« 「忘れちゃいけない連合赤軍事件」で検索すると、実に不思議な検索結果。映画を見たくなかったけれど、やはり見る必要あるかなぁ、 | トップページ | 布施明のですけれど、「 五月のバラ 」 がYou Tubeにアップされました。 »

2008年5月24日 (土)

映画『実録・連合赤軍』は若松の遺言であり、左翼への「総括」・鎮魂歌かな。宮台真司がチョイ役で出てて一瞬「オッ」。

 末尾で『実録・連合赤軍』の動画を採録(←クリックで頁内ジャンプ)

 

 昔、黒澤明の「七人の侍」を見ていた時に、若き日の仲代達矢が通行中の浪人姿でほんの数秒出ているのを見つけた。少しのシーンでも観客に分からせるのだから仲代達矢と言うのは大したものだ。※

※場面は、島田勘兵衛(志村喬)と片山五郎兵衛(稲葉義男)が町に出て手伝ってくれそうな浪人を物色しているシーン。『実録・連合赤軍』での宮台真司氏は俳優じゃないので、「オッ、たぶんそうかな?いや間違いなく宮台かも」だった。最後の字幕に名前が出ていたので間違いないだろう。重信と遠山(だったかな?)に活動資金を渡すチョイ役場面だった。サングラスの横顔姿がほんの一瞬で、次のシーンは封筒から万札の束がチラッとアップで、。

 映画の方は、よく知られているエピソードなどが忠実に出ていて「実録」なのかな、と。でも、塩見孝也役が二枚目過ぎて、見ているこちらが恥ずかしくなるような場面もあったり、重信と遠山がスナックで話す場面とか感じが浮いちゃっているところなどもありフィクションがちりばめられてるところとのつながりがしっくりしない。

 総括と言う名のリンチ・殺人シーン、遠山美枝子の自己殴打総括シーン、日本語になってない馬鹿な左巻き言葉を投げかけての総括シーンはまさにこの映画の重要な見せ場とも言えるところで、別に長く感じたりはしなかった。逆に言うとこの見せ場がなければワサビのきいてない寿司のようなもので実につまらない映画になってしまうのじゃないだろうか。

 前の段落で書いた「日本語」がまさにこの映画のキーワードじゃないかと僕自身は思った。加藤能敬(22)と一緒に殺される小嶋和子(22)が、夜の闇の中でおびえながら、「永田君や赤軍派の森さんの言っていることがちっとも分らない」と言うシーンがある。その後縛られて結局総括殺人の犠牲になってしまうのだが…。

 昔校庭などで聞いたアジ演説とか思い出しながら「左巻き連中の日本語は日本語になってねえなぁ、」と、「日本語もしゃべれないお前らガキに"革命"なんてやられてたまるかよ。なめるんじゃねえぞ。」がこの映画、若松が徹頭徹尾連合赤軍に寄り添うようにして描いたこの映画、を見た正直な感想。

 ラスト近く、人質・牟田泰子さんがむすんだお握りを食べながら、5人が話す場面がある。加藤末弟の叫びがまさにこの映画の見せ場ラストシーンかなと、腹から絞り出すような叫びは日本語になっていた。でも、このシーンはフィクション臭い。でもいい、所詮は映画、実録と言う名のフィクション映画として見ればいい。若松孝二、なかなかの手腕。※

そのシーンの録音(mp3)
「同志達にも食べさしてやりたかったな」
「流れたあいつ等の血を受け継ぐのが俺達の闘いだ、俺達の借りは、死んだ同志達にもこの借りをかえそう」
「おとしまえをつけよう」の声。
42秒から加藤末弟「何言ってんだよ、今更、落とし前がつけられんのかよ、俺達みんな勇気がなかったんだよ。俺も、あんたも、あんたも、坂口さんあんたも、勇気がなかったんだよ、勇気がなかったんだよ、勇気がなかったんだよ」

 その「勇気」について。左巻きは「勇気」を持って日本語で話せるようになること。そしてその勇気が(日本語が)通じない相手なら、そんな奴らからは断固として離れる、逃げる。それさえできないなら、あとはもう惨殺総括の初期の段階で、まともな日本語も話せず通じない森・永田を棒っ切れでもなんでも使って頭をぶち割ってでも殺さなければならなかった。暴力を止めるのは暴力しかないと言うのもこれはこれでなんともはやだが、。(当時、思ったのは活動家と言われる連中の言葉が日本語になってない一番のわけは、はったりや見栄じゃないかと思った。仲間にどう見られるか、どう思われるかが一番だいじ。本人は「そんな事はないよ」と言うかも知れないが、人の目を気にしていて、感じたことを話せない、自分の考えを主張できない。要するに根性なしの馬鹿ってことだ。)

 若松の映画を見るのは今回が初めて。テーマがどうもって感じで今までは見る気も起きなかった。
 しかし、雑談日記からのトラックバックやコメントを最近受け付けなくなったヘタレな根性無し糞ブログ反米嫌日戦線「狼」(腹破裂)あたりに映画の感想をまかせるだけではこの映画がもったいない。雑談日記あたりが取り上げてやらなければ、。

 見たのは昨日23日(金)、東中野のポレポレ(polepole)地図、上映最終日で平日の2回目3時半から。観客席は100席位の感じでしたが、空席も目立っていて楽に見ることができた。以降の他の映画館での上映予定は、『実録・連合赤軍』HPで。

 東中野ポレポレ(polepole)の上映予定では「蟻の兵隊」 池谷薫『人間を撮る』出版記念 一週間限定公開中!が良さそう。「蟻の兵隊」はA Tree at Ease(旧ブログの名称は「とりあえず」)Luxemburgさんのところで長いこと写真が紹介されていた映画。5月24日から5月30日まで

関連投稿
左巻きの愚行の金字塔として忘れちゃいけない連合赤軍事件。映画『実録・連合赤軍』、金出してまで見たいとは思わないが…。
「忘れちゃいけない連合赤軍事件」で検索すると、実に不思議な検索結果。映画を見たくなかったけれど、やはり見る必要あるかなぁ、

 

追記:『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』1と2あわせて190分の完全版。

联合赤军 The Red Army 2007 CD1
ufsl3136
https://www.youtube.com/watch?v=q_uMjzQAwnM

2017/02/06 に公開

联合赤军 The Red Army 2007 CD2
ufsl3136
https://www.youtube.com/watch?v=cicGFPx-4GE

2017/02/06 に公開

 

あさま山荘事件 立てこもり犯の告白 ~連合赤軍45年目の新証言~
七転び八起き
https://www.youtube.com/watch?v=B_CfPI8ujdY

2017/04/05 に公開

Sサーバーにアップ ←MediaFireに保存(MediaFireはPCでは使い辛くなったのでipad推奨)※

※回線状態のよい早朝から午前中がお勧め。ipadでMediaFireの場合、クリックするとSafariの別頁が開き、「ファイル名」と「Download(…MB)」のボタンが出るのでクリックすれば再生開始。

 連合赤軍が起こした山岳ベース事件の内、浅間山荘事件についてのドキュメント動画。立て籠もったのは坂口弘坂東國男吉野雅邦加藤倫教(みちのり)加藤元久の5人。この動画で告白しているのは加藤三兄弟(加藤能敬(よしたか)、加藤倫教、加藤元久)の内次男の加藤倫教。

 

追加(2017/11/22):

森達也 リアル共同幻想論」より

2012.6.27
連合赤軍がうらやましい。 とても屈折した言い方だけど
森 達也:テレビディレクター、映画監督、作家
http://diamond.jp/articles/-/20672

 あなたは連合赤軍の事件を知っているか?

 5月13日、連合赤軍事件をテーマにしたシンポジウム『浅間山荘から40年 当事者が語る連合赤軍』に参加した。

 事件からは今年でちょうど40年。なぜこのような凄惨な事件が起きたのか、この事件によって社会の何が変わったのか、そして何を教訓にすべきなのか、そんなことをテーマにして、5時間という長丁場のディスカッションが行われた。

 ……とここまでを書いてから、連合赤軍や彼らが起こした事件についてこの連載の読者は、どの程度の情報を共有しているのだろうかと考える。もしもあなたが60代以上ならば、基本的には説明など必要ないだろう。それほどに大きく報道された事件だった。事件当時は中学生だった僕も含めて、50代はぎりぎりかな。でも事件当時に子どもだった40代以下には、簡単な説明は必要だ。ちなみに教えている大学のゼミで学生たちに「連合赤軍の事件は知っているか」と訊ねたら、「知っている」と答えた学生はほぼ7割くらいだった。3割は初めて耳にする事件だという。そのときは「君たちは好奇心がなさすぎる」と思わず言ってしまったけれど、それも当たり前なのかもしれないと後で考え直した。何しろ40年前だ。風化することは当たり前だ。特に(後述するけれど)連合赤軍の事件に対しては、オウムと同じように「忘れたい」とする力学も働いている。目をそむけたいのだ。ずっと直視を避け続けてきた。だからこそシンポジウムの意味がある。

