« マスゴミの雰囲気が2005・9・11の頃に似てきた⇒総がかり民主たたき、。現在各種裏世論調査(本物の方)で民意を測ってるのかも、。 | トップページ | 与党には甘く、野党にはやたら厳しい日本のマスゴミ。「今のままでは衆院選を勝てない」発言を何度も言うノータリン荒川強啓。(笑) »

2007年11月 6日 (火)

小沢氏にボケがきてない限りやめるわけがない。「追い込まれているのは自民党」、その構図は全然変わってない。はしゃいでいるのは、(笑)

 いまはしゃいでいるのは、自民党と買弁マスゴミ、御用評論家、そして喜び、面白がっているのがありあり見えるのが日共系ブロガーと言うのが実に笑えるし、興味深い。(笑)

(※買弁=自国の利益を顧みず、外国資本に奉仕して私利をはかること)

 民主党がジタバタ慌てる理由は何もない。7・29夏の参院選以降、短くて3年、長ければ6年の参院民主勝利野党優位の構図は変わらない。

 それを知っている老練・経験豊富な小沢氏が慌てる理由も焦る理由もないだろう。民主党の党員・下部組織についても同じだ。マスゴミを通して考えているだけでは実際のところは見えてこない。

 きまぐれ手記の下記部分が一つのヒントを与えてくれている。

小沢氏と民主党のその後

(略)

今日、やはり気掛かりだったので、出掛けついでに知り合いの民主党関係の方を訪ねて様子を伺ってみたのですが、意外と混乱はなかったようです。
もちろん議員には予め連絡が行っていたということもあるのでしょうが、支援者からの問い合わせ等もほとんどなく、平穏無事だったそうな。

まぁ、安倍ちゃんと違って小沢氏だからという事もあるのでしょうかね(笑)。小沢氏は、たしかに強引なところや、思い入れの強さはあるように見受け られますし、個別の政策についても賛否ありますが、少なくとも理屈抜きで妄想に走るような真似はしない、つまり考えて行動する人であり、道理をわきまえて おり、他人と話のできる人でもあろうから、何か意味があったのだろうと私は考えているのですが、同様に考えている人が少なくないのかもしれません。

ただ戻るにしてもあまり時間をかけるのは良くない。今日一日くらいが限度だろう。流れも変わる。第一声の記者会見で何を言うかも重要だ。

追記:夜9時過ぎのニュースで小沢氏が留任を内諾したと伝えていた。明日4時に会見を開くらしい。まずは一報を喜びたい。

「自Endポスターバナー作戦」遂行中!

自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤うバナー

 「自End」の「自」が倒れるタイプ。ファイルサイズが少し大きくなります。

自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤うバナー


 以下、参考資料として採録。「気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板 」より。

[652]小沢一郎の突然の辞任を受けて、私は、全てを分析、解明しました。すべては、私の「属国・日本論」の枠組みのとおりだ。        投稿者:副島隆彦投稿日:2007/11/04(Sun) 21:44:34   

    副島隆彦です。 今日、午後4時ごろの、小沢一郎・民主党党首の突然の辞任表明に、対して、私は、即座に、分析を始め、録音を取り、解明しました。 出来次第、「今日のぼやき」に載せます。

    以下に、朝日新聞の最新の記事を3本だけ、載せておきます。

    小沢一郎と、福田康夫首相の党首会談を仕組んだとして、中曽根康弘と、読売新聞のナベツネの名前が、公然と出てきた。 このキッシンジャーの子分ふたり程度の、たいしたことのない丁稚(でっち)どもに、何かの力があるのではない。小沢への仲介をやらされただけだ。
    「無理にでも、福田首相との会談を行っていただきたい。あなたが、そうしなければ・・・・」

    森善朗と青木幹雄と中川秀直(なかがわひでなお)ごときの、日本の汚(きたな)い土人(どじん)の大親分程度の連中にも、何の力も無い。彼らも全員、真実を知っている。

真実とは、チェーニー副大統領(イラク戦争の最高責任者、ネオコン派を動かす総帥)が、怒り狂って、「私に刃向かう、日本の小沢をつぶせ。あいつの資金源 を洗え。 日本の警察・検察を使って、逮捕させて、政治生命を奪え」と、命令を出したからだ。小沢一郎が、金丸信(かねまるしん)から受け継いだ大切な日 本改革用の資金のことだろう。 

    小沢一郎は、政治生命を狙われたのだ。命も狙われているだろう。それで、いつもの、私たちの日本国王の得意の手法に出た。さっさと椅子を放り出して撤退する作戦だ。死んだ振り戦術である。

    小沢一郎よ。私たち、日本国民は、あなたが、真の日本指導者だということを知っている。福田康夫首相も知っている。全員が、あなたの味方だ。
    町村信孝(まちむらのぶたか)官房長官も、小沢一郎に深く頭を下げている。伊吹文明(いぶきぶんめい)自民党幹事長は、「小沢氏の愛国者としての潔い行いに深く敬意を表する」と正直に発言している。

    山拓先生、加藤紘一(吉田派・宏池海のプリンスで、彼も首相になるべきだった人だ)、古賀誠(こがまこと)自民党選挙対策委員長、は、小沢一郎を援護すべく、「大連立反対」と、即座に、反応した。

    日本国民は、今、一致団結して、あなたを支えている。誰も、あなたのその日本の澄んだ秋空を見上げるような、清冽な態度に、感動しています。

    あなたは、今、どんな力にも負けない、本当の民族指導者として力を備えている。私たち日本国民は団結しています。どうぞ、また一騎で、野山を翔けて、そして何とか、生き延びてください。私たち国民が、あなたを守ります。

 他の自民党の実力者ども という自分の保身しか考えない、卑屈な連中でも、そろそろ、アメリカさまに、脅され続ける自分たちの惨めさをかみ締めている。 いくら、ゴロツキ政治家人生50年でも、ここまで刳れば、自分で自分が惨めになるだろう。アメリカにこれほど日本国民の大切な資金(その最後が、郵貯、簡 保だ)を500兆円(4兆ドル)も奪われて続けて、併進低頭し続けてきた。

     それでも、アメリカに尻尾を振って、屈従して、自分だけ生かしてもらって、日本の大臣になりたい、小心者たちは、それは、それでこれからもずっと残るでしょう。

 アメリカが育てて、自民党政治家たちよりも柄の悪い、民主党の若手のクルクルパーのアメリカの手先ども(代表、前原誠司、まえはらせいじ)でも、そのう ちに、世界政治の真の怖さを知ったら、尻尾を巻いて、日本国民に一体化するか、あるいは、「けものみち」に入り込んで、そのまま地獄に落ちて行くだろう。 あとは、人それぞれだ。

     小沢一郎憎しで、小沢潰しに、テレビの画面で喚(わめ)き続けている、田原総一朗を筆答する下賤な輩どもでも、自分自身がアメリカに脅されて使われてい るからああいう、引き攣(つ)ったような、どす黒い表情になる。いつまでも、お前たちのような国民洗脳用人材に、騙され続けるわけには、ゆかないのだ。森 田実(もりたみのる)先生が言ってたごとく、「今の日本のマスコミ(テレビ、新聞)は、国民に向けられた刃物だ」のとおりである。

メディア(マスコミ)と各省官僚どもが、今は、アメリカの忠実な家来なのだ。政治家は、何党であれ、国民の代表たちだし、政治活動家だから、いくらなんで もそこまでは出来ない、ということを知っている。馬鹿官僚たちには、その限度が無い。自分たち「お役人様集団の食い扶持」のことしか考えない。

     一般の日本国民を、あまり舐めない方がいい。私たちは、属国(ぞっこく)の民として、忍従の姿勢のまま、じっと耐えて生きて来たが、決して馬鹿ではない。

     「大連立は、小沢の方が持ちかけた」などど、ナベツネの子分の読売新聞は、そういう謀略記事を書くと、そのうち、自分たちが、あまりにも情けない嘘つき人間たちだということが満天下に露呈して、自責の念に駆られる。すでにそうなっている。

     小沢一郎は、いつでも、正々堂々と、日本国民の目の前で、選挙に訴えて、そして国民の審判を受ける、ということしか言ってこなかった。
    日本人の誰が、一体、「日本の大連立の政権で、インド洋の米艦隊への無料の燃料補給を継続すべきだ」と、小沢が言うと思うか。

以下の朝日新聞の、「小沢一郎の会見全文」という記事がなかなかいい。小沢は、私たちに、本当の事を、伝えてくれている。それを、私たち国民が、しっかり と受け留めればいいことだ。日本国民には、まったく分裂が無い。私たちは、田中角栄が育てた、小沢一郎の元で、一致団結している。

めちゃくちゃな、理屈の通らない、政治劇(ドラマ)に仕立てられて、全くわけが分からない、と感じている、多くの日本人に、今こそ、副島隆彦の「属国・日 本論」の大公式を教えなければ、ならない。これが、「帝国―属国の冷酷な関係」というものなのだ。私が築き上げてきた、「帝国ー属国 理論」以外の何の理 論を使えば、この奇妙な事態を解明できるというのか。

     アメリカ帝国は、今や金融面から、どんぞん激しく崩れつつある。チェーニーの親分の”世界皇帝”デイヴィッド・ロックフェラー(92歳)は、今、日本に来ている。いくらなんでも、彼、本人が、小沢一郎を直接、脅迫したということはないだろう。 

 チェーニーは、ご主人さまであるデイヴィッドの言うことも聞かなくなりつつあって、戦争経済(ウォー・エコノミー)の法則もあって、イスラエルの肩を 持って、イラン爆撃までやりたくて仕方が無いのだ。悪の帝国の内部も、割れている。アメリカ自身が、今が、正念場だ。

     シティグループ(シティバンク)の株価が、38ドルまで暴落している。デイヴィッドの大番頭の、サンフォード・ワイルが持っているメリル・リンチは、倒産するだろう。 

 アメリカ帝国の金融占領用の侵略派遣軍も、「帝国は内部から衰退・崩壊してゆく」の人類史の歴史法則に従って、日本からも撤退してゆくだろう。これは、 世界中の主要な属国群のほとんどに、通用する法則である。ドイツ人だって、フランス人だって、自分たちの指導者(首相、大統領)を、アメリカの傀儡(かい らい)として、取られているとしても、それでも、しぶとく抵抗を続けている。これが、人類史というものだ。 

     以下の新聞記事では、ここの箇所が一番、大事です。小沢は、自分の命を狙われている最中でも、自分が脅迫され、強制されて無理やりやらされた、福田首相 との会談を、逆にチャンスだと考えて、次のように、自民党と民主党の合意事項として、確認している。さすがである。

    「・・・ 首相が決断した1点目は、国際平和協力に関する自衛隊の海外派遣は国連安保理、もしくは国連総会の決議によって設立、あるいは認められた国連の 活動に参加することに限る、したがって特定の国の軍事作戦(すなわち、アメリカ合衆国の軍隊との共同作戦のこと、「集団的自衛権」容認の策動のこと。副島 隆彦注記)については、我が国は支援活動をしない。」

     小沢一郎は、まだまだ生きている。そして、そのあとに続く、彼が育てた、我らが日本国の、若い政治家たちが彼を仰ぎ見ている。なにくそ、負けてたまるか。

    今日は、ここまでにして置きます。 副島隆彦拝

※SOBA追記:11月4日の小沢氏会見の音声ファイルとテキストは「大本営発表よりも巧妙悪質になった日本のマスゴミ、その嘘八百、誹謗中傷の読売以下メディア批判の小沢会見をMP3放送す。&会見も。」に採録。


 このエントリーは、トラックバック・ピープル
いいニャ~自Endバナー 自民党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結

野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘にトラックバックしています。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)また政治全般自民党にもTBす。

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

↓おじさんの雑談も面白いジャンと思ったらクリック。(笑)
人気blogランキングバナー

OLYMPUS Voice-Trek V-61 CE OLYMPUS Voice-Trek V-61

販売元:オリンパス
発売日:2007/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« マスゴミの雰囲気が2005・9・11の頃に似てきた⇒総がかり民主たたき、。現在各種裏世論調査(本物の方)で民意を測ってるのかも、。 | トップページ | 与党には甘く、野党にはやたら厳しい日本のマスゴミ。「今のままでは衆院選を勝てない」発言を何度も言うノータリン荒川強啓。(笑) »

07経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏にボケがきてない限りやめるわけがない。「追い込まれているのは自民党」、その構図は全然変わってない。はしゃいでいるのは、(笑):

« マスゴミの雰囲気が2005・9・11の頃に似てきた⇒総がかり民主たたき、。現在各種裏世論調査(本物の方)で民意を測ってるのかも、。 | トップページ | 与党には甘く、野党にはやたら厳しい日本のマスゴミ。「今のままでは衆院選を勝てない」発言を何度も言うノータリン荒川強啓。(笑) »