« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

主権者BBS管理人D突然変調、過去海援隊でアラシ追放されたカンウ(渡世人)の暴言擁護しまくり、逆に諌めた者をアラシ扱い。

 掲示板主権者は私たちBBSの、No.4205のスレとNo.4245以下のスレ関連の話題です(No.4182以下スレはHN関連で若干関連)。

※No.4276でhightree氏が「HNを都政人にして、攻撃することをお薦めする。」には思わず膝を叩いて笑った。確か平成海援隊でりんごさんに、「デートしませんか」だったかな、モーションをかけ、その後「アラシを見つけた」とかはしゃいでスレのあちらこちらに書き込み過ぎ、今度は逆に平成海援隊管理人ニライカナイさんにアラシ認定されちゃった渡世人かい(笑)それなら流れはスッキリと分かるなぁ(笑)。(主権者は私たちBBSのログで、偶然カンウ自身が渡世人と書いているのを見つけましたので後ろで採録す)

 

 Twitterを採録しておきます。

 以下、Twitter。下の古いのから、上へと言う順番です。

28SOBA カンウ関連、主権者BBSのNo.4276、hightree氏曰くHNを都政人⇒渡世人、平成海援隊からを知っている者には実に笑える。渡世人とかもそう言えば盛んに言ってた次のキーワード(笑)⇒「ヤフー!みんなの政治」

28SOBA カンウ関連、http://bit.ly/6kcMgF (承前)その後「アラシを見つけた」とかはしゃいでスレのあちらこちらに書き込み過ぎ、今度は逆に平成海援隊管理人ニライカナイさんにアラシ認定され ちゃった渡世人かい(笑)それなら流れはスッキリと分かるなぁ(笑)。

28SOBA カンウ関連、主権者BBSのNo.4276でhightree氏が「HNを都政人にして、攻撃することをお薦めする。」には思わず膝を叩いて笑った。確か平成海援隊でりんごさんに、「デートしませんか」だったかな、モーションをかけ、

 

28SOBA @johawoodcraft 主権者は私たちBBSのNo.4245 とNo.4248 を読んでください。どなんとぅ氏も焼きが回ったのかもです。(笑)>嫌悪する書き込みでも本人が抗議しない限りOKとはただ笑うだけ。管理人のセンス悪すぎ。

johawoodcraft @28SOBA <抗議しないかぎりOK>というのは知りませんでした。これを機に止めるべし。そのテクはIPで全部分るのでしょうが、そうそういつも張り付いている分けにも行かないのでしょうから、ここは少し待ってみたいです。

28SOBA @johawoodcraft 前のhttp://bit.ly/8rC5aq で書いたのは現在を書いてる訳ではありません。今回の主権者管理人の判断はそう言うアラシの可能性に道を開いたと言う事です。>嫌悪する書き込みでも本人が抗議しない限りOKとはただ笑うだけ。管理人のセンス悪すぎ。

28SOBA @johawoodcraft 例えば、複数HNの掛け合いで巧妙に偽装書き込みをする。AがBについて嫌悪な書き込みをする。Bは「気持ちは感じています」とか言いながら抗議しない。 ←これを巧妙に時期をずらして今度はCとDでやる、これをいくつもやる(笑)主権者BBS管理人は鈍すぎ(笑)

johawoodcraft @28SOBA 阿修羅はスレッド形式ではないというのも、あれだけ幅があると収集つかずでしょうからね。システムとして誹謗中傷が防げているということですか。仲良しク ラブではいかんですけど、サッカーの警告システムなんかどうですかね?K氏はもう既に退場処分という事になりますが(笑)

28SOBA @johawoodcraft 少なくともハンドルネームについての詮索は阿修羅では厳禁。阿修羅は歴史も長く、その長い経験の中から生まれた知恵です。経験の集積、知恵から他のBBS は学ぶべきです。主権者BBS管理人の焼きが回ったので無い事を祈ります。かなりセンスの悪い運営になってます。

28SOBA @johawoodcraft 悪貨が良貨を駆逐し何やら賑やかに(アクセス)あっても寒風が吹くようなBBSにならない事を祈ってます。かなり嫌な感じになりつつあるのは確か。嫌悪な 書き込みでも本人が抗議しない限りOKとはただ笑うだけ。阿修羅なら決着済みのケース。管理人のセンスが悪すぎ。

johawoodcraft @28SOBA 主権者BBSの模様替えの時、相当違和感があって投稿を避けていましたが、こういう形で現れるとは。まじめなグリコさんや、板に豊かな肉付けを与えていたりんごさん。そういった人達が去るしかないBBSを僕は憂えています。

28SOBA ものごとにはやるべき事がある。それをしなければいくらもっともらしい事を言っても、いやもっともらしい事を言えば言うほど白々しくなる。哀れなり、ピエロ。

28SOBA 主権者BBSで、カンウ君には「男になれる」格好いいチャンスをあげたのだが、。なんだかピエロになっちゃってる。気がついてないのは本人だけ。こればか りは本人に「気づき」がなければどうしようもない。実に哀れなり。去るしかないだろう、あっ、それも気づかないかも(^^;

Twitter始め

関連
2009・3・3後、生まれたBBSでのこの閉塞感、息苦しさを感じさせる言論・表現情況の今、これは何?どうしたのか?

「主権者は私たち」BBSで管理人どなんとぅ氏が突如変調。先ほど削除したスレや彼の投稿などを公開します。

「ある日突然、チャンスがやってきた。ブログは難しいとあきらめていました。」嗚呼なんと初々しくも期待させる旅立ちなのか。

呼びかけに答え植草一秀氏を守るBBSの引き継ぎを申し出るも投稿をどなんとぅ氏が即行削除。pdf保存したので公開します。

まさか自分でBBSを始めるとは思ってもいませんでした。「愛、そして生きる 主権者は私たちです」BBS

 

※エントリーの表題、当初のから変えました。⇒「BBSも色々あるなぁ、>嫌悪する書き込みでも本人が抗議しない限りOKとはなにごとだ。管理人のセンス悪すぎ。」から「主権者BBS管理人D突然変調、過去海援隊でアラシ追放されたカンウ(渡世人)の暴言擁護しまくり、逆に諌めた者をアラシ扱い。」です。


(クリックすると拡大します)

20090910←追記(12月4日):主権者は私たちBBSのログで違うのを調べていたら、偶然カンウ自身が渡世人だったことを書いているのを見つけました(笑)。


No.2553 シチズンさあん !
カンウ(2009-09-10 01:19:15)

俺みたいに某BBSで出入り禁止を食らったわけではないんだから
(笑い)
投稿を続けてくださいねー(願い)
カンウ(こと渡世人)より(SOBA:目立つ様に赤字表記)

義弟の張飛が御世話になっています。チョウヒもシチズンさんの投稿を願っています。どなたか「シチズンさんは攻撃的だ」と言ってましたが,へいわ愛好家の俺もそう思っています(爆笑)壬生寺でチョウヒと「シチズンさんって失礼な奴だな」って話しもしましたよ。

毀誉褒貶キヨホウヘンは世の常人の常,俺なんか他人から誉められるような事はしてないぜ(笑い)それもどうかと思うけど(爆笑)

 おれは母型社会研究会に居るので,いつでもどうぞ。同志の管理人さんは真面目な人ですが、いちおう規定を読んで下さい。


 以下、資料として採録。(最初のNo.4205は重要なので赤字部分は僕がやりました)

No.4205 カンウさんへ
投稿者---りんご(2009/11/28 06:13:25)

植草一秀氏を守るBBSへの投稿、ありがとうございます。が・・・

金貸しの殺された老婆と一緒にされたのでは、やはり傷つきました

守るBBSの継続運営を真剣に考えてきたから投稿してきたのです。
植草さんへの感謝の思いだけでした。

また、植草さんのブログには、右上位に、リンクをはっていただいています。
小さな庶民でしかない私たちにも、支援掲示板同士として、真相掲示板さんと同様にしていただいた、公平平等な植草さんの思いに答えるべきと自分の実情の許さない時間を使用しながら、真剣に思ってきたからです。

私の仕事は在宅ワークですが、深夜しかできません。家族の介護は目が離せないので寝入ったときを利用している仕事時間ですが、その時間帯に政治問題の勉強をしています

植草さんは政権交代を成すため、10年以上前から自分の身分を捨ててまで救って警鐘を鳴らされつづけてこられた救国の方だと痛感しました。

本来なら、どなんとぅさんが運営投稿して下さればもっとよかったと思います。主権者BBSには管理人以外の個人として投稿されてますしね。
あちらにも投稿していただきたかった。
ロムの方々は多いようですが、投稿には恐らく、どなんとぅさんも誰しも、難しいBBSでもあったのです。

守るBBSは、初期から、特殊な問題が出てきました。

事件について司法の問題と、工作員だとして攻撃が互いに頻繁に行われたこと、支援者の間にも、二極的な反論の歴史を抱えておられたこと、それが守るBBSで展開されたこと。

などなどで、新参にとって、難しい緊張関係が出て投稿しにくく、またそんなムードになったことも要因の一つだったと思います。
私も、軽いノリでは書けないものがありましたし、皆さん、真剣勝負の投稿が多かったです。植草さんが国家的に糾弾されながら必死で闘っておられる姿をそのまま反映している投稿に感じました。

今回は、私自身が、それを破ろうと、HISUIさんや女性の皆さんに音楽などをお願いしました。

主権者BBSは、投稿しやすいでしょう。内容は、こちらのほうが、女性にとって、いえ私程度にとって、難しい話題は満載です。
でも、レスしやすいです。スレッド形式であることも大きいと思います。
真相掲示板のように、歴史が長く、恐らく初期から書き手の論者が揃っておられたと思いますし、その場合は安心ですけど。

しかし、主権者BBSも活気がすごいですが、立ち上げから活気づくまで、少数のほのぼのとした投稿が続き、それまで私は、レス続けました。
活気づいたので、当BBSから守るBBSに専念しました。

活気づいた後で投稿するのは、誰だって投稿しやすいでしょうね。
自分に専念できます。選択もできる。投稿しない日も自由に作れる。

守るBBSはいつでも辞めていいんだ、と言った発言もありました。その程度なら立ち上げなければよかったのにと思ったこともあります。植草さんに対して失 礼だと。この言葉を聞くと、ネットとはいえ、表と本音の使い分けができない自分が、おバカなのかさっぱり分かりせんけど。
投稿したので、表になっちゃいました(笑)。

チョウヒさんは、本音タイプの方のようなので、まだチョウヒさんの思いのほうが理解できる私なんです。

どうしても一言、言わせてもらいました。

そろそろ、私事の諸問題から、どなんとぅさんにお願いしようと思っていた矢先でした。ちょうど良かったのかもしれません。

どなんとぅさん、よろしく〜

 

No.4206 Re:カンウさんへ
投稿者---りんご(2009/11/28 06:32:10)

追記、失礼します。

あちらでも書きましたが、守るBBSの成り立ちを、こちらでも明確にしておきたいと思います。

主権者の会旧メンバー(6.4フォーラムメンバー)は、植草さんの記事に感謝していました。植草さん収監らしいとの情報が齎され、女性4名が、なんらかの支援をしたいとの意見交換が出ました。

でも、恐らく殆ど、植草事件の内容は知らず、そのため企画がすぐには出来ませんでした。

しかし、どなんとぅさんが早々に、守るBBSを立ち上げられました。
BBSが立ち上がったので、準備もないままに、夫々、投稿しはじめました。当初、ネットから外に向けて、活動できないかの議論の場にできればという思いの投稿をしはじめました。

企画のないままに、思いつき投稿でも、色んな活動が始まりました。
私たち自身も店舗にビラくばりや、マスコミの偏向報道には許せない思いで、さんざん抗議電話しまくり、議員事務所にも抗議や支援のメールや電話を夫々したと思います。事件も、俄か勉強しはじめました。

しかし、工作員攻撃投稿が何度も続きました。投稿してきた人も投稿がなくなってきました。メンバーも投稿しなくなりました。
植草さんの収監時に申し訳ないと、企画なしの矛盾を抱えて、運営に悩みながら投稿してきました。


私にとっては、以上ですよ♪

 

No.4208 Re:カンウさんへ  りんごさん!とりあえず ひとことだけの返信ですが・・・
投稿者---カンウ(2009/11/28 06:57:03)

ちょっとは休みなよ。

 

No.4209 Re:カンウさんへ  りんごさん!とりあえず ひとことだけの返信ですが・・・
投稿者---りんご(2009/11/28 07:19:27)

>ちょっとは休みなよ。

ありがとう。守るBBSは、どなんとぅさんにお願いして、運営を終える予定でしたので、タイムリーでした。

でも、金貸しの老婆はひどいなぁ。どうしてそう思ったんですか?
ネットですが、せめて過去ログを概読していただければ、壮絶な雰囲気が続いた時期も目にとめていただけたと思います。

私は、不器用かもしれませんが調子いいのはもっと苦手。
本音はどんな場合も安心します。それでは。

 

No.4230 Re:カンウの馬鹿野郎、りんごさんにチャント謝れ。
投稿者---SOBA(2009/11/28 19:12:43)

>ちょっとは休みなよ。

↑これ照れだろう。

しかも、よりによってりんごさんを「罪と罰」に出てくる主人公ラスコーリニコフに殺される金貸しの婆さんに譬えるとは何事だ。

昔、小学校にいたよ、好きな女の子を逆にイジメルるのが、好きだから逆にイジメル、こう言うのを心理学では反動形成と言う

小学生の様な事をするな。大人なら潔くりんごさんに謝れ。そして好きなら好きとハッキリ言え。

それが出来ない様なら、オマエは男のクズだ。
 

>>ちょっとは休みなよ。
>
>ありがとう。守るBBSは、どなんとぅさんにお願いして、運営を終える予定でしたので、タイムリーでした。
>
>でも、金貸しの老婆はひどいなぁ。どうしてそう思ったんですか?
>ネットですが、せめて過去ログを概読していただければ、壮絶な雰囲気が続いた時期も目にとめていただけたと思います。
>
>私は、不器用かもしれませんが調子いいのはもっと苦手。
>本音はどんな場合も安心します。それでは。
>

 

No.4237 Re:なんでお前がチャラチャラ出てくる必然があるんだ
投稿者---カンウ(2009/11/28 21:11:45)

 おまえは『自己評価』が高すぎるんだよ!もっと謙虚になれよ!どなんとうさんは、どなんとうさんの判断をするんだよ。お前の判断じゃないだろうが!
ここをお前がやってるのか?
 判断はどなんとうさんがつけるよ。お前をじゃあ誰が評価してるんだよ!まずそれから言ってみろよ。性根の曲がったHISUばあさんか?りんごさんか?
 おまえがこたえたら、答えてやってもいいぜ。おまえはただ『実直』なだけで、周りを見ることができないだけの人間だと思うぜ。

 

No.4240 Re:どなんとぅ氏駄目だなこりゃ。アラシ認定すべきだ。⇒なんでお前がチャラチャラ出てくる必然があるんだ
投稿者---SOBA(2009/11/28 21:22:01)

自爆しちまいやがった

よりによってご家族の介護をしながら精一杯植草一秀氏を守るBBSをもり立てていたりんごさんを「罪と罰」に出てくる主人公ラスコーリニコフに殺される金貸しの婆さんに譬えるなんてないだろう

アラシ認定せよ

やらないなら非難は今度は貴殿にむく。

(略)

>>>私は、不器用かもしれませんが調子いいのはもっと苦手。
>>>本音はどんな場合も安心します。それでは。
>
> おまえは『自己評価』が高すぎるんだよ!もっと謙虚になれよ!どなんとうさんは、どなんとうさんの判断をするんだよ。お前の判断じゃないだろうが!
>ここをお前がやってるのか?
> 判断はどなんとうさんがつけるよ。お前をじゃあ誰が評価してるんだよ!まずそれから言ってみろよ。性根の曲がったHISUばあさんか?りんごさんか?
> おまえがこたえたら、答えてやってもいいぜ。おまえはただ『実直』なだけで、周りを見ることができないだけの人間だと思うぜ。

 

No.4235 Re:カンウさんへ  りんごさん!さっき帰りました。
投稿者---カンウ(2009/11/28 20:59:21)

>>ちょっとは休みなよ。
>
>ありがとう。守るBBSは、どなんとぅさんにお願いして、運営を終える予定でしたので、タイムリーでした。
>
>でも、金貸しの老婆はひどいなぁ。どうしてそう思ったんですか?
>ネットですが、せめて過去ログを概読していただければ、壮絶な雰囲気が続いた時期も目にとめていただけたと思います。
>
>私は、不器用かもしれませんが調子いいのはもっと苦手。
>本音はどんな場合も安心します。それでは。

 あそこであんなことを『真摯』にやっていたら、いつかはあんたが『死ぬ(倒れる)』ことになると思ったからだよ。これは俺のカンだけどね。根拠はない。
 死ななくてもあんたが倒れたら、誰が家族を見るんだよ。
 うちは肉親が脳出血で倒れ寝たきりになった。約3年間看護が続いた(おれはあまりみてやれなかったがね)末に、低気圧が襲った日に容態が急変した。
 小刻みに身体を震わせながら、天国に召されていく肉親の足を必死でさすってやったよ。最期を看取ってやれたのが、俺の救いなんだ。『生まれ、婚姻し、子を産みそして死んでいく』<家族>が、すべての拠点なんだよ。

 

No.4236 Re:君の気持ちは分かったが、これじゃ駄目だ。なぜ潔く謝れない。
投稿者---SOBA(2009/11/28 21:05:13)

謝るべき時に謝れなかったら人間のクズだぞ。

潔く謝れ。ウジャウジャ言って自分を正当化するな

>>>ちょっとは休みなよ。
>>
>>ありがとう。守るBBSは、どなんとぅさんにお願いして、運営を終える予定でしたので、タイムリーでした。
>>
>>でも、金貸しの老婆はひどいなぁ。どうしてそう思ったんですか?
>>ネットですが、せめて過去ログを概読していただければ、壮絶な雰囲気が続いた時期も目にとめていただけたと思います。
>>
>>私は、不器用かもしれませんが調子いいのはもっと苦手。
>>本音はどんな場合も安心します。それでは。
>
> あそこであんなことを『真摯』にやっていたら、いつかはあんたが『死ぬ(倒れる)』ことになると思ったからだよ。これは俺のカンだけどね。根拠はない。
> 死ななくてもあんたが倒れたら、誰が家族を見るんだよ。
> うちは肉親が脳出血で倒れ寝たきりになった。約3年間看護が続いた(おれはあまりみてやれなかったがね)末に、低気圧が襲った日に容態が急変した。
> 小刻みに身体を震わせながら、天国に召されていく肉親の足を必死でさすってやったよ。最期を看取ってやれたのが、俺の救いなんだ。『生まれ、婚姻し、子を産みそして死んでいく』<家族>が、すべての拠点なんだよ。
>

 

No.4213 Re:りんごさん、肩の力を抜こうね。大丈夫「心を一つにし」バナーがある限り。
投稿者---SOBA(2009/11/28 07:53:48)

植草一秀氏を守るBBSについて、手前味噌ですけれどね、僕は確信しています。

バナーを見てくれて、少しでも何か感じてくれて、その後で色々な投稿を読んで、感じて、考える、そのきっかけの「場」に植草一秀氏を守るBBSがなる、それだけでも十分なんですヨ。

リラックスした投稿と、政治関連投稿と、真摯に植草さんの事を書いた投稿が渾然一体になってる方が、却って植草さんも喜ぶと思っています。

※植草事件の真相掲示板と植草一秀氏を守るBBSの違い、その最大のものは「心を一つにし」バナーのある無しだと僕は思っています。このバナーのない真相掲示板でヨン様ネタを書いたら、ROMしている人は「ん?んん」と絶句するかもネ(笑)「心を一つにし」バナーがある事が守る会BBSの最大の強みです。

植草さんは、国民の「生活」を守ろうと毎日鋭い舌鋒で闘ってくれています。「生活」=「生きる」って事の中には、男と女が愛し合うことだって入ってるんですよ、当たり前だけど(^^;

以上、大、大、大好きなりんごちゃんへ、バナー職人の蕎麦より。(^_-)-☆


以下は、植草事件の真相掲示板への投稿です。

頓珍漢です。RE:看板を換えては如何でしょう? 投稿者:SOBA  投稿日:2009年11月18日(水)07時20分39秒
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/4185

RE:看板を換えては如何でしょう?投稿者:真実一路  投稿日:2009年11月17日(火)18時30分15秒

僕が考えるに、植草さんは舌鋒鋭く小泉・竹中路線を批判したがために国策の謀略にはめられた。

われわれが植草さんと心を一つにして断固闘おうとするなら政治への鋭い問題意識を持つことは当然の事である。

看板の名前も変える必要などさらさら無い

貴殿には頓珍漢の一言を進呈しよう。

※植草一秀氏を守るBBSに「言論の自由」と言うプロアンチと思われるアラシが粘着した。例えば下にある様な雑談日記の「バナーひっさげてその度反撃宣 言」したらトンズラした。「言論の自由」だの「真実一路」だののもっともらしいハンドルネームを聞くと小生の直観の針がピッ、ピピッと反応してしまう。モ デム使ってパソコン通信の頃からのネットバトルフィールドを知っている小生とするならば、。

>看板を換えては如何でしょう? 投稿者:真実一路  投稿日:2009年11月17日(火)18時30分15秒

>この掲示板の書き込みは、政治・イデオロギーに関するもがほとんどで、
>いわゆる『植草事件』とは直接関係なくなってきています。
>『植草事件の真相掲示板』という看板にいささか違和感を覚えるのは私だけでしょうか?


>追記、失礼します。
>
>あちらでも書きましたが、守るBBSの成り立ちを、こちらでも明確にしておきたいと思います。
>
>主権者の会旧メンバー(6.4フォーラムメンバー)は、植草さんの記事に感謝していました。植草さん収監らしいとの情報が齎され、女性4名が、なんらかの支援をしたいとの意見交換が出ました。
>
>でも、恐らく殆ど、植草事件の内容は知らず、そのため企画がすぐには出来ませんでした。
>
>しかし、どなんとぅさんが早々に、守るBBSを立ち上げられました。
>BBSが立ち上がったので、準備もないままに、夫々、投稿しはじめました。当初、ネットから外に向けて、活動できないかの議論の場にできればという思いの投稿をしはじめました。
>
>企画のないままに、思いつき投稿でも、色んな活動が始まりました。
>私たち自身も店舗にビラくばりや、マスコミの偏向報道には許せない思いで、さんざん抗議電話しまくり、議員事務所にも抗議や支援のメールや電話を夫々したと思います。事件も、俄か勉強しはじめました。
>
>しかし、工作員攻撃投稿が何度も続きました。投稿してきた人も投稿がなくなってきました。メンバーも投稿しなくなりました。
>植草さんの収監時に申し訳ないと、企画なしの矛盾を抱えて、運営に悩みながら投稿してきました。
>
>
>私にとっては、以上ですよ♪

 

No.4214 lady!りんごさんへRe:カンウさんへ
投稿者---陽はまた昇る(2009/11/28 07:55:26)

(略)

>どうしても一言、言わせてもらいました。
>
>そろそろ、私事の諸問題から、どなんとぅさんにお願いしようと思っていた矢先でした。ちょうど良かったのかもしれません。
>
>どなんとぅさん、よろしく〜
>


りんごさん

事の経緯はよくわかりませんが、私はいつも、どんな拙い私の投稿にもほとんど必ず御返信くださるりんごさんの暖かい、やさしい、たいていのことは許しちゃう寛容と慈悲のお心に感激しています。
こういう方が日本をひっぱらなくてはいけないよなあと思っています。
きっとチャーミングな方なんだろうなあと思っています。

カンウさん
意図はよくわかりませんが、男を下げましたね。
いつもなんておもしろくて、大胆不敵なオットコらしいい方だんだろうと思っていたんですが…残念!

 

No.4217 蕎麦さん、陽はまた昇るさん、カンウさんへ。ありがとう。
投稿者---りんご(2009/11/28 10:54:32)

励まし、ありがとうございます。却って恐縮です。政治掲示板に愚かにも、愚痴ってしまいました。

蕎麦さん、涙が出てしまいました。決して、カンウさんへの思いではない暖かい涙です。
HISUIさんも、随分励まされてきたのですね。理解できそうです。

陽はまた昇るさん、
私などに似つかわしくない言葉をさんざん頂いて、萎縮してます。
陽はまた昇るさんの真っ直ぐな正義感と真の強さに感服してます。いつも安心できている方です。
カンウさんの「休みな」は、優しい労わりだと理解していますので、却って、申し訳ない。いつかオフラインでお会いして政治談議したいものですね。

カンウさん
昨日の連続投稿は、うっとうしかったかと思います。ご容赦ください。
でも、守るBBSは、まだ安定していません。
こちらと違って、尻すぼみしていくことは分かっていました。
植草さんの戦いは色んなところにあります。熊八さんが教えてくださった2ちゃんは寝込むほど執拗で恐ろしい長期に及んでいて、まさに潰すだけのためです。そんな中、せめて支援と尻すぼみは可愛そうと思ってました。

レスを全員につけるようになった理由は、以前、間引きしてレスつけた際に、うっかり情熱的な方々3人の方がすぐ投稿されなくなりました。レスつけてない人だけでした。
2回目も同じ現象が起きました。スレッド形式でないため、難しい部分ですが、公平平等がとても大切で、一生懸命なところほど、敏感なものと分かり、以来、できるだけ、2ページ前後は、レスつけてきました。
レスも、流す程度では許されず、しかも行動を求める叫びの投稿が多かったので、行動を検討してきたBBSです。
家族が救急で重い状態で入院し、毎日病院通いの1ヶ月余、数人の方が投稿継続してくださったことに、大変感謝し、そして、イメージを変化させることにしました。

何度も色んな関係者に投稿依頼してきました。私だけではとても進むはずがありませんので。

でも、直接関係者から「掲示板程度・・」という言葉を聴いたときはショックでした。
美しく飾られた文、植草氏を思う数々の文、表に出されるものとなんと違う思いができるものか、人は本当に分かりません。植草さんのことを思い、また、神州 の泉さんからも、当時の私のもがきを理解して「がんばろうね」と言ってくださった言葉などを思い起こして、何度も自分を抑えて乗り越えてきましたが、今回 は、ちょうどいいきっかけも出来ましたので、役割を終えることができそうです。

肩が軽くなりました。以前、りんごまで書いてくださった植草さん、神州の泉さんに長いこと、お礼も言えていなかったので、ようやく、お礼できます。蕎麦さんの励ましは、本当に感謝しています。

ありがとうございました。

 

No.4231 Re:りんごさん、せつないです。
投稿者---SOBA(2009/11/28 19:25:44)

これがさよならならせつなすぎます。

今日のエントリーは大好きなあなたに贈ります。

あああああっ、六義園で秋(^^; 目にしみる様な紅葉、東京の秋、小春日和をからだ一杯に感じてきました。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2009/11/post-3e45.html

写真を8枚ほどアップしました。紅葉で色づく東京の秋を胸一杯に感じて一時の癒しを感じて下さい。僕からのあなたへのせめてもの気持ちです。
 

>励まし、ありがとうございます。却って恐縮です。政治掲示板に愚かにも、愚痴ってしまいました。
>
>蕎麦さん、涙が出てしまいました。決して、カンウさんへの思いではない暖かい涙です。
>HISUIさんも、随分励まされてきたのですね。理解できそうです。

(略)

>肩が軽くなりました。以前、りんごまで書いてくださった植草さん、神州の泉さんに長いこと、お礼も言えていなかったので、ようやく、お礼できます。蕎麦さんの励ましは、本当に感謝しています。
>
>ありがとうございました。

 

No.4223 今後ともカンウさんの投稿期待します
投稿者---どなんとぅ(2009/11/28 14:22:09)

基本的にこの手のやりとりはスルーなのですが…
そうさせて貰えない点が2つありますので反応します。

まず直接名指しで呼びかけられましたので(おそらく「管理人」としてのどなんとぅへと思います)
そのまま無反応では当のカンウさんはじめみなさまにあらぬ斟酌の余地を与えるかと思いました。
結論から申しますが
カンウさんの投稿全体に何ら問題はありません。
植草BBSを含めてです。
あとは当事者同士の問題であり
一方の当事者であるりんごさんから強い不快の念を表されたなら、
場合によっては何らかの措置を執ることがあったかも知れません。

深夜1:41の植草BBSへのカンウさんの投稿が最初でした。
それにりんごさんが
いつも通りのおおらかな対応で2度反応しました。
そして今朝6:13、りんごさんがこちらのBBSにこのスレッドを立てました。
以下一連のやりとりです。
このなかで
不満を抱えながらかも知れないが
りんごさんはカンウさん一流のレトリックによる"やさしさ"をしかと受けとめ、謝辞を述べています。
これがすべてです。

反応せざるを得ない2点目です。
たびたび表明しておりますが
「削除要求」というのはいわば一つの意志を抹殺せよとの要求です。
できるだけオフラインで求めてほしい、
互いに納得いくまでのやりとりを公開で行うこと自体
ある意味公開処刑のような残酷さがあります。
ましてや今度は追放要求です。
単なる個人的な好悪で
公然とそんな要求を管理人に向けることは
理解を超えます。
少し冷静に考えて下さい。
当事者ならぬあなたがどれだけの材料を以てそんな要求を突きつけるのか。
「全ての女性の敵」
男性からの反論を許さぬようなその表現は
植草氏を社会的に抹殺しようとしたその策謀が何故ああも易々実行されたかのヒントになります。
HISUIさんでさえもその土壌を共有してしまっているのか!と。

ここまでは触れずに置いた方がよいかも知れませんが
あなたの投稿の書き出しです。
SOBAさんのりんごさんへの一連のメッセージに載っかる形でのあなたの投稿、
あれですら当事者たるりんごさんからの申し出が無い限り放置することにしていたのですよ。
おそらくこんなルーズな管理人でなければ
最初の段階で警告が発せられていたはずです。
ある意味このルーズさによる
「生活すべてが政治」の裾野の広さがこの先この板の存在を守ってくれると思っています。
あなた自身自覚して頂けているかどうか判りませんが
名指しされた方はあなたを「主催者側の一員」と見ているかも知れない。

ご賢察下さい。

>りんごさんは、近い将来、体育会系の非複雑系、胸板の厚い、凄くハートの温かい、よか男にめぐり合う運命にあります。
>
>イメージがわかない人は(SOBA)さんみたいな人だと思ってください。
>
>しかし、SOBAさんには(にがちゃん)という、ナイスバデイでダンスが超うまくて、ときどき(甘くないアメを買ってくれる)妻さんがいます。
>
>ですので、りんごちゃんは(鳩山首相みたいに)全ての男性から選ぶのでなく、(断固として、独身ぴかぴかから選んでください。)
>
>多分、ユリイカが占っても同じでしょう。
>
>カンウ(関羽)さんは、三国志では素晴らしい英雄です。
>中国大陸や、台湾や、日本で中国人が住んでいるところには、関帝廟が
>あり、みな、敬虔な祈りを捧げています。
>
>カンウさんは優しい人だと思っていました。
>今回の発言は許すことができません。
>
>男として最低な人間!
>人間としても最低です。
>
>この投稿を見たときに信じることができませんでした。
>
>どなんとうさんは勇気をもって、カンウさんに退室を告げるべきだと
>思います。
>
>どうか、かんうさん、たくさん御本を読んでおられるようですが、
>罪と罰におけるドストエフスキーの表現したかったものは、どういう思いなのでしょうか。
>ロジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフ (ロージャ)は今を生きる若者に限りなく、重なります。
>
>そしてやさしい(シベリア)でソーフィヤ・セミョーノヴナ・マルメラードワ (ソーネチカ、ソーニャ)の愛により、[ロージャ)の心が溶けていく。
>この場面に、恐ろしい筋立てでありながら、ほんとうにやさしい物語であると思います。
>
>罪と罰はまさに、小泉竹中、弱者切り捨て路線で格差の拡大した、今の
>日本の若者たちにいつでもおこりうる物語ではないかと思います。
>
>かんうさんは自発的に退室してください。
>ここにくる全ての女性の敵です。

 

No.4224 Re:今後ともカンウさんの投稿期待します
投稿者---りんご(2009/11/28 14:46:52)

どなんとぅさん、管理人見解承知しました。

でも、HISUIさん、カンウさん、夫々いつものパワーが出て、あとはすっきりだろうと思います。

私は少々疲れていたのです。そして、これからは家族に時間をもっと作ってあげたいと思います。
植草さんも神州の泉さんも、中途で終わってしまう、情けない何の価値ももてなかった私のお詫びを理解していただけると思っています。

そして、最も大切にしたいのは、どんなことがあろうと、6.4フォーラムのメンバーはいつまでも一体的思いで、大切に守っていたい仲間たちです。それは、 どなんとぅさんもHISUIさんも同様です。これだけは私自身の中に凄んでしまったものです。だから、今後、投稿上の交流はできませんが、11人の仲間を 超える政治関連のネット友人関係は皆無です。
個人的遣り取りもしたくありませんし、一体なので、自分を守るのと同様になっています。

植草先生を守るBBSの運営的投稿をやめること、私事をお汲み取りいただき、どうか、あと宜しくお願いします。皆さんも、植草先生のために、どうか宜しくご支援くださいますよう、お願い申し上げます。

カンウさんも、HISUIさんも、どうぞご気分を治してくださり、どんどんご主張してくださいね。主権者BBSは、社会的な主張の位置づけをもってきたと 思います。素晴らしいですね。男性の力は大いに感動しています。本当に、現実は私事が許さない状態なので、疲れていただけです。お許しください。

がんばって楽しんでください!萎縮だけは汚職界だけでいい。庶民同士の評価などナンセンスです。もっと巨大な悪を見て追放してください。

りんご拝

 

No.4229 Re:今後ともカンウさんの投稿期待します  りんごさんへ、BBSの大義のもとに、大切なものが失われている悲しさ
投稿者---HISUI(2009/11/28 18:14:27)

りんごさんへ、今日は本当に悲しい。
りんごさんが、愛してやまなかった守るBBSから去ることが悲しい。

りんごさんが、罪と罰の金貸しの殺される老婆に似ていると書かれてことへの抗議がなぜいけないんだろうか?

もし私がりんごさんなら、泣いて泣いて、生きる気もない。

この発言がなぜ正しいのだろうか?

 

No.4233 Re:でたなあ!ショッカーHISU!この政治ババア!ライダーキック!
投稿者---カンウ(2009/11/28 20:36:52)

勝手に終戦するなよ。お前の吐いた暴言だよ!天下にお前の発言を公開して、これ以上ジュンなお嬢さんが、お前の配下にならないことを祈るぜ!

『かんうのばかやろう!女性の敵だ。 twitterからけりをいれる。 お昼ごはんを食べて、パワーをつけて、もう一回けりをいれる。ここは28SOBAさんがいるから、安全地帯なのだ。』

 安全地帯からしか発言できないのかよ!
HISU HISU HISU HISUテリー
HISU HISU HISU HISUトリー
 お前の人生の歴史が『政治的なヒステリーの歴史』だったということだよ。

 なにが『女性の敵』だ!お前が女性だなどと誰が証明するんだ!まずそれをやってみろ!俺から言わせたら『お前が純な女性の敵』なんだぜ。

 

No.4234 Re:人のことはいいから、カンウ君、僕のNo.4230に答えてください。
投稿者---SOBA(2009/11/28 20:53:48)

物事はやるべき手順でやらなければ駄目だ。

この物言いで突っ走るとアラシと認定されるぞ。

でたなあ!ショッカーHISU!この政治ババア!ライダーキック!

どなんとぅ氏の好意を仇で返すつもりなのかな。大人の対応をしなさい。


>勝手に終戦するなよ。お前の吐いた暴言だよ!天下にお前の発言を公開して、これ以上ジュンなお嬢さんが、お前の配下にならないことを祈るぜ!

(略)

> なにが『女性の敵』だ!お前が女性だなどと誰が証明するんだ!まずそれをやってみろ!俺から言わせたら『お前が純な女性の敵』なんだぜ。
>

 

No.4241 Re:僕のNo.4230に答えてください。 おまえ!ひょっとして親なのか?
投稿者---カンウ(2009/11/28 21:23:02)

>物事はやるべき手順でやらなければ駄目だ。
>
>この物言いで突っ走るとアラシと認定されるぞ。

(略)

>> なにが『女性の敵』だ!お前が女性だなどと誰が証明するんだ!まずそれをやってみろ!俺から言わせたら『お前が純な女性の敵』なんだぜ。

 親なら、言う権利は当然あるぜよ。

 

No.4242 Re:オマエはガキか。
投稿者---SOBA(2009/11/28 21:28:08)

自爆路線まっしぐらが分からないのか

オマエの書き込みには何の誠実も感じられない。恥を知れ恥を。


>>物事はやるべき手順でやらなければ駄目だ。
>>

(略)

> 親なら、言う権利は当然あるぜよ。
>

 

 

 以下スレは12月4日どなんとぅが削除

No.4245 "見苦しい"スレッドがこれ以上伸びないようにこちらでお答えします。
投稿者---どなんとぅ(2009/11/28 22:03:46)

そもそも余計なことにかまけているヒマがあるのか!
というのが元記事の趣旨でしたが
ご理解頂けてないようです。

この件に関する「管理人見解」は№4223がすべてです。
くどくなりますが一部抜粋します。

カンウさんの投稿全体に何ら問題はありません。
植草BBSを含めてです。
あとは当事者同士の問題であり
一方の当事者であるりんごさんから強い不快の念を表されたなら、
場合によっては何らかの措置を執ることがあったかも知れません。

深夜1:41の植草BBSへのカンウさんの投稿が最初でした。
それにりんごさんが
いつも通りのおおらかな対応で2度反応しました。
そして今朝6:13、りんごさんがこちらのBBSにこのスレッドを立てました。
以下一連のやりとりです。
このなかで
不満を抱えながらかも知れないが
りんごさんはカンウさん一流のレトリックによる"やさしさ"をしかと受けとめ、謝辞を述べています。
これがすべてです。

>深夜1:41の植草BBSへのカンウさんの投稿が最初でした。

カンウさん一流の"乱暴な"優しさが表れたコメントと、
ストレートに理解できました。
あとはりんごさんがそれを受けとめることができるかどうか。
できなければそれはカンウさんのめがね違いと言うことであり、
その点では(要求があれば)本人なりBBS参加者なりに
判断の甘さをわびる余地はあるでしょう。
しかし何度も繰り返しますが
当人から何の申し出もない以上、
そしてカンウさんの投稿が悪意に基づくものでない以上、
管理人の出る幕ではありません。
これはHISUIさんにお答えしたとおりです。

それよりも
どなんとぅが密かに憂慮するのは
例の「世川事件」以降、
執拗に主権者BBSの参加者間の離反を誘う動きが
執拗に繰り返され、
しかもその"駒"として使われているのがそろいも揃って善意だけで行動している方々。
特に政治経験の浅い女性陣ということが気になります。
共通するパターンは
いずれのケースもBBS外のオフでのやりとりを旨く利用していること。
これ以上誰かは知らぬが<悪意の攻撃者>氏の自由な闊歩を許していては
いよいよ重要な時期
力が削がれるばかりと考え
些か無謀ではありますが
『TheJounal』への疑いを公表したわけです。

大多数の無関係な閲覧者の皆様には大変にご迷惑をおかけしました。

 

No.4248 Re:ほー謝辞ね。
投稿者---SOBA(2009/11/28 22:14:47)

(どなんとぅ氏)
>りんごさんはカンウさん一流のレトリックによる"やさしさ"をしかと受けとめ、謝辞を述べています。

よりによってご家族の介護をしながら精一杯植草一秀氏を守るBBSをもり立てていたりんごさんを「罪と罰」に出てくる主人公ラスコーリニコフに殺される金貸しの婆さんに譬えるなんてないだろう。

(りんごさん)
>No.4205 カンウさんへ
>投稿者---りんご(2009/11/28 06:13:25)
>植草一秀氏を守るBBSへの投稿、ありがとうございます。が・・・

金貸しの殺された老婆と一緒にされたのでは、やはり傷つきました

これについてカンウは何か謝罪したのかな

 

No.4250 №4205からのスレッドへはこれ以上レスをつけないで下さい。どなたの投稿があってもスレッド全部を削除します
投稿者---どなんとぅ(2009/11/28 23:12:21)

一番やりたくない管理ですが。
まだやりとりしたいならとりあえず以下にレスをつけて下さい。
とにかく
当事者抜きにして周囲が煽るのは見苦しいだけです。

特にHISUIさんに警告します。
どなんとぅが一方的に迷惑電話を掛けているかのような印象操作は
何か意図があるのですか?
オフでどなんとぅとやりとりされる方はお解りと思いますが
基本的に電話の最初に相手の都合を確認するぐらいの社会常識は弁えています。
お互いの会話が弾み
かなり長時間となることは
(特に「政治問題」に関しては)あったとしても
特にあなたとの場合
そして名前を出されて心外でしょうがりんごさんの場合
ほとんどはご質問に可能な限り答えていった結果の長電話であったと理解しているのですが。あの書き方には悪意さえ感じてしまいます。
某人物の登場以来あなたを筆頭に数名の方との関係が(何故か)ぎくしゃくしてしまっていますが
そこに誰かさんの影を感じています。
現状を考えると以前の大騒ぎも陽動であったかとの疑念を抱いてしまいますよ。
悪事を企むものの手口は
容易に変えられぬ。
現状を影で眺めて
密かに笑っているものの存在を想像して下さいね♪
今後一方的な誹謗中傷がありましたら
即削除対象とさせて頂きます。
これまでなんどか注意してきた結果です。

さてさて困ったことにSOBAさんまで巻き込まれてしまってますが、
今回の「カンウ発言」は確かに問題ありかも知れませんが
それはりんごさん本人が決めること。
「相手に理解できないブラックユーモア」は
周囲がとやかく口を挟むべきでないと考えます。
騒ぎを大きくしたのは明らかに自己削除したHISUIさんの投稿です。
あえてレスに全文引用している意味をお解り下さい。

以上、できれば真面目な議論・情報共有・行動提起という
本来の板の意義を皆様ヨ・ロ・シ・ク♪

 

No.4264 Re:妖怪特捜隊チョウヒによればmiyakowasure妖怪が巷(ちまた)を徘徊しています
投稿者---カンウ(2009/11/29 21:15:28)

 主権者には関係ないですが、このmiyakowasure妖怪はカンウの悪口を書き散らしています。幽霊には足がないですが、妖怪には汚い臭い足があるので、それが誰なのかそのうち足がつくでしょう(笑い)。妖怪なので複数のHNを持っているとの調査報告でした。
 妖怪退治と言えば、萌え剣の『機動新撰組』です。今度現れたら山南総長とともに参戦するでしょう。私は今『ゴースト・バスターズ』を見て研究しています(笑い)。
 妖怪の蹴り2発の先制攻撃に対して、
 2発x10倍返しージャブ3発=あと17発の反撃を蓄えています。
 蹴りは、人間社会では傷害罪とされることを妖怪だから知らなかったのでしょう。それを丁寧に教えてやるのが人の世の優しさだと思っています。「優しくなければ人間ではない」からです。
 『罪』を憎んで妖怪を憎まず。法に頼らずに私が反撃の『罰』を与えてやります。今度現れたら寡黙な肉体労働者として鍛え上げた身体で、渾身の反撃を行います。
 
 【ネットでA層などと呼ばれ、人間的にはC層の妖怪がいます】ので注意を喚起します。人間性が一番重要であると思っています。それを言葉に惑わされず に、たとえば「小沢支持者」だとか「過去の栄光」か何か知りませんが、そういったもので判断するのでなく、当該文章から自分の目で見抜くことがなにより大 切なことです。
 こういった妖怪は、政治素人のひとたちの「純粋さ」や「情熱」や「誠実さ」を吸って生き延びていくのが特徴です。どこの世界にもいます。だまされる人た ちがいるのも残念です。これは「政治」を「宗教」的にとらえ、【団体や個人を崇拝の対象として信仰する】ことによるものです。多くの悲劇がこれから生まれ ていきます。
 (カンウさんという、表現によって仮構された人物は、カンウ自身が述べていますがネットB層で人間性もB層です。つまり普通の人として設定されています。問題があるのはネットA層といわれ、人間性がC層のものです。)

 

No.4276 Re:妖怪特捜隊チョウヒによればmiyakowasure妖怪が巷(ちまた)を徘徊しています
投稿者---hightree(2009/11/30 07:39:57)

> 主権者には関係ないですが、このmiyakowasure妖怪はカンウの悪口を書き散らしています。幽霊には足がないですが、妖怪には汚い臭い 足があるので、それが誰なのかそのうち足がつくでしょう(笑い)。妖怪なので複数のHNを持っているとの調査報告でした。
> 妖怪退治と言えば、萌え剣の『機動新撰組』です。今度現れたら山南総長とともに参戦するでしょう。私は今『ゴースト・バスターズ』を見て研究しています(笑い)。
> 妖怪の蹴り2発の先制攻撃に対して、
> 2発x10倍返しージャブ3発=あと17発の反撃を蓄えています。
> 蹴りは、人間社会では傷害罪とされることを妖怪だから知らなかったのでしょう。それを丁寧に教えてやるのが人の世の優しさだと思っています。「優しくなければ人間ではない」からです。
> 『罪』を憎んで妖怪を憎まず。法に頼らずに私が反撃の『罰』を与えてやります。今度現れたら寡黙な肉体労働者として鍛え上げた身体で、渾身の反撃を行います。
> 
> 【ネットでA層などと呼ばれ、人間的にはC層の妖怪がいます】ので注意を喚起します。人間性が一番重要であると思っています。それを言葉に惑わ されずに、たとえば「小沢支持者」だとか「過去の栄光」か何か知りませんが、そういったもので判断するのでなく、当該文章から自分の目で見抜くことがなに より大切なことです。
> こういった妖怪は、政治素人のひとたちの「純粋さ」や「情熱」や「誠実さ」を吸って生き延びていくのが特徴です。どこの世界にもいます。だまさ れる人たちがいるのも残念です。これは「政治」を「宗教」的にとらえ、【団体や個人を崇拝の対象として信仰する】ことによるものです。多くの悲劇がこれか ら生まれていきます。
> (カンウさんという、表現によって仮構された人物は、カンウ自身が述べていますがネットB層で人間性もB層です。つまり普通の人として設定されています。問題があるのはネットA層といわれ、人間性がC層のものです。)
> 


三国志の閑羽が、どんな人物であるか、知ってて、HNとして、使ってるのか。元の人物の品位を汚す所業は、冒涜である。個々では、HNを変えることがは やってる。HNを都政人にして、攻撃することをお薦めする。か弱き女性を相手に大の男が、しかも閑羽を名乗る男が。よも末じゃのう。

 hightree

 

No.4269 Re:HN研究会によればmubou-kibou,murasakinonioeruは・・・
投稿者---カンウ(2009/11/29 22:21:20)

どうも同一のようです。いまのところ確定ではないですが。

 

No.4277 Re:HN研究会によればmubou-kibou,murasakinonioeruは・・・
投稿者---hightree(2009/11/30 07:46:34)

>
>どうも同一のようです。いまのところ確定ではないですが。


まだ、ふたつ。私の研究では、すでに10近くになってる。
追いつくのは、無理な話だなあ。
怪盗20面相よりすごいよ。

hightree

 


自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を

 

 2005・9・11郵政選挙からの臥薪嘗胆の日々、あの頃の気持ちを忘れず頑張ることが出来ました! 

 政権交代確定後、31日午後に制作した新しい2種類のバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End」版

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

あああああっ、六義園で秋(^^; 目にしみる様な紅葉、東京の秋、小春日和をからだ一杯に感じてきました。

 以下、Twitter。下の古いのから、上へと言う順番です。

あああああっ、六義園で秋(^^; @nigaoe ちゃんの気まぐれと抜ける様な青空、暖かい陽光に誘われて出かけたのだった。目にしみる様な紅葉、東京の秋、傑作写真を後でアップするつもりです。 @nigaoe ちゃんの写真なども(笑)
約20時間前   webで

チャリンコはいいのだが、裏道ばかり行く(^^;すぐにどこを走っているのか分からなくなる。はぐれたらその時点で家に帰ると断固宣言した (-.-#)あっちへ行きこっちへ出て置いてけぼりで迷子になりそうになり焦るもグルグル走っていたら六義園に着いていたのだった(^^;
約20時間前   webで

「ねえ、りくぎえんいきたい、あきをみつけに」「ん、利九疑¥生き鯛?」(←シーたんモード脳内感染(^^;)「そう東京の」「秋を?ああ六義園ね」「天気いいし」「行くか」と、ザックにカメラを放り込むと脊髄反射でチャリンコで出かけたのだった。http://bit.ly/7YKk32
約20時間前   webで

昨日(26日)六義園で美しい紅葉と東京の秋を満喫す。作庭した柳沢吉保は、「六義園で遊ぶものは和歌の道に遊ぶことと同じ」と言ったとか。下屋敷 のあった方から望むと手前の池が和歌浦、その先に中之島があり、妹背山があります。今日(27日)から12月13日まで夜間ライトアップで21時まで。昨 日は傑作写真何枚か
約20時間前   webで

Twitter始め

 Twitterだけでは感じをつかめませんので、写真などどうぞ(^^;。(すべてSOBA撮影)

(クリックすると拡大します)

Dsc_1892 1、小春日和で風もなく寒くもなく、かと言って暑くもなくホカホカいい日和でした。亀が2匹甲羅干し。


Dsc_1895 2、冬紅葉と言うには早く、ますます色鮮やかに濃くなった紅葉がありました。


Dsc_1897 3、落ち葉一枚を単独でパチリ。


Dsc_1911 4、頭上を見上げパチリ。上等な着物の柄でも見ている様な、。


Dsc_1931 5、自然のうつろいと、その時の光が演出する色の鮮やかさ。自然からの贈り物を全身で感じてきました。


Dsc_1902 6、今までのだけだと、インターネットから拾ってきたみたいなので、藤代峠(標高35m)から一枚。前方に見える水際のひとかたまりの人は水鳥、鯉、亀などを見物しているところです。


Dsc_1903 7、6の水際のあたりまで戻った時に田鶴橋を撮りました。この後、吹上茶屋で一休み。抹茶(もちろん和菓子つき)が500円、薄茶でしたが一般向けか苦味 がやや弱く、点てた抹茶を知っている方にはやや物足りないかも知れないですね。いただいた直後に小さな落ち葉が抹茶茶碗にヒラリ、オオと言いながら2枚ほ ど撮影するも、帰宅後「紅葉じゃないな」とウッカリ消してしまい後悔し(^^; 汗。


Dsc_1935 8、nigaoe チャンです(笑)。帰る直前背中から一枚撮そうとパチリやりました。のどや鼻から風邪を引くと言うのが普通の風邪の引き方ですが、目から風邪を引くと言う人で、大きめの目をクリッとさせて笑ってるところですねこの背中は(笑)。


※今回、平日と言う事もあり自転車で行きました。入り口を入り直ぐ右側に数十台置ける駐輪場があります。ただし、土日とか混みそうな時には自転車はやめた方がいいです。電車で行くことをお勧めします。入場料は300円です。

六義園について

六義園へのアクセス

 

小さい秋見つけた
http://www.youtube.com/watch?v=FwCGwrqtBAU&fmt=18

 

 それぞれの国にそれぞれの風景、以下の映像を見ていて思います。そして、それぞれの風景とともにそれぞれの生活が、。

中島みゆき by ただ愛のためだけに
http://www.youtube.com/watch?v=59CJpvK9KeQ&fmt=18

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

もうすぐクリスマスの季節、植草さんと大好きなりんごちゃんにこのクリスマスソングをささげます。

 以下は、元々植草一秀氏を守るBBSに投稿しようとしたものですが、複数リンクがエラーになるようで194エラーが出まくり投稿できませんでした。やむを得ず雑談日記に投稿し、BBSの方ではリンクをご紹介します。

※その後「植草一秀氏を守るBBS」はどなんとぅ氏が2009年末で一旦閉鎖宣言するも、撤回し参院選までやるそうです。なおどなんとぅについては恣意的、暴力的な掲示板運営問題がありました。また、プロアンチを放置する可能性があり注視が必要です。

 

 今から3年前の投稿です。ゆうーたまさんが真っ先に植草さん支援に立ち上がりましたが、その後、神州の泉、雑談日記なども次々に支援の声を挙げました。

 それでもまだそれ程多くなく、バナーを見て頂くと分かる様に賛同ブログの数はまだ41でした。どちらかと言うと支援ブログは全く変わり者のブログと当時思われてました。

 投稿翌日のクリスマスの日で拘束が103日となっていますが、僕が数え間違えて2日くらい少ない可能性があります。

 いくら何でも年を越すと考えていませんでしたので、「何だよこれは、何時まで拘束するんだよ」と呟きながら拘束日数更新作業をカレンダーの日めくりの前にやっていました。くじけそうになることもありましたが、中島みゆきの「時代」に励まされながら何とか植草さんが帰還されるまで作業を続けることが出来ました。

 この投稿で使った下記のバナーは投稿日当日、つまりクリスマスイブと翌日クリスマス二日間だけの限定版です。このバナーは別ファイル名で保存し、再び元の ファイル名での拘束日数を指折り数える作業を続けました。ともするとくじけそうになる作業を「クソ、負けてたまるか」とやり続けました。(当時はまるで永 遠に続くのではないかと思いたくなる様な、何とも言えぬ腹立たしい日々でした)

以下3年前の投稿です

(以下転載始め)

2006/12/24
今日と明日だけのクリスマス限定コマを使いました。植草さんバナー関連。

 今日と明日だけのクリスマス限定コマです。明日の夜中にまたもとのバージョンに戻します。今日と明日だけの限定バージョンです。

 「おれはキリスト教徒ではないよ」と言う方もおられるでしょうが、そこはそれ日本人のいい意味での宗教的ないい加減さ、おおらかさでお願いします。

 むしろ僕などはこの限定バージョンを見ていると、植草さんがご家族とご一緒にクリスマスも迎えられない理不尽さに怒りがこみ上げてきます。「国家権力に対する怒り」「新自由主義謀略一派に対する怒り」です。

   

Merry Christmas

    表示 41の星 思いよとどけ

 ここの「思いよとどけ」は、植草先生から41の星に代表される皆さんへの思い、そして41の星に代表される皆さんから植草先生への思いを表現しています。

あ あ
(以上転載終り)

 以下、ちょっと変わったクリスマスソング。

First of May / Sarah Brightman

↓クリックすると↑のYouTubeに飛びます。

あ

 なお、これを歌っているSarah Brightmanさんは、

 

Fight! Ozawa Ichiroでも、

 下記の歌を歌ってくれています。(上のFight! Ozawa Ichiroクリックでも、下のリンククリックでも同じ曲が出ます。下の方が少しだけ音が良い可能性があります。)

Lascia Ch'io Pianga(Sarah brightman)

↑リンク切れ。末尾でSarah Brightmanさんのコンサート版をリンク紹介しました。

(クリックで拡大します)

20091211 上記リンク先で使われていた画像です。

Lascia ch'io pianga,
mia cruda sorte,
私を泣かせて下さい
この過酷な運命に


20091211_2 E che sospiri la libertà!
そして、自由を求めてやまない私を!

E che sospiri,
e che sospiri,
la libertà!
自由を求めて
求めて自由を!

Lascia ch'io pianga,
mia cruda sorte,
私を泣かせて下さい
この過酷な運命に

E che sospiri la libertà!
そして、自由を求めてやまない私を!

Sarah Brightman - Lascia Ch`io Pianga Live in Concert
http://www.youtube.com/watch?v=vAtc7ZOjFY4&fmt=18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

THE JOURNALでの自称売文業世川行介の「小泉純一郎と小沢一郎」の小泉評価は実に笑えます。

 もう1人の登場人物、豊後の小兵衛については後ろにまとめました

※以下で言う「主権者は私たちBBS」はどなんとぅが管理人だった頃の、旧「主権者は私たちBBS」、その後「どなんとぅ 命つなぎの時間 BBS」と名称変更。

 世川行介氏は、「主権者は私たちBBS」がどうにも気になる様で(笑)、ご自身のブログでたびたび口汚い言葉をきわめて言及しています。「主権者は私たちBBS」では僕が制作した「心を一つにし断固闘う」バナーがトップの目立つ所に掲示されてます。ごく普通の人々が真面目に政治について語っていると認識していましたので、僕自身はなぜ世川がそれ程敵視するのか、驚きそして不思議でした。今回、大いに興味を持ちましたので、いくつか調べて分かった事実だけでも取り敢えずまとめて記録しておくべきと思いました。THE JOURNALでの世川の話題から入り、続いてその調べた事などへ話しが続きます。以下、分かったことなどのメモです。

※その後「主権者は私たちBBS」管理人のどなんとぅ氏が変調したので、僕が「愛、そして生きる 主権者は私たちです」を開設、どなんとぅ氏はBBS名を「どなんとぅ 命つなぎの時間 BBS http://www2.realint.com/cgi-bin/tbbs.cgi?sovs 」に改名。さらにその後「愛、そして生きる 主権者は私たちです」は会社都合による閉鎖となったので引っ越し、「愛、そして生きる 主権者は私たち」と末尾を削除してスタート。結局約1年後にBBS名の元々の命名者僕の所に戻ってきました。

 今日のTwitterをメモ代わりに採録しておきます。Twitterは140文字制限なので、無理して縮めていて分かり辛くなってる所は若干追加しました。

 以下、今日の28SOBAのTwitter。

雑談日記はブログスタート後、福知山脱線事故の後あたりから急速に政治のことを書き出した。郵政選挙の数ヶ月前からです。まだ拙いバナーだが作って 反小泉で闘ってきた。その足跡は雑談日記にもあるし、阿修羅にも残ってます。あっしら氏始め他の阿修羅投稿者の足跡も同様に残ってます。   
約7時間前   webで 

阿修羅投稿者だけでなく政治に関心を持って郵政選挙を見た者にとって、THE JOURNALの「世川行介:小泉純一郎と小沢一郎」の小泉評価は実に笑えます。世川評論には決定的に欠けているものがある。あの小泉自民圧勝を総がかりで応援した朝日を始めとしたマスゴミについて全然書いていない。マスゴミの小泉ヨイショを全然書いていない。(小泉人気なるものは実は意図的に作られたもの、投票日に向けてのマスゴミの振る舞いに呆然としながら「なんだこれは」と見ていた人は多いはず。阿修羅など探せばいくらでも出てきます。)   
約7時間前   webで 

世川行介には政治評論は無理。豊後の小兵衛(ネット公表では大島楯臣)の様な提灯持ちにヨイショされてりゃいい(笑)。演歌の作詞をペンネーム布北麻里でやってます。「歌舞伎町ドリーム」「渋谷のカラスはなぜ赤い」、世川ブログの最後で聴けますので物好きな人はどうぞ。もう一度聴いてみたいと思うよ うな代物じゃないです (笑)。
約7時間前   webで 

 以上、28SOBAのTwitter採録でした(笑)。なお最後の呟き、「聞く」でも良いのですけれど、可哀想なんで「聴く」の漢字に直しておきました(笑)。まあ少し注意して聴くって事なんですけれど、。

 

Main200 ←この人が売文業の世川行介。


20091120  世川ブログ末尾の「記事一覧」の下で以下の様にYouTubeが案内されてます。率直な感想、メロディラインが駄目、メロディラインに詞がのってない、 そして何よりも詞が心に響かない。なんともヒットしない要素を集めた様な演歌です。(左の画像をスクロールして見たければこちら。)世川のブログは色づかいから気持ち悪いと言う人がいるので直接YouTubeしておきましょう。「歌舞伎町ドリーム」「渋谷のカラスはなぜ赤い

※あまりにもお粗末な曲なので、聞いた後のお耳直しをお勧めします。右サイド、ゲバラバナーの上のリンク、最後の方に中島みゆきの曲が何曲かあります。


 それにしても世川の「渋谷のカラスはなぜ赤い」の題名には何ともはや (笑)。この方吉本隆明に心酔していて、<無言の生活者>層、<無言の知>とか書いていて、物言わぬ大衆の心が分かるんだそうです(^^;

お知らせ
youtubeにて、世川行介作詞の、
<歌舞伎町ドリーム>
<渋谷のカラスはなぜ赤い>
のデモテープ2曲を公開中
↓の▲ボタンを押して、曲をお聴ききください

世川の作詞演歌聞いての感想Twitter(笑):

28SOBA 話しクルリンパで世川の演歌作詞、感じたのは才能⇒(笑)な自信過剰デザイナーのレイアウトがすぐに思い浮かんだ。決定的に駄目な点をすぐにいくつか気がついたけれど、あいつ根性悪いから書かない。そう言うオイラもかなり根性悪い(笑)世川はジゴロ駄文でノータリン引っかけてるのが一番あってる(笑) 7分前 webで

 

※関連盛り場ネタ:世川がブログトップに新宿だか歌舞伎町だか、韓国料理飲み屋の宣伝を何日かしていた話題のその後です(笑)。「主権者BBSの奴は来な くていい」(要旨)って、うっかり政治の話しでもしようものなら緊張感漂うような素敵な飲み屋のキャッチコピーでした(笑)。以下関連Twitter。

※その後、以下採録(笑)

ところで、今日から、また、「うまいもの屋」の広告を、出すことにした。「soWhatだ」効果を願う女と娘の要望に応えたものだ。「頭のよさそうな人だったよ。あんな人にたくさん来て欲しいな」とのことなので、「主権者は私たち」のメンバーたちの入店は、これを厳に禁ずる

28SOBA 吉本なんたら心酔、自称売文業世川行介ブログの常時トップ表示の飲み屋のママ写真つきのヒモ自慢みたいなお店広告にはワロタ。すぐに叩き出されたとかで表示を取り下げた(笑)。そりゃそうだ、飲み屋の方でこう言う客は歓迎だが、こう言う客は来るななんて広告だす店がどこにある。(笑)    約12時間前   webで

20091119 ←その部分(笑)

眠っていた<11歳の娘>が飛び起きて、「ママ!おじちゃんを追い出さないで!」と叫んだが、もう、どうしようもなかった。「お前なんか、死んでしまえ!。お前の日記の店の宣伝は、すぐに消せ!」
 もう、悪態の限りだった。

 

参考Twitter(笑):世川ブログをキャプチャ保存しました。表現者ならそれなりの覚悟はあるんでしょう。

28SOBA 相手がアッケラカンで油断はだめよで証拠保存>2009-10-30(自称作家)世川行介のブログコメントで豊後の小兵衛が「取得私信や実名公開」と恫喝してる例 http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/10052.png
11:55 PM Nov 8th webで

28SOBA 相手がアッケラカンで油断はだめよで証拠保存>2009-10-23(自称作家)世川行介が自分のブログでBBS投稿者を「個人情報知ってるぞ」と恫喝している例 http://www.asyura2.com/bigdata/bigup1/source/203.png
11:52 PM Nov 8th webで

関連
売文業世川行介とBBSとのもめ事がきっかけでTwitterしてたら、な、なんと、阿修羅旧HNの過去投稿に行き着いた。(笑) 

 この世川行介、小沢一郎論なる本を出すらしい。どう考えても、文学擬きに憧れてる頭の弱い小沢にわかファンしか引っかけられないと思うのだが、。せいぜい販促プロモーションでもやって頑張って下さい。(笑)

僕だったら世川の評論擬きに大事な金を使うくらいなら、TBSラジオ国会担当・武田一顕記者の本を買います。「ドキュメント政権交代---自民党崩壊への400日←売れ行き絶好調→書評By 牛丸 (東京都荒川区) :(略)新聞やテレビを通じて報道されてきた政権交代のトピックが時系列でまとめられている。 小沢一郎の動きに対して独自に取材を進めてきたようで、これまでの様々な出来事が「小沢軸」によって整理されているのも面白い。 巻末の小沢一郎へのインタビューでの質問の切り口もユニーク。

 

関連の話題:

 世川も書き、苅尾邦彦と言うやからも世川のコメントでHNを貶めて書いていますが、もう一つネットでの匿名性についてです。このテーマについてはどなんとぅさんや阿修羅ではあっしらさんなどが、今までも何度か書いています。ハンドルネームでも継続され一定の人格として認知されれば作家のペンネームと同じって事です。ネットカフェなどからのアクセスは別にして、いざとなれば最終的には使った端末の所有者まで特定できます。

 植草さん関連で神州の泉のHIROさんなどはHIRO以外に実名を公表されています。どちらかと言うと希有なケースです。そのHIROさんから頼まれたことがあります。「もし万一何かあったらネットでそれを広めて欲しい」と。もちろん快諾しました。植草さん関連で初期の頃から応援してきた者で身の危険について無頓着だった者はいないと思っています。僕自身権力の影の危険を感じ雑談日記でも書いたことがあります。ただし、こちらが猜疑心と言われるくらい注意深ければ直接権力からは(足がつく間接依頼も含めて)なかなか出来ないだろうと考えています。危ないのは世間にゴロゴロいるボランティアでやる馬鹿な鉄砲玉。ネットで個人情報を公開すれば危険性が遙かに増すのは当然の事です。要するに役割分担で、最大限個人情報を秘匿しバックアップする者がいなけ れば表で公表している者はそれこそ安心できないと言う事です。

 BBSなどでのハンドルネームを貶め盛んに個人情報を晒すことを求める輩はそれだけで怪しいと考えるべきです。そう言う連中が書くブログにはコメントやトラックバックのスパムなんて事前承認にしなくても全然来ないのでしょう(笑)。雑談日記に来ていたスパムなんて想像も出来ないはず。8・ 30でガタ減りになりましたが、最近また少し増えてきました。スパムのこんな事情はTBPにトラックバックしてくれている少しでも目立つブログならツーカーで伝わる常識的な事です。

※「世川行介:小泉純一郎と小沢一郎」には世川自身のブログから1個だけトラックバックが来てます。試しにTBしてみましたがやはりブロックしている様で通らなかったです。その後見たら表示されてました。ISPとの相性でしょうかPingが通っていてもこちらに依然としてTBのURLが残るというのはよくありました。例えば喜八さんのところはそう言う場合が多いです。今回はそれだったようです。

 

旅の終わり
2009年10月30日 17時59分40秒 | 99 Weblog
http://blog.goo.ne.jp/segawakousuke/e/15aceaf2878d8fa8482a4e251e12a177

(略)

3 コメント
コメント日が  古い順  |   新しい順

創作はほどほどに・・。 (豊後の小兵衛)
    2009-10-30 20:35:32
     世川しゃん、その日暮らしさんのような真面目な人を相手に、創作はいけんぞなもし・・・。

     それに、柄にもなく張り切りすぎると、高血圧がこうじて「そのまま」になる可能性があり、取り敢えず本になるまでは慎重に。
     その後のことはあずかり知らず。

     ついては、豊後の小兵衛は世川行介の「振付師」だそうな。バカもやすみやすみ言えと言いたいところだが、私や世川さんの言では信憑性に欠けることから、菊地さん何か書いてくんねぇかな。

     TOKYOCALLINGという掲示板が、今日、明日にも閉じられるそうだが、これも私が要因とのこと。
     それならいっそ、そこに至るまでの顛末をアーカイブしてあるので、関連する私信のすべてと、実名を含めてここで公開しようかな、という欲求に驅られている



公開予定の私信は、どっち? (タカギ俊宏)
    2009-11-02 06:55:25
    豊後の小兵衛さん。はじめて、おめにかかります。hightreeといいいます。きでんを攻撃しようとしている者です。お伺いしたいことがあります。貴殿が、実名を含めて、公開使用としているのは、「友愛の広場」の関係者げすか。そうではありませんか。公開で差支えがある奈良、メールにてお願いします。
    ないようによって、対応がことなります。現在貴殿への攻撃はストップしてます。ご回答よろしくお願いいたします。
    URLにメールアドレスをいれておきます。



タカギ氏への回答 (豊後の小兵衛)
    2009-11-02 13:26:13
    hightreeさん

     私は「友愛の広場」なるものが何処にあり、誰が関わっているか承知しない。よって関係者であるなしも不明であり、貴台に答える義務は私にはない。

     なお、「実名を含めて公開」とは愚痴であり、そのようなことをすれば、ネット規制への口実を与えるだけであり、どんな結果を生むかは貴台以上の認識を有している、とだけは申し上げておこう。

 

[主権者は私たち]の「どなんとぅ」とかいう馬鹿に
2009年10月23日 00時31分57秒 | 10 コメント回答篇
http://blog.goo.ne.jp/segawakousuke/e/979977727bb1e5d8efdf01e046bf70e1

 北上に行ったけど、
 どうも、心が落ち着かない。

 僕の最初は、やっぱり、変哲のない田舎町、奥州市水沢区だ。
 東北本線特有の「各駅停車」に乗って、水沢に帰った。

 ホテルを取り、
 中目さんに電話した。

 中目さんは、ひどくご立腹だった。

 あの阿呆たち(=「主権者の会」=現在は名前だけ変えて「主権者は私たち」)は、
 水沢の小沢一郎事務所、睦山会、東京の小沢事務所に対して、
 相当ひどいことをやったみたいだ。
「俺は、わざわざ東京から来たお前に良かれと思って話したが、
 何で、あんな目に合わされなきゃいけなかったんだ」
 中目さんは、本心から、怒っていた。


 「どなんとぅ」だったかな、

 僕は、お前の実名も、住所も、電話番号も全部知っている。
 黙っていたのは、「武士の情け」からだ。

 でも、
 これからは違うぞ。
 お前が、沖縄県石垣島で、どんな影響力も行使できないように、
 僕が、徹底的に戦って見せてやる。

 何が暴力極左集団「黒ヘル核マル派」の残党だ。
 黒カンを知らない世代しか騙せない詐欺師男。
 お前の取り巻きたちは、お前の前身を知って、お前にくっついてきたのか?

 昔ながらの小汚い手法を行使して、「ソバ」だとか、「シチズン時計」だとかいった、文章を読むの恥ずかしいような低能児しか組織できない三流オーガナイザーのくせして、粋がるんじゃないよ。
 昔の核マルは、もうちょっと、優秀な人間もいたんだよ。
 こんな馬鹿ばかりしか集められない自分を、恥ずかしく思え!

 何で、極左のお前が、今、小沢一郎応援団なんだ。
 その魂胆は、何だよ。
 世間によくわかるように、「論理的に」説明してみろ!
 ば~か。

 「どなんとぅ」

 この文章に腹が立ったら、
 僕に、向かって来い。

 お前の息の根を止めるほど、戦って見せてやる。
 いまだに55年体制を信じているお前なんぞに、平成思想を語る資格なんぞない。
 それを教えてやるから、反論して来い。

 お前が主催する「主権者は私たち」とかいう阿呆なHPにも、この文章を送る。
 ちゃんと回答しろよ。

 この間の「コメント」みたいな、阿呆丸出しの文章では、今度は許さないぞ。
 覚悟して、来い。

 それが、中目さんに対する、僕の責任だ。

 核マル派の残党を名乗って、ちゃんと向かって来い。

 断っておくが、
 「出雲蕎麦」とか「シチズン時計」とかいう愚鈍は相手にしていない。
 代わってくるなら、「下町のクッキー」
 お前が来い。

 お前ら。
 逃げるなよ。

 来い!

コメント (0) | この記事についてブログを書く | Messenger  Twitter mixiチェック | goo


 上記「2009-10-30(自称作家)世川行介のブログコメントで豊後の小兵衛が「取得私信や実名公開」と恫喝してる例」でご紹介した豊後の小兵衛の恫喝は、BBSで本をただでやる話しがもとになっています。TOKYO CALLINGのBBSではかなりの個人情報収集に成功したようですが、主権者の会BBS(現在は主権者は私たちBBS)では管理人に阻止され失敗してます。なおこれ以外でも平成海援隊などにも現れ同じようなことをしたと言う情報もありますが、僕自身は未確認です。世川ブログのコメントで豊後曰く、THE JOURNALでは「同じ作業として、およそ500名近くの方に平野書巻を無償進呈した。」との事です(←キャプチャし証拠保存、笑)。その後、『日本一新の会 事務局 大島楯臣』におさまっているのを確認してます(←豊後の小兵衛こと大島楯臣の画像もあります)。

 以下、主権者の会BBSでの書き込みを資料として採録します。豊後の小兵衛の書き込みと、続いて管理人さんの書き込みです。

No.412
平野氏の著作は、膨大なメモが素材です。
豊後の小兵衛(2009-06-19 17:41:06)

下町のクッキーさん

割り込みで、済みません。

平野貞夫氏の著作は、膨大で克明に分類され、しかもその時々の
関係者はすべて実名で綴られた、氏自身の所有であるメモを元に
記述されていますから、バイアスは掛かっていないと私たち仲間
は理解しています。
ただ、土井・村山の固有名詞があったかは確認してはいませんが。

ですから、多種の論説を出版していますが、それぞれの記述に、
矛盾を探すのは至難です。

少し古い出版ですが、自由党の挑戦(プレジデント社)、小沢一
郎との二十年(同)、日本人と憲法と自由党(同)が、まだ数百
冊私の手元にありますので、ご希望の方には書籍代無料、送料着
払いで進呈しますので、hanatuki8288@yahoo.co.jpまでお知らせ
いただけば数日中にお届けします。
すでに、約五百冊セットを配布しましたが、読んで頂いた方から
多くに返信があり、その多くが「ちっとも古さを感じない」との
コメントを頂いています。
宜しければお役立て下さい。       豊後の小兵衛

 

No.484
【注意】投稿されるにあたって〜個人情報の扱いは慎重に
管理人(2009-06-26 07:19:35)

「主権者の会」として提供する場において、個人を特定できる情報の収集につながる行為は認められません。,

突然失礼しました。
先刻、「書籍を無償提供する」との趣旨で呼びかけ人のメールアドレスを本文中に記載し、
「郵便番号・住所・氏名・電話番号」を求める内容の投稿があり、
扱いを保留(削除)のうえで「主権者の会」メンバー間で検討して参りました。
結論として、私たちは政治的な行動を呼びかけることを目的の一つとしており、
個人情報の収集につながるような行為は「場の提供」を含めて十分に検討を要するとの結論に達しました。
先の投稿者の方にもメールにてその内容をお伝えしました。

例えば自分のホームページなり、掲載が認められている他サイトへのリンクを貼り、そちらへのアクセスを呼びかけるような形でしたら、メンバーの誰かが確認し、OKであれば可能と言うことになると思います。

いずれにしましても通常の議論に結びつく投稿に関しては
極力皆様の自由な発言を保証したいと思います。

参加者の皆様のご理解をお願い申し上げます。

 

 以下、TOKYO CALLINGでの豊後の小兵衛の書き込みです。これ以外の所で豊後の小兵衛の削除がたくさんあります。

No.1581 再々告示(平野書籍無償頒布のご案内)

投稿者---豊後の小兵衛(2009/06/08 10:33:04)

   
私の手元に、

1、小沢一郎との二十年  平野貞夫著    1996年刊 プレジデント社
2、自由党の挑戦             〃     1998年刊    〃
3、日本人と憲法と自由党 平野・樋高共著  2000年刊    〃

以上、新品本数百冊を、物置から大量発掘しました。

かなり前の出版ですから小さな事象は現在と合わない記述もありますが、
小沢一郎が、そしてその周辺にいた人たちが何を考え、どう行動してき
たか、いまと比較することでよく見えます。

そこで、上の3冊を無償でお送りします。但し「送料着払」(佐川急便)ですから、 

  hanatuki8288@yahoo.co.jp

まで、郵便番号、住所、氏名、電話番号(携帯可)を連絡いただけば、数日中
に発送します。
   ☆☆☆☆4、日本改造計画は在庫が払底いたしました。☆☆☆☆


                           豊後の小兵衛

☆上記の書籍代は無償ですが、読んでみて、なにがしかでもお役に立った
 と思われた方は、書籍代のほんの一部を事務局にカンパして頂くと、発掘
 の労苦が報われます。

 

No.1583 Re:再々告示(平野書籍無償頒布のご案内)

投稿者---ゆりあな(管理人)(2009/06/08 10:46:10)
http://junbishitu.blog46.fc2.com/

   
豊後の小兵衛様

重ねて、お気遣いへの御礼を申し上げます。

カンパと言われても、窓口がわからなければしようがないと思いましたので、
郵便振替の口座を記させていただきます。

郵便振替口座
TOKYO CALLING
読み方
トウキョウコーリング

口座番号
00140−6−773647

郵便振替用紙に必要事項を記入し、
郵便局窓口に提出して下さい。
手数料は三万円未満120円です。

他行からの場合は

店名019
預金種目 当座
口座番号 0773647
TOKYO CALLING

を指定していただけますよう、お願い申し上げます。

 

豊後の小兵衛自身が削除。

 

No.1598 Re:再々告示(平野書籍無償頒布のご案内)

投稿者---ゆりあな(管理人)(2009/06/08 23:58:08)
http://junbishitu.web.fc2.com/i/tc_index.html

   
>上記、窓口扱いが120円、ATMでは80円となります。

豊後の小兵衛様、補足をありがとうございました。

 

 スレの親記事である豊後の小兵衛の書き込みが消され、その後のゆりあなさんの書き込みです。(この方は心労でその後療養?されたようです)ゆりあなさんが自動引用符付き豊後の元記事を消さなかった事は賢明でした。

No.1355 Re:書籍無用頒布のご案内

投稿者---ゆりあな(管理人)(2009/05/19 00:45:16)
http://junbishitu.web.fc2.com/i/tc_index.html

   
豊後の小兵衛様、お申し出をありがとうございます。

良い機会ですので、欲しい方は豊後の小兵衛様にご連絡下さい。


> 私の手元に、>
>1、小沢一郎との二十年  平野貞夫著 1996年刊 プレジデント社
>2、自由党の挑戦         〃    1998年刊     〃
>3、日本人と憲法と自由党    〃    2000年刊     〃

> 以上、新品本数百冊と(約半分はゴミで棄てました)、
>
>4、日本改造計画   小沢一郎著 1994年刊 講談社(中古本数冊)
>
> があります。かなり前の出版ですから小さな事象は現在と合わない
>記述もありますが、小沢一郎が、そしてその周辺にいた人たちが何を
>考え、どう行動してきたか、いまと比較することでよく見えます。
>
> そこで、上の4冊を無償でお譲りします。
>
> 但し、「送料着払」(佐川急便)ですから、hanatuki8288@yahoo.co.jpまで、
>
>郵便番号:
>住   所:
>氏   名:
>電話番号:                         (携帯可)
>
>             を連絡いただけば、数日中に発送します。
>                          豊後の小兵衛

 

 以下は豊後の小兵衛が「拝啓、小沢一郎様」を500円で頒布する話しを提案したことがうかがえる書き込みです。

No.1493 Re:「拝啓、小沢一郎様」の出版化、その後…

投稿者---まりあ(2009/05/31 15:13:09)

   
ありがとうございます。

もう、時期はずれの書簡集なのに、こんなふうな感想をいただいて、とてもうれしい。

いま、豊後の小兵衛様が、小部数で実費のみで出版してくださるというお話がすすんでいます。たぶん、500円くらいに抑えて。ワンコインで民主主義を護る。これ、いいフレーズですよね。

書簡集執筆者のみに販売するのか、その場合一人あたり何冊か、
それとも欲しい方には、誰でも、なのか、
いろいろ、細かい詰めがまだできていません。

詰めができましたら、またお知らせいたします。

始めに戻る


 この豊後の小兵衛、書法研究會とかで「言わずもがな」ってブログやってます。スタートが8・30選挙に合わせ俄仕立てのような7月9日、現時点で一日5アクセスくらいです(笑)。まるでなにかの道具立てのような、。ふと、映画Stingに出てくる私設馬券売り場が頭に浮かんでしまった(笑)

20091124 ←このエントリーをアップしたら豊後の小兵衛がカウンターを外しました(笑)検索フォームの下のカウンターって所にFC2カウンタがありました。(2009年11月24日(火)5PM頃気がつきました、スクロールして見たい場合はこちら

20091124_2 ←なんだ、豊後の小兵衛って肝っ玉の小さい小物か(笑)上の画像をアップしてTwitterでそれを呟いたらまたカウンタ表示してやんの(笑)なんだ、なんだ、Twitterの28SOBAをウォッチしてるのかよ(笑)(2009年11月24日(火)7:45PM頃気がつきました、スクロールして見たい場合はこちら

豊後によれば平野貞夫氏について――氏はFAXの宛先に「豊後の小兵衛こと、大島楯臣殿」と明記し、自分のことは「土佐脱藩浪人・平野貞夫」と書いてよこす。――との事だが、こんな小物と付き合ってるようじゃ平野氏も価値を落とすなぁ。←ただし、本当に平野氏と交流があるのか調べるのも面白いかも知れません。(笑)


 以下、Twitterしたのをメモ代わりに文章整理し採録。上が新しく下へ行くほど古いです。

 

28SOBA 世川が盛んにネット投稿者をけなします。解くカギはやはり書簡集だと思う。だって、プロの物書きを自称している売文屋より、素人の書簡集の熱き思いの方が感動を与えてしまっては、プロを自称する物書きの立つ瀬が無いじゃないですか。矢張りこりゃ何が何でも書簡集はWebで広め歴史に残さにゃいかん 5:28 AM Nov 4th webで

 

28SOBA @loveofmaria 可能性としては、確かに仰るように、都合のいい使えるところだけつまみ食いしたい。なぜなら売文屋世川の作り話しみたいのより書簡集の方がリアリティがあります。感動の度合いも違う。次の可能性は前にも書いたように書簡集自体を抹殺し、感動の専売特許をしたかった。 5:21 AM Nov 4th webで loveofmaria宛

 

28SOBA スパムを商売にしている連中がブログをでっち上げるけれど、豊後の7月9日にスタート、約四ヶ月間で18エントリーって、あの熱い選挙の季節8・30を挟んだ日々から考えると信じられないような少なさ。でっち上げ道具立てブログ臭い。まるでニューマンのスティングに出てくる詐欺馬券売り場みたいだ 4:51 AM Nov 4th webで

 

28SOBA @miyakowasure 主権在民の>豊後の小兵衛こと、大島楯臣氏が過激派暴力集団が支配する主権者の会に残っておられるHISUIさんら女性陣の安否をとても気遣って←この風味って、ネットウヨあるいは公安警察風味じゃないの。なんか凄くピントずれてる。 4:41 AM Nov 4th webで

 

28SOBA The jounalでの「拝啓、小沢一郎様」の紹介は五月八日です(※)。>すごくおいしそうな匂い←これはかなりありそう。豊後7月9日にブログスタート、激励書簡集について、ゆりあな (管理人)さんの出版遅延のお詫びとお知らせが7月25日。信用させる道具立てのブログとしてはさもありなんのタイミング(笑)。 3:33 AM Nov 4th webで

(※)ネットから生まれた小沢への激励の手紙76通が書簡集に
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/05/76.html

 

28SOBA 豊後の小兵衛(=大島楯臣)て言うのも知ったので、大楯だけでなく大島でも拝啓、小沢一郎様pdfで検索してみました。やはりゼロ。要するに豊後の小兵衛は寄稿について何も関わっていないってこと。これ結構大事なポイント、何度でも言う必要があります。豊後もシツコイ俺についに睨まれたか(笑)。 2:26 AM Nov 4th webで

 

28SOBA @loveofmaria @johawoodcraft 一体全体、豊後の幸兵衛(ネット公表、大楯)はいつ頃から「拝啓、小沢一郎様」に関わったんですか。僕はてっきり寄稿もしていると思い込んでいて、調べてビックラこきましたよ。何なのこれって(笑)。 1:19 AM Nov 4th webで loveofmaria宛

 

28SOBA 拝啓、小沢一郎様pdfを調べてビックリ。(敬称略)まりあで調べると4個、ゆりあなで1個、どなんとぅで4個とか出てくるけれど、豊後の小兵衛、取りあえず豊後で調べてもゼロ、ではネットで公表してる大楯で出るかと思って検索したらやはりゼロ。何だよこれ。ただのネッロゴロですか豊後の小兵衛は 12:41 AM Nov 4th webで

 

28SOBA 世川のところでの豊後の小兵衛などのやり取りを見ていると実に興味深い。徹頭徹尾「拝啓、小沢一郎様」書簡集を闇に葬りたい意図が露骨に出てきてます(笑)。ところで豊後は書簡集に手紙を寄稿したんだろうね。 12:33 AM Nov 4th webで

 

28SOBA 売れない売文屋のいわば作り話のような読み物より、はるかに「拝啓、小沢一郎様」の方がリアリティがある。要するにあの2009・3・3以降の盛り上がりは大勢の人に目撃されているし何人といえどもあの記憶を消す事などできない。それを象徴的な形として現したものがあの書簡集と言う事だ。 2:46 AM Nov 3rd webで

 

28SOBA 俺の読みが当たった気がする。世川小沢本関連で「拝啓、小沢一郎様」が邪魔になったのだろう、小沢に関しては世川本で感動の専売特許、一手販売をしたいと言う事だ。ふざけるな。そんな事などゆるすものか。阿修羅への小道がある限り(笑)。http://bit.ly/j9nav    2:36 AM Nov 3rd   webで 

 

28SOBA 世川ブログでの豊後コメント

TOKYOCALLINGという共同体の共有財産と理解してきた。それが無縁の個所で公開されるとは、もしかしたら「私物化」されてるのではと危惧している。

↑これには大笑いした。「廃棄すべき」とかほざいていたオマエの方が私物化だろう。それとも阿修羅を敵に回してみるか(笑    2:10 AM Nov 3rd   webで 

 

28SOBA @ramunenobin 世川ブログでの豊後コメント

私の町には「隣が蔵を建てると、おれは腹が立つ」という「言い伝え」がある。「私は貧乏ですが、幸せです」とほざく御仁を笑わずして世間は渡れない。

SOBA感想:思慮深き人なら貧乏の所を赤貧と読み替えて読み嘲笑などしないんじゃないかい(笑)    12:35 PM Nov 1st   webで  ramunenobin宛

 

highestree 書簡集は2つある。マリア本とゆりあな本。ゆりあな本は、豊後が持ってる。ご印に出版しようとすれば、できる。発行すれば、早く発行いたほうが勝ち。投稿者は訴えたりしない。TCに対し許可してる。著作権なんて問題なし。売りきれば、その時点でかち。マリアが、訴えたとしても、証明はむずかしい。 5:38 AM Nov 1st webで

始めに戻る


自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を

 

 2005・9・11郵政選挙からの臥薪嘗胆の日々、あの頃の気持ちを忘れず頑張ることが出来ました! 

 政権交代確定後、31日午後に制作した新しい2種類のバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End」版

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBSの諸君、りんごちゃん、リンクをはる時のやり方(タグの書き方)はこれです。

 例として、主権者は私たちBBSでアヴォンリーさんが書いていた、ジョンレノンの下記の歌でご説明します。なお、音が良くなる「&fmt=18」を後ろに追加してます。

Happy Xmas (War Is Over) - John Lennon
http://www.youtube.com/watch?v=dBfEGETyGjs&fmt=18

 下記のタグをコピペして使って下さい。

<a href="URL" target="_blank">URLまたは曲名など</a>

 ↑上のタグは、そのまま書くと下の様な表示になりタグ部分が見えなくなるので、特殊な表記を使いわざと表示する様にしました。上記中「" target="_blank">」部分は別窓で開きますよのタグです。

URL、または曲名など

 

 最初にご紹介したジョンレノンの歌を例にすると下記の様になります。赤字部分をどうするかで下記のような違いになります。

 ハイパーリンクをURLで表示させた場合。

Happy Xmas (War Is Over) - John Lennon
http://www.youtube.com/watch?v=dBfEGETyGjs&fmt=18

 ハイパーリンクを曲名で表示させた場合。

Happy Xmas (War Is Over) - John Lennon
ハッピークリスマス (戦争は終わった)

 

※なお画像を表示してさらにその画像にリンクをはるやり方です。下記の画像表示タグを上記のリンクタグで包み込みます。赤字部分の所をURL等にする代わりに下記の画像タグにするのです。

<img src="画像のURL" alt="画像に関する説明など、なくても可">

 altの所は例えばエディタにコピペしたりするとテキスト表示されるところです。ココログの編集画面などだとテキストでなくそのまま画像で表示さ れます。画像が表示出来ない様なアプリの場合の説明用テキスト部分です。視覚障害者が読み上げソフトを使っている様な場合にも役立つようです。

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を

 

 2005・9・11郵政選挙からの臥薪嘗胆の日々、あの頃の気持ちを忘れず頑張ることが出来ました! 

 政権交代確定後、31日午後に制作した新しい2種類のバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End」版

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

刮目して読みました。元共同通信社記者、田中宇さんの 日本の官僚支配と沖縄米軍【必読です】&事業仕分け関連のメモ。

 最初に事業仕分け関連のメモ。

行政刷新会議ワーキンググループライブ中継サイト
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/live.html

第一会場(担当府省:総務省、財務省、国土交通省、環境省等)ライブ中継

第二会場(担当府省:外務省、厚生労働省、経済産業省等)ライブ中継

第三会場(担当府省:文部科学省、農林水産省、防衛省等)ライブ中継

 上記で見えない場合。

第一会場(担当府省:総務省、財務省、国土交通省、環境省等)ライブ中継

第二会場(担当府省:外務省、厚生労働省、経済産業省等)ライブ中継

第三会場(担当府省:文部科学省、農林水産省、防衛省等)ライブ中継 

※Twitter関連で、次号仕分けのタグ、 #shiwake1 #shiwake2 #shiwake3

参考:「.wvx 」や「.asx 」の見やすい、また確実に見るやり方。(特にMacの場合はWMP単独アプリがお勧め。) 

 

 もう一つの表題関連です。以下の田中宇さんの記事を読むといわゆる「思いやり予算」をぜひとも事業仕分けの遡上に載せて頂きたいと思います

※と、書いた3時間半後、NHKで明日からの事業仕分けで米軍への「思いやり予算」についてやるそうです。で早速呟きましたよTwitter。

28SOBA お おっ、オイラが2時間前呟いたTwitterがいよいよ>米軍へのいわゆる「思いやり予算」についてもじっくり事業仕分けして欲しいです。 http://bit.ly/4wMYsF ⇒さっきNHKニュースで「明日以降これから米軍への思いやり予算の事業仕分け」やると、まあ、偶然だろうけど。

刮目して読みました。元共同通信社記者、田中宇さんの 『日本の官僚支配と沖縄米軍』【必読です】。後で『沖縄から覚醒する日本』も追加。

 最後の部分だけご紹介。その前の(略)の部分が非常に重要。リンク先で絶対に必読。

日本の官僚支配と沖縄米軍
2009年11月15日  田中 宇
http://tanakanews.com/091115okinawa.htm

(略)

▼官僚支配を終わらせる日米関係の改定

 8月末の総選挙で、日本の政権が自民党から民主党に代わった。民主党政権は、鳩山首相がオバマ大統領の来日に際して何度も「日米同盟は日本にとって最重 要」と繰り返し、黒幕の小沢一郎は、元大蔵省次官の斎藤次郎を日本郵政の社長に据え、財務省人脈を重用している。これらのことからは、民主党政権も自民党 と同様に、対米従属と官僚支配の構図を変えるつもりがないかのように見える。

 しかし、これらはおそらく上っ面の化粧である。鳩山が「日米同盟重視」をことさら繰り返すのは、対米従属プロパガンダ機構と化しているマスコミからの攻 撃を抑えるためだろう。小沢が財務省人脈を重用するのは、官僚機構の資金関係の諸権限を財務省に集中させ、小沢自身が財務省上層部を握ることで、小沢がか ねてからやりたかったことをやるための布石だろう。

 小沢は何をしたいのか。私が見るところでは、恩師だった田中角栄を殺した官僚支配に対する仇討ちとしての、官僚機構からの権力剥奪である。個人的な恨みもあるだろうが、そ れよりも、官僚機構が田中角栄を殺して自民党を恫喝し、対米従属戦略を通じた官僚支配を確立した構造を解体し、日本を官僚主導から政治主導に戻そうとして いるのだと考えられる。官僚は選挙で選ばれていないが、政治家は選挙で選ばれるので、官僚支配を破壊して日本を政治主導に戻すことは、日本の民主主義を取 り戻すことでもある

 鳩山政権が掲げているのは「対等な日米関係」「(日中を主軸とする)東アジア共同体」「普天間基地問題は沖縄県民の意志を尊重して決める(すでに県民の 総意は県外国外移転で固まっている)」「日米地位協定も見直す」「日本への米軍の核兵器持ち込みについて調査して発表する」「官僚支配を終わらせる」など だ。これら全体を見ると、鳩山政権は対米従属(日本が米国より弱い立場にある日米関係)をやめようとしている観が強い。対米従属の象徴は、不平等な地位協 定を含む日米安保条約である。鳩山は、日米安保体制を壊そうとしているという指摘が、すでに米国側から出ている。(A good time to remember the ANZUS alliance's fate)

 日本が対米従属をやめて、日米安保体制も事実上破棄すると、米国の威を借りて日本を支配していた官僚機構の権力が失われてしまう。だから、外務省などは プロパガンダ機能を全開し、マスコミは「オバマは素晴らしいが鳩山はダメだ」といった論調を展開し、鳩山政権を引きずり下ろそうとしている。

 これに対する鳩山政権の対抗策は「基地は要らない」とはっきり言い始めた沖縄県民の盛り上がりが本土に飛び火するのを待つことだ。だから鳩山は「普天間問題の解決には時間がかかる」と言いつつ、のらりくらりしている。これは、単なる私の推測ではない。東京の民主党本部が、沖縄県民に立ち上がってほしいと思っているというメッセージが沖縄の側に伝えられてきたという話を、私は今回の沖縄で聞いた。(沖縄から覚醒する日本

 普天間問題が解決しないまま時間がたつほど、この問題は「沖縄の問 題」から「日本の問題」へと発展し、本土を巻き込んだ議論になる。マスコミも官僚の傀儡から脱しうる。マスコミは、時間稼ぎをする鳩山を非難しているが、 これはマスコミが官僚傘下にあることを示す好例だ。本来は「良い機会だからじっくり在日米軍のことを議論しよう」という論調がマスコミに広がっても不思議 ではないが、そんなことにならないのは、マスコミがプロパガンダマシンと化しているからだ。のらりくらりと揺れる鳩山政権は支持率が下がるだろうが、自民党はひどく壊滅してしばらく復活しそうもないので、支持率が下がっても政権の再交代にはならない。

 鳩山政権の思惑どおり、普天間の移設問題の議論はまだまだ続くだろう。そのうちに、日米関係そのものが再検討されていくことになりうる。米オバマ政権は 隠れ多極主義なので、日本の自立とアジア協調策を歓迎している。日本が不平等な日米同盟を解消できれば、従来より対等な日米の協調関係が結べるだろう(縛 りのある「同盟」にはならない)。来年にかけてドルの崩壊感が強まりそうなので、政治と経済の両面で、日本の国家戦略が問い直されていきそうだ。日本の国 内情勢を分析することが、国際情勢分析の大事な一つの柱になってきた。

 

沖縄から覚醒する日本
2009年11月4日  田中 宇
http://tanakanews.com/091104okinawa.htm

(略)

▼民主党沖縄ビジョンのラディカルさ

 実は、沖縄の覚醒を誘発してきたのは、米国の勢力だけではない。日本の民主党自身、以前から沖縄を覚醒にいざなってきた。その象徴は、民 主党がこれまでに4回改定してきた「沖縄ビジョン」である。最も新しい沖縄ビジョンは2008年のものだが、これは鳩山(当時は幹事長)自らが「政権を とったらすぐに使えように改定した」と言っているように、過激だった2005年の沖縄ビジョンの言葉を曖昧にしたものである。 (民主党・沖縄ビジョン(2008)) (民主が沖縄新ビジョン 2008年8月12日) (民主党沖縄ビジョン【改訂】2005年8月

 2005年の民主党沖縄ビジョンの行間から湧き出てくる方向性は「沖縄独立」である。05年の沖縄ビジョンでは、まず琉球王国、島津侵 入、琉球処分、という沖縄の歴史を紹介している。(以下、私なりの説明)沖縄では明代初期の1372年に琉球王国が建国されたが、王国は最初から中国の冊 封国(属国)で、明の海外貿易の一部を代行して経済利得を得るために沖縄は統一王国になった。江戸幕府ができた直後の1609年に鹿児島藩(島津)が攻め てきて征服され、琉球は中国と鹿児島藩(日本)の両方の属国になる「両属」の状態となった。明治維新後の1879年、日本はアジア進出の第一歩として、琉 球の両属状態を拒否し、琉球王国を廃止して沖縄県を置き、完全に日本の国内化する「琉球処分」を行った。 (沖縄の歴史から考える

 05年版民主党沖縄ビジョンは、こうした沖縄の歴史を簡単に綴った後、沖縄は中国などアジアとの深いつながりを利用した日本の先端モデル 地域になれると書いている。そして、その具体策のキーワードとして「自立・独立」「一国二制度」「東アジア」「歴史」「自然」を掲げる。「独立という言葉 を使ったのは、日本からの独立という意味ではない」と書いているが、私には「沖縄は経済面で日中両属(一国二制度)に戻り、琉球処分以前のように、日本本 土とは異なる手法で、中国や東南アジア諸国との経済関係を築いて発展せよ。そうすれば、米軍が去った後の経済損失を埋めて余りある」と読める。沖縄の歴史 を知る人は、私と同じことを感じると思う。だから、この沖縄ビジョンは右翼から「民主党は沖縄を中国に売り渡そうとしている」と批判された。

 最近まで、日本人が沖縄人に「両属」に戻ることをそそのかすのは、沖縄人にとって「いえいえ、何をご冗談をおっしゃっているのですか」 と答えねばならない危険な「踏み絵」だった。私自身、沖縄の老知識人に独立心について尋ねて「本土の人はすぐ煽る」とたしなめられたことがある。だが、言 語的に見ると、日本語には「やまと語」と「沖縄語」の2種類があるといわれている。沖縄語は「方言」ではなく、本土の言葉とは別の沖縄語だということだ。 沖縄はもともと、日本(やまと)とは別の存在なのだ。沖縄とやまとを合わせたのが日本だとも言える。

 だから沖縄人の心の奥底には「独立」もしくは「自立」「自治」の意識がある。それをやまと人に見透かされないよう、戦後だいぶ経つまで 「独立なんてめっそうもない。本気で日本に同化していますよ。心の底から日本人ですよ」と答えてきた。だが今後は、世界は多極型になり、各地で地域諸国の 統合が進み、アジアでも「東アジア共同体」でEU型の国家統合が試みられるだろう。そうなると、沖縄の伝統たる「両属」的なあり方は、沖縄にとっても日本 にとっても役に立つものになる。経済的な利益につながる。沖縄には、歴史を忘れている人も多いだろう。だからこそ、民主党は沖縄の有識者17人を集めて 「琉球処分の取り消し」「両属への戻り」的な「沖縄ビジョン」を打ち出し、隠然と沖縄の人々の心を自立にいざなおうとしたのだと思える。

▼沖縄から日本を覚醒させて官僚支配を崩す

 この民主党の沖縄ビジョンの心理作戦と、ゲーツ国防長官ら米国の辺野古をめぐる敵視扇動策は、沖縄に対する「日米協調の隠れ多極化戦略」 ではないかとすら思える。ゲーツは「辺野古移転じゃなきゃダメだ」と言うが、鳩山は「沖縄県民の意志を尊重する」と、宇宙人のようにとぼけて言い続けてい る。岡田外相はピエロの役回りをさせられ、日米関係を何とか悪化させないようにしようと焦り、嘉手納統合案を出して沖縄の人々を怒らせる。黒幕の小沢一郎 の人事配置はなかなか絶妙だ。沖縄県民の意志は扇動されて「県外移転」に一本化されそうだ。

 岩国、横須賀など、沖縄県外の他の米軍基地の回りでも、沖縄と連携した反基地運動が盛んになっている。日本航空に捨てられた地方空港の 地域の人々が米軍に来てほしいと思うこともないだろうから、県外移転はほぼ無理だ。米軍は今後、さんざん日本人の反米感情を煽った末に、最後は怒って日本 から撤退をする。米政府は、そのつもりだろう。そのころには、北朝鮮6カ国協議も進展して「北東アジア集団安保体制」に衣替えする流れになるだろうから、 日本の防衛には問題はない。

 民主党の沖縄ビジョンでは、沖縄の自立を「地域主権のパイロット・ケース」と位置づけている。地方分権は自民党も小泉政権の時からやっ ているが、地方分権の究極的な意味は「霞ヶ関官僚制度の大幅縮小」である。対米従属下の高度成長期の日本は、官僚制度が自民党というみこしを担いで日本を 動かしてきたが、日本はもう低成長で、しかも多極化で対米従属も維持不能になる。日本の中枢たる官僚制度は大幅な改革が必要だが、官僚は権限を保持しよう と謀略し、自民党政権下の地方分権は腑抜けにされていた。上からの地方分権ではなく、下から住民が革命的に権力を霞ヶ関から奪うような展開にならないと、 地方分権は進まない。

 しかし、日本の住民は政治に対してすっかりあきらめている。下からの力は、ほとんど存在しない。そんな中で民主党の沖縄ビジョンが「沖 縄を地域主権のパイロット・ケースにする」と言っているのは、ゲーツやブレジンスキーの「協力」も得て民主党が煽った沖縄の人々の「住民自治の精神」が、 いずれ本土にも感染し、日本の各地で下から地域主権を求める動きが起きることを期待しているのだと読み取れる。うまくいけば、日本は沖縄を皮切りに覚醒し ていき、国連中心の多極化した世界の中で、指導力を発揮する国の一つとなりうる。民主党のいくつかの政策を勘案すると、それが民主党の国家戦略である。ブ レジンスキーのオバマ政権も、日本の覚醒を待っているはずだ。

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、心を一つにし断固闘う

 

 2005・9・11郵政選挙からの臥薪嘗胆の日々、あの頃の気持ちを忘れず頑張ることが出来ました! 

 政権交代確定後、31日午後に制作した新しい2種類のバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End」版

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

2009年11月14日(土)、バラク・オバマ米国大統領の演説@サントリーホール(日本語版、英語版全文)

 まず、オバマ米国大統領の演説を読む前に参考として自公政治負の遺産の基礎知識など。ただただ米国のケツなめをしてきた恥知らずぶりを忘れない様にしましょう。

↓こんな絶句する日々もありました。小泉と一緒に、国の富を米国に差し出そうとした売国奴、買弁屋、植草さんとの対決を避け、逃げ回っているお方。(mubou ブログさんで知りました。)

竹中平蔵「民営化した郵政はアメリカに出資せよ!」と2008年4月に言ってた件。(2009年01月29日)
http://www.youtube.com/watch?v=Wz6-Q3P9pBE

 

※参考:竹中平蔵の政治家としての履歴。(Wikipediaより)
2001年、第1次小泉内閣において、民間人閣僚として経済財政政策担当大臣、
2002年、第1次小泉内閣第1次改造内閣においても経済財政政策担当大臣に留任し、金融担当大臣も兼任する。
2003年、第1次小泉内閣第2次改造内閣においても留任、内閣府特命担当大臣として金融、経済財政政策を担当。
2004年7月、第20回参議院議員通常選挙に自民党比例代表で立候補し70万票を獲得しトップ当選(史上唯一人の現職民間人閣僚たる新人参院候補)。
同年9月、第2次小泉改造内閣において、参議院議員として内閣府特命担当大臣(経済財政政策)・郵政民営化担当に就任。
小泉内閣の経済閣僚として、日本経済の「聖域なき構造改革」の断行を標榜する。
2005年9月、 第3次小泉内閣においても役職はそのまま留任。
同年10月、第3次小泉改造内閣においては総務大臣兼郵政民営化担当大臣に就任。NHK民営化にも乗り出したが、首相の小泉純一郎が民営化に否定的な見解を示した為、頓挫する。
2006年9月15日、任期を4年近く残し政界引退を表明。同年9月28日、参議院本会議で辞職許可(これに伴い神取忍が比例繰上当選)。
同年11月1日、自民党党紀委員会において9月29日に提出していた離党届が了承された。さらに同日、慶應義塾大学に復帰することが明らかにされた。

竹中が閣僚として参加中、「日本の一人当りGDP(為替レート, 購買力平価(PPP)ベース)」の推移を見てみると、就任前の 2000年には世界3位であったが、5位(2001年)、7位(2002年)、10位(2003年)、11位(2004年)、14位(2005年)、18 位(2006年)となっている。


ホワイトハウス
報道官室

即時発表 2009年11月14日

バラク・オバマ大統領の演説
http://www.whitehouse.gov/files/documents/2009/november/president-obama-remarks-suntory-hall-japanese.pdf

サントリーホール
東京、日本

日本標準時 午前10時12分

 オバマ大統領:大変ありがとう。ありがとう。本当にありがとう。(拍手) おはようございます。米国大統領としての初のアジア歴訪に際して、最初に東京 を訪れることは大変な光栄です。(拍手) ありがとう。長年の友人であり米国 の新駐日大使であるジョン・ルースをはじめ、日米両国の絆を強化するため毎日 働いている多くの皆さん‐日本国民と数人アメリカ人がここにいるようですが‐皆さんとご一緒できることはいいことです。(拍手)

 日本を再訪するのは素晴らしいことです。ご存知の方もあるかと思いますが、少年時代に母に連れられて鎌倉を訪れました。そこでは何世紀にもわたっ て平和と安寧の象徴になってきた青銅製の大仏像を見上げたものです。そして子供だった私は、抹茶アイスクリームの方にもっと関心がありました。(笑い)そ して、私は昨夜の晩餐会の際に子供の頃の思い出を分かち合うべくアイスクリームを出してくださった鳩山首相にお礼を申し上げます。(笑いと拍手)ありがと うございます。しかし私は、故郷を遠く離れ訪ねてきたアメリカ人の少年に日本の人々が示してくれた暖かさともてなしを忘れたことはありません。

 そして、私は今回の訪問でも同じスピリットを感じています。鳩山首相の優雅な歓迎の中に、天皇陛下ご即位20周年を迎えられた天皇・皇后両陛下に お会いする非常な栄誉の中に、日本国民により示された暖かいもてなしの中にそれを感じます。そしてもちろん、小浜市民の皆さんに私のご挨拶と感謝の言葉を 伝えることなくしては、ここに来ることはできませんでした。(拍手)

 さて、今回の歴訪を日本から始めるのは、単純な理由からです。私は就任以来、相互利益と相互尊重に基づいて、アメリカのリーダーシップを取り戻 し、世界への新しい取り組みの時代を追求するために努力してきました。そして、アジア太平洋における私達の努力は、米国と日本の永続的かつ再活性化された 同盟関係に大いに根ざしたものになるでしょう。

 就任当初から、私達は日米両国の絆を強化するために努力してきました。私がホワイトハウスで最初にお迎えした外国指導者は日本の首相でしたし、こ の50年間で初めてのことですがアメリカの国務長官、ヒラリー・クリントンの最初の外国訪問はアジア歴訪であり、それも日本から開始されました。(拍手)

 日米同盟は2ヶ月後には50周年を画することになり、50年前のその日、ドワイト・アイゼンハワー大統領は日本の首相の隣に立って、日米両国は「平等と相互理解」に基づく「不滅のパートナーシップ」を構築してゆくと述べました。

 それ以来半世紀にわたり、この同盟関係は日米の安全保障と繁栄のための基盤として持続されてきました。この関係は、日米が世界の二大経済大国にな るのを助け、日本は北米外での米国の2番目に大きな貿易相手国として台頭するようになりました。日本が世界的舞台でより大きな役割を果たすようになるにつ れ、同盟は進化し、世界の安定に重要な貢献をしてきました。具体的には、イラク復興からアフリカの角の沖合いでの海賊行為との戦い、アフガニスタンおよび パキスタンの国民への支援にまで及んでおり、最近では、それは卓越したリーダーシップを通して同地域での国際開発努力への追加コミットメントを提供すると いったことです。

 日米同盟が持続してきたのは、何よりもそれが両国の共通の価値観を反映したものであったからです。その価値観とは、自由な人々が自分達の指導者を 選び、自分達の夢を実現する民主的権利への信念、鳩山首相と私自身が変化の公約に基づいて選挙されることを可能にした信念です。私達は共に、日米両国民と 日米同盟のための新しい世代のリーダーシップを提供することに取り組む決意です。

 だからこそ、私達2人は、歴史のこの重要な瞬間にあって、日米同盟を再確認しただけでなく、それを深めることで合意しました。沖縄駐留米軍の再編 に関して両国政府が達成した合意を実施するために、共同作業グループを通して迅速に進めてゆくことで合意しました。そして日米同盟が進化し、未来に向けて 適応するにつれ、アイゼンハワー大統領がずっと前に描いた精神、すなわち平等と相互尊重のパートナーシップを守るべく常に努力するでしょう。(拍手)

 しかし、私達の当地域へのコミットメントは日本で始まりますが、ここで終わるものではありません。アメリカ合衆国は大西洋岸のいくつかの港湾と都 市から始まったかもしれませんが、何世代にもわたって太平洋国家でもあり続けてきました。アジアと米国はこの大洋により隔てられているのではなく、結び付 けられています。私達はその過去により、アメリカを打建てるのを助けたアジア系移民により、また当地域の安全と自由を守るために奉仕し犠牲になった何世代 にもわたるアメリカ兵により、結び付けられています。私達は共有された繁栄により、何百万もの雇用と家族がそれに依存する貿易と商業により、結び付けられ ています。そして私達は、両国の国民により、アメリカの生活の全ての部分を豊かにしているアジア系アメリカ人により、日米両国のように、その人生が互いに 織り合わされた全ての人々により、結び付けられています。

 私自身の人生はその物語の一部です。私はハワイで生まれ、インドネシアで少年時代を過ごしたアメリカの大統領です。私の妹のマヤはジャカルタで生 まれ、後に中国系カナダ人と結婚しました。私の母は、東南アジアの村落で働き、女性達がミシンを購入するのを助け、世界経済への足掛かりを与える教育を得 るのを助けて、ほぼ10年間を過ごしました。ですから、環太平洋地域が私の世界観形成を助けました。

 そして、それ以来、同地域ほど急速にあるいは劇的に変化してきた地域はおそらくないでしょう。統制経済は開放された市場へと移行しました。独裁国 家は民主主義国家になりました。貧困が激減する半面、生活水準が向上しました。そしてmこれらの全ての変化を通じて、アメリカとアジア太平洋の運命は、こ れまでになく緊密に連結されてきました。

 ですから、私は、私達の利害関係がこの地域の将来に大きく関わっていることを全ての人に知ってほしいし、アメリカの全ての人に知って欲しいと思い ます。なぜなら、ここで起こることは米国での私達の生活に直接影響するからです。私達はここで、商業のかなりの部分を営み、商品の多くを購入しています。 そして、ここに米国製品をより多く輸出し、その過程で米国で雇用を創出することができます。まさしくここで、核兵器競争のリスクが世界全体の安全保障を脅 かしており、偉大な宗教を冒涜する過激主義者は日米両国への攻撃を計画しているのです。アジア太平洋地域の新興国、開発途上国なしでは、私達のエネルギー 安全保障と気候の挑戦に対する解決策はありえません。

 これらの共通の挑戦に対処するため、米国はこの地域の国々との旧来の同盟関係を強化し、新しいパートナーシップを構築することを期待しています。 これを為すために、私達はアメリカの日本、韓国、オーストラリア、タイ、フィリピンとの協定による同盟関係に目を向けています。この同盟関係は、過ぎ去っ た時代の歴史的文書ではなく、私達の共同の安全保障にとって根本的な相互に対する不変のコミットメントです。

 これらの同盟関係は、この地域の国々および諸国民が、私が少年時代に日本を初めて訪問した時には想像できなかった機会と繁栄を追求することを可能 にする安全保障と安定の基盤を提供し続けます。アメリカの軍隊が世界中で2つの戦争に関与する間ですらも、日本の安全保障とアジアの安全保障に対する私達 のコミットメントは揺るぎないものであり、‐(拍手)‐それは当地域全体への米国の展開に、何よりも私が非常に誇りとする若い米兵男女を通して見ることが できます。

 さて、私達は、アジア太平洋地域および世界中の、同じようにより大きな役割を果たす用意がある新興国に期待しています。民主主義を取り入れ、経済を開発‐ 4 ‐し、自国民の大いなる潜在的能力を活用してきたインドネシアやマレーシアのようなところです。

 私達は、21世紀においては、一国の国家安全保障と経済成長を達成するには他国を犠牲にする必要はないという見方をもって台頭する国々に期待して います。米国が中国の台頭をどのように見ているかに疑問を表明する人々が多くいることを、私は知っています。しかし、私が述べたように、相互に結び付いた 世界においては、力はゼロ・サム・ゲームである必要はなく、国々は他国の成功を恐れる必要はありません。競合する勢力圏ではなく、協調圏を培うことがアジ ア太平洋地域の進歩に繋がるでしょう。(拍手)

 さて、どんな国でもそうであるように、アメリカは自国の国益に焦点を当てて中国にアプローチします。そして、まさしくこの理由のゆえに、共通の関 心事項に関して中国と実用主義的協力を追求することが重要です。なぜなら、いかなる国も単独で21世紀の挑戦課題に対処することはできず、米国と中国は課 題に一緒になって対処する時に両国ともより良い立場に立てるからです。だからこそ、私達は、世界舞台でより大きな役割、その成長する経済力に伴って増大す る責任のある役割を果たそうとする中国の努力を歓迎します。中国のパートナーシップは、経済回復を活発化させようとする私達の努力にとって重要であること が立証されています。中国は、アフガニスタンとパキスタンの安全保障と安定を促進してきました。そして中国は今、世界的な核不拡散制度に従うことを誓って おり、朝鮮半島の非核化追求を支援しています。

 ですから、米国は中国を封じ込めることを求めてはいませんし、中国とのより深い関係は日米二国間同盟の弱体化を意味するものではありません。逆に、強力で繁栄する中国の台頭は、国々の共同体の力の源泉となりえます。

 また、それゆえに、私達は、北京やその他の場所で米中の戦略経済対話を深め、米中両国の軍のコミュニケーションを改善するよう努力します。もちろ ん私達は全ての問題について合意するわけではなく、米国は重要視する根本的価値観を主張するのをためらうことはしません。その価値観は、全ての人々の宗教 と文化に対する尊重を含みます。人権と人間の尊厳性に対する支持はアメリカに深く根付いているからです。しかし私達は、これらの話し合いを憎しみではなく 協調精神で推し進めることができます。

 日米二国間関係に加え、多国間機関の成長がこの地域の安全保障と繁栄を増進すると私達はまた信じています。米国が近年、これらの機関の多くへの関 与を停止してきたことを私は知っています。はっきり言いましょう。そのような時代は過ぎ去りました。アジア太平洋国として、米国はこの地域の将来を形作る 話し合いに関与し、機関が設立され発展する時に適切な機関に全面的に参加するつもりです。(拍手)

 それが、私がこの歴訪で始める仕事です。アジア太平洋経済協力フォーラムは地域的商業と繁栄を促進し続け、私は同フォーラムに今晩参加するのを心 待ちにしています。ASEANは、東南アジアの対話、協力、安全保障の触媒であり続けるでしょうし、私は10人のASEAN指導者全員に会う最初のアメリ カ大統領になることを待望しています。(拍手) そして米国は、東アジア・サミットがこの時代の挑戦課題に対処するうえで役割を果たす中で、同サミットに関与することを待望しています。

 私達がこのようなより深く幅広い関与を追求するのは、私達の集団的未来がそれに左右されるのを知っているからです。私は、未来がどのようなものに なりうるか、私達の繁栄、安全保障、普遍的価値観と願望を前進させるために何をしなければならないかに関して少しの間話したいと思います。

 第1に、私達は経済回復を強化し、均衡が取れ、かつ持続的な成長を追求しなければなりません。

 アジア太平洋諸国やその他の国々が講じる迅速で前代未聞な調整された行動が経済的破滅を回避し、私達が過去何世代かにおける最悪の景気後退から脱 却し始めるのを助けました。そして私達は国際経済構造を改革する歴史的一歩を踏み出し、その結果G20が今国際経済協力の中心フォーラムになっています。

 さて、このG20への移行は、国際金融機関においてアジア諸国に与えらつつあるより大きな発言権とあいまって、アメリカが21世紀に求めているよ り幅広く包括的な関与を明らかに示しています。そして、G8の重要構成員として、日本は国際金融構造の未来を形成してゆくうえで主導的かつ重要な役割を果 たしてきましたし、今後も果たし続けるでしょう。(拍手)

 経済回復を目の前にしている今、私達はそれが持続的な回復になるよう保証しなければなりません。私達は、世界的な景気後退をもたらしたと同じ景気 と不景気の循環に戻ってゆくことはできません。私達は、このような不均衡な成長を生み出した同じ政策に従うことはできません。この景気後退が私達に教えた 重要な教訓の1つは、主にアメリカの消費者とアジアの輸出業者に依存しながら成長を促進することの限界です。アメリカ人が過大な債務を抱え、あるいは職を 失って失業した時に、アジアの商品に対する需要が急激に下落したからです。需要が急激に下落した時、この地域からの輸出も急激に下落しました。この地域の 経済は余りにも輸出に依存しているため、経済成長が停止しました。そして世界的景気後退は一層深刻になったのです。

 ですから、私達は今、歴史において、異なる道を選ぶ機会を持つ稀な変曲点に到達しています。そして、それは均衡の取れた経済成長のための新戦略を追求するというピッツバーグでのG20の誓約から始まらなければなりません。

 私はシンガポールでこれについてもっと述べますが、米国ではこの新戦略は、貯蓄を増やし、支出を減らし、金融システムを改革し、長期的債務と借入 れを削減することを意味します。それはまた、私達が構築し、生産し、世界中で販売できる輸出により重点を置くことを意味します。アメリカにとっては、これ は雇用戦略です。現時点では、米国の輸出は、アメリカの何百万もの高賃金の雇用を支えています。この輸出を少しの量増やすことは、何百万もの新規雇用を創 出する可能性を秘めています。こうした雇用は、風力タービンや太陽電池パネルから日常的に使用する技術まで全てを製造する雇用です。

 アジアにとっては、このより良い均衡を達成することは、生産性の並外れた向上が可能にしたより高い生活水準を労働者と消費者が享受する機会を提供 するでしょう。それは、住宅、インフラ、サービス産業への投資拡大を可能にするでしょう。そして、より均衡の取れた世界経済はより広くより深く到達する繁 栄につながります。

 米国は何十年間にもわたって、世界で最も開放された市場を維持してきましたし、その開放性が過去一世紀間にこの地域および他地域の非常に多くの国 々の成功を助けてきました。この新時代において、世界中の他の市場を開放することは、アメリカの繁栄のためだけでなく世界の繁栄のためにも重要です。

 この新戦略の不可分の部分は、野心的で均衡の取れたドーハ合意に向けての努力です。どんな合意でもいいわけではなく、世界中の市場を開放し輸出を 増大させるような合意です。私達は、時宜を得た形でその目標を達成できるかどうかを確認するためにアジアのパートナーと協力する用意があり、その交渉に参 加するよう地域の貿易相手国を招待します。

 私達はまた、この地域の継続的な経済統合が地域諸国全ての労働者、消費者、企業に利益をもたらすと信じています。韓国の友人とともに、私達は韓国 との貿易合意を推進するのに必要な課題に取り組みます。米国はまた、広範にわたる締約国が参加し、21世紀の貿易合意に相応しい高い基準を備えた地域合意 を形成するという目標をもって、太平洋を超えたパートナーシップ諸国と関与してゆきます。

 これが、私達がパートナーシップで協力しつつ、この景気回復を持続させ、共通の繁栄を促進できる方法です。私達はまた、私達の地球とそこに住む未来の世代のために、持続的な成長を必要とします。

 すでに米国は、科学を受け入れ、新しいエネルギーに投資し、効率基準を高め、新しいパートナーシップを形成し、気候に関する国際的交渉に関与する ことにより、過去10ヶ月間に近年になされたより多くの気候変動への対抗措置を講じてきました。(拍手) 手短に言えば、アメリカはなすべき事がもっと多くあるのを知っていますが、その責任を果たしつつあり、今後もその努力を継続します。

 そして、それはコペンハーゲンでの成功に向けての努力を含みます。私はこれが容易であるという幻想は抱いていませんが、前途に横たわる道筋は明瞭 です。全ての国が自国の責任を受け入れなければなりません。私の国と同じく、主要な排出国になってきた国々は、明確な削減目標を定めなければなりません。 開発途上国は、資金と技術の支援により排出量を抑制する実質的措置を講じる必要があります。そして、国内措置に対しては透明性と説明責任がなければなりま せん。

 私達は各自が、地球を危険に曝すことなく自国経済を成長させるためにできることをしなければなりませんし、一緒にそれをしなければなりません。し かし、いいニュースは、私達が正しい規則とインセンティブを導入すれば、私達の国々の最高の科学者、技術者、起業家の創造的力を引き出すことができるとい うことです。それは、新しい雇用、新しい事業、そして新しい産業を生み出すでしょう。そして、日本はこの課題の前面に立ってきました。私達は、この重要な 世界的目標を達成する中で皆さんの重要なパートナーになることを心待ちにしています。(拍手)

 しかし、私達が21世紀のこの挑戦に対処する間にも、20世紀の遺産であるセキュリティーへの脅威、すなわち核兵器がもたらす危険に対処する努力を倍加しなければなりません。

 プラハにおいて、私は世界から核兵器を無くすることへのアメリカのコミットメントを確認し、この目標を追求するための包括的アジェンダを提示しま した。(拍手)私は、日本がこの努力に参加したことを喜ばしく思います。地球上のいかなる二国も日米ほど核兵器の能力を知っている国々はないからであり、 私達は核兵器のない未来を求めなければなりません。これは私達の共通のセキュリティーにとって根本的なことであり、私達に共通の人間性にの最大の試験で す。私達の未来そのものが懸かっています。

 さて、はっきり言いますが、核兵器が存在する限り、米国は韓国と日本を含む同盟国の防衛を保証する強力かつ効果的な核抑止力を維持します。(拍手)

 この地域でエスカレートする核軍拡競争は、数十年間にわたり増大してきた成長と繁栄を損ねることを、私達は認識しなければなりません。このため、 私達は核不拡散条約の基本的な契約、すなわち、全ての国は平和的な原子力への権利を持つ、核兵器保有国は核軍縮へと進む責任を持つ、非核兵器保有国はそれ を断念する責任を持つという原則を支持するよう求められている。

 実に、日本は、この道を選ぶことにより真の平和と国力を達成できるという世界に対する手本の役割を果たしています。(拍手)日本は何十年間にもわ たって、核兵器開発を拒否しながらも平和的な原子力の恩恵を享受してきたし、いかなる尺度に照らしてもこのことは日本の安全を増大させ、その立場を強化し てきました。

 私達は、その責任を果たし、私がプラハで打ち出したアジェンダを前進させるために、この国際的努力を受容する国連安全保障理事会の決議を日本の助 けを得て全会一致で承認しました。私達は、備蓄核兵器を削減するためのロシアとの新合意を追求しています。私達は、核実験禁止条約を批准し発効させるため に努力します。(拍手)来年の核安全保障サミットで、私達は4年以内に世界の脆弱な核物質を全て保護管理するという目標を推進します。

 さて、前に述べたように、世界的な核不拡散制度を強化することは、いかなる個別の国をも槍玉にあげるためのものではありません。それは全ての国が自国の責任を果たすためのものです。それはイラン・イスラム共和国も含みます。北朝鮮も含みます。

 北朝鮮は何十年にもわたって、核兵器の追求も含めて、対決と挑発の道を選んできました。その道がどこに通じるかは自明なはずです。私達は平壌に対 する制裁を強化しました。私達は、彼らの大量破壊兵器活動を規制するためのこれまでで最も広範囲にわたる国連安全保障理事会決議を採択しました。私達は脅 しに屈することなく、言葉だけでなく行動を通じて明瞭なメッセージを送り続けます。それは北朝鮮の国際義務順守拒否は、安全を増すのではなく安全を損ねる だけだというメッセージです。

 しかし選ぶことができる別の道があります。米国は、パートナーと提携し、直接の外交の支援を得て、北朝鮮に異なる未来を提示する用意があります。 北朝鮮は、自国民の恐ろしい抑圧を悪化させてきた孤立ではなく、国際社会への統合という未来を手にすることができます。北朝鮮は極端な貧困の代わりに、貿 易、投資、観光が北朝鮮国民により良い生活の機会を提供しうる経済的機会の未来を手にできます。それは増大する不安定ではなく、より大きな安全と尊敬の未 来です。好戦的態度ではこの尊敬を勝ち取ることはできません。国際的義務を全面的に守ることにより国際社会に参加する国により、それは達成されなければな りません。

 ですから、この未来を実現するために北朝鮮が取るべき道は明瞭です。6カ国協議に復帰し、核不拡散条約への復帰を含む従来のコミットメントを守 り、朝鮮半島の全面的かつ検証可能な非核化を目指すことです。そして北朝鮮の近隣諸国との全面的な関係正常化も、拉致被害者の消息について日本の家族が全 面的な説明を受ける時にのみ可能です。(拍手)これらは全て、北朝鮮政府が自国民の生活を改善し国際社会に仲間入りすることに関心があるならば、同国政府 が講じることができる措置です。

 そして私達は、この挑戦課題に対処することを怠らないと同時に、罪のない人々を虐殺する過激主義者を根絶し、海上交通路を脅かす海賊を阻止し、感 染症を予防する努力を強化し、現代の極端な貧困を終結させる努力をし、女性、子供、移民を搾取する密輸業者を摘発し、この現代の奴隷制の禍に終止符を打つ ことに
より、21世紀の超国家的脅威との戦いにおいて、アジアの全パートナーと協力します。実に、私達が協力しなければならない最後の分野は、全ての人間の基本的権利と尊厳性を守るということです。

 アジア太平洋地域には、多くの文化が豊富に存在します。並外れた伝統と強力な国の歴史がその特徴になっています。私達は、何度も、人間の進歩を推 進するこの地域の諸国民の卓越した才能と意欲を見てきました。しかし、これだけは明らかです。地域固有の文化と経済成長は、人権尊重により阻害されるだこ ろか強化されてきたということです。人権支援はそれ以外の方法では買うことができない永続的な安全を提供してきましたし、そのことはアメリカの民主主義と 同じく日本の民主主義が物語っています。

 自由と尊厳性への希求は、諸国民全ての物語の一部になっています。それは、人間が共通にもつある願望があるからです。自分の心を表現する自由、指 導者を選挙する自由、情報にアクセスする能力、自分の好む形で礼拝する能力、法の支配への信頼、司法の平等な運営などへの願望です。これらは安定の障害で はなく、安定の礎石です。そして私達は常に、これらの権利を求める者の味方です。

 その真理は、例えば、私達のビルマへの新しいアプローチの指針になっています。長年にわたる善意の努力にもかかわらず、米国による制裁も他国によ る関与もビルマ国民の生活を改善することができませんでした。このため、私達は今、指導者層と直接話し合い、民主的改革への具体的措置が講じられるまでは 現行の制裁は継続することを明瞭に伝えています。私達は、統一され、平和的で繁栄し民主的であるビルマを支持します。そして、ビルマがその方向に移行する ならば、米国とのより良い関係が可能です。

 講じられなければならない明確な措置があります。アウン・サン・スー・チーを含む全ての政治囚の無条件釈放、少数民族グループとの紛争の停止、未 来に向けての共有されたビジョンに関する政府、民主的反対勢力、少数民族グループの間の本物の対話などです。それが、ビルマ政府が自国民の欲求に答えるこ とができる方法です。それがビルマに本当の安全と繁栄をもたらす道です。(拍手)

 これらは米国が、アジア太平洋で繁栄、安全、人間の尊厳性を改善するために講じる措置です。私達はそれを、日本との緊密な友好関係を通じて実施し ます。その関係は当地域における私達の努力の中心的要素です。私達はそれを、私が今日話したより幅広い関与を通じて、パートナーとして実施します。私達 は、世界のこの地域で部分的に人間形成された大統領のいる太平洋国家として、それを行います。そして、私達は、50年近くにわたって私達の日本国民との絆 を導いてきた同じ目的観でそれを行います。

 その絆がどのように培われたかについての物語は、前世紀の半ば、太平洋における戦火が沈静した後のある時点にまで遡ります。アメリカの日本の安全 と安定へのコミットメントと日本国民の粘り強い勤勉な精神が日本の奇蹟と呼ばれてきたものを生み出しましたのは、その時でした。それは世界がそれまでに目 撃してきたいかなるものよりも急速で強力な経済成長の期間でした。

 その後数年間、数十年間にわたり、この奇蹟は当地域全域に拡大し、単一世代で何百万人もの生活と運命が永久により良い方向に変化しました。それ は、懸命な努力により勝ち取られた平和により支援され、この膨大かつ広大な空間にある諸国を結びつけた相互理解の新しい橋により強化されてきました。

 しかし、私達はまだやるべき仕事があるのを知っています。それにより、科学技術の新たな突破口が太平洋の両岸に雇用を生み出し、温暖化する地球か らの安全をもたらし、恐ろしい兵器の拡散を逆転させ、分断された半島で南の住民が恐れから解放され、北の住民が貧困から解放されて生きることができるよう にし、少女がその体ではなく精神のゆえに貴重視され、あらゆる場所の若者達が才能と意欲と選択による可能性を充分に発揮して目標に到達できるようにするた めです。

 このいずれも実現は容易ではなく、後退や闘争なしで実現できるものでもありません。しかしこの再生の瞬間に、この奇蹟の地において、歴史はそれが 可能であることを私達に告げています。これはアメリカの課題です。これは私達の日本との、そしてこの地域の諸国および諸国民とのパートナーシップの目的で す。そして、疑いの余地もなく、アメリカの最初の太平洋地域の大統領として、私は、この太平洋国家がこの世界の非常に重要な地域においリーダーシップを強 化し持続させることを約束します。

 大変ありがとうございました。(拍手)

 

The White House

Office of the Press Secretary For Immediate Release   November 14, 2009 Remarks by President Barack Obama at Suntory Hall
Suntory Hall, Tokyo, Japan
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/remarks-president-barack-obama-suntory-hall President's Speech translated into Chinese
President's Speech translated into Indonesian
President's Speech translated into Japanese
President's Speech translated into Korean
10:12 A.M. JST PRESIDENT OBAMA:  Thank you so much.  Arigatou.  Thank you very much. (Applause.)  Good morning.  It is a great honor to be in Tokyo -- the first stop on my first visit to Asia as President of the United States.  (Applause.)  Thank you.  It is good to be among so many of you -- Japanese and I see a few Americans here  -- (applause) -- who work every day to strengthen the bonds between our two countries, including my longtime friend and our new ambassador to Japan, John Roos. (Applause.)

It is wonderful to be back in Japan.  Some of you may be aware that when I was a young boy, my mother brought me to Kamakura, where I looked up at that centuries-old symbol of peace and tranquility -- the great bronze Amida Buddha.  And as a child, I was more focused on the matcha ice cream.  (Laughter.)  And I want to thank Prime Minister Hatoyama for sharing some of those memories with more ice cream last night at dinner.  (Laughter and applause.)  Thank you very much.  But I have never forgotten the warmth and the hospitality that the Japanese people showed a young American far from home. And I feel that same spirit on this visit:  In the gracious welcome of Prime Minister Hatoyama.  In the extraordinary honor of the meeting with Their Imperial Majesties, the Emperor and Empress, on the 20th anniversary of his ascension to the Chrysanthemum Throne.  In the hospitality shown by the Japanese people.  And of course, I could not come here without sending my greetings and gratitude to the citizens of Obama, Japan.  (Applause.) Now, I am beginning my journey here for a simple reason.  Since taking office, I have worked to renew American leadership and pursue a new era of engagement with the world based on mutual interests and mutual respect.  And our efforts in the Asia Pacific will be rooted, in no small measure, through an enduring and revitalized alliance between the United States and Japan. From my very first days in office, we have worked to strengthen the ties that bind our nations.  The first foreign leader that I welcomed to the White House was the Prime Minister of Japan, and for the first time in nearly 50 years, the first foreign trip by an American Secretary of State, Hillary Clinton, was to Asia, starting in Japan. (Applause.) In two months, our alliance will mark its 50th anniversary  -- a day when President Dwight Eisenhower stood next to Japan's Prime Minister and said that our two nations were creating "an indestructible partnership" based on "equality and mutual understanding." In the half-century since, that alliance has endured as a foundation for our security and prosperity.  It has helped us become the world's two largest economies, with Japan emerging as America's second-largest trading partner outside of North America.  It has evolved as Japan has played a larger role on the world stage, and made important contributions to stability around the world -- from reconstruction in Iraq, to combating piracy off the Horn of Africa, to assistance for the people of Afghanistan and Pakistan -- most recently through its remarkable leadership in providing additional commitments to international development efforts there. Above all, our alliance has endured because it reflects our common values -- a belief in the democratic right of free people to choose their own leaders and realize their own dreams; a belief that made possible the election of both Prime Minister Hatoyama and myself on the promise of change.  And together, we are committed to providing a new generation of leadership for our people and our alliance. That is why, at this critical moment in history, the two of us have not only reaffirmed our alliance -- we've agreed to deepen it.  We've agreed to move expeditiously through a joint working group to implement the agreement that our two governments reached on restructuring U.S. forces in Okinawa.  And as our alliance evolves and adapts for the future, we will always strive to uphold the spirit that President Eisenhower described long ago -- a partnership of equality and mutual respect.  (Applause.) But while our commitment to this region begins in Japan, it doesn't end here.  The United States of America may have started as a series of ports and cities along the Atlantic Ocean, but for generations we have also been a nation of the Pacific.  Asia and the United States are not separated by this great ocean; we are bound by it.  We are bound by our past -- by the Asian immigrants who helped build America, and the generations of Americans in uniform who served and sacrificed to keep this region secure and free.  We are bound by our shared prosperity -- by the trade and commerce upon which millions of jobs and families depend.  And we are bound by our people -- by the Asian Americans who enrich every segment of American life, and all the people whose lives, like our countries, are interwoven. My own life is a part of that story.  I am an American President who was born in Hawaii and lived in Indonesia as a boy. My sister Maya was born in Jakarta, and later married a Chinese-Canadian. My mother spent nearly a decade working in the villages of Southeast Asia, helping women buy a sewing machine or an education that might give them a foothold in the world economy.  So the Pacific Rim has helped shape my view of the world. And since that time, perhaps no region has changed as swiftly or dramatically.  Controlled economies have given way to open markets. Dictatorships have become democracies.  Living standards have risen while poverty has plummeted.  And through all these changes, the fortunes of America and the Asia Pacific have become more closely linked than ever before. So I want everyone to know, and I want everybody in America to know, that we have a stake in the future of this region, because what happens here has a direct effect on our lives at home.  This is where we engage in much of our commerce and buy many of our goods.  And this is where we can export more of our own products and create jobs back home in the process.  This is a place where the risk of a nuclear arms race threatens the security of the wider world, and where extremists who defile a great religion plan attacks on both our continents.  And there can be no solution to our energy security and our climate challenge without the rising powers and developing nations of the Asia Pacific. To meet these common challenges, the United States looks to strengthen old alliances and build new partnerships with the nations of this region.  To do this, we look to America's treaty alliances with Japan, South Korea, Australia, Thailand and the Philippines -- alliances that are not historical documents from a bygone era, but abiding commitments to each other that are fundamental to our shared security. These alliances continue to provide the bedrock of security and stability that has allowed the nations and peoples of this region to pursue opportunity and prosperity that was unimaginable at the time of my first childhood visit to Japan.  And even as American troops are engaged in two wars around the world, our commitment to Japan's security and to Asia's security is unshakeable -- (applause) -- and it can be seen in our deployments throughout the region -- above all, through our young men and women in uniform, of whom I am so proud. Now, we look to emerging nations that are poised as well to play a larger role -- both in the Asia Pacific region and the wider world; places like Indonesia and Malaysia that have adopted democracy, developed their economies, and tapped the great potential of their own people. We look to rising powers with the view that in the 21st century, the national security and economic growth of one country need not come at the expense of another.  I know there are many who question how the United States perceives China's emergence.  But as I have said, in an interconnected world, power does not need to be a zero-sum game, and nations need not fear the success of another.  Cultivating spheres of cooperation -- not competing spheres of influence -- will lead to progress in the Asia Pacific.  (Applause.) Now, as with any nation, America will approach China with a focus on our interests.  And it's precisely for this reason that it is important to pursue pragmatic cooperation with China on issues of mutual concern, because no one nation can meet the challenges of the 21st century alone, and the United States and China will both be better off when we are able to meet them together.  That's why we welcome China's effort to play a greater role on the world stage -- a role in which their growing economy is joined by growing responsibility. China's partnership has proved critical in our effort to jumpstart economic recovery.  China has promoted security and stability in Afghanistan and Pakistan.  And it is now committed to the global nonproliferation regime, and supporting the pursuit of denuclearization of the Korean Peninsula. So the United States does not seek to contain China, nor does a deeper relationship with China mean a weakening of our bilateral alliances. On the contrary, the rise of a strong, prosperous China can be a source of strength for the community of nations. And so in Beijing and beyond, we will work to deepen our strategic and economic dialogue, and improve communication between our militaries.  Of course, we will not agree on every issue, and the United States will never waver in speaking up for the fundamental values that we hold dear -- and that includes respect for the religion and cultures of all people -- because support for human rights and human dignity is ingrained in America.  But we can move these discussions forward in a spirit of partnership rather than rancor. In addition to our bilateral relations, we also believe that the growth of multilateral organizations can advance the security and prosperity of this region.  I know that the United States has been disengaged from many of these organizations in recent years. So let me be clear:  Those days have passed.  As a Asia Pacific nation, the United States expects to be involved in the discussions that shape the future of this region, and to participate fully in appropriate organizations as they are established and evolve.  (Applause.) That is the work that I will begin on this trip.  The Asia Pacific Economic Cooperation forum will continue to promote regional commerce and prosperity, and I look forward to participating in that forum this evening.  ASEAN will remain a catalyst for Southeast Asian dialogue, cooperation and security, and I look forward to becoming the first American President to meet with all 10 ASEAN leaders.  (Applause.)  And the United States looks forward to engaging with the East Asia Summit more formally as it plays a role in addressing the challenges of our time. We seek this deeper and broader engagement because we know our collective future depends on it.  And I'd like to speak for a bit about what that future might look like, and what we must do to advance our prosperity, our security, and our universal values and aspirations. First, we must strengthen our economic recovery, and pursue growth that is both balanced and sustained. The quick, unprecedented and coordinated action taken by Asia Pacific nations and others has averted economic catastrophe, and helped us to begin to emerge from the worst recession in generations.  And we have taken the historic step of reforming our international economic architecture, so that the G20 is now the premier forum for international economic cooperation. Now, this shift to the G20, along with the greater voice that is being given to Asian nations in international financial institutions, clearly demonstrates the broader, more inclusive engagement that America seeks in the 21st century.  And as a key member of the G8, Japan has and will continue to play a leading and vital role in shaping the future of the international financial architecture.  (Applause.) Now that we are on the brink of economic recovery, we must also ensure that it can be sustained.  We simply cannot return to the same cycles of boom and bust that led to a global recession. We can't follow the same policies that led to such imbalanced growth.  One of the important lessons this recession has taught us is the limits of depending primarily on American consumers and Asian exports to drive growth -- because when Americans found themselves too heavily in debt or lost their jobs and were out of work, demand for Asian goods plummeted. When demand fell sharply, exports from this region fell sharply.  Since the economies of this region are so dependent on exports, they stopped growing.  And the global recession only deepened. So we have now reached one of those rare inflection points in history where we have the opportunity to take a different path.  And that must begin with the G20 pledge that we made in Pittsburgh to pursue a new strategy for balanced economic growth. I'll be saying more about this in Singapore, but in the United States, this new strategy will mean that we save more and spend less, reform our financial systems, reduce our long-term deficit and borrowing.  It will also mean a greater emphasis on exports that we can build, produce, and sell all over the world. For America, this is a jobs strategy.  Right now, our exports support millions upon millions of well-paying American jobs.  Increasing those exports by just a small amount has the potential to create millions more.  These are jobs making everything from wind turbines and solar panels to the technology that you use every day. For Asia, striking this better balance will provide an opportunity for workers and consumers to enjoy higher standards of living that their remarkable increases in productivity have made possible.  It will allow for greater investments in housing and infrastructure and the service sector.  And a more balanced global economy will lead to prosperity that reaches further and deeper. For decades, the United States has had one of the most open markets in the world, and that openness has helped to fuel the success of so many countries in this region and others over the last century.  In this new era, opening other markets around the globe will be critical not just to America's prosperity, but to the world's, as well. An integral part of this new strategy is working towards an ambitious and balanced Doha agreement -- not any agreement, but an agreement that will open up markets and increase exports around the world.  We are ready to work with our Asian partners to see if we can achieve that objective in a timely fashion -- and we invite our regional trading partners to join us at the table. We also believe that continued integration of the economies of this region will benefit workers, consumers, and businesses in all our nations.  Together, with our South Korean friends, we will work through the issues necessary to move forward on a trade agreement with them.  The United States will also be engaging with the Trans-Pacific Partnership countries with the goal of shaping a regional agreement that will have broad-based membership and the high standards worthy of a 21st century trade agreement. Working in partnership, this is how we can sustain this recovery and advance our common prosperity.  But it's not enough to pursue growth that is balanced.  We also need growth that is sustainable -- for our planet and the future generations that will live here. Already, the United States has taken more steps to combat climate change in 10 months than we have in our recent history -- (applause) -- by embracing the latest science, by investing in new energy, by raising efficiency standards, forging new partnerships, and engaging in international climate negotiations. In short, America knows there is more work to do -- but we are meeting our responsibility, and will continue to do so. And that includes striving for success in Copenhagen.  I have no illusions that this will be easy, but the contours of a way forward are clear.  All nations must accept their responsibility.  Those nations, like my own, who have been the leading emitters must have clear reduction targets.  Developing countries will need to take substantial actions to curb their emissions, aided by finance and technology.  And there must be transparency and accountability for domestic actions. Each of us must do what we can to grow our economies without endangering our planet -- and we must do it together.  But the good news is that if we put the right rules and incentives in place, it will unleash the creative power of our best scientists, engineers, and entrepreneurs.  It will lead to new jobs, new businesses, and entire new industries.  And Japan has been at the forefront on this issue.  We are looking forward to being a important partner with you as we achieve this critical global goal.  (Applause.) Yet, even as we confront this challenge of the 21st century, we must also redouble our efforts to meet a threat to our security that is the legacy of the 20th century -- the danger posed by nuclear weapons.  In Prague, I affirmed America's commitment to rid the world of nuclear weapons, and laid out a comprehensive agenda to pursue this goal.  (Applause.)  I am pleased that Japan has joined us in this effort, for no two nations on Earth know better what these weapons can do, and together we must seek a future without them. This is fundamental to our common security, and this is a great test of our common humanity.  Our very future hangs in the balance. Now, let me be clear:  So long as these weapons exist, the United States will maintain a strong and effective nuclear deterrent that guarantees the defense of our allies -- including South Korea and Japan.  (Applause.) But we must recognize that an escalating nuclear arms race in this region would undermine decades of growth and prosperity. So we are called upon to uphold the basic bargain of the Nuclear Non-Proliferation Treaty -- that all nations have a right to peaceful nuclear energy; that nations with nuclear weapons have a responsibility to move toward nuclear disarmament; and those without nuclear weapons have a responsibility to forsake them. Indeed, Japan serves as an example to the world that true peace and power can be achieved by taking this path.  (Applause.) For decades, Japan has enjoyed the benefits of peaceful nuclear energy, while rejecting nuclear arms development -- and by any measure, this has increased Japan's security and enhanced its position. To meet our responsibilities and to move forward with the agenda I laid out in Prague, we have passed, with the help of Japan, a unanimous U.N. Security Council resolution embracing this international effort.  We are pursuing a new agreement with Russia to reduce our nuclear stockpiles.  We will work to ratify and bring into force the test ban treaty.  (Applause.)  And next year at our Nuclear Security Summit, we will advance our goal of securing all the world's vulnerable nuclear materials within four years. Now, as I've said before, strengthening the global nonproliferation regime is not about singling out any individual nations.  It's about all nations living up to their responsibilities.  That includes the Islamic Republic of Iran.  And it includes North Korea. For decades, North Korea has chosen a path of confrontation and provocation, including the pursuit of nuclear weapons.  It should be clear where this path leads.  We have tightened sanctions on Pyongyang.  We have passed the most sweeping U.N. Security Council resolution to date to restrict their weapons of mass destruction activities.  We will not be cowed by threats, and we will continue to send a clear message through our actions, and not just our words:  North Korea's refusal to meet its international obligations will lead only to less security -- not more. Yet there is another path that can be taken.  Working in tandem with our partners -- supported by direct diplomacy -- the United States is prepared to offer North Korea a different future.  Instead of an isolation that has compounded the horrific repression of its own people, North Korea could have a future of international integration. Instead of gripping poverty, it could have a future of economic opportunity -- where trade and  investment and tourism can offer the North Korean people the chance at a better life.  And instead of increasing insecurity, it could have a future of greater security and respect.  This respect cannot be earned through belligerence.  It must be reached by a nation that takes its place in the international community by fully living up to its international obligations. So the path for North Korea to realize this future is clear: a return to the six-party talks; upholding previous commitments, including a return to the Nuclear Non-Proliferation Treaty; and the full and verifiable denuclearization of the Korean Peninsula. And full normalization with its neighbors can also only come if Japanese families receive a full accounting of those who have been abducted. (Applause.)  These are all steps that can be taken by the North Korean government if they are interested in improving the lives of their people and joining the community of nations. And as we are vigilant in confronting this challenge, we will stand with all of our Asian partners in combating the transnational threats of the 21st century:  by rooting out the extremists who slaughter the innocent, and stopping the piracy that threatens our sea lanes; by enhancing our efforts to stop infectious disease, and working to end extreme poverty in our time; and by shutting down the traffickers who exploit women, children and migrants, and putting a stop to this scourge of modern-day slavery once and for all.  Indeed, the final area in which we must work together is in upholding the fundamental rights and dignity of all human beings. The Asia Pacific region is rich with many cultures.  It is marked by extraordinary traditions and strong national histories. And time and again, we have seen the remarkable talent and drive of the peoples of this region in advancing human progress.  Yet this much is also clear -- indigenous cultures and economic growth have not been stymied by respect for human rights; they have been strengthened by it. Supporting human rights provides lasting security that cannot be purchased in any other way -- that is the story that can be seen in Japan's democracy, just as it can be seen in America's democracy.    The longing for liberty and dignity is a part of the story of all peoples.  For there are certain aspirations that human beings hold in common:  the freedom to speak your mind, and choose your leaders; the ability to access information, and worship how you please; confidence in the rule of law, and the equal administration of justice.  These are not impediments to stability, they are the cornerstones of stability. And we will always stand on the side of those who seek these rights. That truth, for example, guides our new approach to Burma.  Despite years of good intentions, neither sanctions by the United States nor engagement by others succeeded in improving the lives of the Burmese people.  So we are now communicating directly with the leadership to make it clear that existing sanctions will remain until there are concrete steps toward democratic reform.  We support a Burma that is unified, peaceful, prosperous, and democratic.  And as Burma moves in that direction, a better relationship with the United States is possible. There are clear steps that must be taken -- the unconditional release of all political prisoners, including Aung San Suu Kyi; an end to conflicts with minority groups; and a genuine dialogue between the government, the democratic opposition and minority groups on a shared vision for the future. That is how a government in Burma will be able to respond to the needs of its people.  That is the path that will bring Burma true security and prosperity.  (Applause.) These are steps that the United States will take to improve prosperity, security, and human dignity in the Asia Pacific.  We will do so through our close friendship with Japan -- which will always be a centerpiece of our efforts in the region.  We will do so as a partner -- through the broader engagement that I've discussed today.  We will do so as a Pacific nation -- with a President who was shaped in part by this piece of the globe.  And we will do so with the same sense of purpose that has guided our ties with the Japanese people for nearly 50 years. The story of how these ties were forged dates back to the middle of the last century, sometime after the guns of war had quieted in the Pacific.  It was then that America's commitment to the security and stability of Japan, along with the Japanese peoples' spirit of resilience and industriousness, led to what's been called "the Japanese miracle" -- a period of economic growth that was faster and more robust than anything the world had seen for some time. In the coming years and decades, this miracle would spread throughout the region, and in a single generation the lives and fortunes of millions were forever changed for the better.  It is progress that has been supported by a hard-earned peace, and strengthened by new bridges of mutual understanding that have bound together the nations of this vast and sprawling space. But we know that there's still work to be done -- so that new breakthroughs in science and technology can lead to jobs on both sides of the Pacific, and security from a warming planet; so that we can reverse the spread of deadly weapons, and -- on a divided peninsula -- the people of South can be freed from fear, and those in the North can live free from want; so that a young girl can be valued not for her body but for her mind; and so that young people everywhere can go as far as their talent and their drive and their choices will take them. None of this will come easy, nor without setback or struggle.  But at this moment of renewal -- in this land of miracles -- history tells us it is possible.  This is the --America's agenda.  This is the purpose of our partnership with Japan, and with the nations and peoples of this region.  And there must be no doubt:  As America's first Pacific President, I promise you that this Pacific nation will strengthen and sustain our leadership in this vitally important part of the world.

Thank you very much.  (Applause.)                                        
END
10:40 A.M. JST


自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を

 

 2005・9・11郵政選挙からの臥薪嘗胆の日々、あの頃の気持ちを忘れず頑張ることが出来ました! 

 政権交代確定後、31日午後に制作した新しい2種類のバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End」版

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

おおっオバマが旅の途中と呟いてる。呟き包囲網やりまくりビシバシやろーよ(笑)おまわりだらけでカッタルイし。

 以下、主権者は私たちBBSへの投稿。

No.3748 おおっオバマが旅の途中と呟いてる。呟き包囲網やりまくりビシバシやろーよ(笑)おまわりだらけでカッタルイし。
投稿者---SOBA(2009/11/13 08:35:47)
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/

今朝のSOBAの「呟き」

28SOBA おおっオバマが旅の途中と呟いてる。呟き包囲網やりまくりビシバシやらんと日本のツイッターの恥だぞ。英語でなく日本語でもいい。例えば失礼な事された時英語でどう言うか考えてるより間髪怒鳴った方が通じる。実体験あり(笑)http://bit.ly/2m3nYW
  5秒以内前   webで

なお、Twitter(ツイッター)のIDは5分もあれば取れます。ただし短めの良いのは既に取られている場合が多いです

※りんごさんもとりませんか。待ってますよ。

 

関連
Twitterを便利にするためにやったあれこれのメモ。

Twitterにまつわる事などのメモ。また気が付いた事。(おじさんとしての素朴な感想と言うか考察なども(汗))

140文字のメッセージで、「トゥイッター(twitter )」は災害時のちょっとしたプライベート連絡システムにも使えそうです。

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を

 

 2005・9・11郵政選挙からの臥薪嘗胆の日々、あの頃の気持ちを忘れず頑張ることが出来ました! 

 政権交代確定後、31日午後に制作した新しい2種類のバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End」版

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

楽しきかなダンス。TwitterでSOBAのダンス講座(笑)検索するも自分のダンス体験は出なかったしやばいかもネ(^^;

 ココログ最強検索で雑談日記内検索すると、痴漢冤罪映画「それ僕」と監督が同じと言う事で、周防監督の「Shall we ダンス」とか出ますけれど、自分のダンス体験についてはゼロでした。

 たまたま、Twitter(ツイッター)で呟いたら思わぬ盛り上がりがあり、なんて言うかタイムラインが流れたまま消えるのももったいないと言う Twitterなどがありました。雑談日記について今迄持って頂いたイメージが多少崩れようが、もう、これは逃げられないな(笑)と言う事で呟きを拾って おく事にします。

 なお、当初Twitterをメモ代わりにしてかなり追加・修正しようと考えましたが、Twitterでの雰囲気もなかなか味があると気がつきました。結果、分かり辛そうな所を少しだけ追加し、ほとんどはもとのTwitterを採録しておく事にします。

 もとより短い呟きの中で、十分に書けるはずもないのですが、もしかなう事ならダンスの面白さ、楽しさに興味をもつきっかけになって頂けるなら幸いです。

※なお、タイムラインがかなり流れておりますので、自分の28SOBAホームのTwitterから拾い、その前後で記憶にある返信などを採録しました。万一拾い漏れがあるような場合には気がつき次第追加する事にします。

今回、放っておけば消えてしまうTwitterを採録する提案をしてくれたmiyakowasureさんと、協力して頂いたTwitter仲間の皆さんに心からお礼を申し上げます。提案して頂いたように、それぞれ(講義した人)(受講した人)(通りすがりの 人)と言う具合に感想などを書きトラックバックを飛ばしあって頂けるとTwitterの楽しい記録として残るのではないかと思います。

 

 以下、11月9日から10日11日にかけてのSOBAのダンス講義Twitter&シナモンちゃん、ミヤちゃんTwitterでの合作ダンス談義です。本来のTwitterと同じで上が新しく、下へ行くほど古くなります。下から辿って頂けると分かりやすいです。

miyakowasure @cinnamonchann  そうですよん。講義をしーちゃんの感覚で料理して、シナモンで香りをつけて、シナモンちゃんのブログ(可愛いブログ)に投稿したら素敵だと思いません。   
   webで   

miyakowasure 続く(no2)miyaの投稿は28SOBAさんより、遅れて投稿し、しかも検閲受けで許可貰いました。しーちゃんはどうする?記念になるから、お書きになるなら、お師匠さんと要相談http://bit.ly/18UnQC
webで

miyakowasure  しーちゃん、いますかあ~~。28SOBAさんの、ネットダンス講義、流れるのもったいないよね。28SOBAさんはブログへ投稿されるようですが、しー ちゃんも聴講生として、しーちゃんから見た講義をブログに書いたら面白いかなと思ったりして、miyaは第3者として、書きたい、(続く)
webで

cinnamonchann @miyakowasure  その1は、怪しくて、エロチックだね~・・・・す・て・き・ キャッ・・・・。

28SOBA @miyakowasure ダンスは大人のものなので、怪しい方でお願いします。もっとも情操教育として小学生くらいで経験させるのも面白いと思っています。中高は刺激が強すぎるかもネ(^^;   
   webで   miyakowasure宛

miyakowasure 28SSOBAさんと しーちゃんへ、 成人用 (その2)http://bit.ly/18UnQC   
   webで

Sway - Shall We Dance?
http://www.youtube.com/watch?v=zrOwedd2ghs

miyakowasure 28SOBAさんとしーちゃんへ! 先ず、成人用 http://bit.ly/3K1WQs
webで

Shall We Dance? Movie Clip
http://www.youtube.com/watch?v=bibtqDxXv1o

miyakowasure  28SOBAさん、とても面白い原稿が出来ると思います。同じtwitterでも、まず、男と女の違い、(水分が減り、太ももが、鳥もも、腕ぽったん)エ イジでの考察、読むうちに明かされる秘密など、面白いと思います。映像は、あの怪しいものか、はたまた、小学生でもOKのものか、みつくろいます   
   webで 

28SOBA @miyakowasure いいよ(^・^)チュッ、ところでシャルウィダンスの動画が欲しいのだけれど?アップする時に載せたい。教えて。   
   webで   

miyakowasure  28SOBAさん、わかりました。 mubouのブログはもともと、(ありばばと40人の盗賊)みたいに、雑談日記さまなくしては、タイトルしか残らないもんです。あんまりおもしろい(講 義)でしたので、SOBAさんより、一日遅れで、SOBAさんの検閲を受けてUPしてもいいですか?   
   webで 

28SOBA @miyakowasure おいおい(笑)、雑談日記の方にアップするからちょっと待っててネ(^_-)-☆「呟き」だと不十分なので足したり、少し直したりします。http://bit.ly/41iDTA   
   webで   miyakowasure宛

miyakowasure Twitter で流れてしまっては、(MOTTAINAI) 28SOBAさんのネットダンス講座をテープ起こししまして、ブログに保存したいと思います。おばさんの簡単なコメントを付けますのでお楽しみに!^^):   
   webで 

28SOBA @cinnamonchann キューバンルンバのあのステップのきれいさ、柔らかさ、セクシーさは独特のものがありますネ。女性の綺麗さがきわだつ踊りだと思っています。「どのダンス も女性の美しさを見せる為のもの。男性はいわば黒子」要旨その様な事を神田Y故須藤京一先生がよく仰っていました   
   webで   cinnamonchann宛

28SOBA 腕も肉がつけば重くなる。確かに上腕の裏が振り袖状態だと重くなるかもネ。でも「お互いに基本通りチャントしていれば重さをそれほど感じないはず」⇒が、今回ダンスが上手な @nigaoe ちゃんとの「モダンでのおばちゃんホールドぶら下がりが多い」についての検証&考察の結論なのであった(^^;   
   webで 

28SOBA サークルダンスおばちゃんに多いホールドぶら下がりについて @nigaoe ちゃんと朝食とりながらの考察「おばちゃんに多いのは腕の筋肉(上腕三頭筋)が振り袖タッポンで重いんじゃ」「ん(笑)?でも男性がチャントして、そこに伸ばしてるなら振り袖肉でも楽なはずだよ」「そうね悪循環かしらね」   
   webで 

cinnamonchann @28SOBA 今、昔を思い出して、キューバンルンバのステップふんでみました。下腹部にぐっと力入れて臀部もしまるから、女性は下半身やせるには最適ですね。また始めようかな (U 。U*)   
   webで  28SOBA宛

28SOBA  ダンスモダンのホールド、女性側を今聞きながら立場変えてシミュレーションしてみた。上手い女性のやり方は手がスッと伸びて形が良いだけでなく楽だ。自 立って言うと何やら随分な褒めすぎ。手を自然にスッと楽な感じで形良く伸ばしているだけジャン(笑)それを男性が外から包む様に受け支え合っている 
   webで 

miyakowasure しーたん、りぼんちゃん、まりあさん、ネットダンス講座が始まってますよ。早起きは3文の得ですよ。miyaは午後しか、聴講できないから、よく聴いてね、居眠りしないでね。ややきわどい、Rなんとか指定です。^^):行って帰ります。   
   webで 

28SOBA  年配の女性でも上手い人がいますネ。若くても股関節硬くて下手な人はいますが、年配でも上手い人は股関節が柔らかい。ワルツなどでズンと踏み込んでいった 時の深さも大きい。踊りも大きく躍動感で楽しめる。油断すると男性の部分があれなんだが、気がつかれてもさすが平気な顔で数曲と言う経験があります
   webで 

28SOBA  サークルダンスの女性で多いのだがホールドでぶら下がる女性がいます。若い頃は筋トレで逞しかったんだが、さすがのオイラも支えきれない(笑)。線の細い 男性なら拷問カモ。さらに年配で股関節堅かったらほとんど踊りにならない。大体壁の〜になっちゃうんだが、本人は多分気がつかないだろうね。   
   webで 

28SOBA  ウーマンリブ方面から見ると「ダンスなんて何よ男がリードするなんて」かもネ?(笑)アマルガメーション組み合わせてリードは確かに男性なんだけど、ダン スは中々味わい深いのだ。例えば上手いホールドと言うのは女性も自分でシッカリ立ってる。お互い手で軽く押して支え合ってるので数曲踊ろうが殆ど疲れな い。   
   webで 

cinnamonchann @28SOBA sobaさま こちらこそ 20代の自分に戻れたようで、とても楽しかったです。コメント、いま拝見させていただきました。いろいろ苦労して独りよがりになっている自分に気付かされたような気がしました。うれしかったです。ありがとうございました。   
   webで  28SOBA宛

28SOBA @cinnamonchann シナモンちゃん、今日のダンス談義久しぶりに思い出し楽しかったです。ありがとうです。なお「外套」について書いたコメント読んでくれましたか。
webで   cinnamonchann宛

cinnamonchann @28SOBA 確かに、息の合う合わないがあって、知り合いがいい訳でもなく、初対面でも息が合ったり・・・不思議ですね。   
   webで  28SOBA宛

28SOBA @cinnamonchann なお @nigaoe のブログやTwitter70%は僕がやり、一寸使い後は放置状態。PCは合う合わないがありますね。パソコンは検索で時々使ったり、旅行前に情報調べたりしてる様です。パソコンは専用の古いXP、手垢もあまりつかず新品とは言わないが埃(笑   
 

28SOBA @cinnamonchann その通り、だから難しいの(笑)逆にピッタリ伝わるとこれほどやってて楽しい踊りもない。 @nigaoe ちゃんは自分で言うのも何ですがモダンもラテンも上手いです。最近やらず難しいアマルガメーション忘れるも二人とも基本はバッチリだから直ぐにでも踊れます   
   webで   cinnamonchann宛

cinnamonchann @28SOBA  なんだあ・・・・・それじゃあ、男女ともだめなわけですね (爆笑)   
   webで 

28SOBA @cinnamonchann キューバンで困るのは握った手を通し動きが伝わるのに手のひらをただ差し出すようにしている女性。サークルダンスで多い。受け左右開く時など男性のフィス ト部分を女性は手首に近い掌で受けます。尤もその前に女性を迎える男性の手の受けが出来てないケースが多い(笑   
   webで   

cinnamonchann @28SOBA 確かに音楽でも、ダンスでも、一流を聴いたり、見たりは大事ですね。まず頭でイメージしますからね・・・。じゃあ SOBA さんがリードしてくだされば、踊れるかもですね (U.。U*) 5秒以内前 webで   
   webで  28SOBA宛

28SOBA @cinnamonchann キューバンは出だしが難しく僕もよく注意された。99%の責任は男性側にあります。シナモンちゃんは音楽好きだから踊れないはずはないですよ。教室の先生の基本ステップだけの伸びやかで切れの良い踊りの印象は強烈でした。最初に一流を間近で見るって大事ですね。   
   webで   cinnamonchann宛

cinnamonchann 今、会社からです;(++) YMCのあと、キュー版ルンバが踊りたくて、個人レッスンいきましたが、やっぱり鈍くて、ものにはなりませんでした。クイックはうまく続くと最高にたのしかったですね。 \(U 。U*)/   
   webで 

28SOBA  そのYMCAも今はない、バブル時にイケイケでデラックス建物立て、いわば殿様商法で行き詰まってしまった。古いプールではオリンピック選手も巣立ったり とかの明治以来からの伝統の地から消えた。ただし、他のブランチは残ってます。シナモンちゃんの横浜Yには昔D体操の交流だったか行った事有り。
   webで 

28SOBA ちゃんとしたのもだが、恋人同士チークダンスも味わいあるなり。楷書あり行書あり草書とかあるように、色々あって良し。ただし、お互いちゃんとしたのがで きると純チークにならずチーク的ブルースとか。ちゃんと踊った方が遙かに音楽楽しめるし、リズム感躍動感も違う。なんつーか体も喜ぶよネ(^^;   
   webで

28SOBA YMCAでは勿論団体レッスンだった。一通りフィガーやアマルガメーションを覚えたなら、次は女性の足形を覚えるが吉。女性でも気の利いた者は、覚えてく ると相手のステップを覚えようとする。相手のをシミュレートするとよりダンスが分かるようになる。これダンスに限らず他の事にも通じる事なり。   
   webで 

28SOBA 日本でダンスと言うと、特に若者の場合なんかよく分からないダンスの総称だが、米国は知らず、特にヨーロッパ方面ではソシアルダンスを言う場合が多い。一度はやっておいた方が良い。出来れば若い時に、個人レッスンで、ビシバシ徹底的に基本を教えてもらうべし。   
   webで

cinnamonchannやっぱり SOBA さんて・・・・・ 意外性ありあり人物でした~あ (。++。)   
   webで 

28SOBA サークルレッスン誘われた事有り。レッスン後自由タイム、年配の女性と踊る。基本シッカリでホールド良し(ぶら下がる女性も駄目なの)。踊りやすい。ふと あの部分変化す。でもこう言う時漫画になるから断固腰引くべからず。相手も完全に気がついていたがお互い何食わぬ顔で断固ダンス貫徹した(^^;   
   webで 

28SOBA ダンスでは手のホールドも大事だけど、上手く言えないが臍から右側あたりのボディタッチ大事な気がする。ある程度できてたのかそれほど注意された訳でもないが、但しソフトにネ。先生美人なるも自分の部分冷静だった。習うのに神経でそんな余裕なし。(^^;   
   webで 

28SOBA 個人レッスンでダンス基本叩き込まれるなら若い時が吉。物覚えもだが、特に年取ってからだといわばお客さん扱いされる場合多し。老若どちらもだが、レッス ンスタート前に「草大会」でもいいが競技に出たいと言うのもいい。通い詰めて熱意伝えるより、ストレートで伝えるが吉。レッスン料考えよ(^^   
   webで

28SOBA  ダンスってモダンは特にだが、組んで少し踊っただけでお互いの性格が分かってしまう。日常的にも気が弱い人は、性格を強く修練してから習うが吉。モダンな らホールド通して女性をリード出来ないのが分かるし、ラテンなら握った手を通してリード出来ないのが即伝わる。逆に自分勝手ワガママリードも即(笑 
   webで 

28SOBA  シナモンちゃんが書いてたので、シャルウィーダンスネタ。若き日ダンス学んだ。区のダンス講座→YMCA教室→すこし逡巡するも個人レッスンと自分的な一 直線コース。ダンスやるなら出来たら若き日に個人レッスンでモダンもラテンも基本叩き込まれるが吉。特にモダンでホールドが良くなるとモテルよ
   webで 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

飯山一郎HP強制閉鎖とキーワード、押尾学事件(麻薬・覚醒剤・売春・全裸体の変死事件)⇒平沢勝栄と森祐喜(森元総理の息子)

 2009・8・30まで飯山一郎HPのトップ左上には雑談日記制作「心を一つにし断固闘う」バナー心を一つにし断固闘う、偽装新党警戒し8・30勝利目指せ を掲示して頂いていた。

 「義を見てせざるは、」である。梁山泊である。ネット連鎖しておきます。

 まず、閉鎖された

飯山一郎HP
http://www.geocities.jp/o1180/index.html

 飯山さんのBBSはまだ無事です。

☆ 雑談室:『時事放題』 ☆
http://grnba.bbs.fc2.com/

 飯山さんはTwitterやってます。⇒Iiyama16

 以下飯山さんの「呟き」

http://twitter.com/Iiyama16/status/5363236114

http://twitter.com/Iiyama16/status/5376467131

http://twitter.com/Iiyama16/status/5378533351


http://twitter.com/Iiyama16/status/5380566063
平沢勝栄は,名誉毀損されたとヤフーに苦情を言った.それだけなのに,ヤフーは私のHPを予告もなく“抹殺”した.ヤフーって,平沢勝栄にはかなり弱い.弱すぎる!

 以下、言及ブログなど。

2009年11月03日
飯山一郎氏のホームページが強制閉鎖処分となった (低気温のエクスタシーbyはなゆー)
http://alcyone.seesaa.net/article/131945313.html

てげてげ(ネットゲリラ)
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/11/post_4d89.html


 以下、資料として採録&ブログ連鎖。

警察官僚の平沢勝栄によるブロッグ強制閉鎖の弾圧と孫正義のスパイ化
http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/151.html

削除しろって言われるか
http://blog.goo.ne.jp/palinokuni/e/4bc24e2751b351e6337e089d29868f18

YahooによるHP閉鎖は名誉なこと (サムライ)
    2009-11-03 06:07:48
    「シバちゃんのため息」では地通制限があるので、こちらに飯山さんの件の続報を投稿させていただきます。

    サムライ拝

    川原さんのブログで飯山さんがTwitterを出しているのを見落としていました。Yahooならぬソフトバンクによるブログ閉鎖は、平沢勝栄氏という代 議士による圧力と判明しました。これで、森祐喜氏(森元総理の息子、自民党石川県議会議員)が、押尾学事件に深く関連したことが明白となり、寧ろ平沢氏に “感謝”すべきかもしれません。

    ご参考までに、平沢氏の経歴をグーグルで確認すると、某ブログに「平沢勝栄(自民党衆議院議員、元警察官僚、パチンコ業界と癒着、関係者不祥事の際に警察に圧力)」とありました。

    問題となった飯山さんが平沢氏について取り上げた記事を以下に貼り付けておきます。

    ********************************************************
    ◆2009/08/29(土) ウシシ牛死ウシシ,超大物が落ちる楽しみ!

    政治はドラマ,選挙もドラマだ.スリルがあったほうがいい.
     サスペンスに満ち,ミステリーがあると,なお面白い.
     今回は,麻薬・覚醒剤・売春・全裸体の変死事件…,
     六本木ヒルズの有名人だけでなく,K察までが汚染され…,
     これを警察官僚あがりの平沢勝栄が必死こいてモミ消し工作に奔走してきた.
     そして,ぬぁんと,なんと! 自民党のドンと石川県の県会議員までが,この麻薬と
    売春事件にカンでいるというのだ.ミステリアスですねー
     さらに,この麻薬+売春&変死事件という 極悪犯罪 を,
     テレビ局が総上げで全力隠蔽してきた,この一ヶ月間.
     G層は見抜いてますよー.烈火のごとく激怒してますよー.
    ********************************************************


    ********************************************************
    ◆2009/08/26(水) 恨み(ウラミ)をはらす選挙!

    さて,おいらが時々見ているサイトなんだが,えらく怒っている.ギョウカイヘッドさんちなんだが,押尾学の麻薬・売春・変死事件で,日本は 暗黒国家になった,と.

    予想通り、とんでもない幕引きとなった。
    押尾学の六本木ヒルズレジデンス2307号室での事件は、闇に葬られた。
    東京地検は24日、合成麻薬MDMAを使用したとして「麻薬取締法違反(使用)」で起訴した。しかし、同室で変死した田中香織さんに対する「保護責任者遺棄致死容疑」については立件せず、再逮捕しない方針を固めたという。
    要するに、押尾が、田中さんを素っ裸のまま放置して逃亡したことに関しては、当初の通り「事件性なし」と判断したことになる。早い話が田中さんは「勝手にMDMAを服用して死んだだけ」というわけだ。
    だいたい、警視庁も麻布署も、田中さんの死亡に関しては、ほとんど発表してこなかった。おそらく、最初から調べる気がなかったからだろうが、これほど誰から見ても納得できない事件は前代未聞だろう。
    法治国家・日本で、こんなことが許されてしまうとは!
    もはや日本は暗黒国家である。
    やはり、今回の事件は、揉み消す勢力の圧勝ということなのか?
    東京17区から衆院選に出馬する平沢勝栄も、元総理の森喜郎も、今回の事件では「(警察に)圧力をかけた政治家」として疑われているんだから、もし身が潔白だったら「もっと徹底的に捜査しろ!」と言うべきだろう。
    「自分には関係のないこと」とか言って知らん顔している自体が実は怪しい。
    こんな悪魔のような政治家どもは落選させるべきだろう。
    そして、出来ることなら政権交代によってご都合主義の警察組織は、即刻、解体すべきではないだろうか。

    おいらも,ギョウカイヘッドさんちの怒りは理解できるんだが,こうなると可哀相なのは「目くらまし」にされた のりPこと酒井法子さんなんだが,飯山の爺さんも言ってた,

     今回の総選挙は,恨み(ウラミ)をはらす選挙 でもある!
     日本全国の のりPファンよ! 酒井法子のウラミを選挙ではらそう!
     同時に…,
     植草一秀元教授を心配する日本全国の同志たちよ!
     この恨み(ウラミ),この怒りを,選挙ではらそう!

    おいら思うんだが,日本全国の のりPファンや 植草元教授を心配する人達の気持ち,
    これを,あと5日間,友達や親戚や隣近所に必死で伝えて欲しいマンモス….
    ********************************************************


自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、心を一つにし断固闘う

 

 2005・9・11郵政選挙からの臥薪嘗胆の日々、あの頃の気持ちを忘れず頑張ることが出来ました! 

 政権交代確定後、31日午後に制作した新しい2種類のバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End」版

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

「拝啓、小沢一郎様」巻頭言バナー・コピー作者としてのご縁もあるので、雑談日記でも阿修羅アップした確実な小道をご案内します。

 BBSなどでもWeb版として再び紹介されているようですが、掲示板は栄枯盛衰が極端なので「拝啓、小沢一郎様」への確実なアクセスを雑談日記でもご案内しておきます。

 どうも、現在BBS界隈で撹乱者にひっかきまわされている様です。THE JOURNALなどでも紹介されネットで広く知られている「拝啓、小沢一郎様」巻頭言中コピー作者(SOBA制作バナー・コピー、どなんとぅ氏原文)としてのご縁もありご案内しておくべきと思いました。

 左サイドエリアで「↓3・3を機に目覚め起ち上がった人々の感動の書簡集」として小沢バナーにリンクを張っておきますが、肝の部分だけこのエントリーでもご案内しておきます。

(引用始め)

 何時衆院選になるかと言われていた、2009年3月3日、東京地検特捜部は民主党小沢党首の公設第1秘書大久保隆規氏を虚偽記載と言う形式犯で逮捕しました。ネットでは「これは国策逮捕ではないか」の声が澎湃として起こりました。そんな中、平成海援隊BBS(→TOKYO CALLING)から生まれた、「小沢民主党での政権交代を!」の熱い思いよとどけ、とどいてくれの書簡集「拝啓、小沢一郎様 」です。一通、一通書き手の熱い思いが伝わってきて読んでいると胸が熱くなります。

(略)

 何が何でもバックアップで阿修羅。(108頁で約4.8MB106頁で約2.4MB、阿修羅サーバーの回線が細いようで少し時間がかかります。再アップ版では白紙頁と、最終頁の仁王様小沢顔アップ民主党ポスター画像が省かれてます。)
http://www.asyura2.com/bigdata/bigup1/source/201.pdf

(引用終わり)

※なお詳しくは最初に書いたバナーのリンク先の下記エントリーでお願いします。
「拝啓、小沢一郎様」を一人でも多くの人に読んで欲しいと感じたから、リンク先のやり方の画像入り説明です(PC初心者向け)。


 記事中のリンクはリンク切れになっています。記事中赤字はSOBA、詳しくは↑上記リンク先で。

ネットから生まれた小沢への激励の手紙76通が書簡集に【THE JOURNAL】
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/05/76.html

 政治問題を討論するインターネット掲示板「平成海援隊」「TOKYOCALLING 行動へ向けての準備室」が、西松献金事件の影響で劣勢に立たされている小沢一郎氏を激励する手紙を募集したところ、4月19日からわずか5日間で76通もの手紙が届き、それが一冊の本となったことが話題となっている。

 この激励書簡集のタイトルは、「拝啓、小沢一郎様」。総ページ数は101ページにおよび、小沢ファンだけではなく、無党派層からも多数の手紙が寄せられていることが特徴だ。

■リンク:「拝啓、小沢一郎様」

 なかでも目立つのは、検察による異例の逮捕劇やマスコミの偏向報道に嫌気がさし、はじめて政治に目覚めたとする一般市民の声だ。書簡集の冒頭には、「攻撃 されているのは小沢氏ではない。歴史上初めてまっとうな手段で民衆の手による大変革が実現する、その最後の段階で仕掛けられた、権力による民衆の希望への 攻撃なのです」と書かれており、おさめられた手紙には「自分たちが民主主義を守るんだ」という強い意気込みが感じられる。

 この書簡集はすでに小沢事務所に届けられており、小沢氏もすでに目を通しているという。小沢氏が代表続投に強い意欲をみせているのも、こういった草の根市民から届けられた声が影響を与えているものと思われる。

 なお、TOKYO CALLINGでは現在、3月3日に逮捕・拘留された大久保隆規氏への手紙も募集している。
http://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?Tcalling0904+1003

           投稿者: ニューススパイラル 日時: 2009年5月 8日 14:41|

 

 上記記事中、赤字部分は下記バナーの一コマ目です。

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

どなんとぅさんの下記元文章をバナーに表示出来るように僕自身が短くまとめたものです。

 今回のあからさまな権力からの市民・国民への攻撃(攻撃されているのは小沢代表ではないのです。おそらく日本の歴史上初めて、まっとうな手段で民衆の手による大変革が実現する、その最後の段階で仕掛けられた権力による民衆の希望への攻撃なのです)に対し、小沢代表は毅然と、見事に反駁しました。心強さを感じました。

   (略)

   <投稿者---どなんとぅ(2009/03/10 02:21'58") >

 


自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を

 

 2005・9・11郵政選挙からの臥薪嘗胆の日々、あの頃の気持ちを忘れず頑張ることが出来ました! 

 政権交代確定後、31日午後に制作した新しい2種類のバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End」版

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現自End

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー 
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »