« 平成海援隊BBSアクセスの爆発的急増に、生活者・国民のまるで海鳴りのような怒りの声と大きなうねりの一端が見える。 | トップページ | アホウ太郎の思いつき&創価ゴマすり定額給付金、DV被害の妻の分で夫横取りなので助けにならずの悲喜劇。 »

2009年4月22日 (水)

著作権とネットでの転載について、つれづれに考えてみました。

 平均以上にリーガルマインドがあると自分で勝手に思ってるとはいえ、僕のような普通のおじさんにとって正直重いテーマではあります。あれこれと考えるきっかけを与えてくれた(※)平成海援隊管理者ニライカナイさんに感謝です。

※既に過去ログでリンク切れ。以下採録。

 

No.13889
Re:日本国中にながしたい歌をみつけた。
ニライカナイ(2009-04-21 07:23:45)
 
SOBAさんの投稿№13748を削除しました。
 
大変心苦しいのですが、ネット上での歌詞の全文掲載は著作権法違反になります。
歌詞の紹介等は、歌詞検索サイト等へのリンクの形でお願いします。
 
BBSを継続し続けるための措置としてご理解ください。
 

 おじさん的に考えてみて、現代風な俗っぽい言葉で言えばやはり人様の商売の邪魔をしてはいかんだろうと思います。

 普通、歌というのは実際に聞いて「これいいなぁ、これCDで販売されているなら自分でも買いたい」と言う段階を経るのだと思います。(1)メッ セージソングのような場合、歌詞を聴いてからなおさら購買意欲が刺激されて買いたくなると思うので、歌詞を紹介することは販売促進になるだろうと勝手に考 えてご紹介した訳ですが、(2)考えてみるに歌詞そのものにも著作物としての価値がある訳で、歌詞をさらに知りたいからメロディはおいといてもCDを買っ て歌詞だけを知りたいというのもありだと思います。

 現在(その1その2その3その4)の各エントリーで歌詞紹介している訳ですが、(1)の観点から、(その1その2その4)については歌詞紹介をし、さらに「Uta-Net=歌ネット」 無料歌詞検索サービスのリンクURLを張っておきました。その後、(2)の考えもあると思い、現在では歌詞全部ではなく前半部くらいだけをご紹介し、残りの部分については(略)としています(※注)。なお、その4のエントリー中、「地球兄弟」だけは「地球兄弟プロジェクト」のHP、http://www.chikyukyodai.com/ を見ていただければお分かりのように作詞・作曲者の河口さん自身が運動の提唱者として多くの人に広まることを願っておられるので歌詞全文をそのまま載せています。

 その3 では現在でも歌詞全文をエントリーでご紹介しています。なぜなら、エントリーの趣旨そのものが題名「You Tubeで、グループ名で検索すれば出てくるけれど、曲名で検索すると出てこない不思議な歌。それにしても名曲だなぁ、。」にもあるように、イムジン河の 数奇な運命が歌詞そのものにあるのではないかと言う疑念、場合によれば言論・表現活動の自由とも関連するテーマとして考えなければならないと思いました。 その前提として、歌詞を知らなければ考察のやり様がない訳ですから歌詞の採録は必要と考えたのです(もっとも僕自身で考察すると言うよりも、検索結果の ひどさに気がつき、考察のための話題提起と資料提供の気持ちが強いです。当初、検索すると嘘でも大袈裟でもなく上記エントリーの題名そのものの状態でした。しかし、雑談日記でエントリーをあげたらGoogleでもYou Tubeでも、曲名検索でも出るようになってます。雑談日記のような弱小ブログでも常に監視というか、見られているようでなんとも気持ちが悪いです ね。(笑))。

※注:この部分については、「いや部分紹介も駄目だ」と言う考えもまだあるかも知れません。ただビジネスモデルとしては部分紹介くらいは許容した方 が宣伝効果としては良いのではないかと僕自身は思います。そもそも、You Tubeなどの歌紹介などは著作権を厳密に適用すれば、ほとんどのものが削除対象でしょう。そしてもしその削除をやるなら、宣伝効果から得られる莫大な利 益が失われることになります。実際、You Tubeはやろうと思えば自社判断ですべて自動的に削除できると思いますが、そうはしていません。権利者からの申し出などをきっかけとしてやっているよう です。現状、権利者からの削除要請がそれほど多くないようなのは、むしろ宣伝効果を認めている権利者が多いことが推測されます。

 その他、著作権については考えなければならないテーマが色々あるようです。元のものを下敷きにしてさらに新しい表現を生み出すような場合です。いわば真 似ですが、そもそも言葉そのものが真似によって習得するものであって(最初は母親から、その後は膨大な数の他者から——実際の人だけでなく、本などの著作 物からも——)、これを徹底したらかなりの文化的な活動が息の根を止められる気がします。パロディなどもいわば真似であり、また声帯模写のような芸は真似 そのものです。しかも、日本には本歌取りと言う世界にも誇りうる優れて文学的な遺産があります。たとえば、

三輪山をしかも隠すか雲だにも 心あらなもかくさふべしや——万葉集の巻一、額田王、本歌——

三輪山をしかも隠すか春霞 人に知られぬ花や咲くらむ——古今和歌集の巻二、紀貫之、本歌取り——

 と古くからありますし、

月やあらぬ 春や昔の春ならぬ わが身ひとつはもとの身にして——古今和歌集、在原業平(825〜880)、本歌——

梅の花 にほひをうつす袖のうへに 軒もる月のかげぞあらそふ——新古今和歌集44、藤原定家(1162〜1241)、本歌取り——

とした藤原定家自身が本歌取りについてまとめてもいるようです(Wikipediaから)。まさか、業平さんの子孫が、定家さんの子孫を訴えるようなことはあり得ない話しですが、真似は駄目よを突き詰めれば理屈的には可能な気もします。(汗)

※その他:(参考1参考2

20090422 ←1、http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND53016/index.html 

リンク先では、一番下で「歌詞の保存、印刷、引用、コピー&ペーストは著作権保護の観点から禁止しています。」となっていますが、本文部分もコピーの前段としての範囲指定が出来てます。


20090422_2 ←2、http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=53878 

リンク先では、「この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。」となっていますが、先頭部分の「歌手、作詞、作曲」 部分以外、歌詞本体部分は範囲指定できません。←1、←2両方ともなんだか書いてあることと、画面の状態が矛盾していてなんだかよく分かりません。(笑)


※政局と対権力からの弾圧の観点:後からよく考えてみて、平成海援隊BBSに対してこれは可能性としてはあると思いました。小沢さんの応援が多い掲 示板と言うことで話題性もありますから、。ですから、管理人のニライカナイさんに削除されたことには何の不満もありません。ただどうなんでしょう、著作権 を形式的に解釈すれば、似たような例として阿修羅の転載投稿は、データ保存のためとは言ってもかなり危うい境目にあるような気もします。ここらあたりからは、もうネットからの有用な活動の実績積み上げと言うことで普段から倦まず弛まずやっていくしかないのかも知れません。

 阿修羅に関しては、マスコミなどの職業ジャーナリストと、一般ブロガーの記事では若干違う気もしてます。一般ブロガーの場合には自分以外に校正す る人もいませんし、追加・修正などはたびたびあります。ですから、一般ブロガーのエントリーについてはできるだけリンク紹介だけにするとか、もし転載する 場合でも信頼の置ける関係者による転載、あるいは実績のあるものの転載を許容すると言うことでやるしかないと思います。

※以下余談:昨日は女房が書店で当たったパスハイクの旅で諏訪の方まで行ってきました。一時雨に降られる時もありましたが、明治時代からあると言う片倉温泉などにも入り一時の骨休みが出来ました。

 

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。徹底的に検察ファッショを糾弾する

クリックすると、大きく拡大します。(↓関連
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

クリックするとジョン・レノンのイマジンに飛びます。
「勝利に向かって前進せよ!断固として、一郎~ッ、ガンバレ」バナー 「勝利に向かって前進せよ!断固として、一郎~ッ、ガンバレ」バナー

司法改革は取調べの可視化から、苦役を課し憲法違反の裁判員制度は断固反対 司法改革は取調べの可視化から、苦役を課し憲法違反の裁判員制度は断固反対ワンちゃんバージョン

↓勝手連連帯CMバナー
それでもボクはやってない それでもボクはやってない
長期拘束の脅しで後を絶たない痴漢冤罪、こんな警察なら税金泥棒だバナー 長期拘束の脅しで後を絶たない痴漢冤罪、こんな警察なら税金泥棒だバナーワンちゃんバージョン 

↓クリックで国策捜査糾弾
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー 国策捜査、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 

↓大林宏は、関係者によるとw、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。徹底的に検察ファッショを糾弾する

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックで、上の2種類、“検察や警察を使って政敵を追い落す”卑劣な麻生糾弾、国策捜査の検察糾弾の幅750pxの大きなバナーが出ます。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑) 国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

↓クリックで特捜佐久間よ国策逮捕だけ?(笑)
   サンプロで亀井氏に「告発しますよ」で竹中動揺↓
竹中も=上祐も、このディベート屋の糞野郎! 竹中も=上祐も、このディベート屋の糞野郎!
ポスターバナー第50作目と第51作目。(サンプロで動揺する竹中のYou Tube紹介

 

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたならです。支持率急落、不支持率急増でビビリまくり、逃げまくり、アホー太郎は解散もしない。政治空白続ければ自民党がつぶれる前に国民生活がボロボロだ。ヘタレ自民は消えろ!自End!
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりと、友好TBPの郵政民営化凍結と、野党共闘にトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

 

内閣三代続けて衆院選なし自民党は退場しろ!

解散できないアッホー太郎は卑怯なヘタレのチキン野郎だ!キャンペーン中!自End!「自民党は退場しろ!」の組込型全ミニバナー一覧はこちら

自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

特にココログの場合で、即行で自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックの応援をよろしくです
人気blogランキングバナー

陰謀リテラシーかく乱にトンデモを混ぜるのはあるかもネ(政治に陰謀・謀略はつきもの。最近の闇雲否定論者は工作員かな?)
雑談日記作。(^^;(笑)

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索すると、自End!TBP「自民党政治」はすべて1位か3位、つまりトップ頁です

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
いいニャ~自Endバナー 民主党にも「喝~~~ッ」と気合いだバナー
自民党政治と        民主党政治
いいニャ~、郵政民営化凍結 野党共闘はいいニャ~バナー
郵政民営化凍結と     野党共闘(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)、政治全般にもトラックバックす。
TBP「社民党や共産党」バナー TBP社民党や共産党にも時々TBす。 

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« 平成海援隊BBSアクセスの爆発的急増に、生活者・国民のまるで海鳴りのような怒りの声と大きなうねりの一端が見える。 | トップページ | アホウ太郎の思いつき&創価ゴマすり定額給付金、DV被害の妻の分で夫横取りなので助けにならずの悲喜劇。 »

言論・表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122555/29232598

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権とネットでの転載について、つれづれに考えてみました。:

« 平成海援隊BBSアクセスの爆発的急増に、生活者・国民のまるで海鳴りのような怒りの声と大きなうねりの一端が見える。 | トップページ | アホウ太郎の思いつき&創価ゴマすり定額給付金、DV被害の妻の分で夫横取りなので助けにならずの悲喜劇。 »