 熱い政治の季節が終焉の時代を迎えようとしていた1971年から1972年にかけて、新左翼の赤軍派と革命左派(京浜安保共闘)が合流して結成された連合赤軍は、多くの非合法活動を行った。革命の前段階として暴力闘争を肯定した彼らは、当時は過激派などと呼ばれていた。ちなみに赤軍派は革命左派との合流前にも、よど号ハイジャック事件やパレスチナ支援のためのテロ活動など、いくつかに分派しながら多くのテロや事件を起こしているし、革命左派は銃奪取のための交番襲撃事件などを起こしている。


次のページ
メンバー同士が互いに殺し合った山岳ベース事件
http://diamond.jp/articles/-/20672?page=2

 連合赤軍の兵士たち5人が立てこもった「あさま山荘事件」は、10日間の銃撃戦のあいだに警察官2人と民間人1人が殺害され、テレビの生中継は90%近くの視聴率をとったという。僕もその映像は覚えている。日本中が固唾をのんでいたその雰囲気も、何となく記憶にある。まさしく歴史に残る大事件だ。

 メンバー同士が互いに殺し合った山岳ベース事件

 でも本当の衝撃はこの後だ。逮捕後の取り調べで、メンバー同士が総括の名のもとに互いに殺し合っていたことが明らかになった。これが山岳ベース事件だ。犠牲者数は14人。山中に埋められた遺体を掘り起こす写真は、新聞各紙に大きく掲載された(後で知ったことだけど、警察はメディアに写真を撮らせるため、掘り出した遺体をまた埋めたりしていたという)。あまりに凄惨で、あまりに意味不明で、あまりにグロテスクな状況だった。あさま山荘の段階では「学生ガンバレ」(実際には現役の学生はほとんどいなかったのだけど)的な雰囲気が多少は周囲の大人たちにもあったけれど、さすがに山岳ベース事件については、支持する人など誰もいない。もう話題にもしたくない。そんな雰囲気が一気に醸成された。

 こうして日本の新左翼運動は急激に衰退する。1972年。沖縄が返還され、ニクソンがアメリカ大統領としては史上初めて中国を訪れ、田中角栄が書いた『日本列島改造論』がベストセラーとなり、大井競馬場でハイセイコーがデビューした年だ。

 元赤軍派と元革命左派の兵士たち4人を中心にしたこの日のシンポジウムには、とても多くの世代やポジションの人が、パネラーとして参加した。元赤軍派最高指導者で20年近くの獄中生活を送った塩見孝也もいれば、そのライバルで共産主義者同盟叛旗派を創設した三上治、同世代で新右翼の一水会最高顧問の鈴木邦男もいる。他にも漫画家や新聞記者、弁護士や雑誌編集記者や作家などがステージに上がり、この事件について思うことを発言した。

 当時の多くのメディアは、指導者の位置にいた森恒夫と永田洋子の2人が、異常な支配欲や権勢欲、さらには嫉妬や保身や残忍な加虐趣味など個人的な欲望を燃料にしながら、他のメンバーたちの心身を支配して互いに殺し合う閉塞的な状況を作りあげたなどと解釈し、裁判も大筋としては、そうした構図に合わせるかのように進行した。


次のページ
組織共同体を暴走させる負のメカニズム
http://diamond.jp/articles/-/20672?page=3

 それから40年の月日が流れ、主犯とされた2人の指導者は、すでにこの世にいない。森は裁判が始まる前に拘置所で自殺して、死刑判決が確定した永田は、長く脳腫瘍を患いながら、昨年獄死した。

 でもこの間に、当時の山岳ベースで同志殺しに加担した元兵士たちが徐々に出所して、そのうちの何人かは重い口を開き始め、事件の全貌が様々な視点から語られ始めた。さらに森と永田もそれぞれ、逮捕後に書いた自己批判書や複数の著作を残している。つまり事件の全体像を考えるうえでの材料は、決して乏しくない。だからこそ事件から40年が過ぎる今年は、例年にない大掛かりなシンポジウムが開催された。

 ただしシンポジウムのタイトル『浅間山荘から40年 当事者が語る連合赤軍』が示すように、連合赤軍といえば普通はあさま(正式名称は浅間)山荘を連想する。社会に与えた影響の本質があるのは山岳ベース事件だけど、事態があまりに凄惨すぎるため、多くの人々は当時も今も、山岳ベース事件からは目をそむけようとする傾向がある。数年前にNHKの『プロジェクトX』で連合赤軍をとりあげたときも、あさま山荘ばかりで山岳ベース事件への言及はほとんどなかった。まあ番組のコンセプトとしては、仕方がないのかもしれないけれど。

 組織共同体を暴走させる負のメカニズム

 なぜ事件は起きたのか。

 なぜあなたたちは同志への総括を続けたのか。

 あなたたちが処刑されなかった理由は何なのか。

 森や永田に対して今は何を思うのか。

 これらの質問に対して4人の元兵士たちは、マイクを手に絶句する。あるいは考えこむ。互いに意見が食い違う。必死に記憶を振り絞る。


次のページ
上祐の一言に「おまえの言うとおりだ」と麻原は指示撤回
http://diamond.jp/articles/-/20672?page=4

 赤軍派の元兵士だった植垣康博によれば、脱走者に対する初めての処刑(印旛沼事件)が革命左派によって行われたとき、迷っていた永田洋子は森恒夫にどう対処すべきかを訊ね、森は「処刑すべき」と即答し、永田たち革命左派は実践した。ところがその報告を聞いた森は動揺し、側近だった坂東国男に「まさか本当にやるとは……」的なことを口走ったという。

 森や永田に支配され一方的に強制されたのではなく、むしろ自分たちが森や永田を相互作用的に追い込んだ要素もあるのかもしれないと語りながら、元兵士たちはつらそうだ。でも必死に語る。自己弁護はしない。聞きながら、2カ月ほど前に上祐史浩(ひかりの輪代表)から聞いた話を思いだした。1990年に起きた波野村騒動の際に、熊本地検のやりかたに腹を立てた麻原彰晃が、トラックで地検に突っ込めと側近たちに指示をしたという。その後に上祐が麻原に対して「そんなことはやめてください。オウムがつぶれます」と覚悟を決めて言ったら、麻原はほっとしたように「おまえの言うとおりだ」とあっさりと指示を撤回したという。

「そのときは彼がお風呂に入っていて、自分はガラス戸越しでした。一対一だったから、あんなことを言えたのかもしれないですね」

 少しだけ苦笑しながらそう言ったあとに上祐は、「もしも他の幹部たちがいたら、制止はなかなかできません。より過激なことを提案するほうが修行になるかのような雰囲気がありました。麻原と(自分をも含む)側近たちとの相互作用によって、事件がエスカレートしたことは確かです」とつぶやいた。

 中枢の意志を過剰に忖度する周辺。そして周辺の意志を過剰に忖度する中枢。互いに忖度し合いながら集団は暴走する。一人称の主語を喪うからだ。特にオウムの場合は、教祖がほとんど失明状態でテレビや新聞を見たり読んだりすることができないため、弟子たちのメディア化が促進された。つまり米軍が攻撃してくるとか自衛隊が集結しているなどと、麻原の危機意識を煽り続けた。


次のページ
もしも連合赤軍事件がオウム後に起きていたら……
http://diamond.jp/articles/-/20672?page=5

 連合赤軍やオウムだけではない。ナチスやポルポトや大日本帝国など、すべての組織共同体が引き起こす壮大な失敗の背景には、この負のメカニズムが絶対に働いている。

 もしも連合赤軍事件がオウム後に起きていたら……

 壇上でマイクを握りながら、当事者である4人の口は重い。彼らは被害者でもあるし加害者でもある。アイスピックで何度も仲間の胸を突き刺している。縛った仲間の腹を内臓破裂するまで蹴ったり殴ったりしている。凍死するまで放置している。できることなら、その記憶から逃げたいはずだ。忘れ去りたいはずだ。だからじっと俯いている。唇を噛みしめている。でもこの場からは逃げない。沈黙しない。必死に記憶をたどっている。言葉を紡ごうとしている。要約しない。まとめない。

 そんな光景を眺めながら、地下鉄サリン事件から40年が過ぎたとき(つまり2035年だ)、このようなシンポジウムが行われるだろうかと考えた。間違いなく不可能だ。だってオウムの場合は、主要な事件の当事者のほとんどに対して、死刑判決が下されているのだから。精神が崩壊したまま被告席に座らせられ続けた麻原も含めて、質問に答えられる人がいない。

 もしも連合赤軍事件がオウム後に起きていたら、彼ら革命兵士の多くは、当然のこととして死刑判決を受けていたはずだ。 厳罰化はそれほどに進んでいる。それによってこの社会は、学んだり考えたりする機会を失い続けている。

 とても屈折した言いかただけど、連合赤軍がうらやましい。そんなことを思いながら、会場を後にした。

 

追加:
ロフトラジオ開局記念!「革命バカ一代! 塩見孝也議長が送る、シルバー世代から若者達への熱いメッセージ」
LOFTchannel
https://www.youtube.com/watch?v=kuTThtFVPSI

2015/02/22 に公開

最初から、平野 悠氏(ロフト席亭)
5分5秒(#t=5m5s)から、単行本出版者椎野礼仁氏。
9分7秒(#t=9m7s)から、鈴木邦男氏。
13分35秒(#t=13m35s)から、塩見孝也氏。
1時間1分44秒(#t=1h1m44s)から、森てるお氏(西東京市議会議員)
1時間31分52秒(#t=1h31m52s)から、会場からなかがわぶんと氏。
1時間55分45秒(#t=1h55m45s)から、会場から塩見氏への質問など求める。

始めに戻る

 

 パソコンにとってはデータが命、データがなくなればPCはただの箱。パソコンのトラブルに備えデータバックアップするのは常識であり、外付けハードディスクは必須。昔、1996年暮れに購入したタワー型・NEC VALUESTAR PC-9821 V20(OSはWindows95)の内蔵HDDは4GBだった。確か30万円以上で買った記憶がある。容量の大きさに感激したものだ。ところが現在は普及タイプの外付けHDDが3TB(3000GB)で値段が1万円前後。IT機器の進歩のスピードには驚くばかり。

外付けHDD ←関連のAMAZON

 

日記・雑談ブログです。おじさんの雑談も面白いジャンと思ったらクリック(笑)
人気blogランキングバナー

電子投票法は危険だバナー 電子投票法は危険だバナー
自分たちの努力を信じて、いろいろ各自工夫して、廃案にするまでガンバだ!12月21日参院自・民国対今国会見送りするも4月9日自民・民主修正協議同意ニュース 

「自Endポスターバナー作戦」遂行中! 

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索すると、自End!TBP「自民党政治」はすべて1位か3位、つまりトップ頁です

 自Endポスターバナー作戦、第10作目と第1作目
↓click⇒enlarge&move
自End!荒川区予算802億円、イージス艦あたご建造費1400億円、軍事オタクの防衛利権と従米売国で総額1兆円つきあうのですか?バナー 自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤うバナー


イージスと防衛利権

※雑談日記SOBA制作と明示して頂けるとうれしいです。

陰謀リテラシーかく乱にトンデモを混ぜるのはあるかもネ(政治に陰謀・謀略はつきもの。最近の闇雲否定論者は工作員かな?)
雑談日記作。(^^;(笑)

開票(電子投票システム)急ぐより、選挙(衆院選)を急げ!
らんきーブログさん。 

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
いいニャ~自Endバナー 民主党にも「喝~~~ッ」と気合いだバナー
自民党政治と      民主党政治
いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結
野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)、政治全般にもトラックバックす。自民党はTBしても登録者カナダdeが「パージする」とか言って雑談日記を削除しまくり検閲する為(笑)、TBP自民党政治が5000達成したのを機会に原則TBするのはお休みします。(笑)

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161 Health and Beauty Zwilling ネイルファイル 160mm 88302-161

Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻爪用ニッパーつめきり Health and Beauty 巻爪用ニッパーつめきり

発売日:2007/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「忘れちゃいけない連合赤軍事件」で検索すると、実に不思議な検索結果。映画を見たくなかったけれど、やはり見る必要あるかなぁ、 | トップページ | 布施明のですけれど、「 五月のバラ 」 がYou Tubeにアップされました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122555/21133542

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『実録・連合赤軍』は若松の遺言であり、左翼への「総括」・鎮魂歌かな。宮台真司がチョイ役で出てて一瞬「オッ」。:

« 「忘れちゃいけない連合赤軍事件」で検索すると、実に不思議な検索結果。映画を見たくなかったけれど、やはり見る必要あるかなぁ、 | トップページ | 布施明のですけれど、「 五月のバラ 」 がYou Tubeにアップされました。 »