初の二つは植草さんの政治運動「主権者国民連合」創設宣言エントリーに飛びます。残りの小さなバナーはTBP主権者国民連合に飛びます。

主権者国民連合バナー

主権者国民連合バナー

 以下は、ブログのサイドエリアにはれるサイズのバナーです。「主権者国民連合TBP」のリンクリストの先頭部分にはると効果的です。

主権者国民連合バナー 主権者国民連合バナー
主権者国民連合バナー 主権者国民連合バナー
主権者国民連合バナー 主権者国民連合バナー
主権者国民連合バナー

↑上記ブログサイドエリアにはれるサイズの各コマバナーを
↓コマ送りするgifバナーにまとめました。

主権者国民連合バナー 主権者国民連合バナー

↓クリックすると拡大します(拡大時、左が2コマ版、右が4コマ版)

主権者国民連合バナー 主権者国民連合バナー


始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水俣と福島に共通する10の手口(かつて水俣を、今福島を追う アイリーン・美緒子・スミスさんに聞く)、記事保存。

 雑談日記は僕の情報データベースなので、BBSにも投稿した記事の保存。

水俣と福島に共通する10の手口(かつて水俣を、今福島を追う アイリーン・美緒子・スミスさんに聞く)
投稿者:SOBA  投稿日:2012年 6月20日(水)19時40分58秒

■水俣と福島に共通する10の手口■

 1、誰も責任を取らない/縦割り組織を利用する

 2、被害者や世論を混乱させ、「賛否両論」に持ち込む

 3、被害者同士を対立させる

 4、データを取らない/証拠を残さない

 5、ひたすら時間稼ぎをする

 6、被害を過小評価するような調査をする

 7、被害者を疲弊させ、あきらめさせる

 8、認定制度を作り、被害者数を絞り込む

 9、海外に情報を発信しない

10、御用学者を呼び、国際会議を開く

特集ワイド:かつて水俣を、今福島を追う アイリーン・美緒子・スミスさんに聞く
毎日新聞 2012年02月27日 東京夕刊
http://mainichi.jp/feature/news/20120227dde012040007000c.html

20120227dd0phj000036000p_size5 「『10の手口』は経産省前のテントの中で考えたものです」と語るアイリーン・美緒子・スミスさん=小国綾子撮影


 ◇共通する「責任逃れ」「曖昧な情報流し」 繰り返してほしくない「被害者の対立」

 「福島第1原発事故は水俣病と似ている」と語るのは、写真家ユージン・スミスさん(78年死去)と共に水俣病を世界に知らしめたアイリーン・美緒子・スミスさん(61)だ。今回の原発事故と「日本の公害の原点」との共通点とは何なのか。京都を拠点に約30年間、脱原発を訴えてきたアイリーンさんに聞いた。【小国綾子】

 「不公平だと思うんです」。原発事故と水俣病との共通点について、アイリーンさんが最初に口にしたのは、国の無策ではなく「不公平」の3文字だった。

 「水俣病は、日本を代表する化学企業・チッソが、石油化学への転換に乗り遅れ、水俣を使い捨てにすることで金もうけした公害でした。被害を水俣に押しつける一方、本社は潤った。福島もそう。東京に原発を造れば送電時のロスもないのに、原発は福島に造り、電力は東京が享受する。得する人と損する人がいる、不公平な構造は同じです」

 都市のため地方に犠牲を強いている、というわけだ。

 「『被害×人口』で考えれば被害量のトータルが大きいのは大都市で、少ないのは過疎地域かもしれない。でもこれ、一人一人の命の価値を否定していませんか。個人にとっては、被害を受けた事実だけで100%なのに……」

   ■


http://mainichi.jp/feature/news/20120227dde012040007000c2.html
 アイリーンさんの原体験は「外車の中から見た光景」。日本で貿易の仕事をしていた米国人の父と日本人の母との間に育ち、60年安保反対のデモを見たのも、香港やベトナムの街で貧しい子どもたちが食べ物を求めて車の上に飛び乗ってくるのを見たのも、父親の外車の中からだった。こみ上げる罪悪感。「車の外に出たい」と強く感じた。

 両親の離婚後、11歳で祖父母のいる米国へ。日本では「あいのこ」と後ろ指をさされたのに、セントルイスの田舎では「日本人」と見下された。「日本を、アジアを見下す相手は私が許さない」。日本への思慕が募った。満月を見上げ「荒城の月」を口ずさんだ。

 アイリーンさんの「不公平」を嫌う根っこは、加害者と被害者、虐げる者と虐げられる者の両方の立場に揺れた、そんな子ども時代にあった。

 20歳の時、世界的に有名だった写真家ユージン・スミスさん(当時52歳)と出会う。結婚後2人で水俣に移住し、写真を撮った。日本語のできない夫の通訳役でもあった。患者と裁判に出かけ、一緒に寝泊まりもした。ユージンさんの死後は米スリーマイル島原発事故(79年)の現地取材をきっかけに、一貫して脱原発を訴えてきた。

   ■


http://mainichi.jp/feature/news/20120227dde012040007000c3.html
 大震災後、環境市民団体代表として何度も福島を訪れ、経済産業省前で脱原発を訴えるテント村にも泊まり込んだ。テーブルにA4サイズの紙2枚を並べ、アイリーンさんは切り出した。「水俣病と今回の福島の原発事故の共通点を書いてみました」。題名に<国・県・御用学者・企業の10の手口>=別表=とある。

 「原発事故が誰の責任だったのかも明確にしない。避難指示の基準とする『年間20ミリシーベルト』だって誰が決めたかすらはっきりさせない。『それは文部科学省』『いや、原子力安全委だ』と縦割り行政の仕組みを利用し、責任逃れを繰り返す。被ばく量には『しきい値(安全値)』がないとされているのに『年間100ミリシーベルトでも大丈夫』などと曖昧な情報を意図的に流し、被害者を混乱させる。どれも水俣病で嫌というほど見てきた、国や御用学者らのやり口です」

 福島県が行っている県民健康管理調査についても、「被ばく線量は大したことないという結論先にありきで、被害者に対する補償をできるだけ絞り込むための布石としか思えません」と批判する。



http://mainichi.jp/feature/news/20120227dde012040007000c4.html
 アイリーンさんが最も胸を痛めているのは、被害者の間に亀裂が広がりつつあることだ。「事故直後、家族を避難させるため、一時的に職場を休んだ福島県の学校の先生は、同僚から『ひきょう者』『逃げるのか』と非難され、机を蹴られたそうです。みんな不安なんです。だから『一緒に頑張ろう』と思うあまり、福島を離れる相手が許せなくなる」

 福島の人々の姿に、水俣で見た光景が重なる。和解か裁判闘争か。「水俣の被害者もいくつもに分断され、傷つけ合わざるをえない状況に追い込まれました。傷は50年たった今も癒えていません」

 だから福島の人たちに伝えたい。「逃げるのか逃げないのか。逃げられるのか逃げられないのか。街に、職場に、家族の中にすら、対立が生まれています。でも、考えて。そもそも被害者を分断したのは国と東電なのです。被害者の対立で得をするのは誰?」

 昨年3月11日、アイリーンさんは娘と2人、久しぶりの休養のため、アメリカにいた。福島の原発事故の映像をテレビで見た瞬間、胸に去来したのはこんな思いだ。「今からまた、何十年もの苦しみが始まる……」。水俣病がそうだったように。



http://mainichi.jp/feature/news/20120227dde012040007000c5.html
 水俣病の公式確認は1956年。77年の患者認定基準を、最高裁は2004年、「狭すぎる」と事実上否定した。09年成立の水俣病特措法に基づく救済措置申請を7月末で締め切ることに対し、患者団体は今も「被害者切り捨てだ」と批判している。半世紀たってもなお、水俣病は終わっていない。

 「今、水俣の裁判闘争の先頭に立つのは50代の方々です。まだ幼い頃に水銀に汚染された魚を食べた世代です。だから、福島に行くたびに思う。小さな子どもたちに将来、『あなたたち大人は何をしていたの?』と問われた時、謝ることしかできない現実を招きたくないんです」

   ■

 3時間にわたるインタビューの最後、腰を上げかけた記者を押しとどめ、アイリーンさんは「これだけは分かってほしい」と言葉を継いだ。

 「水俣と福島にかかわっていて私自身、被害者と同じ世界にいると錯覚しそうになるけれど、でも違う。被害者の苦しみは、その立場に立たない限り分からない。分かっていないことを自覚しながら、被害者と向かい合い、発言するのは怖いです」

 しばらく黙考した後、「それでも声を上げようと思います。福島に暮らす人、福島から逃げた人の両方が、水俣病との共通点を知り、互いに対立させられてしまった構図をあらためて見つめることで、少しでも癒やされたり救われたりしてほしいから」。かつて水俣を、今は福島も見つめる両目が強い光を放っていた。



http://mainichi.jp/feature/news/20120227dde012040007000c6.html
==============

 ■水俣と福島に共通する10の手口■

 1、誰も責任を取らない/縦割り組織を利用する

 2、被害者や世論を混乱させ、「賛否両論」に持ち込む

 3、被害者同士を対立させる

 4、データを取らない/証拠を残さない

 5、ひたすら時間稼ぎをする

 6、被害を過小評価するような調査をする

 7、被害者を疲弊させ、あきらめさせる

 8、認定制度を作り、被害者数を絞り込む

 9、海外に情報を発信しない

10、御用学者を呼び、国際会議を開く

==============
 ◇「特集ワイド」へご意見、ご感想を

t.yukan@mainichi.co.jp

ファクス03・3212・0279

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

明日17日は池袋で反消費増税デモ。&消費税増税大反対「怒りのエプロンデモ」6・10(日)渋谷【動画あり】写真レポート。

 後ろに、6月10日反消費増税デモ@渋谷の時の遊撃取材班写真レポートもあります

 岩上チャンネルでライブ中継もあります。以下、岩上安身さんのツイート。

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/214000572796375040
岩上安身 ?@iwakamiyasumi

【IWJ_TOKYO2】6月17日15:00~「怒りのエプロンデモ池袋」を中継します。詳細 http://fairtax.seesaa.net/article/274294365.html 東京Ch2→ ( #IWJ_TOKYO2 live at http://www.ustream.tv/channel/iwj-tokyo2 )

 

集合場所:東池袋中央公園(東京都豊島区東池袋3-1-6)
 ☆JR池袋駅東口より、サンシャイン60通り8分 ★メトロ有楽町線東池袋駅5分

コース:東池袋公園発~春日通り~明治通り~協和通り~グリーン大通り~東池袋四丁目交差点左~春日通り~東池袋中央公園回帰
(↓クリックで拡大します)
Photo左回り(反時計回り)のコースです。


 天木直人さんも参加します。

Photo_2


天木直人さんのツイートです。

https://twitter.com/amakinaoto/status/213838585739218944
天木直人 ?@amakinaoto

野田政権の暴挙には我慢できない。あす17日に東池袋中央公園で怒りのエプロンデモ集会がある。ツイッターで集まる本当の大衆デモだ。参加して街を抗議行進してくる。これで私もツイッター仲間だ。日本版中東の春への参加だ。痛い目にあいそうだったらすぐ逃げることにしている。※

※SOBA:天木さん「痛い目にあいそうだったらすぐ逃げることにしている。」←基本的に天木さんのツイートに賛成です。僕自身いつもこの心がまえでデモに参加してます(汗)もっとも不当逮捕・不当取調に備え必ずICレコーダーを身につけてます

 

関連:

(以下転載始め)
2012年06月12日
お越しください 6・17池袋 消費税増税大反対 怒りのエプロンデモ
http://fairtax.seesaa.net/article/274674641.html

【怒りのエプロンデモ池袋】
消費増税採決強行に断固反対し、これを阻止する民意を触発するため、
「怒りのエプロンデモ」を連続で実施します。

(略)

6月17日(日) 東池袋中央公園  15時より集会 16時出発

雨天決行 池袋のお天気情報 http://weather.livedoor.com/point/station/13/191.html

場所:東池袋中央公園(東京都豊島区東池袋3-1-6) 地図(下の方に地図表示)
 ☆JR池袋駅東口より、サンシャイン60通り8分 ★メトロ有楽町線東池袋駅5分

コース:東池袋公園発~春日通り~明治通り~協和通り~グリーン大通り~東池袋四丁目交差点左~春日通り~東池袋中央公園回帰


このたびの池袋デモおよび事前集会に、地元の衆院議員、小林興起氏をお招きしています。
小林興起議員は従来、民主党議員の中でも、派閥に属さず独自の立場から、「消費税の税率引き上げにはきわめて慎重であるべき」との主張を行ってきています。現状での消費税増税にも「反対」をマスコミ報道においても言明しています。

「週刊ポスト」 H24/6/1号
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-291.html

 「今、消費税率を上げる時ではない。(小林興起HP 今月の一言 四月)」
http://www.kobachan.jp/word/201204.html?KeepThis=true&TB_iframe=true&height=450&width=620

現在、参加の方向で調整いただいています。

(略)
(以上転載終り)

 

参考:

(以下転載始め)

2012年06月11日
【動画・記事】消費税増税大反対「怒りのエプロンデモ」6・10(日)渋谷(動画あり)
http://fairtax.seesaa.net/article/274468860.html

動画中継してくださった方々、ありがとうございました。

約100名、渋谷の繁華街を、大勢の人々に呼びかけ訴えました。
多くの方々から賛同の声やしぐさを返していただき、増税問題への関心の高まりが感じられました。

録画日時 : 2012/06/10 16:00 JST
6月10日「消費税増税大反対デモ」(怒りのエプロンデモ)渋谷1(40分33秒)
@nakamowa 様
http://www.ustream.tv/recorded/23210974

Video streaming by Ustream

 

6月10日「消費税増税大反対デモ」(怒りのエプロンデモ)渋谷2(19分36秒)
@nakamowa 様
http://www.ustream.tv/recorded/23211721

Video streaming by Ustream

SOBA:14分のところから、ジャンベを確認する事が出来ます。シュプレヒコールのシャンテと良く溶け込んでいて素敵でした。

 

IWJ_TOKYO が IWJ_TOKYO3 で録画ビデオを作成しました
120610 消費税増税大反対怒りのエプロンデモ 渋谷 2012/06/10 17:04 (1時間37分41秒)
http://www.ustream.tv/recorded/23210473

Video streaming by Ustream

SOBA:
最初から35秒あたりまで、集合場所での引いた位置からのカメラでの風景。

16分から、小吹君挨拶。

34分35秒から、デモ出発。

1時間29分20秒、解散地の代々木公園ケヤキ並木プロムナード(イベント広場横)に到着。

1時間31分30秒から、小吹君挨拶。

 

田中龍作ジャーナル
消費税反対エプロン・デモ 「国民は殺されそうです」
http://tanakaryusaku.jp/2012/06/0004464

 

次回は6月17日、池袋にて実施いたします。 新宿、渋谷、池袋と、山手線内の繁華街三ヶ所で連続実施すれば、現内閣の暴走に対抗する、大きな効果があるものと思います。 民意冒涜、国民虐待の消費税増税を断じて阻止しましょう。 増税不況、デフレ恒常化の惨憺たる状況に日本を陥らせないために、皆様のご協働をよろしくお願いいたします。

 実行責任者 小吹 伸一

Apron6_10_17_page0001.jpg

(以上転載終り)

 

 下記の旗が登場するのも時間の問題でしょう。第一号「主権者国民連合」の旗を高々と掲げる一番乗りデモはどこか。

(クリックすると拡大します)
_2850px


 「主権者国民連合」TBPのリンクリストをサイドエリアに表示させるタグのメモはこちら

 

 以下、バナー。クリックすると、最初の二つは植草さんの政治運動「主権者国民連合」創設宣言エントリーに飛びます。残りの小さなバナーはTBP主権者国民連合に飛びます。

主権者国民連合バナー 主権者国民連合バナー

 以下は、ブログのサイドエリアにはれるサイズのバナーです。

主権者国民連合TBP」のリンクリストの先頭部分にはると効果的です。 主権者国民連合バナー 主権者国民連合バナー

主権者国民連合バナー 主権者国民連合バナー

主権者国民連合バナー 主権者国民連合バナー

主権者国民連合バナー

↑上記ブログサイドエリアにはれるサイズの各コマバナーを

↓コマ送りするgifバナーにまとめました。

主権者国民連合バナー 主権者国民連合バナー

↓クリックすると拡大します(拡大時、左が2コマ版、右が4コマ版) 主権者国民連合バナー 主権者国民連合バナー
始めに戻る

 

 6月10日反消費増税デモ@渋谷(遊撃取材班写真レポート)

 突如渋谷に現れた、このおじさん、おばさん、年寄りと若者、男に女で、。この混沌として、エネルギッシュで、楽しげで、断固としていて、のんびりしているようでいて元気で、リズミカルで、ノリノリで、脱原発で、反消費増税で、反TPPで、かと思うと「小沢一郎を総理に!」おじさんおばさんがいたり、分かるけれど、分からない(←マスコミだけ見てる人には分からない)まるで昔見た、唐十郎赤テントのような、、、。交差点で見る若者も口をアングリ、かと思うと手を振る人がいたり、眉をひそめる人もいるかと思うと、好意的ニヤリの人もいる、この何だか分からない、渋谷に出現、主権者国民連合発、変なオジサンならぬ変なデモの(←ここでは褒め言葉)写真レポート。

(↓クリックすると拡大します)
Dsc_4772 1、マルイ前に出現したデモ、林立する幟、横断幕、プラカード。手には、フライパンあり、お鍋あり、はたまたカスタネット、サンバホイッスル、エイサーで使うような小さな太鼓、今回はジャンベも、ほとんど全員が何か持ってる。


Dsc_4774 2、おおっ、大きな映像取材カメラ。


Dsc_4775 3、先導するシュプレヒコール、反消費税、脱原発およそ半々で時宜にかなっていてバランスも良く迫力満点。


Dsc_4776 4、


Dsc_4777 5、


Dsc_4778 6、


Dsc_4779 7、


Dsc_4780 8、


Dsc_4781 9、


Dsc_4782 10、


Dsc_4783 11、


Dsc_4788_1000px 12、左折し明治通りに入ってくるデモ隊先頭部分。


Dsc_4793_1000px 13、


Dsc_4794_1000px 14、横断幕を持つ若者の姿。


Dsc_4795_1000px 15、脱原発グループも。


Dsc_4796_1000px 16、


Dsc_4797_1000px 17、


Dsc_4798_1000px 18、


Dsc_4800_1000px 19、


Dsc_4802_1000px 20、


Dsc_4803_1000px 21、宮下公園横歩道橋からデモ隊列先頭部分を後ろから。


Dsc_4806_1000px 22、同じくデモ隊列先頭部分を後ろからズームアップ。


Dsc_4807_1000px 23、撮影ポイントへ近道で先回り。遥か前方に神宮前交差点歩道橋を望む。


Dsc_4809_1000px 24、神宮前交差点に出現したデモ隊列先頭部分。


Dsc_4812_1000px 25、


Dsc_4813_1000px 26、


Dsc_4815_850px 27、ジャンベを叩く謎の人物(笑)


Dsc_4816_1000px 28、もうすぐ解散地。沿道の外人ツアー客も思わずカメラを出しパチリ。


Dsc_4819_850px 29、解散地は代々木公園遊歩道、ケヤキ並木通りプロムナードの野外ステージ横、凜と立つ「一揆!反原発、反増税、反TPP」の幟旗。


Dsc_4823_850px 30、こちらは「子供たちの命と麗しき山河を守れ」の脱原発デモ幟旗。


Dsc_4824_850px 31、エプロン、手鍋にお玉。動画では結構カンカン響いてました。


Dsc_4829_850px 32、「増税の前にやるべきことがある


Dsc_4831_850px 33、


Dsc_4832_850px 34、張り紙で脱原発、フライパンは反消費増税。


始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

阿修羅管理人さんから「しばらくのあいだ昼休み板のみ投稿」処分を受けた、街カフェTV、藤島利久関連のメモ。

※↓以下の表題で「昼休み板のみに」と言うのは、以前は番外地板と言われていた「昼休み板」のこと。今回の藤島氏への管理人さんの処分は順当と思います。明るい憂国の士さんが二重投稿の繰り返しで昼休み板処分を受け、その後2012/3/08を最後に、阿修羅昼休み板からも消えたことは、憂国の士さんの過剰反応と思います。また阿修羅に復活すべき。(それはともかく、飯山一郎さんと憂国の士さんが運営している『文殊菩薩(ブログ版)』は注目・必読記事が満載のブログです。)

 

街カフェTVさん、板違いです。板選定ルールをご理解いただけいないようですので、しばらくのあいだ昼休み板のみに投稿をお願い※
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/672.html
投稿者 管理人さん 日時 2012 年 6 月 03 日 23:35:19: Master

『殺すぞ!』と、脅迫電話が・・・/三井環氏との確執 ~ 新党市民(政治団体)藤島利久 
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/824.html
投稿者 街カフェTV 日時 2012 年 6 月 03 日 14:09:13: Hm7C6dkbN36Gg

これは日本の政治と直接関係がある話題ではありません。

街カフェTVさんの阿修羅掲示板の使い方は
私が考える阿修羅掲示板の使い方と大きくかけ離れている部分がありますので、
しばらくの間投稿は昼休み板限定でお願いします。

 

ついた、コメント。

01. 2012年6月03日 23:43:20 : F37bGc7yX2
暫くでなく、永久にでは。

小沢支持者ですが、小沢さんに迷惑がかかると危惧してました。藤島氏の暴走に。

 

02. 2012年6月04日 05:29:56 : FJzVpsHtII
まあ、代表選に平野推してたんだから普通ではない罠
誰もが全く選択肢にない人物だし
松下の労組上がりだし

SOBA:↑関連の藤島の投稿↓

平野博文氏が本命!! ~ 2011蝉が鳴かない夏8/市民連帯の会(新党市民)藤島利久
http://www.asyura2.com/11/senkyo118/msg/501.html
投稿者 街カフェTV 日時 2011 年 8 月 26 日 04:43:27: FhSY.VZyAvKpM

 

関連で付録:「小沢さんは有罪」と、まるで予想屋のように書いている投稿。

小沢有罪のからくり… / 新党市民(政治団体)藤島利久
http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/404.html
投稿者 街カフェTV 日時 2012 年 3 月 09 日 03:50:00: FhSY.VZyAvKpM

 

 以下は、藤島氏が阿修羅投稿中言及している文書。(グーグル検索で出て来たもので、真偽については不明。グーグルやYouTube、Blogger版ブログのIDを持っていると共通IDなので直接開くことが出来ます。)

(↓クリックすると拡大します)
Viewer_2 藤島氏は「市民連帯の会」の名前を使って、自己の個人口座にカンパを要請したり、「市民連帯」の名前を使って10月末に葬式デモを企画するなど暴走を繰り返し、また多くの人から金を借りまくって寸借詐欺的な行為をしていた。これは「市民連帯の会」の趣旨目的に反し、「市民連帯の会」の名誉を著しく侵害しておりますので、9月26日付を持って、事務局長を解任致しました。

したがいまして、今後藤島氏は当会とはまったく関係がありませんので、その旨ご了解ください。

平成23年9月28日
「市民連帯の会」代表 三井環

 

↓以下は、藤島氏の阿修羅投稿についたコメント。

http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/824.html#c55
55. 2012年6月04日 06:52:47 : qpe6k2v2DQ
これだけ前科があるとは。ひどすぎませんか。

街カフェTVさん、板違いです。板選定ルールをご理解いただけいないようですので、しばらくのあいだ昼休み板のみに投稿をお願い
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/672.html

街カフェTVさん、カンパ募集は投稿規定違反です。ご理解いただけるまで一時的に投稿可能数を0にしておきます。
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/657.html

街カフェTVさん、クリック誘導。宣伝文の投稿の投稿規定違反です。
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/425.html

街カフェTVさん、200文字未満の投稿規定違反です。投稿規定全文をコピペコメントし、3回音読して完了を報告してください。
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/382.html

街カフェTVさん、板違いです。板選定ルールを守って投稿をお願いします。
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/356.html

街カフェTVさん、カンパのお知らせを投稿するのは広告投稿となり規定違反です。
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/305.html

街カフェTVさん、動画投稿の際は、動画の内容を200文字以上書いてくださいませ。
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/581.html

街カフェTVさん、板違いです。板選定の考え方をご理解いただけるまで投稿可能数を0にしておきます。
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/569.html

街カフェTV さん、板違い投稿があります。今後ご注意ください。
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/334.html

↓阿修羅管理人さんのコメント。

街カフェTVさんさんはたぶん、「阿修羅掲示板は多くの人が見るので自分の行動を宣伝するのにいいメディアだ」と思っているでしょう?
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/425.html#c6

 

街カフェTVが二重投稿になってますね。
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/677.html
投稿者 SOBA 日時 2012 年 6 月 06 日 09:39:45: LVbi13XrOLj/s

山際澄夫の告発状を調べる必要がある/検察リークの影で暗躍する偏狭な国粋主義者 ~ 新党市民(政治団体)藤島利久
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/285.html
投稿者 街カフェTV 日時 2012 年 6 月 04 日 23:12:00: Hm7C6dkbN36Gg

もし↑上記投稿を知っていたか、あるいは管理人さんの「昼休み板ペナルティー」を知っていてメジナが↓下記投稿をしたのなら、メジナは悪質。

山際澄夫の告発状を調べる必要がある/検察リークの影で暗躍する偏狭な国粋主義者・・・(街カフェTV)
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/893.html
投稿者 メジナ 日時 2012 年 6 月 05 日 20:05:12: uZtzVkuUwtrYs

コメント

01. SOBA 2012年6月06日 09:55:56 : LVbi13XrOLj/s : uiafDXMB2Q
 メジナは、確信犯だったようです。メジナが言う「お昼休み板との2重投稿は、投稿ルールでOKと成っております。」←こんなルールがあったのですか。知らなかった(笑)これだと、お昼休み板の存在意義そのものがなくなりませんか。

(以下転載始め)
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/893.html#c7

07. メジナ 2012年6月06日 08:03:17 : uZtzVkuUwtrYs : sy4SxNTKOI
>>05 さんへ
投稿者です。

>投稿者さん街カフェさんはこれはすでに自分で投稿されていますが取り上げた意味は何ですか。

情報の拡散です。
お昼休み板では、アクセス数が少ない為、政治板に投稿しました。

>2重投稿と同じではないですか。それとも管理人さんが管理できてないということでしょうか。

お昼休み板との2重投稿は、投稿ルールでOKと成っております。
ルールについては、お知らせ板で確認を願います。

 

08. 2012年6月06日 09:36:27 : Ty9f9Ltusk
>07
あなたは街カフェさんの応援団としてサポートする目的で良い事をされているとお思いでしょうがそれは管理人さんの御判断に反する行為で間違いです。そんなことをされたらあなたもお昼休み板に移行になりますよ。
わたしは街カフェさんの意気は買いますが街カフェさんは本質は言動や内容を見る限り総会屋と何ら変わりがない政治ゴロだと判断します。そんな者がいわゆるB層と言われる方の支持を得て植草さんや森さんに近づくことは危険だと判断します。見解の相違と言われるかもしれませんが街カフェさんの行動言動のレベルが植草さんや森さんの足を引っ張ることは間違いありません。つまりいつか政治ゴロ街カフェの方が前に出て植草さんや森さん達を政治ゴロ以下に引きずりおろす危険があります。私は水谷建設社長を訴えるという過程でレベルが低すぎてこれは駄目だと判断させていただきました。かれのやっている事は売名行為に過ぎません。しかし残念ながらほとんどの人が気が付いていません。あのVAKAさんはすぐ気が付いたようで放置が得策と判断して街カフェさんのブログにはコメントやめました。
感情に走らず冷静に御判断される事を希望いたします。ただ街カフェさんのブログはすでに破壊されてしまっているようですが。

(以上転載終り)

 

関連:↑上記コメントのやり取り続き。

http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/893.html#c32

32. 2012年6月08日 01:11:36 : dy5bblmkRU
>>08

私が今まで最もむかついたレスですね。北詰などは、最初から、文面も稚拙で
単なる感情だけの生き物という感じでいくら書いてもあほな奴やなで、
済ませるけれど、リベラルポーズを取りながら、その根底は悪意に満ちた
内容ではないかと、それだけに他の人が藤島氏を悪意に勘違いする方向へ
誘導する危険が大きいですね。

>わたしは街カフェさんの意気は買いますが街カフェさんは本質は言動や内容を見る限り総会屋と何ら変わりがない政治ゴロだと判断します。

どうして、総会屋と変わりがないのか根拠を示せ。
総会屋は金銭目的でゆすりたかりの類で、社会の敵であることは明白だ、
しかし、藤島氏は、企業に対してそうした行為は皆無であり、陸山会の裏金
問題に関連して、前経営者の虚偽の申告を炙り出すための一環として管財人への
進言を、行動力を持って行っている、こうしたものは、逐一、映像で公開が
なされている。

>そんな者がいわゆるB層と言われる方の支持を得て植草さんや森さんに近づくことは危険だと判断します。

間違った、勝手な前提で、そんなものとは何だ、中傷も甚だしい。

>見解の相違と言われるかもしれませんが街カフェさんの行動言動のレベルが植草さんや森さんの足を引っ張ることは間違いありません。

これは、見解の相違とか、そういうレベルのものではなく、何の根拠も示さない、
悪意に満ちた曲解で、意図した言葉の攻撃だよ。

>つまりいつか政治ゴロ街カフェの方が前に出て植草さんや森さん達を政治ゴロ以下に引きずりおろす危険があります。

政治ゴロとは、藤島氏にとっては最も侮辱的な言葉であろうし、そうした
中傷的な言動をよくとれるものだと思う。

>私は水谷建設社長を訴えるという過程でレベルが低すぎてこれは駄目だと判断させていただきました。

てめーができないからといって、レベルが低いと切り捨てるお前の精神は
腐っている。陸山会の不当な検察、官僚、司法、マスコミの民主主義を
否定した弾圧は、根深く、闇が深く、深刻だ、単に、数十人規模のデモを
やって満足をしている場合ではない、出来ることは何でも、出来る人が
率先してやることが大事なのだよ。

>かれのやっている事は売名行為に過ぎません。

売名行為とはどういうことだ、具体的に説明しろ。

>しかし残念ながらほとんどの人が気が付いていません。あのVAKAさんはすぐ気が付いたようで放置が得策と判断して街カフェさんのブログにはコメントやめました。
感情に走らず冷静に御判断される事を希望いたします。ただ街カフェさんのブログはすでに破壊されてしまっているようですが。

こんなものは単なる中傷ではないか。

お前は、非常に悪質だ、追求する方のポーズを取りながら、何の根拠もなく
藤島氏を貶める文面は許しがたい。
文句があるのなら、返事をしろ。

(略)

35. 2012年6月08日 11:34:01 : Ty9f9Ltusk
>32
てめーと言う人と話をしたくないし返事をしろとかあなたに命令されるゆわれはありませんが少し落ち着いていただきましょう。
あなたは根本的な事を忘れておられます。街カフェさんのグログはルール違反であり管理人さんが処分されています。あなたは街カフェさんのブログは何が問題なのか理解できていないようですね。
次に政治ゴロといったのは水谷建設の社長を訴えると息巻いて確かに訴状を提出されたようですが街カフェさんは訴えることに目的がありそれを皆さんに伝える事に目的があったのではないかと推測します。なぜかと言えば基本的な時効を無視している点と何罪で訴えるのかがあいまいな点です。私は本件は偽証罪が正しい訴因だと思っています。つまりやっていることがマスターベーションでしかないのです。逆に横領罪を決めつけているのは問題で逆訴される恐れもありました。何も知らない方に自分の訴状をコピーして裁判所に送ればよいと呼びかけた時点でこれは素人の売名行為と思いました。
それがネットで騒がれるようになり植草さんや森さんの講演を撮影して流したりしていつの間にか二人に取り入りいっしょに活動をするとなるとこれは次元の違う話で危険だと感じました。説明するべくもなく二人が街カフェの売名行為に引き込まれそして支離滅裂の問題がおこることが懸念されるのです。
あなたもてめーとか命令口調だったり日ごろの街カフェさんの言動とにたところがありますね。あまり自慢できることではないと思います。しかしお仲間だとすれば当然のことでしょう。
ネットで寄付集めは違反ですよ。自分のブログをだして売っている人はいます。街カフェさんも名前が売れたので売れると思いますよ。※

※SOBA:「ネットで寄付集めは違反ですよ。」←ここの所で、Ty9f9Ltuskさんが「ネットで」言っているのは「阿修羅で」の間違いだと思います。阿修羅では寄付を募る行為は管理人さんの方針で禁止されてます。

 

36. 2012年6月08日 13:03:12 : dy5bblmkRU
>>35
>あなたは根本的な事を忘れておられます。街カフェさんのグログはルール違反であり管理人さんが処分されています。あなたは街カフェさんのブログは何が問題なのか理解できていないようですね。

少しは文面をまともに読むように、管理人さんの対応の項に対しては何も言って
はいないですよ。この件に関しては、君や僕たちが口を挟むことではないと
思います。投稿の内容の善悪ではなく、このブログの単なるルールで、そこは
管理人さんに独占権があります。

>次に政治ゴロといったのは・・・・・・

藤島氏の活動を全体として捉えるべきで、彼の実効的なこれまでの活動と
併せて考えれば、政治ゴロと断罪するには余りにも根拠が薄弱で弱すぎる。
個人的な推測で、彼にとっては致命的な政治ゴロの文言が通るなら、
登石の推認に何ら問題はなくなります。
まず、スタンドプレーだと思う事柄について疑問を投げかけるべきであり
回答を待つべきです。そうした手続きもなしに政治ゴロの文言は誹謗中傷以外
の何物でもなくためにするものだと思います。

>それがネットで騒がれるようになり植草さんや森さんの講演を撮影して流したりしていつの間にか二人に取り入りいっしょに活動をするとなるとこれは次元の違う話で危険だと感じました。説明するべくもなく二人が街カフェの売名行為に引き込まれそして支離滅裂の問題がおこることが懸念されるのです。

この件については、あなたの一つの見解だとは思いますが、彼らもネット社会での
拡散を自己主張の場として選んできているはずで、街カフェだけが次元を異に
することに違和感を持ちます。また、売名行為と断言する根拠は薄いです。
ただし、猪突猛進型の藤島氏も、ここの部分は非常にデリケートなので、対応は
非常に慎重を期す必要はあるような気がします。やってはいけないのではなく
前に出過ぎず、彼らをサポートする配慮は必要かと思います。

彼らは名声を利用されることを極力嫌い慎重です、三井さんの問題にしても
結局はスタイルの問題だろうと思います。裏金が許せない三井さんにとっては
厳格なドネイション以外は許せない、結局は泡沫の藤島氏が痛手を負う。

>あなたもてめーとか命令口調だったり日ごろの街カフェさんの言動とにたところがありますね。あまり自慢できることではないと思います。しかしお仲間だとすれば当然のことでしょう。

ここは、よけいな部分ですね、根拠なく、思い込みだけで人を断罪するのは
いけないことなのよ、それを見て、怒れば、怒ったように表現をする、
それだけですよ。

>ネットで寄付集めは違反ですよ。自分のブログをだして売っている人はいます。街カフェさんも名前が売れたので売れると思いますよ。

ネットでの寄付集めが違反と言うのは初めて聞きましたね。
ただ、この板には板のポリシーがあるのは理解はできます、行為における
善悪ではなく、ルールには従う必要はあるでしょう。
そして、売るという表現はいただけない、活動を先入観的に、商売としての視点で
表現する君の心が、これらの文面の根底になっていることは明らかで、
結局は潰しあいになってしまうことに気が付くべきだよ。

 

37. 2012年6月08日 13:51:48 : Ty9f9Ltusk
>36
まだ政治ゴロの説明が足りないようですね。結局あなたも藤島さんのパホーマンスにまんまと引っ掛かっている一人です。これは新しい形の総会屋さんでしょう。つまりネットを利用した総会屋ということです。
総会屋さんは自分には全く関係のない、人の失敗や弱みにつけこんで暴力的な言葉や行動で相手を威圧し金品をせしめる仕事です。まさに無から有を生じさせるヤクザ屋さんの仕事と同じです。
では藤島さんの仕事はどうでしょう。大声で相手を罵倒する、どこでも押しかけて行く、管財人の仕事も邪魔する、裁判所に訴状が受け付けてもらえなかったと怒鳴りこんだのは笑えました。とにかくかれにとり結果はあまり問題ではないのです、そうやってやったやったとネットでいうと見ている人は群集心理が働きもっとやれと賛同しカンパもいとわなくなります。そしてカンパを請求するのです。普通カンパは請求されなくても自主的に出すものだし本人ではなく賛同者が集めるものです。また彼の仕事には余禄が付いており彼は行動力がありすごいなあと思った人がいたら議員さんになれる可能性もあるのです。わたしはこんな議員さんは御免こうむりたいですが。
そお言えばあなたの言葉遣いや言い分も総会屋さんに向いていますね。せいぜいがんばってください。ところでもしかしてあなたは女性ですか。

 

38. 2012年6月08日 23:52:32 : GVtgrwjagU
ネット社会ですね。新しいスタイルの総会屋の先駆者ですね。藤島さんは。

しかし先日の映像、(池袋警察での隠し撮り)ですが、暴行だ、脅迫だと騒いでいるのに

刑法の暴行罪も知らない。いつも藤島さんが小馬鹿にしている警察官に暴行罪の

説明を受けていましたが

哀れを感じました。

基本の勉強がなされていないのに、耳学問で知ったかぶりがばれます。

賢明な方がたにはとっくに見抜かれていますが。

阿修羅のコメントに変化が有ります。

既に多くの方には見抜かれていることに安心しています。

 

39. 2012年6月09日 02:10:41 : dy5bblmkRU
>>37
説明にはなっていないな。
人を批判するには確たる根拠を持って行うべきだよ、
それに、苦し紛れに、総会屋の定義を勝手に作っては駄目だよ。
ネットの総会屋など存在しないし、フィクションで、人を糾弾する
根拠にしては駄目だよ。

>大声で相手を罵倒する、・・・・

君は優しいんだ、どんな時にも相手の身になって考える、不法な取り調べを
した検察も、インチキをした司法局も追及されて可哀そうで、いい迷惑なんだ。
デモなんて、道路を占有して、大きな声を出して五月蠅くて公共の邪魔で
いい迷惑なんだ。優しんだね。

きっと君は、何にもしないでお家でおねんねしているのが一番うってつけだと
思うな。

 

40. 2012年6月09日 05:41:17 : YBxGugsZtQ
自分のブログの宣伝しかしないのだからどこの掲示板でも投稿できるなら良いはずなのに、政治板でないとカンパが集まらないとでも思ったのか管理人に意義を申し立てている。この人は宣伝目的だから掲示板本来の目的であると思う議論はほとんどしないし、質問に答えることもほとんどない。一緒に活動したことがある人のスレッドにさえコメントすることはまずない。カンパに影響があると思うのか、無視すれば良いようなコメントには挑発的に「馬鹿はいらないよ」等と返答している。何度も管理人に注意され昼休み板限定という処分を受け阿修羅半追放状態なのに全く懲りていない。こんなことでは完全追放されてしまうのではないか。

 

41. 2012年6月09日 09:32:42 : eZR0JXEYEk
>>40さん、「馬鹿はいらないよ」を繰り返す藤島に不快な思いでした。

貴方のおっしやるとおりだと思います。

阿修羅の本来の目的から逸脱、カンパ集めのための釣堀のため藤島は阿修羅を

利用しているように見えるのです。


永久追放にして欲しいです。う

 

42. 2012年6月09日 10:33:24 : Ty9f9Ltusk
>39
そういうのを捨てぜりふというのですよ。街カフェさんを応援しているあなたにとっては街カフェさんは駄目だと言うのが耐えられないのでしょうがあなたの問いに答えて十分説明したと思います。残念ながら街カフェさんはある意味危険人物です。応援する価値はありません。
わたしはこの国を自立させるためには小沢さんに最後の御奉公をしていただき自立への道を付けてもらいたいと及ばずながらネットで応援しているものです。戦後日本の国体はアメリカになりました。そしてサンフランシスコの平和条約を経てもそれは一貫して続いており国民が知らされていないだけです。アメリカ大使が日本総督と言っても過言ではないでしょう。ただ単にアメリカ支配が続き日本を植民地支配しているならまだ救われますが、つまり植民地であっても日本の文化や伝統は残りますが、アメリカはCIAを使い日本の支配を朝鮮と同和にさせることにしました。戦前の事を考えると日本人が彼らに反論できないからです。もちろんそれには悪知恵を就けた裏切り者がいます。それが岸信介です。壺売り合同結婚式の統一教会もその中から生まれました。官僚は志を持って入省しますがすぐにアメリカに送られアメリカのために働く事が日本のためになると洗脳されます。メディアももちろん優秀なものはアメリカ駐在をさせられ同じように洗脳されます。そして戦後67年たった今その花が咲いて日本は彼らに支配されています。なりすまし日本人や洗脳された者たちから全てを日本人の手に取り戻しアメリカ支配にピリオドを打つ時が来ているのです。日米安保条約を破棄し日米平和条約を結ぶ時が来ているのです。この混沌としたユダ金支配の世界の中で日本が生き延びて行く道はそれしかありません。ネット社会になり人々の意識改革ができるようになりました。諸悪の根源はアメリカ支配にあると言っても過言ではないでしょう。ユダ金に血も涙もありません。アフガンやイラクがその典型的な例です。いや日本は違うと思われるかもしれませんがそれがメディアのオブラートです。性善説を信じる日本人は島国である事もあって簡単に騙されるのです。そして今完全な日本略奪組織が形成されようとしています。それがTPPです。
話が広がりすぎて本筋から外れてきたので戻します。この国難から立ち直って行くには日本の自立を目指す小沢さんの力が必要です。そしてそれを支えている植草さんや森さんがスムースに活動をしていただく事を願っています。そこへややこしい藤島さんのような人が邪魔をしてもらっては困るのです。かれのパホーマンスは許せますが彼は一線を越えているのです。残念ながら彼は分を知らないのです。

(略)

48. 2012年6月10日 00:17:49 : dy5bblmkRU
>>46
まーどうなんでしょう、政治の世界はよく分かりませんが、こうしたことが
一般的であったことも、特に地方においてはこうしたことが色濃く残っていた
ことは想像できますね。
ただ、こうしものは一方的な記載内容で、こうしたものを書く以上、感情的な
対立が根底にあることは間違いないでしょう。そうした意味で、全面的に信頼に
足りるかは疑問です。当然、こうしたものが真実であるとするならば好ましい
ことではありませんが、政治選挙において、どの様な行動が事前運動になるのか
線引きは難しいような気がします。そのほかのことはH2年と20年以上の
前の定かでないことで、そうしたもので現在を規定することにあまり意味は
ないような気がします。

鄧小平さんの有名な言葉がありますね、「白い猫でも、黒い猫でも、ネズミを
とる猫はよい猫だ」

今の陸山会事件における、検察、司法、マスコミ、官僚による民主主義の
手続きを無視した横暴は、根本的に民主主義を覆す大きなターニングポイント
で、スピンコントローによって、多くの人々はのほほんとして、AKB48
の選挙やサッカーで、殆どが見過ごされています。
こうした横暴がこのまま通過すれば、恐らく、今後、二度と民主的な政治の
到来はあり得ないのではと思います。民主の芽が出ると同じ手法で必ず
摘み取られます。

こうした中で、今までの、アマチュアリズムの運動だけで対抗できるのか
恐らく不可能でしょう、多様な手法を用いての対抗でも厳しいことも確かです、
しかし、やらないよりましで、そうした中の藤島氏の行動力は貴重だと
思います。現段階において、彼の手法は我々の目的とする方向で大きく
使用されています。それでいいのではと考えます。政治的な動向において
数年先など分かりません。もし、彼の行動が目的から逸脱するならば
その時点で批判をすればいいのです。

 

49. 2012年6月10日 08:48:38 : Ty9f9Ltusk
>48
あなたはすでに藤島さんに犯されておりどんなにお話ししてあげても理解できないようです。藤島さんと心中してください。
普通の方なら09で藤島さんが書いている事を読んでこれは程度が低すぎて話にならないと思われたはずです。しかしあなたは藤島さんが書いている事を無批判に受け入れる人にすでにおなりになっているのです。
老婆心ながら鄧小平のねこも説明しておきます。鄧小平はネズミ(お金)を取るネコはいい猫だと言っています。つまり結果を求めています。だが残念ながら藤島さんはお話しした通り走り回るだけで結果は期待できないのです。鄧小平はそんな猫を良い猫とは言っていません。そしてまた中国と日本では背景の思想が違います。
中国では勝てば官軍という思想(中国だけではなく大陸では)がありますが日本では受け入れられません。しかし日本でも現実は小説よりも奇なりで、悪い奴ほどよく眠ると言う言葉もあります。正に不条理ですね。

 

追記:僕が最初に藤島氏に違和感を感じたのは、2011年8月6日サウンドデモ(不当弾圧がありました。SuperChromeganeさんのYouTube中継は記録映像としても非常に優れた動画で必見です。)後の最初のサウンドデモ、「9.11 新宿・原発やめろデモ」の街カフェ動画中継でした。ちょうどデモ隊が集合場所公園から出て来る所からで、8月6日サウンドデモでも弾圧があったデモの初っぱな部分です。8月6日でも機動隊指揮車からの強圧的な警告放送があったので、この9月11日デモでもどんな物言いがあるのかチェックしていました。ところが街カフェ動画では藤島氏のがなり立てる声ばかりで指揮車からの強圧的警告放送が聞こえない。その時僕が感じた結論は、この人の動画は政治ゴロレベル、自己パフォーマンス宣伝ばかりで、記録としては使えないと言う事でした。(8月6日サウンドデモ弾圧についてはこちら

 

 その後追加。自業自得ですが、これほど、もろく藤島が自滅するとはあきれました。ほぼ阿修羅への再登場はないとみて良いでしょう。本人自身が己の問題点に気がついていないので、再登場なしはほぼ確定です。

自省ゼロ、売名ネタさすらい、藤島利久氏(街カフェ)の阿修羅「お知らせ・管理20、昼休み52」自滅の記録メモ

↓以下は藤島の阿修羅投稿と、板違いを指摘する管理人さんのコメント。
管理人さんへ 余計なコメントが付きますが、肝心の管理人さんからのご意見がなければ道に迷います。
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/696.html
投稿者 街カフェTV 日時 2012 年 6 月 13 日 21:40:39: FhSY.VZyAvKpM

07. 管理人さん 2012年6月14日 07:40:50 : Master
引き続き昼休み限定でお願いします。

(多くの読者の方のコメントはいつも勉強になります。)

 

http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/682.html#c3
03. 管理人さん 2012年6月09日 14:42:05 : Master
>管理人さんの今度の判断(当該記事が政治板ではないと言うこと)に疑問が生じています。ご説明ください。

政治板は、日本の政治に関する話題を投稿する板です。

「三井環氏との確執」というシリーズ記事は、日本の政治に関する話題というより、
個別の問題だと私は考えています。

そのため、板違いと判断しました。

>そして、今、昼休み板に投稿しているような方法であれば、政治板投稿が可能なのか?

現時点では、阿修羅掲示板での板選定ルールがご理解いただけない方と
管理人が判断しているので、昼休み板に投稿をお願いしています。

>三井氏関連以外の政治的記事はどうすれば良いのか? お知らせください。
現時点では、阿修羅掲示板での板選定ルールがご理解いただけない方と
管理人が判断しているので、昼休み板に投稿をお願いしています。

 

昼休み52
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/index.html

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »