« 昨日11月7日の小沢会見をYouTubeで探すなんてナンセンス。民主HPで無編集のそのまんまビデをを見ればいいじゃん。(笑) | トップページ | 自End!「逆転国会で国民に必要な法律が通せない?野党が悪い?この嘘つき野郎!改正被災者支援法ちゃんと通ってるジャン(笑)」バナーです。 »

2007年11月 9日 (金)

マル激トーク・オン・ディマンド 第326回「右翼も左翼も束になってかかってこい」、ネオリベ対コーポラティズムは知らなかった。

5金スペシャル
右翼も左翼も束になってかかってこい
ゲスト:小林よしのり氏(漫画家)、萱野稔人氏(津田塾大学准教授)

無料放送中
PART1(96分) 50k 300k AUDIO
PART2(76分) 50k 300k AUDIO

  色々参考になるところがあったのですが、PART2(76分)の24分15秒、ネオリベラリズム⇔コーポラティズムのところが面白かったです。コーポラ ティズムは日本語を無理に与えれば協調的談合主義、ただしコーポラティズムも2種類があって、透明性のないコーポラティズムと説明できる透明性のあるコー ポラティズムがあり、ヨーロッパ左翼はネオリベへの対抗軸として透明性のあるコーポラティズムを見直しているとのことです。(マトリクス図を描いてみ ました。)談合と言うと不透明・不公正と言うイメージがマスコミを通して日本人に洗脳・刷り込まれたようです。しかし、一度立ち止まって「談合⇒事前の話 し合い、調整」と考えるとまた違ったイメージで考えられます。「事前の話し合い、調整」の場が公平に公開されているか、否かが問題なのだと思います。いず れにしろ、弱肉強食一辺倒のネオリベが日本の風土になじむとは思われず、談合(話し合い、事前の調整)をいかに透明化させるかは考えるに値する課題だと思 います。

 もう一つ考えさせられたのは、 PART2の50分34秒のところ、『戦争を渇望するワーキングプア、赤木君問題(※)とKYな左翼・「知識人」について。』です。こんな歌(教訓)も赤木君のようなワーキングプアの若者には届かないのかも知れませんね。そうだとしても、色々考えながら手探りでもガムシャラにやるしかないと思ってます。

※以下、再度見るときのための個人的な自分用メモ。

PART1(96分)

1分53秒、パトリなきナショナリズムと沖縄。

17分28秒、左翼と沖縄。血縁社会の沖縄とハンセン氏病差別。

31分12秒、今回の丸檄で一番大事かもしれないポイント、実存の問題(自分は正しいし、凄いんだと言うセルフイメージを維持したいと言う気持ち)と社会の問題を混同する輩について。自意識の存続か公の問題へのコミットメントの存続かについて。

33分11秒、国家権力の本質。

38分37秒、国家とは。ナショナリズムとは。

46分40秒、在日コリアンの日本での歴史的ポジション。在日コリアンと左翼。

50分30秒、左翼の反国家、反ナショナリズムについて。国家を超えるとは。

53秒25秒、マックス・ウェーバーの国家論と左翼の国家権力(公認の暴力装置)に対する理解。

54分45秒、光市殺人事件とリンチの思想と草の根右翼( grass roots of right )。

57分、富田日記関連。

58秒15秒、カント以降の、実証・形而上学・批判(ブーメランとして自己を脅かす返ってくるもの)について。

1時間0分35秒、暴力と国家権力。

1時間4分25秒、非暴力平和主義と国際貢献と軍隊派遣の問題。

1時間6分5秒、非暴力平和主義と日本左翼の限界。

1時間8分44秒、近代はいつから始まったか、マキャベリズムとマックス・ウェーバー等。

1時間13分20秒、朝日に載った萱野氏の「安倍の戦後レジームからの脱却批判」記事関連で国家と国民。

1時間17分15秒、国民国家の意識とナショナリズム。

1時間21分35秒、憲法は国民が国家を縛るものだと言う立憲主義について。統治権力と公安思想。パトリオティズム、ナショナリズム。

1時間26分17秒、安倍の話しから、。

1時間32分10秒、米国からの自立、対米自尊に向けて何ができるのか。

PART2(76分)

15秒、主権とは、世俗権力の最高性の歴史的考察。

6分17秒、米国は良い事をしてくれるという根深い米国信仰について。

11分25秒から、人種主義の元祖、ナチスのルーツとしての米国。

12分44秒、戦前軍国主義者⇒戦後民主主義教育の父と時流に乗った人物を例にとり

18分55秒、国家権力の横暴と言う抽象的なことではなくて具体的におきていることは国家権力の弱体化だについて。

19分47秒、規制緩和、構造改革を最初に誰が言っていたか、。

22分41秒、米国が日本に何をしようとしているか。

24分15秒、ネオリベラリズム⇔コーポラティズムについて。

協調的談合主義(2種類、不透明・権益的な談合主義と透明な説明できる参加的談合主義)

29分3秒、ワーキングプアについて。鎌田彗さんが「自動車絶望工場」を書いたころの若者と現在のワーキングプアを対比させて。

32分44秒、非正規雇用と構造的な問題、日本の産業の空洞化(工場等の海外への逃避)について。

37分5秒、フランスのサルコジのアンチグローバライゼーションと山崎養世氏の最適バランス論。各地域・村のパトリを守るための内需で回るような企業体の保全、その他の施策。

44分35秒、10年以上前から平成不況深刻化対処で大手企業が独身寮や社員寮をどんどん売却処分した結果起きたことは、。

48分6秒、偽装保守の小泉、靖国参拝はそれを隠すためだった?

50分34秒、戦争を渇望するワーキングプア、赤木君問題(※)とKYな左翼・「知識人」について。コミュニケーションと承認(認めること受け入れること)。左翼と疎外について。

※雑誌「論座」2007年1月号に掲載された赤木智弘氏の論考『「丸山眞男」をひっぱたきたい』

57分10秒、浅野智彦、上野千鶴子のアイデンティティ否定論の愚劣。

1時間6分33秒、似非保守小泉を支持してきた経団連のダブルスタンダード「愛国心」について。

1時間7分59秒、経済的パトリオティズム、ミッシェル・フーコ、ハイデガーの不安。

1時間12分18秒、右翼と左翼について。


(クリックすると拡大します)

1 ※考えるヒントとして、対米自尊vs従米卑屈の軸と。ネオリベ対コーポラティズムの2軸マトリクス図。共産と社民についてはコーポラティズム(透明性のあ る協調的談合主義)について不明であること、自衛隊・安全保障へのスタンスから考え「?」として暫定の位置取りをしました。3度変えてます。自衛隊・安全 保障方面が意外と分かりにくいと言うか共産・社民には弱点かも知れませんね。国民新党についてはここら当たりの位置取りで間違いないと思います。対米自尊 を考えるなら、軍事の問題は、外交力・エネルギー安保・食糧安保と並んで一番大きな比重を占めていると思います。下記のマトリクス図では対米自尊vs従米 卑屈の軸と防衛問題の2軸でしたが、防衛問題の軸は対米自尊対従米卑屈の軸に含められることも考えられるので、今回作成した2軸を使ったマトリクスの方が 実際の政治を考える際には有用かもしれません。なお図中の「?」マークですが、この「?」マークがある内は、野党陣営はその時の風向きしだい、あるいは自 民党の敵失でしか勝てないと言うことです。風向きはマスコミ総がかりで簡単に変えられる可能性があります。(この図は僕が考える際のメモなので固定したも のではなく適宜変更していきます。)

1_2 ※参考:左の図は対米自尊vs従米卑屈の軸と防衛問題で2軸をとった場合のマトリクス図です。kojitakenさんのエントリー中のマトリクス図を参考に僕が描きなおしたものです。なお、マトリクス図は数学でよく見るxとyの座標軸表現が元になっています。つまり、上と右がプラス、下と左がマイナスです。僕自身は「対米自尊」「軽武装」に プラスイメージを持っているので、kojitakenさんが描いたものとは上下、左右、いずれも軸を逆にして描きなおしました。前のヘンリー・オーツさんのときもそうでしたが、軸の取り方を間違っている場合が多いですね。軸の上下、左右を間違えると見た人を混乱させ分かり辛くなります。

関連投稿「kojitakenさんのマトリクス図を分かりやすく書き直し、軸の取り方を僕の価値観を入れて逆にしてみました。
世論調査って、もちろん世論誘導の意味もあって、調査者の願いがそれとなく出ていて面白いよね。(笑)
7日のコラムの花道、勝谷誠彦の「小沢騒動」!は面白かった。解散総選挙早まりそう、色つきなしは弱小時事通信だけは俺も前から、
小沢氏会見、「読売」大新聞様は事実をねつ造するだけではなくて、記事自体もカメレオンのように変造していくんですね。(笑)

「自Endポスターバナー作戦」遂行中!

自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤うバナー

 「自End」の「自」が倒れるタイプ。ファイルサイズが少し大きくなります。

自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤うバナー

 このエントリーは、トラックバック・ピープル
いいニャ~自Endバナー 自民党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結

野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘にトラックバックしています。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)また政治全般自民党にもTBす。

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

↓おじさんの雑談も面白いジャンと思ったらクリック。(笑)
人気blogランキングバナー

OLYMPUS Voice-Trek V-61 CE OLYMPUS Voice-Trek V-61

販売元:オリンパス
発売日:2007/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 昨日11月7日の小沢会見をYouTubeで探すなんてナンセンス。民主HPで無編集のそのまんまビデをを見ればいいじゃん。(笑) | トップページ | 自End!「逆転国会で国民に必要な法律が通せない?野党が悪い?この嘘つき野郎!改正被災者支援法ちゃんと通ってるジャン(笑)」バナーです。 »

世相」カテゴリの記事

07経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マル激トーク・オン・ディマンド 第326回「右翼も左翼も束になってかかってこい」、ネオリベ対コーポラティズムは知らなかった。:

« 昨日11月7日の小沢会見をYouTubeで探すなんてナンセンス。民主HPで無編集のそのまんまビデをを見ればいいじゃん。(笑) | トップページ | 自End!「逆転国会で国民に必要な法律が通せない?野党が悪い?この嘘つき野郎!改正被災者支援法ちゃんと通ってるジャン(笑)」バナーです。 »