« 菅の外交に関する講演、「いざというときには血を流す覚悟」云々と米国が言いたいセリフを菅がサラリで何ともはや。 | トップページ | マスゴミ造語の「強制起訴」ではなく、これからは素直に我々の言葉で「検審起訴」あるいは「検察審査会起訴」と言おう。 »

2011年1月21日 (金)

米が望んだ菅首相? 漏えい公電“お墨付き”裏付け(東京新聞、2011年1月20日朝刊、こちら特報部)テキスト完全版。

 以下、「東京新聞、2011年1月20日朝刊、こちら特報部」のテキスト完全版です。阿修羅に載っていたのは誤字や、前のカギ括弧( 「 )が漏れていたり、最後のデスクメモがなかったりでした。(日付が漢数字でなかったなんて言うのは別に良いですが、最初の特報部記者の名前「小国智宏」が「小国智寛」になっていたり、間違いがかなりありました。)

※検索すると、阿修羅のが最初にヒットするので、表題を——漏えい公電”お墨付き”裏付け、米国は国益独自外交の鳩山−小沢を嫌い、隷米・媚米菅直人・岡田を望んだ。——から現在のに変えました。

 なお、記事中の小沢氏と鳩山氏の向かい合う写真を見て胸がつまりました。あらためてもっとハッキリした写真を見たくなり、なんとか記事を写真と共に採録出来ましたので後ろでご紹介しておきます

※この「こちら特報部」の記事をpdfにしておきました

関連:
【必見、田中康夫のにっぽんサイコー】降って沸いた「TPP」の謎?! アメリカの真の狙いは!?

 

(以下転載始め)

(24面)
米が望んだ菅首相? 漏えい公電“お墨付き”裏付け(東京新聞、2011年1月20日朝刊、こちら特報部)

きょう「外交大方針」演説

 菅直人首相はきょう二十日、異例の外交政策に絞った演説を行い、「外交の大方針」を表明する。日米同盟を基軸としたアジア外交の新展開などが語られるとみられ、米国追従は、いよいよ鮮明となる。普天間飛行場移設、TPP(環太平洋連携協定)などの諸問題を一気に乗り切る構えだが、米国のお墨付きを得て政権浮揚を図るつもりなら、それは国益にかなうといえるのか。(鈴木伸幸、小国智宏)

 「戦後最も親米的」とさえいわれる菅政権は、どのように誕生したのか。経緯は、昨年末に内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」が公開した米外交公文書に垣間見ることができる。

20110120日米同盟を基軸にした「外交の大方針」を打ち出すとみられる菅首相=19日午前(←記事からキャプチャ)


 昨年二月三日、ソウルでキャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は韓国青瓦台(大統領府)の金星煥(キム ソンファン)外交安保首席秘書官(現外交通商相)と面会した。その会談内容について要約し、在韓米大使館から本国へ送られた公電に、こんな記載がある。

20110120_2 キャンベル米国務次官補(←SOBA:記事からキャプチャ)

 「両者(キャンベル、金)は、民主党と自民は『全く異なる』という認識で一致。北朝鮮との交渉で民主党が米韓と協調する重要性も確認した。また、金氏が北朝鮮が『複数のチャンネル』で民主党と接触していることは明らかと説明。キャンベル氏は、岡田克也外相と菅直人財務相と直接、話し合うことの重要性を指摘した」

 この公電の意味を読み解くポイントは、米国が交渉の相手として当時の鳩山由紀夫首相ではなく、岡田、菅両氏を名指ししたことにある。

 鳩山氏は、一昨年夏の総選挙前に、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で「最低でも県外」と主張した。政権交代後に交渉に乗り出したが、米政府が猛反発し鳩山政権は迷走を始める。公電が打たれたのは、そんな時期と重なる。

 総選挙で自民党候補が全滅した沖縄では「県外移転」への期待感は高まるばかり。その一方で、鳩山氏に対する米側の不信感は深まっていった。ソウルでの会談から二ヶ月後には、米紙ワシントン・ポストのコラムで鳩山氏が「ルーピー(現実離れした人)」と呼ばれ、笑いものにされる。

 同じ頃、民主党の渡部恒三元衆院副議長は講演で「普天間問題を解決できずに鳩山君が責任を取ったら、おそらく菅直人君が(首相に)なるでしょう」と発言した。その言葉通りに、鳩山氏は急転直下で県外移転を断念し、六月に首相を辞任。後継首相となった菅氏は「普天間飛行場を名護市辺野古沖に移転する」という日米共同声明を尊重する意向を示した。

 その後もロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問や、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件が発生すると、「日米関係の冷却が、周辺事情に影響した」という北方、中国脅威論が幅を利かせるようになった。

 結果として、鳩山氏が打ち出した「東アジア共同体構想」は、いつの間にやら忘れ去られた。それは偶然の結末だったのだろうか。

(25面)
 鳩山−小沢に不信感 基地・対中で思惑に沿わず 識者「日本は追従・依存脱却を」

20110120_4 そろって辞職を決め握手を交わす鳩山首相(左)と小沢民主党幹事長=昨年6月2日、国会で(肩書きは当時)(←SOBA:記事からキャプチャ)

 元外務省国際情報局長で元防衛大学校教授の孫崎亨さんは、ウィキリークスの公電が意味するのは、米国が鳩山首相(当時)と距離を置き、岡田、菅両氏を対話すべき相手と判断したということとする。「米国が同意したその後の『鳩山首相降ろし、菅首相誕生』のシナリオにつながった」とみる。

 キャンベル氏は金氏と会う前日の昨年二月二日、小沢一郎・民主党幹事長(当時)と日本で会談している。孫崎さんは「キャンベル氏は、その際、小沢−鳩山ラインは米国の防衛戦略に乗ってこないと判断した。一つは在日米軍基地について米国側の意向に沿わない考え方をしていること、もう一つは対中国政策について、融和外交を進めようとしていたことだった」と指摘する。

 代わった菅政権。孫崎さんは「米国にすべて丸投げしている」と批判。「普天間飛行場の辺野古移転方針、日米共同統合演習の実施、在日米軍駐留経費(思いやり予算)の維持など、米国側の意向の通りの施策を進めている」。だが、こうした「米国追従」は必ずしも安全保障にはつながらないというのが孫崎さんの意見だ。

 「中国の軍事力は増大し、ミサイルの射程も延びている。もやは、軍事力に軍事力で対抗しようとしても効果はない」という。「中国とは激しく対立するのではなく、融和する道を模索するのが現実的だ」とした。

 東京財団上席研究員の渡部恒雄さんは「鳩山首相の方針がぶれたことが、米国の不信を招いた」とみる。鳩山氏は、東アジア共同体構想と普天間飛行場の沖縄県外移設を打ち出した。「あくまで日米同盟を基軸にするのか、それとも米国から距離を置くことを意味するのか。鳩山氏ははっきりしなかった。米国側は疑心暗鬼になったのではないか」

 一方、岡田氏に対する米国側の信頼は厚い。「岡田さんは米国に言いたいことは言うが、日米同盟を損なうようなことまでは言わない。米国側は、現実的な話ができる相手だと思っている。沖縄返還に関する密約問題を、日米関係に傷をつけずに処理したことについても米国は高く評価している」。菅首相の周辺にも米国との関係で現実主義をとるスタッフが多いという。

 渡部さんは「依然として、米国の経済力や軍事力は、アジアで重要な位置を占めていることは否定できない。今後とも日米関係を重視していくほかない」と話す。ただ「対米追従」という言葉には隷属的なマイナスイメージがあるが、今後は、精神的な依存体質からは脱却し、大人の関係を築くべきだという。

 「鍵は東南アジアにある」というのが渡部さんの見方。「東南アジアは経済が急成長しているが、台頭する中国と、影響力を保持しようとする米国のバランスの上にある。東南アジアの国々は、適度なこのバランスの維持のために日本が積極的に関与してほしいと期待している。東南アジアとよい関係を築いてきた日本にはそれが可能だ」

 対中国については、「敵対するのではなく、米国と協力して国際社会に組み込む方向に持っていくことが重要だ」という主張だ。

新興国との関係も重要

 TPPへの参加は、米国主導ではない、アジア全体の経済発展という視点からも見る必要がある。インド、ブラジルなど日本と友好な関係にある新興国はほかにもある。「日本は日米関係だけを考えるのではなく、日米を基軸にしつつも、新興国との関係にも積極的にコミットしていかなければならない」と指摘する。「それが、本当の意味での『平成の開国』といえるのではないでしょうか」

デスクメモ
 菅首相が就任の演説で「学生時代に国際政治学者、永井陽之助先生の『平和の代償』を読んだ」とエピソードを披露したのを思い出した。米軍基地も思いやり予算も「平和の代償」と説く本である。あのとき、晴れの舞台で、語りかけた言葉の先には、誰がいたのだろうか。もちろん国民と思いたいが。(充)

(以上転載終り)

 上記記事中の渡部恒雄氏です。

125311539869416222830 ←渡部 恒雄(わたなべ・つねお)氏 東京財団 上席研究員 写真:http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090914/204683/4240.jpg

※SOBA:こちら特報部の記事中コメントしている渡部恒雄氏は、例の反小沢、ニセ黄門、渡部恒三の長男。どちらかと言うと要注意のマスゴミ御用達評論家。孫崎先生の後ろで出しているのはバランスを取っているのでしょうか。この人を同時に出さないと記事に出来なかったかもですね。



 以下、資料として採録。

※東京新聞の上記記事を見ていると、小沢氏・鳩山氏の表情が何とも見ていて無念で言葉がありません。雑談日記ではこの時のエントリーで写真も併せ記事を採録していますが、あらためて写真を集めたくなりました。所が検索してもこの頃の記事が国内メディアでは出てこない。AFPで見つけました。海外メディアはこの辞任劇が持つ意味の重大性を知っているから記事を写真と共に残しているのです。AFPは6枚のスライドショー形式で写真を紹介してくれていました。記事とともにご紹介します。

鳩山首相、辞意表明 小沢幹事長にも辞任求める【AFP】
http://www.afpbb.com/article/politics/2732262/5828667?ref=jbpress
    * 2010年06月02日 11:46 発信地:東京

国会内で開かれた民主党の臨時両院議員総会で辞意を表明した後、小沢一郎(Ichiro Ozawa)同党幹事長と握手をする鳩山由紀夫(Yukio Hatoyama)首相(2010年6月2日撮影)。(c)AFP/Yoshikazu TSUNO

【6月2日 AFP】鳩山由紀夫(Yukio Hatoyama)首相(63)は2日、民主党の臨時両院議員総会で辞意を表明した。

 沖縄県の米軍普天間飛行場(US Marine Corps Air Station FutenmaMCAS Futenma)移設問題に加え、小沢一郎(Ichiro Ozawa)幹事長(67)や自らの政治資金にまつわる問題の責任を取る形の辞任となった。前年の総選挙で民主党が圧倒的勝利を収めてから、9か月に満たない就任期間だった。

 首相は自党議員たちを前に、「政権与党のしっかりとした仕事が、必ずしも国民の心に映っていない」と述べ、「クリーンな民主党をつくりたい」として小沢幹事長にも辞任を求めたことを明かした。(c)AFP/Kyoko Hasegawa

201006021、


20100602_22、


20100602_33、


20100602_44、


20100602_65、


20100602_76、


最初に戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

以下登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

 

日本の独立 Book 日本の独立 著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 菅の外交に関する講演、「いざというときには血を流す覚悟」云々と米国が言いたいセリフを菅がサラリで何ともはや。 | トップページ | マスゴミ造語の「強制起訴」ではなく、これからは素直に我々の言葉で「検審起訴」あるいは「検察審査会起訴」と言おう。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122555/38554295

この記事へのトラックバック一覧です: 米が望んだ菅首相? 漏えい公電“お墨付き”裏付け(東京新聞、2011年1月20日朝刊、こちら特報部)テキスト完全版。:

« 菅の外交に関する講演、「いざというときには血を流す覚悟」云々と米国が言いたいセリフを菅がサラリで何ともはや。 | トップページ | マスゴミ造語の「強制起訴」ではなく、これからは素直に我々の言葉で「検審起訴」あるいは「検察審査会起訴」と言おう。 »