« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

8月の首相動静。アホ菅ウォッチは必須と痛感⇒イスラム諸国大使との夕食会を20分で抜け出し、赤坂の料亭に直行、秘書官と夕食

 痛ニュー速報!の「2011年08月03日【政治】菅首相、イスラム諸国大使との夕食会を20分で抜け出し、赤坂の料亭に直行、秘書官と夕食-首相動静(8月2日)」を読み、やはり「首相動静」でアホ菅ウォッチは欠かせないと痛感しました。

 死に体の菅ですが、やはり政局から目を離せません。参考情報として毎日追加して記録していきます。日付は8月31日にしておきます。「首相動静」は朝日と時事があります。先に時事の「首相動静」を採録しますが、採録をし忘れた時には朝日のを採録しておきます。

 なお、各動静記事末尾でリンク紹介されていた記事中や、その他Webで目に付いたものを資料として採録しておきます

※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(OSINT)について

関連:
7月の菅直人の「首相動静」記事を採録しておきます。松本龍復興相の宮城県知事への恫喝・暴言もその元は菅のデタラメ人事。

菅直人・伸子夫妻を見ていると、最後には処刑されたチャウセスクとエレナ夫妻を連想してしまう。

無能で傲慢、被災県知事への無礼、独裁肯定、ポピュリズムで嘘つき、ペテン師の菅、こんな馬鹿を民主党は何時迄放置するのか。

 

 一番下が1日、上が最新です。

 時事による、新首相野田の首相動静は8月30日から。参考で、8月30日に菅と野田を並列紹介している東京新聞の首相動静を採録しておきます。なお、国会で野田佳彦新首相が指名された後も組閣が延び、菅内閣が「職務執行内閣」として継続。在任日数は452日間。菅が官邸を去ったのは9月2日の午前9時です。

【首相の一日】
8月31日(水)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/shusho/CK2011090102000028.html

2011年9月1日 紙面から

 【午前】9時10分、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニから東京・霞が関の財務省。30分、ガイトナー米財務長官と電話会談。10時2分、報道各社のインタビュー。12分、民主党本部。13分、藤村修民主党前幹事長代理。

 【午後】0時2分、衆院第1議員会館。6分、同会館内の野田佳彦事務所。43分、国会。45分、民主党代議士会に出席。59分、菅直人首相。1時2分、衆院本会議。13分、生方幸夫民主党衆院議員。31分、民主党両院議員総会。2時、同党の輿石東幹事長、前原誠司政調会長、平野博文国対委員長、樽床伸二幹事長代行。37分、東京・赤坂の衆院議員宿舎。6時20分、ホテルニューオータニ。

<お断り> 「菅首相の一日」は31日付までとし、本日以降は「野田新首相の一日」のみ掲載します。※

※SOBA:——「菅首相の一日」は31日付までとし——この部分30日までの間違いですね。この31日部分は野田首相の動静になってます。

 

【首相の一日】
8月30日(火)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/shusho/CK2011083102000029.html

2011年8月31日 紙面から

<野田首相> 【午前】9時18分、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニから東京・霞が関の財務省。56分、官邸。10時3分、閣議。26分、財務省。34分、記者会見。58分、国会。11時2分、亀井静香国民新党代表と与党党首会談。33分、社民党の福島瑞穂党首、又市征治副党首、阿部知子政審会長。安住淳民主党国対委員長同行。40分、衆院第1議員会館。43分、同会館内の平沼赳夫事務所で平沼赳夫たちあがれ日本代表。48分、国会。50分、新党改革の舛添要一代表、荒井広幸幹事長。

 【午後】0時3分、渡辺喜美みんなの党代表。7分、共産党の志位和夫委員長、市田忠義書記局長、穀田恵二国対委員長。12分、輿石東民主党参院議員会長。23分、衆院第1議員会館。25分、同会館内の野田佳彦事務所。42分、国会。44分、民主党代議士会。1時2分、衆院本会議。2時11分、衆院の横路孝弘、衛藤征士郎正副議長、川端達夫議院運営委員長、与野党各会派にあいさつ回り。安住国対委員長同行。31分、参院の西岡武夫、尾辻秀久正副議長、与野党各会派にあいさつ回り。羽田雄一郎民主党参院国対委員長同行。54分、衆院第1議員会館。59分、同会館内の野田事務所。3時25分、森岡洋一郎民主党衆院議員。28分、橋本博明、森山浩行両民主党衆院議員。39分、森岡議員加わる。52分、民主党本部。53分、藤村修民主党幹事長代理。4時8分、輿石会長加わる。23分、藤村幹事長代理。5時22分、藤村幹事長代理。6時19分、前原誠司前外相。50分、平野博文元官房長官。7時17分、樽床伸二元民主党国対委員長。55分、報道各社インタビュー。8時6分、ホテルニューオータニ。同ホテルに宿泊。

<菅首相> 【午前】9時46分、官邸。10時3分、閣議。11時5分、芝博一首相補佐官。55分、寺田学民主党衆院議員。

 【午後】0時1分、阿久津幸彦内閣府政務官、藤田一枝民主党衆院議員。55分、国会。1時2分、衆院本会議。2時15分、衆院の横路孝弘、衛藤征士郎正副議長、川端達夫議院運営委員長、与野党各会派に退任のあいさつ回り。枝野幸男官房長官ら同行。41分、参院の西岡武夫、尾辻秀久正副議長、与野党各会派にあいさつ回り。枝野長官ら同行。3時4分、東京・三番町の桂宮邸。退任あいさつ。23分、東京・元赤坂の東宮御所。退任あいさつ。31分、東京・元赤坂の赤坂御用地。秋篠宮邸、寛仁親王邸、三笠宮邸、高円宮邸で退任あいさつ。4時2分、東京・東の常陸宮邸。退任あいさつ。19分、衆院第1議員会館。22分、同会館内の菅直人事務所。42分、加藤公一民主党衆院議員。5時1分、岡田克也民主党幹事長。33分、田坂広志内閣官房参与。6時56分、公邸。

 

新首相動静(8月31日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110901-00000000-jij-pol

時事通信 9月1日(木)0時8分配信
 午前8時現在、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。朝の来客なし。
 午前9時2分、同ホテル発。同10分、東京・霞が関の財務省着。同12分、同省内の大臣室へ。同30分から同40分まで、ガイトナー米財務長官との電話会談。
 午前10時1分、同室を出て、同2分から同4分まで、報道各社のインタビュー。「官房長官人事はいつ決まるのか」に「できるだけ早く。ご安心ください」。同5分、同所発。同12分、民主党本部着。
 午前10時13分から同11時10分まで、藤村修民主党幹事長代理。
 午前11時59分、同所発。午後0時2分、衆院第1議員会館着。同6分、同会館内の野田佳彦事務所へ。
 午後0時40分、同事務所を出て、同42分、同会館発。同43分、国会着。同45分、民主党院内控室へ。民主党代議士会に出席。
 午後0時53分、同室を出て衆院本会議場へ。
 午後0時59分から同1時まで、菅直人首相。同2分から同11分まで、衆院本会議。同12分、衆院本会議場を出て民主党代表代行室へ。同13分から同16分まで、生方幸夫民主党衆院議員。
 午後1時26分、同室を出て、同30分、衆院第1別館講堂へ。同31分、民主党両院議員総会開会。
 午後1時50分、民主党両院議員総会閉会。同51分、同講堂を出て、同55分、民主党幹事長室へ。同2時から同28分まで、民主党の輿石東幹事長、前原誠司政調会長、平野博文国対委員長、樽床伸二幹事長代理。同29分、同室を出て、同31分、国会発。同37分、東京・赤坂の衆院議員宿舎着。
 午後6時8分、同所発。同20分、ホテルニューオータニ着。
 1日午前0時現在、宿泊先のホテルニューオータニ。来客なし。(了)

【関連記事】
中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽~福島原発ダメージの深層~
「本当の原発発電原価」を公表しない経産省・電力業界の「詐術」
火種抱え始動=党内融和と野党配慮、両立なるか
平野復興相再任へ=自見郵政相も続投有力-1日に党首会談
臨時国会、上旬召集を要求=輿石執行部の出方探る

最終更新:9月1日(木)0時13分

 

新首相動静(8月30日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110831-00000001-jij-pol

時事通信 8月31日(水)0時8分配信
 午後2時10分、同室を出て、同11分から同30分まで、衆院の横路孝弘、衛藤征士郎正副議長、川端達夫議運委員長、与野党各会派にあいさつ回り。安住民主党国対委員長同行。同31分から同50分まで、参院の西岡武夫、尾辻秀久正副議長、与野党各会派にあいさつ回り。羽田雄一郎民主党参院国対委員長同行。同52分、国会発。同54分、衆院第1議員会館着。
 午後2時59分、同会館内の野田事務所へ。同3時25分から同27分まで、森岡洋一郎民主党衆院議員。同28分、橋本博明、森山浩行両民主党衆院議員が入った。同39分、森岡氏が加わった。同47分、全員出た。同48分、同事務所を出て、同49分、同会館発。同52分、民主党本部着。同53分、藤村修民主党幹事長代理が入った。同4時8分、輿石民主党参院議員会長が加わった。同23分、輿石氏が出た。
 午後5時19分、藤村氏が出た。
 午後5時22分、藤村民主党幹事長代理が入った。
 午後5時24分、藤村氏が出た。
 午後6時19分から同31分まで、前原誠司前外相。
 午後6時50分、平野博文元官房長官が入った。
 午後7時、平野氏が出た。同17分、樽床伸二民主党元国対委員長が入った。
 午後7時33分、樽床氏が出た。同55分から同59分まで、報道各社のインタビュー。「党内人事の狙いは」に「党を挙げての態勢をつくって、本当に国民のためにしゃにむに働く政治を実現していく」。同8時1分、同所発。同6分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。
 31日午前0時現在、宿泊先のホテルニューオータニ。来客なし。(了)

【関連記事】
中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽~福島原発ダメージの深層~
「本当の原発発電原価」を公表しない経産省・電力業界の「詐術」
「政策一元化」を見直し=野田氏表明、野党との協議重視
前原誠司政調会長の横顔
挙党態勢へ異例の起用=輿石幹事長、小沢系は歓迎

最終更新:8月31日(水)0時13分

 

首相動静(8月29日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110830-00000001-jij-pol

時事通信 8月30日(火)0時10分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時47分、公邸発。同48分、官邸着。同49分、執務室へ。
 午前9時、執務室を出て大会議室へ。同1分から同14分まで、経済情勢に関する検討会合。同15分、同室を出て執務室へ。同16分から同20分まで、高木義明文部科学相。同21分から同41分まで、黒田東彦アジア開発銀行総裁。
 午前10時19分から同39分まで、寺田学民主党衆院議員。同40分、執務室を出て、同41分、官邸発。同50分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内の宴会場「鶴の間」へ。同11時1分、民主党両院議員総会開始。
 午後2時44分、民主党両院議員総会終了。同45分、同宴会場を出て、同47分、同ホテル発。同3時4分、官邸着。同5分、執務室へ。
 午後4時5分から同20分まで、大竹英雄日本棋院理事長。小川勝也民主党参院議員同席。
 午後5時16分、執務室を出て、同17分、官邸発。同18分、公邸着。
 30日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月30日(火)0時10分

 

首相動静(8月28日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110829-00000000-jij-pol

時事通信 8月29日(月)0時11分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後0時58分、公邸発。同1時34分、東京都三鷹市の知人宅着。
 午後2時24分、同所発。同32分、東京都武蔵野市の私邸着。
 午後2時39分、長男の源太郎氏が入った。
 午後3時53分、私邸発。
 午後4時37分、公邸着。
 午後5時5分、斎藤勁民主党国対委員長代理が入った。
 午後5時52分、斎藤氏が出た。
 29日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

最終更新:8月29日(月)0時11分

 

首相動静(8月27日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110828-00000000-jij-pol

時事通信 8月28日(日)0時4分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後0時20分、公邸発。
 午後0時31分、JR東京駅着。同40分、やまびこ281号で同駅発。福山哲郎官房副長官同行。
 午後2時11分、JR福島駅着。同14分、同駅発。
 午後2時24分、福島市のホテルサンルートプラザ福島着。同3時3分から同39分まで、同ホテル内の宴会場「芙蓉の間」で原子力災害からの福島復興再生協議会に出席し、あいさつ。同4時21分、同ホテル発。
 午後4時23分、福島県庁着。同24分から同5時4分まで、佐藤雄平福島県知事と会談。細野豪志原発事故担当相同席。同6分から同9分まで、県庁内で報道各社のインタビュー。「中間貯蔵施設について、地元の非難もあるだろうが、退陣直前に総理が成し遂げたかったのか」に「わたしの任期とかっていう問題とは必ずしも関係なく、これから除染を進めるに当たっても、この問題についての何らかの道筋を付けないと、そういった作業そのものがなかなかスタートできないという問題もあった」。同10分、同所発。同16分、JR福島駅着。同28分、やまびこ260号で同駅発。
 午後7時4分、JR東京駅着。同8分、同駅発。
 午後7時17分、公邸着。
 午後9時17分、公邸発。同25分、東京・銀座の銀座テアトルビル着。同ビル内の銀座テアトルシネマで映画「チェルノブイリ・ハート」を鑑賞。
 午後10時33分、同所発。同42分、公邸着。「映画の感想は」に「なかなか重い映画だったね」。
 28日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】ソーラーパワー~節電時代の救世主~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
【特集】原発事故は人災~佐藤・前福島県知事インタビュー
【特集】高速増殖炉「もんじゅ」運転再開

最終更新:8月28日(日)0時13分

 

首相動静(8月26日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110827-00000004-jij-pol

時事通信 8月27日(土)0時40分配信
 午前7時1分、公邸発。同2分、官邸着。同3分、執務室へ。
 午前7時11分、執務室を出て大会議室へ。同12分から同51分まで、東日本大震災復興対策本部・緊急災害対策本部・原子力災害対策本部合同会合。同52分、同室を出て、同53分、執務室へ。同8時2分、執務室を出て、同3分、閣僚応接室へ。同4分、閣議室へ移り閣議開始。
 午前8時18分、閣議終了。同19分から同38分まで、松本剛明外相、高木義明文部科学相、中野寛成国家公安委員長。同39分、同室を出て執務室へ。同40分から同46分まで、野田佳彦財務相、与謝野馨経済財政担当相、枝野幸男官房長官。同9時1分から同6分まで、枝野官房長官。
 午前10時24分、前原誠司前外相が入った。
 午前10時52分、前原氏が出た。
 午前11時、細野豪志原発事故担当相、福山哲郎官房副長官、経済産業省の菅原郁郎産業技術環境局長が入った。
 午前11時17分、全員出た。
 午前11時30分から同40分まで、寺田学民主党衆院議員。
 午後0時20分から同26分まで、海江田万里経産相。
 午後0時53分、執務室を出て、同54分、官邸発。同56分、国会着。同57分、衆院第13控室へ。同1時3分から同13分まで、民主党臨時役員会。同18分、同室を出て、同19分、衆院第16控室へ。同20分、民主党常任幹事会開始。
 午後1時30分、民主党常任幹事会終了。同31分、同室を出て院内大臣室へ。
 午後1時52分、院内大臣室を出て、同58分、衆院第1別館講堂へ。同2時、民主党両院議員総会開会。
 午後2時23分、民主党両院議員総会終了。同24分、衆院第1別館講堂を出て、同25分、国会発。同27分、官邸着。同28分、執務室へ。
 午後3時、執務室を出て、同1分、閣僚応接室へ。同2分、閣議室に移り臨時閣議開始。
 午後3時13分、臨時閣議終了。同14分、同室を出て、同15分、執務室へ。
 午後4時1分、執務室を出て、同2分、官邸発。同4分、衆院第2議員会館着。同6分、同会館内の第1会議室へ。同7分から同25分まで、民主党菅グループの会合に出席。同26分、同会議室を出て、同28分、同会館発。同29分、官邸着。同31分、執務室へ。
 午後4時34分から同58分まで、福山官房副長官、寺田衆院議員。同5時58分、執務室を出て記者会見室へ。同6時から同40分まで、記者会見。同41分、同室を出て、同42分、執務室へ。
 午後7時55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同8時4分、東京・赤坂のすし店「赤坂 石」着。辻元清美首相補佐官と食事。
 午後9時39分、同所発。同45分、公邸着。
 27日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】野田財務相、財政再建に強い意欲
【動画】仙台市を襲った津波を再現=津波浸水シミュレーション
【特集】ソーラーパワー~節電時代の救世主~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~

最終更新:8月27日(土)0時43分

 

首相動静(8月25日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110826-00000000-jij-pol

時事通信 8月26日(金)0時2分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時20分、公邸発。同23分、官邸着。同24分、執務室へ。
 午前9時25分から同10時4分まで、大塚耕平厚生労働副大臣、筒井信隆農林水産副大臣。
 午前10時5分、細野豪志原発事故担当相、経済産業省の松下忠洋副大臣、菅原郁郎産業技術環境局長が入った。同44分、松下氏が出た。
 午前10時55分、細野、菅原両氏が出た。同56分、平野達男復興担当相、峰久幸義復興対策本部事務局長が入った。同11時17分、峰久氏が出た。同21分、平野氏が出た。
 午前11時22分から同48分まで、植松信一内閣情報官。
 午後5時5分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午後5時38分、岡田氏が出た。
 午後5時39分から同52分まで、阿久津幸彦内閣府政務官。
 午後7時24分、執務室を出て、同26分、官邸発。同40分、東京都新宿区の日本料理店「神楽坂 和楽」着。寺田学民主党衆院議員、秘書官らと食事。
 午後8時14分、同所発。同28分、東京・赤坂の日本料理店「もりかわ」着。高見裕一元衆院議員と食事。
 午後9時28分、保坂展人東京都世田谷区長が加わった。同11時16分、同所発。同21分、公邸着。
 26日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~
「反原発」争点の議論は無意味~福山哲郎官房副長官インタビュー-~
中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽~福島原発ダメージの深層~
「本当の原発発電原価」を公表しない経産省・電力業界の「詐術」
小沢氏処分解除論をけん制=民主幹事長

最終更新:8月26日(金)0時13分

 

首相動静(8月24日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110825-00000000-jij-pol

時事通信 8月25日(木)0時4分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時52分、公邸発。同53分、官邸着。「ムーディーズが日本国債を格下げしたが」に「残念だね」。同54分、執務室へ。同57分から同9時12分まで、野田佳彦財務相、財務省の勝栄二郎事務次官。
 午前9時52分、斎藤勁民主党国対委員長代理が入った。
 午前10時27分、斎藤氏が出た。
 午前10時43分から同11時20分まで、加藤公一民主党衆院議員。
 午後1時4分、執務室を出て、同5分、官邸発。同6分、衆院第1議員会館着。同9分、同会館内の菅直人事務所へ。
 午後2時43分、同事務所を出て、同46分、同会館発。同47分、官邸着。同48分、執務室へ。
 午後4時28分、江田五月環境相が入った。同50分、藤田一枝民主党衆院議員が加わった。同5時20分、江田、藤田両氏が出た。同39分、執務室を出て大ホールへ。同40分から同45分まで、地方制度調査会に出席し、あいさつ。同46分、同ホールを出て執務室へ。
 午後6時18分、阿久津幸彦内閣府政務官が入った。同38分、寺田学民主党衆院議員が加わった。同48分、寺田氏が出た。同7時3分、阿久津氏が出た。
 午後7時24分、執務室を出て、同26分、官邸発。「最後の会見ではどんな思いを伝えたいか」に「会見をよくお聞きください」。同28分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の中国料理店「星ヶ岡」で片山善博総務相、与謝野馨経済財政担当相と食事。
 午後9時7分、同ホテル発。同9分、公邸着。
 25日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】野田財務相、財政再建に強い意欲
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~
「反原発」争点の議論は無意味~福山哲郎官房副長官インタビュー-~
中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽~福島原発ダメージの深層~
「本当の原発発電原価」を公表しない経産省・電力業界の「詐術」

最終更新:8月25日(木)0時13分

 

首相動静(8月23日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110824-00000002-jij-pol

時事通信 8月24日(水)0時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時4分、公邸発。同6分、国会着。同7分、院内大臣室へ。同16分、閣議開始。
 午前8時38分、閣議終了。同40分、院内大臣室を出て、同41分、国会発。同43分、官邸着。同44分、執務室へ。
 午前10時19分、藤崎一郎駐米大使が入った。
 午前10時45分、松本剛明外相、枝野幸男官房長官が加わった。同47分、福山哲郎官房副長官が加わった。
 午前11時9分、全員出た。同13分、執務室を出て大会議室へ。同16分、バイデン米副大統領との会談開始。松本外相、枝野官房長官、藤崎駐米大使ら同席。
 午後0時14分、バイデン米副大統領との会談終了。同16分、大会議室を出て小ホールへ。同17分、バイデン米副大統領との昼食会開始。
 午後1時9分、昼食会終了。
 午後1時10分から同15分まで、官邸玄関でバイデン米副大統領を見送り。同16分、官邸発。同17分、国会着。同18分、衆院本会議場へ。
 午後1時19分から同53分まで、衆院本会議。同54分、衆院本会議場を出て、同55分、国会発。同57分、官邸着。「米副大統領との会談の感想を」に「大変有意義な会談だった」。同58分、執務室へ。
 午後2時33分、執務室を出て、同34分、官邸発。同36分、国会着。同37分、参院第3委員会室へ。同38分、参院財政金融委員会に出席。
 午後5時11分、参院財政金融委散会。同12分、同室を出て、同13分、国会発。同15分、官邸着。「再生エネルギー特別措置法案が衆院を通過したがひと山越えたという達成感があるか」に「ひと山越えたというかスタートに立った」。同16分、執務室へ。
 午後5時43分、細野豪志原発事故担当相、松下忠洋経済産業副大臣、経産省の菅原郁郎産業技術環境局長が入った。
 午後6時34分、全員出た。同35分、阿久津幸彦内閣府政務官、福山官房副長官、寺田学民主党衆院議員が入った。
 午後7時20分、全員出た。同26分、執務室を出て、同27分、官邸発。同35分、東京・赤坂の日本料理店「陽羅野家」着。藤井裕久首相補佐官と食事。
 午後8時56分、同所発。同9時1分、官邸着。同3分、執務室へ。
 午後9時35分、執務室を出て、同36分、小ホールへ。同37分から同48分まで、野口聡一宇宙飛行士、高木義明文部科学相ら。同49分、小ホールを出て大ホールへ。同55分から同10時18分まで、国際宇宙ステーションに滞在中の古川聡宇宙飛行士と交信。同19分、大ホールを出て官邸発。「宇宙との交信の感想を」に「楽しかったし、いろいろな話が聞けて良かった。新しい実験のことも聞いた」。同20分、公邸着。
 24日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】古川さん、宇宙に旅立つ=ロシアの宇宙船「ソユーズ」、打ち上げ成功
【特集】ソーラーパワー~節電時代の救世主~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
【特集】ウィキリークス~流出した「都合の悪い」話~

最終更新:8月24日(水)0時13分

 

首相動静(8月22日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110823-00000002-jij-pol

時事通信 8月23日(火)0時7分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時30分、公邸発。同32分、官邸着。同33分、執務室へ。
 午前9時34分から同10時15分まで、福山哲郎官房副長官。
 午後0時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同51分、国会着。同52分、参院議長応接室へ。同53分から同56分まで、野田佳彦財務相。同57分、同室を出て参院本会議場へ。同1時、参院本会議開会。
 午後2時52分、参院本会議を途中退席し、同53分、国会発。同55分、官邸着。同57分、執務室へ。同58分、細野豪志原発事故担当相、近藤駿介原子力委員会委員長、菅原郁郎経済産業省産業技術環境局長が入った。
 午後3時15分、全員出た。
 午後4時44分から同55分まで、藤崎一郎駐米大使。
 午後5時6分から同26分まで、辻元清美首相補佐官、湯浅誠内閣府参与。
 午後5時30分、執務室を出て、同31分、大会議室へ。同32分から同6時33分まで、「日本に健全な森をつくり直す委員会」の養老孟司委員長らと意見交換。篠原孝農林水産副大臣、皆川芳嗣林野庁長官同席。同34分、同室を出て、同35分、執務室へ。
 午後6時36分から同7時4分まで、佐々江賢一郎外務事務次官。
 午後7時22分、執務室を出て、同23分、官邸発。同33分、東京・赤坂の日本料理店「七福神 環」着。北沢俊美防衛相と会食。
 午後9時47分、同所発。同53分、公邸着。
 23日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】野田財務相、財政再建に強い意欲
【特集】ソーラーパワー~節電時代の救世主~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~

最終更新:8月23日(火)0時13分

 

首相動静(8月21日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110822-00000001-jij-pol

時事通信 8月22日(月)0時6分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前11時47分、公邸発。同53分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。同ホテル内の鉄板焼き店「さざんか」で、日本画家で京都造形芸術大学長の千住博氏、福山哲郎官房副長官、伸子夫人と食事。
 午後2時10分、同ホテル発。同13分、公邸着。
 午後2時14分から同4時10分まで、阿久津幸彦内閣府政務官。
 午後5時25分、斎藤勁民主党国対委員長代理が入った。
 午後6時14分、斎藤氏が出た。
 22日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月22日(月)0時6分

 

首相動静(8月20日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110821-00000000-jij-pol

時事通信 8月21日(日)0時4分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 午後6時16分、公邸発。同24分、東京・赤坂の衆院副議長公邸着。衆院の横路孝弘、衛藤征士郎正副議長と懇談。
 午後9時18分、同所発。同25分、公邸着。
 21日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月21日(日)0時4分

 

首相動静(8月19日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000000-jij-pol

時事通信 8月20日(土)0時14分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時46分、公邸発。同47分、官邸着。同48分、執務室へ。
 午前10時、執務室を出て、同1分、閣僚応接室へ。同2分、閣議室へ移り閣議開始。同26分、閣議終了。同28分、同室を出て、同30分、執務室へ。
 午前10時34分から同41分まで、福山哲郎官房副長官。
 午前10時52分から同11時18分まで、近藤昭一民主党衆院議員。
 午前11時19分から同58分まで、江田五月環境相。
 午後1時56分、野田佳彦財務相、財務省の勝栄二郎事務次官、真砂靖主計局長が入った。
 午後2時12分、全員出た。
 午後2時13分から同49分まで、大塚耕平厚生労働副大臣、筒井信隆農水副大臣。同50分から同3時1分まで、古賀一成民主党衆院議員。
 午後3時30分から同4時25分まで、寺田学民主党衆院議員。同32分、同党の岡田克也幹事長、仙谷由人代表代行、玄葉光一郎政調会長、安住淳国対委員長、輿石東参院議員会長、枝野幸男官房長官が入った。
 午後5時10分、仙谷、輿石、枝野各氏が出た。同20分、玄葉、安住両氏が出た。同31分、岡田氏が出た。
 午後5時33分から同38分まで、芝博一首相補佐官。
 午後6時43分、執務室を出て、同45分、官邸発。同7時4分、東京都新宿区の国立競技場着。同6分、同競技場内のVIPラウンジへ。小倉純二日本サッカー協会会長と懇談。松本剛明外相、高木義明文部科学相、枝野官房長官ら同席。同11分、同室を出て同競技場ピッチへ。同12分から同22分まで、サッカー日本女子代表となでしこリーグ選抜による東日本大震災復興支援の慈善試合の開会セレモニーに参加。黙とう。同24分、ピッチを出て観客席へ。試合を観戦。
 午後8時10分、前半終了時で観戦を終え、同11分、同所発。同24分、公邸着。
 20日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】野田財務相、財政再建に強い意欲
【動画】仙台市を襲った津波を再現=津波浸水シミュレーション
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~
「反原発」争点の議論は無意味~福山哲郎官房副長官インタビュー-~
中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽~福島原発ダメージの深層~

最終更新:8月20日(土)0時17分

 

首相動静(8月18日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110819-00000001-jij-pol

時事通信 8月19日(金)0時20分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時2分、公邸発。同24分、東京・有明のパナソニックセンター東京着。省エネルギー住宅モデルハウスなどを視察。福山哲郎官房副長官同行。
 午前11時51分、同所発。午後0時17分、官邸着。同19分、執務室へ。
 午後0時56分、野田佳彦財務相が入った。
 午後1時11分、野田氏が出た。
 午後1時30分から同46分まで、日本婦人有権者同盟の小林五十鈴共同代表ら。同58分、執務室を出て、同59分、大ホールへ。同2時から同8分まで、サッカー女子ワールドカップで初優勝した日本代表チーム「なでしこジャパン」の国民栄誉賞表彰式、記念撮影。高木義明文部科学相、枝野幸男官房長官ら同席。同9分、大ホールを出て小ホールへ。同11分から同30分まで、「なでしこジャパン」の選手らと懇談。同31分、小ホールを出て執務室へ。同32分から同54分まで、植松信一内閣情報官。
 午後2時55分から同3時36分まで、福島瑞穂社民党党首。福山官房副長官同席
 午後3時37分、細野豪志原発事故担当相、福山官房副長官、近藤駿介原子力委員会委員長が入った。同4時2分、細野、近藤両氏が出た。同10分、福山氏が出た。
 午後4時15分、執務室を出て特別応接室へ。同16分から同44分まで、政府広報のラジオ番組収録。同45分、同室を出て執務室へ。
 午後5時6分、民主党の岡田克也幹事長、仙谷由人代表代行、玄葉光一郎政調会長、安住淳国対委員長、輿石東参院議員会長、枝野官房長官が入った。同19分、安住氏が出た。
 午後5時39分、岡田、仙谷、玄葉、輿石、枝野各氏が出た。同6時54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同56分、公邸着。
 19日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
【特集】ソーラーパワー~節電時代の救世主~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~
「反原発」争点の議論は無意味~福山哲郎官房副長官インタビュー-~

最終更新:8月19日(金)0時22分

 

首相動静(8月17日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110818-00000001-jij-pol

時事通信 8月18日(木)0時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後1時2分、公邸発。同3分、官邸着。同4分、執務室へ。
 午後1時30分から同58分まで、作家の石川好氏。
 午後4時25分、斎藤勁民主党国対委員長代理が入った。
 午後4時49分、斎藤氏が出た。
 午後5時13分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午後5時54分、岡田氏が出た。
 午後5時55分から同6時33分まで、阿久津幸彦内閣府政務官。
 午後7時25分、執務室を出て、同26分、官邸発。「泊原発が営業運転を再開したが、受け止めを」に「(原子力)安全委員会でもきちっとチェックしたと聞いている」。同27分、公邸着。
 18日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】ソーラーパワー~節電時代の救世主~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~
「反原発」争点の議論は無意味~福山哲郎官房副長官インタビュー-~

最終更新:8月18日(木)0時12分

 

首相動静(8月16日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110817-00000000-jij-pol

時事通信 8月17日(水)0時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後4時4分、公邸発。同18分、東京・八重洲の書店「八重洲ブックセンター本店」着。買い物。同52分、同所発。同5時3分、公邸着。
 17日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月17日(水)0時5分

 

首相動静(8月15日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110816-00000000-jij-pol

時事通信 8月16日(火)0時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時47分、公邸発。同48分、官邸着。「土日はゆっくり休んだか」に「いろいろとね。やらなきゃいけないこともあるし」。同49分、執務室へ。
 午前10時1分、執務室を出て、同2分、閣僚応接室へ。同3分、閣議室へ移り閣議開始。同39分、閣議終了。同40分、閣議室を出て執務室へ。
 午前11時14分、執務室を出て、同15分、官邸発。同23分、東京・三番町の千鳥ケ淵戦没者墓苑着。献花。同28分、同所発。同33分、東京・北の丸公園の日本武道館着。
 午前11時51分から午後0時56分まで、全国戦没者追悼式。同58分、同所発。同1時5分、官邸着。同6分、執務室へ。
 午後1時56分から同2時36分まで、細野豪志原発事故担当相、園田康博内閣府政務官、菅原郁郎経済産業省産業技術環境局長ら。
 午後2時37分、執務室を出て首相会議室へ。同38分から同4時30分まで、東大アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授。細野原発事故担当相、篠原孝、筒井信隆両農林水産副大臣、松下忠洋経済産業副大臣ら同席。同31分から同5時38分まで、長瀧重信長崎大名誉教授ら。細野原発事故担当相、篠原、筒井両農水副大臣、松下経産副大臣ら同席。同39分、同室を出て執務室へ。同43分から同6時9分まで、福山哲郎官房副長官。
 午後6時33分、執務室を出て、同35分、官邸発。「先ほど面会した児玉教授の提言は今後どのように生かしたいか」に「非常にいい、ある意味では総合的な話が聞けて大変良かったなと思っています」。同36分、公邸着。
 16日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】ソーラーパワー~節電時代の救世主~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~

最終更新:8月16日(火)0時12分

 

首相動静(8月14日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110815-00000001-jij-pol

時事通信 8月15日(月)0時4分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 15日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月15日(月)0時4分

 

首相動静(8月13日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110814-00000000-jij-pol

時事通信 8月14日(日)0時8分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 14日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月14日(日)0時8分

 

首相動静(8月12日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110813-00000000-jij-pol

時事通信 8月13日(土)0時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時16分、公邸発。同17分、官邸着。「新しい代表に一番何を引き継ぎたいと思うか」に「これからゆっくり考えます」。同18分、執務室へ。同19分、福山哲郎官房副長官が入った。
 午前8時42分、福山氏が出た。
 午前9時8分、執務室を出て、同10分、官邸発。同11分、国会着。同13分、院内大臣室へ。同16分、閣議開始。
 午前9時35分、閣議終了。同47分、院内大臣室を出て、同49分、国会発。同50分、官邸着。同52分、執務室へ。
 午前11時44分から正午まで、阿久津幸彦内閣府政務官。
 午後0時3分、執務室を出て首相会議室へ。同4分から同57分まで、石井一民主党副代表らと昼食。同58分、同室を出て執務室へ。
 午後1時10分から同14分まで、法務省の西川克行、大野恒太郎新旧事務次官。同15分から同39分まで、経済産業省の安達健祐、松永和夫新旧事務次官。
 午後3時45分、執務室を出て南会議室へ。同46分、原子力安全規制組織の見直しに関する関係閣僚会議開始。
 午後4時21分、同会議終了。同22分、同室を出て執務室へ。
 午後4時32分、執務室を出て小ホールへ。同33分から同54分まで、JA福島五連の庄條徳一会長ら。篠原孝農林水産副大臣、福山官房副長官、増子輝彦民主党参院議員同席。同55分、同ホールを出て執務室へ。同5時、執務室を出て大会議室へ。同1分から同6分まで、国と地方の協議の場に出席し、あいさつ。同7分、同室を出て執務室へ。
 午後6時15分から同50分まで、細野豪志原発事故担当相、福山官房副長官。同51分から同7時まで、阿久津内閣府政務官。同1分、執務室を出て、同2分、官邸発。「退陣の前に国民の前で話す気持ちはあるか」に「まあ、でも、原子力安全庁、だいぶ道筋ができてよかったんじゃないですかね」。同8分、東京・赤坂の居酒屋「簸川」着。伸子夫人らと食事。
 午後8時37分、同所発。同45分、東京・赤坂の飲食店「一蔵 赤坂店」着。秘書官と食事。
 午後10時30分、同所発。同35分、公邸着。
 13日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】ソーラーパワー~節電時代の救世主~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
3条件にめど付けば菅首相は退陣~民主・寺田学元補佐官インタビュー~
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~

最終更新:8月13日(土)0時12分

 

首相動静(8月11日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110812-00000003-jij-pol

時事通信 8月12日(金)0時7分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時31分、公邸発。同32分、官邸着。同33分、執務室へ。
 午前8時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同54分、参院第1委員会室へ。同57分から同59分まで、枝野幸男官房長官。同9時、参院予算委員会開会。
 午前11時54分、参院予算委休憩。同55分、参院第1委員会室を出て、同57分、院内大臣室へ。同58分から午後0時15分まで、細野豪志原発事故担当相。
 午後0時28分、院内大臣室を出て、同30分、衆院本会議場へ。同32分、衆院本会議開会。
 午後1時18分、衆院本会議を途中退席し、同19分、院内大臣室へ
 午後1時52分、院内大臣室を出て、同55分、参院第1委員会室へ。同2時、参院予算委員会再開。
 午後5時4分、参院予算委散会。同5分、参院第1委員会室を出て、同7分、国会発。同9分、官邸着。「原子力安全庁を環境省の外局として設置するのは最適か」に「もう少ししたらはっきりします」。同10分、執務室へ。
 午後5時32分、執務室を出て、同33分、小ホールへ。同34分から同46分まで、予算編成に関する閣僚委員会。同47分、小ホールを出て、同50分、執務室へ。
 午後5時53分、執務室を出て大会議室へ。同54分から同6時16分まで、経済情勢に関する検討会合。同17分、同室を出て執務室へ。
 午後6時28分、執務室を出て、同29分、官邸発。同38分、東京・麻布台の米沢牛専門店「雅山」着。岡田克也民主党幹事長、藤村修幹事長代理らと食事。
 午後7時22分、同所発。同33分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内のすき焼き店「岡半」で民主党の安住淳国対委員長、斎藤勁国対委員長代理らと食事。
 午後8時19分、同ホテル発。同28分、公邸着。
 12日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】ソーラーパワー~節電時代の救世主~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
3条件にめど付けば菅首相は退陣~民主・寺田学元補佐官インタビュー~
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~

最終更新:8月12日(金)0時12分

 

首相動静(8月10日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110811-00000000-jij-pol

時事通信 8月11日(木)0時5分配信
 午前6時31分、福山哲郎官房副長官が公邸に入った。
 午前8時18分、福山氏が出た。
 午前8時30分、公邸発。同31分、官邸着。同32分、執務室へ。
 午前8時50分、執務室を出て、同52分、官邸発。同53分、国会着。同55分、衆院第1委員室へ。同9時、衆院決算行政監視委員会開会。
 午前11時57分、衆院決算行政監視委を途中退席し、同58分、国会発。正午、官邸着。午後0時1分、執務室へ。
 午後1時21分、執務室を出て、同22分、官邸発。同24分、国会着。同25分、衆院第15委員室へ。同30分、衆院財務金融委員会開会。
 午後3時31分、衆院財務金融委を途中退席し、同33分、国会発。同35分、官邸着。同36分、執務室へ。
 午後3時45分から同53分まで、芝博一首相補佐官。
 午後4時2分から同10分まで、植松信一内閣情報官。
 午後4時20分、執務室を出て、同21分、大会議室へ。同22分から同52分まで、月例経済報告関係閣僚会議。同53分、同室を出て、同54分、執務室へ。
 午後5時10分、執務室を出て、同11分、小ホールへ。同12分から同34分まで、「一人ひとりを包摂する社会」特命チーム会合。同35分、小ホールを出て、同36分、執務室へ。
 午後5時46分から同6時9分まで、斎藤勁民主党国対委員長代理。同28分、執務室を出て、同29分、官邸発。同36分、東京・赤坂のすし店「赤坂 鮨金ちゃん」着。寺田学、加藤公一両民主党衆院議員と食事。
 午後7時48分、阿久津幸彦内閣府政務官が加わった。
 午後8時33分、同所発。同40分、公邸着。
 11日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
景気判断、上方修正へ=与謝野経財相
景気、2カ月連続で「弱い動き」=震災で生産・輸出が停滞
景気判断を下方修正へ=月例報告で

最終更新:8月11日(木)0時11分

 

首相動静(8月9日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110810-00000001-jij-pol

時事通信 8月10日(水)0時6分配信
 午前7時3分、公邸発。同26分、羽田空港着。
 午前8時、日本航空1841便で羽田空港発。福山哲郎官房副長官同行。
 午前9時27分、長崎空港着。同52分、同空港発。
 午前10時33分、長崎市の平和祈念公園着。長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に出席し、献花、あいさつ。同11時54分、同所発。午後0時、長崎市のベストウェスタンプレミアホテル長崎着。
 午後0時1分から同15分まで、同ホテル内の宴会場「ゴールドルーム」で福山官房副長官と食事。同17分から同42分まで、同ホテル内の宴会場「トパーズルーム」で「非核特使」の山脇佳朗氏らと懇談。細川律夫厚生労働相、高橋千秋外務副大臣同席。同50分から同1時29分まで、同宴会場で「被爆者代表から要望を聞く会」に出席。細川厚労相、高橋外務副大臣同席。
 午後1時35分から同45分まで、同ホテル内の宴会場「ジェイドルーム」で記者会見。同47分、同ホテル発。同2時12分、長崎市の「恵の丘長崎原爆ホーム」着。同13分から同34分まで、入居者を慰問。細川厚労相同行。同36分、同所発。
 午後3時11分、長崎空港着。
 午後3時21分、日本航空1850便で長崎空港発。同5時5分、羽田空港着。同17分、同空港発。
 午後5時59分、官邸着。同6時、執務室へ。同2分、執務室を出て、同3分、閣僚応接室へ。同4分、閣議室へ移り閣議開始。同15分、閣議終了。同16分、閣議室を出て、同17分、執務室へ。
 午後6時21分、執務室を出て大会議室へ。同22分から同48分まで、原子力災害対策本部。同49分、同室を出て、同50分、執務室へ。同51分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午後7時9分、岡田氏が出た。
 午後7時15分から同30分まで、寺田学民主党衆院議員。
 午後7時41分、執務室を出て、同42分、官邸発。「3条件が整った際には退陣する意向に変わりはないか」に「これまで自分が言ったことについてはちゃんと責任を持ちます」。同43分、公邸着。
 10日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】太平洋戦争の激戦地、サイパンの戦跡を巡る
【動画】JAL、7月からハワイ線で新機内食=ハワイで人気のロコフードなど
【動画】JAL新鶴丸ロゴ機お披露目=モチーフのタンチョウが生息する釧路へ
【詳報】B787 エコ時代にぴったりの「準国産機」
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る

最終更新:8月10日(水)0時11分

 

首相動静(8月8日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110809-00000000-jij-pol

時事通信 8月9日(火)0時6分配信
 午前7時32分、公邸発。同33分、官邸着。同34分、執務室へ。
 午前7時35分から同8時1分まで、福山哲郎官房副長官。
 午前8時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同52分、国会着。同54分、衆院第1委員室へ。同56分から同58分まで、野田佳彦財務相。同9時、衆院予算委員会開会。
 午前11時55分、衆院予算委休憩。同56分、衆院第1委員室を出て、同57分、国会発。同58分、官邸着。午後0時、執務室へ。
 午後0時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同50分、国会着。同52分、衆院第1委員室へ。同1時、衆院予算委再開。
 午後3時、衆院予算委散会。同1分、衆院第1委員室を出て、同2分、国会発。同4分、官邸着。同5分、執務室へ。
 午後6時3分、執務室を出て、同4分、特別応接室へ。同5分から同56分まで、潘基文国連事務総長の表敬。福山官房副長官、高橋千秋外務副大臣同席。同57分、同室を出て執務室へ。同58分、細野豪志原発事故担当相、福山官房副長官、菅原郁郎経済産業省産業技術環境局長が入った。
 午後7時27分、菅原氏が出た。同30分、細野、福山両氏が出た。
 午後7時59分、執務室を出て、同8時、官邸発。同1分、公邸着。
 9日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】ソーラーパワー~節電時代の救世主~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
3条件にめど付けば菅首相は退陣~民主・寺田学元補佐官インタビュー~
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~

最終更新:8月9日(火)0時11分

 

首相動静(8月7日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110808-00000001-jij-pol

時事通信 8月8日(月)0時4分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後3時2分、福山哲郎官房副長官が入った。
 午後4時28分、福山氏が出た。
 8日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:8月8日(月)0時4分

 

首相動静(8月6日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110807-00000000-jij-pol

時事通信 8月7日(日)0時6分配信
 午前7時41分、宿泊先の広島市南区のグランドプリンスホテル広島発。
 午前7時50分、広島市中区の平和記念公園着。
 午前8時から同56分まで、原爆死没者慰霊式・平和祈念式に参列し、献花、あいさつ。
 午前9時、同所発。同11分、広島市東区の原爆養護ホーム「神田山やすらぎ園」着。入園者を慰問。
 午前9時58分、同所発。同10時6分、広島市中区のリーガロイヤルホテル広島着。
 午前10時30分から同11時4分まで、同ホテル内の宴会場「ロイヤルホール」で「非核特使」の坪井直さんらと懇談。細川律夫厚生労働相ら同席。
 午前11時17分から午後0時1分まで、同宴会場で「被爆者代表から要望を聞く会」に出席。細川厚労相ら同席。同13分から同30分まで、同宴会場で記者会見。同35分から同1時まで、同ホテルの客室で福山哲郎官房副長官。同14分、同ホテル発。
 午後2時10分、広島空港着。
 午後2時25分、全日空680便で同空港発。
 午後3時44分、羽田空港着。同59分、同空港発。
 午後4時33分、公邸着。
 7日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
【動画】太平洋戦争の激戦地、サイパンの戦跡を巡る
【動画】JAL、7月からハワイ線で新機内食=ハワイで人気のロコフードなど
【動画】全日空がボーイング787のパイロット訓練機器を公開
【詳報】B787 エコ時代にぴったりの「準国産機」
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る

最終更新:8月7日(日)0時11分

 

首相動静(8月5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110806-00000000-jij-pol

時事通信 8月6日(土)0時8分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時7分、公邸発。同9分、国会着。同10分、院内大臣室へ。
 午前8時16分から同33分まで、閣議。同35分、院内大臣室を出て、同36分、国会発。同38分、官邸着。同39分、執務室へ。
 午後0時58分、亀井静香国民新党代表が入った。
 午後1時59分、亀井氏が出た。
 午後2時39分から同3時5分まで、斎藤勁民主党国対委員長代理。
 午後3時8分から同18分まで、枝野幸男官房長官。同36分から同47分まで、阿久津幸彦内閣府政務官。
 午後3時48分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午後4時37分、岡田氏が出た。同40分、玄葉光一郎国家戦略担当相が入った。
 午後4時45分、山口壮内閣府副大臣が加わった。同5時、全員出た。
 午後5時45分から同6時9分まで、福山哲郎官房副長官。
 午後6時49分、執務室を出て、同50分、官邸発。
 午後7時20分、羽田空港着。
 午後7時32分、全日空687便で同空港発。
 午後8時41分、広島空港着。同52分、同空港発。
 午後9時37分、広島市南区のグランドプリンスホテル広島着。
 6日午前0時現在、宿泊先のグランドプリンスホテル広島。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】JAL、7月からハワイ線で新機内食=ハワイで人気のロコフードなど
【動画】全日空がボーイング787のパイロット訓練機器を公開
【詳報】B787 エコ時代にぴったりの「準国産機」
【特集】民間機ミュージアム~新鋭B787から懐かしのA300まで~
3条件にめど付けば菅首相は退陣~民主・寺田学元補佐官インタビュー~

最終更新:8月6日(土)0時11分

 

首相動静(8月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110805-00000001-jij-pol

時事通信 8月5日(金)0時11分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時33分、公邸発。同34分、官邸着。同35分、執務室へ。
 午前10時、執務室を出て特別応接室へ。同1分から同12分まで、火箱芳文陸上幕僚長、君塚栄治東北方面総監ら。松本大輔防衛政務官同席。同13分、同室を出て執務室へ。
 午前10時31分、執務室を出て特別応接室へ。同32分から同43分まで、村井嘉浩宮城県知事ら。枝野幸男、福山哲郎正副官房長官、今野東民主党参院議員同席。同44分、同室を出て執務室へ。
 午前11時1分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午前11時13分、岡田氏が出た。同16分、福山官房副長官が入った。
 午前11時42分、福山氏が出た。
 午後0時18分から同34分まで、北沢俊美防衛相、中江公人防衛事務次官。
 午後4時54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同5時2分、東京・霞が関の中央合同庁舎4号館着。同3分から同14分まで、政府税制調査会。同15分、同所発。同17分、官邸着。同19分、執務室へ。
 午後7時52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同54分、公邸着。
 5日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
3条件にめど付けば菅首相は退陣~民主・寺田学元補佐官インタビュー~
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~
緊迫する8月政局。退陣?続投?それとも解散か
菅首相の「脱原発」は本当に「脱原発」か
「本当の原発発電原価」を公表しない経産省・電力業界の「詐術」

最終更新:8月5日(金)0時16分

 

首相動静(8月3日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110804-00000001-jij-pol

時事通信 8月4日(木)0時16分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時32分、公邸発。同33分、官邸着。同34分、執務室へ。
 午前9時56分から同10時3分まで、仙谷由人官房副長官。
 午前11時55分から午後0時10分まで、石井一民主党副代表。同11分から同15分まで、福山哲郎官房副長官。同17分、執務室を出て、同18分、大会議室へ。
 午後0時19分から同55分まで、経済情勢に関する検討会合。同56分、同室を出て、同57分、執務室へ。
 午後2時32分から同3時14分まで、斎藤勁民主党国対委員長代理。
 午後3時15分から同53分まで、植松信一内閣情報官。
 午後5時31分、執務室を出て特別応接室へ。同32分から同48分まで、ラオスのトンルン副首相兼外相の表敬。福山官房副長官、河相周夫官房副長官補同席。同49分、同室を出て執務室へ。
 午後6時13分、執務室を出て大会議室へ。同15分から同50分まで、新成長戦略実現会議。同51分、同室を出て執務室へ。
 午後7時28分、執務室を出て、同29分、官邸発。同30分、公邸着。
 4日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
3条件にめど付けば菅首相は退陣~民主・寺田学元補佐官インタビュー~
原発再稼働の政府統一見解は「間違い」~民主・馬淵澄夫前補佐官インタビュー~
緊迫する8月政局。退陣?続投?それとも解散か
菅首相の「脱原発」は本当に「脱原発」か
「本当の原発発電原価」を公表しない経産省・電力業界の「詐術」

最終更新:8月4日(木)0時21分

 

首相動静(8月2日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110803-00000001-jij-pol

時事通信 8月3日(水)1時8分配信
 午前7時24分、公邸発。同25分、官邸着。同26分、執務室へ。
 午前8時8分、執務室を出て、同10分、官邸発。同11分、国会着。同12分、院内大臣室へ。同16分、閣議開始。
 午前8時28分、閣議終了。院内大臣室を出て、同30分、国会発。同31分、官邸着。同33分、執務室へ。
 午前8時53分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午前9時4分、岡田氏が出た。
 午前9時49分、執務室を出て、同50分、官邸発。同52分、国会着。同54分、参院第1委員会室へ。同10時、参院東日本大震災復興特別委員会開会。
 午後0時26分、参院東日本大震災復興特別委を途中退席し、同28分、国会発。同30分、官邸着。同31分、執務室へ。
 午後1時10分から同17分まで、池田克彦警視総監、樋口建史警察庁生活安全局長。同18分から同34分まで、三国谷勝範前金融庁長官。同2時1分、海江田万里経済産業相が入った。
 午後2時30分、松本剛明外相、枝野幸男官房長官が加わった。
 午後2時58分、枝野氏が出た。同3時4分、松本、海江田両氏が出た。
 午後3時5分、執務室を出て特別応接室へ。同6分から同28分まで、「災害・復興と男女共同参画」6.11シンポジウム実行委員会の堂本暁子委員長ら。同29分、同室を出て執務室へ。同32分、細野豪志原発事故担当相、松下忠洋経産副大臣、福山哲郎官房副長官、菅原郁郎経産省産業技術環境局長が入った。
 午後4時12分、松下、福山、菅原各氏が出た。同17分、細野氏が出た。
 午後5時21分、筒井信隆農林水産副大臣が入った。
 午後5時46分、筒井氏が出た。
 午後6時30分、執務室を出て小ホールへ。同31分から同7時10分まで、食と農林漁業の再生実現会議。同11分、小ホールを出て執務室へ。
 午後7時26分、執務室を出て大ホールへ。同27分から同50分まで、イスラム諸国の駐日大使らと夕食会。(SOBA:たったの23分間)
 午後7時51分、大ホールを出て官邸発。「『なでしこジャパン』に何を学びたいか」に「チームプレー」。同8時2分、東京・赤坂の日本料理店「赤坂光楽亭」着。秘書官と食事
 午後10時2分、同所発。同11分、公邸着。
 3日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】漁船を沖へと運ぶ激しい引き波=気仙沼に襲来した大津波
【特集】ソーラーパワー~節電時代の救世主~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
3条件にめど付けば菅首相は退陣~民主・寺田学元補佐官インタビュー~

最終更新:8月3日(水)1時11分

 

首相動静(8月1日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110802-00000002-jij-pol

時事通信 8月2日(火)0時33分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時29分、公邸発。同30分、官邸着。同31分、執務室へ。同32分、福山哲郎官房副長官が入った。
 午前8時57分、福山氏が出た。
 午前9時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同51分、国会着。同53分、参院第1委員会室へ。同10時、参院東日本大震災復興特別委員会開会。
 午前11時53分、参院東日本大震災復興特別委休憩。同54分、参院第1委員会室を出て、同55分、国会発。同57分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午後0時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同55分、参院第1委員会室へ。同1時、参院東日本大震災復興特別委再開。
 午後5時21分、参院東日本大震災復興特別委散会。同22分、参院第1委員会室を出て、同23分、国会発。同25分、官邸着。同26分、執務室へ。同32分、執務室を出て、同33分、大ホールへ。同34分から同53分まで、昭和薬科大付属中3年の桑江優稀乃さんら沖縄、函館豆記者団が表敬。同54分、同ホールを出て執務室へ。同55分、山口壮内閣府副大臣、篠原孝農林水産副大臣が入った。同6時3分、山口氏が出た。同15分、篠原氏が出た。同16分から同26分まで、平野達男復興担当相。
 午後7時26分、執務室を出て、同27分、官邸発。同28分、公邸着。
 2日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】漁船を沖へと運ぶ激しい引き波=気仙沼に襲来した大津波
〔写真特集〕日赤、ハイチの復興支援
【東日本大震災特集】トップページ
〔写真特集〕東北地方太平洋沖地震
被災地の子供たち、海南島到着=中国政府の招待で夏休み

最終更新:8月2日(火)0時36分

始めに戻る


 以下、資料として採録。

 

西岡参院議長:最後まで菅批判…政権運営「極めて遺憾」
http://mainichi.jp/photo/archive/news/2011/08/31/20110901k0000m010047000c.html

西岡武夫参院議長

 31日の参院本会議で、民主党出身の西岡武夫議長が閉会あいさつの際、菅直人首相の政権運営を「極めて遺憾」と非難する一幕があった。菅首相の退陣要求を繰り返してきた西岡氏の言動には「三権の長としていかがなものか」との批判も出たが、首相交代が決まっても「西岡節」のトーンは下がらなかった。

 西岡氏は「『ねじれ国会』を理由に法案を参院に送らず、参院の審議時間を少なくして、土壇場で決断を迫るなど、自らの政策推進の遅れを参院に責任転嫁するがごとき姿勢に出た」と菅政権の国会対応を切り捨てた。その一方で「新しい政権のもとで、与野党逆転の国会運営で一致点を見いだすべく、私は全力を尽くす決意だ」とも語った。

 西岡氏の発言に議場の野党議員から拍手が起こり、自民党の山本一太参院政審会長は「参院の代表として正論を述べた」と持ち上げた。【岡崎大輔】

    ■明快図説■民主党の党内人脈図
    【終戦記念日】西岡参院議長は戦没者追悼式欠席 体調不良で
    【西岡参院議長】「議事運営の中立性損なっていない」
    【参院選挙改革】西岡議長「1票の格差は1.9倍が限度」
    【西岡参院議長】退陣要求発言で物議…問われる中立性
    【西岡参院議長】不信任案「再提出を」…論文発表

毎日新聞 2011年8月31日 19時49分(最終更新 8月31日 20時12分)

 

脱原発で菅首相にラブコール 福島氏「社民党首に」
http://www.asahi.com/politics/update/0830/TKY201108300699.html?ref=reca

 「脱原発を一緒にやりましょうよ。社民党は大歓迎です。いつでも党首に」。社民党の福島瑞穂党首は30日、内閣総辞職した菅直人首相にラブコールを送った。

 福島氏は、国会内での各党へのあいさつ回りで訪ねた菅氏に対し、脱原発や経済産業省からの原子力安全・保安院分離、自然エネルギーの促進に取り組んだことを絶賛。菅氏が「そのうち(社民党に)引っ張られるんじゃないか」とおどけてみせると、福島氏は「党首起用」を打診。「皆で支えますから」と呼びかけると、周囲は大爆笑した。

 福島氏は、菅首相の直前にあいさつに訪れた野田佳彦新首相には「どじょうはきっと、原発嫌いだと思いますよ。よろしく頑張って下さい」とクギを刺した。(比屋根麻里乃)

 

“ダメ菅”に罵声の嵐!なでしこ観戦も途中でスゴスゴ退散
2011.08.20
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110820/plt1108201526000-n1.htm

Plt1108201526000p1 ピッチでの人気とりにブーイングを浴びた菅首相【拡大】

 菅、帰れぇ~! 悪天候にもかかわらず国立競技場には2万2049人の観客が駆けつけた。日本サッカー協会によると、前売り段階でチケット販売は約2万5000枚。当日券は伸びなかったが、それでも「天候が悪いのにほんとうにありがたかった」と日本サッカー協会・小倉純二会長は試合後、つめかけた観客に感謝していた。

 そんな中、ただ一人ブーイングを浴びていたのが菅直人首相である。「サッカーはすごい。女子でもこんなに盛り上がるのですね」と話していたというが、「突然、用事があると前半だけで帰ってしまった」(サッカー協会関係者)。

 サッカー協会では「首相、官房長官、外相、文科相とこれだけ政府の大臣が代表戦を観戦したことは男子でもない」と緊張して出迎えたがポカーン。世界各国の常識ではVIPがサッカー観戦にスタジアムを訪れた際には、よほどの有事がないかぎり前半で帰ることはまずありえないからだ。

 菅首相はとにかく国立競技場でもその不人気ぶりばかりが目立った。試合前に両チームの選手と握手して、「菅直人首相です」とあいさつした途端にあちこちから「ブー」の嵐。メーンスタンドでは男性サポーターが立ち上がり「菅、帰れぇ~」と罵声を浴びせていた。

 実は過去の内閣をみても国民栄誉賞の授与を決めた内閣は、その授賞式のあとには、軒並み内閣支持率が下落しているというデータがある。試合前半で菅首相と10人を超えるSPたちがゾロゾロと国立競技場をあとにする姿はまさに「死に体内閣」。

 いくら帰れといわれたからといっても…。最後まで場違い感が漂っていた。

 

フォーサイト POLITICS
菅首相の「脱原発」は本当に「脱原発」か
ジャーナリスト
野々山英一 Nonoyama Eiichi
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7701&rel=y&g=phl

11070666 Foresightコンテンツ 衆議院予算委員会で自民党の塩崎恭久氏(左)の質問に答弁する菅直人首相=2011年7月6日、東京・国会・衆院第1委員室【時事通信社】

 7月6日の衆院予算委員会。松本龍復興担当相の辞任翌日の国会論戦は、菅直人首相の任命責任の追及に注目が集まっていた。

 ところが、波乱は別のテーマの議論から起きた。九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働問題だ。

 海江田万里経産相は6月18日に、定期検査が終わった原発は再稼働するよう促す「安全宣言」を行なった。29日には佐賀県に乗りこみ、古川康知事や岸本英雄玄海町長らと会談し「安全性は国が責任を持つ」と玄海原発の再稼働を要請している。古川知事は「首相の意向を確認したい」として菅首相との直接会談で受け入れるかどうか決める考えを示していた。

 海江田氏は7月6日の予算委員会で、塩崎恭久氏(自民)から安全宣言を出した経緯を問われると「特に事前に(首相に)相談したことはない」と発言した。この答弁が正しければ再稼働の前提となる安全宣言が、首相も知らないところで決まったことになる。野党席からは「絵に描いたような内閣不一致だ」「統一見解を出せ」などのやじが飛び、委員会室は騒然となった。

 事の重大さに気づいたのか、海江田氏は午後の質疑で「事前に首相には伝えていた」と修正した。本当に菅首相が「安全宣言」を知っていたのかどうかは分からない。ただ、はっきりしているのは菅首相が、玄海原発の再稼働問題で表に出るのを極端に避けているということだ。

フォーサイト POLITICS
遅すぎる「ストレステスト」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7702

10894181 Foresightコンテンツ 九州電力玄海原子力発電所(奥)。4号機(左)、3号機の原子炉建屋が見える。玄海原発は2号機、3号機が定期点検中で2011年7月の運転再開を目指していたが、九州電力の「やらせメール」事件をきっかけに、白紙に戻った=2011年5月24日、佐賀・東松浦郡玄海【時事通信社】

 菅首相は古川知事が求めている会談についても「基本的な考えをしっかりしなければ会っても申し上げられない」と当面は応じない考えだ。全原発を対象とした安全検査(ストレステスト)が近く行なわれることになり、それを待とうという理屈は分かるが、中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の運転停止要請の時には記者会見までしたのとは対照的だ。これは自身が「脱原発の雄」として延命を図ろうとしているため、再稼働の判断をしたという印象を与えたくないからだ。原発事故後、4カ月近くたってから安全検査をやることにしたこと自体「自分が首相の在任中は、原発の再稼働は避けたい」という思いが反映しているとも受け止められている。

 このような菅首相の「ご都合主義」に海江田氏は怒り心頭で、7日の参院予算委員会では「時期がきたら責任を取る」と辞任をほのめかした。いっこうに辞めようとしない菅首相に対する抗議の意味が込められているのは言うまでもない。

 ところで、菅首相は本当に「脱原発」なのか。結論から言えば「そうではない」。

 菅首相は昨年6月に就任して間もなく、新成長戦略をまとめた。戦略では「原子力の着実な推進」と位置づけ、原発の輸出を柱に据えていた。つまり原発推進だった。

 その菅首相が考えをシフトさせたのは東京電力福島第一原発事故が原因だ。ただ深刻な被害に直面して考えが変わったというより、国民世論が「脱原発」に傾いたのを意識したと表現した方が正しい。時流に乗ることで、地に落ちた政権の求心力を再び高めようとしているという見方は、今や与野党の共通認識だ。

 浜岡原発の停止要請、電力会社の発送電分離の検討、そして再生可能エネルギー特別措置法案などの「脱原発」路線のイメージが強い行動を矢継ぎ早に行なっていることからも、こういった思惑が透けてみえる。

フォーサイト POLITICS
場当たり的な戦略
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7703

