« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

Twitterで自分がフォローし、されは分かるが、行った先IDのし、されを知るには&これ便利メモ。

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 相手のIDに行った時自分がそのIDをフォローしているかしていないかは左上のボタンを見れば直ぐ分かります。フォローしていれば「フォロー中」だしフォローしていなければ「フォローする」状態になってます。

 フォローしたければ左上のその「フォローする」ボタンクリック。フォローを外したい場合には右端のプルダウンから「〜のフォローを解除」を選ぶだから簡単。

 今度は逆に、行った先のIDが自分をフォローしているかいないかを知りたい場合にはどうするか?知ってる人には馬鹿馬鹿しいような話しですけれど、メモしておきます。右端のプルダウンを見ると「〜にダイレクトメッセージ」や「〜をフォロー」が表示されているのでそれと分かります。

※ここでのポイントは「〜にダイレクトメッセージ」ですね。つまりフォローされていなければDM(ダイレクトメッセージ)は送れないと言う事です。ですから例えば鳩山総理のID「@hatoyama 」はフォローもしていますが、フォローされているのでDMを送る事が出来ます。なお一度でもDMのやり取りをして残っていればフォローされない状態になってもその残ったDMの右下返信ボタンクリックで送れるようです。プルダウンにも候補として出ますね(← これに関してはやはり出来ない事を確認、エラーが出ます)。なお以前はDMの送信側だけでなく、受信側で削除すると送信側のも同期して削除されてました (はなゆーさんと実験済み)が、その後現在は仕様が変わったかどうかは確認していないので不明。なおこう言う時のためにお互いに設定→お知らせ機能のとこ ろで「ダイレクトメッセージのメール:」で「ダイレクトメッセージを受け取ったときのお知らせ」にチェックを入れておくといいです。相手が消しても残りま す。自分の方で送ってしまって消したDMは相手の方がこの設定をしている場合にはメールで送ってもらう事が出来ます。

 

 便利なツールをご紹介します。

http://friendorfollow.com/ 」です。

 まず調べたいIDを入力して「submit」ボタンをクリックすると結果画面が出ます。

(↓クリックすると拡大します)
20100524  結果画面では上に3種類のタブがあり、それぞれのタブは以下の状態を示し、アイコン表示されています。

1、フォローしている(following):自分は(あるいは調べたIDは)フォローしているが、表示アイコンからはフォローされていない。

2、ファン(fans):表示アイコンからフォローされているが、自分からは(あるいは調べたIDからは)フォローしていない。

3、友達(friends):お互いにフォローし、フォローされている。

 「その人物が何者であるかを知りたければ、その人の友人を見るのが一番だ。品性の良し悪しがすぐ分かるだろう」。含蓄のある言葉です。『史記』に出てくるそうです。

 現実の生活では正にその通りだと思います。ネットでは簡単にお互いアクセス出来るせいかタガが外れて3の友達(friends)が多い人もいま す。こうなると前記の格言は当てはまらず訳が分からない人と言う事になりますが、シンプル頭の直観から判断するならやはりその訳の分からない人だと思いま す(^^;汗。

 ただしその人を知る手がかりがあります。1のフォローしている(following)です。ここを見て、その人のTLを見れば、信頼に足る人物か どうかかなりの確率で分かると思います。1のフォローしているを見ても訳が分からなくて、更にTL見たら益々訳が分からなくなる人はスルーした方がいいか もネ(^^;汗。

 1のフォローしているが少なく、併せて3の友達(friends)も極端に少ないのに2のファン(fans)が3と比べて極端に多い人がいます。 相互フォローしておいてその後自分の方だけフォロー外しをしている可能性があります。ただし、あくまでも可能性です。良心的にTLを作っていてそうなって いる場合もあります。

※上記部分をまとめるにあたりいくつかのIDを見た感想では、フォローしているフォローされているの数はあまり大した問題ではないと思いました。数が少なくてもその人となり、生きる上での信念が感じられて感心したIDの方が何人かおられます。

※補足:ポインタをアイコンの上に持っていくと「名前、場所、フォロー数、フォローされ数、ラストTwitter、ID登録年月日」を見る事が出来 ます。アイコンをクリックすると、そのIDの頁に飛びます。(その後仕様が若干変わりました。手の形になったポインタをアイコン一覧中、一つのアイコンに 持っていくとポップアップし「ID、場所、もっと読む」をまず表示。その中の「もっと読む」をクリックすると「Web:、自己紹介:、最新のツイートと、 最後にツイート数、フォローしている数、フォローされている数」が出ます。ID登録年月日の表示はなくなりました。もし自分のID登録年月日を確認したければ「When Did You Join Twitter?」があります。IDを入力すると僕の場合なら「23 January 2008」と確認出来ます)

 「2、ファン」タブでフォロー漏れはチェックします。まとめてやると大変なので少ない時からこまめにメンテがお勧めです。コツは1、囀り鳥はフォローしない(デフォルトの鳥アイコンが増えるとTLがはなはだ見辛くなります)。2、「友達」タブの真下にあるソート順(デフォルトではユーザー名)を「最新のツイート」でやる。この2点です。ユーザー名でやるより「最新のツイート」でソートしておけば、常にアクティブにTしているIDを見ることが出来るのでお勧めです。

※追記:以下、7・11天王山決戦まで少しという時期のエピソード。BBSの既投稿者リストに載せていたRの話しです。いわゆる「フォローされ、 フォロー返し、それを待っていたかのような待ち切り」です。普段医療や人権がどうのと盛んにTしていたIDなのでビックリしました。マナーとしてやっては いけない事、この人の人間性の正体が見え、ご立派な言論のメッキが剥がれた瞬間です。この手の卑劣な手合いをチェックするには、1のフォローしているは整理 して 少なめの方が良いかも知れません。↓以下、その驚いた時の呟きです。(その後このRはリストから外しました。)

@28SOBA リストで見ていたIDだが、昨日昼頃フォローしてくれてるのに気が付いた。即行でこちらもフォローした。夕方に見たらフォロー外してた。即行でこちらもフォロー外した(爆)何考えてるのかよく分からん(汗)          

 

 自分自身納得のいく素敵なタイムライン(TL)の作り方

1、人と競争するは愚か。「フォローする」は納得するものだけ追加すること。無原則に増やしすぎると、後で収集がつかなくなります。沢山増やしてし まってからTLを作り直そうとすると、日本的湿っぽい人間関係で「私のフォローを外した」だの何だのでややこしくなったりします。

2、最初にチャット系でやるのか、時事系でやるのか決めておくとTLを作りやすいです。なお時事系でもチャット系の文彩の人はフォローしない方がベ ターです。飯くっただのの一人呟きの純雑ともチャット系は趣がだいぶ違います。同じ時間を共有していないと分からなかったりする部分があったりします。お 仲間同士の馴れ合いの様なものもあり、自立する発言者として時事系をやりたい方には似合いません。TLがチャットで無駄に長くなり追い辛くなるマイナス面 もあります。

3、上記でご紹介した「http://friendorfollow.com/ 」を使いこまめにメンテする事。

 

俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、心を一つにし断固闘う

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、 漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判 員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしよう としていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国 民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレー ズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米 国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指しま す。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリッ ク。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラを クリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人 生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑ク リックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに 参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と  社民党や共産党
ト ラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓ 下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細 を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパー つめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細 を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

Firefoxクリックしても立ち上がらなくなった。再インストールしても駄目だったのでプロフマネージャー使って直した。

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 今回プロファイルマネージャー使ってユーザプロファイル管理すると色々便利な事が分かったのでデスクトップにプロファイルマネージャのショート カットを作っておきました。

 以下が、参考元です。

以前は Firefox が動作していた(が起動しなくなった場合)
http://support.mozilla.com/ja/kb/firefox+will+not+start

Firefox が今まで動作していたのに突然起動しなくなったときは、一部の設定ファイルが壊れた可能性があります。Firefox をアンインストールしても、あなたの設定は削除されないため、その後再インストールしても、この問題は修復できません。

この問題をテスト して調べるには、プロファイルマネージャ を使用して新しいプロファイルを作成してください。これで問題が無くなれば、ブックマークや他の重要な設定を新しいプロファイルに移動 してください。

  上記を参考にして、あらかじめ作って置いたショートカットをクリックしてプロファイルマネージャーを起動、新しいプロファイルを作っておいて、そちらの方 を選んでおいてFirefoxを起動したらスムースに起動できました。

※プロファイルマネージャのショートカットの作り方は、

1、デスクトップにあるFirefoxのショートカットのコピーを作り、

2、そのコピーのプロパティを開いたら火狐の起動ファイルの後ろに「半角スペース、-P」として閉じ、クリックすればプロファイルマネージャが立ち 上がります。

※なお既にFirefoxを起動している時には、プロファイルマネージャのショートカットをクリックしてももう一つのFirefoxが立ち上がるだ けです。

 Firefoxは起動するようになったのですが、ブックマークもその他アドオンも当然のことながら無くなってます。別に簡単なので、設定し直しま した。

※ブックマークは、「ブックマークメニュー→ブックマークの管理 →HTMLとして書き出す」、復元あるいは移転先で「ブックマークメニュー→ブックマークの管理→HTMLから読み込む」よりも、以下のやり方の方が確実にできます

「ブックマークメニュー→ブックマークの管理→バックアップ」で、例 bookmarks-2010-03-28.jsonのファイルを保存。復元あるいは移転先で「ブックマークメニュー→ブックマークの管理→復元→ファイ ルを選択」で、例bookmarks-2010-03-28.jsonのファイルを読み込む。

 

俺たちが君達 を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代 美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バ ナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタン ス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、心を一つにし断固闘う

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、 漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判 員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしよう としていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国 民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレー ズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米 国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指しま す。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリッ ク。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラを クリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人 生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑ク リックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに 参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と  社民党や共産党
ト ラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓ 下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細 を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパー つめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細 を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macでも、火狐でのBBSの既読の文字色変更(要するに履歴(^^;)を次回やる時まで保存したい時(^^;汗。

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 普通の表現で言うと「検索やフォームの検索履歴を記憶させる」って事なんだけれどね(^^;。自分のブログにログインする時のIDなども記憶されます。

 Windowsの方では最初から出来ていたのがMacの方ではできない場合がありますネ。窓の方は利便性優先でセキュリティは二の次みたいな所がありますが、Macの方でしかもFirefoxとの組合せだとセキュリティをしっかりの意味でそうなってる場合があります。

 以下、Macでの設定をメモ。あくまでも僕の体験からのメモなので、他にもっと良い方法があるかも知れません。その時はコメントで教えて(^^;汗。

1、上のメニューバー→環境設定。

2、プライバシークリックで、履歴で「Firefoxに記憶させる履歴を詳細設定する」を選ぶ。

3、「検索やフォームの入力履歴を記憶させる」にチェックし、「Firefoxの終了時に履歴を消去する」のチェックを外す。

 以上、これだけ。

※なお、これって便利なのですがしばらく使っているとたとえばブログなどのログイン時のIDの所にも、他で入力した文字列が出てきます(要するに同 じフォームの入力履歴ですから)。増えると煩わしいので、その時は「Firefoxの終了時に履歴を消去する」にチェックを入れ直してから、火狐を終了し ていったん消し、再度「Firefoxの終了時に履歴を消去する」のチェックを外しておけばいいです。

※Windowsの場合には、ブログなどのログイン時のIDの所は個別に消せますね。入力フォームの所でクリック長押しするとプルダウンします。消したい文字列の所をポインタ移動してハイライトさせたら「delete」すれば消えます。

 

俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

男ども、可視化サボタージュのホステス連れ込み路上キス中井洽(67歳)と民主党にお灸をすえてやれ。

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 中井への批判は「30、40、50代の男のやっかみ嫉妬」みたいにTwitterで書いている馬鹿がいた。即行でフォローを外した。例えば痴漢冤 罪はやられたらほぼ100%くらいの確率でアウトだ。やられれば本人が気の遠くなるような努力・時間を犠牲にする覚悟がなければ回復は無理、可視化は大多数の男にとって無関係ではあり得ない。中井への批判は「30、40、50代の男のやっかみ嫉妬」みたいに書いた奴はええ格好しいのただの馬鹿。 

 まず一コマ目だけ停止した状態でご紹介します。

(クリックすると拡大します)
750379image1_2


 次のは完成版バナーです。クリックすると拡大します。
冤罪防止の可視化もしないでホステスと路上キッスと

 真ん中はご存じのように検察の滅茶苦茶な取り調べで17年間も獄中にいてその後冤罪と分かった菅谷利和さんです。

 最初バナーを作ろうと思った時はもう少し違った感じで作ろうと考えていたのですが、実際に画像を並べ作っている内にふつふつと怒りがわいてきました。目の前に比べて見ているからこそ気がついた事で、これは当初の想定外の事でした。

 左からご紹介します。樋渡検事総長(65歳)、可視化サボタージュ、30代ホステスとキスジジイの中井洽(67歳)国家公安委員長、冤罪の菅家利 和 さん(63歳)、鳩山由起夫総理大臣(63歳)、小沢一郎民主党幹事長(67歳)です。拡大して比べて見てもらうと分かりますが、鳩山と菅家さんは同い年 で5人の中では若いのですが、この老け振りはどうだ、これは明らかに冤罪で拘束された者が受けた心身へのダメージが伺えると僕は思っています。

 菅谷さんが笑顔で口を開けている写真も有るのだが、見ると前歯のサイドがなくて奥歯は殆ど歯がない。

 菅谷さんは、昨日の再審の宇都宮地裁での判決で無罪判決になりました。判決後の記者会見で「一部の可視化では駄目です、全面可視化しなければ冤罪 は防げません」と言っていた。この言葉を思い出すと民主党のノンビリぶりモタモタ振りにあらためて怒りがこみ上げてきます。


足利事件・菅谷さん無罪判決、「日本の刑事司法制度の弱さ」−欧米メディア
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0327&f=national_0327_009.shtml

 栃木県足利市で1990年、当時4歳の女児が殺害された「足利事件」で無期懲役が確定し、昨年6月に釈放された菅谷利和さん(63)の再審で、宇都宮地裁は26日、無罪判決を言い渡した。

  佐藤正信裁判長は判決を言い渡した後、2人の陪席裁判官とともに「17年半もの長きにわたり自由を奪う結果となり、申し訳なく思う」と菅谷さんに謝罪した。

  検察側が上訴権放棄を申し立て、地裁に受理され、逮捕から18年3カ月を経て、菅谷さんの無罪が確定した。

  菅谷さんの捜査段階での自白は、結果的に誤りであった警察庁科学警察研究所のDNA鑑定結果が、捜査官に伝えられたことが最大の要因で、信頼性は皆無であったと認定された。

  この事件は海外でも複数のメディアが報じている。英BBCニュースは、人権擁護団体が日本の取り調べ方法について長年批判しているとし、容疑者が弁護士なしで最高23日間拘留されて、尋問を受けるシステムについて疑問を呈した

  また米メディアは、捜査官が取り調べで、菅谷氏さんを最初から明らかに有罪だと決めつけ、暴行を加え、自白を強要したことに触れている。菅谷さんの冤罪(えんざい)について、取り調べで作られた供述書や不十分な証拠を信頼する、日本の刑事司法制度の弱さを示しているとし、取り調べの可視化などの必要性について言及した。(編集担当:桐山真帆子・山口幸治)

【関連記事・情報】
・時効廃止案、国会提出へ 5割「廃止賛成」、撤廃に疑問の声も(2010/02/27)
・中国大手家電「長虹」に粉飾決算の疑惑−当局が告発文を受理(2010/02/26)
・内憂外患の中国当局ネット管理…検閲で国外から批判・国内では汚職(2010/02/05)
・冤罪で死刑判決の2人に「国家賠償」支払いを決定−中国・雲南(2009/11/16)
・フジ冤罪ドラマ『誰かが嘘をついている』と植草一秀氏の釈放(2009/10/07)
・日本人男性が無罪になった後の改革の呼びかけ - BBC NEWS

 

Japan Clears Man Imprisoned for 17 Years
By HIROKO TABUCHI
Published: March 26, 2010
http://www.nytimes.com/2010/03/27/world/asia/27japan.html

TOKYO — For more than 17 years, Toshikazu Sugaya, a soft-spoken former kindergarten bus driver, lived behind bars, serving a life sentence for the murder of a 4-year-old girl.

On Friday, Mr. Sugaya, 63, was cleared of all charges after a judge acknowledged that Mr. Sugaya had been bullied by investigators into making a false confession — a practice that critics say is all too common in Japan’s criminal justice system.

It was only the sixth time since World War II that a defendant with a finalized death penalty or life sentence had been acquitted in a retrial, according to Kyodo News.

“We are truly sorry that your words of truth fell upon deaf ears,” Masanobu Sato, the presiding judge, told Mr. Sugaya at a retrial at Utsunomiya District Court, north of Tokyo, according to news reports.

Human rights groups have long criticized the Japanese authorities for relying on confessions to take suspects to court, instead of building cases based on solid evidence.

Japan’s conviction rate of nearly 100 percent in criminal cases cannot be compared directly with that of the United States, because there is no plea bargaining and prosecutors bring cases only when they are confident of winning. But critics say the high conviction rate creates a presumption of guilt in the cases that do come to court.

“There are deep-rooted problems in Japan’s criminal justice system,” said Kanae Doi, director of Human Rights Watch in Japan and a former  defense lawyer. “It is rampant with human rights violations.”

Mr. Sugaya’s case, which involved forced confessions and flawed DNA tests, has shown just how far the authorities will go to obtain confessions that will ensure severe sentences.

Mr. Sugaya was charged with the 1990 murder of Mami Matsuda in Tochigi, north of Tokyo, and was sentenced to life in prison in 1993. He had admitted to the crime but then retracted his confession and pleaded not guilty at his initial trial.

But his life sentence was upheld by a higher court and affirmed by the Supreme Court in 2000.

After fresh DNA analysis conducted at the request of Mr. Sugaya’s lawyers cast doubt on his involvement in the case, the Utsunomiya court opened a retrial. Mr. Sugaya was released in June.

During the initial investigations, prosecutors also neglected to tell Mr. Sugaya that he could consult with defense lawyers and that he had the right to remain silent, his lawyers said.

On Friday, the three judges at Mr. Sugaya’s retrial bowed deeply, saying the court had been at fault for not making sure that a fair investigation had been carried out. Mr. Sugaya bowed back, before leaving the court and collapsing, in tears, in the arms of supporters waiting outside.

“I feel completely different today from yesterday,” Mr. Sugaya said. “I feel refreshed by the verdict of complete innocence.”

 A version of this article appeared in print on March 27, 2010, on page A8 of the New York edition.

 

足利事件:布川事件の桜井・杉山さん、判決傍聴 菅家さんを祝福 /茨城【毎日】http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20100327ddlk08040100000c.html

 

 利根町で67年に大工の男性が殺害された布川事件の再審を控えた桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん (63)は26日、宇都宮地裁で開かれた足利事件の再審判決公判を傍聴。無罪が言い渡された菅家利和さん(63)と固く握手を交わし、祝福した。菅谷さん も判決後の集会で、思いを引き継ぐように「無罪」と書かれた垂れ幕を渡し、再審公判を控えた2人を励ました。【原田啓之】

 「誠に申し訳なく思います」。午前11時前、裁判官3人が起立し深々と頭を下げると、傍聴席の2人はやや前かがみになり、目を大きく開いた。杉山さんは「本当に謝るとはびっくりした」という。

  閉廷後、桜井さんは証人台に歩み寄り、「ありがとう。ありがとう」と涙をポロポロと流す菅家さんを抱きしめた。菅家さんの胸には、桜井さんが1カ月前にプ レゼントした桜色のネクタイが揺れていた。桜井さんと菅家さんはともに青春歌謡を楽しむカラオケ仲間。「本当に良かった。これで少しは菅家さんの気が晴れ るのでは」と思いやる。

 判決は、菅家さんが否認に転じる前の公判初期段階で起訴内容を認めた点について強要された自白ではないと判断し た。これに対し杉山さんは「菅家さんは(裁判所にも)どこかに警察がいるとおびえていた。(裁判所は)警察の圧力の大きさを分かっていない」。自身の経験 から「裁判所はウソの自白に弱い。冤罪(えんざい)を招いた責任から逃げてはいけない」と注文する。

 桜井さんは裁判官の謝罪について「具体的な問題点や改善すべき点を説明しなかった」と指摘。「一裁判官が問題を検証するのは難しいのだろう。冤罪の原因を分析する第三者機関を国が設置すべきだ」と語った。

  2人は午後7時から宇都宮市内で開かれた足利事件の報告集会に出席。壇上で菅家さんから「無罪」と書かれた垂れ幕を渡された。杉山さんは「今度は布川事件 だ。再審では裁判官を追及して闘っていきたい」と声を張り上げ、菅家さんは「絶対に(布川事件は)再審無罪と決まっているから頑張ってください」とエール を贈った。
【関連記事】

    * 社説:足利事件無罪 次は第三者で検証を
    * 余録:足利事件の無罪確定
    * 足利事件:「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で
    * 足利事件:菅家さん無罪判決 被害者遺族は事件風化に懸念
    * 足利事件:菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で

毎日新聞 2010年3月27日 地方版

 

【足利再審】謝罪の言葉かみしめ…菅谷さん、法廷では笑顔なく【産経】
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100326/trl1003261226014-n1.htm
2010.3.26 12:24
無罪が確定し、喜びを爆発させる菅家利和さん=26日午前、栃木県宇都宮市(桐山弘太撮影)

  「誠に申し訳なく思います」。静まりかえった法廷に裁判長の謝罪の声が響いた。宇都宮地裁で26日開かれた足利事件の再審判決公判。約18年もの間、冤罪 (えんざい)を背負い続けてきた菅家利和さん(63)に無罪判決が言い渡された。そして、心待ちにしていた裁判所の謝罪。菅家さんは、その言葉をかみしめ るように、裁判長に向けて頭を下げた。

 判決を読み上げると、佐藤正信裁判長は「本来は将来に向けて説諭するところですが」と前置きし、 謝罪を始めた。「真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半の長きに渡って自由を奪ったことにまことに申し訳なく思います」という佐藤裁判長の言葉に続 き、陪席裁判官も一緒に立ち上がり深々と頭を下げた。それに応えるように、頭を下げる菅家さん。

 18年間、背負い続けていた冤罪が晴れ るこの日、数日間降り続いた雨も止み、太陽が顔を出した。支援者の車で宇都宮地裁へ向かう菅家さん。グレーのスーツ、胸元には布川事件で再審が決まった桜 井さんから贈られたというピンクのネクタイ。前日には、逮捕前に通っていた理髪店で18年ぶりに散髪をして判決に臨んだ。

 開廷前から無罪が言い渡されるのは確実だった。しかし、求めるのはあくまでも「真っ白な無罪」だ。「つまらない判決であれば、裁判長に一言いいたい」と語気強め、支援者の車に乗り込んだ。

 午前10時3分、佐藤正信裁判長が開廷を告げる。「菅家利和氏は証言台へお進みください」と促され、証言台に立つ菅家さん。一礼し、まっすぐに裁判長を見据えた。

 「菅家氏に対する判決を言い渡します」。佐藤裁判長の声に、2度大きくうなずく。「被告人は無罪」。法廷に響いた声に、再び大きくうなずいた。

 判決理由では、冤罪を生んだDNA型鑑定を「証拠能力がない」、自白を「虚偽」とし、菅家さん側の主張を認めた。しかし、菅家さんの表情は晴れない。裁判長の謝罪にも笑顔は出ない。

 裁判長の謝罪を終えて、午前10時53分閉廷。証言台から弁護側の席に戻ると、菅家さんを支えた弁護士たちが出迎えた。長年、支えてくれた仲間を前に、ようやくホッとした表情を浮かべた。

 

【足利再審】警察庁刑事局長も「厳粛に受け止めている」【産経】
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100326/trl1003261237015-n1.htm
2010.3.26 12:36

 足利事件で菅谷利和さんに無罪判決が言い渡されたことについて、警察庁の金高雅仁刑事局長も26日、「厳粛に受け止めている」などとするコメントを発表した。

  コメントでは、「警察の捜査によって犯人ではない方が逮捕され、17年半もの長きにわたり受刑者等の立場に置かれ苦しまれたことは、極めて遺憾であり、誠 に申し訳ないことと考えております」などと謝罪。公訴時効の期間を経過させてしまったことについて深い遺憾の意を表した上で、「警察捜査の問題点について の検証作業を早急に取りまとめ、再発防止を徹底したい」などとしている。
関連ニュース

    * 【足利再審】謝罪の言葉かみしめ…菅谷さん、法廷では笑顔なく
    * 【足利再審】表情変えずじっと聞き入る 公判担当の佐藤裁判長
    * 【足利再審】裁判長謝罪全文
    * 【足利再審】取り調べ可視化めぐり議論…「自白得られない」「本当に冤罪防止になるのか」
    * 【足利再審】「今後も支援続ける」涙ぐむ支援グループの西巻さん
    * 【足利再審】時効を問い直した足利事件 廃止の流れ進む
    * 【足利再審】傍聴券配布に1513人が列
    * 【足利再審】「申し訳ありませんでした」裁判長が菅家さんに謝罪
    * 【足利再審】「人生無為、申し訳ない」 元県警幹部、菅家さんに
    * 【足利再審】広がる影響…裁判所の証拠検討より慎重に


俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、心を一つにし断固闘う

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

気象庁観測部荒川出張所SOBA担当員汐入遊歩道サクラ開花情報。ソメイヨシノ0.1分咲き(汗)カンザクラ散り陽光は満開。

※汐入遊歩道サクラ開花情報:オオカンザクラ散り、陽光(天城吉野と寒緋桜の交配種)満開、ソメイヨシノは0.1分咲きなり(汗)

 普段散歩する時には大きなカメラは持たないのですが、ザックに放り込んで出かけました。今日は天気曇り、やや気温は低めか。撮影ポイントはチェックしながら散歩コースの帰路で撮ろうと思いました。

Dsc_2063 ←このベンチでどれだけの恋人同士の語らい、熟年夫婦の会話があったのだろうなどと、ベンチのアームの下の朝露のしずくに焦点を当て後ろを意図的にぼかすなどしてパチリ撮っていたらなにやらポツリポツリ。

素人カメラマンなのでカメラの防水カバーなんてもちろん持ってないし、当然傘片手に撮るなんて根性ははなからない(^^;(汗)で、あたふたと大事 な虎の子のカメラはザックにしまい急いで帰途。代わりに出したコンパクトデジカメはショルダーベルトにぶら下げ何時でも撮れる態勢。

Dscn1446 まず、東京タワーの後継、東京スカイツリーを望みパチリ。その右に見えるのは白髭橋です。東京スカイツリーはまだ土台部分の感じかな?(2008年7月着工。2011年12月竣工、2012年開業の予定。)


 いや、話題は桜ね(^^;しばらく歩いていたらポツリポツリはやみました。

Dscn1450 ←汐入公園の歴史です。


 テキストに起こしてみました。

汐入公園と「お花見」

 現在の隅田川が荒川と呼ばれていた江戸時代には、荒川区の地域は江戸の行楽地として知られ、お花見や紅葉狩りなどができる自然が豊富にありました。

 日本でお花見がはじまった歴史は古く、平安時代までさかのぼります。江戸時代に入ってから、お花見は一般庶民の間にも広まり、桜の品種改良も各地で盛んにおこなわれてきました。

 明治になり、汐入公園から北の方角にあった荒川堤には、サトザクラの古い品種が多く移植されました。それ以来、荒川堤はサクラの貴重な栽培場所として、数々の品種を育んできました。

 汐入公園には、荒川堤で栽培された品種を含めて、約三十種類250本以上のサクラがあります。この公園では、江戸時代に一般庶民の楽しみであったお花見を、現在でも楽しむことができます。

(以上、テキスト起こし終わり。)

Dscn1448 ←陽光(天城吉野と寒緋桜の交配種)は満開でしたが、曇りなのでちょっとさえないですね。花もちがよさそうなので天気の良い時に撮れたら差し替えます。(つぼみのソメイヨシノの写真を撮れたら同じくアップします)


Dscn0338 ←オオカンザクラは既に散っており、癪なのでこれは2年前2008年3月22日に撮ったもの。後ろに見えるのは尾崎豊が住んでいた高層マンション。右に少しだけ見えてるのは汐入大橋です。(尾崎は1992年4月25日没、歌:「卒業」「僕が僕であるために」「遠い空 」)

【オオカンザクラ】カンザクラの園芸品種。花期がやや遅く、一重咲きで淡紅色、カンザクラよりもやや大輪。
(バラ科)

※以下余談:気象庁の桜の開花予測は今年からなくなったんですね。知らなかった。(以下、Wikipediaより)
従来は、気象情報業務は国家独占の状態であった。戦争中は気象情報は「軍事機密」扱いだったことからもそのことがうかがえる。しかし近年は民間にも段階的に解放されており、気象庁の業務は次第に国民の生命・財産にかかわる重要な分野に限定されるようになってきている。その一例として、2009年12月、これらとは直接関係が無い「桜の開花予想」を、2010年以降は民間に委ね、気象庁としては発表しないことを明らかにした。ただし、開花発表は生物観測としての一環として続ける。

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

お彼岸の桜、部分の中に全体を感じさせるって感じで撮ったのだが、蜂まで入れるとやはり難しいね(^^;

 nigaoeが日曜にサークルの発表会なんで、1日早めて20日(土)にお彼岸のお墓参りに行ってきました。何時も寄る花壇で花を買った後、広い 花を展示してあるところで桜を撮りました。以下写っているのは冬でも咲くと言う、山形県特産の啓翁桜です。名札に書いてあったのをさっきインターネットで 調べたら出てきました。

Dsc_1990 1、まあ桜に限らず花はアップでほとんど撮ってます。遠くからとってもつまらないんですよね。群生が見事ってのも確かにありますが、。で左に蜂が写ってるのですけれど、1枚撮ったら欲が出て桜と蜂をまとめて撮りたくなりました。


Dsc_1991 2、でもこれが動くんで難しい(^^;全部で30枚くらい撮ったかな。素人なんで下手な鉄砲ですね。
Dsc_2013 3、これなんか蜂がはっきりで、しかも撮りたかった横からなのですが、今度は桜が正面から撮れてない。花弁を正面にして待っていてそこにちょうど来てくれるようなタマじゃないしね(^^;汗。
Dsc_2016 4、比較的横からで、しかも桜の色も綺麗だからこのくらいで我慢すべきかもネ。
Dsc_2025 5、それにしても蜂の野郎とにかく動き回りやがるよネ(^^;汗。

※シャッタースピード優先で被写深度が浅くなってます。天気が良かったのでもっとスピード早くして羽を撮れば良かったと反省。素人の実戦派なので技術の進歩・獲得は正に一歩一歩(^^;。


良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

放送日の3日前の19日に「アンケートは終了いたしました。ご協力ありがとうございました」NHKの傲慢と消されたページ。

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 Twitter(ツイッター)では話題になりましたが、それ以外の人では気がつかなかった人が多いのではないかと思います。重要な問題と考えますので、証拠画像をアップします。

2010年3月22日(月) 午後10時00分〜11時28分 総合テレビ
放送記念日特集
激震 マスメディア 〜テレビ・新聞の未来〜
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100322.html

です。既に阿修羅でも話題になっている放送予定でした。

※参考:
キターー!天の時、NHK総合テレビ特集に阿修羅の怒りの声を! 
http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/470.html
投稿者 ジョニーぼんくら 日時 2010 年 3 月 18 日 00:28:55: PuvPhtiQxDEvM

 僕の記憶では4個くらいのの入力フォームがありました。NHKはそのアンケートを突然3月19日(金)の午後5時頃に「アンケートは終了いたしました。ご協力ありがとうございました」の終了お知らせをします。

20100319←左下に小さな文字で「アンケートは終了いたしました。ご協力ありがとうございました」とあります。(スクロールして見たい場合はこちら


20100319_2←その後、恐らく抗議が殺到したのだと思いますが、フォームの形式を変えてNHKはアンケートを再開しました。(スクロールして見たい場合はこちら

 考えてみれば再開は当然と言えば当然の話しです。今までだって当日まで携帯やFAXでのアンケートをNHKは実施して番組を作ったりしていまし た。今回19日、放送日まで3日も残してアンケートを終了する合理的な理由など考えられません。そもそも、インターネットでのアンケートは携帯やFAXと 違いデータの集計が楽なはずだからです。

 僕自身は最初のフォームでのアンケートには間に合わず出来ませんでしたけれど、おおよそ入力フォームが4個くらいあったと記憶しています。それが 再開後では「マスメディア(テレビ・新聞)の現状や今後のあり方など、番組に対するご意見・ご感想をお書きください。」でしかも50文字以内となっていま す。

 自分が記憶しているのとあまりも違った形に変更になったので、Twitterで変更前のフォームで投稿した方に教えて頂けるよう呼びかけました。早速返答のTwitterが返ってきました。それを元にまとめます。

 まず、最初にふじふじのフィルターさんの証言。

fujifuji_filter @28SOBA 今は、質問フォームが一つに。先のは設問を覚えていないけど、二つは、4つの選択肢から1つを選び、意見を書く欄が。後もう二つ設問で意見を書く欄があっ たと思う。書いた時間もよく覚えていないけど、SOBAさんが、NHKが締め切ったと書いた時より、40分位前かと思います。

 まとめると。

1、全部で4個の設問(僕のざっと見た記憶とあってます)。

2、最初の2個の設問は4択するクローズドクエスチョンの問いで、その後に自由記入のオープンクエスチョン。次の2問は自由記入のオープンクエスチョン。

 次に、dudueeさんの証言。メモの箇条書き風にTwitterしてくれたので、最初からそのまままとめます。コピペで記録したのかな、以下です。

1、テレビ局や新聞社などマスメディアの経営悪化が伝えられていますが、このような事態になった最大の原因は何だと思いますか?

2、マスメディアの経営悪化は、市民生活にどんな影響を及ぼすと思いますか。

3、これからのテレビや新聞に、どんな新たなサービスを期待しますか。

4、テレビや新聞は、今後、社会のなかでどんな役割を担うべきだと思いますか。

5、テレビ・新聞といったマスメディアに対して言いたいことがありましたら、何でもお書きください。

NHKの質問は 以上5問で最後の質問は200字以内にという制限つきでした。200字で言うのは難しかったです。言いたいことがいろいろあって。

 以上がdudueeさんの証言。4問と5問の違いはありますが、ふじふじさんの証言と大枠では合っていると思います。

 最初にあったアンケートの設問と、一旦「終了のお知らせ」した後に出してきた50文字自由記入の設問とでは違いが歴然としています。最初の方が優 れています。問題を掘り下げるためには、具体的に聞き、しかもクローズドとオープンの質問を組み合わせたふじふじさん証言で分かる最初のアンケートの方、 同内容を更に詳しく表現しているのだと思いますがdudueeさんが証言している最初のアンケートの方が優れていると思います。具体的な答えを引き出す設 問になっているからです。

 放送日22日(月)の3日も前にアンケート終了お知らせをした事、抗議に慌てたかのように今度は設問の内容や設問数を変更したこと、全てこれらの事が相まって今回のアンケートには悪意の意図、如何わしい意図が及んでいる事を感じてしまう。

追記:↓その後、阿修羅にかなり詳しい変更前のフォームでの質問情報が出てきました。
http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/479.html#c1

 

 以下は、関連の参考です。阿修羅管理人にアラシ扱いされて2年間昼休み板に島流しになってた(現在解除)小沢内閣待望論さんの投稿です。マスコミへの怨嗟の声で溢れています。要するに金払ってまで大本営発表の記事など読みたくないと言う事です。今現在でアクセスが11000を超えていて、コメントも364個ついてます。

34、大手新聞社、友達、社内が嫌なムード、購読中止が増え、上の方、広告部、が苛ついている、だそうです。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak36/msg/171.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2010 年 3 月 07 日 23:10:50: 4sIKljvd9SgGs


 以下、28SOBAの関連Twitterの採録。順番は上が最新、下が古いです。タイムゾーンについての呟きも採録しておきますが、もう少し詳しい補足説明を追加したものをひなたぼっこにアップし直します。

参考:リンクのタグに関係なく別窓で開くには「Shift+」でクリック、別タブで開くには「Ctrl+」でクリック←Macなら「コマンドキー+」でクリック。

28SOBA 承前)このタイムゾーン設定してない人って結構 多い気がする(笑)プルダウンが英語で並び順も一見して何これ?に見えるからだ(実際は実に合理的な基準で順番をふってます)オイラも性格がいい加減な所 があるのでスタート時「面倒くさい後でやる」でそのまま忘れたのだろう(後でひなたぼっこに纏め鱒

28SOBA (承前)現在は設定変更済み、TOKYOの+9時間調整設定をしたのでhttp://bit.ly/cC39Wl の呟きも4:05 PM Mar 19th←に修正されてます。確かにこの呟きを書いたのは4時頃の記憶でした。時間の設定って結構大事ですね(^^;(後でひなたぼっこにまとめ鱒)

28SOBA 例のNHKのアンケート偽装「終わりました」事件の関係で(あとで雑談日記に纏めます)http://bit.ly/cC39Wl ←の時間を見ると9:05 PM Mar 18thだ。ん?となったが、直ぐ分かった、ツイッタースタート時にタイムゾーン設定やってなかった(^^;汗。(続く)

28SOBA NHKのアホ、終了としたキャプチャをブログアップします。アンケート終了→抗議殺到→再開のアタフタ。2010年3月22日(月) 午後10時00分〜激震 マスメディア 〜テレビ・新聞の未来〜http://bit.ly/bTUSWt アンケート先http://bit.ly/c4z7E6

28SOBA @kihaku7778 了解。多分苦情が殺到したので慌ててページを再アップしたのでしょう。さっきのはキャプチャしてあります。NHKはやり方が卑劣。雑談日記にアップしますhttp://bit.ly/9CGkry ←番組紹介、左下アンケート先→http://bit.ly/c4z7E6

28SOBA http://bit.ly/cC39Wl ←NHKアンケートオイラの呟き1時間後締め切り偶然にしても酷い(泣)今日はまだ19日、放送はまだ3日も先の22日。しかも一番下の締め切りましたの字の小ささ、なんだこの陰険さ(^^;汗&泣、涙&鼻水⇒http://bit.ly/8Yy5K0

28SOBA http://bit.ly/cC39Wl ←NHKアンケートのオイラの呟きだが1時間たったら締め切られてる。「アンケートは終了いたしました。ご協力ありがとうございました」今日はまだ19日、放送はまだ3日も先の22日だよ。なんで(泣)⇒http://bit.ly/8Yy5K0

28SOBA さっきの呟き日付間違えたので削除し、再呟きし ます。×23日⇒◎22日。ただし、今日は19日で日付がかなり先の事は確か。そもそもインターネットでアンケートを取るのはハガキやFAXより早いし、 データ集計が楽だからでしょう。恐らくマスコミへの苦情集中での締め切り繰り上げ? #NHK

28SOBA 新聞購読激減、若者TV離れ、NHKのアンケートやりましか?⇒http://bit.ly/8Yy5K0 3月22日(月)放送記念日特集「激震 マスメディア〜テレビ・新聞の未来〜」午後10:00、まだTV持ってる人用でwGコードは152782 #MASUGOMI #T_demo

28SOBA 阿修羅管理人にアラシ扱いされて2年間昼休み板に島流しになってた(現在解除)小沢内閣待望論さんのこの投稿にコメントが現在335個>34、大手新聞社、友達、社内が嫌なムード、購読中止が増え、上の方、広告部、が苛ついている、だそうです。http://bit.ly/aLVZLS


俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

BBSを採録⇒「ねえ、Xmasイブの約束忘れたの?」愛のなじり呟き作戦を提唱いたします(^^;汗

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 これはと思う自分のTwitterは殆ど採録しているつもりでしたが、漏れてました。愛、そして生きる 主権者は私たちですBBSに投稿したのを元に採録しておきます。各Twitter末尾の日付データなどはTOPSYの検索で探したのを併記しておきます。

No.788 「ねえ、Xmasイブの約束忘れたの?」愛のなじり呟き作戦を提唱いたします(^^;汗
投稿者---SOBA(2010/01/28 23:04:23)
http://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?jouhou+788

ちょっとふざけたような表題ですが、実は大まじめです。末尾gaitifujiyamaさんの赤字部分を読み、僕がこの投稿で提起した事がどれほど重要な意味を持つか考え、実際に呟き作戦に参加して欲しいのです。

今日のSOBAのTwitterです。一番下から読んでください。下が一番古くて上が新しいの順番です。

(httpを3個以上使うとエラーになるので最初のhを削除してます。2個のhttpを文字に使って効率的にやるのが賢いやり方(^^;)

28SOBA @gaitifujiyama 愛のなじり呟き作戦「ねえ、あのXmasイブの約束を忘れたの、ねえあなた」←は12月24日プレスクラブでフリーランス田中龍作記者の質問に答えた内、記者会見開放部分です   
13 minutes前   from web  gaitifujiyama宛


gaitifujiyama @28SOBA 愛のなじり作戦ですかw 今までやった事無かったですけど、総理向けにツイートしてみますか!   
about 1 hour前   from web  28SOBA宛
(検索するも見つからず)

28SOBA @gaitifujiyama 賛同し「ねえ、あのXmasイブの約束ttp://bit.ly/b0U9GC を忘れたの、ねえあなた」愛のなじり呟き作戦を提案します(^^;汗 @hatoyamayukio ←現在フォロワーが約23万7千人です。一日一呟き各自思いを込めお願いします。
about 1 hour前   from web  gaitifujiyama宛


↓下の呟きに対して、↑上の呟きを返しました。

gaitifujiyama あの官房長官最大の罪は会見をフルオープンにしなかったこと。しておけば右へ習えとなり、特捜の会見だってオープンになっていた。そう思うとアヤツの判断は、色んな意味で万死に値する。噂で聴くに自分はトラブルシューターだとか言って取り入ったそうだが、自分がトラブルメイカーじゃねぇか   
10:41 PM Jan 26th   from web


(↑ここから始まります)

 

その後:1月28日の活動開始は以下の様に発展していきます。

1月30日に呟きロビー活動を提唱。

iwakamiyasumi 私も、現場にいた目撃証言者の一人です。RT @28SOBA    http://bit.ly/b0U9GC ←鳩山氏の12月24日プレスクラブでの官邸記者会見開放明言のmp3です。呟き圧力ロビー活動ご協力お願いします(約束守らず37日目)#kishakaiken

28SOBA @hatoyamayukio 今日は2月7日、鳩山さん今まで2度も提出・参院可決(2008年6月4日、2009年4月23日)している可視化法案をなぜ政権交代後に出せないのですか?http://bit.ly/dvpdBj #kasika

#T_demo

28SOBA 呟きデモのハッシュタグを作りました。 #T_demo です。ハッシュタグを利用するには @hashtags を事前にフォローしておきます。前後の半角スペースがないとアクティブにはなってもその呟きだけはハッシュ検索に反映されません。

俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民のための政治を

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

検察は国民の最大の敵。やはり可視化は必要。枚方市元副市長、検察で拷問・血だらけ紙オムツ1枚取り調べ←YouTube。

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 小堀隆恒氏が無罪を勝ち取っているニュースをと言う事で「小堀隆恒 無罪」でググったら、西日本新聞のコラム、春秋が1個だけヒットしただけ。しかもこの記事――2010年2月17日「足利事件」の再審公判が結審し た…――と言うタイトルで、足利事件菅谷さんの事が書かれていてその記事の後ろで小堀隆恒さんが無罪判決になった事が出てきます。Googleのニュースでググっても出てくるのは 1ヶ月前までなんですね。あとの方で採録しておきます。

 まず関連、阿修羅で今度は「小堀隆恒 無罪判決」で検索したら2件出てきました。

「ごみ野郎、くず野郎」検察の拷問・血だらけの紙オムツ1枚で取り調べを受けた屈辱は絶対忘れない[ゲンダイ]
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/161.html
投稿者 feel 日時 2010 年 2 月 10 日 00:14:45: /berAdga6DXu.

【拷問で自白させて事件をでっちあげる日本最大の暴力団w】検察、マスゴミ攻撃で人生ボロボロ
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/170.html
投稿者 官からアメリカ人へ 日時 2010 年 2 月 10 日 08:08:05: Dx5sTVjBq/alo

 

フリー記者岩上安身さんのチャンネル からですが、YouTubeの方をご紹介しておきます。

100301小堀隆恒氏01.flv
http://www.youtube.com/watch?v=dRigGJHRJ8w

100301小堀隆恒氏02.flv
http://www.youtube.com/watch?v=8pXD3L2Jstw&feature=related

このNo2の、4分38秒から、腰縄手錠で連れて行かれた話しから始まり、ひどい取り調べの状況が語られて行きます。

 

100301小堀隆恒氏03.flv
http://www.youtube.com/watch?v=9yd_TEP06lE&feature=related

 検察のやり方は、まるでヤクザ。いや、ヤクザが怒るね。ヤクザは検察の様な滅茶苦茶な権力を持ってない。

(SOBA:3分37秒からの以下の話しはもう絶句するばかり⇒)腎臓ガンで右側摘出、前立腺肥大症もあり5月31日に逮捕され6月府議会が終わったら手術をする予定で予約もし入院して手術をする事になっていた。当然排尿障害が起こっていて薬を飲まないと排尿できない状態だった。それも拘置所に行ってから薬も全て取り上げられた。 弁護士の方から医者に診せてくれ薬も与えてくれと言ってもらったが、検察は一切認めてくれなかった。(取り調べが始まってから)4日目には尿が完全にス トップし、腹がパンパンにはってきて尿毒症の恐れも頭に浮かび訴えたら拘置所の中の医務室で処置をすると、かなりお年を召した方で(本当の)お医者さんか どうか分かりませんでしたけれど、尿道にカテーテルをして尿を排する処置をして頂いて「ああ、助かったなぁ」と思ってたら、その処置が不具合で(カテーテルが)突きすぎて膀胱に傷をつけてそこから出血した。血尿が続き、下着が赤くなって、それを訴えたら介護用のパンツを1枚だけくれた。結局最後までその1枚だった。

100301小堀隆恒氏04.flv
http://www.youtube.com/watch?v=oVh5NTw3xIY&feature=related

 佐藤栄佐久前福島県知事の話しが途中出てきます。実質無罪だったのにほとんど報道されなかった事実についてです。

※佐藤栄佐久前福島県知事:東京一極集中を強める小泉純一郎政権に対して、「地方の痛み」を強調し続け、知事在任末期における郵政民営化、飲酒運転 厳罰化などへの姿勢も含めて、一貫した政治姿勢が際立っていた(←Wikipediaより。要するに売国奴小泉の国民イジメ庶民イジメの政治に反対したと 言う事で、その姿勢が国民の最大の敵・特捜検察に狙われたようだ。取り調べ検事は大鶴基成特捜部長で、『これができるかどうかで自分の出世が決まる』と息 巻き、乗り気でない現場を怒鳴りつけていた」なんて話しもネットには出てます。)

100301小堀隆恒氏05.flv
http://www.youtube.com/watch?v=ZmY5VXX8B0I&feature=related

100301小堀隆恒氏06.flv
http://www.youtube.com/watch?v=bLE0kA6yM0I&feature=related

100301小堀隆恒氏07.flv
http://www.youtube.com/watch?v=abRUbGlRUkY&feature=related

 この7も必見。4分からの拘置所から出てきて初めて見たマスゴミの出鱈目、嘘八百の記事について話している所も注目です(4分から始まる様に設定したURL


20100315←「小堀隆恒 無罪」でGoogleのニュースでググったら、西日本新聞のコラム、春秋が1個だけヒット。


「足利事件」の再審公判が結審した…【西日本新聞 コラム > 春秋 】
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/153022
2010年2月17日 11:02

 「足利事件」の再審公判が結審した。無期懲役刑で服役中に釈放された菅家利和さんが無罪であることを検察側は認め、謝罪した。来月26日、逮捕から18年後に無罪判決が言い渡される

▼6回にわたった再審公判で捜査当局への怒りを口にしてきた菅家さんは、その合間には各地の集会に招かれた。取り調べの「可視化」実現を求める集会だ。冤(えん)罪(ざい)を生まないためには録音・録画するしかないと思っている

▼菅家さんと一緒に可視化を訴え続ける人がいる。大阪府枚方市の元副市長、小堀隆恒さん。副市長だった2007年春、市発注の清掃工場建設工事をめぐる談合事件で大阪地検に逮捕された。身に覚えはなかった

▼小堀さんによると、検事は「二度と枚方に住めないようにしてやる」とどなり、パイプいすをけ飛ばしたりした。持病があったが配慮してもらえず、おむつをはかされた状態で取り調べを受けたという

▼「屈辱は一生消えない」とつづった書簡を昨春、枚方市議会に提出した。その少し前に出された地裁の無罪判決に地検は控訴せず、無罪が確定していた。副市長職を追われた悔しさにも触れた書簡は議会で朗読された

▼小堀さんや菅家さんが招かれる集会には政治家の姿もある。民主党は可視化を政権公約に掲げた。同党国会議員の逮捕などで議論が一時ねじれたが、もともと可視化法案は今国会に提出予定だったと聞く。まだ提出されないのだろうか

=2010/02/17付 西日本新聞朝刊=

 

小堀前副市長の書簡 「無罪判決を受けて」 平成21年5月25日
http://www.kiku-sakura.net/kobori.html

枚方市議会  議 長  榎 本 正 勝 様

急啓

先日5月12日0時、「無罪」が確定してから約二週間が経とうとしています。
一昨年5月末日の青天の霹靂で理不尽極まりない突然の逮捕。非人道的且つ人権無視の取調べ。
一貫して潔白を主張し続けるも強引に起訴。
その後の一年余に及ぶ裁判手続きを経ての「無罪」判決。このことが何を意味したのか?人の人生を土足で踏み躙っておいて。

優秀な職員と共に市役所一丸となり誠心誠意取り組んだ、新清掃工場と新火葬場建設事業は無事竣工し既に稼動している現実。等々‥‥。

未だ気持ちの整理が付かず、未消化で溜飲の下がらない情況の中で、現時点に於ける自らの思いを有りのままにしたためました。

失礼ながら、市議会の皆様方にご抜露いただければ幸甚に存じます。

      平成21年5月25日                          小 堀 隆 恒

 

以下は本文

                                平成21年5月吉日
各 位

              無罪判決を受けて

1,平成21年4月27日、私は、大阪地方裁判所で無罪判決を勝ち取ることができました。無実の罪で起訴されたわけですから、無罪判決は当然と言えば当然の結果です。しかし、他方、世の中に散見される冤罪事件を思うと、その心中は穏やかではありませんでした。

裁判官から「無罪」と言われたときの心境は、体験した者しか理解して頂けないものかもしれません。えも言われぬ歓喜の気持ちと虚脱感が錯綜した不思議な感覚でした。この感覚は、逮捕されて2年間という時間の長さとその間の苦しみの重さから来るものかもしれません。

2,無罪を勝ち取ることができたのは、裁判所が私の言い分を虚心坦懐に聞いて頂けたことが大きいとは思いますが、これまで私を支えてくれた数多くの方々のご支援ご声援の賜物と、心から感謝しております。
私の人となりをよく知って頂いている方々は、私がおよそ犯罪とは無縁な生真面目だけが取柄の人物であること、公務員として高潔であるべきとの理念の下、40年間これを実践してきたことを理解して下さっていました。

私 が、逮捕されても、また起訴されても、私が無実であることを信じて、決して疑いをかけることすらありませんでした。特捜部が起訴しようが、マスコミがどれ だけ騒ごうが一向に意に介さず、「小堀隆恒」という人間を心底信じてくれる人が周囲には沢山いるということが、何より私を勇気付けてくれたのです。

3,私は腎臓癌で右腎を摘出し、前立腺肥大による手術をする予定であったところ、突然逮捕されました。私は自分が逮捕されるなど全く予想もしておらず、個人的に弁護士の知り合いもいなければ、刑事事件がどのような手続きで進められるかも理解を欠いていました。

そ れより何より、私は自分が何故逮捕されなければならないのか、その理由を全く理解することが出来ませんでした。私は、当時、大阪府警の現職警察官で、しか も談合捜査のプロとして紹介された平原という人物に、捜査情報として尋ねられた内容を答えたに過ぎません。しかも、その情報は予算額と経審の点数であり、 捜査情報として必要だとの平原の説明に何ら不合理な点はなく、しかも何ら秘密事項でもありません。

そもそも目の前の警察官が業者から1000万円もの賄賂をもらって談合に加担しているなど一般人が考えるでしょうか。一般人のこんな常識的感覚さえ、検察官は聞く耳を持ちませんでした。
私は業者と接触することを悉く嫌っており、業者から金品をもらったことなど一度たりとてありません。大阪府警をしょって立つエリート警察官として紹介された平原が、賄賂をもらっていたなどという話が、小説やテレビではなく現実にあるなどと一体誰が考えるでしょうか。

4, それでも、検察官は私の話を聞き入れません。汚職警察官の言うことが正しいと決め付け、私がそうでないと何度も申し向けても聞く耳を持ちませんでした。挙 句、「二度と枚方に住めないようにしてやる。」、「お前ら家族も町を歩けないようにしてやる。」などと怒号し、机を叩きつけたり、パイプ椅子を蹴り飛ばし たりし続けました。拘置所の看守が、近所から苦情が出ていると取調べの最中にクレームを述べに来たり、多数の取調べを目の当たりにしている看守が私に「間 違いをおかすなよ。」と自殺の心配をしなければならないほど過酷な取調べが続いたのです。

その上、排尿障害でカテーテルを挿入され、その 挿入に問題があったがため出血が酷く、まともな手当てもされないまま、オムツを履かされ出血が止まらない状況で取調べを受けたのです。その屈辱は一生消え ることはないでしょう。私は、法治国家の日本の現実かと恐ろしくなりました。

5,勾留中、私には弁護士以外とは面会できないという措置が講じられていました。
保 釈後、マスコミが、私が罪を認めたであるとか、1000万円受け取ったなどと虚偽の報道を競うようにしていたことを知り愕然としました。特捜部からリーク された虚偽の事実を、そのまま平然と報道するマスコミの姿は、それまで私が持っていたマスコミ像とは全く違っていました。権力と戦う正義感に燃えるマスコ ミ像というのは、単なる幻想であることを思い知りました。

事件について何も知らず、マスコミからの情報にだけ接する一般人の考えは当然 誤った方向に導かれます。私が勾留中、私の家族には「松岡農林水産大臣のように自殺されてはどうですか」と書かれた匿名の手紙が届きました。あの時、私の 家族に何かあったとしても、マスコミは責任を認めなかったでしょう。
これが報道の自由を標傍するマスコミの実態なのかと虚しくなりました。

6, 私は、40年以上、枚方市政のために全力を傾注してまいりました。それは生まれ育った、そして今後一生を終える地となるであろう、この枚方市が少しでも良 くなればこそと思ってのものです。私だけではなく、先祖代々枚方市に居を構え、私の子供達を含めて、枚方市のお世話になっております。私は枚方市に仕える 身として、職務に励んでおり、公務員としても人一倍自分を律してきました。

それにもかかわらず、志半ばで枚方市を去ることを余儀なくされたのです。時計の針が戻るなら、平成19年5月の時点にもう一度戻り、副市長としての職務を全うしたいとの思いです。しかし、それが適わない現在の自分の立場が、本当に辛く悔しくてなりません。

7,以上、無罪判決を勝ち取ることができた現在の心境を率直に述べました。
私は、この結果を受けて、皆様の面前において、自らの思いの丈を述べることも思慮しましたが、控訴係争中の方がいる現状に鑑みて書面といたしました。

                                小堀隆恒 印


俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、心を一つにし断固闘う

 

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

フリー記者、岩上安身さんの「虚偽報道の記録と検証が必要」に賛同します&日付から政治関係記事を探す方法の提案。

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

結論:雑談日記の、阿修羅「政治・選挙」板のリンクリスト へ飛び→日付から該当阿修羅板を探す→阿修羅に飛んだら日付とキーワードなどで記事を特定する。

 以下、28SOBAと岩上安身さんのTwitter(ツイッター)をそのまま採録。上が新しく、下が古いです。(リンクのタグに関係なく別窓で開くには「Shift+」でクリック、別タブで開くには「Ctrl+」でクリック←Macなら「コマンドキー+」でクリック)

28SOBA http://bit.ly/90GZGr ←自呟きへの自己RE→阿修羅板での共産シンパgataroさんの投稿が貴重だった事が分かる。gataroさんはWeb魚拓までしてくれている(笑)。単純小沢ファンは贔屓の引き倒しで役に立たない場合が多々ある。ハートは熱く頭はクールにだ。

28SOBA 貴重なデータベース、阿修羅「政治・選挙板」のリンクリストは雑談日記で整備しメンテしているが、入り口は雑談日記http://soba.txt-nifty.com/zatudan/ 左サイド2個目の阿修羅バナーにリンクはってます。 #K_houdou

28SOBA 最初から表題が分かってればググればいいだけで簡単。しかし日付から政治関係の記事を探すにはどうするか?阿修羅には政治板の履歴が整備されてない。実はオイラが大分前に履歴を整備し現在でもメンテしている(^^;汗これだ⇒http://bit.ly/9QYmJu #K_houdou

28SOBA 貴重なデータベース、阿修羅各板の履歴はhttp://bit.ly/a3CZM2 にある。しかし管理人さんが書いてる様にメンテが途中で放棄状態。当初期間限定だった「選挙板」をオイラが「政治・選挙板」に名称変更提案し生き延びた政治板は最初のが1個だけ(^^;汗 #K_houdou

28SOBA 虚偽報道も含んだ巨大データーベースとしての阿修羅。例えば岩上さんのhttp://bit.ly/bB5SYW を探すのなら阿修羅政治板2010/1/20の読売を探せば出ます。これ⇒http://bit.ly/dryVlv gataroさん共産シンパで貴重な投稿也 #K_houdou

28SOBA 虚偽報道のハッシュタグを作ってみました。英語 では略語(Abbreviation)の短縮表記や、頭字語(Acronym)の頭文字表記の習慣がありハッシュタグでは漢字と攻守所を変え日本語より上 手い。#タグを作る時日本語では工夫が必要。字数なるべく少なく虚偽報道で⇒ #K_houdou

28SOBA それにしても2009・3・3以降のマスコミは酷かった。大本営発表が蘇ったかの様だ。この1年の報道は後々の語りぐさとなるだろう。阿修羅の政治板は貴重な資料となる。

iwakamiyasumi 検察の虚偽リークをはじめ、記者クラブメディアの虚偽報道の具体的な事例をご存知でしたら、教えてください、とお願いしたところ、いくつか寄せられました。やはり、ハッシュタグを使わないとだめかもと、今頃気づくわたくし。すみません、段取り悪くて。 #kyogihoudou

iwakamiyasumi 続き。これも、twitterや「トリセツ」で 書きましたが、わざわざたきつけて大げさに報じる、マッチポンプのような報道が目立ちました。真の意味での国益を損なう、有害なネガキャンだったと思いま す。こうした報道・論評についても、検証を行いたいと思います。情報の提供にご協力ください。

iwakamiyasumi 続き。小沢疑惑に関してだけ、取り組もうと思っ ているわけではありません。検察がメディアを利用し、虚偽リークによって、「風を吹かせた」事案について、誤報・虚報があれば、情報提供していただけます でしょうか? また、昨年などは普天間問題をめぐって、米国が怒っていると報道がありました。

iwakamiyasumi 続き。これらについて、できるだけ情報を収集 し、まとめて批判、反論したいと思います。石川氏だけでなく、他の元秘書、小沢氏、その他、検察と一体になって、記者クラブメディアが流した虚報や悪質な 論評について、記憶と記録の残る限り、情報をお寄せいただきたいと存じます。

iwakamiyasumi 続き。たとえば、1月20日、21日の読売新聞 が、「石川議員は小沢氏の関与を供述した」と、まったくの虚偽報道を行いました。これについては、このtwitterや「トリセツ」で、批判してきました が、他の新聞、テレビも同様の、検察の虚偽リークにもとづく誤った報道や論評を流してきました。

iwakamiyasumi 日ごろ、私のつぶやきを聞いてくださっている皆 様、感謝しております。さて、今日は折り入って、お願いが。ずっと、僕は政権交代以降の、新聞・テレビなど、記者クラブメディアの報道の偏向、誤報、虚偽 報道などを批判し続けていますが、もっと情報をきちんと集積して、まとめる必要を感じています。

俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

【必見】マル激465回もう沖縄は騙されない普天間移設問題の真相@真喜志氏、『東京政治』への不信感の根底にあるもの@玉城氏

必見】マル激465回もう沖縄は騙されない普天間移設問題の真相@真喜志氏、『東京政治』への不信感の根底に

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

副島隆彦氏インタビューby岩上安身氏「ナショナリスト、ポピュリズム、リバタリアニズム」など。

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 以下、キーワードなどメモ。

100228副島隆彦氏1.flv
http://www.youtube.com/watch?v=Eo5SsMI8Q40

 (2分55秒から)属国日本の国王。

 

100228副島隆彦氏2.flv
http://www.youtube.com/watch?v=BC-M1gIpSik

 (始めから)「属国日本論 」。NSA(国家安全保障局 National Security Agency)、FEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁 Federal Emergency Management Agency of the United States)

 

100228副島隆彦氏3.flv
http://www.youtube.com/watch?v=57iBG7KCwaE

 読売の正力松太郎(CIAコードネームは「ポダムpodam」、関連で読売新聞や日本テレビやプロ野球・読売巨人軍のスパイ組織暗号名は「ポハイクpohike」)。朝日新聞船橋洋一。(4分16秒から)地方新聞と小沢一郎氏。(5分50秒から)政治家と官僚の関係、政治主導について。(7分から)国民の中心部分が全然動揺しなかった。

 

100228副島隆彦氏4.flv
http://www.youtube.com/watch?v=xi8cGYW89Hc

世界権力者 人物図鑑 。(1分20秒から)ナショナリストと国王について。(4分10秒から)小室直樹と小沢遼子。

 

100228副島隆彦氏5.flv
http://www.youtube.com/watch?v=efYD7DlPf1I

ポピュリズム、リバータリアン、グローバリズムとアイソレイショニズム(Isolationism)。

 

100228副島隆彦氏6.flv
http://www.youtube.com/watch?v=49mYC5h31CE

 

100228副島隆彦氏7.flv
http://www.youtube.com/watch?v=u_fsSMfYftI

 特に5分45秒の所からが印象に残りました。⇒「インターネット言論が出てきて、とりわけ年末から目立った60前後くらいの層、全共闘世代でクラス活動家程度だった人が文章を書き始めている。政党運動ではなく国民運動を起こしたい。」

 

俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民のための政治を

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(3)小沢と検察、両者の会見から読み取れるもの

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 以下、立花隆も焼きが回ってただの耄碌ジジイになったのかとネットで評判になった一文です。既にリンクはページが見つかりませんになっており キャッシュでしか読むことが出来ません。そのキャッシュも間もなく消されるでしょう。資料として採録しておきます。立花隆の講演会にも行き、雑談日記 でもご紹介していましたが、化けの皮がはがれたという所でしょうか。言論人としての立花にはジエンド、引導を渡す時だと思います。

関連:立花隆はもう終わりだな(笑)。(文藝評論家・山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』)

※SOBA:(2)のメモでも書きましたが、立花隆はこの(3)を寄稿後、同じ日の2月6日夕方までには削除して遁走しています。

 

立花隆が緊急寄稿(3)
小沢と検察、両者の会見から読み取れるもの 立花隆
2月 6日(土) 10時28分配信 / 国内 - 政治
http://g2.kodansha.co.jp/?p=3571
キャッシュ←まだ見られます)

 小沢不起訴の背景に何があったのか。
 表面的には「嫌疑不十分」、すなわち犯罪(政治資金規正法違反)の疑いはあるが、起訴しても公判を 維持するに足る十分な証拠が集められなかったということになっている。とはいえ、検察の処分決定に際しては、最後の最後まで、すでに集めた証拠でも十分と する積極派と、これだけでは不十分とする消極派の間で争いがあったとされる。証拠評価は、証拠評価メーターのようなものがあってそれに載せればすぐに評価 値が客観的に示されるというものではなくて、主観的な部分が大きいからどうしても積極派と消極派が出ることになる。裁判はやってみなければわからないとい う部分が結構大きいから、裁判をやらないと決まった以上、どちらが正しかったかの判定もつかないことになる。

 だが今回は、検察審査会の制度が変った効果によって、実は不起訴の決定が引っくり返って、小沢起訴になる可能性も結構あるというのはすでに伝えられている通りである。
  検察審査会の委員はクジによって十一人が選ばれ、うち八人が起訴相当の決議を二度にわたって行えば、検察がいやでも起訴されることになる(裁判所の指定し た弁護士が起訴する)。十一人中八人ということはパーセントに直せば、七三%の賛成があればということで、まだ小沢不起訴後の世論調査があるわけではない が、結構引っくり返ることもありうるラインだと思う。

 面白いのは、この検察審査会の審査に、検察側はこれまでの捜査資料を提出して、なぜ不起訴の決定にいたったかを疎明しなければならないということである。
 不起訴決定後も国会審議を通じてこの問題はまだまだ多くの議論がつづけられることになっているが、それとは別の角度からの議論もつづくということである。

■元検事総長が綴った「指揮権発動」の真実

 ここで、いまひとつ異なる角度からこの一件を見直す必要があるという問題を提起しておきたい。
 それはこの不起訴決定の裏で、インフォーマルな指揮権発動があったのではないかという問題である。

 表向き、公然と行使された指揮権発動は、一九五四年の造船疑獄にあたって、検察が佐藤栄作自由党幹事長を収賄容疑で逮捕しようとしたのに対して、ときの犬養健法相がこれにストップをかけるために発動したもの一度きりということになっているが、実はそうではない。
 実はそうではないということは、指揮権発動問題に関していちばん権威あるとされる、伊藤栄樹元検事総長の『逐条解説 検察庁法』(良書普及会)に、はっきり次のようにある。

「いわゆる指揮権発動は、昭和二九年四月、いわゆる造船汚職事件に関して行なわれたそれがもっとも有名であり、一般には、それが唯一の例であるかのようにいわれているが、必ずしもそうではない。」

 必ずしもそうではないどころか、重要事件については、むしろ、一般的といってもいいくらい行使されているというのだ。伊藤栄樹は次のように書いている。

「ま ず、法務大臣は、あらかじめ、特に重要な事件について、捜査の着手または起訴、不起訴の処分について、法務大臣の指揮をうけるべき旨を、一般的に定めてお り、これにあたる場合には、具体的事件について、検事総長から法務大臣に対して請訓が行なわれ、これにこたえて法務大臣が指揮をすることとなっている。す なわち処分請訓規程(昭和二三年法務庁検務局秘第三六号訓令)および破壊活動防止法違反事件請訓規程(昭和二七年法務府検務局秘第一五七〇号訓令)に定め る若干の事件がこれである。」

 政治資金規正法違反は新しい法律だからこの処分請訓規程に入っていないことは明きらかだが、その後身の現行処分請訓規程に入っているかどうかは不明である。しかし伊藤はさらに次のようにも書いている。

「ま た、検事総長は、国会議員を逮捕する場合(ことに、国会の会期中)その他将来政治問題化することが予想されるような事件については、国会における検察権の 代表者である法務大臣に対し、折りにふれて積極的に報告を行なうものと考えるが、そのような時、とくに法務大臣の指揮を仰ぐこともあると考えられる。」

 今回の事件は明きらかにこの範疇に入る事件だから、当然、最終処理にあたって、千葉景子法務大臣のところに処分請訓がなされているはずである。

■態度を一変させた小沢

 問題はそのとき千葉法務大臣が何といったかである。「しかるべく」(「検察がやりたいようにやりなさい」)といったかどうかである。そのような決定を下すにあたって、千葉法務大臣が小沢に連絡して、小沢の指示をあおいだりしなかったかどうかである。

 今回は、造船疑獄のときとちがって、「小沢不起訴」という方針は民主党政府と小沢の意に沿うものだったから、多分、「秘書三人起訴、小沢不起訴」という最終処分の内容を告げられても、千葉法務大臣は「それで結構です」としかいわなかったろう。

  ここで問題なのは、そのような検察最終処分方針の決定にあたって、検察がそもそも証拠を純粋に客観的に評価してそのような結論に導かれたのかどうかであ る。むしろ、検察側がいずれ法務大臣の指揮を仰がなければならなくなる事態を見こして、民主党政府と正面衝突しなければならないような最終処分方針(「小 沢起訴」)は避けたということではないのかということである。

 私が今回の不起訴処分で注目したのは、当日の小沢の記者団へのコメントである。

 まず石川秘書の処分に関して問われて、「検察の公正な捜査結果」といった。これまでの検察批判を繰り返し、検察との全面対決姿勢をむきだしにしてきた小沢のあまりの態度の変化にビックリした記者が、
「前に検察との対決を宣言していたが、これは、その対決に勝利したということか」
 と問うと、
「勝利とか敗北とかいう問題ではない。検察当局が、公平公正な捜査をやった結果だと、それをそのまま受け止めていきたい」
 と、公平・公正を繰り返した。あのケンカ腰の対決姿勢はどこに行ってしまったのだろうかとビックリするような態度の変化だった。

■事情聴取は何回行われたのか

 もうひとつ注目したのは、検察の佐久間達哉特捜部長の記者会見の次のやりとりだ。
――小沢氏への聴取は何回行ったのか。
「小沢氏本人が明かしているものは否定しないが、何回だったのかはいわない」
 一般には小沢が自分から明かした二回の事情聴取しか知られていないが、どうやら、二回以上あったらしいのである。

  そういわれてみると、最終処分に向けてことが進行している過程で、小沢が報道陣の眼を逃れて、動静不明になっていた数時間がある。一回目四時間半、二回目 三時間の事情聴取も結構長いもので、二回目の聴取の後も小沢の強気の姿勢が大きく変っていてビックリしたが、それ以上に、この最終不起訴決定後の小沢の態 度の変化には驚くほど大きなものがあった。

 私はいつだったか、ある検事に、「(マスコミの)皆さんが知らないところで行われ、いまにい たるも誰も知らない検察の政治家の事情聴取なんていくらでもあるんです。私もやったことがありますが、なにか別の用事で国会に行ったときに、その取り調べ た政治家から議会の廊下で最敬礼されて困ったことがありました」という話を聞いたことがある。

 今回の事件で、まだ明かるみにでていない、そして今後とも明かるみに出ないことはいろいろあるにちがいないが、その一つが、この小沢不起訴にいたる決定過程だろう。

■阿吽の呼吸

  それがどのようなものであったかは、私も知らないが、あれほど強気だった小沢をもってして、検察を公平公正の権化のようにいわしめるような何かだったのだ ろう、とはいえる。その態度の変化から推しはかるに、検察は小沢を追いつめる相当の隠し玉を持っていることを小沢にある程度明かした。しかし、それを使わ ないで不起訴で結着をはかるという形で、小沢に大いなる恩を売ったということではないのだろうか。
 ついこの間まで、検察との対決姿勢を強めた小 沢は、検察官人事に手を突っ込み、民間人から検事総長を起用するとか、検察庁の機構改革、取り調べ過程の可視化など、過激な改革策をいろいろ考えていると 伝えられていたが、もしそうだとすれば、おそらく、そういう姿勢も含めて、小沢はこれから対検察の姿勢が大きく変っていくにちがいない。

  なにか大きなものを検察につかまれたままで、この事件が完全結着したとはいいがたい状況の中で、検察と小沢の間で阿吽の呼吸の大きな取引が進行したという ことが小沢不起訴の本当の裏側なのではないだろうか。阿吽というところが大事で、このような取引は決して言葉では明示されないし、いかなる形でも証拠は残 さない。だから、後からどちらの側もあったとも、なかったともいうことができる。いってみれば、その後の小沢の大いなる態度の変化がそのような取引を受け たという意思表示といえる。

■小沢も検察も「安泰」か?

 小沢は実は、自民党の最大の実力者の一人として、政界の裏側を たっぷりのぞいてきた。政治と検察の関係の裏側もよく知っており、『小沢一郎 政権奪取論』(朝日新聞出版)の中で、指揮権発動に関して以下のようなこと をいっている。伊藤栄樹とは別の意味で、指揮権発動なんて、何度も行われてきたといっているのだ。

小沢 犬養法相の場合は「やるな」というほうの指揮権発動だった。法相が疑獄捜査をとめたから、国民から批判されたのだ。しかし、田中先生と金丸さんについては「捜査をやれ」という指揮権発動だった。
――それでは、大物政治家に対する検察の捜査は、政権の側から「いいよ」という判断がないと、やりたくてもできないのですか。
小 沢 検察が政界の大物を対象にした捜査をやるときは、必ず総理にお伺いを立てます。行政ですからね。金丸さんのときに、検察が政権のだれと話したか、僕は 詳しくは知りませんけども。だけど、おそらく、あのときに首相だった宮沢喜一さんが、検察の捜査方針に「うん」と言ったんでしょうね。そうでなきゃ検察は 捜査をやりっこないですから。そして、竹下派議員は少なくとも半分は、金丸さんの捜査を許容していた。
――竹下さん自身はどうだったのですか。
小沢 許容した側です。

  こういう経験を積んできた人間が、今回は政権中枢に座っており、しかも自分自身の政治生命にかかわる事態におちいったのだから、権限上も許される影響力を 存分に行使したはずである。そしてそのような小沢の出方を十分に知っていた検察は、その捜査力を行使して、小沢に対する交渉力のもととなる材料をたっぷり 仕込んだ上で、小沢との取引にのぞみ、「不起訴」決定と引きかえに、検察側も取るべきものはたっぷり取った(検察組織安泰)。しかし、そのような取引を表 に出すわけにはいかないから、いまは検察の捜査がなぜどのように失敗したかというウラ話をさかんにリークして、それをマスコミがよろこんで書いているとい う状況ではないのか。

 おそらく、この事件の本当の裏側が外部にもれてくるのは二十年後、三十年後ということになるのではあるまいか。私 は過去二回の記事で「小沢はもう終り」と書いてきたが、不測の事態が起きないかぎり(たとえばフリージャーナリストによるバクロ、検察審査会の起訴決定な ど)小沢の政治生命安泰、検察の組織安泰という日々がつづくのではないか。
 そして、造船疑獄を乗り切った佐藤栄作が、その後、検察主流と最も関係が深い政界実力者となり、政敵追い落としに検察権力を存分に利用し、史上最長の政権をきずくことになったなどという時代がもう一度現出することだけは願い下げにしたい。

(文中一部敬称略)

 

関連
立花隆はもう終わりだ(笑)削除関連を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(1)異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」

立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(2)「小沢不起訴」の先を読む

※SOBA:下記投稿からキャッシュを拾いました。
「知の巨人」立花隆先生が「G2(講談社)」の緊急寄稿を削除されてしまいました
http://www.asyura2.com/10/senkyo81/msg/482.html
投稿者 CancerAngle 日時 2010 年 3 月 01 日 16:30:51: FgCmtVyUzCmks


立花隆が緊急寄稿(3)
小沢と検察、両者の会見から読み取れるもの←についた以下コメント。(コピペしたら通し番号が出てきました)

コメント / トラックバック63件

   1.   s.k. より:
      2010.02.06 at 13:22

      立花さん。

      「小沢はもう終わり」と書いておいて、なんでそのすぐ後で「小沢は安泰」になるんですか?

      論点が完全に入れ替わってるではないですか。

      いくらなんでもひどすぎやしませんか?
      (1)と(3)で主張が逆です。
      これはいくらなんでも無責任すぎます。

      まず、「予測を外しました。間違っていました。申し訳ありません。考え方を修正いたします。」と、ごく普通に謝罪をしてください。

      それから新たな論点を立てるなら良いですが、それなしに論点を変えるということは、単に、

      ●無茶苦茶を言ってるだけ。

      にしかなりませんよ。人間として恥ずかしいと思います。

      長らく文章書きの師匠と思っていたのですが、非常に残念です。

   2. Mouso Desuka. より:
      2010.02.06 at 13:23

      記事3回とも読ませていただきました。
      尊敬していただけに残念でなりません。

      あなたはジャーナリストから妄想家に
      転身されてしまったのですね。

      今まで築いてこられた名誉のためにも
      もう執筆はお辞めになって、ゆっくり
      隠居されることを願います。

   3. sky より:
      2010.02.06 at 14:46

      前回の記事よりかなり落着いたトーンで、こちらの方が余程読み応えがありました。ただ、推測に推測を重ねられての論である以上、読者としても不満の残るところではあります。

      「小沢の政治生命安泰、検察の組織安泰という日々がつづく」かどうかを予想するよりも、この事件、騒動から識者を含む市民が何を学び、どのようによりよい社会作りに活かして行くべきか、という視点が欲しいところです。

      大手マスメディアの問題に、各種ネットメディアとフリージャーナリストの可能性を踏まえ、もっと切り込んで論じていただければ、更に有意義な議論が生み出されることと思います。

   4. マツホンユウク より:
      2010.02.06 at 15:42

      以前より立花隆さんの社会を鋭く、冷静に分析されている記事を尊敬を持って読ませていただいておりましたが、このような文章に品がないひどい記事をかかれるようでは、ご自分の「名誉」のためにも、社会のためにも、筆を折って、とっとと引退しなさい。

   5. Toshio Sakata より:
      2010.02.06 at 16:03

      小沢と検察の取引? 想像もここまできたらどこぞの予言者と同じだね。

      小沢が検察の捜査を公正と言ったのは、小沢が決して人の悪口を言わない
      人であり、また、不起訴という結果がまさに妥当な結果であったからである。

      検察は1年もかけて小沢逮捕を狙ってきた。小沢を逮捕すれば、検察の完全勝利じゃないか。。それなのに検察はなぜ取引しなくちゃいけない?

      あんたの論理は支離滅裂だよ。

   6. カイザー より:
      2010.02.06 at 16:39

      うーん、よくわかりません・・・

      なぜ、当時(有力とはいえ)野党の1議員にこれだけ、人件費、
      工数を通じて「熱心すぎる」ぐらい検察は執着するのか!?

      西松「公判」が行われており、両者言い分のある公判については
      ほとんど報道されていません。また、二階氏以外の自民党の議員も
      きちんと立件すべきではないでしょうか!?
      さらに、清和会絡みで一人の逮捕がでていないことも、八ッ場ダムや、
      石原都知事と水谷建設の「疑惑」等や2兆もの破綻のJALの方が
      不思議で、違法性の有無等を検証すべきではないでしょうか!?

      裁判員制度導入と「推定無罪」の原則から「法廷」こそ、
      両者の言い分をきちんとわかりやすく報道すべきだと思うのですが・・・

      一連の小沢氏の報道をみていると、事実、疑惑、推測、さらに、
      でっち上げまがいまで織り交ぜ、「真相」が不明です。

      検察リークの有無とともに、話題性(視聴率)重視で、むしろ、
      BPO等で、「正確性の検証」が十分であったか!?
      裏付けはとったのか、公平、中立の報道であったのか検証するよう、
      「立花様」ともあろう人がアドバイスすべきでは!?

      また「事業仕分け」も、ポスドクや研究者といった「研究現場」より、
      むしろ、ハコモノ、ひも付き、中抜きされている実態があり、
      それが「国際競争力低下の一因」の1つでもあるでしょう・・・

      立花様も、非常に年老いてしまったのか、ジャーナリスト魂はなくなってしまったようです。いっそ自民党再生のため、自民党から立候補されてはいかがでしょう・・・。

   7. maguromako より:
      2010.02.06 at 16:44

      この回しか読んでいませんが、ずいぶん昔のヒット作「ロッキード疑獄」の成功体験から脱し切れていないのでは?妄想が過ぎます。

      まして、このたびの検察の暴走についてはノーコメントですか。

      他の方々が言うように、これ以上恥を晒さず筆を折ることをオススメします。

   8. 妹尾 より:
      2010.02.06 at 18:43

      支離滅裂、空想の産物。
      どちらが妥協を申し出たのかさっぱり。
      小澤が嫌疑不十分仮に起訴しても取材の可能せいは極めて低い現状から
      噂の情報では原田明夫元検事総長と名前は忘れたがもう一人の検察OBの大物が小澤事務所を党大会の直後に訪問したことがあったやに言われている。
      これ以降、小澤の発言が攻撃的でなくなり公平公正な捜査をという言葉が出るようになった。
      どのような感想を持たれるるか感想を。
      検察から「梯子を外された」

   9. ろっく より:
      2010.02.06 at 18:45

      推測で記事を書いておられるが、疑問があるなら会見に出席して質問すればよいのではないか。
      小沢氏の会見はフルオープンなのでフリーやネットメディアも出席できる。
      検察と小沢氏の取引があったと言うなら、会見に出席し堂々と質問すればいい。

      ついでに言うと法務大臣の会見も開かれているので、指揮権の発動があったかも質問すればいい。

       
  10. ぶんじん より:
      2010.02.06 at 18:58

  自民党を出た小沢氏を「ちゃんちゃらおかしい」と切って捨てた時から、私はあなたの政治観を信用していません。小沢氏は長短合わせ持った、少なくとも今 の政治には必要な人物です。あなたの政治論はすべてを「政治とカネ」というイデオロギーで論ずるものです。政治にとって一番怖いのが、このイデオロギー化 で、古くはプラトンの哲人政治、近くは共産主義でしょう。そんなスケールはないにせよ、政治を政治的な語れない政治評論家は要りません。

  11. bigeye より:
      2010.02.06 at 19:57

    どうも同じ人が名前をかえて立花さんを非難してるようですね。妙に丁寧に書いたあと名誉うんぬんと罵倒する。おなじ方法です。何が望みかわからないです が問題をすり替えてるので魂胆がみえるような気がします、実に卑怯です。大事な事は小沢の真っ黒な金の問題なのです。鳩山共々秘書の責任は議員の責任であ ると明言しているにもかかわらず、逃げまくっている事なのです。民主党の他の議員の腰抜けさ、みっともなさは昨日の国会の中継ではっきりとわかりました。 本当に失望しました。民主党に本当に失望しました。日本が本当に心配です。

  12. giwasaki より:
      2010.02.06 at 20:46

    「同じ人が名前を変えて」なんて言ってる人がいますが、私は初投稿です。どう考えてもこの立花様の論考、おかしいですよ。言ってることが最初と最後で全 く違うし、個人の感情が表に出過ぎだし、とても名も実もあるジャーナリストのものとは思えません。結局立花さんも、旧体制の中でこそ生きられる類の方だっ たと言うことでしょうか。残念です。

  13. 田舎哲人 より:
      2010.02.06 at 20:50

      本当は立花さんの論稿ではないんでしょ?というくらい
      残念な内容です。
      この事件について日本のインターネット上のウェブジャ
      ーナリズムの世界で何が起こっていたのかをフォローさ
      れた上で、推敲されたほうが良かったと思います。
      先端のテクノロジーに関心を寄せられる立花さんですか
      ら当然その上でと思いたいのですが、「ツイッター」で
      現職閣僚の声がほぼリアルタイムに聞けるなどというこ
      とは体感的におわかりになってないようですね。
      ペーパージャーナリズムの限界を量、質ともに凌駕する
      ウェブジャーナリズムの可能性をはっきり認識できた事
      件でした。
      また、市民社会における個人の知的成熟を前提としない
      「上から目線」のジャーナリズムの終焉も体感できる事
      件でした。
      そういう意味ではとても良いタイミングの論稿でした。

  14. モノリスから人へ より:
      2010.02.06 at 20:53

    『検察は小沢を追いつめる相当の隠し玉を持っていることを小沢にある程度明かした。しかし、それを使わないで不起訴で結着をはかるという形で、小沢に大 いなる恩を売ったということではないのだろうか。』と書いてありますが、検察が小沢を徹底的に追い詰めれば、「小沢主導」と本記事に明記されている検察批 判の動きも終わりますよね。
      そんな取引では検察が得るバーターが少なすぎでありまして、やはり杜撰な捜査が問題なのでは?

  15. モノリスから人へ より:
      2010.02.06 at 21:10

    『検察は小沢を追いつめる相当の隠し玉を持っていることを小沢にある程度明かした。しかし、それを使わないで不起訴で結着をはかるという形で、小沢に大 いなる恩を売ったということではないのだろうか。』と書いてありますが、検察が小沢を徹底的に追い詰めれば、「小沢主導」と本記事に明記されている検察批 判の動きも終わりますよね。
      そんなバーターでは検察が得る利得が少なすぎでありまして、やはり杜撰な捜査が問題なのでは?

      ※コメントの訂正をお願い致します。

  16. bigeye より:
      2010.02.06 at 21:40

    小沢こそ旧体制のままのやりかたでしょう。ちがいますか?わたしもこういうふうに投稿などするのは始めてですが。小沢の記者会見など10分程度でしょ う?質問をさえぎるのはいつものことで、会見で説明している等とてもいえたものではないです。旧弊な自民党に失望したのは自分もそうです。しかし民主党が ほんとうに新しい希望に満ちた政党としてやっていくのなら
    なぜこの小沢と鳩山の悪さを民主のシンパのあなたたちが追求しないのですか。民主かわいさに理屈をこじつけても、あの連中のやっていた事はかくせませ ん。何故まっすぐにものごとをみつめないのか。民主党がほんとうに国民のために働いて欲しいからこそ言ってるのです。いい加減そこにきづいたらどうでしょ うか。

  17. ぶんじん より:
      2010.02.06 at 21:43

    少し補足したいので、続きです。「政治とカネ」で支持したいなら、小泉純一郎を支持すべきです。彼にはカネの問題は(多分)なかったから。しかし、どこ かで彼のタカ派的体質を批判していましたね。戦後民主主義の定着を支持したいなら、(たとえ心情的にはイヤでも)小沢一郎を支持すべきです。丸山真男の 鬼っ子が小沢一郎だという意見に私は賛成です。しかし、田中派の末裔ということで、ずっとステレオタイプに批判していますね。要するに、自分にとってより ベターなものを選択するという、政治の本質を理解してないんじゃありませんか?.そんな人の狼狽が、今回の3回の文章には如実に出ていて、その点では面白 かったです。「ちゃんちゃらおかしかった」ですね。

  18. 鈴木ハイ より:
      2010.02.06 at 22:23

      小沢云々より、立花隆氏自身の崩壊を見て、氏を評価していた人の落胆が大きいようです。
      ゆえに、「立花隆は終わりだ」と多くの人が引退を勧めるのです。
      立花ブランドは今回の「緊急寄稿」を読まない人にはまだ通用するでしょう。
      努々郷原元検事とは討論なされませんように。

  19. mwaki より:
      2010.02.06 at 22:42

      私も、若い頃(現在50代)立花氏の著作を愛読していた立場から、氏の論旨の破綻と構成力の劣化には、正直ショックを受けています。

      残念ながら、今回の一連の寄稿は、これまで築き上げてこられた「知の巨人」としての、氏の名望を根底から覆す愚挙に他なりません。

      これは、氏のこれまでの業績や著作を高く評価してきた人々に共通した失望感であろうと思われ、どなたかの指摘された「意図的非難」とはまったく別種のものです。

      かつての氏の信奉者として、氏がこれ以上晩節を汚さぬよう、言論界から潔く身を引いていただくことを切に希望いたします。

  20. reisei より:
      2010.02.06 at 23:00

      立花先生は自分の名前を出して評論しているのですから批判される理由はないと思いますよ。事実が確定してからコメントするのは簡単です。

      しかし、この事件では結局、水谷をはじめゼネコンからの裏献金の事実は認定されなかったんですよね?石川議員もそこは認めなかったようですし。
      そもそもこの裏献金というのは収支報告書に記載していれば問題ないもので、それをわざわざ意図的に隠す必要はあったのでしょうか?
      献金を受けたという事実を隠す動機があったのかも、よくわかりません。

      とにかく今回は、マスメディアの流す情報が錯綜していて、非常にわかりにくかったです。

  21. てんちゃん より:
      2010.02.06 at 23:18

       立花さんの記事にしては、とても悲しいと思って読んできましたが、最後で救われました。

       貴方は、小澤一郎よりはるかに大きな、検察という巨悪を書こうとしていたのですね。

  22. 佐藤拓也 より:
      2010.02.07 at 03:25

      G2 vol.2を買って来ました。これって雑誌扱いではなく、書籍/ムック扱い
      なんですねえ。魚住さんの興味深い対談集、堪能しました。

      ところで、立花さん、いったいどうしちゃったんですか?
      尊敬するジャーナリストの1人だったのに、あまりの田中憎し、
      小沢憎しのせいなのか、状況証拠だけで強引に起訴しておけば良いなどと
      無理な論議の組み立てをされていてびっくりしました。

      志布志事件や足利事件の教訓ということは一切存在しないかのようです。
      法治国家なのだから、法律の不備があればそれは立法府に注文をつければ
      いいことで、検察に違法起訴しろと奨めるなんて・・・。
      それことクーデターか革命を起こして体制をひっくりかえせと言ってるような
      ものです。がっかりしました。

      それに検察側が組織防衛のために、自己の失敗を吹聴して見せているという見立てに
      何か根拠があるのですか?その一番おもしろいところが推測だけで終わってしまって
      るのはあんまりです。

  23. 小野順也 より:
      2010.02.07 at 06:21

      一回目の緊急寄稿に対して意見を書き込ませて頂いたのですが、受け付けて頂いたことに、お礼を申し上げます。
      今回は唯一の指揮権発動とされる造船疑獄事件について、別な見解を書き込ませていたただきます。
      私は専門家ではないため、詳細は他の文献に譲りますが、指揮権発動を望んだのは、行きずまった捜査の出口を求めた検察であり、名誉ある撤退を演出するため、検察側から指揮権発動を持ちかけたとの見解があります。
      世論の後押しを受けて、政治家へ闘いを挑む正義の検察に対して、指揮権発動で幕引きをはかる巨悪の政治家という図式を創り上げたのが、造船疑獄事件の背景にあるとの見解です。

  立花先生のインフォーマルな指揮権発動があったのではないかという指摘を考えると、文中の小沢氏著作からの引用に有るように、小沢は指揮権発動に対する リスクも熟知しているため、指揮権発動するならインフォーマルな物を望むだろうし、会見でも検察を刺激しない様に発言を転換した理由とも重なる。これが事 実だとすると、小沢が本に書く様な簡単に想定出来るインフォーマルな指揮権発動を、検察は想定をせずに大きくプライドが傷ついた結果となりました。造船疑 獄事件のように指揮権発動を持ちかけてまで名誉ある撤退を選んだ検察が、総力を上げ立件に向かった結果がこれでは、余りにも検察らしくないのではないか?
      そうすると検察自身の正義で、動いたのではなく、別な指揮権発動の可能性が一番有り得る。
      検察裏金問題に始まる三井環氏のいう旧政権「けものみち」関係者からの指揮権発動と考えると全ては納得できる。即ち自民党の関係者からの指示だと無理筋な捜査も納得出来る。民主党へダメージを与えられれば、検察の正義はどうでも良い。

  もし今後、別な形で起訴をすれば明らかに検察が、政権からのインフォーマルな指揮権発動を受けていない証拠となり、別な指揮権発動の可能性が高くなる。 すなわち、旧政権の検察に貸しがある人が、指示したと考えられる。今回の件で起訴しないのは、単に証拠不足だったことになる。

      巨悪は、検察近くの別なところにあるとしか考えられません。

  24. 新川助寿 より:
      2010.02.07 at 07:40

      歴史ある、講談社編集者の常識を疑う、記事内容で、読者として残念です。

      これほどの、半端な記事を、編集者段階で精査できないことが、
      これを機会に、貴誌の正常な思考を、強く期待いたします。

      様々な、考えあることはいいのですが、今回記事は、まったく酷すぎです。
      場を、誌面を編集している、編集者の責任を徹底精査し、出直すべきです。

  25. bigeye より:
      2010.02.07 at 08:12

    郷原元検事とやらは民主党の雇われ顧問でしょう。はじめからバイアスがかかったものいいです。4億円云々のとんでもない小沢擁護があったでしょう。異様 な世論誘導の見本のようなものでした。民主小沢の弁護士ならそのことをはっきり言えば良いのでは。ここにいる人たち同様、テレビのコメンテーター等、実に 薄気味悪いことです。ベターな選択が政治の本質などといっても小沢、鳩山のどこがベターなのか、ああいった不正な金にまみれた本質がベターな政治家なの か。ベターな政治家が脱税をして、天皇を政治利用して、他国にへつらうような言動をする。立花さんを批判しているようにみせてじつはやっと手にいれた政権 交代を失うのがこわいだけのように見えます。

      ネットでの書き込みをはじめてしてみましたが、もうやめるつもりです。
      なにかの意図をもった人間たちがたくさんいるような印象です。私は今起きている事象を普通の常識、普通の正義感、普通に日本を愛する心で見ようとしているだけです。

  26. ゴンス より:
      2010.02.07 at 08:47

    これはあんまりではないでしょうか? 推測に推測を重ねた結論・・・。これではSF小説ですよ。どうして検察は批判なさらないのですか? 週刊現代で対 談されていた宗像弁護士は、朝日新聞ではっきりと検察を批判されていましたよ。立花先生はもう、資料は読まなくなったのでしょうか? 毎回、論旨が変わる というのは・・・。筆を折ることをお勧めします。

  27. 名も無き庶民の一人 より:
      2010.02.07 at 08:47

       立花さんは、小沢氏の検察に対する態度の変化を理由に大胆な推測をされていますが、小沢氏が選挙で選ばれるという立場の人間であるということを忘れています。

      小沢氏が「自分は清廉潔白なのに、検察から根拠の無い嫌疑をかけられた」と思ったとしたら、まず、彼がやらなければならないのは、「自分は白だ」という明確なメッセージを国民(選挙民)に向けて発することです。
      そうでないと、その時点で世論的な点で負けが確定してしまうからです。
      検察は一般国民にとって「権威ある正統な公の組織」ですから、そこから嫌疑をかけられた時点で既にかなり分が悪い。
      ですから、直ちに、声を大きく、高くしてでも自らの潔白を主張して、最初の一撃を押し返さなければならない。
      昨年の西松事件の時も同様だったのですが、小沢氏は最初に強硬な反撃の姿勢を見せることによって、民主党支持者や党内の動揺をひとまず抑えきれたのではないでしょうか。

   しかしながら、最初の一撃を押し返した後、検察との主な攻防は水面下で行われるわけですから、いつまでも「手負い猪」のように荒ぶる姿勢だけではマス コミにバッシングネタを提供するだけなので、一旦、冷静に戻って粛々と捜査の待つという姿勢を見せておくのが世論的にはベターでしょう。
      いくら正しいこと、潔白であることを主張しても、国民目線で「強情」とか
      見られてしまっては、ダメージが大きいですから、そういう考慮は当然です。その点が一般人と違うところでしょう。
       そういう政治家の立場を考えれば、彼の立場の変化には合理性が感じられます。

  28. rocket より:
      2010.02.07 at 17:21

    「これで終わったと思うなよ小沢。金丸のように脱税で逮捕される日は近い」から「阿吽の呼吸、水面下で検察と手打ち。小沢は安泰」では、あまりに批判の トーンが違いすぎて只々ビックリしています。立花さん、あなたこそコメントを寄せた人との手打ちを望んでおられるのですか?

  29. 一都民 より:
      2010.02.08 at 02:12

      なにかもう妄想というか幻想の域に入ってきましたね。
      今、大手メディアが何を言ってるかと言えば、横並びで小沢はグレーだ、検察審査会で
      2回起訴相当と決議されれば起訴されるといまだに犯人扱い、起訴を煽るような内容ばかりです。
      検察もそうですが、マスメディアの劣化ぶりも目をおおうばかりです。
      特別な情報源をお持ちなのかも知れませんが、この騒動が引き起こした検察の問題点、推定無罪という刑法の原則の無視、記者クラブ制の問題点など一切触れることなく、新聞記事やニュースの
      切り貼りでストーリーを作って自己満足しているようにしか思えません。
      少なくともあなたにはジャーナリストの名を持ってこの問題について書く資格はないと思います。

  30. bigeye より:
      2010.02.08 at 22:05

    いやもうほんとに書き込みなんぞやめようと思ったが。もう一度発言することにする。もうほんとにこれでやめたい。ここに現れる人たちもいい加減にみっと もないからやめたらどうだ、丸見えだ。下半身丸出しでおれは正しいと騒いでいるようなみっともなさだ。よっぽど立花さんの発言が恐ろしいんだな。じつに情 けない。

    なぜマスコミと検察の批判が先で、主原因たる小沢の行為、言動に触れないのだ。今回の事件はそもそもそれが原因だろう。なぜ小沢の擁護をするのならそこ に触れないのだ。擁護も出来ず正しさも見いだせないからだろう。いったいなにが魂胆だ。できるものならやってみなさい、ぜひ聞いてみたい。

  正体はだいたい想像できる。実に醜い。小沢のどこが正しいのかをただの一筋でさえ主張できていないではないか。どこが正しい行いをしているのか、インサ イダーまがいの沖縄の土地購入はなんのためだ。小沢の長い政治活動のどこに日本のために真摯に働いたあとが有るのか、いってみなさい。ナメクジの歩いた後 のように金と権力への妄執だけが残っているのがはっきりしているだろう。

    君たちが擁護しているのは君たちが憎んだかつての対象そのものではないか。小沢に取っては自民も民主もただの自分のためだけの存在ではないか。なぜ民主 のこころあるわずかな議員のために動こうとしないのか。小沢と鳩山を排除すればどんなに民主党の本来の良さが生きてくるのかわからないのか。

      自分の都合で政治に大同小異などと言う人間ほどうさんくさいものはないのだ。

  31. bksyuya より:
      2010.02.09 at 03:42

      情けない!がっかりした!
      それだけです。

  32. それ、夢じゃない より:
      2010.02.10 at 20:46

      >なぜマスコミと検察の批判が先で、主原因たる小沢の行為、言動に触れないのだ。

      主原因は守秘義務違反である検察のリークであり、それに伴っての誤報を含むマスコミの加熱報道が先にあったから。今回の馬鹿騒ぎはそもそもそれが原因でしょう。

      立花の予想に反し、小沢の脇が意外に固かった。そういう事。

  33. ヒロ より:
      2010.02.11 at 00:28

      全く、立花氏を批判している人たちのコメントは、非常に偏ったある意図があるように思えます。もともとの発端を飛ばして批判のための批判をしているようにみえます。
      でも、悪いことは悪い。これが一般的な国民感情ではないでしょうか。立花氏の見解は、それなりの評価がされてしかるべきものと思います。
      立花氏批判をする人たちは、もしかすると人はかもしれませんが、単なる中傷に終わるのではなく、また、検察のリークなどと妄想で発言をすべきではないと思います。

  34. bigeye より:
      2010.02.11 at 10:02

    また論点ずらしがあらわれたか。検察のリークという証拠や証言を教えてくれ。もしそういう記事があるなら読みたい。もしそうだとしても、なぜ小沢を取り 調べるのかという理由にふれないのだ?主原因というのは小沢自身にある原因のことだろう?小沢の犯罪的行為のことだろう。なぜマスコミの誤報を含むと断言 できるのか。小沢の脇が固かったなどというのは犯罪的行為があってそれをうまく隠し仰せたという意味だ。語るに落ちるとはこのことだ。

  今回の事は馬鹿騒ぎなどと軽いものではない。「そういう事」などですますものではない。何年ものあいだつづいている小沢の事象だ。そのものいいでなんと かうやむやに事を終わらせようとしているのだろう。丸見えだ。とにかく論点ずらしをやめて、小沢の「今、見えている異様な資産形成」が正しいという論拠を 示してくれ。私が知りたいのはそのことにつきる。小沢を擁護するのならその事を明快に正しいと説明するのがもっとも有効のはずだ。出来ないのなら出来ない 論拠も説明もしてみたらどうだ。ぜひ読みたい。下手な弁護士の法廷技術やディベートのテクニック等ではない、まっとうな論拠を示してくれればよい。

      とにかく知りたいのは税に詳しくないものでも解る脱税の見本のような金の流れだ。推定無罪などではない。疑わしいものは疑わしいのだ。

  今回でこの当たり前のことをわざわざこのように書かねばならないのがネットなのだということがよくわかった。読むのもむなしい、書くのもむなしい場合が 有ると見ていたがまさしくその通りだった。そしてその中で奇妙な意図をもって動く人間の存在、いや動かされているに過ぎない存在。

  35. キムジナー より:
      2010.02.11 at 23:11

    ひさしぶりに立花氏の意を込めた一文を読み大変面白かったです。今回の小沢騒動は巨大な氷山です。水面下にある真実に迫るのは強制捜査権を持たない ジャーナリストには至難の技ですが、しかしながら氷山の輪郭には肉迫できるかもしれない・・氏の寄稿を読み感じました。朝日の検察批判も興味深いですが真 実はどこにあるのか? いずれにしても小沢氏から目が離せません。

  36. macboy より:
      2010.02.11 at 23:51

      >疑わしいものは疑わしいのだ。
  検察もマスコミも怪しい怪しいと騒いでいるだけ。あの人はお金を持っているから怪しいと言う。その事にどんな論理性があるのだ?お金を持っていればあや しい?それじゃあ妄想かさもなくば妬みかと言われますよ。検察は具体的に何が問題なのか指摘しないといけない。ところがあの優秀な東京地検が1年間かけて 必死になって調べた結果起訴できる法律違反を見つけることが出来ませんでした。これは厳然たる事実です。立花さん、あなたの妄想と違ってこれは事実なんで すよ。小沢は日本で一番クリーンな政治家であると東京地検が認めようなもんです。立花さんにとっては不本意でしょうけど。
    小沢問題の始まりの西松事件はどうしました?西松側の証人は最後になって証言をひっくり返しましたよ。だから大久保秘書はそのままでは無罪になってたで しょう。だから陸山会の土地問題に東京地検は転戦したんでしょ、違いますか?西松問題では地検の敗戦が明らかになったからですよ。転戦した結果どうなりま した?ろくな証拠が見つからずじたばたとあちこちにガサ入れして如何にもならず、最後はマスコミにリークしまくって足掻いたがまたまた失敗したのが実情で しょ。
    検察は敗戦が明らかになる度に転戦を繰り返して誤魔化す事を繰り返すのですが、切羽詰って転戦すればやっぱり被害を増大させるだけで負のスパイラルから 抜け出せませんでした。検察とすれば転戦すれば負けて無いといえるのでしょうね。マスコミも馬鹿だから我先に目先のリーク情報を垂れ流すだけ、大本営発表 の垂れ流しですよ。
    大戦中の日本軍と同じですね根拠の無い楽観論で突き進む、敗戦するたびに転戦したと言う(大笑い)指揮官は責任を取らず相変わらず転戦を続ける。官僚組 織の腐り具合が良く出ています。安っぽい正義感と偏狭な妄想で権力を行使されたら国民が迷惑なんですよ。ジャーナリズムはそういうことを監視しなければい けないのですが、立花さんを含めて大本営発表を嬉々として垂れ流すだけの無能なジャーナリストもどきが多くて辟易します。

  37. それ、夢じゃない。 より:
      2010.02.11 at 23:57

      脇が固いとは、脇が甘いの逆で使っているだけで、「犯罪的行為があってそれをうまく隠し仰せたという意味」で使ってはいませんが?

      裏金疑惑と騒いでいた検察は、小沢の資金の管理の脇が固く付け入る隙がなく、証拠の裏付けがとれずに小沢は不起訴になりました。

      >小沢は生きのびられるのか?
      >小沢は基本的に終わった! あと一日、二日は生きのびるかもしれないが、小沢の政治生命はすでに終っている、と私は思っている。

      ↑不起訴前に、こーんな大ハズレの予想屋みたいな記事を書いておいて、いまさら立花の憶測記事なんか信用できませんよ。

      【脇が甘い】
      相撲で、脇をかためる力が弱いために、相手に有利な組み手やはず押しを許してしまうさま。転じて、守りが弱いさま。

  38. あーあ。 より:
      2010.02.12 at 00:14

      小沢の脇が固かったなどというのは犯罪的行為があってそれをうまく隠し仰せたという意味だ。語るに落ちるとはこのことだ。

      ↑表示してんじゃん。うそつき。さくらか。。。

      また、明らかな事実誤認、個人に対する誹謗中傷のコメントは表示いたしません

  39. もう無理ですよ より:
      2010.02.12 at 02:46

      いまだに小沢は何も違法行為をしていないと信じる者達に対して、考えを変えさせることは無理だと思います。
      なので、まずはここのコメント欄を閉鎖してもらいたいです。
      小沢の擁護をしたいなら、チラシの裏にでも書いて自分だけのものにしておいてください。
      コメント欄などがあるから、こういう者達に発言の権利があるように勘違いされるのです。

  40. ヒロ より:
      2010.02.12 at 07:10

      民主主義は腐敗する。昔から言われているところです。民主党も同じだったということでしょうが、自民党と決定的に違うのは党が一体となってそれを正当化するか、党が民主主義を守り自浄作用を発揮するかの違いだと思う。
      本当に小沢は、旧自民党から旧社会党・労働組合・新左翼活動家という、これほど考え方の違う党員をファッショしたものだと感心する。ファッショはご存じのように薪を束ねる意味ですね。
      まさしくファシズム政党である。
      このような状況下で参院選に民主党が勝利すれば、冗談ではなく全権委任法を出してくる可能性がある。
      立花氏には、しっかりとジャーナリトの良心をもって監視していただきたい。

  41. bigeye より:
      2010.02.12 at 11:22

      どうしたのだね。反論してるようで反論になってない。

      私が知りたいのはこのようなことだ
  なぜ小沢は他の政治家にない政治資金団体名義の不動産を多数所有してその原資について発言を翻し続けているのだ。奇怪な『確認書」。小沢が小澤に確認し たが日付が虚実だったこと。小澤とは小沢本人だということ。先ずこの事を私に解りやすく解説してもらえないだろうか。何遍も書いたように是非説得力ある論 旨を読ませてもらえないだろうか。

    これだけ小沢擁護するのならなにか日本のためにという志があるのだろう。それも読ませてくれ。ただの政局の話はごめんだ。疑惑を見えなくするためにする 検察批判、立花さんへの誹謗、はもう充分に読んだ、何も説得力のある意見は皆無だった。陳情一本化、外国人参政権のごりおし、韓国の大学での異常な日本を おとしめる論旨の講演。天皇の政治利用の法的なねじ曲げ。小沢のこれらの言動についてなにか擁護することはないのか。その正しい意味をきかせてくれ。

  「脇が甘い」とは突かれたら困る場所だろう。致命的になるかもしれない場所だろう。そこが固くて防御に成功した事が相撲取りならいざしらず、なぜ公明で あるべき政治家に突かれたら困る固い脇が必要なのだね。その固い脇とはあわてて作ったような『確認書」のようなものか。秘書がすべてやったという発言のこ とか。ではなぜその秘書の勝手な行いで手に入れた土地はいまでも長い間秘書たちがすんでいるのだね。なぜ小沢はほうっておくのだ。追い出して正しい方法で やれというべきだろう。自宅の近くに秘書が勝手な行いでできた寮があっても目に見えないということか。もう結構だというべきかもしれないな、ろくな答えが でてきそうもない。

      ー表示してんじゃん、うそつき、さくら

    これこそ個人に対する子供のような誹謗中傷ではないのかね、「うそつき」「さくら」私はどこでうそをついたのかな。すべて見えている事を話して疑問をぶ つけただけだ。事実誤認というのならその事実を読ませてくれと言ってるではないか私の誤認を正してくれるのならそれはありがたい事だ。自分に気に入らない 意見をうそつきというのなら何故嘘なのかまず
      はっきり指摘してからいうのが順番ではないかな、はじめからにげてどうする。こちらの疑問に答えたくないのかな。

      「さくら」というのはいんちきな商売をしているものを関係ないそぶりをして応援、擁護して分け前をもらうような輩をいうのだよ。

      ののしるのなら言葉の意味を知ってから使った方がいいのではないかね。

  では、この掲示板でインチキな行動を関係ないふりで応援擁護してるのは誰だね。小沢擁護のテレビコメンテーターの連中はそれにはあたらないのかな。世論 誘導で日々ネットに現れるうやむやはどうなのかね。かれらはさくらではないのかね、違うなら違うと言ってくれ。

    君たちが民主党を応援するのはじつはよくわかるのだ。やっと手に入れたある意味の革命的な政権交代の意義を失いたくないのもよくわかる。民主党の初期の 清新な感じも覚えている。しかし小沢が来たときの何とも異様なものをみた感覚は忘れない、政治というものはこういう事もするのかと思った。そのあとの小沢 主導の大連立うんぬんのグロテスクさもわすれられない。小沢から見えてくるのは政策ではないいつでも政局のみだ、読売の渡辺でさえ、小沢は昔から知ってい るが政策の話はついぞした事が無いと言っていた。

      私の望みは日本のために働いてくれる政治家が悪い事をせず、党などという境を超えて、どんどん元気にやっていってくれることだ、間違いがあっても、正せる柔軟さが国民に希望をあたえるのだ。まったく普通の素朴な望みだ。何か間違っているのか。

  私に反論のような意見を言う人たちもおそらくまだ若いのだろう。普通の清新さを失わず、普通の正義感を持つ事をすすめるよ。だまされないように煽られな いように。やがて年寄りは死ぬ、何も持って行く事はできない、しかし明日の年寄りは君たちだ。いまから年寄りのようにずる賢く動く事はないだろう、年を取 る事はずる賢くなる自分と折り合うような嫌な面が多々ある。でも確実に明日は年を取って行くのだ。

      まっとうな正義感をもて

      もう言うべき事は充分書いたのでこれ以降ほんとうにやめることにする、読んで下さった方ありがとう。

  42. Dr-K より:
      2010.02.12 at 14:31

      検察リークは妄想だという話をいくつか聞きます。しかし、単純に「妄想だ」と断定するだけで、検察リークでなければどこから出たソースなのか?と問うと皆が口をつぐんでしまいます。

  取調情報のソースは、検察か弁護人のいずれかしかありません。被疑者本人は、外部との連絡は遮断されており、時々弁護人が接見できるだけです。取調中に 報道されるニュースは、「起訴内容を大筋で認めている」とか「虚偽記載を供述した」などと被疑者が不利になるニュースばかりで、弁護人があえてリークする とは思えません。検察リークが妄想だというのは、記者クラブメディアだけの情報に迷わされた報道被害者かもしれません。

    検察情報によって虚偽の情報が報道されると、それがあたかも事実のように一人歩きして、それを被疑者が否定することが難しくなります。メディアを利用し てそういう雰囲気を広げる検察の戦術のようにも思います。が、今回はそれをやりすぎて違和感を覚える人が多くなったのも事実です。野村克也氏の言葉に「こ の中で誰が一番偉いと思う?ワシ? 違う、君たちマスコミや。君たちは、ペンで人も殺せる」という名言があります。報道は人を社会的に葬り去ることができる凶器にもなる権力だという意味で す。

    また、検察は公訴権を持つ唯一の機関であり、公訴権をほぼ占有する権力は絶大です。政治家を逮捕すれば失脚させるほどの権力を持っています。政治家を逮 捕し、それを大々的に報道すれば政権をも倒せるほどの威力を持ちます。今回の小沢資金問題は、検察ファッショが報道と手を組み倒閣を目的として起こした帝 人事件の再来と思われています。

    当然ながら、戦前の事件が簡単に繰り返されることはないでしょう。戦前の日本は、大衆が読む報道メディアは新聞紙ぐらいのものであり、情報の選択の余地 がほとんどありませんでした。したがって、戦前は思想の統一化や大衆扇動が現代より容易であった訳です。民主化が進んだ今は、TVやインターネットなどの 情報メディアの多様化が進み、記者クラブメディアだけでは扇動が難しくなっています。むしろ、情報メディアの多様化によって、記者クラブメディアからの情 報の規格化に違和感を覚える声の大きさが浮き彫りになったといえます。

    21世紀になって政権が変わった今、造船疑獄事件、ロッキード事件、佐川急便事件も同様、時代も背景も違うのです。これらと同じパターンで、政治家個人 の犯罪のように煽っても逆に報道被害のように感じる人が多いのでしょう。国民が選んだ政党や政治家が変わった訳ですから、事件の受け止め方も変わって当然 です。以前の正義が今も正義の味方であり続けるとは限りません。

    一方で検察や報道の問題点も明らかになっています。足利事件は、真実が明らかにされるにつれ、検察の理不尽な取り調べや印象操作に走った報道姿勢が問題 になっています。松本サリン事件は、事件の第一発見者で被害者でもある方を犯人扱いにして報道被害という言葉が生まれました。この事件から15年経ってい ますが、検察もメディアはこの教訓がまったく生かされていません。あいかわらず不確かな根拠や憶測だけでバッシングすることから「報道リンチ」とか「報道 刑」という言葉も生まれています。

    さらに、裁判員制度の導入に伴って、犯人視しない報道、情報の出所の原則明記、被疑者が犯人であるとの印象を与えないコメント、などに配慮すると報道業 界全体で申し合わせているはずです。しかし、それから1年経って裁判員制度が始まっているにもかかわらず、いっこうに憶測報道が止まないばかりか、虚偽報 道が横行しているのが実態です。裁判員がらみの事件じゃないから、憶測記事やでっち上げ記事でいいわけはありません。

    また、足利事件でも松本サリン事件でも富山冤罪事件でも志布志事件でも、冤罪被害者に間違いを謝罪しない検察・検察・報道メディアがあります。説明責任 を声高に叫ぶメディア自身も説明責任を果たしていません。世論の目が検察や報道に厳しくなっていることを理解する必要があるのではないでしょうか?

      なお、ここは議論をする場ではない。議論したかったら2chでやっていただきたい。

  43. ヒロ より:
      2010.02.12 at 18:46

      むしろ、検察のリークである証拠や証人を提示して欲しいと言うと、極めて曖昧に、そう言っているマスコミ関係者がいると言うだけでしょう。
      そんなもの、どこの誰が信じると言うのでしょう。

  44. macboy より:
      2010.02.12 at 22:31

      検察リークの例です。朝日新聞の元記事のリンクは削除されていますが。以下削除されたリンク http://www.asahi.com/national/update/0117/TKY201001160430.html
      一部だけ残っているリンク http://www.nikken-times.co.jp/new/20100117.0/1263682201.html
      内容はというと、2010年01月17日 07:50 朝日新聞の記事で、
  「特捜部が09年3月の西松建設の違法献金事件の捜査で陸山会事務所を家宅捜索して押収したパソコンのデータを分析した結果、実際に確認書が作成された のは小沢氏が会見した07年2月20日の直前だったことが判明。小沢氏側が会見で蓄財批判をかわすために準備…」うんぬんというものです。
      検察がリークしなければ分からない情報です。それとも朝日新聞の記者さんは検察内にある証拠物件のパソコンを独自調査したとでもいいますか?毎日新聞の岸井成格みたいに検事の顔色で分ったとでもいいますか?
  リークだというのが露骨過ぎで検察の広報やってるのがパレバレなのが後から分かって削除したのでしょうかね。記事を書いていて気がつかないほど間抜けな んですよ。記事をチェックする編集長含めてこんな馬鹿な奴らが検察にいいようにおどらせれてる間抜けさが面白いでしょう?

  45. Aristotle より:
      2010.02.13 at 10:13

      小沢不起訴の真実
      http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1063.html

  46. ぶんじん より:
      2010.02.13 at 14:45

    昨年の西松も今回も、構造は全く同じだと思う。要は、検察が、小沢氏はゼネコンから裏金を得ているにちがいないという、予断だか信念だかに基づいて、大 変な情報操作をしたということだ。ところが、出るはずの裏金が出なくて、昨年も今年もアタフタとしてしまったのではなかろうか。どうしてそんな見込み(= 思い込み!)捜査に突き進んだかといえば、検察は法律の勉強はしていても、「人間」の勉強をしていないからだろう。つまり、裏金を受けるような政治家な ら、自民党幹事長時代に、とっくに受けて、とっくにつかまっていたはずだ。わざわざ20年近い野党生活に転ずるはずもない。小沢氏の政治家としての志に鈍 感なのは、検察に限らない。メディアも同じだ。豪腕とか壊し屋とか金権体質とか、ステレオタイプのレッテルを貼り付けて、それに合った報道しかしない。そ もそも、権力に対する批判精神がメディアの役割にもかかわらず、検察という強力な権力は批判せず、むしろその宣伝情報を流し続けたのが、去年の3月であ り、今年の1月だった。しかし、国民はバカじゃない。同じ政治家を2度にわたって狙い撃ちしたのはなぜかと、今は静かに考えている(=感じている)時だと 信じたい。

  47. ヒロ より:
      2010.02.13 at 20:31

      何を言っているのか、とんでも話ですね。そもそも検察の捜査は政治資金規正法違反容疑で始まったのでしょう。政治資金収支報告書不記載・土地購入資金の原資が問題となっていたのでしょう。
      それも検察の作り話だとでも言うのですか。
      何故小沢は原資4億円を銀行からの借り入れだったとかタンス預金だったとか話をコロコロ変えなくてはならなかったのですか。
      パソコンの中身がどうだという話は、結局嘘で、その嘘情報を検察はマスコミにリークしたとでも言うのですか。
      そんな馬鹿げた話をほとんどの国民は信じませんよ。
      何が何でも小沢疑惑は検察のでっちあげにしたいのでしょうが、無理です。
      全くあきれた人間がこの世にはいるものです。

  48. bigeye より:
      2010.02.14 at 01:34

      もう書かないなんて言って、嘘ついたことになるけど、もう読むだけにすればよかったのに、あまりにも笑ってしまって。
      みなさんごめんなさい、またのこのこ出てきてしまった。

      みっともないし、まったく恥ずかしいとは思うが。あまりにもあまりにもあまりにもなので。

  いいかねきみたち、まだにげてるよ、ドクター、あなたもまた理路整然のようにみえて、また、私の聞きたい事から話をそらしてる。今までの冤罪例をいくら あげても小沢の事象とはまったく別の事件。捜査方法、捜査組織ではないのですか。冤罪すべて検察の同じ場所で起きたものではない、ましてや帝銀事件とおな じ検察ファッショなどとは、今回の検事局の特捜の捜査範囲とはまったくちがうのでは?それにあまりにも時代がちがいすぎる。無理がありすぎますな。

  特捜はほとんど政治での不正に専門の組織でしょう。それに国税が黙って見ているような事象でもない。他の冤罪と意図的に混ぜて妙な誘導をすべきではない のでは。それに、立花さんの記事の、ここでは、議論の場になるのがまずいのですか。たくさんの普通の正義感の人が読むからでしょう。2ちゃんにいったら もっと議論等にはならない。もしかしたら話をそらすのには最適だからですか。ここで検察をおとしめれば2ちゃんなどより有効だとも考えたのですかな。

      ほんとに「論点ずらし」しか出来ない人たちだ

      ひとつだけでいい。小沢の確認書だけでもきれいに説明してみなさい。

      「この不動産は私の不動産ではない事を私が証明する」日付はなんだか
      よくわからない怪しい日付、沢の字だけ澤に変えれば立場の違う別人だ。
      公文書としての意味は皆無。

      この意味を文意、文法、事実から見て説明しなさい。

      これに答えてもこの後、膨大な量の同じような不動産の案件、税務的な観点。政党助成金の疑問が続くのだ。ステレオタイプのレッテルなんぞはる場所がのこってるのかね。

  20年の野党時代は自分の権力、や金に対する妄執の執拗さとはみえないかな。ただの派閥の争いの戦略的撤退のようなものだろう、だからこそ自民党に対す る攻撃ははげしいのだ。それが清廉さや日本国民への志を保証するなんて事はまったくみえない。おおきな枠でみればたんなる陣地取りだ。小沢の好きな碁と同 じだね。

    裏金を受け取るような政治家なら自民党時代につかまってるはずだというのは、今回同様うまく『脇を固めていた」からなのだとは『静かに』考えたらわから ないのかね。感じているだけではだめだろう。だまされないように目を見開いてこの矛盾を突き詰めた方がいいのではないかね。

      田中の事象を徹底的に観察して政治資金規正法を作ったのは小沢ではないか、ついでに抜け道を考えるのは『有能な』政治家なら必然だ。今回の事件はそのことを指し示しているではないか。

      実質的に今その土地は誰のものなのかね、秘書のものなのかな。
      秘書が勝手にやった事なんだから秘書のものなのだね、誰が自由にできる
      不動産なのかな。国税に明確に自分から赴いて説明したらすばらしいのに
      なぜしないのか。

      何のためにそんな確認書をつくる必要があるのかな
      それが納得できたら、私も一緒に検察リークを非難しよう。
      気持ちの底では応援しながらだが。悪事は嫌いなのでね。

      その前に検察は説明責任を果たせというのは捜査情報を話せという事なのかな。それはリークとはちがうのかな

      悪党がつかまりそうになった。

      与力が俺の悪事を疑ってそれが世間にもれでてしまった。

      瓦版や与力はきたない。
      「なぜなら俺の無実は俺も俺の仲間にも証明はできないからだ」

      与力はあきらめたように見える。仲間たちは俺の無実を証明できないが
      悪いのは与力と瓦版屋だといろんなところで吹聴してる!
      だから無実だ

      これはなんだ。

  49. kiijima より:
      2010.02.14 at 08:30

      石川議員を離党させて一事件としては終結っぽく見える。小沢には逆らえないのか。トカゲのしっぽ切り。変わらん世界ですな。石川さんには暴露本でも出版してもらいたいです。

  50. K より:
      2010.02.15 at 13:03

      小沢さんを告発している「市民団体」について、
      いろんな「噂」がとびかっているのですが、

      当時、官房長官だった河村氏の「官房機密費の行方」を
      告発している団体と違い、NPOやオンブズマンのような
      団体ではなく、

      どうやら右翼(保守でしたっけ!?)系団体の「在特会」や桜井誠氏や「博士の独り言」の島津義広氏が関係しているという噂があり、

      個人的には、保守系の団体と検察が蜜月の方が戦前のようで、
      非常に怖いんですが・・・

      立花さんにはその辺の「真相」とともに、検察と右翼の関係についても、
      記事にしてほしいです

  51. ヒロ より:
      2010.02.15 at 16:04

      勿論、立花氏の推測にすぎないわけですが、検察が小沢との取引で組織安泰を図ったということが仮に事実であれば、これはとんでもない勘違いである。
  国民の信頼を失って検察組織が安泰になろうはずはないからである。検察には、過去に布施検事総長という偉大な先輩がいたことを思い起こしてほしい。彼は ロッキード事件の際、こう言った。「真相が解明されなければ、国民は絶対納得しないであろう。国民が真相を解明してくれると期待しているのは、検察であ る」と。時の権力に妥協しなかった。
      また、時の総理三木武夫も「日本政府の名誉にかけて真相を究明する」と自らの党の重鎮に検察の手が及ぶことが分かっていて、そう言った。
      民主党も鳩山がこのくらいの気概で国民の信頼を得る様な「民主党の名誉にかけて小沢疑惑を解明する」と言えば、国民の快哉を浴び、国民の信頼は絶大なものになっただろうに。
      もっとも、自分のこともあるからそうも言えないか。

  52. k9 より:
      2010.02.15 at 20:24

      あの~公共の場で推測記事を載せるのは如何なモノと思いますよ。

      >検察は小沢を追いつめる相当の隠し玉を持っていることを小沢にある程度明かした。

      だったら起訴逮捕しているのでは?

      昨年から執拗に逮捕を狙い、疑惑の公開捜査をしてまで追い詰めた小沢氏に、何の遠慮があったのか?理由がわかりません。
      取引をする相手の信用を落とす意味がわかりません。

      過去の疑獄と違い、収賄側の名前が未だにつかない事件です。
      いったい小沢氏は誰から贈賄されたのですか?

      ロッキード、リクルート、KSD、日歯連、西松と違い。
      なぜ?名前がつかないのでしょう?
      いったい小沢氏は何の罪を犯したのですか?
      結局、疑惑ですよね。

      通常、疑惑では公開捜査をしません。
      捜査対象の公表=その対象に対する信用の著しい棄損につながります。
      その点において、検察の捜査は暴走と呼べるのでは?

      あなたは、松本サリンの河野さんに対する人権侵害と同様の可能性を考えないのですか?

      サリンを作れる能力がある=犯人。
      あなたの論法はそれに近いです。
      松本サリン事件から何を学んだんですか?

      可能性がある=収賄報道では・・・。

      記者のはしくれなら、推定有罪記事でなく、事実に迫った記事を書いてください。

      非常に残念です。

  53. Aristotle より:
      2010.02.16 at 00:04

      秘書3人は起訴されて、罪を認めているわけですから、政治資金規正法違反は事実。  さて、それを常識的に考えて、小沢が知らなかったというのはありえない。 事実、小沢の証言は二転三転もしている。  然らば、どう考えるか?
  起訴されるかどうかが、2月3日に決まるのに、キャンベル米国務次官補が小沢を訪問したのが2月2日。  次の日に起訴されるかも知れない男に、わざわ ざ米国務次官補が合うのは極めて不自然、何がしかの政治的取引があったと見るべき。 今回、不起訴=潔白ではない。  これが、一般世間の大人の常識とい うものでしょう。  

      小沢不起訴の真実
      http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1063.html

  54. ジロー より:
      2010.02.16 at 06:03

     立花さんの慧眼には、はっとさせられることが多いのですが、「小沢処分がある」という「緊急寄稿(1)」の推測は、現在のところ、少なくとも現象面で は見誤っていました。かねてから小沢批判を繰り返し、日本政治の行方を案じる立花さんだから、「小沢はもう終わりだ」という扇情的な表現をあえてとったの かとも思います。かつて小泉首相の本質を、政治の世界から生涯抜けきれない「政治的人間」と見立て、2009年9月の任期切れ後もキングメーカーとして、 政界に君臨しつづけるだろうとした推測も、やはり現時点では誤断と言わざるを得ないでしょうか。
     昨年11月、三夜連続放送されたNHK『証言ドキュメント 永田町・権力の興亡』を見て、ここ20年あまり日本の政治のお騒がせには、必ずと言ってい いほど小沢一郎が顔を突っ込んできたものだな、とあらためて感じました。立花さんの愛読者としては、この55年体制が崩壊していく日本の政治という、大き な rangeでの包括的論述をいずれ期待したいのですが(もう興味をお持ちでないかも知れませんが)。
     余談ですが、昨年末のNHK特集『立花隆 思索紀行 人類はがんを克服できるか』は傑作だと思います。立花さんの元秘書の佐々木千賀子さんは、「立花 さんを行動に駆り立てるモティベーションはつねに、『使いたい』ではなく、『知りたい』。対象のメカニズムの解明にある」と指摘していますが、その対象が 自分の体内に居座り、生死を左右する敵となったいま、立花さんの言葉は、他人事ではなく本当に心に響く力を持ったと思います。がんが「巧妙」で「ただも の」ではなく、「半分自分で、半分エイリアン」だというとらえ方、そしてむずかしいものをいかにもいきいきと、わかりやすく伝える表現にも立花さんの才能 を感じてしまいます。ぜひ今後もQOL(人生の質)を下げることなく、傑作を世に送り続けてほしいと思います。

  55. Dr-K より:
      2010.02.16 at 13:50

      コラム汚しが分からない方のために2chにスレ立てました。

      議論したい方、人のコメントに因縁付けたい方(笑)はこちらへどうぞ。
      http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1266295360/l50

      話の続きが分からなくなるので、こちらのコテを使用してください。

  56. bigeye より:
      2010.02.17 at 00:42

    いや。こういう所に書き込むという事は、こういうことだったのかといまさらながら。思い知らされた。なにかまともに提示したつもりの意見は無視されて、 別の所で議論しろという。見てみたら、低レベルだのコラム汚しだの、はじめからなんだか罵倒されたり、『笑」の決まりきった文字。わたしはこういうネット での創造性の無い貧相なののしりの言葉は好きではない。ここの人と同じ人だと思うけど、あちらに行くと人格が変わったように激しい。いや恐ろしい。k, k9, dr-k

      私のようになれないものがネットにのこのこ書き込むのは危険なのはよくわかった。自重しよう。

  わたしはただ小沢の擁護なら擁護でちゃんとした論旨をききたいといってるだけなのだけど、検察が危険だとしかいわないからへんだとおもってるだけだ。ド クター、あなたの検察が危険という論旨は読んだ、小沢のいまの事象をどのように語られるの是非読ませて欲しい。

  57. aba より:
      2010.02.17 at 10:46

      推定無罪の原則とは、
      嫌疑を掛けられた側が無罪を立証するのではなく、
      嫌疑を掛けた側が有罪を立証しなければならない。

  58. Aristotle より:
      2010.02.17 at 22:11

    キャンベル米国務次官補が小沢を訪問したのが2月2日。  次の日に起訴されるかも知れない男に、わざわざ米国務次官補が合うのは極めて不自然。 何が しかの取引があったと考えるのが自然である。  オバマはアフガニスタンの戦費に3,220億ドル(約30兆円)を議会に要求、一般市民からも戦争反対の 声は大きくなり、金に困っている。 2月4日の報道によれば、亀井静香/金融・郵政改革相は2月3日、日本郵政グループの「ゆうちょ銀行」の資金運用につ いて、米国債などの運用へも多様化してゆくべきだと考えを示した。 これから読み取れる事は、小沢は亀井に頼み、「郵ちょ銀行」の金で、巨額のアメリカ国 債を買う事で、アメリカから検察に政治的圧力がかかり、今回は不起訴処分となったと考えるのが自然でないだろうか、あまりにも亀井の発言のタイミングがよ すぎる。 キャンベル米国務次官補もオバマに巨額に資金を送ることを約束出来、満足できただろう。 Nice Talk!

      小沢不起訴の真実
      http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1063.html

  59. ヒロ より:
      2010.02.17 at 23:00

      まっ!いずれにしても火のないところに煙は立たない。と言うことでしょう。
      北海道教職員組合と民主党小林議員の話も出てきたし。
      原口総務大臣は報復めいた事を言っているが、国民の反感を買うだけでしょう。

  60. Aristotle より:
      2010.02.22 at 00:04

    何故、国民新党の亀井が、現在の政界であれほど大きな顔をしていれるのか? それは、金融・郵政改革担当に就任し、、「郵ちょ銀行」の金を握っているか らである。  愚かな多くの国民は気づいていないが、郵政民営化反対とは、国有化することにより、その金を、特定の政治家が自由に使えることを意味する。   国民の貯金を勝手に使えるわけがないだろうとの意見のあると思うが、運用という騙し言葉で、簡単に使えるようになる。 今回、小沢不起訴にもこの金が 使われ、アフガン戦争の資金となるアメリカの国債を購入し、アメリカ側から検察に圧力がかかったものと思われるが、もっと危険なのは、支持率が下がった小 沢民主党から、北朝鮮にこの金(郵便貯金)が運用と称して、実質賄賂として贈られ、参議院選挙の直前にヤラセの拉致問題解決があることであろう。 

  現在、日本には、普通郵便局が全国に1,308局、簡易郵便局が4,447局あり、ここで働く人は公務員試験を受けねばならない。  しかしながら、特 定郵便局というインチキのような制度があり、全国に18,922局の特定郵便局がある。 実に郵便局の77%が特定郵便局なわけである。 特定郵便局は公 務員試験を受ける必要もなく、人事異動もない世襲制で、個人の家を事務所としているが、家賃として月35万円が支払われ、1年に国庫から約800億円支 出、これとは別に公務員としての給料が支払われ、視察としての海外旅行、そして誰に稟議の商人をもらう事なく、自由に使える経費があり、この経費だけで1 年間に、約1000億円税金から支払われている。 オンブズマンの調査では、接待・飲食代・あげくのはては、彼らのジュースまで税金から支払われていると の事。 外務省の機密費が55億円である事を考えても異常な世界である。  特定郵便局の異常な数のため、政治家にとって票を稼ぐにはもってこいで、政治 家はこの票を期待し、郵政民営化を反対する。  これが郵政民営化反対の現実なのである。

      郵政国有化の意味とは、本来は潰すべき特定郵便局を存続させ巨額の税金の無駄遣いをさせ、小沢・亀井コンビが自分達の政治権力を守るために、「郵ちょ銀行」の預金を自分達が好き勝手にもっておく、というのが真実なのである。  

      小沢不起訴の真実
      http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1063.html

  61. ヒロ より:
      2010.02.22 at 10:33

      今回の長崎県知事選・町田市長選の結果を見れば、鳩山・小沢疑惑を含め民主党の真実が明らかになれば、賢明な日本人は賢明な結果を出すことがあきらかになった。
      そもそも国民は、民主党をリベラルと考え政権交代を望んだのであって、反国家・暴力革命を目指した新左翼(社青同解放派・革マル派等)の活動家が閣僚になるなどとは夢々思ってなかったと思う。
      天下り禁止・脱官僚政治にしてもしかり、郵政社長の天下り人事、長崎知事選での民主党推薦の国の官僚候補というあからさまな大嘘で、そうそう日本国民を騙すことは出来まい。

  62. ヒロ より:
      2010.02.22 at 21:10

      追記:長崎県知事選での民主党・石井一選対委員長の応援演説「時代と逆行するような選択をされるのなら、 民主党政権は長崎に対してそれなりの姿勢を示すべき」と発言。
      何これ、地域主権は民主党の目指したところではないの?この発言のどこに地域主権があるの?完璧な長崎県民への恫喝じゃないの。
      民主党はヤクザ政党なの。

  63. みう より:
      2010.02.23 at 11:58

       「立花隆」この名前はジャーナリズムの権威です。その人が上記のような発言をした。それは正しいのかも知れません。
       しかし、大多数の国民は「自民・公明政権が招いたこんな生活・こんな人生をもう続けたくない」のです。
       政治家の行為の裏表、白か黒か、それはあるでしょう。でもいまは、経済成長真只中の時代ではありません。普通に商売・勤めをしていても、何が売れるか判らないし、いきなり明日解雇されても当然の、異常事態なのです。
       長崎知事を含め、国民は政治家を「白か黒か」だけでは選びません。「自分の役に立つか否か」で選択します。
   名ジャーナリストの立花隆氏、見事な指摘・分析です。しかしその発言が「国民の役に立つか否か」、国民の多数がどう思っているかは、ここのコメントの 通りです。国民が愚かなのかも知れません。でも現在のこの状況の中で、国民はこのように考えているのです。立花氏には文字通り「自分の安泰感」しか感じら れません。ジャーナリズムって、もっと切羽詰ったものではないですか?
       週刊現代さんも貴誌のどこが「ピント外れ」なのか、少し頭を冷やして考えてみて下さい。そんなこともできませんか???ならば週刊現代は廃刊しなさい。


 

俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、心を一つにし断固闘う

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(2)「小沢不起訴」の先を読む

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 以下、立花隆も焼きが回ってただの耄碌ジジイになったのかとネットで評判になった一文です。既にリンクはページが見つかりませんになっており キャッシュでしか読むことが出来ません。そのキャッシュも間もなく消されるでしょう。資料として採録しておきます。立花隆の講演会にも行き、雑談日記 でもご紹介していましたが、化けの皮がはがれたという所でしょうか。言論人としての立花にはジエンド、引導を渡す時だと思います。

関連:立花隆はもう終わりだな(笑)。(文藝評論家・山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』)

※SOBA:立花隆が下記寄稿を削除し遁走したのは下記Twitterから推測して2月6日夕方頃か?
fujifuji_filter これは、ひどい。RT @pachira97: 立花隆は取材もせず憶測だけを連ねた文章を載せた。ジャーナリストとしての生命はこれで終わったと言える。これは今後小沢氏がどうなろうと関係がない。それほどひどい文章だ。 http://g2.kodansha.co.jp/?p=3545

 

立花隆が緊急寄稿(2)
「小沢不起訴」の先を読む 立花隆
2月 4日(木) 19時 1分配信 / 国内 - 政治
http://g2.kodansha.co.jp/?p=3545
キャッシュ←まだ見られます)

 小沢不起訴で小沢は助かるのか? とんでもない。不起訴があまりにも不当であるがゆえに、小沢はむしろ大転落への道を大きく踏み出してしまったのだ。
  問題点ははっきりしている。小沢の三人の秘書は虚偽記載を認めている。彼らの有罪は確定しているといっていい(池田秘書のみ未確定らしいが)。ポイントは その虚偽記載は秘書が勝手にやったことで、小沢の指示・命令・相談・報告・了承などの関与があったのか、なかったのかである。
 あれば小沢は共犯、なければ秘書の単独犯である。

  常識的に考えれば、小沢の事務所は、いかなるワンマン企業よりも激しいトップダウンの組織で、秘書らは日常奴隷のごとくとまではいわないが、召使いのごと く仕えている組織なのだから、小沢が何も知らない間に秘書が勝手に何億円もの資金を動かすなどということがあるはずはない。

 今回起きたことは、そのあるはずがないことが起きたと、小沢も秘書も口裏を合わせ、その口裏合わせを検察は突き破れなかったということなのだろう。

■検察は思いこみを捨てろ

 だが、それは「これこれのことを小沢先生から命令されてやりました」というような秘書の百%の自白調書でガチガチに固めないと、立件できない(そこまでやらないと裁判で負ける)という従来の検察の固定観念がそう思わせているのである。

  その思いこみを捨てて、このようなケースでは、まず事務所の日常の金の動きと日常の小沢と秘書の関係を一般的に立証した上で、あとは間接証拠の積み重ね で、他の可能性(秘書の横領、泥棒など)をひとつひとつつぶしていけば小沢の関与は自然に浮かびあがってくるはずだから、それで充分と発想を転換していけ ばいいのである。

 あとは裁判官の常識的な当り前の判断力にことをゆだねてしまえばよいのである。本来裁判とはそういうものだと考えればよいのである。

  ガチガチの自白証拠で二百%固めなければこういうケースは立件できないなどと思うからつい自白を求めて無理な取り調べをすることになる。そして、検察憎し の立場に立つ一部マスコミにバカバカしい批判――たとえば、つい最近起きたと伝えられる(検察は事実無根と抗議)、子供を持つ石川の女性秘書を一〇時間も 無理な取り調べをして保育園に通う子供を迎えにいけなくしたなど――を許してしまうことになる。

■筋の通らない小沢の弁明

 私にいわせれば、もう小沢関与の立証に充分すぎるほど充分な間接証拠の山を検察はすでに持っているはずである。
  あとはガチガチの自白証拠がないと立証に充分でないという固定観念を捨てて、早く法廷での立証合戦に持ち込むことだ。法廷での勝負に持ち込み、腕ききの立 ち会い検事にすでに集めた証拠の数々を存分に使った立証をやらせれば、小沢有罪に持ち込むことは苦もないことだと私は思う。

 だいたい誰 がどう考えたって、小沢の弁明は筋が通っていない。小沢の関与・了解なしに、四億円もの虚偽記載が小沢事務所で秘書の独断で行われるわけがない。法廷での 立証は、通常の判断力を持った通常人(裁判官)を充分納得させられればいいのであって、そうむずかしいことではない。

 すでに、各種の世 論調査で、小沢の弁明をそのまま信じている人などほとんどいないという事実の中に、裁判になったらどっちが勝つかがすでにあらわれているといってよいので ある。こういう状況の中で、伝えられているように、検察はすでに小沢不起訴の腹を決めたというのがホントなら、それは検察が石橋を金づちやハンマーで叩き に叩き、ついにはショベルカーまでもってきてガンガン叩いた上で、結局渡るのをやめてしまったというくらいの度胸なしの決断をしたことになる。

■腕力ではなく頭の勝負

  思い出すのは、ロッキード裁判の立ち会い検事だった堀田力検事である。あの人は、法廷ドラマの検事役のような芝居がかったところは全くない人で、それこそ 淡々というほかないような、静かに立証を詰めていくだけの人だった。しかし、しばらく時間が経過して振り返ってみると、実に見事に弁護側の逃げ道をふさい でおり、いつのまにか詰め将棋と同じように弁護側は雪隠詰めになっているのだった。ときどきチラリチラリとはさんでいく「あなた、その段ボールをどこかで ちがう段ボールとすりかえてしまったとか、そういうことはなかったですか」などといった、一見バカげた質問が、あとからみんなきいてくるのだった。それを 見ながらいつも「ああ、法廷立証というのは、数学みたいだ」と思った。いかなる推理小説よりも面白いと思った。

 いまの検察首脳にそうい う頭の勝負ができる検事がいれば、「ガチガチの自白調書をちゃんと集めて来い」というような腕力勝負を挑まず、とっくに立件に踏み切って法廷勝負にもちこ んでいたはずである。そして、すでに法廷で何度も尋問で小沢をキリキリ舞いさせ、誰の目にも小沢の敗北が明きらかになるという名場面を演出できていたはず である。

 ロッキード裁判は、そういう名場面が幾つも幾つも連続して出てきたからこそ、文句なしの検察側勝利に終ったのである。

■出発点となった「週刊現代」の記事

 小沢裁判だってそういうことは充分可能なはずだ。たとえば、一部の人にはよく知られている「確認書」の一件である。

  二〇〇七年二月二〇日、小沢は自ら記者を呼び集めて、不思議な「確認書」なるものを公開した。これは、「政治家小沢一郎」と「陸山会の代表者としての小沢 一郎」の間にとりかわされたというおかしな「確認書」で、政治家小沢一郎は、陸山会所有の一連の不動産に対して、いかなる権利も保有していないことを、陸 山会代表小沢一郎との間で確認するという内容になっていた。どういうことかというと、政治家小沢一郎は一連の不動産(いま問題の世田谷の土地から、都心部 のマンションなど一時は合計一一件、一〇億円超の物件。現在は六件)の名義人になっているが、これは政治資金団体陸山会は法律的に「権利能力無き社団」で あるため不動産の登記ができないので、その代表者の小沢一郎個人が個人名で登記しているというだけのことであって、政治家小沢一郎が登記したからといっ て、「政治家小沢一郎はこの物件に対して何の権利ももっていないことを確認する」とした「確認書」なのだった。

 なぜこのような奇怪な 「確認書」が出されたのかというと、二〇〇六年五月に、「週刊現代」(六月三日号)にジャーナリストの長谷川学氏が、「民主党代表小沢一郎の“隠し資産” を暴く」という記事を書き、小沢がとてつもない一群の不動産物件をあちこちに隠し持っているという事実を詳細にあげたことに怒り狂い、長谷川氏と発行元の 講談社を名誉毀損で訴えるという事件が起きたからだ――考えてみると、今回の事件は結局、この暴露記事から出発しているのだ。

■偽造された「確認書」
Kakuninsho_l 小沢の署名が二つ並ぶ「確認書」

  この記事は、これら不動産は陸山会のものということになっているが、真実は小沢個人の隠し資産ではないのかと追及していた。それに対して、小沢が、いやそ れら不動産はあくまで政治団体陸山会のもので、小沢個人とは関係ないのだということを示そうとして、この「確認書」を得意気に記者たちに示したのだった。

 そして、名誉毀損の訴訟では、この「確認書」を問題不動産が政治家小沢とは無関係であることを示す証拠物件として、東京地裁に提出したのだった。

 ここでいっておけば、このような証拠にはしかるべき証拠力がないとして裁判所の取るところとはならず、この名誉毀損裁判では、講談社側が勝訴、小沢側が敗訴している。
 さて、ここで私がいいたいのは、今回の事件の捜査過程でこの「確認書」が、小沢側が偽造したものであることが明らかとなってしまったということである。

  最近発行された「文藝春秋」二月号に載った小沢の石川秘書の地元秘書をしていた金沢敬氏の告発(「消えた五箱の段ボール」田村建雄著)によれば、昨年三月 三日の小沢の秘書大久保隆規が逮捕されたときに、北海道から急ぎ上京して、大久保逮捕後の一連の証拠隠滅工作にまきこまれた経緯を次のように語っている。

「(石川は)『パソコンをどうするかも地検が来る前にみんなで話し合ったけど、さすがに今時パソコンがない事務所はおかしいので、残しておいた』などとも言っていました」

 このとき彼らが事務所に残してしまったコンピュータが検察に押収され、そのハードディスクの中身を解析していったところ、このコンピュータで例の「確認書」が作られたということがバレてしまったのである。

 そして驚くことには、その「確認書」の製作年月日が、実は問題の記者会見の直前であることがわかってしまったのである。

 さてここで注目していただきたいのは、上の「確認書」の小沢の署名部分である。ごらんの通り、もっともらしいものに見せるために、小沢は政治家個人の小沢一郎と陸山会代表小沢一郎を区別するために、印鑑を押している。
 これは裁判所に提出した証拠物件の偽造であるから、法治国家の根幹をなす重大問題である。

■予算があがった当日に逮捕された金丸

  昨日の小沢不起訴のニュースで、街の声を拾うと、釈然としない人々の顔が目立った。小沢にかけられた疑惑は何も解明されていないのに、小沢が早々と不起訴 になってしまうのか、という感じの不満顔でいっぱいだった。それを見て、これは金丸信の佐川急便事件のときの黄色ペンキ事件寸前だなと思った。

 それはそうだろう。誰が見たって、小沢不起訴はおかしいのである。もし、本当に、これが「これで小沢は真っ白です」の不起訴なら、私だって、黄色いペンキを投げに行きたい。

  だけど皆さん早まってはいけない。これは「小沢真っ白」の不起訴ではない。検察はやろうと思えばあとを法廷勝負に賭けて、すぐにでも小沢を逮捕できるよう な材料をいろいろ手持ちしていながら、それをいま行使しないだけなのだ。法廷勝負に賭けたりせず百%の勝利を確信できるところまで一件を仕上げるための時 間稼ぎ戦略に転じたというにすぎない。

 なぜか。
 消息通が解説してくれた。
「検察が政治家を捕まえる場合、検察は政治を混乱させることをきらいますから、時機を充分に見はからいます。
 基本的に国会の開会中は逮捕許諾請求が必要になることもあるし、政治的混乱が避けられないからなるべく避ける。
 検察が特にきらうのは、予算審議を混乱させることです。だから、これまでもいくつも例がありますが、予算がかかっている場合は、予算があがるのを待ってからやるのが普通です」
 そうなのである。
 金丸逮捕にしてもそうで、予算があがったら、その日にやられた。

■幹事長辞任か議員辞職か

 いまから予言してもよいが、小沢はもう終りなのである。小沢が不起訴で枕を高くして寝られるようになったと思ったら大間違いである。
 逆にこれから一歩一歩逮捕の日に向けて詰めの動きが着実にはじまったのである。
  それが水谷建設の一件でくるか、税金の問題でくるか、あるいは政党交付金の問題でくるか入り口はまだ定かでないし、多分幾つかの「合わせ技」でくるのだろ うがどれとどれを合わせてくるかなど、まだまだ定かでない点が多い。逮捕の日も予算があがる日か、別の重要法案があがるのを待つのか、あるいは別の重要政 治スケジュールがあがるのを待つのか、その辺もまだわからない。しかし、事件は、金丸事件になぞらえていえば、「黄色いペンキ事件の日」から「突然の金丸 逮捕の日」の間の「いつ何が起こるかわからない危険地帯」に入ったのである。

 そして、小沢にもそれがわかっているのだろうから、そして 小沢もバカではないから、おそらく予算があがる直前など、いよいよヤバイことがわかった時点で、あるいは自分のマイナスイメージが民主党支持率をどんどん 下げだすのが明きらかになるなどの時点で、小沢は幹事長を辞任するだろう。

 あるいはさらに議員まで辞職して、それを代償に逮捕だけはまぬがれさせてくださいというような、検察の慈悲を乞うための検察との駆け引きに出るだろう。
 民主党の政治家の方々はそのときをにらんで、いまから身の処し方を考えておくことだ。
 これからすべての政治家が一瞬たりとも気が抜けない、そしてすべての政治家がその政治家としての器の大きさを問われる日が間もなく連続してやってくる。

(文中一部敬称略)

 

関連
立花隆はもう終わりだ(笑)削除関連を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(1)異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」

立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(3)小沢と検察、両者の会見から読み取れるもの

※SOBA:下記投稿からキャッシュを拾いました。
「知の巨人」立花隆先生が「G2(講談社)」の緊急寄稿を削除されてしまいました
http://www.asyura2.com/10/senkyo81/msg/482.html
投稿者 CancerAngle 日時 2010 年 3 月 01 日 16:30:51: FgCmtVyUzCmks


立花隆が緊急寄稿(2)
「小沢不起訴」の先を読む←についた以下コメント。(コピペしたら通し番号が出てきました)

コメント / トラックバック68件

   1.   恥の巨人 より:
      2010.02.04 at 13:08

      立花さん、あなた逮捕で終わりだと散々言っておきながらこの開き直りはなんですか?あなたこそジャーナリストとして終わりですよ。

   2. 東京T.S より:
      2010.02.04 at 14:20

      推定有罪の観点から文章を進めていらっしゃる。司法も民主主義も否定されている感じを持ちます。

      小沢氏も権力なら検察も権力です。しかも司法と検察は癒着しているので強大な権力。

      ジャーナリストは国家権力と闘うものと勝手に思っていましたが、どうもそうではなさそうです。

   3. 川崎 より:
      2010.02.04 at 16:44

       立花氏の思い込みと決めつけがあまりに激し過ぎて、冷静さを失った激情にかられてしたためた記事にしか思えない。
   一つ伺いたいのだがもし小沢氏が逮捕ないし幹事長もしくは議員辞職しなかった場合は立花氏はどのように責任を取られるのだろうか?いつも上記の類いの 記事を読むたびに思うのだが、評論家やジャーナリスト(立花氏の場合は既に空想作家になられているようだが)の結果責任とはどうなっているのかと不思議で しようがない。
       是非、ご自身の予言が外れた際は潔く筆をおいて頂きたいが、どうでしょうか。

   4. 年金生活者 より:
      2010.02.04 at 16:47

      読んで深く感銘しました。
      私は今まで小沢氏のことをいわゆる政治資金問題で限りなく黒に近い灰色の人
      として理解してました。
      小沢氏は政権与党実力NO1として驕りの言動が目立ち、民主党の中では
      誰も意見できる人無く非常に独裁色が強くなってます。
      民主主義を危うくする独裁者の存在は国のために決して良くありません。

      このたびの検察の捜査にはその点で拍手を送ったのですが、
      残念ながら不起訴処分が下りがっかりしてます。

      又民意が高じて小沢氏降ろしの声広まれば5月頃辞任して参院選に備える、
      そしてここで勝利し再登場すると昨年と同じ2匹目の泥鰌を狙った動きもある
      ということも誠しやかに民主党応援者から聞こえてきます。
      これでは本当の独裁政治に至ることとなります。
      私は今の自民党はもはや再度与党になる力は無いと見てます。
      本当に日本の将来を憂いこれを良い方向に導く指導者群(民主党でもかまわない)
      が出てくれれば大変良いと思ってます。
      この中にあって筆者の力強い文には賛同致します。
      これからも国民を勇気つけて下さい。

   5. 横地 雄二郎 より:
      2010.02.04 at 17:57

    立花様、私は、大した知識も政治学的な素養も無い一市民ですが一言だけ言わせて下さい。昨年、日々、生きるか死ぬかぎりぎりの生活の中から藁をもすがる 思いで政権交代に掛けた一人です。その時の思いは今も変わりません。とにかく、少々、金銭的にまずい面が在ろうとも新しい人たちに、根本的この国の舵を切 り直して貰いたいと言う思いです。その思いで、実際、民主党政権がどのような政策を実行して行くのか息を呑みながら見ていた所です。そこにこの騒ぎです。 事件の内容が、上記の多くの国民の最後の一縷の望みを根本的に裏切るものであるなら許せませんが、報道されている内容程度のものであるなら、甘受します。 それよりも、一刻でも早く現状を変える具体的な政策を実行して貰いたい。今の検察の動きは、この多くの国民の思いに反するものです。横槍を入れないで下さ い。小沢幹事長を始めとした、民主党政権の今後は、実際に実行された政策を見た有権者が決める事です。

   6. 鵜飼保雄 より:
      2010.02.04 at 17:58

    「小沢、不起訴、不当」で、ネット検索していたら、偶然みつけました。とても素晴らしいご意見を有難うございました。まったくその通りと存じます。鳩山 といい小沢といい、一般人なら当然有罪になるものが不起訴で終わるなら、彼らがとくいう「国民のみなさん」が納税をきちんとする気持ちを完全になくすこと でしょう。現に、国会での鳩山の答弁が「ばからしくて」聞いていられなくなっています。(某上野高校出身)

   7. sky より:
      2010.02.04 at 19:29

    推定無罪の原則が尊重されておらず、小沢氏即ち巨悪であることを前提とした論理の展開で、識者の文章としてとても賛意を表する事が出来ません。政治と金 の問題への本質的大局的視点、及び人間としての、一政治家としての小沢氏を深く掘り下げた上で再度ご寄稿願いたい。

   8. 佐竹 より:
      2010.02.04 at 22:10

    立花氏は「一部マスコミにバカバカしい批判――たとえば、つい最近起きたと伝えられる(検察は事実無根と抗議)、子供を持つ石川の女性秘書を一〇時間も 無理な取り調べをして保育園に通う子供を迎えにいけなくしたなど」の検察の違法すれすれの捜査を糾弾した上杉氏の批判をバカバカしいと、おっしゃるので しょうか?

      小沢憎しで検察の敗北が確定した今、普段は冷静な立花氏が感情的になるのも分からないでもないですが、権力者である検察が弱者であり一般女性をこのような形で(違法すれすれ)で取り調べたことに対し、それを非難する上杉隆氏は決して間違っていないと思います。

      それとも巨悪、小沢一郎を逮捕する名目なら、違法だろうが、弱者をおとしめるだろうが、どんな手段を使っても逮捕すべきだとお考えなのでしょうか?

      膀胱癌を煩い、この先が長くない立花氏は何をそんなに焦っているのでしょうか?

      氏の文章からは単なる小沢憎しの安っぽいアジテーション的なものしか感じられません。
      氏の著作を沢山読んできた一ファンにとっては至極残念であります。

      何故、小沢一郎問題になると、理性を失い、自分を見失ってしまうのでしょうか?

   9. Q より:
      2010.02.04 at 22:15

    私は小沢の敗北とは思いません。参院選前に日本の法を無茶苦茶にしておいて、三権分立を破壊し、外国人参政権や人権擁護法で中韓、利権ヤクザを抱え込ん でしまえば、例え不利な状態に一時沈んだとしても復帰可能でしょう。12月からの小沢の挙動を見ればわかるように、自我をたいして主張しない真面目な日本 国民の意見など奴にとってはゴミのようなものです。今回は不起訴でしたがまだチャンスはわずかに残っています。今回の件を見てもわかるように小沢は民主党 の心臓です。致命的な打撃を与えなければあと1,2ヶ月の内に日本にとって本当の手遅れな状態がやってくるでしょう。楽観している場合ではないのでしょう か?

  10. 大畠佐代美 より:
      2010.02.04 at 22:32

      すっきりします。逮捕を待ちます。

  11. 瀬下満義 より:
      2010.02.04 at 23:30

     立花隆さんは純なお方で、検察の正義を信じておられるようです。しかし私は、検察はチンピラ公務員に成り下がってしまっていると見ています。今度の小 沢事件もチンピラ検察の暴走に過ぎないでしょう。検察の能力、力量も著しく低下しています。人間らしい理性さえも失っているように見えます。
   官僚が立派だった時代は終わり、彼らはいつの間にか時代遅れの集団となり、腐敗堕落してしまいました。方向感覚を失った検察は、社会や国民の利益より も自分達の利益に固執するようになったのでしょう。そして、権力を振り回す、たちの悪いチンピラ公務員に成り下がったのです。立花隆さんも官僚とともに時 代遅れになってしまったのでしょうか。何かを勘違いしているように思われてしかたがありません。

  12. 東風平尚 より:
      2010.02.05 at 09:29

    長年の立花ファンですが、この記事には幾つか疑問あり。①陸山会の隠し資産なるものの実態について(利殖目的なのか秘書用住居なのか?この間5件が処分 されているからその売却益に関する究明は?)②平成6年の確認書なるものが偽造文書とする断定根拠について(週刊現代記事に対する単なるプロテクト・釈明 文書に過ぎないというだけで法的証拠文書としての有効性に疑問あり。)いつもの立花氏にしては緩い緊急寄稿なのでいささか物足りない。以上

  13. 宮元真砂子 より:
      2010.02.05 at 10:13

      こころ強いお話、嬉しくなりました。私も一人でも多くの人に話、民主党に投票しないよ

      う呼びかけていきます。

  14. 水野久志 より:
      2010.02.05 at 11:09

      小沢氏は検察と裏取引をして逮捕されないような予想をしていましたが、立花さんの論説を読むとそうあってほしいと思いました。
      ただ国民としては小沢幹事長温存では民主党には断固反対したいと思います。

  15. 岡田真希 より:
      2010.02.05 at 14:45

      初めてこのサイトを拝見させていただきましたが、あなたもマスコミ同様、官僚の側の人間なんですね。
      残念です。
      もはや検察が官僚(検察も官僚です)とグルになって、小沢さんを潰そうとしているのは明白。起訴出来なくても国民に小沢さんの悪いイメージをすり込む事が目的な事ぐらい国民は薄々気がつき始めています。
      今必要なのは、官僚や自民党の圧力に立ち向かい、国民の側に立って真実を報道してくれるジャーナリストです。
      日本にそんな勇気のあるジャーナリストはいないんですかね。

  16. 一国民 より:
      2010.02.05 at 15:34

      立花氏こそ思い込みを捨てろと言いたい。
      事実に基づかない、自分の解釈だけで事を論じているのがあまりりも見苦しい。
      これが知の巨匠とも言われた立花氏の論述なのかと非常に残念に思う。

  17. 名も無き庶民の一人 より:
      2010.02.05 at 17:20

       立花さん、どうしちゃったんですか?今回の小沢氏の件で不起訴は当然じゃないですか。と言うより、検察特捜部の政治目的捜査、違法捜査に心の底から怒りを感じていた庶民の一人です。
   だいたい、小沢氏は秘書を20人以上抱えていると言われていますよね。秘書一人の人件費プラス活動費で年間1000万円は必要でしょうから、20人も いれば、年間2億は固定経費として出て行くでしょう。さらに選挙の年ともなるとその倍の4億くらいの出費はあるんじゃないでしょうか。小沢氏は労働者でも なければ、サラリーマンでもない、従業員20人の中小企業の経営者と考えれば、金の流れはおかしくもなんともない。しかも、虚偽記載というが、預金を担保 に金を借りることは中小企業ではごく普通の話と聞いていますし、帳簿と実際の金の出入りのズレはよくある話でしょうに。また、衆議院はいつ解散するかも知 れないわけですから、手元に一定の軍資金を温存しつつ、政治資金を不動産の形でプールしておく、このどこがおかしいですか?
     こういう小沢氏の政治スタイルを嫌う人はいるでしょう、ですが、それは個人の好悪の問題であって、違法でもなければ、倫理的に政治家として逸脱してい るわけでもない。私自身は、たいした年収もないサラリーマンの一人ですから、確かに別世界の話としか感じられない。しかし、こういう小沢氏がいたからこ そ、自民党から政権をもぎ取れたし、政治改革も進めることができることもこれまた現実なわけです。
       小沢氏を個人的に嫌うのは立花さん、あなたの自由ですが、嫌いだからと言って、違法でもないことを無理やり立件して政治的に追い込むことは、絶対に許されるべきではありません。それは、我々、国民に対する挑戦であると言ってもいいでしょう。

  18. tonton より:
      2010.02.05 at 18:59

    「ロッキード裁判の立ち会い検事だった堀田力検事」の件ですが、(あえて、みなさんがご覧になれるwikiから引用しますが、「受け渡し場所はもともと 不自然で子供っぽいというか、素人っぽいというか。おそらく大金の授受などしたことがない人が考えたとしか思えない」と語り、その不自然さを認めていま す。

      田中角栄はずしのロッキード裁判工作も、田中角栄元首相の石油政策にあったという「事実」があります。

      まさか、検察が「独立」した機関なんておもっていらっしゃるわけではないでしょうね。どういう力が働き、どのような構造が背後にあるかという本質に迫らず、茶番ばかりにのっている日本の「ジャーナリズム」にうんざりです。

  19. 日本人 より:
      2010.02.05 at 19:25

      立花氏の論説に対して、小沢一郎シンパらしき馬鹿な輩が盛んに見苦しく噛み付いているようだが、如何にも冷静を装ってはいるものの、その脳内バイアスの掛かった焦りが見え見えで何とも笑止に堪えない。

      今回の民主党と小沢一郎の出来事に関する文脈を混乱させ、正しく読み取れないよう、見え透いた姑息な仕掛けを多方面に講じているようだが無駄なことだ。

  20. rocket より:
      2010.02.05 at 19:44

    立花氏に申し上げる。まずは潔く自らの不明を恥じるべきである。そうすることなしにいたずらに多弁を弄されようとも、見苦しい限りである。今のあなたの 姿は、田中金脈の告発という成功体験に縛られ、過去の栄光を守らんがために小沢憎しで行動をしているようにしか見えない。ロッキード事件も田中の問題はほ んの一部で、あらかたは謎のままというではないか。なぜそんなことになったのか、木を見て森を見ずのような一面からの追求は検察の思う壺ではなかったのか と反省すべきである。結論ありきではなく、いろいろな角度から光をあて、本当に大事なことを見つけるのがジャーナリストの仕事であろう。結局は踊らされて いるだけの人かと、思わずにはいられない。

  21. R.T. より:
      2010.02.05 at 22:46

      選挙で連続当選する人物が、得がたい人材であるというのは世界の常識。
      明確な収賄の証拠でもない限り捜査などしない。
      公務員試験だけの人間を評価する日本が異常なのです。
      立花氏のような方がこういうテーマで研究されれば大変興味深いと思います。

  22. norizumi より:
      2010.02.05 at 22:54

    立花さん、あなたは田中角栄を踏み台にしてのしあがった人ですね。田中角栄を金権政治家と呼ぶなら、あなたはゴシップを餌にして生きているハイエナ評論 家です。あなたは政治家を汚い!と叫びそして大げさに吠え立てることで金を稼いでいます。(あなたが汚いと決めつける)政治家がいなければあなたの今日の 地位はなかったでしょう。あなたは政治家に感謝をすべきですよ。自分がハイエナ評論家であることを自覚しなさい。

  23. 竹中紀子 より:
      2010.02.05 at 23:06

    小沢氏の独裁者的資質は「そんなことは政権とればどうとでもできる」という言葉に顕れています。ヒトラーとなりうる危険性を感じます。また小沢朝貢外交 は、おぞましいかぎりで早い内に何とかしないと、日本国民の自由が奪われて、チベット、ウィグルと同じく日本自治区になる可能性すらあると思います。単な る資金報告書虚偽記載の問題ではなく、小沢氏のお金の流れはもっと深く、どれだけ知らぬ存ぜぬを決め込んでも白に演出できないものだと思います。小沢氏は 説明責任を果たす義務があります。どうか真のジャーナリストとして、真実を手放さずに頑張ってください。

  24. 渡邊宣明 より:
      2010.02.06 at 01:10

      あなたは検察は頭が良いとお考えでしょうか。今回の件に関しては、地検特捜部はおバカの集団だと思います。
      たとえばマスコミのリーク情報は常識では考えられないものばかりでした。今回は検察の中でもIQ70クラスばかりが集まったような気がします。

      たとえば検察のリーク情報で驚いたのは

      *水谷建設が石川代議士(当時は秘書)に賄賂を渡した時に立会人がいた。
      *水谷建設本社に5000万円の出金伝票が残っていた。

      等々です。記事にする記者も相当頭が悪いと思いますが、賄賂の出金伝票が残っていたなんて噴飯ものです。

      立花隆さんには失望しました。もう2度とあなたの著作を手にすることはないでしょう。

  25. 筑摩哲夫 より:
      2010.02.06 at 04:11

      立花隆氏の衰退を憂う!
  腐敗しない権力は無い!・・・この視座なり、テーゼから戦後65年を迎えた現在を見ると、日本の危うく未熟なままの民主主義のさらにその危機性は、何よ りも権力の実体たる四権(行政・立法・司法・マスコミ)の腐敗や癒着や退廃に集中していると言える。マスコミと権力の癒着腐敗は、記者クラブ制度によって 行き着くところまできている。その原因は、歴史的にも「官僚」と「常備軍」(戦後的には警察・検察・自衛隊など)を国家権力の二大実体としてきた政権勢力 が、戦後50年以上も一党で日本を支配してきたからだ。その点、立花氏のかつての田中金脈批判にはジャーナリストととしての戦闘性も民主性も科学性も感じ られた。しかし、今回はまったくそれが感じられない。あるのは、”田中ー金丸ー小沢は巨悪である”というドグマなりイデオロギーにすぎない。
   今回の一連の対小沢事件は、自民党の政権崩壊直前に対抗政党たる民主党代表の小沢氏への狙い打ちであり、権力サイドによる政敵抹殺の強権発動以外の何 ものでもない。その継続たる今回の一連の事態は、まさに選挙で登場した新政権に対する、旧政権側からの必死の巻き返しであることは幾多の証拠がそれを示し ている。例えば、「水谷建設元会長による5千万円闇献金」などという偽証や虚言の前歴のある、しかも刑務所という法務・検察の管理監督下にある人物の「証 言」を、検察やマスコミが、極めて重大な拠り所にしていること自体が不思議=荒唐無稽以外の何物でもない。この「証言」は、検察による誘導なり、取り引き なり、水谷建設側の保身のための「虚言」ではないか、と指摘されて、これを否定できる検事や検事経験者は、私の前には1人もいなかった。
   「検察ファッショ」「国策捜査」などの批判が多くの著書や実体験などから澎湃と巻き起こるには、特にこの十年余りの検察腐敗があるからだ。「検察=正 義」などという図式は民主主義を葬り去る、権力崇拝神話にすぎない。それに気付かないとすれば、残念ながら、まさにジャーナリストが一番陥ってはならない 最も深刻な退廃にすでに蝕まれているとしかいえない。

  26. Kazu Thoreau より:
      2010.02.06 at 05:43

      田中裁判と今回の小沢騒動を比較されたい気持ちはわかります。
      しかし根本的に違うのは現在の巨悪は与党政治家でも旧経世会でもなく検察官僚です。錦の御旗は常に市民にあります。
      それを擁護しうるのは自民でも既得権益に安寧する記者クラブ内マスコミでもなく唯一の選択肢が「民主」だけであること。
  その民主を政治集団化した巨悪の検察官僚がつぶしにかかっていることは国民は気づいているのです。国民もバカではありません。つまらぬ政治資金の追求を 口実に権力を恣意的に使い民主主義の芽を摘まれてしまってはこれからの日本は本当に真っ暗な闇の中に戻ってしまう。時代は変わりましたね!立花さん。。

  27. 佐藤祐子 より:
      2010.02.06 at 05:49

      立花隆という知識の塊までもが結局最後には、
      己の権威をこのような形で誤爆させてしまうとは。。

      まず、自らの足で取材をしていない、現場に訪れも
      していない貴方が語る言葉は、伝聞&憶測でしかない。
      (=現場に立てなくなった時点で、ジャーナリズムの土俵からは
      去るべきだろう。貴方には知識の風呂敷を広げられる別な舞台が
      いくらでもあるはず。)

      公権力を監視するため日夜、勇敢なジャーナリスト達が
      その耳で、足で稼いだ情報と、互角の価値があるはずもない!

      立花隆のこんな姿、見たくなかった。ただ、哀しい。。

  28. s.k. より:
      2010.02.06 at 06:21

      昔、ライターとして立花隆という人を尊敬してました。

      20代の頃です。

      その後、田中角栄という人の人となりを調べました。
      学べば学ぶほどに、田中角栄はすばらしかった。
      あの角栄さんを殺した立花隆は、最低の非国民だと実感しました。

      そしていま、そういう反省もなく小沢批判。
      ひたすら、あのとんでもない検察の味方をしている。

      もう、時代は変わったのです。
      東京地検なんて、アメリカの出先機関です。
      日本がアメリカに占領された時に作られた、アメリカが日本の軍需物資をかすめ取るために作られた部署にしか過ぎません。

      出自が出自です。
      正体の悪い政府機関です。部長クラスもアメリカで仕事をしていた期間が長く、ほとんど日本人のことなど考えていません。親分はアメリカと思ってる。

      で、立花さんがつるんでる文春だって、ようはCIAの日本の出先機関じゃないですか。

      もう、いいかげんに、くだらぬお先棒担ぎはやめてください。
      あなただって日本人なんでしょ?
      自分の国を正しく愛しましょう。

      しかも。

      真のジャーナリストなら、推定無罪の原則という民主主義の根幹に関わる部分をこそ大切にするべきなのに、「推定有罪」で論を進めて、しかも、ムリクリに有罪にするための「屁理屈」をチンタラと書き連ねる。

      はっきりと老害です。

      もう、さっさと引退してください。

      これからの日本に、あなたは必要とされていないと思います。

  29. 澤田 より:
      2010.02.06 at 07:44

      ま、まさか!?
      金沢敬を信用に足ると判断してるのではないでしょうね?
      ま、まさか!?
      パソコンに残された制作年月日が正しいと思ってるのではないでしょうね?
      >>>>
      検察憎しの立場に立つ一部マスコミにバカバカしい批判――たとえば、つい最近起きたと伝えられる(検察は事実無根と抗議)、子供を持つ石川の女性秘書を一〇時間も無理な取り調べをして保育園に通う子供を迎えにいけなくしたなど――を許してしまうことになる。
      >>>>>
      をばかばかしいと判断するに至っては人間の心まで失ったように思われます。
      脳をテーマにした著作がある方ですから、老化によって脳力が低下していくことはご存知のことと思います。どなたかにチェックしてもらいながら発表するようにしたほうがよろしいかと忠告申し上げます。

  30. kaname より:
      2010.02.06 at 07:52

      立花さんを批判する小沢擁護の方々は、
      4億円原資の説明が二転三転するどころか、
      20億もの不正記載、
      22億8千万もの政党交付金を個人の団体に還流させ独占する
      「税金泥棒」小沢幹事長の脱法行為を無視・矮小化しすぎです。

      私は政権交代で政治がクリーンになることを期待していましたが、
      鳩山の巨額脱税と小沢の超独裁・金権腐敗を支持した覚えはありません。

      事務所費問題・年金未納問題で大臣が自殺・辞任した
      自民党よりも低モラルな民主党に心の底から幻滅しています。

      自民党の政治と金を叩いていたモラルがあるなら、
      小沢の疑惑の数々をスルーできるはずがない。
      検察が政治家の疑惑を追及するのは当然のことです。

  31. ももんが より:
      2010.02.06 at 08:56

      じゃあ立花さん。証明してよ。

  32. kumagayapiano より:
      2010.02.06 at 09:48

      初めてこのサイトを拝見しました。
  評論家の小澤遼子さんが昨日(2月5日)ラジオで、「検察に追及されてきたのは代々経世会出身者である、なぜ清和会には疑惑が生まれず追及されることは ないのか?」ということをおっしゃっていました。確かに、と思います。同じ政治家という魑魅魍魎のなかで生きていて、経世会が特に悪い人間が集まってい る、のではなく、清和会が何かに守られている、ということを暗に仰っているのだと私は考えています。なにが語られるのかではなく「何が語られないのか」と いうことがマスコミを注視するには大切なのだと、44歳にしてわかりました。
    70年代後半の日本国民の知性と情報なら、立花さんの仰ることがなるほど、と思えるのでしょう。しかし、時代が変わってしまいました。日本国民は、田中 角栄とは本当は立派な政治家だったのではないか、そこまで歴史をたぐりよせて、考え直す時が来ています。その政治家のスキャンダルを追求して一躍名を馳せ た、立花隆、あなた自身も再検証されるべき存在です。

  33. 1庶民 より:
      2010.02.06 at 09:54

    メディアからの情報のみで、小沢が独裁だの 真実を話せだのと批判する輩が多いが、この政権交代は国民の投票によって行われ、小沢氏の選挙政策の勝利と もいえる。 今回の秘書の逮捕劇の内容を見ても、悪質さを感じない反対勢力の何らかの意図を感じる。立花氏の投稿も それこそ立花氏のほうが独裁者的思考 に傾倒しそうな人種に感じる。
      選挙により選択された政権を 数年間見守りその上での査定はできないものであろうか? 数年先にこのコメントと同じことを言えるのか ジャーナリストとしての立花氏は存在してないのでは・・・

  34. 1庶民 より:
      2010.02.06 at 10:31

    コメントの中に自民党だの民主党、どちらが汚い的なコメントが有りますが、そのイメージに至っていることこそが、この事件に対する危ない結果だと思いま す。検察 メディアはそのイメージをコントロールできる立場に居ます。さて、立証できなかった場合は、小沢氏に与えた損害を賠償又は謝罪ができるのでしょ うか?しませんよね。 立花氏のコメントなど小沢さんにつけた悪のイメージに乗っかったご自身の売名行為以外に、ジャーナリズムなど感じえません。
      残念です。こういう方がジャーナリストとは・・

  35. ニューロドクター乱夢 より:
      2010.02.06 at 10:43

      立花隆様:
   「臨死体験」、「私の東大論」「脳死」などの著作を通じて、先生はすごい方だと尊敬し、ブログにもそのことを書いてきました。しかし、今回の小沢氏の 件に関しての先生の論評には落胆させられました。検察側の証明されていないリーク情報をうのみにされていることなどです。
       私は以前は大学で研究をやっていました。発表される論文やデータを批判的に理解するという習慣を養ってきました。下記に私のコメントを述べます。

      1月19日
      悪しき世論形成を促す検察側の情報リーク者を逮捕せよ!

  昨今もマスコミの論調は、アンチ小沢であり、国民世論もマスコミの一方的な報道に左右されている。検察が公表していない情報がマスコミに流される。検察 が職務上知りえた情報をマスコミにリークしているのは間違いない。明らかに公務員の守秘義務違反である。リークした検察関係者を見つけだし、逮捕、起訴せ よ!あまりにもひどい情報操作である 。まだ、容疑が固まっていないのであり、起訴されても、有罪になったわけではない。
      小沢幹事長はやめるべきではない。自民党などの野党は国会で疑惑を追及するというが、そんなことをやっても、新しい事実はわかるはずはない。検察が必死に調査しているのだ 。それより、国民にとって大切な法案、予算の早期の成立を願っている。

      1月25日
      検察・マスコミの偽リーク情報にだまされるな!

  小沢氏が土地購入資金の出所について明快に説明したにもかかわらず、相変わらず、大新聞などのマスコミは小沢氏の説明内容について不信感をあおった記事 を掲載している。水谷建設の受刑者が検察に小沢氏側に5000万円の裏金を渡したと話しているという情報が垂れ流されている。しかも、小沢氏の元秘書が小 沢氏からの指示で関係資料を隠すように命じられたと、話している。両者の話には信憑性があるとは思えない。犯罪者が刑期の短縮を願って、検察に言われるま まに、嘘八百を言った可能性が高い。水谷建設は、佐藤 知事事件で偽の証言をしたことを認めている。
    また、去年3月に大久保秘書が逮捕されたのち、マスコミには彼が全面自供したとの報道がなされた。その結果、小沢氏は党首を辞任する結果になった。しか し、大久保秘書は全面否認していることが判明した。しかも、当時にダミー会社であると報じられていた団体が実体がある団体であることが、最近の裁判で明ら かになった。おそらく、大久保被告は 無罪が言い渡されるであろう。
    偽情報をリークする検察もマスコミも大きな責任がある。偽情報操作により、国民の世論が形成されていく姿を見ると、恐ろしい。一部の良心的で独自の考え を持っている人たちがいることが救いである。戦前の大政翼賛会のようになってはいけない。検察ファッショであり、特捜部は解散されるべきである。現職の国 会議員が逮捕されるというのは、おか しい。
      マスコミのアンチ小沢キャンペーンは成功し、民主党の支持率は減少し、小沢氏を政界から抹消すべきだとの世論が増加している。おかしい!マスコミは検察批判をできないので あろう。リーク情報をもらえなくなるからであろう。おかしい!
      日本のマスコミは怖い。戦前の大本営発表(検察のリーク情報はすべて正しいとの前提)のようにまったく同じ内容で国民を扇動、洗脳している。

  36. Y.I より:
      2010.02.06 at 11:16

      無知な庶民を導かねばと思ってらっしゃるのでしょうね。
      今はインターネットメディアによって、立花氏の知る程度のことは、庶民の私でさえ、同時進行形で知ることができます。
      国会議員に辞めろというのは、それに投票した国民の判断を過ちだと言うことです。そうであるならば、国民の知っていること以上の真実の情報を提示しながら、議論を展開していただきたい。それがジャーナリストではないでしょうか。

  37. Y.I. より:
      2010.02.06 at 11:18

      今回のこの事件で、政権交代しなければわからなかったこと、つまり意図して隠されてきたことがたくさんあった、ということがよくわかりました。
      どれだけ国民は騙されてきたことでしょう。
      そのためにも必要なのは、取調べの可視化、検察の在り方等、どれも今までの自民党ではできなかった、もしくはやらなかったことです。
      小沢さんがシロだとは、多分誰も思っていないでしょう。でも、これからやらなければいけない事を進めていくには、彼の力が必要です。
      それにしても、新聞、テレビ等のメディアのバカさ加減には、本当にあきれてしまいました。マスコミを名乗るのに価しません。恥ずかしくないのでしょうか?
      これからは報道を信用せず、それが本当に事実なのかどうか自分で確かめようと改めて感じました。

  38. 星に願いを より:
      2010.02.06 at 11:43

      有罪判決を得る確率が120%ないと起訴しないというこれまでの検察の方針は,間違いです。
  私は,弁護士ですが,7,80%の確率があれば,起訴すべきだと思います。そして,公開の法廷で,検察側と弁護側がやり合い,判決を得ればよいと思いま す。多分,無罪率が,10%とか20%になると思いますが,それが,一般人の常識になれば,起訴されただけで,有罪確定というような現在の風潮がなくな り,無罪の推定という原則が生きてくると思いますし,立花さんが仰るとおり,無理な自白強制という前近代的な捜査もなくなるでしょう。
      また,裁判所も,自白がなくても,間接証拠だけで,有罪判決を言渡すべきでしょう。自白偏重の捜査は,裁判所にも責任があると思います。
  マスコミも,逮捕されただけで,有罪確定というような報道をやめるべきです。私は,何件も経験していますが,一面を飾る大事件でも,処分保留で釈放にな ることは,多々あります。マスコミは,それを報道しないか,あるいは,報道しても,3行程度です。世間的には,有罪のイメージだけ残ります。
      多分,記者クラブ制度の恩恵を受けているマスコミは,検察の嫌がる報道を控えているのでしょう。

  39. ponkichimaru より:
      2010.02.06 at 11:46

      立花隆さんは今までの色んな論評からしても、双方の立場に立ったある種公平な批評をされていたイメージがありました。
      この寄稿は何かスッキリとしません・・・というか、検察側のリーク情報をそのまま垂れ流しているお粗末な大マスコミ・メディアとなんら変わりない内容に落胆してます。
      検察側の政権転覆を意図したとしか言いようのない、横暴な権力の行使。
      我らのみが正義だと言わんばかりの行動には開いた口が塞がりません。民主党にも自民党にま他の党内にも、肩を叩けばホコリの出る人物もいるでしょう。
      要は、今後いかにして戦後アメリカに隷属し独立できなかった日本を、新政権がりっぱな独立国として舵取りしてくれるかが問われています。
      政治資金の問題は企業献金全面廃止で担保し、いち早く景気問題等の討論に国会を通じて議論して欲しいものです。

  40. y.ishihara より:
      2010.02.06 at 12:47

      罪刑法定主義はどこに行った、予断排除の原則はどうした、と法律かぶれのサヨクが煩いですが、売国奴と売国政党を追い詰めるのに手段など選んでいられません。
      証拠能力のない情報は新聞にどんどん書いてもらったりネットで晒したりして国民に知らせ、世論をバックに逮捕して政治生命を絶つしか手段はないでしょう。
      これからは立花さんのような言論人の活躍が一層重要になると思います。

  41. bcc より:
      2010.02.06 at 13:39

      >■検察は思いこみを捨てろ
      >・・・・
      > あとは裁判官の常識的な『当り前の判断力にことをゆだねてしまえば』よいのである。
      >本来裁判とはそういうものだと考えればよいのである。
      > ガチガチの自白証拠で二百%固めなければこういうケースは立件できないなどと
      >思うからつい自白を求めて無理な取り調べをすることになる。・・・

      要するに、立花氏が言いたいのは、明治以来、天皇の錦の御旗を掲げてきて権力を行使してきた官僚機構に逆らう平民出身の権力志向者(反乱族)は有罪無罪にかかわらず裁判所の権力を行使してつぶしてしまえということですね。よくわかりました。

  42. bigeye より:
      2010.02.06 at 15:40

    小沢擁護のみなさん、検察が検察がと、それしかいいませんね。何故目の前に厳然と有る小沢の不正な金の動かし方について何もいわないのですか。土地を手 に入れているのは誰ですか?隠して得をしているのは誰ですか?この汚らしい事象のなかで小沢が日本のため国民のために何をしているのか、よく見つめたらい いでしょう。民主党の為になると思っているのなら、おおまちがいです。むしろ鳩山と小沢の取り巻きがいなくなる事が民主党のためなのではないですか。無用 な擁護が民主党のデタラメさをどんどん強調しているのになぜ気付かないのですか。わたしは、民主党も自民党も嫌いです。
      もっと嫌いなのは悪を擁護しても自分をまもろうとする人間です。

  43. someda.y より:
      2010.02.06 at 15:50

      地方に住む一主婦です。
      彼方の御本も、論文も読んだこともない私ですが、お名前だけは存じておりました。
      寄稿タイトル「「小沢不起訴」の先を読む」に期待して読みはじめましたが新しい事は何も書かれておらず、がっかりしました。
      この程度のことは、あちこちのブログでも読めます。
      清和会と経世会の比較とか、大勲位の存在とかもっとコアなことが書かれていると思いました。
      彼方なら、それくらいのことは当然調べているものだと思っていましたから。

  44. 瀕死体験 より:
      2010.02.06 at 16:51

      あらら・・・「法治国家の根幹をなす重大犯罪」消されましたか?
      あまりにもイタイ指摘があったようですね。(asyuraにはまだ残っていますが)
      それにしても、「売国」、「サヨク」とか何とかの一つ覚えのような妙な人々がたくさんおられますよね。
      ひと昔前にも「反動」、「米帝の手先」などとしか言わない馬鹿な人たちが居ましたけれど、思考停止という点ではソックリです。
  45. よたろう より:
      2010.02.06 at 16:55

  立花さんの昔の評論とはずいぶん趣が違います。検察官は日本の正義を代表しているのですね。都合の悪い裏金問題、自白強要のえん罪事件など、調査評論す る種はいくらであるでしょうに。何かやましいことでもあって、検察にしっぽでも握られているのでしょうか?残念です。

  46. 斜視 より:
      2010.02.06 at 17:57

      立花さん、少しはましなジャーナリストと思っていたが、がっかりです。ジャーナリストとして失格と言うより貴方は”悪”以外の何物でもない。
      今の日本の問題は、三権分立が、絵に描いたモチ、司法も民主主義も否定されていることです。 その辺の事情は貴方が良く解っているはず。
      貴方は、ナゼ、官僚(検察)に手を貸す、悪徳ジャーナリストになり下がったのかと問いたい。

  47. h.kawamura より:
      2010.02.06 at 19:34

    小沢氏が120%白とは誰も思ってはいないと思われます。ここ一~二年の流れから何故に検察及びマスメディアは民主党勢力の低下を意図とするような世論 喚起の行動を取るのか?過去50年来日本を制御して来た( 政治家・官僚及びマスメディア )結果の現在の日本の姿を「是」と考えているのでしょうか。何等意見が述べられない無責任さは何故なのでしょうか?戦後生まれで検証出来ないのが残念です が、日中戦争・太平洋戦争あの当時の流れ、一部の政治家・官僚(軍部)・マスメディアがお祭り騒ぎ的に世論をリードし、気が付いたら、辿り着いたのは8月 15日?このような流れは絶対回避すべきです。
      政治家一個人による独裁化の問題は有権者が制御出来る余地が有りますが、有権者が制御出来ない実質支配者は何かを良く認識し未来に新たな8月15日が来ぬよう算段する必要が有ります。
      (追)
      「検察に追及されてきたのは代々経世会出身者である、なぜ清和会には疑惑が生まれず追及されることはな いのか?」

  48. maru より:
      2010.02.06 at 20:05

      ま、八つ当たりとしか思えない内容ですね。
      「安倍首相は失禁で紙オムツを常用」うんぬんのコラム以来、立花隆のジャーナリズムとしての資質を疑っています。

      小沢を養護するつもりは全くありませんが、証拠がないから起訴しないのは法治国家としては当然の事。
      個人的には起訴はないと思っていました。
      確たる証拠が有ればさっさと起訴していましたよ。
      それがマスコミにリークという形で延々情報を流し、情報操作とも思える事をやってる状況から、肝心な証拠など得ていないと思っていました。

      私が危惧するのはマスコミの態度です。
      検察の流す情報を自ら実証もしないで垂れ流しするのみか、証拠もなくただの推測に過ぎない情報をあたかも事実と言わんばかりの報道も有りました。
      マスコミは検察の広報担当なのかと疑いたくなるほどでした。

      報道されていた裏献金などが実際に有ったかどうかは、私にはまかりません。
      ただ今回の件で、以前大問題になった、被害者の家族を容疑者扱いした”オウム真理教松本サリン事件”以降もマスコミの体質が全然変わっていないのがよくわかりました。

  49. 3人子持ち 30代男 より:
      2010.02.06 at 20:22

      わたしは立花先生のファンでしたが、記事の内容にはとても落胆しました。
      いくらなんでも、石川議員の子持ち女性秘書をだまして、連絡を一切取らせず、非常識な取り調べであったと言わざるを得ません。

      幼稚園に預けてある子供と連絡も取れずに、さぞや淋しかったことでしょう。母親に捨てられたかもしれないと、、悲しんだとしたら、とても許せるものではありません。まだ幼稚園児ですよ。
      いくら証拠集めに必死になっているとしても、卑劣と、世間では言うでしょう。それを怒るならともかく、そんなやり方では駄目だなんでもいいから逮捕しろだなんて・・・。

      病気されてからだいぶ、記事の内容がヒステリックになっているのではないでしょうか?

      みっともなくて残念です。もう引退されたほうがいいでしょう。

  50. ろっど・まっつ より:
      2010.02.06 at 21:05

    仰る通り、小沢は大方黒なんでしょうけれども、証拠がないから不起訴になったんじゃないですか。「間接証拠を積み重ねれば有罪を立証できる」みたいなこ とを仰っていますが、裁判で勝てるなら、検察が起訴しているでしょう。彼らはプロで、立花さんの裁判に関する分析は、完全に素人だな、と思います。でも有 識者なんだから、「素人」ですまないでしょ。ちゃんとしてください。

      そもそも、道義的責任と法的責任を混在してるんじゃないですか?
      歴とした証拠がなければ、法的責任は問えません。

      わたしは、小沢は黒だろうと思うけれども、検察が正義だとも思っていません。
      検察の石川逮捕は不当と思っています。
      証拠があっての逮捕ならまだしも、いつからは日本は、自白・家宅捜索が
      目的で逮捕できるようになったのでしょうか?

      あなたも有識者ならば、逮捕権という暴力装置を持っている検察の暴走をこそ、きちんと監視してください。フェアに、ニュートラルに物事を見られてこそ、真の知性ではないでしょうか。

      ウルトラマンや戦隊モノじゃないんですから、政治家=悪、検察=正義、といった安易な善悪二元論で物事を語るのはやめてもらいたいです。

  51. harry より:
      2010.02.06 at 23:25

      立花 隆も終わったね。
      佐久間特捜部長と麻生・森が昨年1月に仕組んだ国策調査でしょう。
      長銀、福島知事事件で、連敗続きの佐久間が、検察の取調べ可視化が怖くて、起死回生で、鳩山と小沢を調べたんでしょう。
      水谷建設の元会長は、脱税する為に、政治献金したと、偽証する大嘘つきですよ。一審で、すでに認定されています。
      ご病気で、刀も錆びましたね。小渕と八ッ場ダム、森と日本海側の原子力発電所の方が、職務権限もあり、贈収賄まで発展する可能性があったのに、スルーしたんですか?
      応援していましたが、もう引退してください。

  52. 黒雄 より:
      2010.02.07 at 00:42

      不特定多数に「告発」を焚き付けた以上、法律に対する無知に気づいたのかどうだか知らないが、なんの断りもナシにの「ほおかむり」はジャーナリストとして「道義的責任」違反。
      以下記録として残しておきます。

      【隠蔽前】
       そして驚くことには、その「確認書」の製作年月日が、実は問題の記者会見の直前であることがわかってしまったのである。

      ■法治国家の根幹をなす重大犯罪

       さてここで注目していただきたいのは、上の「確認書」の小沢の署名部分である。ごらんの通り、もっともらしいものに見せるために、小沢は政治家個人の小沢一郎と陸山会代表小沢一郎を区別するために、印鑑を押している。
   これは明々白々な有印の私文書偽造なのである。しかもただの私文書偽造ではない。裁判所に提出した証拠物件の偽造であるから、偽造私文書の行使に当た るだろうし、法廷侮辱罪も成立しうるのである。これはどちらも法治国家の根幹をなす重大犯罪で、犯罪事実は明々白々であるから、この一件だけでも、小沢は 逮捕されるべきなのだ。検察が逮捕しないなら、講談社ないし、どこかの市民団体がこの一件で小沢を告発すべきである。

      【隠蔽後】
       そして驚くことには、その「確認書」の製作年月日が、実は問題の記者会見の直前であることがわかってしまったのである。

       さてここで注目していただきたいのは、上の「確認書」の小沢の署名部分である。ごらんの通り、もっともらしいものに見せるために、小沢は政治家個人の小沢一郎と陸山会代表小沢一郎を区別するために、印鑑を押している。
       これは裁判所に提出した証拠物件の偽造であるから、法治国家の根幹をなす重大問題である。

  53. osomatu より:
      2010.02.07 at 01:02

      あまりに軽薄なペンに、いち立花ファンであっても、はずかしくなる思いです。

  54. 一都民 より:
      2010.02.07 at 02:09

      あまりに乱暴な論旨の組み立てにびっくりしました。
      少なくともジャーナリストを名乗る方が明白な事実と憶測記事を混同して
      ストーリーを作り上げている様は今回の検察以下の知性としか思えません。
      今回は報道も異常で明らかに誤報あるいは虚報と言えるものがいくつかありました。
      それらを冷静に分析、吟味されたのでしょうか。
      文章を見る限り感情的に決めつけている印象を受けます。
      証拠も不十分なまま起訴して裁判で争えなどということがまかり通れば、検察に
      都合の悪い人間は誰でも簡単に社会的に抹殺できる世の中になってしまいます。
      検察は間違えても証拠不十分だからグレーだと言ったり、白でも誤りも認めず謝罪もしない
      のは周知の事実です。
      小沢さえ葬れればどんな捜査をやってもいいとでも言いたいのでしょうか。
      現論人としての自覚があるのなら恥を知りなさい。

  55. y.takeuchi より:
      2010.02.07 at 08:20

      官僚(検察)に手を貸す、悪徳ジャーナリストになり下がったのかと問いたい。
      東京地検なんて、アメリカの出先機関です部長クラスもアメリカで仕事をしていた期間が長く、ほとんど日本人のことなど考えていません。親分はアメリカと思ってる。

      今の日本の問題は、三権分立が、絵に描いたモチ、司法も民主主義も否定されていることです。 その辺の事情は貴方が良く解っているはず。
      貴方は、ナゼ、官僚(検察)に手を貸す、悪徳ジャーナリストになり下がったのかと問いたい。

  56. maeda より:
      2010.02.07 at 09:26

       日本での政権交代は、革命革命に匹敵する。中国、北朝鮮と並ぶ政権交代のない国だった。組織や体制には、制度疲労や寿命があることも歴史が示している。「長期政権や権力は腐敗する」ということも経験上知っている。

       そういう中、自民党も賞味期限がとっくに過ぎていたことは大方の読者も思っていただろう。しかし、変える勢力が出てこなかったことに閉塞を感じ、衰退停滞を産んでいたのではないか。

       政策の誤りを認めず、糊塗し、先送りし、対処療法を繰り返し隘路にはまった日本をどうかしてほしい、という願いが政権交代が実現した。

       また、歴史をみれば、体制が変わるときは、体制内の反乱者の協力がなければ実現しないことも事実である。

   小沢一郎は薩長以来続いてきた体制を、東北出身として変えようとしてきたことはこれまでの彼の行動と言動を冷静に見れは、冷徹に一貫してぶれずにきて いる。エスタブリッシュに対して、貧しさから出発した政治家が、体制転覆を考えれば、資金が要ることは当然である。エスタブリッシュはきれいな集金システ ムは既に完成しているので何の苦労もなく集まっている。この意味で、二世、三世政治家が有利であり、このところの総理も金に困ったことのない家系出身であ る。これもまた、閉塞を生んでいる。

      国家を変えるために権力を奪取するためには、資金が要るのは当然である。
       小沢一郎の集金システムを非難するが、特捜が一年間あれだけ強権をふるって追求しても起訴できないのであるから法は犯していないのである。
       

       日本は、法治国家であり、好悪でリンチにかけて溜飲を下げる下賎な、品位のない国だと、中国、北朝鮮に冷笑されないように望む。

  57. kiijima より:
      2010.02.07 at 20:59

      小沢陣営の書き込みが多いようですな。
      不起訴になったからといって、明らかに一般市民に対する説明責任は果たしていないですよ。
      資金の入出力について、マスコミの報道と小沢報道が全然ちがうじゃん。
      小沢が逆に名誉棄損で裁判起こしてください。

  58. 五右衛門 より:
      2010.02.07 at 21:37

    今のマスコミは、意図的に小沢悪しを印象操作して世論を誘導している。もちろん小沢氏にも問題もあろうが、それよりも大きな問題はマスメデイアの世論誘 導。マスコミ報道に対してもっともっと自己検証するようなことが今のメディアには求められていると思う。立花さんともあろうものが、金権追求を錦の御旗に して大衆迎合のお先棒を担ぐようでは日本の物書きはもう終だと感じます。

  59. 杞憂夫 より:
      2010.02.08 at 06:14

      kaname(様) より:2010.02.06 at 07:52 に同感です。
      民主党には期待しましたが、
      一連の言動からして如何わしい小沢幹事長は支持できません。
      臣の不始末は君の責任です。真実は自分で承知している筈なので、
      潔く自分で決着をつけるべきです。

      立花さんの論評への批判の賢愚は後の日の現実で証明されるので、
      支持者として見守りたいと思います。

  60. yosuke より:
      2010.02.08 at 14:59

    現在の立花氏の検察、官僚とのスタンスを見ていると。田中角栄氏の金権政治家のイメージ作りに成功された過去の業績が本当だったかとの疑問を生じます。 偉大な政治家を抹殺した殺人犯ではないかとの疑問です。過去の立花氏の業績を精査してみたくなりました。地元で評価の高い元福島県知事の佐藤氏の裁判も検 察のでっち上げだと思っています。誠実な厚生官僚の村木氏も不当逮捕されています。気に入らない人物をすべて消し去る力を検察は持っています。それに加担 するのは立花氏の昔からの政治的な立ち位置なのでしょう。過去の彼の悪行を再精査しましょう。

  61. ハル より:
      2010.02.08 at 22:25

    今回の小沢氏の一件は凄い成果を残したと思う!過去にこういう事件がマスコミで流れれば、それしか判断材料のない庶民はそれしかない物差しで、悪と判断 するしかない。小沢氏はそういうことを過去に十分経験したうえでこの顛末は想定内の範囲だろう。ある意味 その組織の長に立つのには当然すべてを受ける覚 悟が有ったのは、この国の今までの政治手法を変える本気の表れでしょう。 戦後の日本をここまでにしたのは自民党、特に 田中角栄氏が、敗戦国から新しく 自立した日本国へと、そのリーダーシップによって、世界に堂々たる日本を誇らしめた。
      しかし、それも悪のレッテルを張られ、葬られてしまう。
      検察 メディアが通用しないとなると、日本を代表する企業 トヨタ に矛先は向けられ、今 日本政府に圧力をかけている。

      ここが大切なところ 究極の属国ではない、本当の日米関係(対等でありながら、それぞれの個性は認めあう)時に来ている。

      角栄氏が出来なかったことが、その子弟である小沢氏がやろうとしている気がする。

      日本国に生活圏 、国籍を持つ者にとって、自分の誇りとして自立の道を、アメリカと共に歩もう!アメリカは 多国籍の人たちが尊重し合える国であることは間違いない。星条旗と同じように、日の丸も大事 

      アメリカは日本を取り込みたいだろうが、そうしないほうがいいね!お互いに、二大政党制ならぬ 二国世界性に持っていこう!
      庶民の為、生きている人間の為に。

  62. 柏井松南 より:
      2010.02.09 at 19:54

      川崎さんのコメントにお答えします。
      >逮捕ないし幹事長もしくは議員辞職しなかった場合は立花氏はどのように責任を取られるのだろうか?
      立花氏は何もしません。
   立花氏は「脳を鍛える」などでライフサイエンスや宇宙のことを書いていて、8年ほど前、京大の佐藤教授が「立花隆の無知蒙昧を衝く」という本で、また 谷田さんという方が「立花先生かなりヘンですよ」という本で、立花氏がエントロピー増大の法則や相対論について初歩的誤解をしていること、量子論に言及せ ず CP対称性の破れなどという現代物理を解説(解説というより知ったかぶりのでたらめ)するためサーカスのような奇術的文章を弄していることを糾弾していま すが、立花氏は私の知る限り無視を決め込んだままです。痴の巨人を批判した本ですから当時は話題になり、神戸大学で佐藤教授と立花氏ならべてシンポジウム をやろうとしたのに立花氏はFAXで欠席回答との事でした。
     しかし立花氏は時々よい文章を書く事もあるようです。私は立花氏のファンではありませんのであまり氏の著作をよんでいるわけではありませんが、たとえ ば1年前に廃刊になった月刊現代に連載した「私の護憲論」、廃刊とともに中断したままですが、日本国憲法の成立過程をよく分析、論証していてよい作品だと 思います。それにくらべると、この小沢問題の緊急寄稿は単に偏頗な見方の羅列のみで、石川が虚偽記載を認めたとの報道を鵜呑みにし、仮にそうだとしてもそ の中身に関する言及すらなくあまりにレベルが低くとても同一人物の書いた文章とは思えません。本日の石川会見で、本人は虚偽記載を否定しています。虚報が 多いのです。全日空ホテルで現金授受というのも虚報でした。昨年の西松事件がどうなっているか報道されませんが、都合の悪い事を報道しないのも一種の虚報 と言えます。他の論者が殆ど虚偽記載の成立条件、犯罪の構成要件について論証しているのに立花氏はそう言う議論が存在しないかのように振る舞っています。 このことから立花氏は意図的に小沢排除の煽動をしようとしているのだと思います。
    先日犬の散歩中に、明智探偵のように考え事をしているとふと、立花氏の今までの活動と米国機関の利害が一致しているのではないかということに気がつきま した。田中金脈から始まって、そのバランスをとるように同じ文藝春秋というプラットフォームを使って日本共産党の研究、遺伝子組替え食品への賛美などな ど。上記「私の護憲論」もそう考えると米国の利益に反してはいません。もっと氏の著作を沢山読まれている方が検証されるとどうなるのでしょう。

      上記のように考えるとストンと胸に落ちるのではないでしょうか。何の証拠があってそういうのだと言われれば明確な証拠を持っている訳ではないのですが、しかしそれなら立花氏だって何の証拠もなく小沢が悪い、石川は有罪だといっているではありませんか。

  63. anw より:
      2010.02.10 at 01:44

      小沢擁護側が事実関係に一切触れていないのが失笑モノですな。
      文中で取り上げられている確認書偽造など、まるで無かったかのようなコメントばかり。
      メディアで執拗な小沢擁護を展開する勝谷誠彦が、小沢ラインから様々な仕事を請け負っていたのはつい先日暴露されましたが、
      この擁護コメント群もネットの中で現実世論に影響力の強い所から火消しに掛かる仕事を請け負っているのでしょう。
      (いわゆる2ch系コピペブログは無視される。彼らに現実的な影響力は無いため)
      これだけ反論にもなっていないおかしな擁護がされていると言う事が、図らずも立花氏の影響力の大きさを物語っているだろう。

  64. ニューロドクター乱夢 より:
      2010.02.10 at 22:05

      本当はこんなことを書きたくはないのですけど、書きます。

      新聞広告に、文藝春秋3月号に「政治家」小沢一郎は死んだ 立花隆
      と書いてありました。

      もし、「評論家」立花隆は死んだ と同じ雑誌に書かれたら、立花先生はどう思われますか?なんとも思われないでしょうか?

      そんなことを言われる者の立場に立って考えたことがあるのでしょうか?

      「臨死体験」や「脳死論」などの優れた著書を書かれた先生がこんなに断定的で、非情なことを言われるとは心外で残念でたまりません。

  65. 佐竹 より:
      2010.02.11 at 06:22

      anwさんへ

      ======================
      小沢擁護側が事実関係に一切触れていないのが失笑モノですな。
      ======================

      そのままあなたに返します。

      事実関係は小沢氏が不起訴になったということです。
      これ以外、どんな事実があるというのでしょうか?

      同じ隆でも、もう一方のジャーナリスト、上杉隆氏と比べて、あまりにも恣意的、ヒステリックになってしまった評論家、立花隆の晩節がこのようになってしまい残念です。

      時代は変わってしまったのです。立花さん。

  66. Dr-K より:
      2010.02.11 at 23:47

      他の方と同様、立花氏は尊敬するジャーナリストの1人でしたが、一連のレポートを見てがっかりしたのが正直な感想です。

  私は小沢氏の有罪無罪より、この事件に注目しているのは、まやかしの虚偽報道に満ちあふれている点です。西松建設献金事件で逮捕された、大久保被告につ いて「起訴内容を、大筋で認めていることが関係者の話で分かった。逮捕当初は否認していた」と去年3月の時点で報道されていました。しかし、大久保被告は 一貫して起訴内容を否認し無罪を主張しています。去年3月から虚偽報道が始まっています。

      ちなみに、報告書の虚偽記載か記載ミスか分からないのに「虚偽記載」と断定する報道に習って事実と相違する報道を「虚偽報道」と断定しています。

  その後、石川議員についても同様、「虚偽記載を供述した」という虚偽報道が弁護人から否定されています。いずれも「関係者の話」による虚偽報道なので す。大久保被告も石川議員もこれから事実を巡って検察と対決する訳です。さも、犯罪の事実があったかのような書き方はジャーナリストの姿勢としていかがな ものか、という気がします。

    さらに言うと、自民党本部で証言したり、TVでに登場して「小沢氏が証拠を隠せと指示をした」とセンセーショナルな証言をした金沢某という人物はどう なったのでしょう。ご自分で金沢某の証言が焦点になると断言しておられたように、金沢証言が真実であれば小沢氏を起訴に持っていけるはずですが、なぜか消 え去りました。ジャーナリストとして、この人物が突如登場した背景を疑問に思わないでしょうか?

    もう一つ、偽造された「確認書」は本当に偽造なのでしょうか?確認書は、MS-Wordなどのワープロで作成されていると思います。そのワープロファイ ルの作成日が発表直前であったから怪しいと、大本営発表を鵜呑みにされていました。ところが、最近の過剰に便利なワープロでは、「自動保存」が設定されて いるとファイルを開いている時に勝手に保存されることがあります。したがって、発表前に文章を確認しているときに保存され、作成日付が更新される可能性が あります。

      ワープロソフトの設定によっては、確認書の作成日付が物証だと断定できない訳ですが、この件の報道がピッタリ止んでいますが、どうなっているのでしょうか?

  Twitterなどのネット情報の発達で情報の解釈が多角化したことで、今回の事件での情報ソースと報道を「いかがわしく」感じる人々が増えています (情報リークを露骨にやりすぎたことも一因ですが)。以前のように、記者クラブメディアを盲信しなくなったのはよいことです。

    このコラムに反応された方の多くが失望を表しているのは、過去の「政権与党=悪」ではなく、今の政権に様々な期待を寄せている人が多いからだと思いま す。もちろん、期待感と事実は一致するとは限りませんが、少なくとも小沢氏が不起訴になった時点で、期待感と事実が一致しているはずです。最終的に事実が どうかが問題なのですが、逆の期待感だけで報道されているから失望されるのだと思います。

      今回の一連の事件は、過去の田中角栄や金丸信の事件と時代も背景も全く異なるのです。偉そうな事を書きましたが、今後の捜査状況を追って尊敬するジャーナリストらしいリポートを期待しております。

  67. カーズ より:
      2010.02.13 at 18:21

      なんだろう?
      この小沢一郎擁護一色は。
      なんだろう?
      立花さんのファンだったとか言って持ち上げておいて、引退しろだの、頭が錆びたとか梯子外しは。
      なんかやり方としては陳腐だなあ。
      田中角栄研究で有名になった人、まだご存命で活躍されていたのか、立花さんについてはその程度しか知らないけど、書かれていることは妥当だと思うけど。
      道義的責任と法的責任の区別もしらないとか、罪刑法定主義をしらないとか、批判を超えて非難じゃないか?
      むしろ、そういう形式的な考えでなく、原理原則から、小沢問題を説明しようとしたように思われるし、それはかなり成功しているような気がするんだけど。
      まあ、何にしても「小沢一郎は終わり」に賛成。

  68. まるま より:
      2010.02.15 at 17:10

      “小沢一郎は終りかもしれない”という点では、賛成します。
      ただ、>カーズさん、単に、小沢一郎擁護一色というわけではなくて、半分は検察の行き過ぎを指摘しているだけではないでしょうか。
      書かれていることのソースが検察の言うことを丸呑みにしているので、検察の行き過ぎがここまできているか、そして立花さんもその毒に犯されてしまわれたか、ということでみなさん書き込んでいるのではないですか。
      仮に貴殿のおっしゃるとおり原理原則から小沢問題を説明できていたとしても、ソースがまずい、不確定、というところの問題でしょう、ご指摘の現象については。


 

俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立花隆はもう終わりだ(笑)削除関連を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(1)異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 以下、立花隆も焼きが回ってただの耄碌ジジイになったのかとネットで評判になった一文です。既にリンクはページが見つかりませんになっており キャッシュでしか読むことが出来ません。そのキャッシュも間もなく消されるでしょう。資料として採録しておきます。立花隆の講演会にも行き、雑談日記 でもご紹介していましたが、化けの皮がはがれたという所でしょうか。言論人としての立花にはジエンド、引導を渡す時だと思います。

関連:立花隆はもう終わりだな(笑)。(文藝評論家・山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』)

 

立花隆が緊急寄稿(1)
異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」 立花隆
2月 2日(火) 15時58分配信 / 国内 - 政治
http://g2.kodansha.co.jp/?p=3522
キャッシュ←まだ見られます)

阿修羅での採録URLhttp://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/439.html

小沢は生きのびられるのか?

小沢は基本的に終わった! あと一日、二日は生きのびるかもしれないが、小沢の政治生命はすでに終っている、と私は思っている。

一月三十一日、小沢は検察から二度目の事情聴取を受けた。それも三時間余にわたる長時間の事情聴取である。二度目というのも異例だが、それが三時間余にわたったというのも異例である。

とりあえずの記者会見で、小沢は何でもなかったかのようなコメントをしたが、もちろん小沢は事態がどれほど深刻かがよくわかっている。

だ からこそあわてて記者会見で、もし自分に刑事責任を問われた場合には、どうするこうするという自分の進退問題にまで言及したのである。二度目、三時間余の 事情聴取(とはいっても、一回目から被疑者調書を取られているから、むしろ取り調べといったほうがよい)の中で、自分が刑事責任を問われつつあるという感 触を得たからこそ、小沢はこんな言及をしたのだ。明後日、秘書処分にともなって小沢が政治責任を取らざるをえない形での小沢処分があると見てまちがいある まい。

はっきりいって、小沢はもう終りと見てよいだろう。検察が二度目の事情聴取に踏み切るのは異例のことである。検察が目算なしに有力 政治家の事情聴取に踏み切ることもなければ、秘書の逮捕(それも前元あわせ一挙に三人もの)に踏み切ることもない。ましてや二度目の本人事情聴取に踏み切 ることはない。

■庶民の怒りが「法的妥当性」をただす

もちろん、嫌疑の筋がただの形式犯にしか問えないような(たとえば交通規則違反とか軽犯罪法違反)事例であればそこまではやらない。今回小沢が問われている事例は、そのようなケースではない。

政治資金規正法違反は、形式犯ではない。いまや、かつての贈収賄罪と同じような、政治とカネの問題にかかわる中心的な犯罪になっている。政治資金規正法違反の性格をそのようなものに変えたのは小沢一郎その人である。

金丸信の事件までは、政治資金規正法違反は社会的にも実質的にもそのような(秘書に押しつければすますことができる)形式犯罪とみられていた。

※SOBA:この(1)の寄稿だけ3分割で、上記の続きは以下からで(http://g2.kodansha.co.jp/?p=3522&page=2 次の分割箇所分からないがhttp://g2.kodansha.co.jp/?p=3522&page=3

しかし、それをそのような形式犯罪と見たが故に、検察は金丸を略式起訴罰金二十万円でおさめようとして、それに怒った一庶民が黄色いペンキを検察庁 の看板に投げつけるところがテレビ画面に映し出されたところからすべてが変った。そんなバカな形式処分でことをおさめてよいのかという庶民の怒りが法的妥 当性の議論をただした。

 小沢の政治改革(政治資金改革)は、すべてこの黄色いペンキ事件から出発している。その基本的発想は、贈収賄事件 など、特殊な事犯で政治家の不正なお金の流れを取り締まることはむずかしいから、むしろ、政治家のお金の流れ一般の透明性を高めれば自然に不正なお金の流 れも消えるだろうということで政治資金規正法中心に取り締まりの流れを変えたのである。といっても取り締まりラインをあまり低く設定すると、違反事例が多 くなりすぎて事務処理に困る。結局、国会議員クラスをやる場合は、違反金額が一億円を超えるケースというのが、ここ数年の事案でなんとなくできかけていた ガイドラインだった。

■角栄・金丸に並ぶ事件

 そのガイドラインからみて、小沢のケースは、四億円(ないし八億円)であるから、文句なしに大きすぎるほど大きい。小沢の四億円は、田中角栄ロッキード事件の五億円、金丸信の五億円(佐川急便事件)とくらべて金額的に文句なしに同列にならぶ事件なのである。

  これが単なる政治資金規正法違反事件にとどまるか、それとも、もっと大きな事件に広がるかは、まだよく見えていないが、政治資金規正法違反だけにとどまっ たとしても、その金額の異常な大きさは、それが現金で動かされたという形態の異常さ——四億円のキャッシュは、四十キログラムというとてつもない重さにな る——とあいまって、小沢の金銭感覚の異常さをよくあわらしている。

 小沢一郎の金銭感覚の異常さは、彼が政治家の一年生としてこの世界に 入ってきた当初から、田中角栄、金丸信という歴代の政治家の中でも最も金銭感覚の異常な超権力者たちの側近の政治家として育ってきたというキャリアのしか らしめるところが大だったのかもしれない。小沢のもう一つの異常さは、その不動産への執着ぶりで、日常、走っている車の中から、なにかいい売り物件を目に すると、すぐに、それがいくらか、どのような条件かを調べさせるというエピソードによくあらわれているが、実はそのような性癖は田中角栄も持っていたこと が、よく知られている。おそらく、小沢は田中角栄に付き従って歩いているうちに、その性癖を自然に学び取ってしまったのかもしれない。そのような不動産を 入手しては、秘書の住居として利用させたりしていたというあたりも、田中角栄の不動産利用法とそっくりである。また田中角栄の場合、それら不動産をペー パー・カンパニー(ユーレイ企業)名義として所有し、それらユーレイ企業が幾つもあったことで知られているが、小沢の場合は、ユーレイ企業の代りに陸山会 などの政治資金団体名義にしていたわけで、カタチこそちがえ、構造的には、田中角栄がやっていたこととそっくりである。ここにおいても師匠ゆずりの手法が 習い性となっていたといえるのではあるまいか。

■古い日本型政治と訣別を

 小沢は終るが、これで民主党が終るわけではない。 もちろん自民党が復活するわけではない。前回選挙で獲得した民主党の議席をここで捨てなければいけないというわけではない。今回の不祥事は小沢一郎という 異常な性癖を持った政治家個人の不祥事であって、民主党という政党の不祥事ではないから、この際、責任は小沢に押しつけて、民主党政権は維持しつづけてよ い。今回の小沢の不祥事は、むしろ小沢の中の自民党的体質部分がしからしめたものといってもよいのだから、この際、日本の政界は、小沢に日本の政治の古い 体質を全部押しつける形でその責任をとらせ、むしろ事件の再発防止にエネルギーを注ぎ、ここで抜本的に日本型政治の古い体質に抜きがたく存続してきた政治 資金問題の最終解決をはかれるのがよいと思う。

 最終解決はそれほどむずかしい問題ではない。それは要するに、すべての政治資金の収入も、 支出も各議員一定の銀行口座経由のみとすることにすればいい。そうすれば政治資金の流れは完全に透明になり、何か問題が起れば、その流れをすぐトレースで きるから、今回のような問題はそもそも起きないし、起きても、ああでもないこうでもないの無駄な議論をいっさいなしにできる。

 こういうときだからこそ、これを一挙にやってしまえば、それこそ百年も待たずに一挙に河清が得られること必定である。

 小沢、小沢で騒ぐのはもういいかげんでヤメにして、日本の政治をよりよくするために、小沢の終りをいかに利用するか、という方向に発想の転換をはかるべきではないか。

 

関連
立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(2)「小沢不起訴」の先を読む

立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(3)小沢と検察、両者の会見から読み取れるもの

※SOBA:下記投稿からキャッシュを拾いました。
「知の巨人」立花隆先生が「G2(講談社)」の緊急寄稿を削除されてしまいました
http://www.asyura2.com/10/senkyo81/msg/482.html
投稿者 CancerAngle 日時 2010 年 3 月 01 日 16:30:51: FgCmtVyUzCmks


立花隆が緊急寄稿(1)
異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」←についた以下コメント。(コピペしたら通し番号が出てきました)

コメント / トラックバック19件

   1.   大井 真 より:
      2010.02.04 at 11:48

      今朝2月4日付けの読売新聞では、「小沢氏不起訴へ」が一面です。これは小沢氏への嫌疑不十分ということですから、「小沢氏は生き延びた」のでしょうか。私が見ていた朝の情報番組では、各局いづれもこのニュースに触れていません。
  石川議員ら3人を政治資金規正法違反で起訴するというが、それだけでこの捜査が終結するのであれば、この1ヶ月間の検察と政界の騒動はなんだったのだろ う。景気対策、普天間な重要な政治課題が山積している今、あれほどの時間と労力を掛けて、検察は何を示したのか?検察は西松建設を初めとするゼネコンから の献金が小沢氏に流れたということを立証する自信があったから強引な筋書きを描き家宅捜査も行ったのではないのか。
      検察は記者会見を開くべきではないでしょうか。

   2. 小野順也 より:
      2010.02.04 at 23:13

      表示されるかな?
      多分、表示されることなく、削除される運命を覚悟しながらも、意見を書かずにいられませんでした。
      造船疑獄の事件との類似性はいうまでもなく、検察の正義は、何処にむかうのか見守って来ました。
      本当に正義の検察なら四億円の出処が、立花先生の仰る様に、悪の資金であり建築業者からのヤミ献金であることを立証して頂きたかった。
      小沢が立件されない以上、正義の検察または特捜という幻想が、まぼろしであったことを結果として証明したとしか言いようない。

   3. 栢分 英助 より:
      2010.02.05 at 00:19

    はじめまして。一言述べさせていただきます。これがあなたに対する誹謗中傷と判断されるのでしたら、どうぞ削除してください。まず今庶民の怒りがどちら にあるか把握されていますか?暴力検察と偏向報道のマスコミに対してあるのが、庶民の一般的な感情ですよ。私は普通の庶民の一人ですが、私の周りの大方は そうです。そういう意味ではあなたは状況が全然わかっていない。ここまでもうろくしたかというのが正直な感想です。わたしは自民党でも民主党でもどちらで もありませんが、検察が無理やり罪をつくっているのはミエミエですね。あなたの作文も感情だけが先行してますね。

   4. 宮元真砂子 より:
      2010.02.05 at 09:47

      検察が頼りにならない中(圧力に負けた)、7月の選挙にむけて一人ひとりが民主党に投票しないよう呼び

      かけています。誰でも1人は本音を伝える人がいるはず。(親族、知人)その人にも、同

      じように呼びかけてもらっています。池に投げたボールのように広がるよう頑張りたいです。

   5. ab より:
      2010.02.05 at 20:13

      立花隆の時代が終わっている。これが正しい。

   6. 山崎 和夫 より:
      2010.02.05 at 22:03

      あなたには、失望しました。

   7. s.k. より:
      2010.02.06 at 06:28

      政治には金がかかります。
      だから、政治資金規正法は、「どこから出た金なのか」を記す法律で、そこにちゃんと金の流れが書かれていたら、それで何も問題はありません。

      裏金、裏金と騒ぐけれども、
      「オレは、この政治家を心底応援する。だからヒモつきでない(政治家が自由に使って良い)金を、個人として寄付する。それは君が自由に使ってくれ。」というような内容の金だったら、別に裏金であっても、私はかまわないと思う。
      そういうバックアップも得られない人間なら政治家をやる必要もない。

      いちばんくだらないのは、まつりごとを動かすという大義を考えもせずに、「金は汚い」という感情論だけで、国会審議を空転させかねない「小沢逮捕」などというどうでも良い話をチンタラと拡大させようとする、立花隆のような存在です。

      国民の邪魔です。
      だまってなさい。

   8. 1庶民 より:
      2010.02.06 at 10:07

    庶民の怒りはどこに向かうのか・・・この怒りの矛先は 検察権力は犯罪者を作ることができる事実 に向かうでしょう! 立花氏の個人的感情論でのコメン トはもはやジャーナリストと言うよりは、プロバカンダ実行委員会程度にしか感じなく、世の中を見る為の物差しの役目は果たしていない。

   9. 安保否 より:
      2010.02.06 at 10:32

      立花氏ともあろうお方が、これほど大局を見誤っている事実には驚愕しました。病により疲労して居られるのではないかと察します。

      小沢氏が金にキレイだなどとは思いませんが、仮に4億円の原資のうち一億がゼネコンからの裏金だったとしても、それと比較にならない自民党議員の裏金が存在することなど、国民だってうすうす感じているはずです。
      竹中の「りそな疑惑」をどう説明するのか?
      小泉の郵政米営化をどう説明するのか?
      河村元官房の機密費2億5千万の持ち逃げをどう説明するのか?
      三井氏関連、検察の裏金疑惑をどう説明するのか?
      大手メディアのテレビ新聞が絶対に報じない、数え切れないほどの疑惑を我々はもう知ってしまったんです。
      「小沢=悪」を刷り込もうとすればするほど、立花氏、貴方達官僚側が、CIAの出先機関であることが時々刻々と白日の下に晒されていっているということをそろそろ自覚なさった方が良いと思われます。
      国民はもうそれほどバカじゃあないんです。

  10. らっく より:
      2010.02.06 at 10:49

      今、庶民の怒りは、マスコミと検察に向いています。
      先の総選挙では、小沢が多少汚いのかもしれないが、
      それよりも自民政権が築いた負の遺産をリセットし、
      まともな政権運営を期待して、投票行動を起こした
      結果が、民主党の大勝利だったのだと思っています。

      民主党の支持率を下げたいがための、検察の行動に
      加担した論に、おおいに落胆しています。

  11. 小石川圭作 より:
      2010.02.06 at 12:50

      立花氏に対する批判のコメントを読みコメントさせていただきます。小沢氏の支援者なのかどうか知りませんが立花氏は事態を総合的に分析しているわけでそのことを非難するのはお門違いというものです。

      これまでも立花氏が告発してきた自民党的体質とはまさに利益誘導、利権配分で票を集め自分もその旨みを享受するという体質なのだと理解してます。そのおこぼれにあやかろうとすり寄る選挙民はあさましい限りですね。
      それを知り尽くした小沢氏だからこそ自民党的体質をぶち壊せるのではないかと期待してもいるのですがいかがでしょう。
      「毒をもって毒を制する」この際は小沢氏は徹底的にこのがん細胞を叩きつぶすことができるのは小沢氏しかいません。だから検察はもう少し小沢氏を生かしておいてほしいと思います。

      もし、自民党の中でそれができるなら国民の支持がえられるでしょう。つまりは自民だろうが民社だろうがどっちでも良いから自民党的体質をもつ支持者、政治家、官僚をぶち壊し、社会のためにまともに仕事してほしいというのが国民の大多数ではないでしょうか。

  12. 三宅将広 より:
      2010.02.06 at 14:47

      立花隆氏は自らほとんど直接取材を行っていないようなのに、なぜ感情的な言葉で小沢氏がいかに悪人かを語るんでしょうか?小沢憎しの感情を前面に出した寄稿が読者の支持を得られると本当に感じているのでしょうか?
      小沢幹事長を擁護する気は全くありませんが、私の周りの一般人が感じるのは検察の言い分(時には事実相違事項も含む)をそのまま鵜呑みにし、一方的に垂れ流す新聞、TVの報道のあり方への違和感です。
  われわれ一般庶民が小沢幹事長にダークグレーな印象をもつのは数億円というカネにまつわる疑念に加え、TV・大手新聞を中心とした記者クラブメディアに よる報道に影響されることが大きいと考えます。つまり、大手メディアの影響が以下に大きいかということであり、その点を熟知していると思われる検察の情報 の出し方に国民は複眼的な見方をしなければならないと強く感じます。例えば、水谷建設の元会長の供述と称した検察がわ関係者と思われる人物のコメントを連 日大手メディアは記事にしていましたが、よく考えれば小沢氏は実力者といわれながら長らく野党であり、水谷建設などのゼネコンが裏金を配るのであれば、費 用対効果から当然、当時の政権党=自民党の実力者に配るのが当たり前ではないでしょうか?という素朴な疑問をもつべきではと思うのです。
      この点、なぜ、立花氏は自民党実力者に対しては感情的な怒りの声を全く上げていないのでしょうか?やはり小沢氏への私怨でもあるのでしょうか?
  小沢幹事長がダークな金に関与している可能性もあるかとは思いますが、今回の検察の捜査過程を報道で見る限り、あまりにも公平性を欠くと思います。それ は、ゼネコンからの裏金を追うのであれば、長期の政権党すなわち自民党の建設族、道路族の実力者を中心にあたるのが本来あるべき姿ではないのでしょうか? 実際、二階氏、森喜朗氏、尾身氏などもダミーと報道された西松建設関連団体から献金を受けていたではないですか。もちろん、現政権党の最高実力者たる小沢 氏に対しても調査は続けてもらうべきでありましょうが、小沢氏のみをターゲットとするような捜査には恣意的なものがあるやに感じてしまうので、検察はつと めて公平性を意識した捜査をお願いしたいわけであります。そして、もっとも大事なことは、検察もひとつの強力な権力機関であるわけで、その権力をチェック する最大の機能はジャーナリズムを通じた国民が負うべきだということです。そしてこの権力へのチェック機能を有効たらしむるには、ジャーナリズムが権力側 に取り込まれない必要があります。残念ながら現在我が国のジャーナリズムは、記者クラブ制度という閉鎖的システムのせいで、権力=官のコントロール下に大 手TV、新聞があるのが実際であり、このような状況は国民にとって不幸であります。一刻も早く、大手メディアは自ら記者クラブを開放し、権力=官と緊張を 持った関係を築くべきでありましょう。検察がその気になれば、どんな微罪でも逮捕、立件できる権力をもっていることを我々はもう少し真剣に考える必要があ るのではないでしょうか。
    とにかくジャーナリズムは政治、行政の権力をチャックする役目であり、権力側に取り込まれないようにする不断の注意が必要であり、記者クラブの様な小さ な飴によって官にコントロールされるようなことがあってはならないのであります。大手メディア所属の気骨ある記者の行動を切に望みます。
      立花隆氏にあっては、自らの感情ではなく、かつてのような、事実や限りなく事実に近いとおもわれる事項をもとにした論理的な記事を寄稿されることを強く望みます。

  13. buck より:
      2010.02.07 at 13:16

      立花は生きのびられるのか?

      立花は基本的に終わった! あと一日、二日は生きのびるかもしれないが、立花の文筆生命はすでに終っている、と私は思っている。

  14. 中京 より:
      2010.02.07 at 23:00

      みんな 鈴木宗男の事件を思い出してほうしいです。

  15. 星野伸八 より:
      2010.02.09 at 07:51

      小沢氏幹事長は、したたかです。
      2010.2.8自民党加藤紘一議員は小沢独裁政治が始まっていると予算委員会で言っていましたが、本当にそう感じます。鳩山首相、同じ穴の狢、あるいは小沢のバックがないと独り立ちできないおぼっちゃま、操るのには打ってつけです。

      政界に・日本に危険が迫っています。来る参議院で民主党、政権与党を勝たせてはいけない。

      陸山会の疑問資金は10月29日、土地代の3億4200万円、銀行担保用4億円の計7億4200万円有ったことになりこの原資を追求する必要があると思うのです。
      マスコミは4億円の原資だけ問題にしていますが、7億4200万円を問題にすべきでしょう。この中に3億4000万円の不正献金があると推定できます。

      現金を動かすと言うことは、足をつかまれないようにすることで、そこには何か不正をしているのです。

      単純なマネーロンダリングの方法は、4億円運ぶと言って2億3000万円運び、これを4億円受け取ったと記帳し、不正献金の中から1億7000万円を合わせて銀行に持ち込み、時期を見て4億円引き出して、4億円返せばいいのです。

  16. 中京 より:
      2010.02.09 at 10:43

      私は、民主党の支持者でもない、小沢も好きじゃないです。
      でも、鈴木宗男の事件と同じ、検察側は、問題だと思う。
      歴史は、一番公平、公正です。
      鈴木宗男の民主党大会の発言、もう一回見ましょう。
      石川など3人の裁判を見ましょう。

  17. ヒロ より:
      2010.02.10 at 07:22

      鳩山・小沢の金と政治の問題と検察の追求、そして結末が話題となるが、実は、本当の問題は金と政治ではなく、日本を破滅に導こうという民主党の本質にあるのだ。
  民主党は恐ろしい政党である。友愛などという言葉に騙され国民は政権交代の道を選んだが、権力を握ったら何でも有りとばかり、外国人参政権付与・夫婦別 姓・人権侵害救済法とマニフェストにない法案を成立させ、日本を日本でなくしようとしている。極めつけは、石破自民党政調会長の「憲法解釈をめぐり、内閣 法制局長官を罷免して内閣の意見を通すことはあるか」という質問に平野官房長官は「可能性はある」と答弁した。ということは自分たちの意思を通すためには 憲法違反も辞さないということでしょう。これって、間違いなくファシズムでしょう。
      全く、立花氏の見識は正しく日本に絶対必要な人物であることが証明されている。
      誠に、日本を真剣に思っている尊敬すべき人物である。

  18. 野口 稔 より:
      2010.02.10 at 07:54

       立花隆さんの「文芸春秋」の田中角栄の金権政治を批判する文章を思い出しました。本件の文章に喝采を叫びました。 続きがほしいと思いました。
       小沢一郎は、日経新聞によると登記名義は小沢一郎で有るが所有者は資金団体「陸山会」の不動産を個人の資産に加えられてあるとしていました。
       税金を払っていないようです。
       また小沢一郎が父親から相続した東京の自宅について、当時の高額所得者名簿に記載されておらず、税金をキチン支払ったか疑惑がもたれています。
       また預金の名義を本人から家族に変更した際、贈与税を支払っておらず、厳密に言えば脱税行為となります。
       また今までの高額所得者名簿をみても、土地代4億円に該当する所得を申告していまい模様です。
       納税面からも小沢幹事長を追求してほしいと思います。

  19. 隠蔽被害者 より:
      2010.02.12 at 20:56

      立花氏もメンバーの放送倫理審査会に「10.2.03青山繁晴がズバリ!2/6」の審査依頼を送っております。
      必ず偏見なしに審査してください。問題点を整理します。
  青山氏は検察から聞いた極秘情報として小沢氏の家宅捜索などをしたいと話しました。検察は報道関係に携わる人に捜査上のシナリオを簡単に話すのでしょう か?こういう出先を明かさないという条件で報道させるのは一般的には情報工作といわれるもので国家機関のすることではないはずです。
      もし話したのであれば報道番組としてそういう検察の情報漏洩や情報工作行為の問題点を取り上げないのはどうしてなのか?
      もし、検察が話していないというのであれば青山氏と関西TVは何の意図で
      嘘までついてそんな話をしたのでしょうか。
      検察審査会を想定しての「洗脳」行為でしょうか?
      マインドコントロールでしょうか?
      しっかり審査して徹底追求を求めます。逃げずに答えてください。


俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民のための政治を

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方徹底検証、アップされました。

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 最初にデータのメモから。

緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方徹底検証
http://www.the-journal.jp/contents/shinoda/2010/02/vs.html

【日時】
2010年2月26日(金)18時~21時[開場17時45分]

【会場】
文京区民センター3階A(文京シビックセンターとは別ですのでご注意下さい)
http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm

【入場料】
500円

【備考】
会場定員は約250人ですが、もし座席を確実に確保したい方は、「創」のホームページ(http://www.tsukuru.co.jp/)にアクセスして予約をして下さい。

 出演者、左から、

司会:篠田博之(しのだ・ひろゆき)月刊『創』編集長。

三井環(元大阪高検公安部長)

三井環(Wikipediaより):2002年4月22日に暴力団組長の親族名義で、競売された神戸市のマンションを落札したが、居住の実態がないのに登録免許税を軽減させたとして、詐欺容疑で逮捕される。逮捕当日、三井は裏金問題に関してテレビ朝日の報道番組『ザ・スクープ』の収録ならびに『週刊朝日』副編集長との対談が予定されていた。現職検察幹部が初めて裏金問題について、「検察庁が国民の血税である年間5億円を越える調査活動費の予算を、すべて私的な飲食代、ゴルフ、マージャンの「裏金」にしていることを、現職検察官として実名で告発する・・・」として証言するビデオ収録当日の朝に任意同行を求められそのまま逮捕されたことから、三井の支援者並びにマスコミからは検察による口封じであると批判され、『ザ・スクープ』をはじめテレビや新聞、週刊誌でも口封じ逮捕に関する特集が組まれる事態へと発展した。

鈴木宗男(国会議員)

安田好弘(弁護士)

上杉隆(ジャーナリスト)

元木昌彦(元『週刊現代』編集長)

青木理(ジャーナリスト)

※再生ボタンが見えない場合(Macだけ?)画面の下左から5mmくらいの所をクリックすると再生ボタンも表示され再生します。

・File:01 「小沢vs検察」にみる検察と報道のあり方(再生時間:33分58秒)

 篠田さんの話しの後、最初の方で三井環さんが検察の裏金作りについて話してくれています(けもの道)。その後宗男さんの話し。次に安田弁護士の話し(YouTubeの3分10秒から)「無責任態勢を脱するには1、検事正以上はすべて民間法曹から採用し、2、取り調べの全面可視化すべき。3、特捜検察の解体の為に検察刷新会議。」。次に上杉隆氏で民野健治特捜検事の騙して誘き出し子供を人質に取った様な不当な取り調べについて。

・File:02 組織の問題と、構造の欠陥(再生時間:30分3秒)

 最初は元木氏、厚生労働省元局長・村木厚子さん(被疑事実当時は企画課長)の公判で検察主張が悉く崩れてる事について。次に青木理氏、リークと報 道陣の検察目線同化について。TVのカメラが回っていない役所は検察と警視庁だけ。検察が起訴すれば99%有罪で、否認すれば釈放されない人質司法につい て。次に再度宗男氏、三井氏の法務委員会への三井氏証人喚問について。安田弁護士がちょっと話し、再度宗男氏で検察のリークについて。

※関連:2010年3月 4日田原総一朗×高野孟:郵便不正事件はでっち上げだ!【THE JOURNAL】(MP3ポドキャスト

・File:03 鈴木宗男が語る「検察の怖さ」と「可視化」の重要性(再生時間:22分45秒)

 退席を前に宗男氏発言、小沢氏との話について、外務省の機密費上納について、ルーブル委員会という裏金作りについて、沖縄の核密約と西山氏の国会 喚問について、佐藤優氏が捕まった時の事について、。宗男氏退席後、三井氏が意図的リーク(検察用語で「風を吹かす」)での世論偽装について、具体的手口 について。また、可視化は取り調べの可視化だけでは駄目、領置物、提出した証拠の残記録の全面開示、捜査報告書の開示もさせなければ駄目(現状は検察官のストーリーにとって都合の良い証拠・証人だけを出す裁量開示主義になっている。これをやめさせ全て出させる)について。安田弁護士が補足。

・File:04 三井環が語る「検察の“けもの道”。捜査は“戦争”である」(再生時間:23分58秒)

 三井環氏、緒方元公安検事がやらされた虚偽の自白について、まして一般の市民においてをや。青木理氏、元福島県知事・佐藤栄佐久氏の話しについて、検察の統治能力が無くなってるのじゃないか。

・File:05 新メディア「twitterとUSTREAM」の力(再生時間:22分53秒)

 上杉氏、会場からのTL(Twitterライブについて、TLと言うとタイムラインを指す事が多いが本来TLはTwitterライブ)について #ISOP0226 についてUSTREAMについて。篠田氏、事前予約だけで400超えてる、時代が変わった、ネットメディアの台頭について。再度上杉氏USTREAMなど のメディア状況について。安田弁護士、検察が先兵として使っていこうとするマスメディア、読売について。検察と小沢さんの闘いはいまだに続いている。検審 バック、つまり検察審査会を使って、言葉を変えれば市民や国民を使って最後の勝負をつけて来るのではないか。検察を監視するのが本来の目的だった検察審査 会を検察は使ってやってくるのではないか。

・File:06 そして、報道のあり方(再生時間:24分58秒)

 三井さんの話し、収監された直後の話し、糖尿病だったが大阪拘置所に収監され最初の20日間は全然治療無しで殺されるかと思った。『創』で取り上 げられた事もあり、静岡刑務所に移監されてからはよくやってもらえた。大手マスコミに対しては失望ではなく諦めている。アメリカなら検察官は逮捕されてい るだろう、国民やマスコミも黙っていないだろう。血を流して勝ち取った民主主義の違い。青木理氏、検事総長は民間の法曹から登用すべき、指揮権発動しても いい。4年前に話した事があるが現在何もしてない。上杉氏、原口氏の会見の言葉を拾っていくと変わってきている。原口氏は裏金について行政評価の対象にす べきと言っている、4年前の原口氏と現在の原口大臣はだいぶ違っている。政治側は認識として変わっていないが、ネット環境の変化で気づき変わらざるを得な くなっている。三井氏、今検察は自浄能力はない、千葉方大臣は裏金について返還せよと行政上の指揮権を発動してもいい。鈴木邦男氏、裁いてきていて、その 後裁かれると言う二つを経験した人は中々いないので、期待しています。青木理氏、記者個人ではほとんどの人が記者会見開放などはやるべきだろうと考えてい る記者が多い、マスコミで組織的に反対しているのは読売。

 

以下余談:昨日1日付けの法務省人事。

(↓クリックすると拡大、字が間違ってます(笑))
20100301

2010.3.1付 法務省人事
http://www.westlawjapan.com/p_affairs/2010/20100301_mj.html
【法務省人事】
谷川恒太     最高検検事(東京地検次席検事)
大鶴基成     東京地検次席検事(最高検事)
新庄健二     東京高検検事(法科大学院派遣(明治大学))

提供:時事通信社

参考:郷原信郎:東京地検人事 まったく意味不明の"入れ替え"人事


関連:(SOBA)もう検察は腐りきってますね。

「特捜なめるな」署名迫る 厚労省部下証言、また調書否定【共同】
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030301000614.html

 厚生労働省の文書偽造事件で、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた元同省局長村木厚子被告(54)=休職中=の公判が3日、大阪地裁(横田信之裁判 長)であり、元同省課長補佐=退職=が村木被告の関与について「記憶になかったが、検事から『特捜なめるなよ』と何度も言われ、やむなく供述調書に署名し た」と証言した。

 この事件の公判では出廷した証人が次々と調書の内容を否定。村木被告は一貫して無罪を主張している。

  元課長補佐は村木被告の当時の部下で、捜査段階では、実体のない「凜の会」を障害者団体と認める証明書の発行について「『民主党参院議員の石井一氏から紹 介を受けた案件だ』と村木被告から説明を受けた」とする調書に署名していたが、この日の検察側の質問に「記憶にないと一貫して言い続けたが、検事から『1 泊でも2泊でもしていくか』と大声で言われた」と取り調べの状況を振り返った。

 元課長補佐は証人尋問に先立ち、廷内で村木被告に軽く一礼。村木被告も笑顔で応じた。調書の内容をきっぱり否定した後、「わたしは弱かった。こんな調書ができて心残りだ」と話した。
2010/03/03 17:19   【共同通信】

 

郵便不正事件で次々に覆る供述調書 ── 大阪地検特捜は壊滅状態に

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/03/post_507.html

(略)

●特捜は要らない?

  無茶苦茶である。発端は、「元秘書業界」の怪しい実態に丸っきり無知な大阪地検特捜が、本当に石井議員が厚労省に圧力をかけて不正な証明書発行を無理強い したものと信じ切ってこの一件に飛びついたことにある。そうであるとすれば、部長〜課長〜室長及びその他中間管理職〜係長という厚労省組織ぐるみで議員先 生の要請に応じようとしたという図式を仕立ててオオゴトに見せなければならず、そのためにまず塩田にありもしない石井との電話のやりとりを自供させた形に してその代わりに起訴しないことを約束するという一種の司法取引を行ったのだろう。しかも、すでに独法に天下っている塩田よりも厚労省花形の現職局長を逮 捕した方が世の中的には衝撃度が大きい。そこで主犯の役回りは村木に被せることにして、女性でもあることだし、責め立てれば泣き伏して検察の言うなりの調 書に署名するだろうくらいに甘く見てシナリオを創作したのだが、案に相違して村木は毅然として否認を貫き、すっかり予定が狂って支離滅裂になってしまった ということだろう。

 これは、小沢の元秘書らに対する冤罪事件と同様、いやそれ以上に粗雑かつ稚拙だという意味ではなおさらあくどい検察 テロであって、こんなことがまかり通るなら国民は誰でもいきなり検察に襲われて社会的に抹殺されてしまいかねないことになる。これらのデタラメ事件を機 に、江川の言うように特捜って何なんだという根本的な批判が湧き起こるのは必定で、民主党政権は「脱官僚支配」の改革の一環として真正面から検察改革に取 り組むべきだろう。

 その第一歩として、こういう場合に公判検事を間に挟まずに、取調に当たって調書を作った検事を法廷に引っ張り出して証人と直接対決させて真相を明らかにすることが出来れば、それこそ可視化が大いに前進するのではないか。

●ボロボロの歴史

  そもそも戦前日本の軍国体制下で、裁判所と警察を足下に従える司法の頂点として絶大な権力を振るった検察は、戦後GHQ支配下で、警察が捜査した事件を裁 判所に取り次ぐだけの単なる「刑事検察」的な存在に一気に弱体化させられそうになった。それに危機感を抱いた検察は直接GHQに働き掛けて、建前レベルでは「米国にもFBIという巨悪追及の組織があるではないか」と言い、裏取引としては、当時社会的に大問題となっていた旧日本軍や特務機関の隠匿物資の摘発を専門に扱う特別の部門を作らせてくれないかと擦り寄った。隠匿物資は、旧軍人組織や児玉誉士夫機関の生き残りや小佐野賢治のような闇商人がたちに食い物にされていたとはいえ、元はと言えば国民の財産である。それを摘発してGHQの管理に献上するという、言ってみれば"売国行為"を約束して 1947年に発足した「隠退蔵物資事件捜査部」が、後の東京地検特捜部の前身で ある。この発足時のGHQとの癒着から、在米日本大使館の一等書記官を経験することが特捜でエリートになる条件の1つとなったとも言われる(私は検察の恣 意的捜査における米国ファクターを過大に見ることには賛成でないが)。ちなみにこの間、特高警察と並んで戦前の治安維持法体制の柱だった「思想検察」もちゃっかり生き残り、52年には「公安検察」として正式に復活している。

 この特捜検察と公安検察という特別の存在が、検察がなお戦前の天皇直下の体制の番人という異常なまでのプライド意識をそのまま維持している実体的根拠となっている。またそれをさらに裏打ちしているのが、検事総長、次長検事、8高検の検事正の何と計10人が今も形式的に天皇から任命状を受け取る「認証官」とされていることである。法務省(に限らず)事務次官は認証官でないのに、行政組織としてはその下にある検察に10人も認証官がいるというのが、検察の増長の心理的背景であり、こんなものは、裁判官のそれ(最高裁長官以下判事の15人と8高裁の長官)と併せてこの際全て剥奪したらどうなのか

  と言うか、認証官という制度そのものを止めるべきではないか。戦前の天皇制国家では当然、むやみやたらに認証官がいた。戦後どういう経緯でこんな遺制が中 途半端に続くことになったのかは知らないが、今では(総理大臣を除く:総理大臣は「国権の最高機関」たる国会によって直接に選ばれるのでその後に別の権威 によって認証される必要はない?)大臣、副大臣・官房副長官、検査官3人(うち1人が会計検査院長)、人事官3人(うち1人が人事院総裁)、公正取引委員長、宮内庁長官・侍従長、外務省関係では特命全権大使・公使、それに上述の検察官と裁判官で ある。こういう人たちはどうしても、国民の税金で飯を食わして貰っている雇われ人だという意識を持ちにくく、お上意識むき出しで国民や国民が選んだ政治家 を上から見下すような態度をとりがちである。官職に特別なものなど何もなく、お前らみんなただの雇われ人だという風にハッキリした方がいいし、そうすると 天皇が無用な国事行為の形式的儀式で疲れ果てるということも軽減できる。

 ちなみに、このうち大臣と公正取引委員長は総理大臣が任命権者 で、他は内閣が任命権者である。他方、「国会同意人事」というのがあって、これには検査官、人事官、公正取引委員長・委員が含まれるほか、日銀総裁、 NHK経営委員会委員、主要な行政委員会や審議会の委員長・委員など36機関が該当する。このあたりは全体として整理すべきだし、その際には、やはり戦前 遺制が中途半端に生きている「勲章制度」も抜本的に改めるべきである。

●検察から身を守る

 閑話休題。その東京地検がま だ隠退蔵物資事件捜査部の時代、48年に戦後最初に手掛けた大型汚職事件が「昭和電工事件」で、来栖赳夫経済安定本部長官、西尾末広前副総理、野党の大 物=大野伴睦、大蔵官僚だった福田赳夫らが続々逮捕され芦田均内閣が瓦解、やがて芦田前首相自身も逮捕されたものの、裁判結果は来栖以外の政治家は全員無 罪で、戦前、1934年の帝人事件での全員無罪に匹敵する検察史の汚点となった。しかしこの事件で新聞は大騒ぎして世論は沸騰し、それに乗じて隠退蔵物資事件捜査部は49年、「東京地検特別捜査部」に昇格した。昭和電工事件の裁判が最高裁で結審したのはそれから13年後の 62年のことだから、その頃になって国民が「アレッ?」と思ったところで、とっくに特捜の組織は出来上がってしまっていた(大阪地検特捜部は57年発足、名古屋は96年)。そんなふうにしてずる賢くスタートして、その後も炭鉱国管事件、造船疑獄はじめ、騒ぎを起こしては竜頭蛇尾に終わり、その度に「検察ファッショ」と批判される特捜のボロボロの歴史が続く。

 そこからようやく脱するきっかけとなったのがロッキード事件による田中角栄前首相逮捕で、ここでまた国民の検察幻想は大いに膨らんで、社会党・総評が「角栄御用」「検察頑張れ」という提灯を掲げてデモをするといった馬鹿げた事態になったが、こ の事件もまた、ロッキード社からのP3C対潜哨戒機 100機を政府に購入させるべく児玉誉士夫が秘密代理人として動いた重大防衛疑獄という疑惑の本体を隠すために、全日空の次期旅客機トライスターの輸入問 題にすり替えて検察が架空ストーリーを仕立て上げた、一種の冤罪と言って言い過ぎならば別件逮捕事件である。さらにリクルート事件も冤罪、ライブドア事件や村上ファンド事件も冤罪......。もういい加減に国民が特捜幻想を断ち切って、この法の番人面をしたテロ組織を国民の管理下に組み敷く方策を立てなければならない。▲

----《資料》郵便不正事件・検察側冒頭陳述-------------------------

 どこでも入手可能ではあるが、検察の退廃を示す記念碑的な駄文なので、ここに再録して熟読をお勧めする。

《検察側冒頭陳述要旨》

(以下略)


俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、心を一つにし断固闘う

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »