« おっ、ココログのプラス・プロコースで携帯からのアクセスを解析できるようになりましたね。一日平均30か、意外とありますね。 | トップページ | 3月18日「陸自、沖縄の米基地で初訓練 (時事通信)」、それにしても露骨、米軍の下請け自衛隊へ一直線。 »

2008年3月20日 (木)

チベットでの弾圧で、中国政府への抗議文といくつかの記事を集めてみました。

 まだ情報が錯そうしてますが、以下、チームZAKIのメーリングリストに入った攝津正さんのメールから転載します。


mixiからの転載です。

チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン(TSNJ)が中国政府によるチベット人弾圧に対する抗議文送付を呼び掛けているので紹介します。転載・転送大歓迎です。

「チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン」(TSNJ)
http://www.geocities.jp/t_s_n_j/

--------------------------------------------------------

●チベットでの抗議弾圧の中国政府への抗議文(例)

集められた情報に基づき、宛先と抗議文を取り急ぎアップします。心ある方は下記を利用してチベット人への弾圧を止めるよう要請してください。

宛先

(葉書:国外=70円、日本国内=50円、 中国への封書は90円)

(国家主席)
中国 100016
北京市 国家主席
胡錦濤 主席 收

(チベット自治区人民政府)
中国 850000
拉薩市 康昂東路1
西藏自治区人民政府
向巴平措 主席 收

(チベット自治区司法部)
中国 850000
拉薩市 奪底路
西藏自治区司法廳
廳長 收

<写しの宛先>

[駐日中国大使]
106-0046
東京都港区元麻布3-4-33
中国大使館 特命全権大使
崔天凱  閣下
mailto:info@china-embassy.or.jp

-------------------------------------------------------
PETITION

I am writig to your Excellency to express my deep regret at the resource toviolence toward protest in Lahsa and other area Tibetan inhabitable area.

■The immediate release of detained people involved protests.■A commitment of all prisoners arrested for “counter-revolutionary” offences or “endangering national security” in Tibet will cease.(China does not recognize the expression “political prisoners ”)■Undonditional access for an independent UN investigation into the events of the last week in Tibet.■Improvement human rights that China promised as a condition of holding Beijing Olympics.

Respectfully yours.

請   願   書

ラサやその他のチベット人居住地域において起こった抗議行動に対し、中国当局が暴力を行使したことに遺憾の念を示すためお手紙差し上げます。
■抗議行動によって拘束された人々を直ちに釈放すること
■国家反逆罪やチベットにおいて国家安全の危機にさらすとされ逮捕された全ての囚人に対する拷問や虐待の中止を約束すること
(中国政府は政治犯という表現を認めていない)
■今回のチベットでの出来事に対し、国連の独自調査を無条件に受け入れること
■北京五輪開催の条件として約束された「人権の改善」を果たすこと

           敬白
 署名:

-------------------------------------------------------

【背景情報】

チベット民族蜂起から49周年の3月10日、平和的なデモを行う僧侶に対する中国警察の暴力行使により、現在では89年3月の騒乱以来、最大規模の抗議行動となっている。
抗議行動は青海省、甘粛省、四川省の近隣省のチベット人居住区にも拡大し、死者が出ている。

10日、チベットの国旗を振り、ビラを配るなどの抗議行動を11名ほどのチベット人が開始した。この抗議者たちはツクラカン大聖堂(ジョカン寺・大昭寺)の外で激しく殴打され拘束された。

目撃者によれば3月11日に、前日の抗議で捕らわれた僧侶たちの解放を求めて抗議に集まった500人の人々に対し、中国の警察は催涙ガスと電気棒を使用し制圧したと報告がある。

14日、抗議行動が激化し、漢族の経営する店などが焼き討ちになるなどに発展した原因は、中国当局の装甲車が群衆の中に突入し、その際に倒された人々100人以上を拘束しどこかへ連行したことで人々の怒りを増大させたことにある。

ラサでの抗議行動を受け、約400人の僧侶がデプン寺からラサの中心を目指して行進を始めた。ダライ・ラマの非難を紙に書くことを強制したり、政府 の政治宣伝に服従させるなど、政府が強制した政策の緩和を僧侶たちは要求し、途中、50人以上の僧侶が逮捕された。拘束された僧侶を支持して、別の僧院で 続いて抗議行動が行われ、ラサやそのほかのチベットの地域に動揺の波紋が広がり、チベット人たちがそれに加わった。

16日現在、チベット亡命政府は死者80人、負傷者72人にも上ると発表した。

デモに参加する人々には平和的に抗議活動を行う権利があり、集会の自由と表現の自由を認めない中国は国際人権基準に違反している。
中国当局は、チベットでここ数日間しかれている地域封鎖と長期に渡って人権が監視抑圧されている点を特に踏まえて、先週チベットで発生した事態に対し、国連の独自調査を受け入れるべきである。

-- 攝津正 Tadashi SETTSU a.k.a. "Linda"
mailto:tadashi_settsu@yahoo.co.jp
「攝津正 Tadashi SETTSU」
http://www.geocities.jp/tadashi_settsu/
「femmeletsの日記 Queer Linda Diary」
http://d.hatena.ne.jp/femmelets/


Gc_nyima写真左は下記記事中に出てくる誘拐時6歳、世界最年少の政治囚とされる第11世パンチェン・ラマ


北京五輪を前に、中国でこれだけの人権抑圧【JANJAN】
http://www.news.janjan.jp/world/0803/0803183088/1.php

田中龍作2008/03/19
オリンピックを控えた中国で人権抑圧がむしろ強化されている事実が指摘された。ヒューマン・ライツ・ウォッチ」のケネス・ロス事務局長が東京で記者会見し、「日本政府は中国政府に対して人権侵害をやめるよう働きかけるべきだ」などと訴えた。

 人権問題の国際的な監視団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)のケネス・ロス事務局長が来日し、18日、東京の日本外国特派員協会で記者会見して「日本政府は中国政府に対して人権侵害をやめるよう働きかけるべきだ」などと訴えた。

北京五輪を前に、中国でこれだけの人権抑圧 | 「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」のロス事務局長(日本外国特派員協会で、筆者撮影)
「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」のロス事務局長(日本外国特派員協会で、筆者撮影)
 HRWは今年1月8日付で福田康夫首相あてに「人権と北京オリンピックについて」と題する書簡を送り、中国政府による人権侵害を指摘している。主な内容は次の4項目からなる。

 1、報道の自由に対する侵害……中国政府はオリンピックの間(準備期間も含めて)、メディアに報道の自由を与えると約束した。しかし、外国人ジャーナリストたちは治安当局により嫌がらせ、身柄拘束、脅迫などを受けている。

 2、出稼ぎ建設労働者の権利侵害……北京五輪にからむ建設ラッシュで100万人余りの出稼ぎ労働者が建設作業に従事している。彼らの多くは賃金を騙し取られ、危険な現場で働かせられているにもかかわらず、保険の適用を受けていない。

 3、五輪関連インフラ建設のための強制立ち退き……五輪会場、道路、地下鉄建設のため北京市の広い範囲で再開発が行われている。数千人もの市民が適正な手続きや補償金の支払いもないまま強制立ち退きを迫られ、自宅を取り壊された。

 4、反体制活動家の自宅軟禁など……中国政府が人権を尊重しないことを批判する市民は身柄を拘束されている。自宅軟禁は警察が直接実行している。曖昧な法的根拠や被疑事実で拘束されることが多く、市民は公開裁判を受ける基本的権利も認められていない。

 これらの事実は、今まで大メディアでは控え目に、しかも抽象的にしか報道されてこなかった。だが、世界的な人権監視団体であるHRWが具体的に指摘すると、改めて中国の人権事情の劣悪さを思い知らされる。

「チベット仏教への弾圧が憂慮される」

 海外のメディアを遮断していることもあって実情が伝わってこないチベット情勢について、ロス事務局長は「大きな懸念を持っている」とした上で「日本政府は中国治安当局が国際的な基準に従うよう要請すべきだ」と力を込めた。

 中国の温家宝首相が「ダライ・ラマ14世がチベット暴動を扇動している」と批判したことについての質問に、ロス事務局長は次のように答えた。「ダライ・ラマを分離派とつなげること自体がおかしい。チベットでは大々的な弾圧が行われている」

 「チベットの情勢は正確に把握できていない」として、それまでは慎重な姿勢を崩さなかったロス事務局長は質問を機に堰を切ったように語り始めた。

 「宗教への弾圧が憂慮される。将来の宗教指導者まで弾圧しようとしていることをチベットの人々は恐れている。集会、結社の自由はない。チベットの人々がデモをしたい気持ちはわかる」

  将来の宗教指導者とは、1995年、ダライ・ラマが認定したパンチェン・ラマ(ダライ・ラマに次ぐチベット仏教界のナンバー2。阿弥陀仏の化身と言われ る)のことである。認定された直後に中国政府によって拘束された。当時6歳。世界最年少の政治囚とされるが、その後、パンチェン・ラマは行方不明になって いる。

 中国政府は代わりに、自らに都合の良い別の少年をパンチェン・ラマに仕立て上げた。チベット仏教を形骸化するものとして国際社会が批判している。

 こうした上で、ロス事務局長は「新疆ウイグル自治区でも同じことが起きている」と憂慮の念を示した。こちらはイスラム教徒への弾圧である。

 ビルマの軍事政権を支えているのが中国だとの批判があるが?との質問に、ロス事務局長は次のように答えた。

 「軍事政権に改革を呼びかける機会を中国は失った。ビルマ民主化闘争20周年の年に中国はオリンピックを迎えることになる。(ビルマ軍事政権を支援していることは)北京オリンピックに影響を与えることになるだろう」

 ヒューマン・ライツ・ウォッチとしては、オリンピックのボイコットは考えていないという。近く「HRW東京事務所」を発足させ、日本政府への働きかけを強化することにしている。


 以下、参考として関連記事を採録。

Pk2008032002196853_size0 飛び火警戒 チベット“封鎖” 雲南ルポ 警察、移動を制限【東京新聞】

2008年3月20日 朝刊

19日、中国雲南省シャングリラ県で、広場に集結して警戒にあたる武装警察官=小坂井文彦撮影
写真

 【ディチンチベット族自治州(中国雲南省)=小坂井文彦】「暴動以来、チベット自治区は閉ざされている。この先へは行けない-」。チベット自治区 と雲南省のチベット族自治州を結ぶ幹線道路では十九日、警察が検問を行い、交通を遮断していた。ラサでは僧侶らの摘発が続いており、情報封鎖のためか、外 部からチベット自治区への流入者に目を光らせている。

 チベット民族が人口の三分の一を占める同自治州は、文化、経済的にチベット自治区とつながりが深く、人の往来も活発だ。景勝地シャングリラ県の女 性は「チベット自治区を脱出しようとした親せきが、ラサから約百キロ先で武装警察に止められた」と打ち明けた。街ごとに検問所が置かれ、「住民の移動は厳 しく制限されている」という。

 シャングリラとラサ間の飛行機は欠航し、バス路線も止まったままだ。チベット自治区を目指して車で走ると、何度も検問に遭った。出会ったトラック運転手は「連行されるぞ。記者と名乗っては駄目だ」と耳打ちしてくれた。

 同自治区まで約百キロのデーチン県で「この先は外国人は行けない」と警官に制止された。「暴動があったのか」と近くの男性に尋ねると「何も起きていないよ」。だが、明らかに気が立って緊張した表情だ。

 十四日のラサの暴動以降、武装警官約二千人がシャングリラに派遣された。チベット自治区で起きた暴動が自治州に波及することを強く警戒している。体育館などに宿営し、時折、街を巡回して住民を威圧している。

 シャングリラに住むチベット人男性(22)は「暴動が波及したら、すぐに鎮圧する気だ。ダライ・ラマ十四世が暴動を起こしたという政府の説明はうそだ。だから、漢民族は信用できない」と吐き捨てた。


Rtr200803190074 軍の部隊数百人、家宅捜索も チベット族の自治州【朝日】

2008年03月19日13時57分

 チベット族による騒乱が相次いで伝えられる中国四川省のアバ・チベット族チャン族自治州に18日、入った。確認できただけで数百人の人民解放軍の部隊や大量の武装警察が展開。解放軍兵士によるチベット族の住居への家宅捜索と見られる行為も目撃した。

写真

3月16日に中国・四川省アバ県で撮影された、デモ参加者とされる遺体を囲む人々=ロイター

 四川省の省都、成都から北に約300キロ。白い桃の花が一面に咲き、山にへばりつくように石造りのチベット風住居が並んでいる。

 ナンバープレートのない迷彩色のトラック1台と四輪駆動車2台が止まっていた。約30人の兵士が黒い銃を横に構えて整列。真向かいの家から兵士が厳しい口調で叫ぶのが聞こえた。家の前では青と黄の民族衣装姿の年配女性が緊張した表情で兵士の方を見ていた。

 「どうしたのか」と、車の窓を開けて尋ねると、銃口がこちらを向いた。童顔の兵士は「早く行け」というように首を振った。

 騒乱のあった同自治州アバ県に車列を組んで向かう100台以上の武装警察の車体には、「社会の安定を断固として維持せよ」と書かれている。路上で警備をしていた警官は「ここは軍事管制下にある」と話した。

 アバ県に向かう道では複数の検問もあった。住民の一人は「(騒乱を起こして)逃亡したチベット僧を捜しているそうだ」とささやいた。

 なぜこのような事態になったのか。道を歩いていたチベット族の若い女性に尋ねると、「あなたたちには決して理解できないことだ」。その女性は「私は(漢族が)嫌いだ」と、吐き捨てるように言った。

 同自治州の州都マルカンまで約100キロのミヤロの警察派出所前で車を止められた。警官は記者だと分かると、「すぐに成都に戻れ」と迫った。その理由について警官は「この先で自然災害が起きているためだ」と言って、にやりと笑った。

    ◇

 アバ県では16日、約200人が警察署に火炎瓶を投げ、建物が焼失する騒乱があった。ロイター通信が伝えた。インドに拠点を置くNGOチベット人権民主化センターは、アバ県での治安部隊との衝突による死者は計15人としている。

 アバ・チベット族チャン族自治州は多数のチベット人が住み、甘粛省に接する地域などでは住民の8割以上を占める。



M6035685 米人気俳優、五輪ボイコット呼び掛け (時事通信)

 米人気俳優、五輪ボイコット呼び掛け【PANA=時事】
中国政府によるチベット暴動鎮圧に対して、米人気俳優リチャード・ギアさんが北京五輪のボイコットを世界に呼び掛けた。写真は昨年10月、ワシントンを訪れたダライ・ラマ14世(左)にあいさつするギアさん

[ 2008年3月18日14時47分 ]


M6035736 党スローガンあふれるチベット族の町 【時事通信社】

「五輪歓迎」や中国共産党のスローガンがあふれる中国四川省のチベット族自治州の町。しかし、インターネットなどでチベット族が省・自治区を超えて一体化しているとの見方もある(18日)

[ 2008年3月18日11時37分 ]


M6034163 中国主席のポスターを燃やす活動家 (時事通信)

 中国主席のポスターを燃やす活動家【EPA=時事】
インドのボパールで行われた中国政府のチベット政策に対する抗議デモで、胡錦濤国家主席のポスターや国旗を燃やすチベット支援団体の活動家ら(17日)

[ 2008年3月18日9時3分 ]


M6034064 世界各地で中国当局に抗議行動 【AFP=時事】

中国チベット自治区で発生した暴動をめぐり、16日から17日にかけ、海外でも中国当局に対する抗議行動が相次いだ。写真左上から時計回りにローマ、ネパール・カトマンズ、インド・ニューデリー、パリでの様子

[ 2008年3月17日21時42分 ]


M6027351 甘粛省でも僧侶がデモ行進 【EPA=時事】

中国甘粛省サンチュ県でチベット仏教僧侶、市民たちがデモ行進する模様を写した写真。チベット人学生グループが携帯電話で撮影した。同地域はチベット族が多数居住し、チベット仏教が盛ん(14日)

[ 2008年3月16日17時57分 ]


M6027584 ラサ騒乱・「死者100人情報も」 【AFP=時事】

チベット亡命政府はラサで起きた騒乱に関連し、警察の鎮圧による死者数は30人に上るとする一方、約100人に達したとの未確認情報があることを明らかにした。写真はラサで警戒に当たる中国軍部隊(15日)

[ 2008年3月16日9時32分 ]


M6025324 警官隊が威嚇発砲―チベット 【AFP=時事】

中国チベット自治区のラサで起きた大規模な抗議デモで、新華社電は15日、デモ鎮圧のため警官隊が威嚇発砲し、催涙弾を使用したことを確認した。写真は走行する車両の窓から銃を突き出して警戒する警官隊(14日)

[ 2008年3月15日11時27分 ]

M6024551 ラサ騒乱10人死亡【AFP=時事】
中国西部チベット自治区のラサで14日起きたチベット仏教の僧侶らの大規模な抗議デモで、国営新華社通信は15日、10人が死亡したと伝えた。写真は軍車両に投石する住民(14日撮影)

[ 2008年3月15日10時32分 ]


◎以下、AFP

Afp016915_00pre 騒乱の死者は30人と発表=チベット亡命政府〔AFP=時事〕

【北京15日AFP=時事】インド北部ダラムサラのチベット亡命政府は15日、中国チベット自治区のラサで14日に起きた騒乱で約30人が死亡した と発表した。オリンピックを控えて国際的な監視の目が厳しくなるなかで、ラサ市内には多くの兵士が配置され、規制が強化されている。≪写真はチベット自治 区のラサの位置を示す地図≫

 目撃者によると、14日の大規模な抗議行動を受けて、ラサには戦車や兵士が多数動員されている。こうしたなか、中国政府は15日、騒乱参加者に対し、18日午前零時(日本時間同1時)を期限に出頭するよう求める通告を出した。

 チベット亡命政府の高官はAFP通信に対し、「われわれは約30人の死者を確認している。死者数は100人を超えるとも聞いているが、この数字は 確認できない」と語った。同高官はさらに、「現在、ラサには多数の中国兵士がいると聞いている。街頭には多くの人たちが出ている。住民の間には不安が高 まっている」と述べた。

 国営新華社通信はこれより先、チベット自治区の複数の当局者の話として、騒乱で10人が死亡したと伝えた。これら当局者は騒乱について、暴徒の仕 業であると述べている。新華社によれば、犠牲者はすべて無関係の市民で、全員焼き殺されたという。新華社は、外国人の死者はいないとしている。

[ 2008年3月16日8時20分 ]

 下記の記事もついでに。中国当局の情報封じ込めはどうなるか、。
Afp016901_00pre 中国のネット人口、米国抜く=調査〔AFP=時事〕

【北京14日AFP=時事】北京のハイテク専門コンサルタント・調査会社BDAチャイナは14日、中国のインターネット利用者が約2億2000万人となり、初めて米国を抜いたと発表した。≪写真は中国・杭州のインターネットゲーム愛好者ら≫

 BDAチャイナによると、2月下旬の米国のネット人口は約2億1700万人だった。中国のネット人口はこれを上回った。

 BDAチャイナのアナリストは「(中国の)経済成長の継続とブロードバンドインフラの改善に後押しされた」と説明した。中国のネット人口は今年の年末には2億8000万人に膨らむ見込みという。

 中国紙チャイナ・デーリーによると、米国はインターネット誕生以来、ずっとネット人口1位の座を維持してきた。

[ 2008年3月14日16時30分 ]

◎以下ロイター
20080317t103742z_01_nootr_rtrmdnp_2 再送:チベット暴動、中国はダライ・ラマ派との「人民戦争」を宣言 (ロイター)

  3月16日、チベット仏教僧らによる大規模な暴動を受け、中国の当局者らは、ダライ・ラマ支持者らとの「人民戦争」を戦うとの姿勢を強調。写真は14日、ラサで撮影(2008年 ロイター)

 [北京 16日 ロイター] 中国チベット自治区ラサで発生したチベット仏教僧らによる大規模な暴動を受け、中国の当局者らは、チベット仏教の最 高指導者ダライ・ラマ14世の支持者らとの「人民戦争」を戦うとの姿勢を強調した。同暴動をめぐっては、数十人の死者が出ているとの情報もある。

 ラサでは14日、けさをまとった者や独立を求めるスローガンを叫ぶ者が商店を破壊したり、銀行や政府関連の建物を攻撃、警官に石や刃物を振りかざしたりして、大規模な暴動に発展した。

 16日付のチベット・デーリー紙によると、中国政府当局者は15日の会合で「今回の乱闘や破壊、略奪、放火の憂慮すべき出来事は、国内外の反動的 な分離派勢力が慎重に計画したもので、最終目的はチベットの独立だ」と指摘。「分離主義に反対し安定を守るため、人民戦争を戦う。こうした勢力の悪意ある 行為を暴き出し、ダライ派の醜い面を明るみにさらけ出す」としている。

 住民らによると、ラサでは16日現在、鎮圧部隊が道路を管制した上で住宅を厳重に監視している。

 今回の暴動について、中国は少なくとも10人の「罪の無い市民」が、主にデモ参加者の放火による火事で死亡したと発表した。

 これに対し、ラサとつながりの強い外部関係筋は、ロイターに対し、犠牲者はそれよりもはるかに多いと指摘。暴動とその後の鎮圧行為での被害者の遺体を実際に目の当たりにしたという人物の話として「ある遺体安置所だけでも67体あったそうだ」と語った。

 一方、インド北部に拠点を置くチベット亡命政府は、中国当局との衝突で約30人が死亡したとしている。

 中国政府は、外国メディアがチベットから自由に報道することを禁じており、実際の被害規模を確認するのは難しい状況となっている。

*文末の余分な情報を削除して再送します。

[ 2008年3月17日10時37分 ]


20080316t183829z_01_nootr_rtrmdnp_2 チベット暴動での死者数は80人・負傷者は72人=亡命政府 (ロイター)

  3月16日、チベット亡命政府はラサでのデモ参加者と中国当局との衝突による死者数は80人との見方を示した。写真は15日、Amdo Labrangで撮影。TCHRD提供(2008年 ロイター)

 [ダラムサラ(インド) 16日 ロイター] インド北部ダラムサラのチベット亡命政府は16日、14日に発生したチベット自治区ラサでのデモ参加者と中国当局との衝突による死者数は80人との見方を示した。

 同亡命政府のスポークスマンは、記者団に対し「死者数に関しては80人と確認している」と語った。負傷者は72人としている。

 また別の関係者は、被害者が出た場所について、ラサのドラプチ刑務所の外で26人などの詳細を明らかにした。ただ、死者が出た背景についてははっきりしていないとしている。被害者の民族的背景については「明らかに大半がチベット人だ」と語った。

[ 2008年3月16日18時23分 ]


20080316t141828z_01_nootr_rtrmdnp_2 チベット暴動で中国政府が最後通告、17日夜までの降伏求める (ロイター)

  3月15日、チベット自治区ラサでの暴動を受け、中国政府はチベット独立を訴えるデモ参加者らに最後通告をして降伏を求めた。写真は14日、ラサで撮影した軍の車両(2008年 ロイター)

 [北京 15日 ロイター] チベット自治区ラサで14日発生した暴動を受け、中国政府は15日、チベット独立を訴えるデモ参加者らに最後通告をし、降伏を求めた。

 中国政府のチベット管轄当局は、17日夜までに降伏すれば容赦するとしており、自治政府のウェブサイト(www.tibet.gov.cn)では「期限までに投降しない犯罪者は法に従って厳しく罰する」と通告している。

 同暴動はチベットでは過去20年間で最悪の規模となっており、8月に北京五輪を控え国家安定のイメージを強化したい中国にとっては汚点が付いた形。国際的には、オーストラリアや米国、欧州が平和的な解決を呼び掛けるなど、中国に自制を求める圧力が高まっている。

[ 2008年3月16日13時53分 ]


Rtr200803140136 チベット デモ激化 中国当局出動 14人死亡情報

2008年03月15日03時02分

 中国チベット自治区ラサで14日、共産党・政府に対する僧侶や市民の抗議行動が激化し、中心部の商店街から出火、武装警察隊などが鎮圧に当たり、 混乱が広がっている。在京チベット関係者によると、治安当局との衝突で14日だけで少なくとも14人が死亡、100人以上が負傷したとの情報がある。日中 関係筋によると、中国政府は15日から外国人と一般の中国人の自治区入りを禁じる措置をとるという。

写真

14日、商店などが燃やされたラサ中心部の観光名所ジョカン寺(大昭寺)前の広場=ロイター。警察の車両などがひっくり返されている

 中国筋は14日夜、すでに中国の武装警察などが出動していることを確認。「制圧するには数日間を要する」との見方を示した。ラサから東京のチベッ ト関係者に入った情報によると市内の一部チベット寺院の周囲に多数の僧侶の遺体があり、漢族が経営する商店を中心に襲撃も起きている。米政府系のラジオ・ フリー・アジア(RFA)は、チベット亡命政府があるインド北部ダラムサラから得た話として、鎮圧行動による犠牲者の中に16歳の少女が含まれているとの 情報があると伝えた。

 今回のチベットでの抗議行動は、戒厳令が敷かれた89年の騒乱以来最大の規模になった。外国メディアだけでなく中国の国営新華社通信も報じた。

 抗議デモが激化した背景には、8月の北京五輪に向けて国際社会のチベット支援が広がることへの期待があるとみられる。五輪成功を至上命題とする党指導部には強烈な打撃となりそうだ。

 新華社の英文配信によると、14日午後に主要道路2カ所や旧市街の中心部にある大昭寺付近の商店、路上の複数の車両が放火され、市内は煙に包まれた。

 北京の米国大使館によると、現地にいる米国人から「銃声を聞いた」との報告が入ったという。また、海外の複数の人権団体は、ラサに駐屯する中国軍が出動して鎮圧にあたっているとの情報を伝えている。

 北京では14日夜、米CNNテレビによるチベット報道の映像が遮断された。ラサ市内の電話も一部の施設で通話しにくい状態になっている。89年の 「ラサ暴動」では、軍や武装警察が出動し、市民に向けて発砲。当時の当局発表で市民と当局の双方に死者16人、負傷者100人以上を出した。

    ◇

 米ホワイトハウスのフラトー副報道官は14日、事態に「遺憾の意」を表明。「中国当局はチベットの文化を尊重しなければならない」と記者団に語っ た。米国務省のマコーマック報道官は14日、ラント駐中国米大使が中国政府高官と会い、武力による鎮圧をせず、「自制した行動」をとるよう申し入れたこと を明らかにした。チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世も同日、ダラムサラで「中国指導部に、武力の行使をやめるように求める」との声明を出した。


電子投票法は危険だバナー 電子投票法は危険だバナー
自分たちの努力を信じて、いろいろ各自工夫して、廃案にするまでガンバだ!
電子投票法は危険だバナー 電子投票法は危険だバナー
12月21日参院自・民国対今国会見送りするも油断大敵

日記・雑談ブログです。おじさんの雑談も面白いジャンと思ったらクリック(笑)
人気blogランキングバナー

「自Endポスターバナー作戦」遂行中! 

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索してみたら、TBP「自民党政治」はすべて1位か3位、つまりトップ頁です

 自Endポスターバナー作戦、第10作目と第1作目
↓click⇒enlarge&move
自End!荒川区予算802億円、イージス艦あたご建造費1400億円、軍事オタクの防衛利権と従米売国で総額1兆円つきあうのですか?バナー 自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤うバナー


イージスと防衛利権

※リンクをはるか雑談日記作成明示なしのバナー利用はお断りします。なおエントリー中のバナー表示はコピペだけで簡単に表示できます。

陰謀リテラシーかく乱にトンデモを混ぜるのはあるかもネ(政治に陰謀・謀略はつきもの。最近の闇雲否定論者は工作員かな?)
雑談日記作。(^^;(笑)

開票(電子投票システム)急ぐより、選挙(衆院選)を急げ!
らんきーブログさん。

 このエントリーは、トラックバック・ピープル
いいニャ~自Endバナー 自民党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結

野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘にトラックバックしています。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)また政治全般自民党にもTBす(ただし、登録者カナダdeが「パージする」とか言って雑談日記を削除しまくり検閲してます(笑))

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek DS-60 CE OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek DS-60

販売元:オリンパス
発売日:2007/09/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« おっ、ココログのプラス・プロコースで携帯からのアクセスを解析できるようになりましたね。一日平均30か、意外とありますね。 | トップページ | 3月18日「陸自、沖縄の米基地で初訓練 (時事通信)」、それにしても露骨、米軍の下請け自衛隊へ一直線。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

言論・表現」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122555/11553641

この記事へのトラックバック一覧です: チベットでの弾圧で、中国政府への抗議文といくつかの記事を集めてみました。 :

« おっ、ココログのプラス・プロコースで携帯からのアクセスを解析できるようになりましたね。一日平均30か、意外とありますね。 | トップページ | 3月18日「陸自、沖縄の米基地で初訓練 (時事通信)」、それにしても露骨、米軍の下請け自衛隊へ一直線。 »