11095563 Foresightコンテンツ 会談に臨む菅直人首相(右)と国民新党の亀井静香代表。亀井氏は首相を支える貴重な人材だ=2011年7月11日、東京・首相官邸【時事通信社】

 菅首相は、今年1月、今国会召集を前に、与野党が激しく対立しそうな法案は国会提出をできる限り見合わせるよう古川元久官房副長官(当時)らに指示。再生エネルギー法案も提出を見合わせることがほぼ決まっていた。ところが経済産業省が巻き返し、法案提出にこぎ着けたいきさつがある。

 このエピソードは、2つの事実を示している。まず菅首相が、この法案に思い入れがなかったこと。そして法案の内容がストレートに「脱原発」に向かうものではないことだ。

 太陽光や風力などによる発電の全量買い取りを電力会社に義務づける再生可能エネルギーの買い取り制度は、確かに、再生エネルギーによる発電増加の後押しをすることにはなるが、電力会社の地域独占の見直しや発送電分離とは何の関係もなく、コストは電力料金に上乗せされるから、電力業界も受け入れられる。原発を推進する立場の経産省も、温室効果ガス削減の一策として積極的に取り組んできた。「脱原発」とは関係ない。民主党はもちろん自民党ですら2009年の衆院選マニフェストで法案制定を約束している。その自民党の執行部が、成立に反対するかのような言動をとるのも問題ではあるが、同法案は本来、原発推進か、脱原発かの分水嶺となるような法案ではないのだ。

 そもそも福島第一原発の事故以降、原発をこれまで通りに推進しようという政治家はいない。その流れの中で、菅首相は「脱原発解散」で窮地を抜け出そうとしていると言われるが、「脱原発」という言葉はあいまいだ。定期検査中の原発を再稼働させずに来年には事実上原発をなくしてしまうという考えから、再生可能エネルギーの普及を待って中長期的に原発依存を減らす考え、新規建設は行なわないが既存の原発は利用するという考えなど、幅は広い。そのあいまいさを利用しようという発想は、なかなかしたたかではある。だが、菅首相の場当たり的な戦略は反発を買い、その思惑は、国民にも完全に見透かされているようだ。毎日新聞が7月2、3日に行なった世論調査では内閣支持率は前回調査と比べて5ポイント下落して19%に。これでは、「脱原発解散」の現実味も薄らいでいくばかりだ。

 

呆れた菅の「なでしこ観戦」計画…政府専用機で弾丸ツアー
2011.07.16
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110716/plt1107161525002-n1.htm

 菅首相が「FIFA女子ワールドカップ ドイツ 2011」の決勝戦観戦のために、政府専用機を使った“弾丸ツアー”を検討しながら断念していたことが、分かった。

 「なでしこジャパン」の決勝進出が確定した14日、菅首相が政府専用機を使って、開催地・ドイツへ決勝戦の観戦に行くことが一時、検討された。しかし政府関係者は、東日本大震災の対応の遅れや不安定な政治状況、支持率低迷が続く中、世論が許さないと判断したという。

 なでしこブームに便乗して支持率回復を目論む首相の浅はかさには、あきれるばかり。政府関係者からは、「なでしこが負けてしまった場合、『首相が見に行ったせいで負けた』と言われても困る」といった声が聞かれるなど、もはや完全に疫病神扱いだ。

 常軌を逸した首相の姿勢に、民主党内からも「政府専用機は1回飛ばすだけで、予備機の経費も含め数千万円の費用が発生するうえ、ドイツ政府に厳戒警備を要請することにもなる。被災者の窮状をよそに、サッカー観戦のための巨額の税金投入など許されるはずもないことが分からないとは…」と、あきれた声が噴出している。

始めに戻る


※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(Wikipediaより)

オープン・ソース・インテリジェンスまたはOSINTとは、公開情報(オープン・ソース:一般公開され利用可能な情報源)から収集された情報を元にする、(機密)情報収集の専門領域を指す。

概説

“合法的に入手出来る資料”を“合法的に調べ突き合わせる”手法で、情報源は政府の公式発表(プレスリリース)、マスメディ アによる報道、インターネット、書籍、電話帳、科学誌その他を含む。具体的には、対象国の軍の編制を割り出すために、対象国の新聞社交欄、ニュースの断 片、高級将校の異動発令などを丹念に集積し、分析するといった手法である。

細かいデータを少しずつ集めて分析するだけでも、相当な精度の情報が得られることがある。媒体入手・分析は駐在国公館で行なわれる事が多い。ラジオ放送は自国領内で受信する。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

2011年8月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。

 2011年8月分、東京新聞「こちら特報部」の全記事リストです。「こちら特報部」のWeb記事は他の記事とは違い、リード部分の紹介と最後に【こちらは記事の前文です】と購読の案内が来るスタイルです。

 以前から、東京新聞は原発関連は勿論のこと、他の問題でも大手紙よりも頑張っていると注目していました。あとで「特報部」関連で何か調べる時の自分用のメモエントリーです。(2011年3・11発災月からアップ)

 

脱原発まで「ノーサイド」!? 脱原発派は野田新首相に警戒感
2011年8月31日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011083102000037.html

 民主党の野田佳彦代表が三十日、新首相に選ばれた。代表選の政策論争は低調だったが、野田氏は原発について、月刊誌で「当面は再稼働に向けて努力することが最善の策」と明言、原発輸出にも肯定的な立場だ。世論の大勢は「脱原発」だが、こうした新首相の姿勢に国会内外の原発批判派は警戒心を募らせる。得意の「ノーサイド」という言葉も、原発の是非には不似合いだと思うのだが−。 (篠ケ瀬祐司、中山洋子)

 

民主代表選「連敗」 小沢氏落日か 地元岩手を歩く
2011年8月30日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011083002000050.html

 野田佳彦財務相が次期首相の座を射止めた民主党代表選−。海江田万里経済産業相を推した小沢一郎元代表を軸に、再び激しい“党内抗争”が繰り広げられた。小沢氏にとっては、菅直人首相と直接対決して敗れた前回代表選に続く敗北だ。政界有数の実力者もいよいよ衰えたのだろうか。岩手県奥州市の地元と国会周辺を歩いた。 (小倉貞俊、篠ケ瀬祐司)

 

「有機栽培の父」 石井稔さんに聞く 宮城・登米
2011年8月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011082902000028.html

 東日本各地でも実りの秋が近づき、稲の放射能検査が本格化している。手塩にかけた米の「安全」を祈る農家の嘆きは深い。日本有数の米どころの宮城県登米市では、県に先駆けて市独自の調査も実施した。安全でおいしいと評判の米をはぐくみ、“有機栽培の父”と呼ばれる同市の石井稔さん(69)を訪ねた。 (中山洋子)

 

反骨の言語学者・小島剛一氏 トルコの少数民族弾圧 、政府の圧力に屈せずに真実告発
2011年8月28日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011082802000033.html

 世界遺産カッパドキアなど観光国として脚光を浴びるトルコ。だが、クルド人など数十もの少数民族を弾圧してきた「もう一つの顔」がある。フランス在住の言語学者、小島剛一氏(64)は40年間、政府当局と闘いながら少数民族の調査を続け、現在は「永久国外退去中」の身だ。調査中、知られざるチェルノブイリ原発事故の放射線汚染の実態にも直面した。さらに故郷の東北地方を襲った大震災、福島第一原発事故への思いとは−。(沼津支局・谷岡聖史)

 

「暫定」という詭弁 恒常化している汚染の現実
2011年8月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011082702000045.html

 誰が次の首相になっても、変わらないのは福島原発事故によるこの国と世界に広がった放射能汚染の現実だ。事故後、土地、水、食物、汚泥、原発労働者の被ばく線量などに暫定基準が設けられた。だが、暫定とはいうが、それはいつまでなのか。むしろ、暫定という言葉によって、半ば恒常化する汚染や責任問題がぼかされてはいないか。「暫定」は詭弁(きべん)にすぎないという声も漏れ聞こえる。 (佐藤圭、鈴木泰彦)

 

最先端の磯子発電所ルポ  代替エネ優等生 石炭火力に脚光
2011年8月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011082602000075.html

 かつて地球温暖化の元凶とされた石炭火力が脚光を浴びている。全国の原発が定期検査などで次々に運転停止する中、代替エネルギーとして見直されているのだ。しかも日本の火力技術は世界トップレベルで、大気汚染物質は大幅削減され、いまや煙突からほとんど煙も出ないという。「脱原発」を進め、自然エネルギーを普及させるまでの切り札になるだろうか。最前線を歩いた。 (小倉貞俊、鈴木泰彦)

 

各界識者 民主代表選に注文 争点ぼかしするな
2011年8月25日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011082502000066.html

 菅直人首相の後任を決める民主党代表選で、候補者の討論会は二回予定されているだけだ。原発政策や復興増税をどうするのか、党内融和や大連立のスタンスはどうか−。国の針路を見極めるために尋ねたいことがある。争点をぼかせば政権の「たらい回し」と批判されよう。そこで、各界の識者に「これだけははっきりさせて」と、候補予定者に注文を付けてもらった。 (秦淳哉、出田阿生)

 

一足先に「脱原発」!? 霞が関の電力は東電じゃない
2011年8月24日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011082402000035.html

 「ポスト菅」をめぐって火花を激しく散らす民主党有力者たち。だが、福島第一原発事故が収束しないなか、菅直人首相が国民に示した「脱原発依存」が火消しされそうな雲行きだ。そんな永田町より一足先に、霞が関の中央省庁は原発の電気を使っていない「脱原発」なのだという。一体どういうことなのか。残暑が続く官庁街を歩いた。 (小倉貞俊、小国智宏、千葉名甫子、池田柚紀(ゆう))

 

「脱・放射能汚染を産業化」 〜原発交付金拒否の桜井・南相馬市長大いに語る
2011年8月23日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011082302000062.html

 原発建設を引き受ける代わりに、関係自治体へ配られる“迷惑料”ともいえる電源三法交付金。東京電力福島第一原発事故の被災地である福島県南相馬市の桜井勝延市長は今月初め、東北電力の原発建設に絡む交付金の一部申請を見送ることを決めた。インターネットの動画投稿サイトで、市の窮状を訴えてから5カ月。「脱原発」の旗幟(きし)を鮮明にしたうえで、地元の復興に取り組む桜井市長に聞いた。(鈴木泰彦)

 

泊原発3号機 09年は条件付き合格!?
2011年8月22日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011082202000029.html

 東京電力福島第一原発の事故から五カ月以上が過ぎた。この間に政府や電力会社が進めた原子力施策のいいかげんさに気付いた人も多いはずだ。そんな折、そもそも原発事故を本気で防ぐ気があるのか疑いたくなる事態が判明した。独立行政法人「原子力安全基盤機構」(東京都港区)の元検査員が北海道電力泊原発3号機の検査で問題点を指摘したのに対し、上司が記録の“改ざん”を指示したというのだ。元検査員が実名で告発する。 (秦淳哉)

 

福島の創作民話 アニメ化目指す
2011年8月21日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011082102000037.html

 原発の事故で苦しむ福島県。その南端に位置する塙町で生まれた創作民話「かっぱのすりばち」をアニメ化する試みが進んでいる。町内の川にすんだかっぱと人間の交流を描いた作品で無償の愛がテーマ。川にある岩にすり鉢状の穴が開いていたことから、小学校の元校長がかっぱの使用した跡とする物語を作り上げた。多くの人に物語を知ってもらおうと地元で活躍する女性の語り部も協力。東京のアニメ制作会社は「被災地福島から発するメッセージとしたい」と意気込んでいる。 (秦淳哉)

 

新米からセシウム 主食大丈夫か
2011年8月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011082002000037.html

 新米がおいしい実りの秋はもうすぐだ。だが、コメどころの東日本は福島原発事故により田んぼの土壌が広範囲に放射性物質で汚染され、茨城県鉾田市の早場米からは微量のセシウムが検出された。コメは主食にもかかわらず、国の暫定規制値は高いままで、肝心の産地表示もあいまいという。安心して購入できないなら今後、買い控えや混乱も起きかねない。消費者が気になる二問を調べた。 (佐藤圭、小倉貞俊)

 

学者と社会的責任 原子力学会が異例の声明
2011年8月19日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011081902000065.html

 原子力ムラの一角にある社団法人「日本原子力学会」(東京)が先月七日、福島原発事故の「事故調査・検証委員会」(委員長・畑村洋太郎東大名誉教授)に対し、個人の責任を不問にするよう求める異例の声明を出した。これに対し、検証委のメンバーで、ノンフィクション作家の柳田邦男氏が強く反発、論議を呼んでいる。同学会の声明はその意図とは逆に、またひとつムラへの不信を増やしたようだ。 (鈴木泰彦、秦淳哉)

 

民主代表選 被災地の思い
2011年8月18日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011081802000056.html

 菅直人首相の後継を選ぶ民主党代表選は月末にも実施されるが、原発事故の収束は見えず、津波被害のがれきの山は多くが手付かずのままだ。復旧・復興に向けた動きは遅く、政局優先の永田町を被災地の人たちはどう見ているだろうか。再び浮上した与野党の大連立構想も、支援策のスピードアップにつながるのか。東北沿岸選挙区の声を聞いた。 (小倉貞俊、佐藤圭)

 

泊原発 高橋知事と北電の蜜月関係
2011年8月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011081702000060.html

 北海道電力泊原発3号機は営業運転再開へ動きだしたが、最終判断をした高橋はるみ北海道知事の、北海道電力との蜜月ぶりには驚かされる。同社幹部からの政治献金は毎年の恒例。北電元会長が資金管理団体の会長も務める。原発「全機停止」の事態を避けたかった経済産業省にとって、これほどの“人材”はなかったはずだ。 (小国智宏、篠ケ瀬祐司)

 

大震災・原発事故…8・15靖国ルポ
2011年8月16日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011081602000069.html

 東日本大震災で多くの犠牲者を出したなか、終戦記念日を迎えた東京・九段北の靖国神社。ことしは津波被害と原発事故の惨禍を、戦後の国難に重ね合わせ、復興を願う人も多いだろう。追悼と平和へのさまざまな思いや誓いが去来する靖国の一日をルポした。

 

福島の親子200人疎開 十和田の夏
2011年8月14日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011081402000056.html

 福島第一原発の事故から5カ月が過ぎた。それは、福島の子どもが我慢を強いられてきた長さだ。せめて夏休みだけでも被ばくリスクを減らしたいと、県外脱出を図る家族も相次ぐ。全国に「疎開」支援の動きも広がるが、青森県もその一つ。約200人の小中学生や保護者を十和田湖畔に招いている。故郷から300キロ離れて過ごす福島の子どもたちの夏を訪ねた。 (中山洋子)

 

原発政策 民主代表選でどうなる?
2011年8月13日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011081302000069.html

 菅直人首相による「脱原発依存」宣言も、政府のエネルギー・環境会議による「減原発」方針も、十一日の首相国会答弁で“見せかけ”にすぎないことが浮き彫りになった。しかも、次の民主党代表候補の発言や政策を点検すると、原発維持派が大半だ。未曽有の原発事故を目の前にしても、国民が後押しした政権交代のパワーは、原発政策を変えることさえできないのだろうか。 (鈴木泰彦、秦淳哉)

 

「渡り」あっせん? 告発の背景
2011年8月12日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011081202000033.html

 「政権交代で全面禁止された『渡り』のあっせんが、いまだに行われていた可能性がある」。国土交通省OBからの告発をきっかけに、同省が調査に乗り出した。「全面禁止」は2009年衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込まれていた民主党の目玉政策の一つ。民主党政権が掲げた公務員制度改革の「金看板」も揺らいでしまうのか。

  (篠ケ瀬祐司)

 

再生エネ法案 抜け落ちた論点 電源立地交付金は温存?
2011年8月11日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011081102000051.html

 菅直人首相が退陣前にこだわった再生エネルギー特別措置法案が成立する見通しとなった。太陽光や風力などの発電を促進し、「脱原発」の社会づくりを前進させる制度と期待される。だが一方で、電源立地交付金など従来の原発を推進する制度の見直しは手つかずにいる。電力会社や経済産業省などの牙城を崩せず、国民負担だけが倍増する“置き土産”はいらない。抜け落ちた論点とは−。 (秦淳哉、佐藤圭)

 

間もなく稲刈りが本格化〜生産者、消費者ともに募る不安
2011年8月10日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011081002000089.html

 福島原発事故による野菜、茶、肉牛への汚染が問題となったが、主食のコメも間もなく稲刈りが本格化する。農林水産省は今月3日、関東、東北などの17都県の稲作について放射性セシウムの検査を指示した。仮に検査結果が「シロ」となったとしても、生産者の風評被害への不安は尽きない。一方、古米や福島から遠方の超早場米に人気が集まるなど、消費者側の懸念も募っている。(小倉貞俊、篠ケ瀬祐司)

 

消えない「なぜ」 募る「どうして」 57人中54人死亡 石巻の指定避難所
2011年8月9日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011080902000030.html

 宮城県石巻市指定の避難所で、生存率わずか5%−。東日本大震災で津波に襲われた同市役所の北上総合支所。そこにいた五十七人のうち五十四人が亡くなり、その中には隣接する吉浜小学校の児童七人ら一歳から十二歳の子ども十一人が含まれていた。なぜ安全なはずの避難所で犠牲にならなければならなかったのか。震災から五カ月たった今も、親たちの疑問は消えない。 (出田阿生)

 

新幹線つなぐ“終着駅”の夏
2011年8月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011080802000057.html

 「百年に一度」の好機になるはずだった−。今年三月、東北から九州まで約二千キロがつながった新幹線。沿線の期待は同月十一日に発生した東日本大震災に砕かれたが、五カ月近くたって客足はじわじわと戻りつつある。ただ、九州に比べて東北の客足回復は低調なようだ。新幹線の最北端と最南端、両“終着駅”が再起を誓うそれぞれの夏を追った。 (中山洋子)

 

「フクシマ」後、初の「 8・6」を迎えた広島ルポ
2011年8月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011080702000060.html

 広島は六日、「フクシマ」後、初めての「原爆の日」を迎えた。反核の願いは長く「原子力の平和利用」という論理に阻まれ、その主流が原発問題に向き合うことはなかった。しかし、核の犠牲者だった日本は福島第一原発の事故後、世界に放射性物質をばらまく「加害者」の立場にもある。原発問題と正面から向き合った今年の「原爆の日」。広島現地での一日を追った。(鈴木泰彦、秦淳哉)

 

福島の高校教師 「子供守れない」
2011年8月6日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011080602000038.html

 福島県で一人のベテラン高校教諭が先月、退職した。原発事故後、被ばくを避けるように生徒らに再三指導していたが、管理職から「動揺を与えるな」と注意された。被ばくの不安を抱えつつも、仕事の事情などで避難できない県民が大半という現実。そこでは「被ばく」という話題そのものへのいら立ちが募っている。高校教諭が直面したのも、そうした無言の壁だったのだろうか。 (篠ケ瀬祐司、中山洋子)

 

原発3首脳更迭 なぜいま 首相が手柄横取り!?
2011年8月5日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011080502000067.html

 原発官僚トップ三人を更迭−。原発事故発生から五カ月近くたっても収束作業が遅々として進まない中、菅政権は政治家の責任を棚上げして、官僚に事故対応の責任を押しつけた。原子力行政の組織改革すら実施していないのに、なぜ官僚のクビだけをこの時期にすげ替えるのか。いったん退陣の意向を表明しながら一向に辞めない菅直人首相と海江田万里経済産業相が、いまやるべきことは何か。(佐藤圭、出田阿生)

 

水産特区 知事構想 宮城の港町を歩く 漁の企業化 地元波紋
2011年8月4日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011080402000060.html

 宮城県の漁業が大揺れに揺れている。東日本大震災で打撃を受けた漁業再興に向け、村井嘉浩知事が打ち上げたのが、漁業権を民間企業にも認める「水産業復興特区」。国の復興構想会議の提言にも盛り込まれたが、県漁協は猛反発する。特区は漁業の未来か、それとも弱った体に打撃を与える“劇薬”なのか。渦中の浜を訪ねた。(中山洋子)

 

ロバート・ゲラー東大教授に聞く 「予知は無理、東海偏重の大震法廃止を」
2011年8月3日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011080302000043.html

 静岡県・駿河湾を震源とする最大震度5弱の地震があった。東日本大震災の余震も予期せず続き、「地震大国」に安全な場所はないことを思い知らされる。「来るはず」の東海地震の直前予知を行う一方、同じ海溝型の東日本大震災を予測もできなかったことをどうみたらいいのか。津波の堆積物研究も注目を集めるなか、「予知は不可能」とする東大大学院理学系研究科のロバート・ゲラー教授(59)に聞いた。 (鈴木泰彦、出田阿生、文化部・岩岡千景)

 

「民意偽装」の罠をどう脱する?
2011年8月2日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011080202000031.html

 玄海原発をめぐる「やらせメール」問題は、経済産業省原子力安全・保安院に飛び火し、「民意偽装」に立脚した原発の怪しさを浮き彫りにした。民意の偽装は自民党政権末期に教育基本法改正や裁判員制度導入をめぐっても暴露され、批判にさらされた。それでも止まらなかった。株主総会への社員やイベントへの「さくら」の動員は古くからある。“あしき伝統”の根絶に妙案はあるのか。 (小国智宏、中山洋子)

 

<新日本原発紀行>浜岡(静岡)編(下) 「東海」震源域の中央
2011年8月1日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011080102000060.html

 中部電力が浜岡原発(静岡県御前崎市)の全面停止に追い込まれたのは、マグニチュード(M)8クラスと想定される東海地震の震源域の中央に位置するからだ。東海地震の発生確率は今後三十年以内に87%。菅直人首相は、切迫性を理由に停止要請した。しかも浜岡原発は、活断層の上にあると内外でたびたび指摘されてきた「最も危険な原発」。最近、新たな活断層の研究が注目されている。 (佐藤圭)

始めに戻る

 

携帯版雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劣悪政治で日本人は殺される⇒「これはもはや食べ物ではなく放射性廃棄物です」 ドイツのTV番組 Frontal21

 以下、主権者は私たち国民BBSへの投稿を採録。阿修羅にも投稿しました。Entelchen3さん(このIDは他の動画を見るとドイツ人の方です。YouTubeも動画削除だけで、さすがにID削除は出来なかった様です)がアップしてくれたのは、早くも著作権何たらで削除されました。申し立てたのは日テレ系の福島中央TVです。局のキャッチフレーズが「ふくしまが好きだからFCT」、今は使われてないが以前は「200万人の県民とともに FCT」なんてキャッチフレーズでした。

 しかし、内容が内容なので、意気に感じた日本人諸君のIDにより、即行で突撃アップロードが続出しています。現在分かっているのをご紹介しておきます。なおこう言う事もあろうかと予測していたので、画面中の日本語訳テキスト部分を、僕がすべて書き起こし採録しておきました

関連:
食品の検査態勢、ベラルーシでは現場で測定出来る様に簡易な放射能測定器が開発され、日本に比べ遥かに安く販売されている。

【必見】終わりなき人体汚染(チェルノブイリ)
チェルノブイリ事故ドキュメンタリー

 

ドイツZDF-Frontal21 ドイツ福島原発事故、その後(日本語字幕)
nuckelchenblogde
http://youtu.be/XT_KT1yd1Uk

 以下、それ以外にアップされているものです。多くの人がダウンロードしているはずで、削除されればまた突撃アップロードすると思います。

すべて7分55秒で同じものです

※以下の様な説明とともに再編集してアップしている7分50秒版がありますが、欺瞞です。最初の部分14秒から19秒の所までが削除され再編集されています。

福島中央テレビさんのTwitterおよび公式サイトから、
削除依頼の経緯を反映し
序盤にあった原発の爆発シーンを除去しました。

ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故、その後(日本語字幕)
Redona1234
http://youtu.be/BcDTbUffZQI

ドイツ福島原発事故、その後(日本語字幕)
nuckelchenblogde
http://youtu.be/XT_KT1yd1Uk

ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故 (日本語字幕) 削除横行の為、拡散希望!!
vxxxbobhikoxxxv2
http://youtu.be/vWB1KeV6-M8

ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故、その後(日本語字幕) 拡散
creranan
http://youtu.be/SD4U41yk79g

ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故、その後(日本語字幕).flv
ykhr3
http://youtu.be/9cFf9AHMMm0

↓下記は元のZDFテレビ局のものです。さすがにこれは削除出来ないでしょう。日本語字幕がついていなくて、ドイツ語だけですが、当エントリー中のテキストを参考にして見て頂ければ分かると思います。

Die Folgen von Fukushima
zdf
http://youtu.be/Sd78RtUBzA0

zdf さんが 2011/08/11 にアップロード

Fünf Monate nach der Katastrophe von Fukushima ist noch immer nichts unter Kontrolle. Im Gegenteil - im zerstörten Atomkraftwerk wurden gerade die höchsten Strahlenwerte seit Beginn gemessen.


 初出のドイツ人ID、Entelchen3さんのは、敬意を表して阿修羅投稿した時の記録を残しておきます。

劣悪政治で日本人は殺される⇒「これはもはや食べ物ではなく放射性廃棄物です」 ドイツのTV番組 Frontal21
投稿者:SOBAメール  投稿日:2011年 8月30日(火)01時42分33秒
http://6719.teacup.com/syukensya/bbs/258

 日本人は、マスゴミ情報統制で洗脳出来ても、一歩日本の外へ出ればその手は通用しない。
 海外からの観光客が激減、浅草に行っても、銀座に行っても以前とは比べものにならないほど外人の姿を見ない。日本政府が情報を隠し、出鱈目をこきまくったから、日本全体が信用されなくなっているのだ。元々の原因があるものを風評とは言わない。(下の方で風評関連のニュースを採録

 

155 ←↓以下のような理由で削除されています。

"ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故、その後..."
この動画は、Fukushima Central Television さんによる著作権侵害の申し立てにより削除されました

申し訳ありません。


One Response to “「これはもはや食べ物ではなく放射性廃棄物です」 ドイツのTV番組 Frontal21”
ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故、その後(日本語字幕)
Entelchen3
http://youtu.be/5n_3NK-tsOU

 

Entelchen3 さんが 2011/08/28 にアップロード

ドイツのTV局ZDF「フロンタール21」シリーズが 8/26 放送した番組 Die Folgen von Fukushima。福島第一原発から80キロ離れた本宮の農家大沢さんは、自分の栽培する野菜の検査を市民放射能測定所に依頼した。県の食品衛生検査所では受け付けても??らえなかったからだ。結果大量のセシウムが発見される。「これはもはや食べ物ではなく放射性廃棄物です」。なぜ行政はこうした検査を受け付けないのか、ドイツの記者が原?発?担当大臣を問い詰める。
カテゴリ:ニュースと政治


(SOBA:以下、テキストを採録しました)

 肝部分の画面をキャプチャしました。

001850px この美しい風景が悪夢の舞台です。

日本屈指の豊かな農地福島県、都会の人の観光地としても人気だ。


018850px 原発事故でその広域が汚染されてしまったのだ。

大沢さん(61歳)は本宮の農家、原発からは80キロ離れている。
畑で採れたジャガイモ・ナス・ネギを隣町の市民放射能測定所に持ち込んだ。
原発事故以来、自分で栽培した野菜は食べていない。放射能汚染を恐れたからだ。

(大沢かずのり、農家)
045850px 「政府の発表はもはや信用できない」
「最初から事態を小さく見せようとばかりしている」
「直ちに健康に害がないの繰り返し」
「正確な数値も出さない、まともな測定もしない」
「汚染問題の中にみんなを放置した」

事故後大沢さんはすぐ作物の検査を行政に依頼したが、
「畑は20・30キロ圏から遠く離れている」「検査の必要はない」と断られた。
市民放射能測定所の意見は正反対である。
汚染のない作物はない、特にセシウム137がひどいからだ。
「こんな汚染数値の場所は本当は絶対避難するべきです」

大沢さんのジャガイモも例外ではなかった。
原発から60キロ離れた伊達市のシイタケからは1キロあたり7000ベクレルの汚染が測定された。基準値は500ベクレルだ。

(はえがわ たかお、市民放射能測定所)
153850pxもはや食べ物ではなくて放射性廃棄物です

汚染調査は本来県の食品衛生検査所の管轄だが、ほとんどパンク状態である。
コンセプトもない人手も計測器の数も追いつかない。
「一般の方の検査はお断りせざるをえません」
「我々が選んだサンプルを検査し、判断を出しておりますが、それだけで手一杯の状態です」
「市民の検査も引き受けたら、役所の仕事に手が回りません」

244850px 我慢強い日本人もだんだん食品の汚染問題に気付きはじめている。野菜、緑茶に続いて牛肉。
原発を所有する東電の反応は?いままでと同様、ノーコメント、管轄外の一点張りだ。

(ひとつぎよしみ、TEPCO)
306850px 「私達の仕事は原発の中です」「測定は国と地方行政の管轄で私達はお手伝いするだけ」「ですからコメントはできません」


323850px 大沢さんの農作物検査結果について我々が質問すると原発担当大臣はうろたえるばかりだった。(細野豪志のこと)


328850px 危機管理担当の役人達は長々と書類をチェックしたあげく、大臣はついに不備を認めた。


(細野豪志)
349850px 「万全の監視体制のつもりでしたが、牛肉問題で検査の強化の必要が認められました」
「今後汚染食品が出回ることを防止しなければなりません」


401850px 一方グリーンピースは独自の調査結果を発表。魚も汚染されていた。


(Jan van der Putte Atomexperte Greenpeace)
「魚は相変わらず高濃度のセシウムに汚染されています。」
408850px


「原発から55キロ離れた所まで調査した魚の半分が、基準の500ベクレル/キロを大きく上回っていました。」
「汚染が広範囲であることを物語っています。」

日本人の主食、米も同じ運命のようだ。
大沢さんの田んぼの土は二度検査所に提出された。
最初の検査は合格したが、二度目の結果は公表されない。

(大沢かずのりさん)
507850px 「今年も作付けを出来るか知りたかったので、自費で独立の研究所に検査をしてもらった」
「5万3千ベクレル/キロのセシウム137が検出された」
「基準値の7倍だ」「米作りはあきらめた」

514850px 福島市のほとんどの住民はこうした汚染数値を知らされていない。
おりしも夏祭り、売られている物は何でも食べる。
(女の子がトウモロコシをかじっている姿)
空中線量が下がって以来、人々は日常生活に戻った。
子供の被曝許容量が20ミリシーベルト/時に引き上げられたことへの怒りも忘れ去られたようだ。
英国クリストファー・バズビーのような専門家は、まさにそのことに警鐘を鳴らす。

540850px (Prof.Christopher Busby
Europaisches Komitee fur Strahlenrisiken)
「日本政府の無責任ぶりは犯罪的だと思う」「子供に平気で高い被曝をさせている」
「都合がいいと言うだけで短期間でこれほど基準を変えてしまうとは」
「この判断は間違いなく多くの子供を死に至らせるだろう」
「文明国のやることとは思えない」

だがここはまさに原子力ムラの国なのだ。
権力を握る電力会社、政治家、官僚が原発のあらゆるスキャンダルを隠蔽し大したことがないように見せてきた。
何兆円ものビジネスを守るために今回も同じ手段を使おうとしている。
大沢さんはまさに文字通りそれを「身」をもって体験した。

(大沢かずのり、農家)
「自分の体がどれくらい放射能被曝しているか検査したかった」
「だが福島大学には拒否された」「市民の検査はしないと」
「友人は隣の県の病院に問い合わせた」
「ところが福島県知事から福島県民の診察を受け入れないよう指示されているそうだ」
そのような指示の出された事実はないと当局は言う。
しかし大沢さんは農家を捨てなければならない。
自宅で毎時90マイクロシーベルトを測定したのだ。
9日間でドイツ原発作業員の年間許容量に達する数値だ。
原発から80キロも離れた場所なのに。

(クリストファー・バズビー)
「これは人間の想像力を超える惨事です」
「制御不能の状況であることは当初から明らかだった」
「どうしたらいいのか誰にもわからないし簡単な答えもない」
「これは人類史上最悪の惨事だと思う」

福島の至る所に人々はひまわりを植えた。土の中の放射能を吸収すると言われている。
ドイツZDF局「フロンタール21」


 以下、資料として採録。

土壌汚染、34地点がチェルノブイリ移住基準超
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110829-OYT1T01205.htm
魚拓http://megalodon.jp/2012-0913-0009-04/www.yomiuri.co.jp/science/news/20110829-OYT1T01205.htm

201108299230141l  東京電力福島第一原子力発電所事故で拡散した放射性物質による土壌汚染の状態を調べた地図がまとまり、29日に開かれた文部科学省の検討会で報告された。

 立ち入りが制限されている警戒区域や計画的避難区域で、チェルノブイリ原発事故での強制移住基準(1平方メートル当たりの放射性セシウム137が148万ベクレル)を超える汚染濃度が測定されたのは、6市町村34地点に上った。住民の被曝(ひばく)線量などを把握するのが狙い。菅首相が27日、「長期間にわたり住民の居住が困難になる地域が生じる」との見通しを示したが、それを裏付けた。

 測定結果によると、6月14日時点で、セシウム137の濃度が最も高かったのは、警戒区域内にある福島県大熊町の1平方メートル当たり約1545万ベクレル。セシウム134と合わせると、同約2946万ベクレルとなった。

 同300万ベクレル超となったのは、セシウム137で同町、双葉町、浪江町、富岡町の計16地点に上った。高い濃度の地点は、原発から北西方向に延びており、チェルノブイリ事故の強制移住基準を超える地点があった自治体は、飯舘村、南相馬市を加えた計6市町村だった。同省は約2200地点の土壌を測定した。
(2011年8月30日03時05分  読売新聞)

 

当面は風評被害の観光業に賠償 政府と東電が調整
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011082201001067.html

 震災の影響で観光客が減少した仙台七夕まつり=今月6日

 東京電力福島第1原発事故に伴う賠償金をめぐり、政府と東電は22日、国の立て替えによる仮払い方式の対象は当面、風評被害を被った観光業とする方向で調整に入った。客の減少による減収率など統一基準を設けやすいため。他の農漁業や製造業などについて、政府は東電自身が速やかな賠償ができるかどうかを見極めながら、立て替えの最終的な対象分野を決める方針だ。

 国の立て替えは、野党の共同提出で成立し9月中旬に施行される「原子力事故被害緊急措置法」に基づき、東電に代わって賠償金の半額以上を仮払いする。
2011/08/23 02:02   【共同通信】

 

風評被害 吹き飛ばせ 「栃木・福島の物産と観光展」
2011年8月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20110826/CK2011082602000029.html

風評被害に苦しむ栃木、福島の名産品を販売する物産展=船橋市で

 福島第一原発事故による風評被害に苦しむ栃木、福島両県の製造、加工業者らが名産品を販売する「栃木・福島の物産と観光展」が二十五日、船橋市の東武百貨店船橋店で開幕した。独自に食品の放射線量を測定して公表するなど、風評被害を吹き飛ばそうと必死の思いがのぞく。三十日まで。

 福島県南相馬市の「黒潮海苔(のり)店」は、相馬市、浪江町、宮城県気仙沼市の倉庫を津波で根こそぎさらわれた。小迫三晴店長(44)は「店を再開するまでの一カ月間、きつくて涙しか出なかった」。昨年採れた三陸産ワカメやノリなどを仕入れ、どうにか営業を続けており、「去年のものなので放射線が出るはずない。とにかく商品を手にしてもらいたい」と訴えた。

 地震で加工工場が被害に遭った福島県いわき市の「丸由水産」は、小名浜名産「さんまのささ干」を出品。昨年の在庫品の放射線量を検査機関に依頼して測定。放射性セシウムが検出されなかったことを示す証明書を掲げる。番内栄社長(60)は「浜通りがやられた県内の水揚げはゼロ。今年はどうなるか分からない」と先行きに不安ものぞかせた。

 物産展には栃木県から三十四、福島県から三十五の計六十九店が出店。農・海産物の加工品をはじめ、宇都宮ギョーザや菓子、駅弁、工芸品なども販売している。 (林容史)

 

福島の中学生が修学旅行でモモの安全PR、30日に山下公園/横浜
2011年8月28日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1108280019/

モモの安全性をPRするパンフレットを作成する福島市立平野中学校の3年生(同校提供)

 原発事故の風評被害29 件で売り上げが落ち込んだ名産のモモをPRしようと、福島市立平野中学校(同市飯坂町平野)の3年生が30日、修学旅行で訪れる横浜・山下公園でキャンペーンを行う。手作りののぼり旗やパンフレットで安全性を訴え、朝取りのモモを無料で配布する。

 同校のある平野地区は、果樹地帯で観光果樹園が盛ん。例年は首都圏からも多くの観光29 件客が訪れるというが、ことしは福島第1原発事故の影響で、モモ狩りに訪れる観光29 件客は例年の1割、予約注文も3割と大幅に減少しているという。

 福島県の検査では、平野地区産のモモから検出された放射性セシウムは最高でも1キログラム当たり64ベクレル。国の暫定基準値(500ベクレル)を下回る。「風評被害だ」と感じた3年生は、「自分たちを育ててくれた地域の人たちが苦しんでいる。応援したい」と2泊3日の修学旅行で訪問する横浜で、モモのキャンペーンを企画した。名付けて「福島は負けない~食べてくなんしょ福島の桃」。

 夏休み中の登校日の26日には、横浜で配布するパンフレットやメッセージカードを作成。修学旅行実行委員会の佐藤希委員長(14)は「福島のモモは安全だと、自分たちの言葉で伝えたい」と話す。

 30日午後5時半から山下公園(横浜市中区山下町)で、3年生約70人が手作りののぼり旗や横断幕を掲げて地元の特産品をPRする。当日の朝収穫した今が旬の品種「川中島白桃」150袋(各2個入り)を、福島県知事と福島市長の「安全宣言」と一緒に無料で配布する。

 

外国人観光客激減、「風評被害」と観光地悲鳴
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110416-OYT1T00912.htm

特集 福島原発
震災の影響で観光客が減った浅草の仲見世通り(16日、東京・台東区で)

 東日本大震災後、日本を訪れる外国人観光客らが激減し、ツアーなどのキャンセルが相次いでいる。

 読売新聞のまとめでは、少なくとも約8万人の外国人が宿泊や訪問を取りやめ、海外からの飛行機運航も中止に。観光地からは「原発事故の風評被害だ」など、悲鳴にも似た声が上がっている。

 「こんなの初めて」。16日午後、東京・浅草では、昭和初期から続く土産物店「スズヤ」の女性従業員(59)が人影もまばらな仲見世通りを見やった。売り上げは10分の1以下になり、コメや野菜も販売してしのいでいる。

 3月に来日した外国人は、前年同期比で50%減った。

 外国人だけで年間約20万人が訪れる北海道・登別温泉では、韓国や台湾からの旅行客を中心に2万人以上が宿泊をキャンセルした。登別観光協会は「日本全体が原発事故の風評被害を受けている」と頭を抱える。

 福島第一原子力発電所から遠く離れた沖縄県でも、8日までの4週間で外国人旅行客約1万人が渡航をキャンセル。東京都心を走る「はとバス」も、外国人の利用者は1日平均5人まで落ち込んでいるという。
(2011年4月17日03時03分  読売新聞)

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

ガンバレ、8・28 新潟小沢応援デモ!!!

↓「主権者は私たち国民」BBSへの投稿を採録しておきます。

ガンバレ、8・28 新潟小沢応援デモ!!!
投稿者:SOBAメール  投稿日:2011年 8月24日(水)15時04分1秒
http://6719.teacup.com/syukensya/bbs/254

↓阿修羅にも投稿しました。
ガンバレ、8・28 新潟小沢応援デモ!!!
http://www.asyura2.com/11/senkyo118/msg/439.html
投稿者 SOBA 日時 2011 年 8 月 24 日 16:06:29

 

フリー記者参加を最初に認めたのも小沢氏、代表時に一貫して情報公開に理解を示したのも小沢氏。

民主主義を民草レベルから根付かせようとこだわり続けているのも小沢氏。

最初からデモコースを皆さんに紹介して、呼びかけていた新潟小沢さん応援デモに
心からの拍手を送ります。

当たり前の事を、淡々とやる、それが「小沢さん流」だと僕は理解しています。
デモコースを紹介すると言うのも当たり前の事であり、新潟はそれを淡々としてやられていました。

再度、新潟小沢さん応援デモに拍手、そして心からの声援を東京から送ります。

        東京よりSOBA

 

新潟に行ったことのある人は、家並みを思い出しながら、
知らない人、旅行好きの人はグーグルアースとグーグルビューでザッと概観してからデモ中継を見ると街並みの雰囲気を感じながら中継を楽しむことが出来ます。

デモコースです。右下、新潟駅近くの石宮公園からスタート。
(クリックで拡大します)
Photo←解散地の「新生公園」が分かり辛かったのですが、主催者のBBSに行って直接確認し、作図後、阿修羅のコメントでもルートはあっていると主催責任者から連絡が入りました


 

(以下転載始め)
http://www.world-walker.com/cgi-bin/koe2/read.cgi?no=65
8月28日(日) 新潟にて小沢応援デモを行います。

愚民党さんや高知の藤島さんや東京のメンバーも参加して小沢コールを吼えてくれるそうなので、新潟市で一番人が集まる万代シティを一周するコースを追加しました。
これまでで一番盛り上がる小沢コールの声を上げられそうです。
ぜひ、ご参加ください。

「新潟小沢応援デモ」

8月28日(日) 集合 15:30  出発 15:45(15分繰り上げました)
集合場所  石宮公園(新潟駅万代口 新潟ステーションホテル向い)
コース  石宮公園→新潟駅→万代シティ一周→万代橋→古町→新生公園

所要時間 1時間
デモ終了後、懇親会有り

西松事件、陸山会事件、検察審査会起訴相当議決を経て民主党党員資格停止中の小沢一郎に対しメディアバッシングが行われている。
この事に対し、怒りのデモを行う。
小沢に対する謂れなきバッシングは民主党公約を支持し政権交代させた主権者に対する攻撃であると糾弾する。

小沢一郎は世の大多数の庶民の声も聞く事ができる政治家であると信じている。
この思いを伝えるデモを行う。

今回は新潟と東京の協働で小沢デモを行う。
沿道の人にも熱が伝えられるように声を出したい。
(以上転載終り)

プラカード用にコラージュ制作した、小沢さんと吽形仁王像です。
一度パワーポイントにコピペすると大きさを調整して印刷しやすくなります
Photo_2


 

関連:
盛り下がってしまった、小沢さん支持8・21神田デモ、簡単に写真レポート by SOBA(汗)(←こちらのデモは当日までコースも解散地も公開せず、主催責任者の小吹君にTwitterで確認し、コース地図を作図、BBSで紹介出来たのはデモ集合時間2時間半前でした)

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

何が「平野博文氏が本命」だ、まるで競馬の予想屋レベルの口舌。主権者としては「誰々になって欲しい」と声をあげるべきだろう。

 阿修羅投稿の採録です。

何が「平野博文氏が本命」だ、まるで競馬の予想屋レベルの口舌。主権者としては「誰々になって欲しい」と声をあげるべきだろう。
http://www.asyura2.com/11/senkyo118/msg/506.html
投稿者 SOBA 日時 2011 年 8 月 26 日 09:19:47: LVbi13XrOLj/s

以下投稿を若干意識して書きました(笑)

平野博文氏が本命!! ~ 2011蝉が鳴かない夏8/市民連帯の会(新党市民)藤島利久
http://www.asyura2.com/11/senkyo118/msg/501.html
投稿者 街カフェTV 日時 2011 年 8 月 26 日 04:43:27: FhSY.VZyAvKpM

 いくら何でも平野博文はないだろう(笑)

  僕は、黄川田徹衆院議員のような、今回の震災で地獄を見た政治家に民主党代表になって欲しいと思ってます。黄川田議員は、父の精也さん(81)、母の洋子 さん(75)、妻の敬子さん(51)、長男の駿一さん(当時29歳)、公設第2秘書の菊池章太さん、全部で5人の親族・関係者を被災犠牲者として失ってい ます。

 以下記事4本採録しました。すべて阿修羅でまだ未紹介の記事です。クリックすると全てページ内ジャンプします。

黄川田復興特別委員長の妻、DNAで死亡確認【読売】(8月11日)

「これが現実だよ…」 国会議員にも襲った大震災の悲劇【産経】(3月27日)

被災した民主・黄川田議員、政府を強く批判【読売】(3月22日)

東日本大震災:民主・黄川田議員の長男死亡【毎日】(3月22日)

 

黄川田復興特別委員長の妻、DNAで死亡確認【読売】
特集 巨大地震
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110811-OYT1T01085.htm

 衆院東日本大震災復興特別委員長の黄川田徹衆院議員(民主党・岩手3区選出)の妻で、震災の津波で行方不明だった敬子さんの死亡が確認された。

 51歳だった。岩手県警が11日、発表した。

 敬子さんの遺体は、7月下旬、自宅のある岩手県陸前高田市に面した広田湾を捜索していた海上保安庁が発見し、DNA鑑定で身元を調べていた。

 黄川田氏の事務所によると、敬子さんは自宅から秘書と車で避難中に津波に巻き込まれた。黄川田氏の両親と長男の駿一さん(当時29歳)、敬子さんと一緒に逃げた秘書も犠牲になっている。
(2011年8月11日22時55分  読売新聞)

 

「これが現実だよ…」 国会議員にも襲った大震災の悲劇【産経】
2011.3.27 20:35 (1/4ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110327/stt11032720410003-n1.htm

Stt11032720410003p1 市の仮庁舎で、行方不明者のリストを目で追う黄川田徹衆院議員。妻と両親の名前もあった=26日午前、岩手県陸前高田市の学校給食センター(千葉倫之撮影)


追加画像:
Stt11032720410003p2 2011.3.27 20:35 (2)

仮設の診療所で奮闘する市職員と打ち合わせをする黄川田徹衆院議員(左)=26日午前、岩手県陸前高田市の自然環境活用センター(千葉倫之撮影)


Stt11032720410003p3 2011.3.27 20:35 (3)

災害対策本部で奮闘する市役所職員と打ち合わせをする黄川田徹衆院議員(右)=26日午前、岩手県陸前高田市の学校給食センター(千葉倫之撮影)


 東日本大震災は国会議員も例外なく襲った。ある議員は家族を失い、ある議員は事務所を流された。支援者の行方を捜し続ける人も多い。悲しみを抱えながら「政治家」の職責を果たそうとする議員たちの「今」を追った。(千葉倫之、斉藤太郎、峯匡孝)

 「これがオヤジで、これがお袋。これは家内だな。これが現実だよ…」

 岩手県陸前高田市内の学校給食センターに仮設された災害対策本部の一室。民主党の黄川田(きかわだ)徹衆院議員(57)=岩手3区=は26日、壁に張り出された1000人以上の死亡者や行方不明者のリストを指で追った。

 同市職員から県議を経て平成12年の衆院選で初当選。現在4期目だが、一瞬にして家も事務所も流された。家族さえも失った。

 行方不明者リストに母、洋子さん(75)の名を見つけた数時間後、隣町の遺体安置所で無言の対面をした。

 長男、駿一さん(29)の遺体が見つかったのは震災から1週間後。自ら仮設の窓口に4時間並んで死亡届を出した。妻の敬子さん(51)、父の精也さん(81)はいまも行方は分からない。

 公設第2秘書、菊池章太さんも犠牲になった。「彼、結婚したばかりだったんだ」。悲しみは容赦なく積み重なっていく。

(2/4ページ)
 「みんなそうだ。俺の家族だけの問題じゃない」

 家族を失った被災者としての立場。そして国会議員の立場が交錯する。

 黄川田氏は26日、仮設の災害対策本部で市職員の間を飛び回った。旧知の間柄の職員も多い。職員の3分の1は津波にのみ込まれ、残った職員もほとんどは肉親や友人を失ったという。

 「オレ自身が被災者で現場がある。だから現場で働くんだ!」

 再会のあいさつもそこそこに職員と実務的な打ち合わせが始まった。医療NPO(民間非営利団体)による医師・看護師派遣の申し入れ、仮設のガソリンスタンド設置など案件は数え切れない。

 国会の仕事もおろそかにできない。衆院総務委員会筆頭理事としてNHK予算の審議では、被災者に役立つ報道を求める付帯決議を盛り込んだ。

 それでも国会の赤絨毯(じゅうたん)と泥まみれの被災地の間にとてつもない「温度差」を感じる。続々と現地視察に入る国会議員団にも思わずこんな言葉が飛び出した。

  「きれいな防災服を着て『市長に会ってきました』って一体何になるんだ? それも必要なことだから否定はしないさ。だけど政治がやるべきことは国民に安心 感を与えることなんだ。3日目にガソリンを必ず届ける。10日目には風呂に入れてやる。そういうメッセージを示すことなんだ!」

(3/4ページ)

   × × ×

 宮城県石巻市が地元の民主党の安住淳国対委員長(49)=宮城5区=は大震災の瞬間、国会運営の仕切り役として国会内の自室を陣取っていた。

 「国会審議は止めるぞ! 菅直人首相には官邸に帰ってもらえ!」。矢継ぎ早に指示を出しながらテレビ画面を見ると「震源地は東北」と報じていた。慌てて携帯電話を鳴らした。

 「つながらねぇ…。うちの両親は生きているんだろうなぁ…」

 両親が自宅近くの小学校に避難しているとの情報が知人から入ったのは震災から5日後。18日夕、震災後初めて地元に帰り避難所で両親と再会した。

 父の重彦さん(84)は教室の奥で布団にくるまり、疲れた表情で寝息を立てていた。

 「母ちゃん。生きていたか…」

 母、慶子さん(77)の背中に声をかけると慶子さんは無言でうなずいた。まだ何人かの親類は行方不明のままだ。

 街は一変していた。支持者宅、お気に入りの理髪店、レストラン…。すべて跡形もなく消えていた。

 「現実とは思えなかった。写真で見た東京大空襲や広島の原爆の写真。それとそのまま同じ風景がそこにあった」

 26、27日と再び宮城県に戻り、被災地のニーズを聞いて回ったが、年度末を控え国会運営はいよいよヤマ場。地元に帰りたくても帰れない。

 「石巻は千年以上、魚を取って生きてきた豊かな地域だ。必ず立ち直る。いや立ち直らせる」

(4/4ページ)

   × × ×

 「とにかく生きていて!」。宮城県出身の自民党の高階(たかがい)恵美子参院議員(47)=比例代表=は震災時、仙台市に残した母、勲子さん(74)ら家族、知人の顔が目に浮かんだ。家族の無事を確認できたのは4日後だった。

 はやる気持ちを抑え、ようやく宮城県に入ったのは26日。看護用器具を詰め込んだバッグを持ち込んで避難所を回ったが、震災から2週間がたち被災者たちは疲れの色が濃く、体調を崩している人も多い。

 被災した郷里を見て、未曽有の国難に何をなすべきかを自問自答した。

 「思い出も財産も絆もある郷里を次の世代に引き継がなくてはいけない。もう一度、郷里を作り上げていくための後方支援をする。それが政治の役目だ」

 

被災した民主・黄川田議員、政府を強く批判【読売】
特集 巨大地震
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110322-OYT1T01013.htm

  民主党の黄川田徹衆院議員(衆院岩手3区)は22日、東日本巨大地震をめぐる政府の対応について、「過去の災害事例からマニュアルはあるのに、何を今さら 議論しているんだ。必要なことは決断と実行で、我が党には決定的にそれが欠けている」と強く批判した。記者団の取材に語った。

 黄川田氏の 選挙区は、地震で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市。黄川田氏によると、市内にあった自宅や事務所は津波で流され、長男が遺体で発見された。両親と妻は なお行方不明という。黄川田氏は、菅首相が21日に予定していた被災地視察を悪天候を理由に中止したことについても「現場をどうしようという思いがない人 が政治をしている。被災地で政治の顔が見えない」と訴えた。
(2011年3月22日22時05分  読売新聞)

 

東日本大震災:民主・黄川田議員の長男死亡【毎日】
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/archive/news/2011/03/22/20110323k0000m040044000c.html

 民主党の黄川田徹衆院議員(岩手3区)は22日、国会内で記者団に対し、東日本大震災で被災した長男の駿一さん(29)が亡くなったことを明らかにした。岩手県陸前高田市にあった自宅は津波で流され、両親と妻の行方も分からないという。

 「どういう言葉で表現していいのか。すべて失った」と黄川田議員。現地について「すべて崩壊というか、全滅というか、壊滅だ。花を買おうにも花屋がない。葬儀を挙げようにも、葬儀屋もお寺もない」と話していた。【葛西大博】

    【図解でおさらい】プレート境界型地震とは? なぜ大津波に?
    【被災地のために】サポート情報「希望新聞」
    【発生12日目】厳しい避難生活……写真ドキュメント

毎日新聞 2011年3月22日 18時57分(最終更新 3月22日 22時24分)

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

盛り下がってしまった、小沢さん支持8・21神田デモ、簡単に写真レポート by SOBA(汗)

 阿修羅投稿の採録です。付いたコメントの一部も採録しておきました

盛り下がってしまった、小沢さん支持8・21神田デモ、簡単に写真レポート by SOBA(汗)
http://www.asyura2.com/11/senkyo118/msg/352.html
投稿者 SOBA 日時 2011 年 8 月 22 日 17:24:59: LVbi13XrOLj/s

(サブタイトル:ただし、一点突破全面展開の局面はもうすぐそこまで(笑)、そしてその目安は。)

 

 岡本啓一氏が9・4デモのビラを配っていました。
彼は「1.10 国民の生活が第一のデモ!」実行委員会※1
の青山デモで、

>日時: 2011年1月10日(成人の日) 13:00デモ出発(所要時間は1時間弱の予定)
>集合場所: 都立青山公園 南地区 (約700㎡  トイレ有)
> 東京都港区六本木七丁目23

と出発地と集合時間だけを案内して、最後までコースと解散地点を教えなかった人、いわば彼の体質ですね。※2
となれば、今回のTwitter(ツイッター)で小吹君に要求するまで、最後までコースと解散地を教えなかったのも「さもありなん」。

※1、その後、「共に生きる日本」 で活動を継続。

※2、2011年1月10日青山デモの、「デモ当日まであとわずか!」でも、どこにもデモコースの案内も解散地も書いていないです。案内のビラの裏表にもどこにも書いていない。
ビラ表
ビラ裏

ガンバレ、小沢一郎支援東京連続デモ⇒8・21(日)神保町 9・4(日)新宿」でも書きましたが、

>5、小沢さんが民主党代表だった時に代表会見をよく見ましたが、他の民主党代表者よりも小沢さんが一番情報公開を進めていたように思います。情報を隠すのは小沢さん支持デモに相応しくない。

です。やはりコースと解散地点を教えない事をヨシとする岡本啓一氏の様な人間が主催者(?)に紛れ込んでいるデモなんてのはダメだと思いました。※

※その時の岡本啓一氏の理由が、「コースを教えると妨害者に狙われる」と言うもの。「なんじゃそれ」。

 以下が、最終的なデモコースの案内。Twitter(ツイッター)で確認出来たのは、デモ当日の午前中です。
(以下引用始め)
kobukishinichi @28SOBA 不備申し訳ございません。http://ozawa-risen.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-1463.html デモコース) 西神田公園発~専大通り~専大交差点前を左~靖国通り~神保町通過~淡路町公園左~外堀通り~神田児童公園(終点・解散)終点・神田児童公園 は(千代田区神田司町2-2)司町交番裏です。
1時間前
(以上引用終り)

デモコースの地図を作成し、BBSにアップしたのがデモ集合時間の2時間半前の12時でした
Photoスクロールして見るなら


参考:以下はTwitter(ツイッター)で確認※する前に「主権者は私たち国民BBS」で書いて案内したもの

 以下が、最終的なデモコースの案内。
(以下引用始め)
・デモコースを若干修正いたしました。なにとぞご了承下さい。
白山通り~靖国通り  →  専大通り~靖国通り の順路とし、当初コースより神保町書店街を通過する距離を長くとりました。
(以上引用終り)

問題点:以下改善されなければ、「主権者は私たち国民BBS」タイトル下でのデモ紹介も、バナー下での「小沢一郎支援デモのブログ」へのリンク紹介も外します。
1、コースの地図もなければ解散地がどこかも分からない。
2、浅草デモの時には、「浅草言問通り~国際通り~雷門通りをデモ行進いたします。」とあるも、僕自身土地勘があり四角なコースで多分解散地点も花川戸公園かな?と予想が付きました。今回の「白山通り~靖国通り  →  専大通り~靖国通り」では想像も付かない。
3、コースが分かっていれば遅刻した時の途中参加も可能だし。体力を考え部分コースの参加も可能。
4、コースが分かっていれば写真撮影記録係参加者が良い撮影ポイントを検討する事が可能。
5、小沢さんが民主党代表だった時に代表会見をよく見ましたが、他の民主党代表者よりも小沢さんが一番情報公開を進めていたように思います。情報を隠すのは小沢さん支持デモに相応しくない。

↓Twitter(ツイッター)で確認した時のやり取り。上が新しく下が古い。

http://twitter.com/#!/28SOBA/status/105105802792144896
28SOBA @kobukishinichi 先ほどツイート確認しました。デモコース了解です。これから急いで地図にコースをマッピングする作業に入りBBSで紹介・ご案内します。

http://twitter.com/#!/kobukishinichi/status/105086996267008000
kobukishinichi @28SOBA 不備申し訳ございません。http://ozawa-risen.cocolog-nifty.com/blog/ デモコース) 西神田公園発~専大通り~専大交差点前を左~靖国通り~神保町通過~淡路町公園左~外堀通り~神田児童公園(終点・解散)終点・神田児童公園 は(千代田区神田司町2-2)司町交番裏です。

http://twitter.com/#!/28SOBA/status/105035726512586752
28SOBA @kobukishinichi 今日のデモコースがよく分かりません。解散地点がどこかも分からない。感じた問題点をまとめました。http://6719.teacup.com/syukensya/bbs/248

参考終わり

 

 以下、写真レポートです。

Dscn1678 ←1、集合時間の2:30PM


Dscn1679←2、白の地に赤抜きの字で「小沢一郎を総理大臣へ!」と言うのもあった方がいいかもネ。


Dscn1680 ←3、これはポイント部分を大きくしているので分かりやすいです。字をやたら多くするのはプラカードでは最悪。


Dscn1681 ←4、デモ出発10分前。


Dscn1686 ←5、挨拶する二見伸明さん。
接近し撮影する愚民党さん。この接近のしかた、重心の落とし方、プロですね。考える前に身体(からだ)が反応するのでしょうね。


Dscn1692 ←6、専修大前通りを行くデモ。


Dscn1694 ←7、「通過ご協力 誠にありがとうございます。」こう言う配慮は必要ですね。前回浅草デモの時に端に辛うじて写っているのを見つけたので、今回は必ず撮ろうと思っていました。


Dscn1695 ←8、今回のデモの最大の収穫です。この小沢さんと吽形仁王像のコラージュ画像はそれだけで人に何か考えさせるインパクトがあります。
DVDを構えて撮影中の愚民党さん。


岩盤のような支持層がいるのは確かです。そこからどうやって一点突破全面展開に持って行くかです。2010.09.04小沢一郎演説ー1
damian16002000
http://youtu.be/RxZjCT4Vsms

 

20110227650px ←2011・2・27「いざ鎌倉」デモで、「恐い顔の小沢さんの方が好き」と答える女性。


 さて、最後に「サブタイトル:ただし、一点突破全面展開の局面はもうすぐそこまで(笑)、そしてその目安は。」の肝です。

既に皆さんお分かりと思いますが、↓以下の小沢一郎氏の顔に価値を見いだせる人、言いかえれば人間の本質的な価値を直観で見抜ける人、具体的には小沢さん支持デモでこの画像を使う人が半分を超えた所が目安だと思っています。

ただし、笑顔の方が好きと言う、いわばB層感覚の支持者も渾然一体で混ざっている方が好ましい。全面一色と言うのはそれはそれで気持ちが悪いです。今迄はB層感覚の笑顔画像を使う人だらけでした。

 

(↓クリックすると拡大します)
Photo_2スクロールして見るなら 。なお、拡大後「Ctrl+P」でも印刷出来ますが、A4横いっぱいに印刷するためにはパワーポイントにコピペした後、大きさ調節してやると上手くいきます。


始めに戻る


 以下、阿修羅投稿についた岡本啓一氏のコメントを記録保存しておきます。屁理屈レベルですが、この御仁の脳みその程度が伺えて興味深いです。※

※その後思い出したのですが、震災で中止にはなりましたが、「2011年3月19日1万人(予定、笑)デモ」でも岡本は、「1万人規模のデモを目指すが、デモコースは非公開で秘密」と言ってました。その時、ツイートで確認したのを思い出しました。

(↓クリックすると拡大します)
Photo_3 ←以下のコメントのキャプチャ。スクロールして見るなら

26. 岡本啓一 2011年8月26日 01:13:42: LezLV3mjoJaI. : cBLQK2DI6V

SOBA様、

岡本啓一です。

今回のデモでは準備段階では全く関与(というかご協力)は出来ませんでした。
私の記憶が確かならば、私が関与した去年の10月の最初のデモでも色々ご指摘を
頂いたかと思います。
今回のご指摘のルートを公開しなかった件に付きましては委細を承知し兼ねますが、
今後も私、岡本啓一が主催するデモではルートを公開するつもりはありません。
理由は簡単で、参加して頂いた方々の安全を守るためです

小沢氏と比較して、情報公開について閉鎖的だとのご指摘がありましたが、
小沢氏も例えば記者会見の会場などは公表していません。
自由報道協会主催の記者会見でも、不用意な関係者がツイッター等で
情報を流してしまったため危うく中止になってしまうとこまで行ったり事が
あった事をご存知でしょうか?
SPが警備に保証をもてないからと言うのが理由でした。

私達のデモや市民活動が小沢氏と同等のセキュリティ・レベルだとは
思いません。ですがせっかく参加して頂いた方々のリスクを最小限に
しようとする姿勢は間違っていますでしょうか?
そんために、警察当局とも揉め事を起こさないように留意しています。

マスコミですが、
以前に声を掛けていたり、集合地店で名刺交換をさせて頂いた方々には
お知らせしている場合があります。


文章や写真を拝見する限り、先日のデモにはお出でになったようですし、
私がビラ配りをしていた事をご承知のようですので、私の顔もご存知だと
思います。
その場で言っていただければ十分なご説明が出来たのに…と思うと
とても残念です。


デモに関しては、許可の条件となる公安条例に違反した場合には
代表者と現場責任者に全ての責任が発生します。
その覚悟をもって、開催している事をご理解ください。

岡本啓一

 

29. SOBA 2011年8月26日 11:09:21: LVbi13XrOLj/s : UOjmJ7qXjo

>>26

岡本啓一様

貴殿の頭の悪さを再確認出来ました。

全体を俯瞰し分析する能力が完全に欠如してます。

もしデモ行進を襲う意図を持つ者がいるならば、出発地と集合場所が分かれば襲撃出来ますよ。

やるのは襲うタイミングだけで、仲間がいるなら携帯で襲撃待機者に教える事も出来るでしょう。

安全にデモを行う条件を考えてみると、

1、「集合場所、集合日時、コース、解散地」を公開する。

2、(出来れば)デモ開催の日までに、デモの趣旨(いかに正当性のあるデモか)を書いたチラシをコースの沿道のお店などに配布しておく。

などがあると思います。

デモコースを隠す事は参加者の利便性にマイナスになるだけです。


一つだけ例を書きましょう。

2006年4月30日プレカリアートの集会とデモがありました。集会は百余名でその後デモ。デモでは3名を不当逮捕すると言う弾圧が行われました。当時ネットでも話題になりました。このデモは後で知ったのですが、

翌2007年4月30日にもプレカリアートの集会とデモが行われ、コースなども公開されていたので、この時はブログの取材で出かけました。合流したのは新宿駅近くの途中からです。参加者は前年度に比べ800人位に増えていたと思います。デモ参加者だけでなく、沿道を付き添うようにして一緒に歩く多くの方がいました。一人カートを引きずりながら解散地まで最後まで付き添うようにして歩く80年配のご婦人もおられました。僕もいざという時にそなえカメラだけでなく、ICレコーダーをポケットに準備しながら一緒に歩きました。
この時は2006年の時とは違って弾圧事件は起きませんでした。ネットで話題になり、急遽付き添って歩いた多くの人々もデモを守ったのだと思います。デモと言うのは直接の参加者だけではなく、歩道から見て拍手する人、また弾圧を心配し付き添うようにして沿道を歩く人、全ての人が実は広い意味での参加者なのだと思います。

断言しましょう、「デモコースを教えなければ安全だ」と考える貴殿はただの天然馬鹿です。

 

Photo_4 ←以下のコメントのキャプチャ。スクロールして見るなら

30. 2011年8月26日 22:17:31: cBLQK2DI6V
(本名ではなくハンドル名の)SOBA様、

高い評価をいただきありがとうございます。
某RK氏を始め、類似する方々にそにような評価をいただけると、私としては
大変光栄であり誇りです。
自分のやって来の事を正しさを再確認出来ます。

ご指摘のように公開でイベントを行う場合にはリスクはつきものです。
ですがそのリスクをいかに最小限に抑えるかが主催者にとって重要な
事だと思います。


誤解を恐れず厳しい言い方をすれば、時間厳守は社会人としての最低条件
かと思っています。
スタッフが十分な場合には何人かが集合場所に残った事もありました。
またあらかじめ理由がはっきりしていて、解散場所が知りたいという場合には言う場合には個別にお知らせした事もあります


しかし「時間に遅れても大丈夫」という事になれば隊列は
どうしますか?
何%が正規の時間に出発で来て、何%が後から隊列に加わってくる
のでしょうか?

途中で梯団を分割しなければならなくなった場合は?
僕には参加者の中から「警察権力が隊列の分断工作をしている!」
という声が聞こえてくるようです。

SOBAさん、
是非ともお気に召すような形態のデモを企画してみては如何でしょうか?
デモを主催するためには資格も不要ですし、老若男女、誰でも
可能です。
何なら私らが申請に行っている警視庁の担当者をご紹介いたします。
私らのやる事もボランティアでやっておりますので完璧とは
言いがたいと自覚しております。
是非ともSOBAさんの「理想形」を拝見させていただき
今後の参考にさせていただければと強く要望致します。

そのうえで「どうだ!?」と言うなら、始めて同じ立場で
論議が出来るというものです。

岡本啓一

 

32. SOBA 2011年8月26日 23:16:31: LVbi13XrOLj/s : UOjmJ7qXjo
>>30

「デモ集合時間の時間厳守」には爆笑した。もう何をかいわんや、君の好きなようにおやりなさい(笑)


なお、ハンドルネーム云々については、雑談日記ほどの知名度と、影響力のあるブログを運用してからほざきなさい。

岡本啓一とSOBAでは、顔を始め公開させた場合の危険度が比べものにならないくらい違うと言うことだ。

「実名風とハンドルネーム云々」は阿修羅でもかつて論争があったが、既に決着は付いている。実名風と言ってもそれが本名であるとは限らず、たとえハンドルネームと言えど継続して使われていれば一つの人格として認知されると言う事。

再度言うが、岡本啓一とSOBAではネットでの認知度が違う。
岡本啓一と言う名前なら安全パイ。
雑談日記ほどの知名度と、影響力のあるブログでも運用してからほざきなさい。

 

33. 2011年8月26日 23:49:56: cBLQK2DI6V
SOBA君、

君は自分を非常に有名で、影響力が比較にならないと思っていらっしゃるようだ。
だが私は一切君を知らない。
おそらく前回のデモでもビラを配っている際に話しかけたかすれ違っていたかも
知れないが全く記憶に無い。
君のハンドル名を知ったのは、ただ知人が「変な事言ってるヤツがいる」
という忠告があったため見ただけ。
それ以上の関心は無い。
「岡本啓一」というのが偽名かどうかは水掛け論なのでこれ以上言ってもしょうが
ないが、かつて該当署名を行って来た時は用紙に現住所も公開していたし
必要があれば免許証も提示して本人確認を行っていた。

このての論調はRKと非常に酷似している。

なんなら次のデモで免許証をお見せしても構わない。
前回のデモの時に言ってくれれば良かったのに。

で、どうだい?
お手本になるようなデモを企画しては頂けないものだろうか?

あっ、もちろんデモの申請の際には名前や住所も書かなければならないが(笑)

岡本啓一

 

34. SOBA 2011年8月27日 08:30:08: LVbi13XrOLj/s : UOjmJ7qXjo

>>33

岡本君、いや岡本啓一大先生様(笑)

今迄、うっかりこの投稿を雑談日記にはアップしていなくて(掲示板に投稿しても雑談日記に採録し忘れるというのはよくあるのだが)、の採録を忘れる所でしたが、アップする事が出来ました。

「デモをする時、コースは一切公開しない方がいいんだよ」のご高説、興味深く拝読いたしました。

>>26>>30 とある内、

特に30の

>「時間に遅れても大丈夫」という事になれば隊列は
どうしますか?
>何%が正規の時間に出発で来て、何%が後から隊列に加わってくる
のでしょうか?

は最高です。「長嶋茂雄さんの胸毛はどこまでが胸毛で、どこからが陰毛でしょうか」のギャグも真っ青だ(笑)

これからサイドエリアに――岡本啓一「デモはデモコース非公開の方がよいのだ」――と言う様なリンク設定をして皆さんに公開します。

いや何、心配は要りません。雑談日記は岡本啓一先生様が知らなかった程度のブログです。そんなに目立つほどのブログじゃありません(笑)。


※貴殿がアップしていた2010年10月24日の銀座デモ録画Uストリーム(1日ほど公開され、その後削除)を見た。ご自身の事を、「オオクボ」と言い、「オカモト」と言う箇所があったり、また日比谷公園のことを代々木公園と何度も言い間違えていた箇所があったりして興味深く拝見させて頂いた(雑談日記に記録してある)。貴殿は独特のクセのあるお方で、これからもゆるく見守っていくつもり(笑)

どうも長々と付き合って頂きありがとうございました。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

「中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽」と、関連で、泉田新潟県知事の問題提起会見YouTube。

 関連で泉田新潟県知事のYouTubeを採録してます

(以下転載始め)

中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽――「3.11の真実」埋葬を許すな
http://www.fsight.jp/article/10703

Foresightコンテンツ-新潮社ニュースマガジン
(このページの記事は新潮社から提供を受けたものです)

中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7901

科学ジャーナリスト
塩谷喜雄 Shioya Yoshio

Kousenyroku_280突然「出現」した高線量区域の意味は…[東京電力提供](c)時事


10597266 東京電力が撮影した被災4日後の福島第1原子力発電所3号機と4号機。3号機(左手前)は水素爆発で原子炉建屋が吹き飛び、4号機(中央奥)は建屋の壁に大きな穴が開いている。3号機と4号機の間からは白い煙が立ち上っている=2011年3月15日午前7時33分[東京電力提供]【時事通信社】

中国高速鉄道の事故で、中国当局による報道規制を口をきわめて非難する日本のマスメディアは、おのが姿を鏡に映して見たことがあるのだろうか。5カ月前に、日本で起こった原発事故――未だ8万人以上に避難生活という理不尽な不幸を強い、農畜産業と水産業に深刻なダメージを与えている空前の大事故、3.11。その真実を、日本のメディアはどれほど伝えているのか。

 法的責任を負うべき当事者、つまり検察がまっとうに機能すれば当然起訴の対象となるべき組織と人間が、恣意的に加工して発信する情報を、無批判に世の中に広めているだけではないのか。結果として、責任企業と責任官庁による証拠隠滅を黙認してはいないか。事故車両を地中に埋めた中国と、本質においてどこが違うのか。公然と物的証拠を埋没させた中国当局に比べ、断片情報を意図的に連発して、巧妙に国民を真実から遠ざけている日本の方が、事態は深刻ではないか。

1万ミリシーベルト超の高線量区域はなぜ突然出現したのか
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7902

11189973 福島第1原子力発電所の1・2号機主排気筒根元付近を、放射線の強弱が分かる「ガンマカメラ」で撮影した画像。中央の赤い部分で過去最高の毎時10シーベルト以上の線量が測定された。右上の赤い部分は未調査=2011年7月31日午後4時ごろ[東京電力提供]【時事通信社】

 恣意的な断片情報による世論操作の典型例が、原発排気筒の底部で毎時1万ミリシーベルト以上という極めて高い線量が観測されたとする、8月1日の東京電力の発表である。

 福島第一原発の1号機と2号機の排気筒底部で、1万ミリシーベルトまでしか測れない線量計が振りきれたという。また4日には、そこにつながる配管付近でも毎時3600ミリシーベルトが観測されたと発表した。メディアはこぞって「原発サイト内で最強の放射線」と大きく報じた。

 何の疑問も持たずにこの数字を垂れ流した時点で、報道機関としては失格である。無能といってもいい。広報機関に徹していて、報道なんかとっくに放棄しているというのであれば別だが、いささかの自負が残っているなら、数字の意味と発表の意図を問いただし、ニュースとしての価値を評価せねばならないはずだ。

 東電は3月12日のベントの際に付着したとするが、事故から5カ月もたってから、1時間浴びたら死に至るような高線量区域が突然「出現」したのはなぜか。本当に8月1日に新たに見つかったのか。同じ区域の7月1日の線量はどうだったのか、6月1日、5月1日、4月1日には、それぞれどうだったのか。そこを確認せずに「高線量区域見つかる」と報じたとしたら、お粗末というほかない。

ステップ1完了でも意味はない「お手盛り工程表」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7903

11131483 記者会見する東京電力の西沢俊夫社長(左端)。前列右から2人目は細野豪志原発事故担当相=2011年7月19日、東京・内幸町の東電本社【時事通信社】

 もし、最近急に高線量区域が出現したのだとすると、その線源となる強力で高濃度の放射性物質が、最近になって急に、または少しずつ排気筒の底部に移動したことになる。いずれにしろ、とてつもない高線量区域が新たにできたということは、福島第一原発のサイト内では、大量の高濃度放射性物質が未だにあちこち動きまわっていることを示している。事故は収束も安定もしていないし、その方向にも向かっていない。

 「工程表」のステップ1が完了したとする東電と経済産業省の7月19日の発表も、結果としては何の意味もなかったことになる。お手盛りの工程表に書かれている課題をいくらクリアしても、事故の本質的なリスク、大量の放射性物質が遮蔽も制御もできないままむき出しで存在している事態は、ほとんど改善されていないということを、高線量区域の出現が物語っている。

 もし、高線量区域は以前から存在していたというなら、何故これまで秘匿していたのか、何故今になって発表したのか、その真意を問うのがメディアの役目だ。どこにどれだけの放射性物質があるのかは、事故収束に不可欠の基本要件だ。高線量はいつ出現して、どれくらいの線量がどれほどの期間継続して放出されているのか。東電と経産省は常時監視・把握する義務を負っている。これまで隠していて、今頃になって公表したとすれば、その狙いを見極める必要がある。

 事故調査・検証委員会などの調べで、高線量区域がサイトのあちこちに存在することがばれそうになったからあわてて発表した、という推測も成り立つ。ステップ2に入ったといっても、循環冷却システムは故障の連続で、事故の収束が長引くことの言い訳として、作業員が近づけない高線量区域の存在をアピールしたかった、などという理由もあるかもしれない。

 どちらにしろ、このタイミングでの発表自体が相当に怪しいことは確かだ。それを怪しみもせず、情報を独占している東電と経産省の思いのままに、検証抜きで発表をなぞっているメディアは、多分、3月11日の真実には永遠に近づけないだろう。

飛散した放射性物質の核種も量も明らかにされず
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7904

11045383 爆発で大破した福島第1原子力発電所4号機の原子炉建屋5階。左側に黄色く見えるのは定期検査中で外されていた原子炉格納容器のふた=2011年6月29日[東京電力提供]

 今、ネットで話題になっている動画 がある。東京大学アイソトープ総合センターの児玉龍彦教授が7月27日に衆院の厚生労働委員会で参考人として話した映像と音声で、放射能汚染に対する国会の「無策」、東電と経産省の「不実」を満身の怒りをもって告発している。学識と見識に基づいて道理を説くまっとうな学者が東京大学にもいたのかという驚きが、動画を見聞きした人の共通の感想だろう。

 児玉教授の厳しい指摘の中で、福島第一原発からどれくらいの放射性物質が外部に飛散したかを東電と経産省は一切公表していないとの告発が、特に印象に残る。どんな核種がどれほど飛散したか。東電と経産省は、事故対策の大前提となるこの数値を隠し続け、研究者にも情報を公開していない。中国並みの隠蔽体質などと言ったら、中国が怒るかもしれない。

 原発事故後、周辺地域の空間線量には2つのピークがある。3月15日と21日である。児玉教授はこの時の周辺地域の計測値から、広島型原爆20個分(ウラン換算)に当たる放射能が、福島第一原発から放出されたと計算している。

 3月11日からの11日間に、福島第一原発で起きたことを、国民はほとんど知らされていない。隣接する4基の原子炉建屋がすべて、次々に爆発して、原爆20個分の放射能が外部に放出されるという、世界にも例のない無様な事故の「原因」は隠されたままなのだ。

機材を送り返し数値公開も拒む「隠蔽の実態」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7905

11142923 放射性セシウムを含む稲わらを食べた肉牛が出荷された問題で、東京電力の西沢俊夫社長(中央)らに補償を求める泉田裕彦新潟県知事(右)=2011年7月22日、新潟県庁【時事通信社】

 児玉教授同様に、3月11日から21日までの事故の真実を、今後のあらゆる対策や判断の根拠にすべきだと、会見で強調したのは、新潟県の泉田裕彦知事である。

  8月4日に日本記者クラブで会見した泉田知事 は、今回の原発事故で、情報の隠蔽を「実感した」と語った。合計出力821万キロワット、世界最大の原発サイト、東電・柏崎刈羽原発を抱え、放射能漏れ事 故を体験している知事は、安全性には幻想や神話ではなく合理的な根拠を求める。

  事故直後に支援のために福島に派遣した県の放射線モニタリングチームと機材が、活用されずに戻されたという。現場での観測数値も公開を拒まれ、隠蔽を実感 したという。汚染の実態が隠されたことで、しなくて済んだはずの被曝が人数も線量も膨大に膨らんだと、東電と政府の対応を厳しく批判した。

  また知事は、3月11日には、福島第一原発1号機は津波が来る前に配管が破断し、電源の有無にかかわらず冷却材の喪失でメルトダウンした可能性が高いとい う、原発関係者の話を披露した。地震の後、福島第一原発で起きたことの実態を把握せずに、原発の再稼働など判断できるはずがないと、言い切っている。

 経産省出身の泉田知事の発言は重い。事業者、企業しか見てこなかった経産省の役人が、住民の安全や避難計画などに頭が回るはずがないともいう。

  海江田万里経産相が、事故の真実を何一つ把握しないまま、妙に前のめりになって原発安全を閣議決定も経ずに宣言し、玄海原発の再稼働を要請したのは、まさ しく経産官僚の業界寄りの振り付けそのものだろう。水素爆発を防ぐのにドリルを備えて建屋のコンクリートに穴をあけるという、原子力安全・保安院が示した マンガのような追加的安全措置を、経産相は本気で信じたのだろうか。やらせ問題やストレステストの実施によって、前のめりの原発推進大臣はみごとにすっ転 んだ。国会で泣いたのは、その痛さに「恥」を知ったからと考えたい。

3.11をすべての原点に
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7906

10706992 福島第1原発を襲う津波。中央の排気筒の右側に高い波しぶきが立っているのが見える。同発電所展望台から協力会社の作業員が動画を撮影していた[東京電力提供]=2011年3月11日【時事通信社】

 放射性物質放出の2つのピークのうち、15日は前日までの水素爆発の連続による放出の累積効果という見方ができるが、21日は謎というのが、良心的な専門家たちの共通した疑問だった。単に降雨による放射性物質の降下というだけでは説明しきれない。

 8月8日付の朝日新聞1面に、この疑問を解く鍵となる研究が紹介されていた。旧日本原子力研究所の元研究主幹の田辺文也氏が、炉心への注水量の変化から、21日ごろに3号機が再び炉心溶融を起こした可能性が高いと指摘しているという。

  地震への真剣な備えを怠り、津波などは眼中になく、世界最長・最悪の事故を起こした上に、その後の事故対応を誤り、炉心の再溶融まで招いていたとすれ ば……。周辺住民の被曝などお構いなしに、事故対応の失敗を隠すため、データを公開していなかったのだとすると、その罪は途方もなく重い。

 「前向き」という言葉で、3月11日の真実にふたをしてはなるまい。原発の安全性評価も、新しいエネルギー戦略も、地域再生も、すべては3月11日が原点だ。そこを避けて通る言説はすべて虚構であろう。
(以上転載終り)

始めに戻る

 

↓関連YouTube

泉田裕彦 新潟県知事 2011.8.4(1時間45秒)
jnpc
http://youtu.be/g4JQtOG25dU

 

2分50秒から
新潟県から福島へ送った器材が使われなかった

4分30秒から
国が情報を隠蔽。(採録記事での関連箇所

9分50秒から
01010 新潟への避難者の状況。


13分から
01358 福島原発事故 避難対応の問題点。


16分40秒から
01648 対応が後手後手だった。広域的避難への拡大状況。


20分30秒から
緊急時立法をもっていない。

21分35秒から
02140 中越沖地震の経験は活かされたのか。


27分38秒から
02744 原子力規制機関の分離・独立。


29分47秒頃から
SPEEDI情報が公開されなかった事について。

※SOBA:動画中紹介されていた群馬大の早川由紀夫教授の「福島原発から半径300kmの汚染地図」

(↓クリックで拡大します)
20110911gmap06 ←早川由紀夫の火山ブログ
放射能汚染地図(四訂版)より。

20110911の4訂版、(画像が大きいですスクロールして見たい場合はこちら)雑談日記でも画像リンクでなく別途保存しました。


Route930 2011年9月30日汚染ルートとタイミング(改訂)より。

20110930版(スクロールして見たい場合はこちら


31分25秒から

031311000px 放射能基準値についての国際比較。日本はゆるゆる、子供を全然守ろうとしていない


 

38分30秒から
質疑応答

43分から
配管破断があったのではないか。

46分30秒?
三条委員会について。

三条委員会(さんじょういいんかい)とは、国家行政組織法第3条に基づいて設置される行政委員会。
公正中立性や専門性が必要な問題を扱うとして、内閣からある程度独立した地位が与えられている。
複数の委員によって構成され、特定の行政権を有する合議制が取られている。

現在存在する三条委員会 [編集]

    国家公安委員会
    公正取引委員会
    中央労働委員会
    公安審査委員会
    公害等調整委員会
    運輸安全委員会

53分25秒から
今後のエネルギー政策について。ウランは化石燃料の石油と同じで有限の資源。

55分10秒から
ウランの確認埋蔵量はそもそもそれほどない。

56分21秒から
国際テロ、機密保持の関連など。

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

首都圏にも広がる放射能汚染 私たちにできる対策は?

 YouTubeをご紹介する前にひと言、

 九州への放射能逃避長期旅行中、持参したPCで下記図を作図して雑談日記にアップしたのが4月28日のこと。日本では情報隠蔽・歪曲・情報統制の中、マスゴミを見ていると原発事故も何やら終息するような赴き。しかし、日本の外からの情報を見れば欺瞞情報空間は直ぐにバレバレ。僕の作った作図通りに事態が進展しているようで恐いです。「雑談日記ではああ書いていたが実際はそうじゃなかったね。」と言われるような方向に出来うるなら事態が進展して欲しいと切に願っています。

(以下引用始め)

(↓クリックで拡大します)、スクロールして見るなら
Hamaokachernobyl800px←浜岡原発を中心にして、チェルノブイリホット・スポッツ地図を日本地図にマッピングしました。浜岡にチェルノブイリが位置するとした場合の、100km、300km、600km圏までのホット・スポッツエリアです。


 原発事故があり、風向きと雨のタイミングが合えば関東と京都・大阪の関西圏は完全にホット・スポッツ圏になります。関東圏は福島原発が終息しなければ同じく、、、。

(以上引用終り)

 

首都圏にも広がる放射能汚染 私たちにできる対策は?1/3
http://www.youtube.com/watch?v=4qItQfLV4PA

放射能防御プロジェクト
http://www.radiationdefense.jp/

首都圏土壌調査の結果
    首都圏土壌調査の結果(MAP)(PDF)
http://doc.radiationdefense.jp/dojyou_map.pdf
    首都圏土壌調査の結果(表形式)(PDF)
http://doc.radiationdefense.jp/dojyou1.pdf

 

首都圏にも広がる放射能汚染 私たちにできる対策は?2/3
http://www.youtube.com/watch?v=_D_i4d6OmAE

 

首都圏にも広がる放射能汚染 私たちにできる対策は?3/3
http://www.youtube.com/watch?v=tH6UWIasJas

3分から
3月15日、関東エリアにも広がった放射能汚染について。

関連:
「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】3月15日分

「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】3月16日分

NHKは「東京電力 福島第一原発事故関連ニュース」をどう伝えたか。(3月分エントリーのまとめリンク)

 

 ↓以下、はなゆー情報

Russia Todayのニュース、広島市立大学広島平和研究所のロバート・ジェイコブズ準教授は17日、ロシアの英語国際放送「ロシア・ツデー(RT)」のインタビューに対して、フクイチ の現場で地上の裂け目から蒸気が噴出していると伝えられる問題について、「2回あった強い余震で、地下の配管などが破損し、そこから放出された蒸気が割れ 目をつたって噴き出している。深刻な事態だ」と警告した。

Cracked Fukushima: Radioactive steam escapes danger zone
RussiaToday
http://www.youtube.com/watch?v=fimRJocH_90

 

首相強弁「3000万人移住」 有志が退陣求め集会へ【産経】
7月15日(金)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110715-00000086-san-pol

 ■複数幹部「代表選は9月」

  「原発に依存しない社会」を打ち出した菅直人首相は14日夜、民主党若手議員らと会食し「東京、神奈川から3千万人が移住するような事態も想定して決断しないといけない。だから『脱原発』なんだ」と強調した。発言をエスカレートさせる首相の政治姿勢を批判し、民主党の中堅・若手議員は15日に即時退陣を求 める決起集会を開く。これに対し、複数の党幹部は後継を選ぶ党代表選について当初想定した8月から9月にずれ込むこともやむをえないとするなど、退陣をめ ぐる党内の駆け引きは再び激化してきた。

 「福島の事故はすごいことだとの印象を受けた。原発について相当基礎知識を持っていたし、研究を重ねた」

 出席者によると、「脱原発」をめぐる政府・与党内の調整が不足しているとの批判を意識してか、首相は言い訳のような発言を繰り返した。同時に政権延命に向けた意欲もにじませた。

 「(平成23年度予算の裏付けとなる)特例公債法案は何としても自分でやりたい」

 「民主党の描く未来のビジョンを示すことも大事だ」

 こうした首相の固い決意を踏まえ、複数の民主党幹部は特例公債法案の成立が8月下旬にずれ込みそうなことから、当初目標とした8月中の代表選の先送りを視野に入れ始めた。

 首相に近い石井一副代表は14日、国会内での会合で9月の代表選実施の可能性を示唆。執行部の一人も「首相が8月までに辞任時期をはっきりさせればいい。代表選は9月で構わない」と語った。

 これに収まらないのが13日に官邸に乗り込み首相の即時退陣を求めた民主党の中堅・若手議員グループ「国益を考える会」の11人だ。15日に国会内で首相退陣を求める決起集会を開く。党所属全議員に参加を呼びかけ、首相の外堀を埋めようとしている。

 首相の早期退陣を求める前原誠司前外相も、自らのグループ「凌雲会」の会合で、首相の「原発全廃」発言について「すぐに全国の原発を止めるわけにいかないのだから、現実を見るべきだ」と突き放す。仙谷由人官房副長官も「あれは、首相の願望だ」と冷笑した。

  枝野幸男官房長官は会見で、「首相は『脱原発依存』とは言っていない。遠い将来の希望だ」と述べ、首相発言は政府見解ではないと軌道修正した。民主党の岡 田克也幹事長も会見で「道のりを示すにはきちんとした議論がなされなければいけない。そういうものがない中で首相としての思いを述べた」と指摘した。

 政府と党の首相の補佐役がともに、「ポスト菅政権」は首相の方針に縛られないことを強調した形だ。

 高まる退陣圧力を横目に首相は、夜の会合であくまで意気軒高だった。

 「俺は市民運動出身って言われるけど、市民運動のときは先のことだけ言っていればよかったけど、最近は今のことも考えないといけないんだよ」

(水内茂幸、小田博士)

 

砂場29カ所 使用中止 葛飾区の小中校など【東京新聞】
2011年8月19日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20110819/CK2011081902000187.html

 葛飾区は十八日、区内の小中学校や幼稚園などの砂場の空間放射線量を測定した結果、毎時〇・二五マイクロシーベルト(一マイクロシーベルトは一ミリシーベルトの千分の一)以上の数値が出た二十九カ所の砂場を使用中止し、再測定すると発表した。

 区は今月三~十七日、すべての区立小中学校、幼稚園、保育園、公園、希望があった一部の私立幼稚園、保育園などの砂場計三百九十八カ所で地上五センチの放射線量を測った。

 その結果、区立小十八、私立保育園四、区立中三、区立保育園二、区立幼稚園一、私立幼稚園一カ所で毎時〇・二五マイクロシーベルト以上を観測した。最高は区立川端小の毎時〇・五七マイクロシーベルトだった。

 区は毎時〇・二五マイクロシーベルト以上は、国際放射線防護委員会が定める平常時の年間被ばく限度一ミリシーベルトを超えると判断。再測定の結果に基づいて対策を検討するとしている。

 

東日本大震災:放射性汚泥、倉庫に満杯 首都圏など、浄水場・下水処理場に12万トン【毎日】
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110813dde001040018000c.html

20110813k0000e040015000p_size5 放射能で汚染された汚泥焼却灰で満杯になった下水処理場の地下倉庫=東京都立川市の錦町下水処理場で、池田知広撮影

 各地の浄水場や下水処理場の汚泥などから放射性セシウムが検出されている問題で、処分できずに行き場を失った汚泥で倉庫が満杯になり、保管用の設備を新設せざるを得ない事態に陥る自治体が出始めた。セメント原料に再利用できないレベルまで汚染された汚泥が多く、埋め立てを引き受ける処分場も簡単には見つからないためだ。国も有効な対策は示せず、自治体の担当者からは悲鳴が上がっている。【池田知広、樋岡徹也】
 ◇神奈川県や立川市、保管設備を新設

 神奈川県が管理する四つの下水処理場では先月末、汚泥焼却灰が計約1800トンに達して倉庫が埋まり、保管用テントを各処理場の敷地内に建てることを決めた。従来はセメント業者に引き取ってもらっていたが、原子炉等規制法で「放射性物質として扱う必要がない」とされる基準の1キロ当たり100ベクレル(製品段階)を超える汚泥が発生し、埋め立てしか道はなくなった。

 だが、受け入れる処分場はない。同県の場合、焼却灰から検出された放射性物質は最高4540ベクレルで、国が埋め立て可能とした上限の8000ベクレルを下回り、横須賀市に県営の管理型処分場もある。だが、県下水道課の横溝博之課長は「住民から理解をいただける見込みはない。どこであろうと動かすのは難しい」と話す。セメント業者が引き取ってくれる濃度に下がるまで待つしかないのが現状だ。

 8000ベクレルを超える汚泥焼却灰も抱える東京都立川市の錦町下水処理場は地下倉庫が満杯で、放射線を防ぐ鉛のシートを挟んだ保管倉庫を今月中に新設する。服部敏之場長は「いつまで続くのか」とため息をつく。

 従来、下水汚泥や焼却灰の約8割はセメント原料や肥料などに再利用されていた。セメントに加工する際に希釈されるため、300ベクレル以下なら受け入れる方針の業者もあるが、神奈川県の汚泥焼却灰を受け入れていたセメント会社「デイ・シイ」(川崎市)は「ユーザーのことを考えると、低め低めで考えざるを得ない」と、受け入れ段階で100ベクレルの基準を堅持している。セメント協会(東京都中央区)には「家を建てるが、放射能入りの家になんか住みたくない」などの意見が寄せられているという。

 政府は6月に示した「当面の考え方」で、▽8000ベクレル以下は管理型処分場に埋め立て可能▽8000ベクレルを超え10万ベクレル以下は、安全性を評価して埋め立てできる▽10万ベクレルを超える場合は、コンクリート壁や覆土で放射線を遮蔽(しゃへい)できる施設で管理--とした。だが、厚生労働省と国土交通省によると、浄水場の汚泥は東北や首都圏を中心に14都県で約9万2000トン、下水処理場の汚泥や焼却灰は13都県で約2万7000トンの処分先が決まっていない。

 国交省の「下水道における放射性物質対策に関する検討会」委員の森口祐一・東京大大学院工学系研究科教授(環境システム工学)は「放射能を帯びた廃棄物を管理しやすい形で処分するには、国か自治体連合で横断・広域的に問題に取り組むべきだ。最終処分場の周辺に放射線の影響がないよう遮蔽措置をしたうえで、国民の理解を得る必要がある」と指摘する。

毎日新聞 2011年8月13日 東京夕刊

    放射性物質:学校プール排水できず 福島県内600カ所
    放射性物質:ナメコからセシウム検出 福島・相馬の露地物
    放射性物質:水田の土壌汚染は5センチ程度 東京大研究
    肉牛全頭検査:四日市でスタート 放射性物質検出なし
    放射性物質:小名浜の魚が規制値超え グリーンピース調査

 

英のMOX工場が閉鎖へ 福島原発事故の影響で(共同)
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011080301001231.html

 英中西部セラフィールドの原子力施設=4月撮影(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英中西部セラフィールドの原子力施設にあるプルサーマル発電用のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料製造工場が近く閉鎖されることが3日、分かった。工場を所有する英政府の外郭団体、原子力廃止措置機関(NDA)が明らかにした。

 NDAは、福島第1原発事故の影響で、顧客である日本の電力会社が行うプルサーマル計画の先行きが不透明になったことを理由に挙げている。

 NDAによると、同工場側と日本の電力会社各社との間で、使用済み燃料の再利用とMOX燃料製造に関する大枠の合意があったが、特別な事情がある場合、合意の見直しが可能との条項があるという。
2011/08/04 01:01   【共同通信】

 

※3・11以来、東京では銀座はもちろんのこと、秋葉原、上野のアメ横、浅草、また地下鉄銀座線の車中などで外国人の姿を見る事が殆どなくなりました。公的機関が避難を検討しようがしまいが、そんな事に関わらず実際自主的に避難・退去した外国人の数は数十万人にのぼると見ています。これは風評被害ではない、情報隠蔽・歪曲・情報統制の中、当然の結果と思っています。

米国人9万人避難検討、枝野氏「ある意味当然」【読売】
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110819-OYT1T00815.htm

 枝野官房長官は19日の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所事故の直後、米政府が東京在住の米国人9万人全員の避難を検討していたことについて、「外国の関係者が、少ない情報の中で様々な検討をしたのは、ある意味当然だ。もし他国で同じようなことが起これば(日本政府も)同じような検討をしただろう」と述べた。

 在京米国人の避難検討は、元米国務省日本部長のケビン・メア氏が著書の中で明らかにした。
(2011年8月19日18時44分  読売新聞)

 

米政府、在京米国人9万人の避難を一時検討【読売】
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110817-OYT1T00872.htm?from=popin

 東京電力福島第一原子力発電所の事故直後、米政府が、東京在住の米国人9万人全員を避難させる案を検討していたことが分かった。

 元米国務省日本部長のケビン・メア氏が、19日に出版する「決断できない日本」(文春新書)で明らかにした。9万人避難が実行されていれば、他国の政府対応はもとより、日本人にもパニックを引き起こしかねないところだった。

 メア氏は震災直後、国務省内の特別作業班で日本側との調整にあたり、著書にその内幕をつづった。

 米国人の避難が提起されたのは、3月16日未明(現地時間)の会議だった。米側は無人偵察機グローバルホークの情報から原子炉の温度が異常に高いことを把握し、「燃料が既に溶融している」と判断。菅政権が対応を東電任せにしているとみて、「不信感は強烈」な状況だったという。米国人の避難を求めた政府高官に対し、メア氏らは「日米同盟が大きく揺らぐ事態になる」と反論し、実行に移さなかったとしている。
(2011年8月17日22時30分  読売新聞)

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

MBS毎日放送、たね蒔きジャーナル8月分(8/16から8/26)小出裕章氏の福島原発の話し、その他。

 右上のココログ最強検索で「MBS毎日放送」で検索すると他の時期の放送分を探せます。

 順番は、下から昇順です。主に福島原発問題中心ですが、他の話題も採録してます。しかし、全部ではないので、投稿者tacc77さんの所を見て下さい。

 

20110826 吉田照美ソコダイジナトコ「週刊エンター」 安斎郁郎
tacc77
http://youtu.be/qhESuTfl2Rw

文化放送・吉田照美ソコダイジナトコの週刊エンター:ソコダイジナ衝撃レポート「原発のウソ、そしてホントの話」に、食の放射性物質汚染の真実 立命館大学特命教授 安斎郁郎氏にお話しを伺いました。



20110825 [1/2]たね蒔き 「福島・農協職員に聞く放射能被害の実態」
tacc77
http://youtu.be/mURe6g9sTKw

 今夜は、JA福島県農協青年連盟の委員長、遠藤友彦さんと、電話をつなぎ、福島原発による農作物の放射能汚染の実態などについて、お話を伺います。
 遠藤さんは福島農協の中央の仕事に就かれているとともに、地元・南相馬市で実際に水田の耕作にも従事されていて、これまでに原発事故の風評被害などに多く、遭ってこられた­といいます。
 番組では、コメなどの農作物の汚染問題のほか、今日、やっと出荷停止処分の解除となった肉牛の問題などについても、詳しく話を聞きます。


20110825 [2/2]たね蒔き 「福島・農協職員に聞く放射能被害の実態」
tacc77
http://youtu.be/kgDQ1j90IdU



20110825 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/zdielbMEi2o

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/26/tanemaki-aug25/
高濃度の下水処理場汚泥などは石棺や地下バウンダリーの材料にすればよい。
私の夢は東京電力本社に放射能汚染物を持っていくこと。



20110825 吉田照美ソコダイジナトコ「週刊エンター」 山本太郎
tacc77
http://youtu.be/eHftCC9IKcY

文化放送・吉田照美ソコダイジナトコの週刊エンター:ソコダイジナ衝撃レポート「原発のウソ、そしてホントの話」に、脱原発で行動する俳優 山本太郎氏にお話しを伺いました。



20110823 [1/2]たね蒔きジャーナル 「被災地で感謝の声が相次ぐ"自衛隊"」
tacc77
http://youtu.be/xSNJBSU8p38

東 日本大震災の被災者の支援などで懸命に活動した自衛隊の隊員。被災地には10万人を超える隊員が入りました。被災者からは感謝の声が絶えません。しかし、 自衛隊ができな­かったこともたくさんありました。東日本大震災で見えてきた自衛隊の役割と、この災害で活動した在日アメリカ軍の意味について、軍事 ジャーナリストの前田哲男さんに聞きま­す。


20110823 [2/2]たね蒔きジャーナル 「被災地で感謝の声が相次ぐ"自衛隊"」
tacc77
http://youtu.be/kdicquFxTqw



20110822 吉田照美ソコダイジナトコ「週刊エンター」1 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/86Ktx2E9Gn4

文化放送・吉田照美ソコダイジナトコの週刊エンター:ソコダイジナ衝撃レポート「原発のウソ、そしてホントの話」に、小出裕章氏が出演されました。
2日目の内容 → http://www.youtube.com/watch?v=1NBcNt-Kh3U


20110823 吉田照美ソコダイジナトコ「週刊エンター」2 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/1NBcNt-Kh3U

後半 → http://www.youtube.com/watch?v=g3_296vnGZM
昨日に引き続き、文化放送・吉田照美ソコダイジナトコの週刊エンター:ソコダイジナ衝撃レポート「原発のウソ、そしてホントの話」に、小出裕章氏が出演されました。
昨日の内容 → http://www.youtube.com/watch?v=86Ktx2E9Gn4


20110823 吉田照美ソコダイジナトコ「週刊エンター」3 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/g3_296vnGZM

※前半 → http://www.youtube.com/watch?v=1NBcNt-Kh3U
昨日に引き続き、文化放送・吉田照美ソコダイジナトコの週刊エンター:ソコダイジナ衝撃レポート「原発のウソ、そしてホントの話」に、小出裕章氏が出演されました。
昨日の内容 → http://www.youtube.com/watch?v=86Ktx2E9Gn4



20110822 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/NRyuym1PNIs

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/23/tanemaki-aug2-2/
汚い国。少なくとも50キロ離れた飯舘村までは人が戻れるレベルではありません 小出裕章
福島原発事故発生から1年間の放射線積算量の推計値について




20110818 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/I73V-Y2Neto

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/19/tanemaki-aug18/
福島の子どもの甲状腺の内部被曝、厳密に測定すれば恐らく100% 小出裕章

子供の甲状腺被ばく検査の結果、最近の放射能の放出量2億ベクレルの値とは、緊急時避難指定区域の解除及び除染について



20110817 [1/2]たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/LjgfBfxP0Y8

2/2 → http://www.youtube.com/watch?v=e6SqWyGw3wo

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/18/tanemaki-aug17/
泊原発の営業運転、交付金支給規則変更、韓国の原発事情について 小出裕章


20110817 [2/2]たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/e6SqWyGw3wo



20110816 [1/2]たね蒔きジャーナル 「若手研究者に聞く"フクシマ"論」
tacc77
http://youtu.be/Wq__yMjpYdk

2/2 → http://www.youtube.com/watch?v=H_nH7pzGqJE

 今夜は東京大学で社会学を専攻する院生の開沼博さんと電話をつなぎ、原発問題について、話を伺います。開沼さんは、福島第一原発の事故以前から、調査を続けていて、6月に­「『フクシマ』論 原子力ムラはなぜ生まれたのか」を出版し、話題を呼んでいる若手の研究者です。
 番組では、日本の戦後の歴史と対比しながら、「原子力ムラ」がどのように発展してきたのか、その経緯を聞くとともに、ご本人の出身地でもある福島への思いなどを伺います。


20110816 [2/2]たね蒔きジャーナル 「若手研究者に聞く"フクシマ"論」
tacc77
http://youtu.be/H_nH7pzGqJE



20110816 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/t4r9z82AUCE

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/17/8%e6%9c%8816%e6%97%a5-%e5%b0%8f%...
日本原子力学会という責任を逃れようとする人たち 小出裕章

始めに戻る


 

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

【見逃した人必見】ETV 8月14日アメリカから見た福島原発事故

 1(56分4秒)と2(32分39秒)に別れています。画面を大きくして見たければ、右下のフルスクリーンをクリックするとパソコンの画面一杯にして見る事が出来ます。

56分4秒
ETV 20110814 アメリカから見た福島原発事故1 投稿者 PMG5
http://www.dailymotion.com/video/xkjfd3_20110814

20110814 アメリカから見た福島原発事故1 投稿者 PMG5

32分39秒
20110814 アメリカから見た福島原発事故2 投稿者 PMG5
http://www.dailymotion.com/video/xkjjkj_20110814

20110814 アメリカから見た福島原発事故2 投稿者 PMG5

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

「チェルノブイリ・ハート」の上映館が近くになくて見られない人へ、このYouTubeお勧め(日本語字幕つき、英語字幕も)

 一応、主な上映館情報も。銀座テアトルシネマ 「チェルノブイリ・ハート」、ヒューマントラストシネマ渋谷 「チェルノブイリ・ハート」、立川CINEMA・TWO 「チェルノブイリ・ハート」

 

チェルノブイリ・ハート Chernobyl Heart. Copy.
tyurasaikai
https://youtu.be/Vhb5pCXMkxU

2012/07/06 に公開

チャンネル grgas gasgasrg より
https://www.youtube.com/channel/UCWCxBf2sBNnww3256dl0g3g

音楽 Henryk Górecki の「Symphony No. 3: II. Lento e largo - Tranquillissimo」 (iTunes)
アーティスト Henryk Mikolaj Górecki

 

 以下、最初に流れる字幕、トルコの詩人ナーズム・ヒクメット(Nâzım Hikmet)の詩。

1

生きることは笑い事ではない
あなたは大真面目に生きなくてはならない

たとえば 生きること以外に何も求めないリスのように
生きることを自分の職業にしなくてはいけない

生きることは笑い事ではない
あなたはそれを大真面目にとらえなくてはならない

大真面目とは
生きることがいちばんリアルで美しいと分かっているくせに
他人のために死ねるくらいの
深い真面目さのことだ

真面目に生きるということはこういうことだ

たとえば 人は七十歳になってもオリーブの苗を植える
しかもそれは 子どもたちのためでもない

つまりは 死を怖れようが信じまいが
生きることが重大だからだ

2

この地球はやがて冷たくなる

星々の中のひとつでしかも最も小さい星 地球
青いビロードの上に光り輝く一粒の塵
それがつまり
我らの偉大なる星 地球だ

この地球はいつの日か冷たくなる
氷塊のようにではなく
ましてや死んだ雲のようにでもなく
クルミの殻のようにころころと転がるだろう
漆黒の宇宙空間へ

そのことをいま 嘆かなくてはならない
その悲しみをいま 感じなくてはいけない
あなたが「自分は生きた」と言うつもりなら
このくらい世界は愛されなくてはいけない

ナジム・ヒクメット

 

「ホワイト ホース」
White horse (M. De Leo, Christophe Bisson, USA, 2007)
by Christophe Bisson
http://vimeo.com/18427727

White horse (M. De Leo, Christophe Bisson, USA, 2007) from Christophe Bisson on Vimeo.

White Horse is a short documentary by filmmakers Maryann DeLeo and Christophe Bisson that features a man (Maxym Surkov) returning to his Ukraine home for the first time in twenty years. Evacuated from the city of Pripyat, Ukraine in 1986 due to the Chernobyl disaster, he has not returned since then.

White Horse was nominated for a Golden Bear in the 2008 Berlinale.
It was selected as well at: -2008 Viennale
-2008 Cinéma du réel
-2009 IndieLisboa

 

 はなゆー情報を丸ごと転載。

(以下転載始め)

2011年07月28日
英語字幕版「チェルノブイリ・ハート」をユーチューブで観ることは可能
http://alcyone.seesaa.net/article/217105821.html

英語字幕版「チェルノブイリ・ハート」をユーチューブで観ることは可能なのだが、この映像は見ていてキツイ…。

なお、日本語字幕版「チェルノブイリ・ハート」を観た人があらすじをまとめているので
http://yosinori.tumblr.com/post/8138257146
これを読んでから英語字幕版「チェルノブイリ・ハート」を観れば、英語が苦手な人でも大意はおおむね把握できると思う。


●チェルノブイリハート』衆議院会館上映会・概要と私の感想●
http://yosinori.tumblr.com/post/8138257146

2011年7月27日(水)11時30分から12時45分

衆議院第一会館にて福島みずほ氏などの呼びかけで上映会が開催され参加しました。


『チェルノブイリハート』上映時間40分
監督:マリアン・デレオ

公式サイト: http://www.gocinema.jp/c-heart/index.html

この映画は2002年に製作された「チェルノブイリハート」とその6年後に製作された「ホワイトホース」を、日本語バージョンとして特別の編集されました。「チェルノブイリハート」は2003年アカデミー賞短編ドキュメンタリー部門でオスカー賞を受賞。

監督のマリアン・デレオさんは日本語版製作に当たって、トルコ人の詩人ナジム・ヒクメット氏の「生きることについて」を日本人に捧げたいと提案された。

「生きることについて」の詩の内容については映画をご覧下さい。
心に刺さる詩です。福島の悲劇は日本一国の問題ではなく地球全体の問題であることを予言していたかの如き内容です。

【チェルノブイリ原発事故】
1986年4月26日チェルノブイリ(当時ソ連:現ウクライナ)原子力発電所4号炉で爆発事故が起こり、国際原子力事象評価尺度(INES)において最悪レベルの7に達した。 4号炉は炉心溶解(メルトダウン)の後爆発、放射能降下物はウクライナ、白ロシア(現ベラルーシ)、ロシアを汚染した。原発から東北へ役350Kmの範囲内には「ホットスポット」(高濃度汚染地域)が約100ヶ所点在し、農業や畜産業は壊滅し流通は全停止した。

●映画の内容
190トンの放射性ウラニュームと放射性黒鉛が空気中に拡散し延べ60万人のリクビダートル(清掃人)が大量の放射線を浴び、13000以上が死亡した。
避難民の総数は40万人を超え、汚染地域では2000以上の集落が廃村になった。だが一際大きな放射能被害を受けたのは、子供たちだった・・・・。

【出演者】
エイディ・ロッシュ(チェルノブイリ子供のプロジェクト代表)
彼女が監督と共に参加し道案内役になる。

【場面1】
ウクライナの国境・・「強制退去地域」(爆心から半径30Km以内)
鉄道引込み線の土手を登るとチェルノブイリ原発跡が見えた。4号炉は石棺に覆われているが、雨の度に 亀裂から浸水し、その 重みで天井が崩落する危険がある。
夜の線量計での数値は11,000以上(単位不明)。
ニューヨークの1000倍の値。

【場面2】
ベラルーシ・ミンスク市(爆心から300Km)
甲状腺がん治療専門病院。甲状腺がんは10代の青年たちに多く、手術を受けたばかりの若者たちをイン タビュー。いずれもゴメリ 州(爆心から100Kmの汚染地域)の出身者。医師は『チェルノブ イリ事故 当時幼少期や思春期だった子供に多発』と言う。
その中に1986年4月3日生まれの少女(撮影当時16歳)がいて。生まれて23日後に被爆した。
エイディが彼女に質問する も遮られる。医師は病室外に出てから『彼女はがんだが、本人に は話さな い』と言う。希望がないからだ。
この地方の甲状腺がん発生率は1万倍に増加した。

【場面3】
ノヴィンスキ精神病院(ミンスク郊外)
この病院には重度障害児が収容されている。脊髄損傷と脳性麻痺の子供は全員知的障害を持つ。
17~18歳になると成人用の 精神病院に移送される。しかも半監獄状態だ。障害児は増加傾向にあり、 遺伝子の損傷も増えた。放射能との因果関係は実態からしか汲み取れない。
事故以来、障害児の出生率は25倍に増えている。

【場面4】
強制退去地域(チェルノブイリから240Km)
殆どの住民は1986年に避難したがセシウム137汚染地域。この放射性物質は内部被爆すると筋肉に 蓄積する。
村人『心配だけど、どうすらいいのよ』『放射のかい?みんな、 こんなに長生きしているよ』
しかし・・・『骨が痛い』

【場面5】
ある高校にて(チェルノブイリから200Kmの汚染地域)
高校生の体内にあるセシウム137を調査。
数値の高い生徒に訊ねる科学者『汚染源はキノコ・シカ類・野イ チゴ・魚。君はどう?』
生徒『キノコとイチゴ類は食べます』家庭にあった自家製ジャム からや高い数値が検出される。
ジャムを線量計の傍に置くと激しく反応する。
科学者『これからは食べては駄目だよ』
生徒『はい、食べません』
『セシウムはがんを誘発させやすい。消化器系、心臓、肝臓、腎臓そして肺です』と科学者は言う。

【場面6】
ヴェスノバ精神病院(ベラルーシ南部)
曲がった腕の少年、腰から下を引きずって歩む少年は『医者になって子供たちを助けたい』と。
明るくエイディに『テレビが故障して退屈なの。新しいテレビかデッキ・ラジオを贈って』
サーシャ少年は両手をできものに覆われ、特別なクリームを塗られると痛みで顔を歪ませる。
現地の女医『勤続19年ですが毎年障害児が増えている。しかもその子たちはの多くは遺棄児童なのです』
遺棄児童は「ナンバーワンホーム」に収容されてくる。

【場面7】
ゴメリ市(チェルノブイリから80Km・人口70万人)
遺棄乳児院「ナンバーワンホーム」へ。親が奇形や障害に手に負えなくなって、ここに捨てていくのだ。
その中には全く健常な子供もいる。経済的な問題だ。退去地域の解除で補助金が受けらない事が原因か?
遺棄乳幼児院には水頭症の子供が多い。アメリカでは水頭症の症状の初期には水を抜くことで症状を抑え られる。しかし、ここではその術はあるのに出来ないでいる。資金がないのだ!
エイディが子供を抱きかかえる。脳が頭蓋骨に収まっていない。
子供は苦痛を訴えない。『子供はこの姿勢が楽なんです』看護婦が言う。
他にも背中から肝臓が飛び出している子供。足が動かない。泣き叫ぶ。その声が心を締め付ける。
見ていられない!下を見てしまう。それでも声は私の心を抉る。
子供を荒々しく扱う看護婦にエイディが『もっと優しくして』と言うが取り合わない。
『これ以上良くならないのだから』と叫ぶ。悲しすぎる。本当に!
最早、看護婦も尋常な気持ちではいられないのだろうか?それとも余りの日常に慣れてしまっているのか? 心が荒んでしまったのか?

【場面8】
ゴメリ私立病院
分娩室では妊婦二人が同時にお産の真っ最中。健康な赤ちゃんが生まれる。しかし安心できない。
ブラコフスキー医師『健常児が生まれる確立は15~20%。放射能の影響があります』赤ちゃんは出生 後、免疫システムが弱いので死亡することが多い。ベラルーシの乳児死亡率はヨーロッパ諸国の3倍。
健常児出産の確立が20%とは余りに異常!異常児 出産が20%でも大変なことなのに・・・。

【場面9】
ゴメリ市立小児病院
イナ12歳・・・心臓に重大な欠陥がある。同じ病気に苦しむ患者が7,000人も心臓手術を待っている。
一人の看護婦が涙を浮か べてインタビューを受ける。泣くしかないという事か?
悲劇的な患者の多さと毎日が地獄のようで絶望的な様子なのだ!

【場面10】
ミンスク第一小児病院~二週間後
この病院には14名のアメリカの心臓手術チームが来ている。
米人医師『この子(ターニャ)は心房中隔欠損症で2つ心房の間に穴が開いている。手術で塞ぎます』
エイディ『何で塞ぐのですか?』
米人医師『ゴアテックスで塞ぎます』
エイディ『それは幾らですか?』
米人医師『300ドルです』近くの医師に聞いて答える。
この国の平均月収が100ドルのところ、300ドルは大きな負担だ!ため息が出てしまう。
恐らくこの手術の費用はボランティアであると推察される。
ターニャの両親が手術を控え心配そうに見守り、母親が娘の傍で祈りを続ける。
父親は声なく見詰めている。重苦しい空気が支配する。

ノヴィック医師(米人医師チーム:ターニャの手術の執刀医)
『患者は別の病院で手術不可能と言われた。十度の心臓疾患があり、このままでは確実に死亡する。
ターニャの心臓は二つの穴が開き、ウクライナ人が《チェルノブイリハート》と呼ぶ。左右の心室の穴
を塞ぐ手術だ』

※因みに二つの穴がある場合、シャントが起こり死産しないようです。しかし、確実に死が待っている。
その事が新たな悲劇を生んでいる。
※シャントとは?(ウィキペディア)
http://bit.ly/ohLlgn

手術は無事に成功する。
母親が何度も医師に感謝の言葉を語り、ノヴィック医師の胸で泣き崩れる。『奇跡が起こった』と。

現在でも心臓外科医の数が不足するロシアでは、手術不可能とされてる子供たちが多くおり、ターニャも その一人だった。
アメリカからのボランティアの心臓外科医に娘を治療してもらって、親に奇跡だと泣いて感謝されるノヴ ィック医師がカメラに向い言う言葉に一連の悲劇がまさに今も続いており、果てしなく終わりが見えてい ない事と国家は民草を蔑ろにしているのを象徴している様に思う。
『感謝される気持ちは有難いが、医師として当たり前の事をしているだけだ。アメリカでは当たり前に直 る病気なのだから・・・』
そして目を赤くしながら次の手術に向かって行ったのが印象的だ。

国が何も出来ずにいる中、ボランティアでしか救えない命。国は余りに非情だ。こんな事が後の日本で起 こらないのであろうか?あってならない!
今日の上映会に出席した17人の国会議員たちよ、他の政治家たちよ!肝に銘じろ!

このボランティア医師チームは13人の子供の命を救った。
しかし、この国では今も年間300人の子供たちが心臓手術を必要としている。
25年経った今でもだ。

 

『ホワイトハート』上映時間15分 (←SOBA:ここはホワイトホースの間違い⇒原題は「white horse、なお最後のクレジット部分、Copyrightの紹介で終わる部分まで入れて正確な上映時間は17分25秒です)

●映画の内容
マキシム・スルコフはチェルノブイリ事故当時6歳で被爆する。チェルノブイリから3Kmにあるウクライナ共和国プリピャチに住んでいた。48,000の住民は3日の内に避難する命令が下り彼とその家族も退去した。すぐに戻れるものと思いながら・・・。
そして事故から20年後(2006年)、マキシムはかつての我が家に戻った。

「プリピャチ」(ウィキペディア)
チェルノブイリ原子力発電所の従業員ら約4万8000人の居住地として1970年に創建された街で、同発電所が市中心部の4キロ南に位置する。当時は地図上にない機密都市として存在していた。
http://bit.ly/nmEJAI

【場面1】
出発:ウクライナのキエフ(爆心地から150Km)
強制退去地域(爆心から30Km)を通過。
マキシムがマリアンに質問する。
『放射能とは何か?』
マリアン『・・・』
マキシムが続いて同じ質問を繰り返す。
さらに『死を意味するのか?』
マリアンが長い沈黙の後、ただ『イエス・・・』と。

【場面2】
誰もいない町、プリピャチに入る。
マキシムは最初、無邪気に『ここだ、あそこが僕の家だ』と。
荒れ果ててはいたがそこには確かに「家」が残っていた。
車を降りて団地の中庭に入ると、一瞬沈黙。『何って事だ』
『ここは僕がいつも遊んだ場所』20年前の記憶が蘇る。

【場面3】
団地内の我が家に入る。
階段を登りながら、何度も『何って事だ』と繰り返す。『火事場泥棒にあっていないのかな・・・』
そして、自宅内へ。そこのベランダからはあの原発が見える。
最初に1986年のカレンダーを見つける。おもむろにそれを破きながら、全てはこの日に『台無しにな った』と叫ぶ。
居間だった場所の壁に「白い馬」の写真が・・・両親が撮影したものだ。声もなく何度も写真を撫でる。
何度も!別の部屋へ行くと遊びに使った縞の模様の入ったゴムボールを見つける。そして6歳の時に自分 でガラスドアに描いた絵を驚きながら見つける。一瞬笑ったようにも見えたが・・・。
少しして、また「白い馬」の部屋に戻る。手にはあのゴムボールを持ったままで。ボールを壁に何度も押 し付ける。『ここに戻りたい』と静かにつぶやく。しかしそれは出来ない。

そして、「僕の家」を玄関からしばらく見詰めて、おもむろにあのゴムボールを激しく投げつけて階段を 降りていく。

※SOBA:「激しく投げつけて」の所は、僕が見た情景とは違ってます。14分30秒の所からですが、マキシムがいくつか独り言を呟いた後、開きっぱなしのドアの向こうの部屋に静かにコロコロとボールを投げ入れて去って行きます。この英語版では(劇場版と違い)下で書いている部分、ナジム・ヒクメットの詩までの部分はないですね。

『親戚の10人もががんで死んだ。放射能と無関係だと言われることを僕が信じると思うかい?僕もそれ で死ぬんだ。まったくの犬死さ』

この撮影の1年後、マキシムは死去した。享年27歳。(合掌)

最後のエンドロールでナジム・ヒクメットの詩が流れる。それは全編を見終わって、さらに私の心を掻きむしり、目に熱いものを込み上げさせた。25年経ってもこの有様である。
これが福島の地の将来であってはならない。

以上。

※記憶が曖昧のままの記述があります。画面の内容に時間的誤差があることをお許し下さい。
また内容に記述については上映会で配布されたレジュメを引用させて頂きました。

(以上転載終り)

 

テレビ朝日 2011年4月23日(土)放送 
報道発 ドキュメンタリ宣言 チェルノブイリ放射能25年の闘い

チェルノブイリ 2011
LunaticSemipalatinsk's channel
https://youtu.be/W2CwwJXEkPA

2011/05/08 にアップロード

始めから、チェルノブイリ25年1 世界初公開…炉心溶融の真実

530 ←5分30秒、0.1μSv/h(マイクロシーベルト/毎時)を通常値と紹介しているが、0.05μSv/hが平常値(平常値について。場所で違うし計測時の天候、その他の条件で変動するが概観すると最大値でおよそ0.05μSv/hくらいが目安)。


6536分23秒、


7167分16秒、4号炉石棺の入口の所で18μSv/h(マイクロシーベルト/毎時)を通常値の163.6倍と紹介しているが180倍の計算間違い。なお、平常値0.05μSv/hで計算するなら360倍である。


9分11秒から、以下記事に出ているカメラマンのセルゲイ・コシェロフさんの話し。

23分33秒から、チェルノブイリ25年2 福島そして…日本へのメッセージ

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

(8月9日NYT特集記事)日本は(菅政権は)SPEEDIのデータを隠し避難民を放射能の危険にいたずらに曝した。

 避難民、広範囲な国民をいたずらに被爆させた菅直人一派は死罪、処刑されてもおかしくないと思う

関連:
菅直人・伸子夫妻を見ていると、最後には処刑されたチャウセスクとエレナ夫妻を連想してしまう。

 この記事の解説関連のリンク紹介などは末尾で、。

 

(以下転載始め)

Japan Held Nuclear Data, Leaving Evacuees in Peril
http://www.nytimes.com/2011/08/09/world/asia/09japan.html?pagewanted=1&_r=1

(↓クリックで拡大します)

Japanarticlelarge

Ko Sasaki for The New York Times

Contaminated soil at a school in Koriyama, Japan.
By NORIMITSU ONISHI and MARTIN FACKLER
Published: August 8, 2011

FUKUSHIMA, Japan ― The day after a giant tsunami set off the continuing disaster at the Fukushima Daiichi nuclear plant, thousands of residents at the nearby town of Namie gathered to evacuate.

The New York Times August 9, 2011
http://www.nytimes.com/imagepages/2011/08/09/world/asia/09japan-map.html?ref=asia

A Japanese computerized early warning system started to generate maps projecting the trajectory of radiation plumes from the Fukushima Daiichi plant within hours of the accident on March 11, but none of the maps were made available to the public until nearly two weeks later. The map below shows information made available to the prime minister's office on March 16.

SOBA訳:
初期放射能拡散予測

日 本のコンピュータ初期警戒システムは(記事中にある様にSPEEDIのこと)3・11の事故後数時間後には福島第一原発からの放射能プリューム(放射性物 質を多量に含む放射能雲のこと)のコースと積算の地図を作成していた。しかし、2週間近く過ぎるまでSPEEDIのコースと積算地図は一つとして公開され ることはなかった。以下の地図は3月16日には官邸で利用しうる情報であったことを示している。

09japanmappopup

Source: Nuclear Emergency Response Headquarters Office of Japan   THE NEW YORK TIMES

An Early Forecast of Radiation


Japan1popup Ko Sasaki for The New York Times

PREVENTIVE MEASURES Officials in Koriyama, Japan, removed surface soil from its schools for fear of radiation contamination and imposed tougher inspection standards than those set by the country's education officials.

 

Given no guidance from Tokyo, town officials led the residents north, believing that winter winds would be blowing south and carrying away any radioactive emissions. For three nights, while hydrogen explosions at four of the reactors spewed radiation into the air, they stayed in a district called Tsushima where the children played outside and some parents used water from a mountain stream to prepare rice.

The winds, in fact, had been blowing directly toward Tsushima ― and town officials would learn two months later that a government computer system designed to predict the spread of radioactive releases had been showing just that.

But the forecasts were left unpublicized by bureaucrats in Tokyo, operating in a culture that sought to avoid responsibility and, above all, criticism. Japan’s political leaders at first did not know about the system and later played down the data, apparently fearful of having to significantly enlarge the evacuation zone ― and acknowledge the accident’s severity.

“From the 12th to the 15th we were in a location with one of the highest levels of radiation,” said Tamotsu Baba, the mayor of Namie, which is about five miles from the nuclear plant. He and thousands from Namie now live in temporary housing in another town, Nihonmatsu. “We are extremely worried about internal exposure to radiation.”

The withholding of information, he said, was akin to “murder.”

In interviews and public statements, some current and former government officials have admitted that Japanese authorities engaged in a pattern of withholding damaging information and denying facts of the nuclear disaster ― in order, some of them said, to limit the size of costly and disruptive evacuations in land-scarce Japan and to avoid public questioning of the politically powerful nuclear industry. As the nuclear plant continues to release radiation, some of which has slipped into the nation’s food supply, public anger is growing at what many here see as an official campaign to play down the scope of the accident and the potential health risks.

Seiki Soramoto, a lawmaker and former nuclear engineer to whom Prime Minister Naoto Kan turned for advice during the crisis, blamed the government for withholding forecasts from the computer system, known as the System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information, or Speedi.

“In the end, it was the prime minister’s office that hid the Speedi data,” he said. “Because they didn’t have the knowledge to know what the data meant, and thus they did not know what to say to the public, they thought only of their own safety, and decided it was easier just not to announce it.”

In an interview, Goshi Hosono, the minister in charge of the nuclear crisis, dismissed accusations that political considerations had delayed the release of the early Speedi data. He said that they were not disclosed because they were incomplete and inaccurate, and that he was presented with the data for the first time only on March 23.

“And on that day, we made them public,” said Mr. Hosono, who was one of the prime minister’s closest advisers in the early days of the crisis before being named nuclear disaster minister. “As for before that, I myself am not sure. In the days before that, which were a matter of life and death for Japan as a nation, I wasn’t taking part in what was happening with Speedi.”

The computer forecasts were among many pieces of information the authorities initially withheld from the public.

Meltdowns at three of Fukushima Daiichi’s six reactors went officially unacknowledged for months. In one of the most damning admissions, nuclear regulators said in early June that inspectors had found tellurium 132, which experts call telltale evidence of reactor meltdowns, a day after the tsunami ― but did not tell the public for nearly three months. For months after the disaster, the government flip-flopped on the level of radiation permissible on school grounds, causing continuing confusion and anguish about the safety of schoolchildren here in Fukushima.

Too Late

(Page 2 of 4)

The timing of many admissions ― coming around late May and early June, when inspectors from the International Atomic Energy Agency visited Japan and before Japan was scheduled to deliver a report on the accident at an I.A.E.A. conference ― suggested to critics that Japan’s nuclear establishment was coming clean only because it could no longer hide the scope of the accident. On July 4, the Atomic Energy Society of Japan, a group of nuclear scholars and industry executives, said, “It is extremely regrettable that this sort of important information was not released to the public until three months after the fact, and only then in materials for a conference overseas.”

Japan2popupKo Sasaki for The New York Times

PARENTAL INITIATIVE A great deal of anger in Japan has centered on fears that children were being exposed to radiation.


The group added that the authorities had yet to disclose information like the water level and temperature inside reactor pressure vessels that would yield a fuller picture of the damage. Other experts have said the government and Tokyo Electric Power Company, known as Tepco, have yet to reveal plant data that could shed light on whether the reactors’ cooling systems were actually knocked out solely by the 45-foot-tall tsunami, as officials have maintained, or whether damage from the earthquake also played a role, a finding that could raise doubts about the safety of other nuclear plants in a nation as seismically active as Japan.

Government officials insist that they did not knowingly imperil the public.

“As a principle, the government has never acted in such a way as to sacrifice the public’s health or safety,” said Mr. Hosono, the nuclear disaster minister.

Here in the prefecture’s capital and elsewhere, workers are removing the surface soil from schoolyards contaminated with radioactive particles from the nuclear plant. Tens of thousands of children are being kept inside school buildings this hot summer, where some wear masks even though the windows are kept shut. Many will soon be wearing individual dosimeters to track their exposure to radiation.

At Elementary School No. 4 here, sixth graders were recently playing shogi and go, traditional board games, inside. Nao Miyabashi, 11, whose family fled here from Namie, said she was afraid of radiation. She tried not to get caught in the rain. She gargled and washed her hands as soon as she got home.

“I want to play outside,” she said.

About 45 percent of 1,080 children in three Fukushima communities surveyed in late March tested positive for thyroid exposure to radiation, according to a recent announcement by the government, which added that the levels were too low to warrant further examination. Many experts both in and outside Japan are questioning the government’s assessment, pointing out that in Chernobyl, most of those who went on to suffer from thyroid cancer were children living near that plant at the time of the accident.

Critics inside and outside the Kan administration argue that some of the exposure could have been prevented if officials had released the data sooner.

On the evening of March 15, Mr. Kan called Mr. Soramoto, who used to design nuclear plants for Toshiba, to ask for his help in managing the escalating crisis. Mr. Soramoto formed an impromptu advisory group, which included his former professor at the University of Tokyo, Toshiso Kosako, a top Japanese expert on radiation measurement.

Mr. Kosako, who studied the Soviet response to the Chernobyl crisis, said he was stunned at how little the leaders in the prime minister’s office knew about the resources available to them. He quickly advised the chief cabinet secretary, Yukio Edano, to use Speedi, which used measurements of radioactive releases, as well as weather and topographical data, to predict where radioactive materials could travel after being released into the atmosphere.

Speedi had been designed in the 1980s to make forecasts of radiation dispersal that, according to the prime minister’s office’s own nuclear disaster manuals, were supposed to be made available at least to local officials and rescue workers in order to guide evacuees away from radioactive plumes.

And indeed, Speedi had been churning out maps and other data hourly since the first hours after the catastrophic earthquake and tsunami. But the Education Ministry had not provided the data to the prime minister’s office because, it said, the information was incomplete. The tsunami had knocked out sensors at the plant: without measurements of how much radiation was actually being released by the plant, they said, it was impossible to measure how far the radioactive plume was stretching.

“Without knowing the strength of the releases, there was no way we could take responsibility if evacuations were ordered,” said Keiji Miyamoto of the Education Ministry’s nuclear safety division, which administers Speedi.

(Page 3 of 4)

The government had initially resorted to drawing rings around the plant, evacuating everyone within a radius of first 1.9 miles, then 6.2 miles and then 12.4 miles, widening the rings as the scale of the disaster became clearer.

But even with incomplete data, Mr. Kosako said he urged the government to use Speedi by making educated guesses as to the levels of radiation release, which would have still yielded usable maps to guide evacuation plans. In fact, the ministry had done precisely that, running simulations on Speedi’s computers of radiation releases. Some of the maps clearly showed a plume of nuclear contamination extending to the northwest of the plant, beyond the areas that were initially evacuated.

However, Mr. Kosako said, the prime minister’s office refused to release the results even after it was made aware of Speedi, because officials there did not want to take responsibility for costly evacuations if their estimates were later called into question.

A wider evacuation zone would have meant uprooting hundreds of thousands of people and finding places for them to live in an already crowded country. Particularly in the early days after the earthquake, roads were blocked and trains were not running. These considerations made the government desperate to limit evacuations beyond the 80,000 people already moved from areas around the plant, as well as to avoid compensation payments to still more evacuees, according to current and former officials interviewed.

Mr. Kosako said the top advisers to the prime minister repeatedly ignored his frantic requests to make the Speedi maps public, and he resigned in April over fears that children were being exposed to dangerous radiation levels.

Some advisers to the prime minister argue that the system was not that useful in predicting the radiation plume’s direction. Shunsuke Kondo, who heads the Atomic Energy Commission, an advisory body in the Cabinet Office, said that the maps Speedi produced in the first days were inconsistent, and changed several times a day depending on wind direction.

“Why release something if it was not useful?” said Mr. Kondo, also a retired professor of nuclear engineering at the University of Tokyo. “Someone on the ground in Fukushima, looking at which way the wind was blowing, would have known just as much.”

Mr. Kosako and others, however, say the Speedi maps would have been extremely useful in the hands of someone who knew how to sort through the system’s reams of data. He said the Speedi readings were so complex, and some of the predictions of the spread of radiation contamination so alarming, that three separate government agencies ― the Education Ministry and the two nuclear regulators, the Nuclear and Industrial Safety Agency and Nuclear Safety Commission ― passed the data to one another like a hot potato, with none of them wanting to accept responsibility for its results.

In interviews, officials at the ministry and the agency each pointed fingers, saying that the other agency was responsible for Speedi. The head of the commission declined to be interviewed.

Mr. Baba, the mayor of Namie, said that if the Speedi data had been made available sooner, townspeople would have naturally chosen to flee to safer areas. “But we didn’t have the information,” he said. “That’s frustrating.”

Evacuees now staying in temporary prefabricated homes in Nihonmatsu said that, believing they were safe in Tsushima, they took few precautions. Yoko Nozawa, 70, said that because of the lack of toilets, they resorted to pits in the ground, where doses of radiation were most likely higher.

“We were in the worst place, but didn’t know it,” Ms. Nozawa said. “Children were playing outside.”

A neighbor, Hiroyuki Oto, 31, said he was working at the plant for a Tepco subcontractor at the time of the earthquake and was now in temporary lodging with his wife and three young children, after also staying in Tsushima. “The effects might emerge only years from now,” he said of the exposure to radiation. “I’m worried about my kids.”

Seeds of Mistrust

(Page 4 of 4)

Mr. Hosono, the minister charged with dealing with the nuclear crisis, has said that certain information, including the Speedi data, had been withheld for fear of “creating a panic.” In an interview, Mr. Hosono ― who now holds nearly daily news conferences with Tepco officials and nuclear regulators ― said that the government had “changed its thinking” and was trying to release information as fast as possible.

Critics, as well as the increasingly skeptical public, seem unconvinced. They compare the response to the Minamata case in the 1950s, a national scandal in which bureaucrats and industry officials colluded to protect economic growth by hiding the fact that a chemical factory was releasing mercury into Minamata Bay in western Japan. The mercury led to neurological illnesses in thousands of people living in the region and was captured in wrenching photographs of stricken victims.

“If they wanted to protect people, they had to release information immediately,” said Reiko Seki, a sociologist at Rikkyo University in Tokyo and an expert on the cover-up of the Minamata case. “Despite the experience with Minamata, they didn’t release Speedi.”

In Koriyama, a city about 40 miles west of the nuclear plant, a group of parents said they had stopped believing in government reassurances and recently did something unthinkable in a conservative, rural area: they sued. Though their suit seeks to force Koriyama to relocate their children to a safer area, their real aim is to challenge the nation’s handling of evacuations and the public health crisis.

After the nuclear disaster, the government raised the legal exposure limit to radiation from one to 20 millisieverts a year for people, including children ― effectively allowing them to continue living in communities from which they would have been barred under the old standard. The limit was later scaled back to one millisievert per year, but applied only to children while they were inside school buildings.

The plaintiffs’ lawyer, Toshio Yanagihara, said the authorities were withholding information to deflect attention from the nuclear accident’s health consequences, which will become clear only years later.

“Because the effects don’t emerge immediately, they can claim later on that cigarettes or coffee caused the cancer,” he said.

The Japanese government is considering monitoring the long-term health of Fukushima residents and taking appropriate measures in the future, said Yasuhiro Sonoda, a lawmaker and parliamentary secretary of the Cabinet Office. The mayor of Koriyama, Masao Hara, said he did not believe that the government’s radiation standards were unsafe. He said it was “unrealistic” to evacuate the city’s 33,000 elementary and junior high school students.

But Koriyama went further than the government’s mandates, removing the surface soil from its schools before national directives and imposing tougher inspection standards than those set by the country’s education officials.

“The Japanese people, after all, have a high level of knowledge,” the mayor said, “so I think information should be disclosed correctly and quickly so that the people can make judgments, especially the people here in Fukushima.”

Norimitsu Onishi reported from Fukushima, and Martin Fackler from Tokyo. Ken Belson and Kantaro Suzuki contributed reporting from Tokyo.

(以上転載終り)

関連:解説は、↓大沼安史さんのブログ「机の上の空 大沼安史の個人新聞」の下記エントリーで。

2011-08-09
〔☆ フクシマ・NEWS〕 ニューヨーク・タイムズが日本政府当局の「SPEEDi」データ非公開問題を追及報道 「涙の辞任」の小佐古教授 「必死になって繰り返し」公表を求める  首相の「トップアドバイザーら」がこれを無視 北へ逃げた浪江町の馬場町長 「これは殺人に等しい」
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/08/i-7608.html

(略)

Posted by 大沼安史 at 07:48 午後 | Permalink

 

※以下、朝日の記事。大沼安史さんのブログエントリーに遅れること18時間の記事です。もはや、マスゴミは内容においても速報性においてもネットに負けてます(笑)

2011年8月10日1時45分
「フクシマの情報公開怠り住民被曝」 NYタイムズ報道
http://www.asahi.com/international/update/0810/TKY201108090700.html

 東京電力福島第一原発の事故をめぐり、米ニューヨーク・タイムズ紙は9日付紙面で、日本政府が緊急時迅速放射能影響予測(SPEEDI)のデータを事故直後に公表することを怠ったために、福島県浪江町など原発周辺自治体の住民らが被曝(ひばく)している可能性が高いと伝えた。

 長文の記事は、菅政権との対立で4月に内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘・東大大学院教授が、事故直後にSPEEDIのデータ公表を政府に進言したが、避難コストがかさむことを恐れた政府が公表を避けたと指摘。「原発事故の規模や健康被害のリスクを過小評価しようとする政府に対し、社会の怒りが増大している」と論評した。

 そのほか、原子炉のメルトダウンを裏付けるデータ公表の遅れや、校庭での放射性物質の基準値をめぐるぶれなども問題視した。(ニューヨーク=田中光)

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

な、なぬ?「8.6 東電前・銀座 原発やめろデモ」の逮捕容疑がサウンドデモの指示・先導?&写真レポート by SOBA

 今回の逮捕・弾圧は変な所だらけでした。

1、機動隊指揮車の放送では「デモの指揮者」を逮捕するように警告していたが、
2、逮捕したのは小さなシンバル鳴らしていた一般参加者でした
3、機動隊指揮車からの警告では「デモ行進の先頭で、緑色の帽子、オレンジ色のリュックを背負ってデモ行進の指示・先導している」と言っていたが、
4、逮捕した男性は、緑色の帽子ではなく、そもそもリュックなんて背負っていないし、デモを指示・先導もしていない。

 以上は、YouTube動画からも明らかです。要するに「逮捕するのは誰でも良かったのではないか」と言う疑惑です。

警察に警告しておく、 デモを見れば明らかなように、小さな子供連れの人も多かった。今回、幸い怪我人が出なかったが、場合によれば将棋倒しで死傷者が出てもおかしくないケースだった。もし死傷者が出るような事があったら責任を取る覚悟はあるのだろうな。今はカメラだけでなくDVDなど記録媒体が格段に進歩している。もし死傷者事故があるなら徹底追求されることを覚悟しておけ。

追記:以下、デモ主催者のHP(http://86nonukes.tumblr.com/ )の情報です。
(以下引用始め)
※8/8追記
デモ行進中に2名逮捕され、この逮捕について、デモ終了後に抗議を行った1名が逮捕されました。
このうちデモ行進中に逮捕された2名が本日釈放されました。
1名の方はいまだ勾留中です。
(以上引用終り)

なななんと阿修羅投稿に「おそ足」=「遅足行進で警告」のコメント。8・6サウンドデモの逮捕容疑が「音出し」ではなくて「おそ足」だって?「おそ足」とは何のこっちゃ(笑)

 

 以下、写真レポートです。

8.6東電前・銀座 原発やめろデモ!!!
http://86nonukes.tumblr.com/

(↓クリックすると拡大します、スクロールで見るなら
20110806←デモコース。1回目の逮捕弾圧があったのは、新幸橋を過ぎガード下を出る寸前の所。(※1

2回目弾圧は、数寄屋橋交差点を渡った所。(※2) 


 

 急遽、ぶら下げタイプの小さなプラカードを二人分作ってから、カメラと鳴り物を用意し、似顔絵@nigaoe と出かけました。

 日比谷公園の中幸門の集合場所に着いたのは、ピッタリ4時頃。三々五々かなりの人が集まってましたが、総じて若い人が多かった。

 早速カメラを用意し、荷物を似顔絵@nigaoe に預けてから撮影開始。

 その間、4時10分頃から【司会】山下陽光君(素人の乱)で集会開始。それを時々見ながら40分頃まで撮影続行。最後雨宮処凛さんを撮影してから、カメラをしまい、鳴り物のを用意をしてから「ドカドカうるさいマAチングバンド!!!!!」に合流しました。もう既にノリノリで、回りは大変な人だかり。既にサウンドデモは標準仕様、デモには欠かせないと実感しました。

 以下、僕たちが参加したデモの先頭部隊、「ドカドカうるさいマAチングバンド!!!!!」がいるYouTubeを見つけたのでご紹介します。

 

8.6 東電前・銀座 原発やめろデモ
SuperChromegane
http://youtu.be/tYFZtVBTY7A

13秒から
小熊英二(社会学者)さん。

3分28秒から
0409左端、帽子にチェックのシャツ、小さなシンバルの男性、この人が逮捕されてます。9分14秒からの映像で確認出来ます。どう見ても一般参加者にしか見えません。


4分41秒から
0443←小さなシンバルの男の人。


5分2秒から
機動隊の拡声器警告が何を言っているのか極めて聞き辛く「音なし行進を指示・先導する行為は」と何度聞いてもそう聞こえてしまうのだが、そんな訳はないので、どうも「音だし行進を指示・先導する行為は公安条例反である」と言っているつもりらしい(笑)。それにしても音というならシュプレヒコールも音だ(笑)丸の内警察署長のデモ規制、公権力行使は公務員の憲法遵守義務に違反している。国会に引きずり出して問い詰めろ。もし出来なければなんの政権交代か。サウンドデモなんて世界的に見れば当たり前、珍しくも何ともない。「主権者は私たち国民」BBSを始め、SOBAドメインでサウンドデモを積極的に広報していたこともあり、この丸の内署の対応は聞き捨てならない。

5分22秒から
「デモ行進の先頭で、緑色の帽子、オレンジ色のリュックを背負ってデモ行進の○○○○行進を指示・先導している君。○○○○行進を指示・先導は公安条例の違反である。直ぐにやめなさい。いつまでも警察の警告を無視し○○○○行進を指示・先導するならば警察は君を東京都公安条例の違反として検挙する。ただ今の警告時刻午後5時9分。こちらは丸の内警察署長である。」

※○○○○が非常に聞き取り辛い。なお、阿修羅投稿に「おそ足」=「遅足行進で警告」のコメントが入りました

6分31秒の所
0631 ←警察の「警告」表示板。「荷台乗車許可条件に違反しています」と見えます。デモ側が先導車を使うと勝手に判断し、そのシナリオで弾圧する予定だったらしいが、予定変更、理由は何でもよく、とにかく逮捕したと言う出鱈目がこれでありあり。

参考:↓これが国際標準のデモです。

Anti G8-Protest: Demonstration Rostock 8
fisch24114
http://www.youtube.com/watch?v=4_12jBG_wz0

 以下、続き。

9分から
逮捕場面。(※1)

09091赤矢印は公安警察の現場責任者、指揮するおっさん。公安警察は麻生邸お散歩見学渋谷デモでは栢木國廣が「コーボーだ、コーボーだ」と怒鳴っている映像をYouTube公開され、あっという間にネットで全国放送で大打撃(笑)。明らかにそこから学習してます。でも、公安警察なんてのは根が馬鹿だからやれる対策は↓この程度(再笑)


09092←右手の指で「こちら」と指示してますね。


0910←同じく指で「こちら」と指示。


9分14秒から
0915←警察が逮捕・弾圧したところ。赤矢印は警視庁の腕章を巻いた私服刑事。右手で男性の右手首をつかんでます。


0919先ほどの男性です。右手に小さなシンバルが見えます。どう見ても一般参加者。赤矢印の私服刑事が後ろから抱きついています。


0920←もう一枚。赤矢印は公安私服刑事、独特の雰囲気、独特の表情、独特の目つき。なお、顔が切れて写っていないが左に見える白シャツ左腕章カバンたすき掛けの男も、こちらは表の私服刑事。


09202赤矢印はさきほど警視庁の腕章巻いてた私服刑事。


※1、デモ出発前の4時40分頃に、先頭部隊の「ドカドカうるさいマAチングバンド!!!!!」に合流。永瀬ユキさんの姿も見えた。今回の鳴り物は(特定され狙われるとまずいので秘密、笑)なかなかの音だが、初めての使用。合流直後から飛ばしすぎ、出発前に既にバテバテ(笑)自分でも驚いたのだが、リズムに集中しノリノリになると打楽器は全身運動と実感。すぐにシャツが汗でグッショリ。東京電力を過ぎた頃は、最初のペットボトルが早くも空っぽ。似顔絵に「2本目を自動販売機で」と頼んで待っている所でこの第一回目の逮捕騒動が起きました。

11分50秒から
数寄屋橋を渡る所。ここで映っていませんが、第2の逮捕劇。(※2)

※2、もうバテバテで、2本目のペットボトルも銀座西6丁目交差点前の築地すし好のベンチで休みながら飲み干し休んでいたらあっという間にデモは角を曲がり視野の外。こりゃいかんと、似顔絵とデモを追って歩道を一路。途中3本目のペットボトルを自販機で買い、一路数寄屋橋交差点。ここの動画の場面の時は、まだ自販機で買っている頃だと思います。数寄屋橋交差点に来た時は赤信号で、デモ隊は前後2分されてました。前に行ったデモの後ろが広い交差点越しに見えました。その時、何やら警察官達が最後尾に襲いかかっているのが交差点越しに見え、その瞬間、同じ様に信号待ちしていた右の方にいた男の一団が青にまだなっていないスクランブル交差点に「おっ、やってる」と言いながら進入、駆けだしていった。(僕の記憶では4人だったと思うが、似顔絵の記憶では3人で左腕に腕章をまいていた。なお出発直後、歩道にいるいかにも私服風情の男達を観察して「丸の内警察」と「警視庁」の腕章がいるのを目視で確認してます。腕章なしのいかにもな男達もいました。)すぐにスクランブル青になったのだが、その時には既に数寄屋橋交番に逮捕者を数人で引っ張り込んでいるのが見えました。Twitterで逮捕者は二人の情報を見ているので、それが確かなら、逮捕場面は「新幸橋を過ぎガード下を出る寸前の所」と「数寄屋橋交差点を渡った所」だと思います。

 

 フランスを見よ、日本の機動隊による過剰警備は憲法違反なだけでなく税金の無駄遣い

↓本来のデモと言うのはこう言うもの

HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)
SulejmanEtLaRacaille
http://youtu.be/miY5ZuB1lZM

始めに戻る

 

 以下、写真レポート by SOBA

1、
(↓すべてクリックすると拡大します)
Dsc_3463850px ←すでにかなりな数の人。左端は雨宮処凛さん(作家)。きれいだぁ〜。(スクロールで見るなら

撮影:16時5分


2、
Dsc_3465850px ←原発でない電気を選びたーい!選択して洗濯したら気付いてしまった!?

※検索に引っかかるようにテキスト表示しておきます。


3、
Dsc_3466850px ←ガンバレば日本 この様だ カンバんない日本でいいんじゃないの


4、
Dsc_3467850px ←私たちは主権者だ 無視する党に票は入れない。


5、
Dsc_3468850px ←大きな声で!原発いらない!今すぐ止めろ!(スクロールで見るなら


6、
Dsc_3469850px ←No nukes!!!あぶねぇぞ!!!原発動かしてんじゃねぇ!!!

※手作り白板。なかなかのアイデア、その日のフィーリングで言葉を即興で書くのもいいかも。


7、
Dsc_3470850px ←ヒロシマ ナガサキ ノーモア フクシマ


8、
Dsc_3471850px ←山下陽光君(素人の乱)から演壇開始。

撮影:16時11分


9、
Dsc_3472850px ←発送電分離


10、
Dsc_3473850px ←沿道のみなさんは東電に服従させられて満足ですか?そうじゃなければ一緒に歩こう!


11、
Dsc_3474850px ←No NUKES 脱原発 兵隊さんのコスプレの方。(スクロールで見るなら


 疑問を持つこと、批判精神の発露、それこそが若者を象徴する資質。若者は二度と「国」なるものを頭から信じてはいけない。いつも疑問を持つ姿勢を忘れてはいけない。

学徒出陣
hicotto
http://www.youtube.com/watch?v=cGDN8LBawoM

12、
Dsc_3475850px ←ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!脱・原発だよ 制服向上委員会


13、
Dsc_3476850px


14、
Dsc_3478850px ←原発放射能被爆 まっぴらごめんです

※左の男性には顔が写ってもOKと確認してます。


 注目して欲しいのは後ろに写っている独特の雰囲気の一群の男達。どこかで見た雰囲気と思ったら、麻生邸見学デモの時にも似た一群の男達がいましたネ。今回いなかったのは「コーボーだ!コーボーだ!コーボーだ!」と叫びまくっていた、過激公安私服、栢木國廣かw。

クリックで関連特大バナー(コーボーについて、笑)
このタコは凶暴につき注意!⇒栢木國廣警視庁公安部公安第二課長・元下谷警察署長バナー

関連投稿
渋谷駅からアホー太郎の邸宅までの地図情報とGoogleのストリートビュー検索結果のご紹介です。徒歩約16分散歩見学イイカモネ。
今日は秋葉原で、アホー太郎のパフォーマンスならぬアホーマンスで、赤ん坊圧死事件が起きるところだった。

始めに戻る

15、
Dsc_3479850px


16、
Dsc_3480850px


17、
Dsc_34811024px ←撮影:16時19分

この頃になると、既にかなりの人。(スクロールで見るなら


18、
Dsc_3484850px_2 ←福島からの参加者。


19、
Dsc_3485850px ←原発を止めても、電気は足ります。LNG、石炭ガス、バイオマス、風力、太陽光etc.人間が滅んだら、原発どころじゃないよ。(スクロールで見るなら


20、
Dsc_3486850px ←原発のない未来を なかのアクション


21、
Dsc_3487850px ←澤井正子さん(原子力資料情報室)、最近、若い子より熟女により色気を感じてしまう(汗)


22、
Dsc_3488850px ←カレンダーの裏。裾が丸まっているのを、撮影のために僕が逆巻きを一旦して、真っ直ぐに延ばしました。段ボールにはると良いのだが、。

広島 長崎 福島 3度も核被害を受けている日本 4度目は絶対に起こしちゃダメッ!!世界に誇る馬鹿になりたくない!!


23、
Dsc_3490850px ←STOP RADIO ACTIVITY

若者が多かったです。(スクロールで見るなら


24、
Dsc_3491850px ←原子力より元気力(スクロールで見るなら

※「より」が白抜きで目立たず、遠くから見ると「原子力 元気力」と読めてしまうかもネ。


25、
Dsc_3492850px ←原発止めよう!郷土教育全国協議会(スクロールで見るなら


26、
Dsc_3493850px ←NO!いけません


27、
Dsc_3494850px ←東電に破防法の適用を!


28、
Dsc_3495850px ←日本共産党の方々も端の方で遠慮がちに署名活動してました。


29、
Dsc_3496850px ←NO NUKES 原発はコワイ


30、
Dsc_3497850px ←原発なくたって 電気足りてるよ〜!!
ゴラア!! (`ヘ´)/^


31、
Dsc_3498850px ←鶴見済さん(フリーライター)


32、
Dsc_3499850px ←高い 危ない 汚い


33、
Dsc_3500850px ←原発反対!!


34、
Dsc_3501850px ←毛利嘉孝さん(社会学者)。


35、
Dsc_3502850px ←「ドカドカうるさいマAチングバンド!!!!!」。この人達の後ろにくっついて歩きました。


36、
Dsc_3503850px ←同じく「ドカドカうるさいマAチングバンド!!!!!」を別の角度から。


37、
Dsc_3505850px ←最後の方で話す、雨宮処凛さん(作家)。これを写したあと、「ドカドカうるさいマAチングバンド!!!!!」隊列の後ろに似顔絵と一緒に合流しました。(スクロールで見るなら

撮影:16時43分


始めに戻る

※関連:阿修羅に投稿しましたが、その投稿につけたコメントを採録しておきます。

その1、

07. SOBA 2011年8月08日 06:54:25: LVbi13XrOLj/s : T58wPjrCZw

 今回のデモ参加者数は主催者発表で8000人。これはかなり実感出来る数でした。出発後も途中から合流する人がかなりあったように思います。

 解散地桜田公園到着後は疲れたのと、着替えをしたいのでベンチで30分以上休みましたが、その間も3回ほど、後続のデモが到着していました。

 どうも警察は一デモを1000〜1500人前後に分けている感じがします。逆に言うと、参加してデモ行進中の人混みの中にいるとトータルのデモ参加者が1000〜1500人以上であってもその全体の規模はあまり実感出来ません。特に今回の様な曲がりくねったコースだと尚更そうです。

 なお、着替えた後、公園に入って来たのとは反対側にある出口から帰りました。公園の出口から右方向に曲がるとJR烏森口が見えます。もう一つの後続デモが交差点を通過中でした。食事の店を探そうとJR沿いニュー新橋ビルの歩道を歩いていたらさらに後続のデモが来ました。主催者発表8000人はうなずける数字でした。

その2、

08. SOBA 2011年8月08日 09:11:17:

Photo  阿修羅にも投稿しましたが、トータルアクセスが操作されているようです。昨日からだけれど、合計のトータルアクセスよりアクセスランキング (24時間)のアクセスが常に多く出る。これはあり得ない(笑)急伸しているように見えますが、実際よりも遥かに伸びが鈍すぎる感じがします。(8月8日9:00更新)

Photo_2 ←5位にまで上がってきていますが、同じ状態です。(8月8日19:00更新)


その3、

11. SOBA 2011年8月08日 20:39:37:

>>04
>>10

の両君へ

「音なし」「音だし」ではなく、「おそ足」=「遅足行進で警告」との事だが、現場のデモの中にいた者から言わせてもらえれば、機動隊指揮車からの放送はほとんど聞き取れないレベルのもので全然耳に入って来なかった。ただ機動隊指揮車が「ガーガー」叫んでいたと言う印象しかない。

以下、要点。

1、そもそも後からYouTubeで何度もくり返し聞いて、それでも判別出来ず、「ああだこうだ」判断に時間がかかるようなのは公正な「警告」とは言えない。

2、YouTubeを見ても分かるが、別に停滞などしておらず(停滞は警察が不当弾圧した数分の間だけ)普通に歩いている。

3、あれが遅速なら東京中遅速だらけ。

4、そもそも「遅速」の基準があいまいで主観によるもの。そんな主観に基づくような基準は公正な法執行するための基準とは言えない。

5、その後、まったく同じペースでデモは行進しているのに、警察は何もしていない。要するにこのYouTubeの9分から始まる逮捕・弾圧行為は警察の恣意的、不当な法執行であることを警察自身が認めたようなものである。

6、言論・表現の自由は民主主義の土台である。それゆえ、日本国憲法第99条では公務員などの憲法尊重擁護の義務について以下のように規定しており、今回の丸の内署長はこの規定に違反している。

第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

7、憲法は国家権力に枠をはめ、権力の暴走を縛る役割がある。条例の屁理屈で憲法を無視することは許されない。

(以上、阿修羅投稿コメントからの採録はここまで)

 

以下余談:解散地の新橋ですが、勤めていた会社で新橋支店に通っていたことがあります。新橋はサラリーマンの街、TVの街頭インタビューでもよく出ます。値段も手頃で美味しい店があったと記憶しています。ただし、土曜日でもあり飲み屋以外開いているか心配でした。しかしダメもとで、JR沿いニュー新橋ビルのB1に降り探して見ました。案の定飲み屋ばかりが開いている感じ。ただしその中に1軒中華料理の店、酒席の宴たけなわな感じのテーブルが外から見えるのですが、いい感じです。客引きの娘が出ていなかったのが、かえって好印象、今迄の飲食店探しの経験則を思い出させてくれました。早速入ったのですが、やはりあたり、値段、味、ボリュームすべて満足させてくれました。僕が「麻婆なすのランチコース(麻婆なす、ライス、スープ、小皿、杏仁豆腐)、750円」、似顔絵が「担々麺のランチコース(担々麺、半炒飯、杏仁豆腐)、800円」。夜にランチコースがあると言うのはうれしかった(汗)これに青島ビールとライムサワーを一つずつ注文し、二人合計で2470円でした。

39、
Dscn1674 ←壁の飾りが中華の雰囲気を出しています。右から春夏秋冬とあります。


40、
Dscn1677←福盈門(ふくえいもん)と言うお店です。香港酒房(中国語で酒房は作業場のついた造り酒屋さんと言うような意味)とありますが、料理は一流の店と変わらないと思いました。左に携帯の無線環境が表示されています。地下B1でしたが、さすがビジネスマンの多い新橋と思いました。

電話:03−6413−6458

営業時間:11:00〜24:00(ラストオーダー23:00)
定休日:日祝

※横浜鶴見駅東口に本店(電話045−506−0588)、川崎駅日航ホテルB1に支店(電話044−222−7618)

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

MBS毎日放送、たね蒔きジャーナル8月分(8/1から8/15)小出裕章氏の福島原発の話し、その他。

 右上のココログ最強検索で「MBS毎日放送」で検索すると他の時期の放送分を探せます。

 順番は、下から昇順です。主に福島原発問題中心ですが、他の話題も採録してます。しかし、全部ではないので、投稿者tacc77さんの所を見て下さい。

 

20110815 [1/2]たね蒔き 「終戦の日に"原子力の平和利用"を考える」
tacc77
http://youtu.be/DCwYZ-xbTjI

2/2 → http://www.youtube.com/watch?v=L7g9Ik2zPto

66 回目の終戦の日。平和について考えるこの日にご出演いただくのは、元広島市長の平岡敬さん83歳です。平岡さんは中国新聞の記者として早くから在韓被爆者 の問題に取り­組み、広島市長時代は原爆ドームの世界遺産化に力を尽くすなど、、一貫して核兵器廃絶を訴えてきました。しかし、今回の福島第一原発の事故 で、「原発は必要悪」と考えてき­た自身を反省しているといいます。
被爆国である日本に54基もの原発が建設された背景には、「原子力の平和利用」とされる原子力発電に夢を抱いた日本人の姿があるのではないでしょうか。
被爆地・広島が原発をどのようにとらえてきたか、そしてヒロシマはフクシマに何を伝えることができるのか、じっくりとお話を聞きます。


20110815 [2/2]たね蒔き 「終戦の日に"原子力の平和利用"を考える」
tacc77
http://youtu.be/L7g9Ik2zPto



20110815 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/t8hEnfYAB_Q

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/16/tanemaki-aug15/
福島から京都に放射能が飛んできてることに怒って欲しかった 小出裕章
沖縄米軍機墜落事故の放射性物質について、その他



20110812 たね蒔きジャーナル 「東日本大震災から5か月」
tacc77
http://youtu.be/AszJHMYGTfU

東日本大震災から5か月が経ちました。初盆を迎える今も、ひとりひとりの被災者はそれぞれ深刻な状況におかれています。被災地で水野アナウンサーが出会ったある女性につい­て、6月に番組で報告しましたが、きょうはその後をお伝えします。



20110811 [1/2]たね蒔きジャーナル 「原爆と原発 ヒバクシャの思い」
tacc77
http://youtu.be/kGeAJKf7xRQ

2/2 → http://www.youtube.com/watch?v=PB-0wqr7GMY

福島第一原発の事故は、核兵器の廃絶運動に取り組んできた人たちにも大きな衝撃を与えました。「原子力の平和利用」とされてきた原子力発電に対するスタンスは、団体によっ­てさまざまです。
原 水禁(原水爆禁止日本国民会議)は、毎年広島と長崎で開催してきた世界大会を、今年初めて福島県で開催しました。66年前の原爆の被爆者は、放射能汚染に 苦しむ福島の人­たちに、何を伝えていけるのでしょうか。また、核廃絶に取り組む諸団体は「脱原発」を訴えることができるのでしょうか。きょうは、原水禁 議長で長崎の被爆者である川野浩一­さんにお話を聞きます。


20110811 [2/2]たね蒔きジャーナル 「原爆と原発 ヒバクシャの思い」
tacc77
http://youtu.be/PB-0wqr7GMY



20110811 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/7e5aVOktsic

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/12/tanemaki-aug11/
リスナーからの質問にお答えします。
汚染度の低い廃棄物は家庭用フライパンになっても構わないという制度 小出裕章



20110810 [1/2]たね蒔きジャーナル 「若き原子力学徒の悩みに小出先生が...」
tacc77
http://youtu.be/EbzJnvp8IK4

2/2 → http://www.youtube.com/watch?v=fxEB3INEQRk

近年、原子力発電はCO2削減などで「環境に優しいエネルギー」として再び脚光を浴びていました。
い わゆる「原子力ルネッサンス」です。しかしこの状況。原子力工学を学び、将来電力会社などへの就職を夢見ていた若者は何を思うのでしょう。きょうのゲスト も某国立大学大­学院で原子力のリスク評価や国際展開について学びメーカーへの就職を当然のように考えていました。しかし今は疑いもしなかった原発の安全 性が大きく揺らぎ、自らも「原子力­ムラ」の末端にいることに悩む日々です。京大・原子力実験所の小出助教とともに「原子力工学のこれから」について考え ます。

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/11/tanemaki-aug10/
小出裕章氏と現役学生・原子炉工学科の対話


20110810 [2/2]たね蒔きジャーナル 「若き原子力学徒の悩みに小出先生が...」
tacc77
http://youtu.be/fxEB3INEQRk



20110809 [1/2]たね蒔き 「知られざる関東の放射能汚染」 山内知也教授
tacc77
http://youtu.be/NEOdjchDoDA

2/2 → http://www.youtube.com/watch?v=qq7b1r3HN88

今夜は、神戸大学大学院(放射線計測学)の山内知也教授と電話をつなぎ、福島第一原発事故による関東の放射能汚染について、伺います。
山内教授は5月初め、東京の都民に請われ、現地の放射能汚染の調査を行いました。当時、まだ、福島周辺のみ、目が注がれていた時期でしたが、調査結果は想像を越えた高い線­量を検出したそうです。
その状況は現在も続いているということで、東京を含める関東圏の放射能汚染の実態について、詳しく話を聞きます。


20110809 [2/2]たね蒔き 「知られざる関東の放射能汚染」 山内知也教授
tacc77
http://youtu.be/qq7b1r3HN88



20110809 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/NMYxmumXW_Q

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/10/tanemaki-aug-2/
8月9日 1,2,3号機あわせれば広島原爆4000発分相当の核分裂生成物 小出裕章

京大原子炉実験所の小出裕章さんには、「長崎原爆の日」にちなみ、原爆にからむお話などを伺いました。



20110808 [1/2]たね蒔きジャーナル 「原爆の日に考える」 前田哲男さん
tacc77
http://youtu.be/eV33wpsrGt0

2/2 → http://www.youtube.com/watch?v=yvraj8iWqV0

先 週土曜日は"広島"、あすは"長崎"の原爆の日。福島第一原発の事故の後、初めてという意味でも注目されています。どちらの式典にも参加する軍事ジャーナ リストの前田哲­男さんと今年の原爆に日に考えることを語ります。前田さんは、ビキニ環礁で行われた水爆実験の取材を10年ほど続け、被爆した住民をみ続 けています。


20110808 [2/2]たね蒔きジャーナル 「原爆の日に考える」 前田哲男さん
tacc77
http://youtu.be/yvraj8iWqV0



20110808 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/0soic6II3nI

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/09/tanemaki-aug8/
新幹線で福島に着いた時、東京に比べ放射線が10倍に 小出裕章



20110805 [1/2]たね蒔きジャーナル 「原爆体験を福島で語る芸術家」
tacc77
http://youtu.be/9OfztxKfbW0

2/2 → http://www.youtube.com/watch?v=pHTI_IfaaEM

広 島で原爆に遭った墨アーティストの月下美紀さんは、いま福島の避難所や仮設住宅の集会所で、自らの被爆体験を語ったり、詩を書にした作品づくりを通して、 被災者と交流し­ています。かつて反核・平和運動に取り組んでいたものの限界を感じ、沖縄に住んでいた時期もある月下さんはいま何を思い、何を伝えたいの かをお聞きします。


20110805 [2/2]たね蒔きジャーナル 「原爆体験を福島で語る芸術家」
tacc77
http://youtu.be/pHTI_IfaaEM



20110803 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/DGFM7n4Bdbs

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/04/tanemaki-aug3/
お米の高すぎる基準値500Bq/1kgと放射能瓦礫の都会受け入れについて 小出裕章



20110802 [1/2]たね蒔き 「"デフォルト"...結局なんだったのでしょうか?」
tacc77
http://youtu.be/fxHHSqBFh_s

2/2 → http://www.youtube.com/watch?v=K2Z0G_M-09M

「デ フォルト回避」が大きなニュースになっていますが、結局なんだったのでしょうか?この結果にアメリカ国民はどう思っているのでしょうか?なにより、日本に 住む私たちに­とっては安心できることなのでしょうか?それにしても、アメリカには借金の上限枠がこんなに厳格に決まっていることに驚いています。アメリ カの実情、そこから見えてくる日­本の借金問題、ニューヨーク在住のジャーナリスト、北丸雄二さんに聞きます。


20110802 [2/2]たね蒔き 「"デフォルト"...結局なんだったのでしょうか?」
tacc77
http://youtu.be/K2Z0G_M-09M



20110802 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/xQ8lk32kGxg

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/03/tanemaki-aug2/
10シーベルトの放射線源は私のイメージでは泥のようなもの 小出裕章

きのう10シーベルトという、とんでもなく高い放射線量が測定された福島第一原発、気になる事態が続いています。京都大学の小出先生にきょうも聞きます。



20110801 [1/2]たね蒔き 「"内部被ばく"さらに聞きます」 矢ケ崎克馬氏
tacc77
http://youtu.be/F1_BO1e-Jm8

2/2 → http://www.youtube.com/watch?v=ND4NWq82004

反 響が大きい「内部ひばく」について、さらに琉球大学名誉教授の矢ケ崎克馬さんに聞きます。これまでに、広島、長崎での原爆投下でも内部被ばくの犠牲者は多 かったことをお­聞きしました。今、東京電力・福島第一原発の事故によってどのような「内部被ばく」の影響が考えられるのか?先週月曜日に聞き足りなかっ た質問をどんどんしていきます。


20110801 [2/2]たね蒔き 「"内部被ばく"さらに聞きます」 矢ケ崎克馬氏
tacc77
http://youtu.be/ND4NWq82004



20110801 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/f1U4ApE7spU

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/02/tanemaki-aug/
10シーベルトの被曝をすると2週間以内で死にます 小出裕章

始めに戻る


 

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

菅直人・伸子夫妻を見ていると、最後には処刑されたチャウセスクとエレナ夫妻を連想してしまう。

 どうも、連想してしまうほど似た所があります。

 成り上がり、独裁肯定権力への執着と女房殿が政治にしゃしゃり出てくるところ、チャウセスク夫妻の贅沢に比べると規模は小さいですが、毎夜の美食三昧。チャウセスクの秘密警察の活用程ではないが、最近では「ツイッター監視利権」と民主党中枢部に接点らしきものがある!、なんて話しも出ています。

 チャウセスク夫妻は最後には官邸をヘリコプターで脱出するも、逃亡途中に逮捕され、特別軍事法廷で死刑宣告、夫婦そろって処刑されてしまうのだが、、、。

製作:テレビ東京、「衝撃の映像!ルーマニア革命の真実は?」

解説と案内:
六鹿茂夫氏(静岡県立大学国際関係学部教授)
麻生真宮子(女優)

ルーマニア革命1
namuchiZDK
http://www.youtube.com/watch?v=TnubyP0eAAw

3分15秒から
ルーマニア社会民主党本部、党首でもあり前大統領でもあったイオン・イリエスク氏を六鹿教授がインタビューする。

チャウセスクの生い立ちと、その独裁者ぶりについて。

 

ルーマニア革命2
http://www.youtube.com/watch?v=QhCNBFPJjuo

始めから
独自外交、ニクソンのルーマニア訪問、チャウセスクの訪日や訪英など。

チャウセスクにとっての、訪中と訪朝、そしてその影響。権力執着が酷くなり、個人崇拝の導入。

権力志向と個人崇拝への傾斜は妻のエレナにも。著書出版、実はアンカー執筆者による出版だった。

6分5秒から
弁護士ニコラエ・セルベニー氏の話し。独裁政治と国民の不満を抑えるための秘密警察の活用。

7分35秒から
ブカレスト市内にあるチャウセスクの私邸、豪華なシャンデリアや大理石のプールなど贅沢三昧の生活。麻生真宮子(女優)が10年前に訪れたこの大理石のプールを再度訪問する。

9分17秒から
1989年12月22日、チャウセスク夫妻が逃亡した翌日に撮影された映像。

 

ルーマニア革命3
http://www.youtube.com/watch?v=stnurhAgUUI

始めから
チャウセスク夫妻が逃亡した翌日に撮影された映像の続き。夫妻の贅沢三昧の生活の紹介。

3分48秒から
学生運動から影響を受けた長女ゾエの、贅沢三昧な生活や独裁政治への反発。

4分31秒から
イオン・イリエスク氏の話し。チャウセスクの経済政策の失敗について。

7分から
1989年12月21日チャウセスク最後の演説。首都ブカレストでの政府支持のやらせ大集会(のはずだったが、笑)、初めは支持者の拍手・喝采があったのだが、チャウシェスクが演説を始めると一転して抗議の声が挙がり始める。

(クリックで拡大します)
155 ←右にいるのが妻のエレナ。



156 8分2秒のところから

←演説を中断し、うろたえて顔を歪めるチャウセスク。


8分55秒から
秘密警察が市民に発砲し流血の惨事になるが、群衆が共産党本部に押しかけ抗議行動は益々激しくなる。

9分39秒から
チャウセスク側の治安部隊と国民の側についた軍隊の間で戦闘が開始された。一気に内戦の様相になる。

 

ルーマニア革命4
http://www.youtube.com/watch?v=6MkWPyq7SzY

始めから
チャウセスク側の治安部隊と国民の側についた軍隊の間で首都ブカレストは内戦状態になる。

24秒から
1989年12月22日、抗議に集まった群衆は数を増し軍隊と共に共産党本部に突入する。危険を察知したチャウセスクは屋上のヘリポートから脱出する。

1分31秒から
独裁者チャウセスク追放の喜びに沸く群衆のデモ行進。

2分から
チャウセスクが脱出した日の夜、秘密警察との戦闘が再開するが、秘密警察の反発は散発的になり降伏する。

2分55秒から
内戦で犠牲になった人々について。民主革命で命を落とした279人が眠る英雄墓地。

4分2秒から
1989年12月23日、ヘリコプターで脱出したチャウセスク夫妻はスナゴフの別荘から車で逃走中に逮捕された。特別軍事法廷での裁判。

5分45秒から
革命の拠点ともなった国営テレビ。チャウセスク処刑が公開中継されたいきさつなど。

6分37秒から
公開処刑の場面。

162←処刑された、チャウセスクとエレナ。


163←チャウセスク。


9分23秒から
風刺新聞編集長ミルチャ・トマ氏の話し(タブロイド紙「アカデミア・カツァベンク」編集長)

 

ルーマニア革命5
http://www.youtube.com/watch?v=z5o97yuCHSw

始めから
風刺新聞編集長ミルチャ・トマ氏の話しの続き。

30秒から
自由や革命に対する国民の様々な声。

最後のところで出て来る凱旋門はルーマニアの凱旋門。似ているけれどパリにあるエトワール凱旋門とはデザインも別。


 以下、資料として採録。

首相公邸に20人招待の菅伸子夫人 寝室で首相のブリーフ披露
2011.07.05 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20110705_24853.html

 バッシングにも耐え、「やめろ!」のプレッシャーもものともしない菅直人首相だが、そんな首相を支えるのが伸子夫人だ。そんな彼女は、有力企業の経営者や官僚OBなどで構成される「親睦会」のメンバー約20人をある日の昼下がり公邸に招いた。

 昼間だったので来客には紅茶やコーヒーが振る舞われたが、茶菓子の消費期限が切れていて皆で大笑いになった。

 キッチンの大きな冷蔵庫の中には果物や野菜がぎっしりと詰まっていたが、バナナは腐りかけていた。参加者は「ここに籠城しているような生活なんだと、ふいに憐れにも感じた」と感想を語る。

 伸子夫人は、一行を夫妻の寝室にも案内した。シングルベッドが2つ、傍らには菅総理のブリーフが干してあった。そして嬉しそうな表情で、

「ここは居心地がいいのよ。出たくないわ」

 そう口にしたのだという。

 夫が退陣表明(6月2日)した後も、伸子夫人はそれを認めていない。毎日新聞の取材に、「これまで首相がいともあっさり、簡単に辞めちゃった方が不思議です」(6月9日付)と答えている。

 菅氏の最後の粘り腰の源泉は、この夫人の権力欲にあるようだ。

※週刊ポスト2011年7月15日号

関連記事
    首相公邸に1、2か月で飲み切れぬ缶ビール箱の山 目撃者仰天
    元TBS・下村健一氏起用めぐり仙谷氏・菅夫人の「官邸分裂」
    落合監督夫人・信子さん ビールかけ参加して選手シラケる
    菅首相 ネットで対戦する囲碁ゲームに朝まで没頭することも

 

(以下転載始め)

2011年08月01日
「ツイッター監視利権」と民主党中枢部に接点らしきものがある!
http://alcyone.seesaa.net/article/217823406.html

☆菅源太郎
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E6%BA%90%E5%A4%AA%E9%83%8E

菅 源太郎(かん げんたろう、1972年10月30日 - )は日本の社会運動家、政治運動家、第一総合研究所研究員。

父親は民主党の衆議院議員で第94代内閣総理大臣の菅直人、母親はエッセイストの菅伸子、祖父は実業家の菅寿雄、曾祖父は医師、政治家の菅實。

(略)

2010年4月、株式会社第一総合研究所に就職。研究員として第一総合研究所に勤めながらNPO法人Rights代表理事として選挙権・被選挙権年齢引き下げや政治教育の充実に向けた活動を行っている。 なお、第一総合研究所とは、「民主党10年史」を発行する、民主党との関連が非常に深い民間企業であり、同社の代表取締役は、元江田五月秘書であり、民主党公認で岡山県議会議員(1987年~1999年、三期)を勤めた橘民義である。

☆ピットクルー、警察庁「サイバーパトロール業務」を初受託
(6月22日のRBB TODAY)

http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/22/78182.html

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak49/msg/387.html

ピットクルーは22日、2011年度の警察庁「サイバーパトロール」業務を受託したことを発表した。

警察庁の「サイバーパトロール」業務は、インターネット上の違法・有害情報対策を効果的かつ効率的に推進し、サイバー空間の浄化に資することを目的としたもの。2008年10月より民間企業や団体に業務委託されているもので、ピットクルーが本業務を受託するのは今回が初。ピットクルーは、以前より、全国13自治体、約7,300校から学校非公式サイトの調査・「看視」業務を受託している。

警察庁の「サイバー犯罪対策室」では、複雑・巧妙化するサイバー犯罪の取締り、サイバー犯罪の予防対策に関する広報活動等、さまざまな活動を行っており、サイバーパトロール業務もその一環となる。

 

110 名前:名無しさん@12周年
投稿日:2011/06/22(水) 15:56:43.94 ID:05Iwqo2Q0

ピットクルーの親会社→「ポールトゥウィン株式会社」…未上場

ポールトゥウィン株式会社の子会社

国内

株式会社猿楽庁・・・・・・・・・・・・ゲーム周辺の事業

株式会社第一総合研究所・・・・菅源太郎の就職先
※ここ注目ね

橘 民義 (たちばな たみよし)←この間のプライムニュースで電波を飛ばしていた
株式会社第一総合研究所 代表取締役 早稲田大学理工学部卒業。現在は株式会社第一書林代表取締役、ポールトゥウィン株式会社会長、上海申發件有限公司(SHENFASOFT)董事長を務める。

株式会社第一書林・・・・・・・・・・江田五月の元秘書が社長
で、江田五月様は法務大臣

 

☆ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社(旧社名:ペイサー株式会社) 社名変更のお知らせ
http://www.ptw.co.jp/2011/04/01.html

2011年4月18日
ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社

ペイサー株式会社は、ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社へ社名変更し、コーポレートサイトをリニューアルいたしました。

グループ企業ともども、よろしくお願い申し上げます。

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社
ポールトゥウィン株式会社
ピットクルー株式会社
ポートサイド株式会社
株式会社猿楽庁
Pole To Win America,Inc.

 

☆ポールトゥウィン株式会社 会社概要
http://www.ptw.co.jp/corporate/overview.html

会社名 ポールトゥウィン株式会社
(英名 Pole To Win CO.,LTD)

代表 代表取締役社長 津田哲治

本社所在地 〒465-0025
愛知県名古屋市名東区上社3-801 加藤ビル3F

設立 1994年(平成6年)1月20日
資本金 30,000,000円
従業員数 約2,000名(登録スタッフ含む)

 

事業内容

ゲームデバッグサービス
モバイルデバッグサービス
PCデバッグサービス
検証サービス
翻訳サービス

一般労働者派遣事業(許可番号 般23-300452)

 

グループ会社 【子会社】

株式会社猿楽庁
Pole To Win America, Inc.
上海申發軟件有限公司(SHENFASOFT)
株式会社第一総合研究所
株式会社第一書林

(以上転載終り)

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

左遷人事をメモ(笑)⇒元特捜部長が異例の早期退職 陸山会事件捜査を主導【朝日】佐久間元特捜部長は左遷。

元特捜部長が異例の早期退職 陸山会事件捜査を主導【朝日】
http://www.asahi.com/national/update/0801/TKY201108010600.html

 小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」による土地取引事件の捜査を主導した大鶴基成・最高検公判部長(56)が1日付で辞職した。東京地検特捜部長や同地検次席検事などの要職を歩んだ幹部が、定年(63歳)まで7年近くを残して去るのは異例だ。

 大鶴氏は特捜部副部長として日本歯科医師連盟事件の捜査を指揮。2005年4月の特捜部長就任後は、旧ライブドアの粉飾決算事件や村上ファンドによるインサイダー取引事件を手がけた。

 特捜部による昨年初めの陸山会事件の捜査は、最高検検事として指導。小沢氏本人の立件を目指したが、元秘書3人の起訴にとどまった。その後、東京地検次席検事、最高検公判部長に異動したが、昨年から辞職の意向を漏らしていたとされる。

 辞職の真相は不明だが、検察内部には「現場に近い立場で小沢氏立件に向けて積極的に捜査を進めたが、検察上層部と対立があり、不満を募らせていたのではないか」との見方がある。

 

[西松・陸山会捜査を指揮]哀れ…佐久間元特捜部長左遷された
(日刊ゲンダイ2011/7/29)
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-3499.html

暴走捜査の行き着く先は露骨な降格人事

哀れなモノだ。暴走捜査の落とし前は「左遷」で償うハメになった。8月1日付の法務・検察人事で佐久間達哉・大津地検検事正(54)が東京都府中市にある「国連アジア極東犯罪防止研修所」(アジ研)の所長に異動する。
佐久間氏は東京地検特捜部長時代に民主党の小沢一郎元代表を狙い撃ちにして、西松建設事件と陸山会事件の捜査指揮にあたった人物だ。東大法学部卒で、法務省経験の長い“赤レンガ派”のエリートとして順調に出世街道を歩んできた。
昨年7月に大津地検検事正に就任した際には「地方検察の中でも大津の検事正は出世コース。小沢捜査の“論功行賞”で同期の中でも一番早い出世だ。栄転だ」と、検察内部でもてはやされたものだ。それが1年で外されたのである。
「アジ研なんて検察内部でもあまり知られていない組織です。あからさまな左遷人事で、佐久間氏は検察の主流から追放されたも同然。特捜部長経験者は最低でも主要都市の高検検事長ポストまで昇格するのが慣例ですが、その道も断たれたのではないか」(元大阪高検公安部長の三井環氏)

過去20年のアジ研の所長の前職を調べると、佐久間氏のように地検トップの検事正まで任された幹部が就任したケースはゼロ。
露骨で異例の降格人事の背景に、供述調書の大量却下を招いた「小沢捜査の失敗」があることは言うまでもない。
「検察トップの笠間治雄・検事総長は小沢捜査に最初から反対だったといわれています。いわゆる『現場派』のエースの笠間氏の慎重意見を振り切って捜査にゴーサインを出したのが、『赤レンガ派』の強硬派だった佐久間氏であり、後見役の樋渡利秋・元検事総長でした。笠間総長は現在、小沢捜査のほか、郵便不正事件の村木裁判や証拠改ざん事件など、前任の樋渡体制で起きた数々の不祥事の尻拭いをやらされています。当然、面白いわけがない。
赤レンガ派に対する『一罰百戒』の意味を込めて、佐久間氏を徹底的に干し上げるつもりです」(検察事情通)
検察は当時の現場責任者を左遷させた以上、小沢捜査の失敗を自ら認めたのと同じだ。ますます無用な裁判を続ける理由はない。

 

伊藤博敏「ニュースの深層」
2011年07月21日(木) 伊藤 博敏

「小沢捜査」を指揮した大鶴前東京地検次席が退官、佐久間前特捜部長は左遷の「内幕」【現代ビジネス】
家宅捜査も連発した特捜部捜査の限界
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/12847

 小沢一郎民主党元代表を狙った東京地検特捜部の政治資金規正法違反事件の是非が、改めて問われている。

 実行犯の石川知裕元秘書(現代議士)らを裁く「秘書公判」が今秋に判決、検察審査会に強制起訴された小沢氏の初公判が10月に開かれるという現段階で、是非が問われるとはどういうことか。

 検察OB弁護士が解説する。

 「秘書公判を審理する東京地裁(登石郁郎裁判長)は、検察が提出した3秘書の38通の供述調書のうち11通を全文却下、残りも一部を却下しました。その理由を裁判所は、『検察側が心理的圧迫と利益誘導を織り交ぜながら巧妙に誘導した』と、書いています。

 つまり調書は信ずるに値しないというわけで、石川被告が小沢氏に、『虚偽記載を報告、了承を得た』という重要な調書も含まれています。小沢無罪は確定的。3秘書の罪を問えるかどうかも怪しく、検察の捜査手法が改めて問題となっています」

■「特捜検事」のDNAを最も色濃く受け継いだ検事

 大阪地検事件に続く検察の失態だが、その行く末を睨んだように、「小沢事件」の指揮を執った二人の検察幹部が、捜査の第一線から退くことになった。

 ひとりは、最高検の東京担当検事を経て東京地検次席として捜査を指揮した大鶴基成最高検公判部長。大鶴氏は7月末で検察庁を退官、弁護士となる。

 もうひとりは、大鶴氏と長くコンビを組み、「小沢事件」は特捜部長として現場責任者だった佐久間達哉大津地検検事正。8月からは国連アジア極東犯罪防止研修所(アジ研)の所長として刑事司法の様々な問題を取り扱うことになる。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/12847?page=2
 大鶴氏は、「特捜検事」のDNAを最も色濃く受け継いだ検事といっていい。

 高校時代から田中金脈問題やロッキード事件を解明する検察官の仕事に憧れていたということで、鹿児島の名門ラ・サール高校を経て東大法学部へ。司法修習を経て検事に任官、特捜検事としてゼネコン汚職、総会屋事件などを捜査、2005年4月、念願の特捜部長に就任した。

 特捜部長として手がけた著名案件が、ライブドア事件、水谷建設脱税事件、佐藤栄佐久福島県知事収賄事件などである。いずれも事件の筋を読み、それに沿って供述を取り、立件するという伝統的な検察の捜査手法に則っていた。

■家宅捜査を連発する「大鶴乱射事件」

 意識もまた「特捜検事」そのものである。

 かつて司法修習生向けに、こんな文章を残している。

「そもそも不当に利益を貪ろうという人たちは、摘発されないように巧妙な仕組みを作っているのですから、多少の困難を前にして捜査を諦めたのでは、彼らの思うつぼです」

 大鶴氏にとって特捜検察とは、額に汗して働く国民の側に立ち、地位を利用、不当に利益を得ようとする政治家、高級官僚、企業人などの違法性をチェック、一罰百戒を与える国家秩序の担い手だった。根源には、素朴な正義感がある。

 しかし、権力者には法の穴を突く地位も知識もカネもある。その権力に立ち向かうには、いかに検察といえどもたいへんで、だからといって捜査を諦めたら「彼らの思うつぼ」なのである。

 大鶴流はしつこい。

 捜査の端緒になればいいと、家宅捜索を繰り返す。捜査令状の理由は、後からつければいいという発想で、水谷建設事件では、そのあまりの家宅捜索先の多さから「大鶴乱射事件」と呼ばれたほどである。

 09年3月に大久保隆規秘書を逮捕。その後も追及の手を緩めず、「4億円秘書宅」に目をつけ、その出所がゼネコンからの裏ガネだという目論見のもと、水谷建設ほかのゼネコンを何度も呼んで供述を引き出し、10年1月の「石川逮捕」にまでつなげるのは、まさに「大鶴流」だった。

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/12847?page=3
 佐久間氏は、東大法学部を卒業、司法修習を経て検事に任官、4度、特捜部を経験している。大鶴氏が東京地検特捜部長時代、副部長を務め、佐藤栄佐久収賄事件の際、現場指揮を執った。

 佐久間氏の特捜検事としての能力に疑問符がついているわけではなく、検察庁内の評価も高いのだが、「無理せざるを得ない」という特捜検事の宿命なのか、ここ数年は失点続きである。

 主任検事として捜査を担当した旧日本長期信用銀行の粉飾決算事件では、証取法や商法違反で当時の経営陣を逮捕・起訴したが、いずれも最高裁で逆転無罪判決が下された。また、佐藤栄佐久事件にしても、「特定企業を受注させる行為はあった」としながらも、金銭の認定には至らず、「賄賂なき収賄事件」と、実質的には無罪に等しい高裁判決だった。

 そのあげくの「小沢捜査」である。

■崩れたトライアングル

 佐藤栄佐久事件でコンビを組んだ二人は、捜査を通じて小沢氏の東北談合への影響力を熟知した。その共通認識が、「小沢捜査」の端緒となった西松建設事件を小沢ルートに延ばすきっかけとなり、「何度もチャレンジする」という正義感が、無理な捜査につながった。

 大阪地検事件を機に検察捜査の見直しが始まり、最高検は7月8日、政界を中心とする独自捜査の縮小を決めた。

 「特捜部」という名称は残すものの、財政経済事件にシフト、その理由を笠間治雄検事総長は、こう説明した。

「過度の独自捜査優先の考え方は、過度のプレッシャーを生みかねない」

 これまで検察は、「過度のプレッシャー」のなかから事件の端緒を見つけ出し、立件までのシナリオを書き、それに沿って捜査、供述を取って肉づけをする「シナリオ捜査」を、腐敗する権力の一罰百戒効果と秤にかけ、「日本の利益」のために認めてきた。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/12847?page=4
 つまり検察にとって「秩序の担い手」は自分たちであり、それを裁判所は認めて99・9%の有罪判決を出し、司法マスコミはそれを支えた。

 しかし、検察と裁判所とマスコミのトライアングルは崩れ始めた。

 「小沢公判」で、裁判所は特捜捜査を認めず、司法マスコミも検察批判を展開、検察自身が組織と意識の改革を約束した。

 その時点で、「小沢捜査」を担った二人の指揮官は責任を取ることを余儀なくされ、大鶴氏は退官、佐久間氏は左遷の道を選んだのである。

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »