« これが恐怖のTwitterアカウントロック画面表示(汗)&認証用2英単語の崩れた文字読めますか(^^; | トップページ | お勧めです⇒「日本経済この1年」、NHKの「ラジオあさいちばん」経済評論家内橋克人さん。 »

2010年12月28日 (火)

小沢一郎記者会見テキスト:挙党一致で「国民の生活が第一。」の政治を実現するために

 まず、会見の動画。

2010年12月28日小沢一郎記者会見(高画質)
http://www.youtube.com/watch?v=9avfZCaQAQE

 

※以下はビデオ・ニュースドットコム。

プレスクラブ (2010年12月28日)
小沢氏が条件付きで政倫審出席を表明
http://www.videonews.com/press-club/0804/001633.php

無料放送中>>> 

小沢一郎氏(14分) 300k
岡田克也幹事長(8分) 300k

 

 以下、の中村哲治議員のブログから転載。

小沢一郎記者会見テキスト:挙党一致で「国民の生活が第一。」の政治を実現するために
http://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/20101228

挙党一致で「国民の生活が第一。」の政治を実現するために

 私はこれまで、菅代表及び岡田幹事長から、自発的に政治倫理審査会へ出席するよう要請を受けて参りました。それに対し、私は、政治資金に関する問題はすでに具体的な司法手続きに入っており、三権分立や基本的人権の尊重という憲法上の原理原則からいえば、立法府の機関である政倫審に出席する合理的な理由はない、ただ、私が政倫審に出ることで、国会運営が円滑に進められ、あるいは、選挙戦においても国民の皆様の支持を取り戻すことができるということであれば、政倫審に出席することもやぶさかでないと、繰り返し表明して参りました。

 そうした中で、先般、民主党の最大の支持母体である連合から、挙党一致の体制で難局を乗り越えるよう、強い要請を受けました。また、国民の皆様、同志の皆様にも、多大なご心配をおかけしていることを、大変申し訳なく思っております。これらのことを総合的に考え、私は政治家の判断として、来年の常会において、政倫審に自ら出席することを決意致しました。

 具体的に申し上げます。

 第一点目として、常会において私が政倫審に出席しなければ国会審議が開始されないという場合、すなわち、私が出席することにより、予算案の審議をはじめ、国会の審議が円滑に進められるということであれば、常会の冒頭にも出席し、説明したいと思います。

 第二点目は、私が政倫審に出席するかどうかということが、国会審議を開始するための主たる条件ではないということであれば、国民の生活に最も関連の深い予算案の審議に全力で取り組み、その一日も早い成立を図らなければなりません。したがって、私はこの場合には、予算成立の後速やかに政倫審に出席したいと考えております。

平成22年12月28日

衆議院議員 小沢一郎

※pdfでも出ています。(PDF:41KB)
http://data.tezj.jp/2010-1228ozawa.pdf

 

関連:以下、あいば達也氏のブログ記事がなかなか読ませます。
小沢一郎の戦術と決断 「輿石さんがそれほど言うなら政倫審に出ますよ」
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/24d0f0faa93bacf9ee15784ef93b6074

 

雑談日記は良質な情報への中継点
人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

以下登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

 

日本の独立 Book 日本の独立 著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« これが恐怖のTwitterアカウントロック画面表示(汗)&認証用2英単語の崩れた文字読めますか(^^; | トップページ | お勧めです⇒「日本経済この1年」、NHKの「ラジオあさいちばん」経済評論家内橋克人さん。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122555/38245853

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎記者会見テキスト:挙党一致で「国民の生活が第一。」の政治を実現するために:

« これが恐怖のTwitterアカウントロック画面表示(汗)&認証用2英単語の崩れた文字読めますか(^^; | トップページ | お勧めです⇒「日本経済この1年」、NHKの「ラジオあさいちばん」経済評論家内橋克人さん。 »